米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 京セラミタ株式会社

発明の名称 画像形成装置の管理システム、画像形成装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−67159(P2003−67159A)
公開日 平成15年3月7日(2003.3.7)
出願番号 特願2001−260374(P2001−260374)
出願日 平成13年8月29日(2001.8.29)
代理人 【識別番号】100107397
【弁理士】
【氏名又は名称】勝又 弘好
【テーマコード(参考)】
2C061
2H027
5B021
5B089
5K048
5K101
【Fターム(参考)】
2C061 AP01 AP04 BB10 HH03 HJ07 HJ08 HK11 HN05 HN15 HQ14 
2H027 DA01 DA32 DE04 DE07 DE09 EC06 EC18 EC19 EE01 EE07 EE10 EF06 EF09 EJ11 EJ13 EJ15 GA23 GA34 GA47 GA54 GB05 ZA07
5B021 AA01 AA05 AA19 BB02 BB10 EE02 NN17
5B089 GA01 GA23 GB02 JA35 JA36 JB15 KA13 KB06 KC15 KC44 LB12 MC08
5K048 BA34 FB05 FB08
5K101 KK01 KK12 LL00 MM07 NN18 NN21 PP01 PP03 PP05 RR19
発明者 正井 克典 / 脇海道 高宏 / 柳楽 二郎
要約 課題
ユーザーにとって使用勝手の良い複写機の管理システムを提供する。

解決手段
複数の複写機1とホストコンピュータ2とをネットワークで結んで各種データを送受信できるようにしてある。複写機1は、稼働状態を検出する稼働状態検出手段3と、各種機能選択画面や通信データを表示する表示手段5と、ネットワークで結ばれた他の複写機1の各種データを取り寄せるための信号を入力するためのネットワーク検索キー4aと、各種データの送受信を可能にする通信手段6と、制御プログラムや入力信号に基づいて複写機1の作動を制御する制御手段7と、を備えている。制御手段7は、ネットワーク検索キー4aのオン操作によってホストコンピュータ2にネットワーク検索信号を出力し、このネットワーク検索信号に対応する送信データがホストコンピュータ2から送信されると、その送信データを表示手段5に表示させる。
特許請求の範囲
【請求項1】 複数の画像形成装置とホストコンピュータとをネットワークで結んで各種データを送受信できるようにした画像形成装置の管理システムであって、前記画像形成装置は、稼働状態を検出する稼働状態検出手段と、各種機能選択画面や通信データを表示する表示手段と、ネットワークで結ばれた複数の画像形成装置の各種データを取り寄せるための信号を入力するネットワーク検索キーと、各種データの送受信を可能にする通信手段と、制御プログラムや入力信号に基づいて画像形成装置の作動を制御する制御手段と、を備え、前記制御手段が前記ネットワーク検索キーのオン操作によって前記ホストコンピュータにネットワーク検索信号を出力し、前記ホストコンピュータは、少なくとも前記複数の画像形成装置の識別番号,設置場所データ,仕様データを記憶した記憶手段を備え、前記画像形成装置からのネットワーク検索信号を受信すると、前記各画像形成装置の稼働状態検出手段の作動結果を取得し、その取得データに対応する前記画像形成装置の設置場所データ,仕様データを前記記憶手段から読み出し、その読み出したデータを前記取得データに添付して送信データを生成し、その送信データを前記ネットワーク検索信号を出力した画像形成装置に送信することを特徴とする画像形成装置の管理システム。
【請求項2】 前記画像形成装置の制御手段は、記憶手段から読み出したジョブデータにネットワーク上のアドレスを添付して送信データを生成し、この送信データを選択した他の画像形成装置に送信することを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置の管理システム。
