米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 日本電気通信システム株式会社

発明の名称 原文表示付きメッセージ掲示システム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−16023(P2003−16023A)
公開日 平成15年1月17日(2003.1.17)
出願番号 特願2001−203545(P2001−203545)
出願日 平成13年7月4日(2001.7.4)
代理人 【識別番号】100095740
【弁理士】
【氏名又は名称】開口 宗昭
【テーマコード(参考)】
5B075
5B091
【Fターム(参考)】
5B075 KK07 KK13 KK33 KK37 ND03 ND22 NK10 NK32 PP12 PP30 PQ02 QP01 UU24 
5B091 AA01 BA03 BA12 CB01 CB27 CD03 CD15 EA21
発明者 西脇 誠
要約 課題
言語が異なる複数のクライアントが、自分自身の堪能な言語を用いて、リアルタイムで国際的に参加することができるメッセージ掲示システムを提供すること。

解決手段
原文表示付きメッセージ掲示システム100は、メッセージ掲示手段110を有し、そのメッセージ掲示手段110は、言語判定手段111と、各国言語翻訳手段112と、記憶手段113、制御手段114とから構成されている。クライアントから入力文字情報を受信すると、制御手段114は、個々のクライアント毎に、使用言語及び指定言語を特定し、入力時に用いる使用言語に加えて、原文や他の言語による訳文を連続してWWWブラウザに送信する。
特許請求の範囲
【請求項1】 メッセージ掲示手段が、記憶手段と、言語判定手段と、言語翻訳手段と、制御手段とを備えたメッセージ掲示システムであって、前記記憶手段は、クライアント毎のクライアント情報、クライアント毎の使用言語、クライアント毎の送信指定言語とを記憶する手段を有し、前記言語判定手段は、クライアントから受信した入力文字情報と参加中の全クライアントの指定言語とを比較する手段を有し、前記言語翻訳手段は、参加中のクライアント毎に入力文字情報を指定言語に翻訳する手段を有し、前記制御手段が、前記言語判定手段にクライアントから受信した入力文字情報を判定させ、前記言語翻訳手段に入力文字情報を指定言語に翻訳させ、前記指定言語をクライアント毎に送信する、原文表示付きメッセージ掲示システム。
【請求項2】 前記メッセージ掲示手段が、使用言語と指定言語を続けて送信する機能を備えている、請求項1記載の原文表示付きメッセージ掲示システム。
【請求項3】 使用言語が更新可能であり、前記記憶手段が更新した使用言語を記憶する、請求項1又は2に記載の原文表示付きメッセージ掲示システム。
【請求項4】 指定言語が更新可能であり、前記記憶手段が更新した指定言語を記憶する、請求項1乃至3のいずれかに記載の原文表示付きメッセージ掲示システム。
【請求項5】 前記指定言語が複数指定可能であり、前記制御手段が、クライアント毎に全ての指定言語を送信する、請求項1乃至4いずれかに記載の原文表示付きメッセージ掲示システム。
【請求項6】 前記メッセージ掲示手段がチャットである、請求項請求項1乃至5いずれかに記載の原文表示付きメッセージ掲示システム。
【請求項7】 前記メッセージ掲示手段が電子掲示板である、請求項請求項1乃至5いずれかに記載の原文表示付きメッセージ掲示システム。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、チャットやBBS(Bulletine Board System)等のような原文表示付きメッセージ掲示システムに関する。より詳細には、本発明は、多種多様な言語を使用してチャットやBBSに国際的に参加することができる原文表示付きメッセージ掲示システムに関する。
【0002】
【従来の技術】チャットやBBSは不特定多数のクライアントが参加するメッセージ掲示システムである。クライアントは、メッセージ掲示手段に入力文字情報を送信したり、他のクライアントが送信した入力文字情報を受信したりして、ネット上で会話を楽しむ。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、この従来技術には、次のような問題点があった。
(1)第1の問題点は、利用者が限定されるということである。日本人が、メッセージ掲示システムを利用して不特定多数のクライアントを会話を楽しむ場合、日本語を利用することになる。このように、使用言語が限られるため、従来のメッセージ掲示システムは、異なる言語のクライアントと国際的に会話を楽しむことができない。
(2)第2の問題点は、他の国のメッセージ掲示システムにアクセスしても、単語などを調べている時間が無いということである。チャットやBBSは、リアルタイムに話題が変わるためである。そのため、円滑に会話に参加することが極めて困難である。
