米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> イーストマン コダック カンパニー

発明の名称 スキャナ内にサードパーティの画像処理用ソリューションを受け入れるシステム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−204407(P2003−204407A)
公開日 平成15年7月18日(2003.7.18)
出願番号 特願2002−290431(P2002−290431)
出願日 平成14年10月2日(2002.10.2)
代理人 【識別番号】100075258
【弁理士】
【氏名又は名称】吉田 研二 (外1名)
【テーマコード(参考)】
5C062
【Fターム(参考)】
5C062 AB10 AB11 AB17 AB41 AB42 AC02 AC22 
発明者 カール ジョセフ テサビス / クリストファー ドナルド ラーソン / アーサー ネイソン ニールセン / ジェームス アール パンパー
要約 課題
ディジタル式スキャナに対して、高性能な画像形成機能を付与する際の互換性の問題を解決する。

解決手段
電子カードの挿入又は交換を可能にするシステムであって、このシステムは、ハードコピー素子の電子表示に対して少なくとも1つの処理機能を実行する電子部品と、スキャナの操作を指示すると共に他の部品に渡される命令を受け取る第1のプロセッサと、ハードコピー素子の電子表示に対する付加的な処理を実行する現地組込み型電子カードと、から構成するハードコピー素子をスキャンするスキャナと、現地組込み型電子カードに指示を与えるための現地組込み型コントロールコードを含むスキャナ用プロセッサに命令を送る、スキャナに電気的に接続された第2のプロセッサと、を備えている。
特許請求の範囲
【請求項1】 電子カードの挿入又は交換を可能にするシステムであって、(a1)ハードコピー素子の電子表示に対して少なくとも1つの処理機能を実行する電子部品と、(a2)スキャナの操作を指示し、かつ他の部品に渡される命令を受け取る第1のプロセッサと、(a3)前記ハードコピー素子の電子表示に対する付加的な処理を実行する現地組込み型電子カードと、から構成する、(a)前記ハードコピー素子をスキャンするスキャナと、(b)前記現地組込み型電子カードに指示を与えるための現地組込み型コントロールコードを含む前記スキャナ用プロセッサに命令を送る、前記スキャナに電気的に接続された第2のプロセッサと、を備えることを特徴とするシステム。
【請求項2】 請求項1に記載のシステムであって、前記スキャナが前記現地組込み型電子カードを挿入する電子ボードを含むことを特徴とするシステム。
【請求項3】 電子カードの挿入又は交換を可能にする方法であって、(a)ハードコピー素子をスキャンし、かつ前記ハードコピー素子の電子表示に対して少なくとも1つの処理機能を実行する電子部品と、スキャナの操作を指示しかつ他の部品に渡される命令を受け取る第1のプロセッサとを含む前記スキャナにアクセスするステップと、(b)前記ハードコピー素子の電子表示に対する付加的な処理を実行する現地組込み型電子カードを組み込むステップと、(c)前記スキャナ用プロセッサに命令を送るために前記スキャナに電気的に接続された第2のプロセッサにアクセスするステップと、(d)前記現地組込み型電子カードに指示を与えるために、前記第2のプロセッサに現地組込み型コントロールコードを組み込むステップと、を備えることを特徴とする方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明はディジタル式スキャナに関し、より詳細には、電子カードの現地組込みを可能にして、追加の又は後で開発された画像処理の機能性をスキャナで利用可能にする、現地組込み可能な電子カードを有するスキャナに関する。
【0002】
【従来の技術】分当たり寸法が216×280ミリ(8.5×11インチ)で最低10ページに対応することができる速度で、画像のディジタル表示を行うことができる1つ以上のスキャン用モジュールを有するディジタル式スキャナに関して、大容量の結果として生じたデータを処理及び搬送するハードウェアに対する要求がある。通常の基本的構成では、製造業者が最低限提供する必要がある機能の予測可能な設定がある。このことには、例えば、ピクセル補正、ゲイン調整、及びカラー補正が含まれる。この機能性を、以後、スキャナフロントエンド(Scanner FrontEnd)(SFE)と呼ぶ。このSFEの画像チェーンの出力は、次に、画像バッファに送られる。画像バッファ内で画像を表示するデータは、次に、ディジタルインターフェースを介して外部のホストプロセッサに伝達される。