【請求項3】 他の画像形成装置とホストコンピュータにネットワークで結ばれた画像形成装置であって、稼働状態を検出する稼働状態検出手段と、各種機能選択画面や通信データを表示する表示手段と、ネットワークで結ばれた他の画像形成装置の各種データを取り寄せるための信号を入力するネットワーク検索キーと、各種データの送受信を可能にする通信手段と、制御プログラムや入力信号に基づいて画像形成装置の作動を制御する制御手段と、を備え、前記制御手段が、前記ネットワーク検索キーのオン操作によって前記ホストコンピュータにネットワーク検索信号を出力し、このネットワーク検索信号に対応する送信データが前記ホストコンピュータから送信されると、その送信データを前記表示手段に表示させることを特徴とする画像形成装置。
【請求項4】 前記制御手段は、記憶手段から読み出したジョブデータにネットワーク上のアドレスを添付して送信データを生成し、この送信データを選択した他の画像形成装置に送信することを特徴とする請求項3に記載の画像形成装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、複写機,プリンタ,ファクシミリ,印刷機等の画像形成装置、及び複数の画像形成装置と管理用のホストコンピュータとをネットワークで結ぶようにした画像形成装置の管理システムに関する。
【0002】
【従来の技術】従来から、複数の画像形成装置とその複数の画像形成装置の管理を行うホストコンピュータとをネットワークで結び、そのホストコンピュータで複数の画像形成装置の作動状態を集中的に管理するように構成された画像形成装置の管理システムが知られている。そして、このような画像形成装置の管理システムを同一ユーザー内に構築し、複数の画像形成装置でジョブを分担して処理したり、また、故障した画像形成装置のジョブを他の画像形成装置で代わりに処理するようにして、ジョブ処理能力を改善する技術も既に提供されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、このような従来の画像形成装置の管理システムは、例えば、故障した画像形成装置の代わりに、他の画像形成装置でプリント作業等のジョブを実施する場合、各画像形成装置のデータを集中管理するホストコンピュータではジョブを実施する他の画像形成装置の設置場所や仕様の詳細を把握できるが、故障した画像形成装置側でジョブを実施する他の画像形成装置の設置場所や仕様の詳細を把握することができなかった。そのため、従来の画像形成装置の管理システムは、故障した画像形成装置のオペレータがジョブを実施する他の画像形成装置を自由に選択することができず、必ずしもユーザーにとって使用勝手の良いものではなかった。
【0004】そこで、本発明は、ユーザーにとって使用勝手の良い画像形成装置及び画像形成装置の管理システムを提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】請求項1の発明は、複数の画像形成装置とホストコンピュータとをネットワークで結んで各種データを送受信できるようにした画像形成装置の管理システムに関するものである。そして、前記画像形成装置は、稼働状態を検出する稼働状態検出手段と、各種機能選択画面や通信データを表示する表示手段と、ネットワークで結ばれた複数の画像形成装置の各種データを取り寄せるための信号を入力するネットワーク検索キーと、各種データの送受信を可能にする通信手段と、制御プログラムや入力信号に基づいて画像形成装置の作動を制御する制御手段と、を備え、前記制御手段が前記ネットワーク検索キーのオン操作によって前記ホストコンピュータにネットワーク検索信号を出力するようになっている。また、前記ホストコンピュータは、少なくとも前記複数の画像形成装置の識別番号,設置場所データ,仕様データを記憶した記憶手段を備え、前記画像形成装置からのネットワーク検索信号を受信すると、前記各画像形成装置の稼働状態検出手段の作動結果を取得し、その取得データに対応する前記画像形成装置の設置場所データ,仕様データを前記記憶手段から読み出し、その読み出したデータを前記取得データに添付して送信データを生成し、その送信データを前記ネットワーク検索信号を出力した画像形成装置に送信するようになっている。
【0006】また、請求項2の発明は、請求項1の画像形成装置の管理システムにおいて、前記画像形成装置の制御手段が、記憶手段から読み出したジョブデータにネットワーク上のアドレスを添付して送信データを生成し、この送信データを選択した他の画像形成装置に送信することを特徴としている。