【0004】また、従来、各言語の翻訳ソフトが市場で入手可能である。翻訳ソフトを利用すると、その利用者がWWWブラウザ内に表示されている全文指定または一部を指定し、該当部分を翻訳することができる。しかし、この従来技術には、次のような問題点があった。
(1)第1の問題点は、利用環境が限定されるということである。その理由は、クライアント毎が使用する端末装置それぞれに翻訳ソフトをインストールする必要があるためである。
(2)第2の問題点は、リアルタイムに変換できないということである。その理由は、クライアントは、メッセージを受信する度にWWWブラウザ内に表示されているメッセージを全文指定又はメッセージを一部指定するという変換指示を求められるためである。
(3)第3の問題点は、複数の言語との間で日本語を翻訳することができないことである。従来の翻訳ソフトは、例えば、和英・英和というように、1:1の言語間の翻訳に限られるためである。国際的にチャットやBBS等のメッセージ掲示システムを開くと、多数の言語のクライアントが参加する。使用言語を限定してチャットやBBS等のメッセージ掲示システムを開くと、参加者の汎用性が落ちる。
(4)第4の問題点は、仮に、殆ど言語との間で翻訳できるように、殆どの言語との間の翻訳ソフトを使用したとしても、クライアント毎の端末装置に大容量の記憶装置が必要となって経済的にも実用的にも事実上不可能である。
【0005】また多国言語対応WWWサーバシステムの一例が、特開2000−330992号公報に記載されている。多国言語対応WWWサーバシステムは、各国言語対応翻訳処理手段と、各国言語対応処理部と、各国言語対応キャッシュと通信処理部から構成されている。このような構成を有する従来の多国言語対応WWWサーバシステムは、次のように動作する。すなわち、コンテンツファイルの言語をすべてWWWブラウザで指定した言語に翻訳して表示する。しかし、この従来技術には、次のような問題点があった。
(1)第1の問題点は、リアルタイムに変換できないということである。その理由は、WWWサーバにアクセスして希望するページであることを確認した上で、クライアントが変換指示を求められるためである。チャットやBBS等のメッセージ掲示システムは、リアルタイムで会話を楽しむため、その都度、変換指示を入力することは煩雑に耐えない。
(2)第2の問題点は、原文との対比ができず、口調や言い回しが伝わらないということである。その理由は、言語のコンテンツと翻訳されたコンテンツが独立して表示されるため、原文がわからないためである。
(3)第3の問題点は、異なる言語のクライアントが同時に楽しむことができないということである。その理由は、チャットやBBS等のメッセージ掲示システムのように、複数のクライアントが同時に多数参加することを意図していないためである。
【0006】本発明の目的は、言語が異なるクライアントが、リアルタイムで国際的に参加することができるメッセージ掲示システムを提供することにある。本発明の他の目的は、言語が異なる複数のクライアントが、自分自身の堪能な言語を用いて、リアルタイムで国際的に参加することができるメッセージ掲示システムを提供することにある。本発明のさらに他の目的は、クライアントの端末装置に翻訳ソフトの経済的負担及び容量的負担をかけることなく、言語が異なる複数のクライアント同士がリアルタイムで国際的に参加することができるメッセージ掲示システムを提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明は、メッセージ掲示手段が、記憶手段と、言語判定手段と、言語翻訳手段と、制御手段とを備えたメッセージ掲示システムであって、前記記憶手段は、クライアント毎のクライアント情報、クライアント毎の使用言語、クライアント毎の送信指定言語とを記憶する手段を有し、前記言語判定手段は、クライアントから受信した入力文字情報と参加中の全クライアントの指定言語とを比較する手段を有し、前記言語翻訳手段は、参加中のクライアント毎に入力文字情報を指定言語に翻訳する手段を有し、前記制御手段が、前記言語判定手段にクライアントから受信した入力文字情報を判定させ、前記言語翻訳手段に入力文字情報を指定言語に翻訳させ、前記指定言語をクライアント毎に送信する原文表示付きメッセージ掲示システムにより前記課題を解決した。
【0008】それぞれのクライアントは、自分自身のクライアント情報と使用言語と指定言語とを登録する。クライアント情報とは、氏名やアドレス等の一般的な個人情報である。使用言語は、クライアントがメッセージ掲示システムにおいて使用する言語である。例えば、日本人は日本語、中国人は中国語、英国人は英語という具合である。指定言語は、メッセージ掲示システムに参加する他のクライアントの入力文字情報を受信する際の言語である。例えば、メッセージを原文で受信することを希望する場合は指定言語は原文となり、メッセージを原文以外及び使用言語以外で受信することを希望する場合は、中国語や英語となる。これらの情報は、システム内の記憶手段に保存される。
