米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> イーストマン コダック カンパニー

発明の名称 双方向のチャットと同時に画像を表示するウェブサイト
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−141049(P2003−141049A)
公開日 平成15年5月16日(2003.5.16)
出願番号 特願2002−244559(P2002−244559)
出願日 平成14年8月26日(2002.8.26)
代理人 【識別番号】100075258
【弁理士】
【氏名又は名称】吉田 研二 (外1名)
発明者 マシュー エイチ バーニアス / トーマス ジェイ ホウエン
要約 課題
ユーザ間の双方向コミュニケーションを可能にするウェブサイトを提供する。

解決手段
第1のユーザにより表示可能な文字情報が提供される。その文字情報は入力され、続いてリアルタイムで表示される。第2のユーザにより表示可能な文字情報が提供される。その文字情報は入力され、続いてリアルタイムで表示される。更に、第1のユーザにより画像が提供される。その画像は入力され、続いてリアルタイムで表示されるので、第1のユーザは、第2のユーザと画像の閲覧を共有する。
特許請求の範囲
【請求項1】 第1のユーザおよび第2のユーザの間の双方向コミュニケーションを提供するウェブサイトであって、(a)前記第1のユーザにより提供された表示可能な文字情報であって、直接的または間接的に入力され、続いてリアルタイムで表示される文字情報と、(b)前記第2のユーザにより提供された表示可能な文字情報であって、入力され、続いてリアルタイムで表示される文字情報と、(c)前記第1のユーザにより提供された画像と、を備え、前記画像は、直接的または間接的に入力され、続いてリアルタイムで表示されて、前記第1のユーザが前記第2のユーザと前記画像の閲覧を共有することを特徴とするウェブサイト。
【請求項2】 請求項1に記載のウェブサイトであって、前記画像を書き換える、続きの画像を更に備え、より質の高い双方向のチャットを可能とすることを特徴とするウェブサイト。
【請求項3】 請求項2に記載のウェブサイトであって、前記画像または続きの画像は、第1または第2のユーザが要求すると、拡大表示されることを特徴とするウェブサイト。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、インターネット上の双方向のチャットルームの分野に関する。特に、そのようなチャットルームを提供するウエブサイトであって、書き換え可能な画像を、対応する文字情報とともに表示するチャットルームを提供するウエブサイトに関する。
【0002】
【従来の技術】現在知られており、利用されているインターネット上のチャットルームは、通常異なる場所にいる2人以上のユーザが入力した文字情報を含む。この文字情報は、続けて、原則としてリアルタイムで表示され、文字で書かれた会話の閲覧可能な全文が提供される。この双方向の表示可能な文字情報は、一般に、チャットといわれる。チャットの一つの形態においては、よく知られた著名人や話題の事柄に関する専門家(Subject Matter Expert:以下、「エキスパート(SME)」と称する。)が、文字情報の一部を提供する。また、このようなチャットルームは、ユーザのハンドル名(ニックネーム)が表示され、チャットルームの現在のユーザに関するリアルタイムの表示を得ることができる。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、現在知られ、利用されているチャットルームは、満足のいくものであるとはいえ、いくつかの欠点を有する。例えば百聞は一見に如かずといわれるが、この点に関して、現在知られ、利用されているチャットルームは、画像の双方向表示には対応していない。このことは、チャットルームの有用性を明らかに制限している。
【0004】このため、画像の双方向表示を備えるチャットルームが求められている。そこで本発明は、上述の問題点のうちの少なくとも一つを解決することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明の一つの実施の形態によれば、本発明は、ウェブサイトに構築され、第1のユーザおよび第2のユーザの間の双方向コミュニケーションを提供するもので、(a)前記第1のユーザにより提供された表示可能な文字情報であって、直接的または間接的に入力され、続けてリアルタイムで表示される文字情報と、(b)前記第2のユーザにより提供された表示可能な文字情報であって、入力され、続けてリアルタイムで表示される文字情報と、(c)前記第1のユーザにより提供された画像とを備える。前記画像は、直接的または間接的に入力され、続けてリアルタイムで表示されるので、前記第1のユーザは、前記第2のユーザと前記画像を共に見ることができる。
【0006】本発明に係る上述およびその他の態様、目的、特徴、ならびに効果は、添付の図面を参照して、好適な実施の形態に係る以下の詳細な説明および特許請求の範囲を検討することにより、より明確に理解され認識されるであろう。