【0007】また、請求項3の発明は、他の画像形成装置とホストコンピュータにネットワークで結ばれた画像形成装置に関するものである。そして、この画像形成装置は、稼働状態を検出する稼働状態検出手段と、各種機能選択画面や通信データを表示する表示手段と、ネットワークで結ばれた他の画像形成装置の各種データを取り寄せるための信号を入力するネットワーク検索キーと、各種データの送受信を可能にする通信手段と、制御プログラムや入力信号に基づいて画像形成装置の作動を制御する制御手段と、を備えている。このうち、前記制御手段が、前記ネットワーク検索キーのオン操作によって前記ホストコンピュータにネットワーク検索信号を出力し、このネットワーク検索信号に対応する送信データが前記ホストコンピュータから送信されると、その送信データを前記表示手段に表示させることを特徴としている。
【0008】また、請求項4の発明は、請求項3の画像形成装置において、前記制御手段が、記憶手段から読み出したジョブデータにネットワーク上のアドレスを添付して送信データを生成し、この送信データを選択した他の画像形成装置に送信することを特徴としている。
【0009】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面に基づき詳述する。
【0010】[第1の実施の形態]図1は、本発明の実施の形態に係る画像形成装置の管理システムの概略構成を示すものである。
【0011】この図1に示すように、同一ユーザーの複数の画像形成装置としての複写機1及びホストコンピュータ2はネットワークで結ばれており、各複写機1の稼働情報等の各種データがこのホストコンピュータ2によって集中管理されるようになっている。
【0012】図2は、画像形成装置の管理システムを構成する複写機1及びホストコンピュータ2の制御ブロック図を示すものである。
【0013】複写機1は、原稿を読み取るための露光手段と、この露光手段によって読み取った画像をトナー像にするための感光体や現像器等からなる画像形成手段と、この画像形成手段によって形成されたトナー像を転写紙に転写するための転写域に配置された転写手段と、その転写域に転写紙を供給する給紙手段と、転写紙に転写されたトナー像を加熱・加圧して転写紙に定着させる定着手段と、を備えている。また、複写機1は、この図2に示すように、複写機1の各部の故障やジャム(紙詰まり),コピーカウント等を検知するための各種センサを有する稼働状態検出手段3と、複写機本体の上部に配置された操作パネルのキーボード,タッチパネル,操作ボタン等の入力手段4と、複写機1の作動に関わる各種データや機能選択画面等を表示する液晶表示装置等の表示手段5と、ホストコンピュータ2や他の複写機1とのデータの送受信を可能にする通信手段6と、これら通信手段6や稼働状態検出手段3等を作動制御する制御手段7と、を備えている。ここで、上述の入力手段4には、ネットワークで結ばれた他の複写機1の各種データを取り寄せるための信号を入力するネットワーク検索キー4aを含んでいる。また、通信手段6は、ネットワークを介した通信を可能にする通信用ソフトや通信用機器の全てを含むものである。
【0014】制御手段7は、制御プログラムにしたがって演算処理を実行するCPU10、制御プログラム等を格納するROMや演算結果等を格納する読み書き可能なRAMからなる記憶手段11、及び入出力インターフェース(図示せず)を備えたマイクロコンピュータによって構成されている。なお、複写機本体内にハードディスク等の外部記憶装置12が設置されている場合には、その外部記憶装置12にも制御手段7が接続されている。ここで、記憶手段11には、電話番号,IPアドレスやID等の識別番号,ジョブデータ,故障データ等が記憶されている。
【0015】また、制御手段7は、データ転送機能部13を有しており、入力手段4を構成するデータ転送キー4bのオン操作やホストコンピュータ2からのデータ転送信号に基づいて記憶手段11からジョブデータを読み出し、その読み出したジョブデータを選択された他の複写機1に送信する。また、制御手段7は、ホストコンピュータ2からのネットワーク検索信号を受信すると、稼働状態検出手段3を作動させて稼働状態を検出して、その検出結果をホストコンピュータ2に送信する。この際、稼働状態の検出結果は、複写機1がジョブ処理中であるか否かやジョブ数量及び故障状態等を含むものである。
【0016】ホストコンピュータ2は、制御プログラムにしたがって演算処理を実行するCPU14と、制御プログラム等を格納するROMや演算結果等を格納する読み書き可能なRAMからなる記憶手段15と、図示しない入出力インターフェースとを備えている。そして、このホストコンピュータ2は、ハードディスク等の外部記憶装置16と、入力用のキーボードや操作ボタン等の入力手段17と、複写機1とのデータの送受信を可能にする通信手段20と、CRTや液晶表示装置等の表示手段21とに図示しない入出力インターフェースを介して接続されている。このうち、通信手段20は、ネットワークを介して複数の複写機1との通信を可能にする通信ソフトや全ての通信機器を含むものである。また、記憶手段15には、各複写機1を設置した際に入力された各複写機1のデータ、例えば、IPアドレスやID等の識別番号、設置場所(Aフロアの○○課や、A棟Bフロア中央等)、仕様データ(カラー印刷可能か否か、印刷可能サイズ等)等が記録されている。