【0009】クライアントは、メッセージ掲示システムにアクセスし、自分自身の端末装置から入力文字情報を送信する。制御手段は、参加中のクライアントのクライアント情報を取得する。制御手段は、それぞれの参加者について指定言語の種類を記憶手段から検索する。例えば、「Hello」と受信した際、日本人クライアントが指定言語を原文としている場合、日本人クライアントに原文の「Hello」を送信する。次いで、制御手段は、それぞれの参加者について使用言語の種類を記憶手段から検索する。例えば、日本人クライアントが使用言語を日本語としている場合、日本人クライアントに「おはよう」を送信する。総ての参加中のクライアントに指定言語及び使用言語の情報を送信すると、いずれかのクライアントから入力文字情報の受信があるまで待機する。
【0010】以上のように構成することで、異なる言語のクライアントがメッセージ掲示システム上で会話を楽しむことができる。クライアントの端末装置は、フォント(例えば、ユニフォント)をインストールしていれば、原文や他の希望言語による会話も表示される。そのため、クライアントは独自で翻訳ソフトをインストールしたりダウンロードすることが不要である。また、複数の言語のクライアントが参加しても、総ての言語が端末装置に表示されるわけではない。例えば、英語を中国語に翻訳して表示を希望する参加者がいても、指定言語として中国語を選択しない限り、そのクライアントには中国語の翻訳メッセージは表示されない。したがって、チャットやBBSが複数の言語で溢れることもない。
【0011】メッセージ掲示手段が、使用言語と指定言語を続けて送信する機能を備えていることが好ましい。こうすることにより、クライアントの端末装置には、使用言語と指定言語のメッセージが連続して表示される。一つの画面内又は一つのフレーム内において、同じ意味内容のメッセージが2以上の言語で一時に表示されるので、クライアントは、他の言語の口調や言い回しを容易に理解することができる。
【0012】使用言語及び指定言語は、クライアントの希望により更新可能である。記憶手段は、更新した使用言語及び指定言語を記憶する。クライアントは、自分自身が堪能な言語以外、日本人であれば、日本語でなく英語で会話を楽しもうする場合がある。このような場合は、入力文字情報の送信と同時に使用言語を「日本語」から「英語」に変更すると、それ以降、英語とその他の原文等でメッセージを受信することができる。また、原文や他の言語による表示を削除したいと希望する場合には、使用言語を「日本語」の状態にして、指定言語を「なし」にすると、メッセージは日本語のみで表示される。さらに、指定言語を「原文」及び「中国語」「ドイツ語」「フランス語」「イタリア語」「スペイン語」と複数にすると、メッセージは日本語に加えて原文及び複数の言語で表示される。
【0013】
【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明によるチャットシステムの実施形態を説明する。図1乃至図4は、本発明による原文表示付きメッセージ掲示システムの第1実施形態を示している。
【0014】本実施形態の原文表示付きメッセージ掲示システム100は、通信ネットワーク120を介してWWWブラウザ13i(iは1乃至N)からアクセス可能である。メッセージ掲示システム100はメッセージ掲示手段110を有し、そのメッセージ掲示手段110は、言語判定手段111と、各国言語翻訳手段112と、記憶手段113、制御手段114とから構成されている。
【0015】メッセージ掲示手段110が提供するチャットに参加したいクライアントは、各WWWブラウザ13iから使用する言語、例えば、日本語を指定してチャットに参加する。この際、オプションとして、他のクライアントが送信した原文を非表示にすることや、他のクライアントの原文について訳文を非表示にすること等を設定しても良い。制御手段114は、その使用言語情報とクライアント情報を通信ネットワーク120を通じて取得し、記憶手段113にて記憶しておく。この際、オプション設定があれば合わせて記憶する。また、オプションは、逐次変更可能である。チャットに参加しているクライアントがWWWブラウザ13iで文字情報を入力すると、メッセージ掲示手段110は、通信ネットワーク120を通じてそのクライアント情報と入力文字情報を取得する。
【0016】メッセージ掲示手段110の制御手段114は、言語判定手段111において、クライアントから受信した入力文字情報を記憶手段113に記憶している全参加者の使用言語と比較し、必要に応じて各国言語翻訳手段112で指定言語へそれぞれ翻訳する。メッセージ掲示手段110はその翻訳結果を原文とともに通信ネットワーク120を通じて、各WWWブラウザ13i上で表示する。このようにして、原文と訳文を表示するチャットを可能にする。
【0017】前記手段はそれぞれ次のように動作する。メッセージ掲示手段110は、予め、通信ネットワーク120を通じてクライアント情報と使用言語情報、必要に応じて指定言語等のオプション情報を取得する。取得した情報は記憶手段113に記憶する。これらの情報に変更があると、メッセージ掲示手段110は、通信ネットワーク120を通じてクライアント情報と入力文字情報、必要に応じてオプション情報を取得する。メッセージ掲示手段110がクライアントから入力文字情報を受信すると、記憶手段から取得したクライアント情報と、入力文字情報は言語判定手段111に送る。オプション情報がある場合は記憶手段113に記憶する。言語判定手段111は、クライアント情報と記憶手段113とから入力文字情報がどの言語であるか決定する。
