米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 日本電気株式会社

発明の名称 製品レイアウト管理方式および管理方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−157292(P2003−157292A)
公開日 平成15年5月30日(2003.5.30)
出願番号 特願2001−355208(P2001−355208)
出願日 平成13年11月20日(2001.11.20)
代理人 【識別番号】100109313
【弁理士】
【氏名又は名称】机 昌彦 (外2名)
【テーマコード(参考)】
5B046
5B075
【Fターム(参考)】
5B046 DA02 KA05 
5B075 ND04 ND06 ND34 UU21 UU22 UU40
発明者 永野 徹 / 中村 祐司
要約 課題
構成する部品及び部品位置の変更時にイメージ図の改版を不要にする。

解決手段
製品レイアウト作成処理部1は製品のレイアウトイメージ図を作成する。製品レイアウト変更処理部2は製品レイアウトのイメージを変更する。搭載部品/位置設定処理部3は製品に搭載する搭載部品および位置番号を設定する。搭載部品/位置変更処理部4は搭載部品および位置番号を変更する。ファイル61は、製品レイアウトイメージ図の行,列,幅,高さと位置番号に対して製品レイアウトの行,列,幅,高さから成る座標位置および位置番号を示す製品レイアウト情報を保持する。ファイル62は搭載する部品の部品情報,位置番号を示す搭載部品/位置情報を保持する。製品レイアウト検索処理部5はファイル61,62が保持している製品レイアウト情報および搭載部品/位置情報を参照して製品のレイアウトイメージ図を作成する。
特許請求の範囲
【請求項1】 製品のレイアウトイメージ図における行,列,幅,高さから成る座標位置と位置番号とを示す製品レイアウト情報ならびに製品に搭載される部品の部品情報とこの部品の位置番号とを示す搭載部品/位置情報を表形式にて保持する記憶手段と、前記記憶手段への登録または更新を行う処理手段を備えることを特徴とする製品レイアウト管理方式。
【請求項2】 前記記憶手段に保持されている製品レイアウト情報ならびに搭載部品/位置情報を参照し製品のレイアウトイメージ図を作成する処理手段を備えることを特徴とする請求項1記載の製品レイアウト管理方式。
【請求項3】 製品のレイアウトイメージ図における行,列,幅,高さから成る座標位置と位置番号とを示す製品レイアウト情報を表形式にて保持する第1のファイルならびに製品に搭載される部品の部品情報とこの部品の位置番号とを示す搭載部品/位置情報を表形式にて保持する第2のファイルを有するデータベースと、製品のレイアウトイメージ図を作成し前記第1のファイルに登録する製品レイアウト作成処理部と、前記製品レイアウト作成処理部が登録した前記製品レイアウト情報を更新する製品レイアウト変更処理部と、前記搭載部品/位置情報を前記第2のファイルに登録設定する搭載部品/位置設定処理部と、前記第2のファイルに設定された前記搭載部品/位置情報を更新する搭載部品/位置変更処理部とを備えることを特徴とする製品レイアウト管理方式。
【請求項4】 前記データベースが保持している製品レイアウト情報および搭載部品/位置情報を参照して製品のレイアウトイメージ図を作成する製品レイアウト検索処理部を備えることを特徴とする請求項3記載の製品レイアウト管理方式。
【請求項5】 前記製品レイアウト作成処理部は、製品のレイアウトイメージ図を作成するとともに製品レイアウト作成の際に位置番号を決定する製品レイアウト作成部と、前記製品レイアウト作成部で作成された製品のレイアウトイメージ図を表形式の製品レイアウト情報に変換する製品レイアウト変換部と、前記製品レイアウト変換部で作成された製品レイアウト情報を前記第1のファイルへ登録する製品レイアウト情報登録部とを備え、前記製品レイアウト変更処理部は、製品のレイアウトイメージ図の変更および位置番号の変更を行う製品レイアウト変更部と、前記製品レイアウト変更部で変更された製品のレイアウトイメージ図を表形式の製品レイアウト情報に変換する製品レイアウト変換部と、前記製品レイアウト変換部で作成された製品レイアウト情報によって前記第1のファイルを更新する製品レイアウト情報更新部とを備え、前記搭載部品/位置設定処理部は、製品レイアウトの位置番号に対して搭載部品の設定を行う搭載部品/位置設定部と、前記搭載部品/位置設定部によって設定された情報を前記搭載部品/位置情報として前記第2のファイルへ登録する搭載部品/位置情報登録部とを備え、前記搭載部品/位置変更処理部は、登録済みの製品レイアウトの位置番号に対して搭載部品の変更および搭載位置の変更を行う搭載部品/位置変更部と、この変更された搭載部品/位置情報によって前記第2のファイルを更新する搭載部品/位置情報更新部とを備えることを特徴とする請求項3記載の製品レイアウト管理方式。
