米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> ヒューレット・パッカード・カンパニー

発明の名称 リファレンスによる印刷サービス方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−67148(P2003−67148A)
公開日 平成15年3月7日(2003.3.7)
出願番号 特願2002−165042(P2002−165042)
出願日 平成14年6月6日(2002.6.6)
代理人 【識別番号】100081721
【弁理士】
【氏名又は名称】岡田 次生 (外2名)
【テーマコード(参考)】
2C061
5B021
【Fターム(参考)】
2C061 AP01 CG02 CG15 HJ08 
5B021 BB00 BB01 CC02
発明者 アラン・クリス・バークマ / ジェフリー・エー・モーガン / パトリシア・ジェー・ストルツ / トッド・エー・フィッシャー
要約 課題
ワイヤレスデバイスを含む印刷クライアントに有効な印刷機能を提供する。

解決手段
印刷クライアント(16)から、リファレンスによって示されるロケーション(18)から印刷するターゲットの印刷コンテンツへのリファレンスを受け入れるステップと、前記リファレンスを分析して、前記リファレンスによって示される前記ロケーションを決定するステップと、前記リファレンスによって示される前記ロケーションから印刷データを取得するステップと、前記印刷データを印刷装置(10)処理可能フォーマットに変換するステップと、該変換するステップにより変換された印刷データへのアクセスを許可するステップと、前記印刷クライアントからの要求に応答して、前記変換するステップによって変換された印刷データを転送するステップとを含む。
特許請求の範囲
【請求項1】 リファレンスによる印刷動作を提供して、参照されたロケーションから参照されたコンテンツを印刷装置で印刷する方法であって、印刷クライアントから、リファレンスによって示されるロケーションから印刷するターゲットの印刷コンテンツへのリファレンスを受け入れるステップと、前記リファレンスを分析して、前記リファレンスによって示される前記ロケーションを決定するステップと、前記リファレンスによって示される前記ロケーションから印刷データを取得するステップと、前記印刷データを印刷装置処理可能フォーマットに変換するステップと、該変換するステップにより変換された印刷データへのアクセスを許可するステップと、前記印刷クライアントからの要求に応答して、前記変換するステップによって変換された印刷データを転送するステップとを含む方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明の分野は、印刷サーバである。本発明の他の分野としては、印刷データサービス、ワイヤレスポータブルデバイス、およびウェブベースのサービスが挙げられる。本発明は、ワイヤレスポータブルデバイスまたは印刷装置によって供給することのできるようなリファレンスによって、印刷コンテンツがアドレス指定されるリファレンスによる印刷動作のサポートを提供する。
【0002】
【従来の技術】印刷動作の従来的なモデルは、装置から印刷装置にコンテンツを「プッシング」する。ほとんどの場合、これには、印刷装置、たとえば、プリンタまたは印刷機能を含む多機能周辺機器と通信するコンピュータが関わる。通信は、印刷装置が、シリアルまたはパラレルコンピュータポートを介して印刷装置に接続される場合など、ワイヤード接続インタフェースのフォーマットに従うことができる。通信はまた、赤外線ポートを通しての通信に使用されるもの等の無線接続に従うこともできる。いずれの場合であっても、基本動作は、装置、たとえばコンピュータが印刷装置にリンクし、印刷装置が許容可能なフォーマットへコンテンツを変換し、それからデータを印刷装置へ転送することを含む。一例として、Microsoft Word文書を印刷するコンピュータは印刷装置をアドレス指定し、文書データおよびフォーマット情報を印刷装置実行可能フォーマットに変換し、このデータを印刷装置へプッシュ(push)する。プロトコル基準により、印刷装置と、印刷するデータをプッシングする装置との間の通信が処理される。通常、データ生成プログラムと常駐し、または協同するソフトウェアである印刷サーバは、データをネイティブ印刷装置フォーマットに変換する。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来的な印刷モデルは、多くの仕方で印刷動作を制限する。1つの重大な制限は、印刷装置は、データを印刷装置処理可能フォーマットに変換する能力を欠く装置とともに使用することができないことである。できないことが不能性がある方法によって克服されたとしても、別の制限が、印刷装置を利用可能なデバイスタイプおよびデバイス接続の実際の制限に関係する。具体的には、実際の問題として、印刷するデータの格納に十分なメモリ資源を欠くデバイスは、印刷装置を有効に利用することができない。さらに、印刷装置への十分に高速な、または十分に高信頼性の通信リンクを欠くデバイスもまた、印刷装置を有効に利用することができない可能性がある。印刷コンテンツに十分なメモリ、十分に高速なデバイス−印刷装置間インタフェース、または十分に高信頼性のデバイス−印刷装置間インタフェースを欠くことがある特定のデバイスの種類は、ポータブルワイヤレスデバイスである。ワイヤレスデバイスが有効な印刷機能を持てば、個人情報端末(PDA)、携帯電話、ワイヤレスデータ端末、および他のワイヤレスデバイスの有用性は増大し、印刷装置に対してより高度の有用性が付加されるであろう。
【0004】