【0018】次に記憶手段113に記憶されているすべての参加者について、次の処理を行う。オプションに原文表示を指定した場合は通信ネットワーク120を通じて、その参加者のWWWブラウザ13iへ原文のまま入力文字情報を送信する。オプションに訳文表示を指定した場合は入力文字情報の言語と、参加者の使用言語情報と比較する。言語が異なる場合は入力文字情報の言語から参加者使用言語変換用の各国言語翻訳手段112へ入力文字情報を送る。各国言語翻訳手段112は、入力文字情報から指定言語間の翻訳を行う。その訳文文字情報を通信ネットワーク120を通じてその参加者のWWWブラウザ13iへ送信する。
【0019】次に、図1と、図2及び図3のフローチャートを参照して本実施形態の全体の動作について詳細に説明する。まず、チャットに参加したいクライアントはWWWブラウザ13i上で、自分の使用する言語と必要に応じてオプションを指定する(図2のステップA1)。次に、WWWブラウザ13iからメッセージ掲示手段110にその情報を送信する(ステップA2)。さらに、メッセージ掲示手段110は通信ネットワーク120を通じてクライアント情報と使用言語、オプションを受信する(ステップA3)。メッセージ掲示手段110の制御手段114はその情報を記憶手段113へ記憶する(ステップA4)。
【0020】続いて、チャットに参加したクライアントが書き込む場合、クライアントはWWWブラウザ13i上で、文字を入力する、このとき必要に応じてオプションを変更する(図3のステップB1)。次に、WWWブラウザ13iからメッセージ掲示手段110にその情報を送信する(ステップB2)。メッセージ掲示手段110は通信ネットワーク120を通じてクライアント情報と文字情報、オプションを受信する(ステップB3)。
【0021】メッセージ掲示手段110は受信したクライアント情報から記憶手段113のクライアント情報を検索する(ステップB4)。オプションに変更がある場合は検索結果の記憶手段113の情報を書き換える(ステップB5)。検索結果から入力文字の言語情報を決定する(ステップB6)。次に、メッセージ掲示手段110は記憶手段113に記憶されている情報を1人分ずつ参照する(ステップB7)。参照している参加者の原文表示オプションを判定する(ステップB8)。表示する場合は入力情報をその参加者の通信プログラム13iへ送信する(ステップB9)。さらに、参照している参加者の訳文表示オプションを判定する(ステップB10)。表示する場合はその参加者の使用言語情報と先に決定した入力文字言語情報と比較する(ステップB11)。異なる言語の場合、入力文字情報を入力言語から参加者の使用言語へ翻訳する(ステップB12)。翻訳した文字情報を訳文としてその参加者のWWWブラウザ13iへ送信する(ステップB13)。最後に、記憶手段113に記憶されているすべての参加者分処理したかを判定し、全て処理した場合は終了する。(ステップB14)。
【0022】次に、具体例を用いて説明する。図4に示すように、クライアントAは中国語を使用言語と指定してWWWブラウザ231からチャットに参加する。メッセージ掲示手段210の制御手段214は通信ネットワーク220を通じてクライアントAの情報を取得し、その情報を記憶手段213に記憶する。次に、クライアントBは英語を使用言語と指定してWWWブラウザ232からチャットに参加する。メッセージ掲示手段210の制御手段214は通信ネットワーク220を通じてクライアントBの情報を取得し、その情報を記憶手段213に記憶する。さらに、クライアントCは日本語を使用言語と指定してWWWブラウザ233からチャットに参加する。メッセージ掲示手段210の制御手段214は通信ネットワーク220を通じてクライアントCの情報を取得し、その情報を記憶手段213に記憶する。
【0023】クライアントAがWWWブラウザ231にたとえば”称好”と入力し送信する。メッセージ掲示手段210は通信ネットワーク220を通じてクライアントAの情報と”称好”を取得する。制御手段214は、クライアントA情報から記憶手段213を検索する。制御手段214及び言語判定手段211は入力言語が中国語であると決定する。
【0024】次に、記憶手段213に記憶されているすべてのチャット参加者情報を1人ずつ取得する。まず、クライアントAの情報から処理する。クライアントAは原文表示することになっているので、”称好”をWWWブラウザ231へ送信する。訳文も表示することになっているので、言語を言語判断手段211で比較する。使用言語は中国語なので入力言語と一致するため次の参加者の処理に移る。