【請求項6】 前記製品レイアウト検索処理部は、前記第1のファイルより製品レイアウト情報を検索する製品レイアウト情報検索部と、前記第2のファイルより搭載部品/位置情報を検索する搭載部品/位置情報検索部と、前記製品レイアウト情報検索部および前記搭載部品/位置情報検索部で検索された製品レイアウト情報および搭載部品/位置情報を使用して製品のレイアウトイメージ図を作成する製品レイアウトイメージ作成部とを備えることを特徴とする請求項4記載の製品レイアウト管理方式。
【請求項7】 製品のレイアウトを管理する製品レイアウト管理方法であって、新規に製品レイアウト情報を登録する場合、製品レイアウト作成部により位置番号を含めた製品のレイアウトイメージ図を作成するステップと、この作成した製品のレイアウトイメージ図の位置番号,行,列,幅,高さを有する位置情報を製品レイアウト変換部によって表形式に変換するステップと、製品レイアウト情報登録部により製品レイアウト情報としてデータベースの第1のファイルへ登録するステップとを有し、既に登録済みの製品レイアウトを変更する場合、作成済みの製品のレイアウトイメージ図を製品レイアウト変更部によって変更するステップと、この変更された製品のレイアウトイメージ図の位置番号,行,列,幅,高さを有する位置情報を製品レイアウト変換部により表形式に変換するステップと、この変換した情報を元に前記第1のファイルに保持されている該当の製品レイアウト情報を更新するステップとを有することを特徴とする製品レイアウト管理方法。
【請求項8】 新規に搭載部品/位置情報を登録する場合、搭載部品/位置設定部により位置番号を含めた製品のレイアウトイメージ図を作成するステップと、この作成した製品のレイアウトイメージ図の搭載部品/位置情報を搭載部品/位置情報登録部によりデータベースの第2のファイルへ登録するステップとを有し、既に登録済みの搭載部品/位置情報を変更する場合、登録済みの搭載部品/位置情報を搭載部品/位置変更部により変更するステップと、この変更した情報を元に前記第2のファイルに保持されている該当の搭載部品/位置情報を更新するステップとを有することを特徴とする請求項7記載の製品レイアウト管理方法。
【請求項9】 製品レイアウトの検索を行う場合、前記第1のファイルに保持されている製品レイアウト情報を製品レイアウト情報検索部により検索するステップと、前記第2のファイルに保持されている搭載部品/位置情報を搭載部品/位置情報検索部により検索するステップと、これらの検索処理の結果得られた情報から搭載部品と製品レイアウトを判断し製品のレイアウトイメージ図を製品レイアウトイメージ作成部によって作成するステップとを有することを特徴とする請求項7記載の製品レイアウト管理方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は製品レイアウト管理方式および管理方法に関し、特に電子部品を搭載したパッケージなどの製品レイアウト管理方式および管理方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種のレイアウトの管理は通常、製品レイアウトおよび構成する部品の位置をイメージ図で管理している。例えば、特開平7−282109号公報には、関連するユニットおよび部品の定義をまとめて生成、修正可能なCADシステムが開示されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上述したように従来の製品レイアウトの管理では、製品レイアウトおよび構成する部品の位置をイメージ図で管理しているので、構成する部品の変更および部品位置の変更時にイメージ図を改版しなくてはならない。また、イメージ図で管理されているため、用途に応じてイメージ図を表示する場合、それぞれのイメージ図を作成しなくてはならない。また異なるフォーマットの帳票が複数存在する場合、帳票毎に複数のイメージ図を作成する必要がある。