【0007】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態について図面を参照しながら説明する。本実施の形態においては、ウエブサイトとして構築されるウエブサーバ装置、及びプログラム、チャットルームの提供方法であって、複数のユーザにより利用され、いずれかのユーザから提供される文字情報を他のユーザに対して配信し、いずれかのユーザまたは管理者側から提供される画像データを前記複数のユーザから取得可能に保持し、または当該画像データを前記複数のユーザに配信するものである。
【0008】図1に、本発明を実施するためのコンピュータシステム10を示す。好適な実施の形態を説明するためにコンピュータシステム10を示したが、本発明は、図示のコンピュータシステム10に限定されず、いかなる電子的処理システムにおいても用いることができる。コンピュータシステム10は、ソフトウェアプログラムを受け取って処理するとともに、その他の処理機能を果たすマイクロプロセッサ内蔵装置20を含む。ディスプレイ30は、ソフトウェアに対応してユーザに関係がある情報を表示するために、マイクロプロセッサ内蔵装置20と電気的に接続されている。キーボード40も、ユーザがソフトウェアに情報を入力できるように、マイクロプロセッサ内蔵装置20と接続されている。当該技術分野においてよく知られているように、キーボード40を使って入力する代わりに、マウス50を使って、ディスプレイ30上のポインタ52を移動させ、ポインタ52が指示する項目を選択することもできる。
【0009】図2に、本発明に係るウェブサイト上のチャットルーム65を示す。チャットルーム65の所定の部分70が、インターネット上のハンドル名等のために指定されている。これに関して、現在チャットルーム65を使っている各ユーザのインターネット上でのハンドル名が、この所定の部分70に表示される。文字情報表示部分75は、その所定の部分70に隣接しており、ユーザが入力した文字情報を表示する。一つの実施の形態において、ユーザのうちの一人は、よく知られた著名人または話題の事柄に関する専門家(エキスパート(SME))である。ここで、その他のユーザは、その著名人に質問等をする。質問をするために、ユーザは、遠隔地の端末、例えば自宅のコンピュータ10から、ユーザインターフェースであるキーボード40およびマウス50を使って、著名人やエキスパート(SME)にたずねる質問を入力する。これは、インターネットを通じてウェブサイトに送信され、ウェブサイトは、ユーザ名を、それと結びついた質問とともに表示する。同様に、著名人またはエキスパート(SME)は、文字情報を自分のコンピュータ10にユーザインターフェース40および50を使って入力したり、インターフェース40および50を使って文字情報を直接入力するようウェブサイトの管理者に求めたりして、その質問に応答する。この応答もまた、インターネットを通じてウェブサイトに送信され、著名人やエキスパート(SME)の名前および対応する応答が表示される。
【0010】また、ウェブサイトは画像表示部分80を含み、ここにウェブサイトの管理者が画像を入力する。管理者は、複数の画像を利用することが可能で、著名人かエキスパート(SME)のいずれかとユーザの間の現在の会話内容に応じて画像を選択する。代わりに、著名人またはエキスパート(SME)等のユーザ側が、画像を入力するようにしてもよい。議題が変わると、管理者は現在の画像を現在の議題を表す他の画像と書き換える。管理者は、望ましいと判断されるだけ何度でも画像を書き換える。管理者が画像を入力する代わりに、ユーザがインターネットを通じて画像を送信して、チャットルームに表示するようにしてもよいということは、当業者に認識されるであろう。
【0011】ユーザが、自分のコンピュータ10のポインタ52を画像の上に置き、マウスをクリックして、画像が拡大されるように要求してもよい。ウェブサイトは、その要求を受け取り、画像85の拡大版をユーザに対して表示する。
【0012】また、見出し領域90がチャットルーム65に設けられており、管理者が画像の要旨を提示することができる。要旨(summary)90は、画像の書き換えとほぼ同時に別の文字情報に書き換えられるのが好ましいであろう。代わりに、著名人またはエキスパート(SME)が、要旨をインターネットを通じて管理者に送信して、入力および表示するようにしてもよい。
【0013】本発明に係るウェブサイトが、その実施のためにソフトウェアを使うということは理解されうることであり、そのようなソフトウェアは、上記説明を読むことにより当業者によって容易に再現される。
【0014】これにより、画像を双方向チャットルームに挿入することが可能となり、画像と文字情報が互いに対応するように画像を変更できる。更に、画像の高解像度バージョン(拡大した画像)を取得できるようにし、より質の高い画像の閲覧を可能にする。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013