【0025】クライアントBは原文表示することになっているので、”称好”をWWWブラウザ232へ送信する。訳文も表示することになっているので、言語を言語判断手段211で比較する。使用言語が英語なので翻訳を行う。翻訳は各国言語翻訳手段212で中国語の”称好”を英語へ翻訳する。その結果”Hello”をWWWブラウザ232へ送信し、次の参加者の処理に移る。
【0026】クライアントCは原文表示することになっているので、”称好”をWWWブラウザ233へ送信する。訳文も表示することになっているので、言語を言語判断手段211で比較する。使用言語が日本語なので翻訳を行う。翻訳は各国言語翻訳手段212で中国語の”称好”を日本語へ翻訳する。その結果”こんにちは”をWWWブラウザ233へ送信し、次の参加者の処理に移る。すべての参加者の処理が終了したので処理を終了する。
【0027】同様にクライアントBがWWWブラウザ232たとえば”Hello!”と入力し送信する。メッセージ掲示手段210は通信ネットワーク220を通じてクライアントBの情報と”Hello!”を取得する。クライアントB情報から記憶手段213を検索し、入力言語が英語であると決定する。
【0028】次に記憶手段213に記憶されているすべてのチャット参加者情報を1人ずつ取得する。まず、クライアントAの情報から処理する。クライアントAは原文表示することになっているので、”Hello!”をWWWブラウザ231へ送信する。訳文も表示することになっているので、言語を言語判断手段211で比較する。使用言語が中国語なので翻訳を行う。翻訳は各国言語翻訳手段212で英語の”Hello!”を中国語へ翻訳する。その結果”称好!”をWWWブラウザ232へ送信し、次の参加者の処理に移る。
【0029】クライアントBは原文表示することになっているので、”Hello!”をWWWブラウザ232へ送信する。訳文も表示することになっているので、言語を言語判断手段211で比較する。使用言語は英語なので入力言語と一致するため次の参加者の処理に移る。
【0030】クライアントCは原文表示することになっているので、”Hello!”をWWWブラウザ233へ送信する。訳文も表示することになっているので、言語を言語判断手段211で比較する。使用言語が日本語なので翻訳を行う。翻訳は各国言語翻訳手段212で英語の”Hello!”を日本語へ翻訳する。その結果”こんにちは!”をWWWブラウザ233へ送信し、次の参加者の処理に移る。すべての参加者の処理が終了したので処理を終了する。
【0031】次に、本発明の他の実施形態について図面を参照して詳細に説明する。図5は、本発明によるメッセージ掲示システムの第2実施形態を示している。本実施形態のメッセージ掲示システムであるパソコン通信サーバ300は、通信ネットワーク320を介して通信プログラム33iからアクセス可能である。通信ネットワーク320はメッセージ掲示手段310を有し、そのメッセージ掲示手段310は、言語判定手段311と、各国言語翻訳手段312、記憶手段313と、制御手段314とから構成されている。
【0032】メッセージ掲示手段310が提供するチャットに参加したいクライアントはtelnetやハイパーターミナルなどのような汎用の通信プログラム33iやパソコン通信サーバ300専用通信プログラム33iから、使用する言語を指定してチャットに参加する。この際、オプションとして、他のクライアントが送信した原文を非表示にすることや、他のクライアントの原文について訳文を非表示にすること等を設定しても良い。制御手段314は、その使用言語情報とクライアント情報を通信ネットワーク320を通じて取得し、記憶手段313にて記憶しておく。この際、オプション設定があれば合わせて記憶する。また、オプションは変更可能である。チャットに参加しているクライアントが通信プログラム33iで文字情報を入力すると、メッセージ掲示手段310は通信ネットワーク320を通じてそのクライアント情報と入力文字情報を取得する。
【0033】メッセージ掲示手段310の制御手段314は、言語判定手段311において、クライアントから受信した入力文字情報を記憶手段313に記憶している全参加者の使用言語と比較し、必要に応じて各国言語翻訳手段312で指定言語へそれぞれ翻訳する。メッセージ掲示手段310はその翻訳結果を原文とともに通信ネットワーク320を通じて、各通信プログラム33i上で表示する。このようにして、原文と訳文を表示するチャットを可能にする。
【0034】前記手段はそれぞれ次のように動作する。メッセージ掲示手段310は、通信ネットワーク320を通じてクライアント情報と使用言語情報、必要に応じてオプション情報を取得する。取得した情報は記憶手段313に記憶する。これらの情報に変更があると、メッセージ掲示手段310は、通信ネットワーク320を通じてクライアント情報と入力文字情報、必要に応じてオプション情報を取得する。メッセージ掲示手段310がクライアントから入力文字情報を受信すると、記憶手段から取得したクライアント情報と、入力文字情報は言語判定手段311に送る。オプション情報がある場合は記憶手段313に記憶する。言語判定手段311は、クライアント情報と記憶手段313から入力文字情報がどの言語であるか決定する。