【0003】パーソナリティー(ドーター)カードの中で画像2値化処理及びカラーのドロップアウト処理のような付加的で高性能な画像処理を行うことが望ましい場合が多い。パーソナリティーカードは、SFEの出力と画像バッファとの間の画像チェーン内に任意に取り付けることができる。これらのドーターカードは、サードパーティの製造業者によって開発される。サードパーティの製造業者は、基本的スキャナに特注で高性能の画像処理の機能を提供したいと思っている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ディジタル式スキャナに対して高性能な画像形成機能を配送するこの方法の欠点は、この方法がファームウェアが埋め込まれたスキャナの開発と未知のサードパーティのドーターカードの開発とが技術的に密接に結合する必要があることである。これは、スキャナのハードウェアがドーターカードをコントロールするために潜在的なドーターカードの機能の情報を必要とする場合に該当する。別の潜在的な欠点は、基本的スキャナの実行によりインターフェースが制限されて、ドーターカードの機能性が人為的に制約されることである。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は、前述した1つ以上の問題を克服することに関する。要約すると、本発明の1つの態様によれば、本発明は電子カードの挿入又は交換を許容するシステムにある。このシステムは、(a1)ハードコピー素子の電子表示に対して少なくとも1つの処理機能を実行する電子部品と、(a2)スキャナの操作を指示し、他の部品に渡される命令を受け取る第1のプロセッサと、(a3)ハードコピー素子の電子表示に対する付加的な処理を実行する現地組込み型電子カードとから構成する(a)ハードコピー素子をスキャンするスキャナと、(b)現地組込み型電子カードに指示を与えるために現地組込み型コントロールコードを含むスキャナ用プロセッサに命令を送る、スキャナに電気的に接続された第2のプロセッサと、から構成する。
【0006】本発明は、スキャナの元の開発者以外のパーティーによる高性能な画像形成機能の配送を可能にする利点を有する。本発明はサードパーティの開発者が基本のスキャナの機能性を拡張して、基本的スキャナの市場性を向上させるために、基本的スキャナの開発者が予知しなかった製品を作ることも可能にする。本発明は、基本的スキャナの開発者が最小限の時間を高性能な画像形成のソリューションに使い、また基本的な製品に集中して、市場に早期に送り出せるようにすることをさらに可能にする。さらに、本発明はドーターカード及び基本的スキャナの開発が異なる時間に行われることを可能にし、また基本的スキャナの耐用年数を伸ばす柔軟なスキャニング/画像形成のアーキテクチャを可能にする。
【0007】
【発明の実施の形態】以下の説明では、本発明がソフトウェアのプログラムとして好適な実施形態の中で説明される。当業者は、そのようなソフトウェアの同等物をハードウェアで構成することもできることは容易に認識されよう。
【0008】図1を参照すると、本発明のスキャナ10が示されている。スキャナ10には、ドキュメントをディジタル表示に変換する従来の構成要素(図示せず)が含まれる。それらの全ては当業者に周知であり、本願では詳細に説明しない。スキャナ10には、再位相合わせ、ライン反転、欠陥を隠すこと及びカラー補正のような工場組込み処理を有するスキャナフロントエンド(SFE)20が含まれる。このスキャナフロントエンド20は、従来の構成要素からドキュメントのディジタル表示を受け取る。現地組込みのドーターカード30は、現在は知られていない未来の機能だけでなく、カラーのドロップアウト、スキュー補正、2値化などの付加的な処理を有し、SFE20からディジタルの画像データのストリームを受け取り、この付加的な処理をそこで実行する。ドーターカード30は、別の処理を行うと共に、スキャナに対する命令及びスキャナとのコントロール通信に対応するプロセッサ35も含む。プロセッサ45を有するホストコンピュータ40は、インターフェース50を介してドーターカードにコントロールの命令及びプロトコルを送る現地組込みソフトウェアを含む。ホストコンピュータ40は、スキャナ10とは別個の外部の構成要素とすることができることに注意することは有益である。
【0009】スキャナ10はプロセッサ60も含む。このプロセッサ60は、ホストコンピュータ40からドーターカード30に送られるこれらのコントロール命令用の通過部として機能する。プロセッサ60は、SFE20が実行する処理のような全ての工場組込み処理に対する動作を指示する機能も行う。
【0010】本願で定義される現地組込みの構成要素とは、構成要素が組み込まれるように指定された機器を顧客が占有及び/又は所有した後で組み込まれた構成要素を意味する。一般に、指定された機器は、サードパーティの指定区域又はそれらの指示に置かれる。
【0011】バッファ70は、記憶、視聴及び追加の処理を行うためにホストコンピュータに出力するようホストコンピュータ40が指示するまで記憶するために、処理されたディジタルファイルをドーターカード30から受け取る。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013