【0017】以上のように構成された画像形成装置の管理システムの作動状態を説明する。
【0018】ネットワークで結ばれた複数の複写機1の1台が故障し、その故障状態を稼働状態検出手段3が検知すると、その故障状態に対応する故障データが記憶手段11から読み出されて、その読み出された故障データがホストコンピュータ2に送信される。ホストコンピュータ2は、インターネットを介して図外のサービスセンターの故障管理用ホストコンピュータに故障データを送信して、サービスセンターから修理用のサービスマンの派遣を依頼してもらうようになっている。
【0019】しかし、このような場合、複写機1の故障からサービスマンによる修理完了までに長時間かかるため、故障した複写機1で処理途中のジョブデータを別の複写機1に転送し、そのジョブデータ転送先の複写機1で継続してジョブ処理をすればジョブ処理効率が向上する。この際、ユーザー(故障した複写機1を使用している者)がジョブデータの転送先複写機1を選択するのに、少なくともネットワークで結ばれた他の複写機1の稼働状態(ジョブ処理中であるか否か、代替出力可能か否か、ジョブ数等),仕様(カラー印刷可能か否か、印刷可能サイズ等),設置場所(Aフロアの○○課や、A棟Bフロア中央等)が分かると都合がよい。そこで、ユーザーは、ネットワーク検索キー4aをオン操作し、ホストコンピュータ2を介して他の複写機1の稼働状態,仕様,設置場所等の各データを取り寄せることになる。
【0020】ユーザーがネットワーク検索キー4aをオン操作すると、制御手段7がネットワーク検索信号をホストコンピュータに送信する。ホストコンピュータ2は、複写機1からのネットワーク検索信号を受信すると、故障通報がされた複写機1を除く他の複写機1に対し、予め登録されたIPアドレスに基づいて稼働状態検出信号を送信する。
【0021】ホストコンピュータ2から稼働状態検出信号を受信した複写機1の制御手段7は、稼働状態検出手段3を作動させて、ジョブ処理中であるか否か、登録されたジョブ数、ジョブ処理完了予測時間等の稼働データを検出し、その検出結果に複写機1固有のIDを添付してホストコンピュータ2に送信する。
【0022】複写機1からの稼働データを受信したホストコンピュータ2は、IDに対応する設置場所データや仕様データ等を記憶手段11から読み出し、その読み出した設置場所データや仕様データ等を稼働データに添付してネットワーク検索結果データを生成し、そのネットワーク検索結果データをネットワーク検索信号を出力した複写機1に送信する。
【0023】ホストコンピュータ2からのネットワーク検索結果データを受信した複写機1の制御手段7は、そのネットワーク検索結果データを表示手段5に表示させる。これにより、複写機1の表示手段5には、少なくとも、ネットワークで結ばれた他の複写機1の稼働状態、仕様、設置場所等の詳細データがIPアドレス順等によって順次表示される。したがって、故障した複写機1を使用していたユーザーは、自分にとって都合のよい代替複写機1を選択することができる。なお、複数の複写機1の中から1台の複写機1を選択する方法としては、例えば、タッチパネル形式の表示手段5に複写機リストと複写機選択キー4cを表示し、その複写機選択キー4cを押すことにより、所望の代替出力用複写機1を決定することが一例として考えられるが、これに限定されるものでなく、表示手段5や入力手段4の構成に応じた方法を採用すればよい。
【0024】ここで、故障した複写機1を使用していたユーザーは、代替出力する複写機1を選択し、データ転送キー4bをオン操作する。その結果、故障した複写機1の制御手段7のデータ転送機能部13は、記録手段11からジョブデータを読み出し、その読み出したジョブデータに送信先複写機1のIPアドレスを添付して送信する。送信先複写機1の制御手段7は、ネットワークを介してジョブデータを受信すると、そのジョブデータに基づいて複写機1の各部を作動制御し、故障した複写機1の代わりにジョブを実施する(例えば、プリント作業を行う)。ここで、ジョブデータとは、印刷機能設定データ及びスキャナー部の読み取りデータ(原稿読込データ)等のジョブ実施に必要な全てのデータを含んでいる。