【0035】次に記憶手段313に記憶されているすべての参加者について、次の処理を行う。オプションに原文表示を指定した場合は通信ネットワーク320を通じて、その参加者の通信プログラム33iへ原文のまま入力文字情報を表示する。オプションに訳文表示を指定した場合は入力文字言語とこの参加者の使用言語情報と比較する。言語が異なる場合は入力文字言語から参加者使用言語変換用の各国言語翻訳手段312へ入力文字情報を送る。各国言語翻訳手段312は、入力文字情報から指定言語間の翻訳を行う。その訳文字情報を通信ネットワーク320を通じてその参加者の通信プログラム33iへ送信する。
【0036】次に、図5と、図2及び図3のフローチャートを参照して本実施形態の全体の動作について詳細に説明する。まず、チャットに参加したいクライアントは通信プログラム33i上で、自分の使用する言語と必要に応じてオプションを指定する(図2のステップA1)。次に、通信プログラム33iからメッセージ掲示手段310にその情報を送信する(ステップA2)。さらに、メッセージ掲示手段310は通信ネットワーク320を通じてクライアント情報と使用言語、オプションを受信する(ステップA3)。メッセージ掲示手段310はその情報を記憶手段313へ記憶する(ステップA4)。
【0037】続いて、チャットに参加したクライアントが書き込む場合、クライアントは通信プログラム33i上で、文字を入力する、このとき必要に応じてオプションを変更する(図3のステップB1)。次に、通信プログラム33iからメッセージ掲示手段310にその情報を送信する(ステップB2)。さらに、メッセージ掲示手段310は通信ネットワーク320を通じてクライアント情報と文字情報、オプションを受信する(ステップB3)。
【0038】メッセージ掲示手段310は受信したクライアント情報から記憶手段313のクライアント情報を検索する(ステップB4)。オプションに変更がある場合は検索結果の記憶手段313の情報を書き換える(ステップB5)。検索結果から入力文字の言語情報を決定する(ステップB6)。次に、メッセージ掲示手段310は記憶手段313に記憶されている情報を1人分ずつ参照する(ステップB7)。参照している参加者の原文表示オプションを判定する(ステップB8)。表示する場合は入力情報をその参加者の通信プログラム33iへ送信する(ステップB9)。さらに、参照している参加者の訳文表示オプションを判定する(ステップB10)。表示する場合はその参加者の使用言語情報と先に決定した入力文字言語情報と比較する(ステップB11)。異なる言語の場合、入力文字情報を入力言語から参加者の使用言語へ翻訳する(ステップB12)。翻訳した文字情報を訳文としてその参加者の通信プログラム33iへ送信する(ステップB13)。最後に、記憶手段313に記憶されているすべての参加者分処理したかを判定し、全て処理した場合は終了する。(ステップB14)。
【0039】次に、具体例を用いて説明する。図6に示すように、クライアントAは中国語を使用言語と指定して通信プログラム431からチャットに参加する。メッセージ掲示手段410の制御手段414は、通信ネットワーク420を通じてクライアントAの情報を取得し、その情報を記憶手段413に記憶する。次に、クライアントBは英語を使用言語と指定して通信プログラム432からチャットに参加する。メッセージ掲示手段410の制御手段414は、通信ネットワーク420を通じてクライアントBの情報を取得し、その情報を記憶手段413に記憶する。さらに、クライアントCは日本語を使用言語と指定して通信プログラム433からチャットに参加する。メッセージ掲示手段410は通信ネットワーク420を通じてクライアントCの情報を取得し、その情報を記憶手段413に記憶する。
【0040】クライアントAが通信プログラム431に”称好”と入力し送信する。メッセージ掲示手段410は通信ネットワーク420を通じてクライアントAの情報と”称好”を取得する。クライアントA情報から記憶手段413を検索し、入力言語が中国語であると決定する。
【0041】次に記憶手段413に記憶されているすべてのチャット参加者情報を1人ずつ取得する。まず、クライアントAの情報から処理する。クライアントAは原文表示することになっているので、”称好”を通信プログラム431へ送信する。訳文も表示することになっているので、言語を言語判断手段411で比較する。使用言語は中国語なので入力言語と一致するため次の参加者の処理に移る。
【0042】クライアントBは原文表示することになっているので、”称好”を通信プログラム432へ送信する。訳文も表示することになっているので、言語を言語判断手段411で比較する。使用言語が英語なので翻訳を行う。翻訳は各国言語翻訳手段412で中国語の”称好”を英語へ翻訳する。その結果”Hello”を通信プログラム432へ送信し、次の参加者の処理に移る。