【0004】本発明の目的は、製品を構成する部品の変更および部品位置の変更時にイメージ図を改版する必要のない、また、用途に応じてイメージ図を表示する場合、それぞれのイメージ図を作成しなくてすむ製品レイアウト管理方式および管理方法を提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明の製品レイアウト管理方式は、製品のレイアウトイメージ図における行,列,幅,高さから成る座標位置と位置番号とを示す製品レイアウト情報ならびに製品に搭載される部品の部品情報とこの部品の位置番号とを示す搭載部品/位置情報を表形式にて保持する記憶手段と、前記記憶手段への登録または更新を行う処理手段を備え、前記記憶手段に保持されている製品レイアウト情報ならびに搭載部品/位置情報を参照し製品のレイアウトイメージ図を作成する処理手段を備える。
【0006】本発明の製品レイアウト管理方式は、製品のレイアウトイメージ図における行,列,幅,高さから成る座標位置と位置番号とを示す製品レイアウト情報を表形式にて保持する第1のファイルならびに製品に搭載される部品の部品情報とこの部品の位置番号とを示す搭載部品/位置情報を表形式にて保持する第2のファイルを有するデータベースと、製品のレイアウトイメージ図を作成し前記第1のファイルに登録する製品レイアウト作成処理部と、前記製品レイアウト作成処理部が登録した前記製品レイアウト情報を更新する製品レイアウト変更処理部と、前記搭載部品/位置情報を前記第2のファイルに登録設定する搭載部品/位置設定処理部と、前記第2のファイルに設定された前記搭載部品/位置情報を更新する搭載部品/位置変更処理部とを備え、前記データベースが保持している製品レイアウト情報および搭載部品/位置情報を参照して製品のレイアウトイメージ図を作成する製品レイアウト検索処理部を備える。前記製品レイアウト作成処理部は、製品のレイアウトイメージ図を作成するとともに製品レイアウト作成の際に位置番号を決定する製品レイアウト作成部と、前記製品レイアウト作成部で作成された製品のレイアウトイメージ図を表形式の製品レイアウト情報に変換する製品レイアウト変換部と、前記製品レイアウト変換部で作成された製品レイアウト情報を前記第1のファイルへ登録する製品レイアウト情報登録部とを備え、前記製品レイアウト変更処理部は、製品のレイアウトイメージ図の変更および位置番号の変更を行う製品レイアウト変更部と、前記製品レイアウト変更部で変更された製品のレイアウトイメージ図を表形式の製品レイアウト情報に変換する製品レイアウト変換部と、前記製品レイアウト変換部で作成された製品レイアウト情報によって前記第1のファイルを更新する製品レイアウト情報更新部とを備え、前記搭載部品/位置設定処理部は、製品レイアウトの位置番号に対して搭載部品の設定を行う搭載部品/位置設定部と、前記搭載部品/位置設定部によって設定された情報を前記搭載部品/位置情報として前記第2のファイルへ登録する搭載部品/位置情報登録部とを備え、前記搭載部品/位置変更処理部は、登録済みの製品レイアウトの位置番号に対して搭載部品の変更および搭載位置の変更を行う搭載部品/位置変更部と、この変更された搭載部品/位置情報によって前記第2のファイルを更新する搭載部品/位置情報更新部とを備える。前記製品レイアウト検索処理部は、前記第1のファイルより製品レイアウト情報を検索する製品レイアウト情報検索部と、前記第2のファイルより搭載部品/位置情報を検索する搭載部品/位置情報検索部と、前記製品レイアウト情報検索部および前記搭載部品/位置情報検索部で検索された製品レイアウト情報および搭載部品/位置情報を使用して製品のレイアウトイメージ図を作成する製品レイアウトイメージ作成部とを備える。
【0007】本発明の製品レイアウト管理方法は、製品のレイアウトを管理する製品レイアウト管理方法であって、新規に製品レイアウト情報を登録する場合、製品レイアウト作成部により位置番号を含めた製品のレイアウトイメージ図を作成するステップと、この作成した製品のレイアウトイメージ図の位置番号,行,列,幅,高さを有する位置情報を製品レイアウト変換部によって表形式に変換するステップと、製品レイアウト情報登録部により製品レイアウト情報としてデータベースの第1のファイルへ登録するステップとを有し、既に登録済みの製品レイアウトを変更する場合、作成済みの製品のレイアウトイメージ図を製品レイアウト変更部によって変更するステップと、この変更された製品のレイアウトイメージ図の位置番号,行,列,幅,高さを有する位置情報を製品レイアウト変換部により表形式に変換するステップと、この変換した情報を元に前記第1のファイルに保持されている該当の製品レイアウト情報を更新するステップとを有する。