【0025】以上のような本実施の形態によれば、ネットワークで結ばれた複数の複写機1のうちの1台が故障やジャムで使用できなくなった場合、その使用できなくなった複写機1は、ネットワークで結ばれたホストコンピュータ2を介してジョブ処理可能な他の複写機1の設置場所,仕様,ジョブ処理状態等の詳細データを取得でき、その取得データを表示手段5で表示することができる。したがって、使用できなくなった複写機1の利用者は、表示手段5に表示されたデータで代替出力可能な他の複写機1を自己の使用勝手によって自由に且つ容易に選択することができ、複写作業の効率化を図ることができる。
【0026】しかも、本実施の形態によれば、使用できなくなった複写機1の利用者は、代替出力する他の複写機1を選択し、データ転送キー4bをオン操作するだけで、ジョブデータを代替出力する複写機1に転送できる。したがって、中断したジョブや未処理ジョブは、代替複写機1によって円滑且つ効率的に実施されることになる。
【0027】(本実施の形態の変形例)上述の実施の形態において、使用できなくなった複写機1の利用者が代替複写機1を選択する場合に限られず、以下のように構成してもよい。
【0028】すなわち、ホストコンピュータは、代替可能な複写機が1台のみの場合、自動的に代替複写機1を選択し、その選択した代替複写機1の諸データ(設置場所、仕様等)を使用できなくなった複写機1に送信し、その使用できなくなった複写機1の表示手段5に代替複写機1の諸データを表示させるようにすると共に、使用できなくなった複写機1のジョブデータを自動的に代替複写機1に送信させるようにしてもよい。
【0029】また、ホストコンピュータ2は、代替可能な複写機1が複数ある場合、使用できなくなった複写機1に最も近い複写機1を設置場所データから選択し、その選択した代替複写機1の諸データを使用できなくなった複写機1に送信し、その使用できなくなった複写機1の表示手段5に代替複写機1の諸データを表示させるようにすると共に、使用できなくなった複写機1のジョブデータを自動的に代替複写機1に送信させるようにしてもよい。
【0030】なお、例えば、図3に示すように、本実施の形態に係る画像形成装置の管理システムのネットワークを、外部のサービスセンターのホストコンピュータ22や営業所のホストコンピュータ23、サービスマン等のPHS24、その他の通信端末機器に、ファイアウォール25及びインターネットを介して接続するようにしてもよい。
【0031】また、上述の実施の形態は、画像形成装置として複写機1を例示し、画像形成装置の管理システムを説明したが、これに限られず、画像形成装置として、ファクシミリ、プリンタ、これらの複合機、印刷機等に広く適用することができる。
【0032】また、上述の実施の形態において、各複写機1及びホストコンピュータ2にメール送信機能を設置すると共に、ネットワークにメールサーバーを配置し、電子メールでデータの送受信を行うようにしてもよい。
【0033】また、ネットワークは、図1に示すようなリング状網と、図3に示すようなバス状網のいずれでもよく、使用勝手によって適宜選択される。
【0034】また、ネットワークは、同軸ケーブルや光ファイバを使用した有線形式と、PHS等を使用した無線形式のいずれでもよい。
【0035】また、上述の実施の形態は、便宜上、故障等で使用できなくなった複写機1からネットワーク検索信号を入力する態様を例示したが、これに限られず、ジョブを複写機1の機能毎に分散して処理させるような場合、利用者が選択した任意の複写機1からネットワーク検索信号を入力し、その任意に選択した複写機1に他の複写機1の諸データを集め、ジョブ毎に利用する複写機1を選択し、その選択した複写機1に対応するジョブを別々に送信するようにしてもよい。また、各選択した複写機1に一つのジョブを分散して処理させて、処理効率を向上させるようにしてもよい。
【0036】また、上述の実施の形態において、全てのジョブデータの転送をホストコンピュータ2で行うようにしてもよい。
【0037】
【発明の効果】以上のように、本発明は、ネットワークで結ばれた複数の画像形成装置のうちの1台の画像形成装置は、ネットワークで結ばれたホストコンピュータを介してジョブ処理可能な他の画像形成装置の設置場所,仕様,ジョブ処理状態等の詳細データを取得でき、その取得データを表示手段で表示することができる。したがって、画像形成装置の利用者は、表示手段に表示されたデータで代替出力又は分散出力可能な他の画像形成装置を自己の使用勝手によって自由に且つ容易に選択することができ、ジョブ処理の効率化を図ることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013