【0043】クライアントCは原文表示することになっているので、”称好”を通信プログラム433へ送信する。訳文も表示することになっているので、言語を言語判断手段411で比較する。使用言語が日本語なので翻訳を行う。翻訳は各国言語翻訳手段412で中国語の”称好”を日本語へ翻訳する。その結果”こんにちは”を通信プログラム433へ送信し、次の参加者の処理に移る。すべての参加者の処理が終了したので処理を終了する。
【0044】同様にクライアントBが通信プログラム432”Hello!”と入力し送信する。メッセージ掲示手段410は通信ネットワーク420を通じてクライアントBの情報と”Hello!”を取得する。クライアントB情報から記憶手段413を検索し、入力言語が英語であると決定する。
【0045】次に記憶手段413に記憶されているすべてのチャット参加者を1人ずつ情報を取得する。まず、クライアントAの情報から処理する。クライアントAは原文表示することになっているので、”Hello!”を通信プログラム431へ送信する。訳文も表示することになっているので、言語を言語判断手段411で比較する。使用言語が中国語なので翻訳を行う。翻訳は各国言語翻訳手段412で英語の”Hello!”を中国語へ翻訳する。その結果”称好!”を通信プログラム432へ送信し、次の参加者の処理に移る。
【0046】クライアントBは原文表示することになっているので、”Hello!”を通信プログラム432へ送信する。訳文も表示することになっているので、言語を言語判断手段411で比較する。使用言語は英語なので入力言語と一致するため次の参加者の処理に移る。
【0047】クライアントCは原文表示することになっているので、”Hello!”を通信プログラム433へ送信する。訳文も表示することになっているので、言語を言語判断手段411で比較する。使用言語が日本語なので翻訳を行う。翻訳は各国言語翻訳手段412で英語の”Hello!”を日本語へ翻訳する。その結果”こんにちは!”を通信プログラム433へ送信し、次の参加者の処理に移る。すべての参加者の処理が終了したので処理を終了する。
【0048】次に、本発明のさらに他の実施形態について図面を参照して詳細に説明する。図7は、本発明によるメッセージ掲示システムの第3実施形態を示している。
【0049】本実施形態のメッセージ掲示システム500は、通信ネットワーク520を介してWWWブラウザ53iからアクセス可能である。メッセージ掲示システム500は、メッセージ掲示手段510を有し、そのメッセージ掲示システム510は、言語判定手段511と、各国言語翻訳手段512と、文章記憶手段513と、クライアント記憶手段514、制御手段515とから構成されている。
【0050】メッセージ掲示システム510の掲示板を見たいクライアントは各WWWブラウザ53iから使用する言語、例えば、日本語を指定する。この際、オプションとして、他のクライアントが送信した原文を非表示にすることや、他のクライアントが送信した原文の訳文を非表示にすること等を設定しても良い。制御手段515は、その使用言語情報とクライアント情報を通信ネットワーク520を通じて取得し、クライアント記憶手段514にて記憶しておく。
【0051】この際、オプション設定があれば合わせて記憶する。また、オプションは、逐次変更可能である。次に文章記憶手段513に記憶しているすべての文章情報を対象に、文章の言語情報と指定言語を言語判断手段511で判定し、必要に応じて各国言語翻訳手段512で指定言語へ翻訳する。掲示板手段510はその翻訳結果を原文とともに通信ネットワーク520を通じて、各WWWブラウザ53iに送信する。
【0052】掲示板に参加しているクライアントがWWWブラウザ53iで文字情報を入力すると、掲示板手段510は通信ネットワーク520を通じてそのクライアント情報と入力文字情報を取得する。これらの情報に変更があると、掲示板手段510の制御手段515は、クライアント記憶手段514に記憶している参加者の使用言語と合わせて入力文字情報を文章記憶手段513に記憶する。このようにして、原文と訳文を表示する掲示板を可能にする。
【0053】これらの手段はそれぞれ次のように動作する。掲示板手段510は、通信ネットワーク520を通じてクライアント情報と使用言語情報、必要に応じてオプション情報を取得する。取得した情報はクライアント記憶手段514に記憶する。取得した使用言語情報は言語判定手段511に送る。クライアント情報をクライアント記憶手段514から検索し、入力文字情報の言語を取得する。その言語情報と入力文字情報を文章記憶手段513に合わせて記憶する。言語判定手段511は、指定された言語情報とクライアント情報、文章記憶手段513に記憶されている、すべての文章情報に対して次の処理を行う。オプションに原文表示を指定した場合は通信ネットワーク520を通じて、その参加者のWWWブラウザ53iへ入力文字情報を送信する。オプションに訳文表示を指定した場合は文章情報とこの参加者の使用言語情報と比較する。言語が異なる場合は文章情報言語から参加者使用言語変換用の各国言語翻訳手段512に文章情報を送る。各国言語翻訳手段512は、文章情報の翻訳を行う。制御手段515は、その訳文字情報を通信ネットワーク520を通じてその参加者のWWWブラウザ53iへ送信する。文章記憶手段513は、入力文章と言語情報、必要ならクライアント情報を組にして文書数分記憶する。クライアント記憶手段514、クライアント情報と使用言語情報、必要ならオプション情報を組みにして、掲示板参加者の人数分記憶する。