新規に搭載部品/位置情報を登録する場合、搭載部品/位置設定部により位置番号を含めた製品のレイアウトイメージ図を作成するステップと、この作成した製品のレイアウトイメージ図の搭載部品/位置情報を搭載部品/位置情報登録部によりデータベースの第2のファイルへ登録するステップとを有し、既に登録済みの搭載部品/位置情報を変更する場合、登録済みの搭載部品/位置情報を搭載部品/位置変更部により変更するステップと、この変更した情報を元に前記第2のファイルに保持されている該当の搭載部品/位置情報を更新するステップとを有する。製品レイアウトの検索を行う場合、前記第1のファイルに保持されている製品レイアウト情報を製品レイアウト情報検索部により検索するステップと、前記第2のファイルに保持されている搭載部品/位置情報を搭載部品/位置情報検索部により検索するステップと、これらの検索処理の結果得られた情報から搭載部品と製品レイアウトを判断し製品のレイアウトイメージ図を製品レイアウトイメージ作成部によって作成するステップとを有する。
【0008】本発明によれば、搭載する部品とその位置を管理することにより、イメージ図が動的に作成可能となる。これにより、搭載する部品や位置が変更される場合、部品や位置の情報を変更するだけで済み、イメージ図を描き直す必要はなくなる。また、用途に応じた帳票のフォーマットを一度だけ定義することにより、全てのフォーマットに対応したイメージ図が作成可能となる。
【0009】
【発明の実施の形態】次に、本発明の実施の形態について図面を参照して説明する。
【0010】図1を参照すると、製品レイアウト管理方式の構成例が示されており、コンピュータシステムあるいはサーバ等の情報処理装置(図中の各処理部の部分)および記憶装置(図中のデータベース)によって構成され、予め作成された処理プログラムの手順に従って処理される。なお、記憶装置は情報処理装置に備えたものを使用してもよい。
【0011】本製品レイアウト管理方式は、製品のレイアウトイメージ図を作成する製品レイアウト作成処理部1と、製品レイアウト作成処理部1が作成した製品レイアウトのイメージを変更する製品レイアウト変更処理部2と、製品に搭載する搭載部品および位置番号を設定する搭載部品/位置設定処理部3と、搭載部品/位置設定処理部3が登録した搭載部品および位置番号を変更する搭載部品/位置変更処理部4と、製品レイアウトイメージ図の行,列,幅,高さと位置番号に対して製品レイアウトの行,列,幅,高さから成る座標位置および位置番号を示す製品レイアウト情報を保持するファイル61ならびに搭載する部品の部品情報,位置番号を示す搭載部品/位置情報を保持するファイル62を有するデータベース6とを備える。
【0012】製品レイアウト作成処理部1は、製品レイアウト作成部11と、製品レイアウト変換部12と、製品レイアウト情報登録部13とを有する。製品レイアウト作成部11は製品のレイアウトイメージ図を作成する。製品レイアウト作成の際に、同時に位置番号も決定する。製品レイアウト変換部12は製品レイアウト作成部11で作成された製品のレイアウトイメージ図を表形式の製品レイアウト情報に変換する。製品レイアウト情報登録部13は製品レイアウト変換部12で作成された製品レイアウト情報をデータベース6のファイル61へ登録する。
【0013】製品レイアウト変更処理部2は、製品レイアウト変更部21と、製品レイアウト変換部22と、製品レイアウト情報更新部23とを有する。製品レイアウト変更部21は製品のレイアウトイメージ図の変更および位置番号の変更を行う。製品レイアウト変換部22は製品レイアウト変更部21で変更された製品のレイアウトイメージ図を表形式の製品レイアウト情報に変換する。製品レイアウト情報更新部23は製品レイアウト変換部12で作成された製品レイアウト情報でデータベース6のファイル61を更新する。
【0014】搭載部品/位置設定処理部3は、搭載部品/位置設定部31と、搭載/部品位置情報登録部32とを有する。搭載部品/位置設定部31は製品レイアウトの位置番号に対して搭載部品の設定を行う。搭載部品/位置情報登録部32は搭載部品/位置情報をデータベース6のファイル62へ登録する。搭載部品/位置変更処理部4は、搭載部品/位置変更部41と、搭載部品/位置情報更新部42とを有する。搭載部品/位置変更部41は登録済みの製品レイアウトの位置番号に対して搭載部品の変更および搭載位置の変更を行う。搭載部品/位置情報更新部42は搭載部品/位置情報でデータベース6のファイル62を更新する。