【0054】次に、図7と、図8及び図9のフローチャートを参照して本実施形態の全体の動作について詳細に説明する。掲示板に参加したクライアントが書き込む場合、クライアントはWWWブラウザ53i上で、文字を入力する、このとき必要に応じてオプションを変更する(図8のステップC1)。次に、WWWブラウザ53iから掲示板手段510にその情報を送信する(ステップC2)。さらに、掲示板手段510は通信ネットワーク520を通じてクライアント情報と文字情報、オプションを受信する(ステップC3)。掲示板手段510は受信したクライアント情報からクライアント記憶手段514のクライアント情報を検索する(ステップC4)。オプションに変更がある場合は検索結果のクライアント記憶手段514の情報を書き換える(ステップC5)。検索結果から入力文字の言語情報を決定する(ステップC6)。最後に、掲示板手段510は文章記憶手段513に文書情報と言語情報、必要ならクライアント情報を記憶する(ステップC7)。
【0055】続いて、掲示板を見たいクライアントは通信プログラム53i上で、自分の使用する言語と必要に応じてオプションを指定する(図9のステップC1)。次に、WWWブラウザ53iから掲示板手段510にその情報を送信する(ステップC2)。さらに、掲示板手段510は通信ネットワーク520を通じてクライアント情報と使用言語、オプションを受信する(ステップC3)。掲示板手段510はその情報を記憶手段514へ記憶する(ステップC4)。
【0056】続いて、文章記憶手段513の情報を1つ取得する(ステップC5)。クライアントの原文表示オプションを判定する(ステップC6)。表示する場合は取得した文書情報をそのクライアントのWWWブラウザ53iへ送信する(ステップC7)。さらに、クライアントの訳文表示オプションを判定する(ステップC8)。表示する場合はクライアントの使用言語情報と取得した文章言語情報と比較する(ステップC9)。異なる言語の場合、文章情報を文章言語からクライアントの使用言語へ翻訳する(ステップC10)。翻訳した文章情報を訳文としてその参加者のWWWブラウザ53iへ送信する(ステップC11)。次に、文章記憶手段513に記憶されているすべての文章分処理したかを判定し、全て処理した場合は終了する。(ステップC12)。
【0057】次に、具体例を用いて説明する。図10に示すように、クライアントは日本語を使用言語と指定してWWWブラウザ631から掲示板を表示する。掲示板手段610は通信ネットワーク620を通じてクライアントAの情報を取得し、その情報をクライアント記憶手段614に記憶する。
【0058】次に文章記憶手段613に記憶されているすべての文章情報を1つずつ取得する。まず、”称好”文章から処理する。クライアントは原文表示することになっているので、”称好”をWWWブラウザ631へ送信する。訳文も表示することになっているので、使用言語と文章言語を言語判断手段611で比較する。使用言語が日本語で文章の言語は中国語なので翻訳を行う。翻訳は各国言語翻訳手段612で中国語の”称好”を日本語へ翻訳する。その結果”こんにちは”をWWWブラウザ633へ送信し、次の文章の処理に移る。
【0059】クライアントは原文表示することになっているので、”Hello!”をWWWブラウザ631へ送信する。訳文も表示することになっているので、使用言語と文章言語を言語判断手段611で比較する。使用言語が日本語で文章の言語は英語なので翻訳を行う。翻訳は各国言語翻訳手段612で英語の”Hello!”を日本語へ翻訳する。その結果”こんにちは!”をWWWブラウザ633へ送信し、次の文章の処理に移る。すべての文章の処理が終了したので処理を終了する。
【0060】今度は、クライアントがWWWブラウザ632で”こんばんは”と入力し送信する。掲示板手段610は通信ネットワーク620を通じてクライアントの情報と”こんばんは”を取得する。クライアント情報からクライアント記憶手段613を検索し、入力言語が日本語であると決定する。次に文章記憶手段613に”こんばんは”と言語情報、必要に応じてクライアント情報を記憶する。
【0061】
【発明の効果】以上のように、本発明のメッセージ掲示システムによると、言語が異なるクライアントであっても、リアルタイムで国際的にメッセージによる会話を楽しむことができる。また、使用言語及び指定言語をクライアントの希望によって選択できるので、自分自身の堪能な言語による会話による他、習得中の言語による会話も楽しむことができる。しかも、クライアントの端末装置には特別なソフトを必要とすることなく、殆どの国のクライアントと会話することができる。また、原文と訳文を並記することにより、微妙な口調や言い回しを1つの画面上で理解することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013