【0015】製品レイアウト検索処理部5は、製品レイアウト情報検索部51と、搭載部品/位置情報検索部52と、製品レイアウトイメージ作成部53とを有する。製品レイアウト情報検索部51はデータベース6のファイル61より製品レイアウト情報を検索する。搭載部品/位置情報検索部52はデータベース6のファイル62より搭載部品/位置情報を検索する。製品レイアウトイメージ作成部53は製品レイアウト情報検索部51および搭載部品/位置情報検索部52で検索された製品レイアウト情報および搭載部品/位置情報を使用して製品のレイアウトイメージ図を作成する。
【0016】図2を参照すると、製品レイアウトイメージ図が例示されている。図3はファイル61での製品レイアウト情報の格納状態を示す図であり、位置番号と行,列,幅,高さとの対応を示している。図4はファイル62での搭載部品/位置情報の格納状態を示す図であり、位置番号と搭載部品の対応を示している。図2において、搭載部品A〜Hは、図4に対応し、図3に示される行,列,幅,高さから成る座標情報と位置番号で表現される。例えば、部品Aは、1行目、1列目,幅1,高さ1で位置番号01にレイアウトされることを示しており、部品Hは、1行目,4列目,幅1,高さ2で位置番号08にレイアウトされることを示している。従って、レイアウトの登録,更新は、上述した各処理部の機能により搭載部品とその位置の情報をキーボード等の入力手段(図示せず)から入力することで、容易に実行可能であり、製品のレイアウトイメージ図をプリンタ等の出力手段(図示せず)に出力することも可能である。
【0017】次に、図1、図5、図6および図7を参照して、本実施の形態の動作を説明する。
【0018】図5を参照すると、新規に製品レイアウト情報を登録する場合、処理A1(A1と略称する。以下同様)でNOのとき、製品レイアウト作成処理部1の製品レイアウト作成部11により位置番号を含めた製品のレイアウトイメージ図を作成する(A2)。次に製品レイアウト変換部12により、作成した製品レイアウトイメージ図の位置情報(位置番号,行,列,幅,高さ)を表形式に変換し(A3)、製品レイアウト情報登録部13により、製品レイアウト情報をデータベース6のファイル61へ登録する(A4)。
【0019】一方、既に登録済みの製品レイアウトを変更する場合、(A1でYESのとき)、製品レイアウト変更処理部2の製品レイアウト変更部21を使用し、作成済みの製品のレイアウトイメージ図を変更する(A5)。次に、製品レイアウト変換部22により、変更された製品レイアウトイメージ図の位置情報(位置番号,行,列,幅,高さ)を表形式に変換した後(A6)、製品レイアウト情報(FILE1)を元にデータベース6のファイル61を更新する(A7)。
【0020】また、図6を参照すると、新規に搭載部品/位置情報を登録する場合(B1でNOのとき)、搭載部品/位置設定処理部3の搭載部品/位置設定部31により位置番号を含めた製品のレイアウトイメージ図を作成する(B2)。次に搭載部品/位置情報登録部32により作成した製品のレイアウトイメージ図の搭載部品/位置情報をデータベース6のファイル62へ登録する(B3)。
【0021】一方、既に登録済みの搭載部品/位置情報を変更する場合、(B1でYESのとき)、搭載部品/位置変更処理部4の搭載部品/位置変更部41を使用し、登録済みの搭載部品/位置情報を変更した後(B4)、搭載部品/位置情報を元にデータベース6のファイル62を更新する(B5)。
【0022】さらに、図7を参照すると、製品レイアウトの検索を行う場合、製品レイアウト検索処理部5の製品レイアウト情報検索部51により、製品レイアウト情報を検索する(C1)。また、搭載部品/位置情報検索部52により、搭載部品/位置情報を検索する(C2)。これらC1およびC2の検索処理の結果得られた情報から搭載部品と製品レイアウトを判断し、製品レイアウトイメージ作成部53で製品のレイアウトイメージ図を作成する(C3)。この時帳票のレイアウトを変更することにより、用途に合せた帳票を作成し直すことも可能になる。
【0023】
【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、製品レイアウトのレイアウトイメージの変更と、搭載部品の位置の変更を各々独立した処理で行うことができ、また用途に応じた形式で製品レイアウトのイメージを用意しておくことにより、異なる製品レイアウトイメージ図を表示あるいは印刷出力することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013