【課題を解決するための手段】リファレンスによる印刷は、印刷するデータコンテンツに対するリファレンスをデバイスから渡して印刷ジョブを開始できるようにすることよって、ワイヤレスデバイスおよび印刷装置の印刷および有用性を拡張する。本発明は、リファレンスによる印刷動作をサポートするためのサービスに関する。本サービス方法は、コンテンツに対するリファレンスを受け入れ、コンテンツを変換し、印刷すべき変換されたコンテンツを確立する。
【0005】好ましい実施形態では、本発明の印刷サービスは、印刷クライアントから、リファレンスによって示されるロケーションから印刷するターゲットの印刷コンテンツへのリファレンスを受け入れる方法を実行する。リファレンスが分析(resolve、解釈)されて、リファレンスによって示されるロケーションが決定される。そのロケーションから印刷データが取得され、印刷装置処理可能フォーマットに変換される。印刷クライアントは、印刷処理可能フォーマットデータにアクセスを許可され、印刷クライアントからの要求に応答して、このデータを印刷クライアントに転送することができる。
【0006】本発明の好ましい印刷サービス実施形態では、好ましくはウェブサイトまたはウェブサイトの一部として実現される、ウェブサイトによってホストされるか、またはアクセス可能なソフトウェアが、必要な機能を実行する。印刷クライアントは、たとえば、インターネット接続を有する印刷装置であることができる。印刷クライアントは、たとえば、印刷サービスによって変換されたデータを印刷装置に転送することのできるポータブルワイヤレスデバイスであってもよい。印刷サービスの好ましい使用は、ポータブルワイヤレスデバイスのユーザが、ウェブサーフィンしながら、印刷コンテンツに対するリファレンスを取得することで開始され、たとえばブルートゥースワイヤレス接続を介してそのコンテンツを印刷装置に通信し、次に、印刷装置が印刷サービスを利用して、リファレンスによる印刷通信を分析し処理するので、印刷サービス方法は、ウェブサービスおよびコンテンツプロバイダパートナーシップに商業的な可能性を提供する。同様の商業的な可能性が、印刷装置製造業者および個人情報端末(PDA)デバイス等のポータブルワイヤレスデバイス製造業者に関しても予想される。
【0007】
【発明の実施の形態】印刷装置によって行われるリファレンスによる印刷動作をサポートする印刷サービス方法が本発明によって提供される。好ましい形態では、印刷サービス方法は、リファレンスによる印刷動作を処理する印刷装置によって使用されるウェブサイトを通して提供される。別の例として、印刷サービスは、印刷装置ソフトウェアの一部であってもよい。したがって、本発明の方法を実行する印刷装置ソフトウェアは、プリンタまたは多機能周辺機器、ならびに印刷サーバデバイスにおける内部JETDIRECT(登録商標)カードまたは外部JETDIRECT(登録商標)プラグを含むHP JETDIRECT(登録商標)デバイス等の周辺印刷装置で実行されるソフトウェアの一部であってもよい。本発明の印刷サービス方法を実行するためのソフトウェアを含むデバイスは、概して、リファレンスによる印刷動作によって参照される印刷コンテンツへの直接または間接的なアクセスを必要とする。最も重要なコンテンツタイプおよびリファレンスによる印刷動作において参照される可能性が高いコンテンツは、インターネットを介してアクセスされるため、好ましい直接または間接的な接続は、直接または間接的なインターネット接続である。
【0008】インターネットを介してアクセスされるリモート印刷サービスの場合、変換されたデータの印刷装置への転送は、好ましくは、印刷サービスが、変換されたデータのユニバーサルリソースロケータアドレスをセットアップし、次いで印刷データのユニバーサルリソースロケータアドレスを装置に伝達することによって行われることが好ましい。
【0009】図1は、本発明の印刷サービス方法の実施に好ましい環境を示す。印刷装置10は、リファレンスによる印刷動作を実行中に、本発明の印刷サービスに、インターネットを介してウェブサイト印刷サービス12に、あるいは別の接続を通してソフトウェアを印刷装置10に含むことができるローカル印刷サービス14に、アクセスする。ローカル印刷サービス14は、印刷装置10の外部装置として図示されるが、印刷装置10の内部にあってもよい。たとえば、ローカル印刷サービス14は、ネイティブソフトウェアであっても、またアドオンソフトウェアであってもよい。また、ファームウェアカードとしてインストールされてもよい。
【0010】印刷装置は、印刷サービス12または14を利用して印刷するコンテンツを分析し、該コンテンツにアクセスする。印刷装置10が、ポータブルワイヤレスデバイス16からアクセス可能な場合、印刷サービス12または14は、ポータブルワイヤレスデバイス16によって開始されるリファレンスによる印刷動作を補助することができる。印刷サービス12または14の観点から、印刷装置10あるいはポータブルワイヤレスデバイス16のいずれかを、「印刷クライアント」が印刷サービス12または14を直接的に、それとも最終的に利用するかに関係なく、リファレンスによる印刷動作の印刷クライアントと見ることができる。起こりうるケースは、ポータブルワイヤレスデバイス16が、インターネットを経由して通常はウェブサイトであるコンテンツプロバイダ18にアクセスすることを含む。ウェブサイトは、“print−this(これを印刷する)”リンク等、コンテンツを印刷するためのリンクを含むことができる。選択される場合、リファレンスによる印刷ターゲットが、ポータブルワイヤレスデバイス16に送信され、次に、ポータブルワイヤレスデバイス16は、印刷装置10とリファレンスによる印刷動作を開始することができる。図1の好ましい環境では、ポータブルワイヤレスデバイスは、ブルートゥースワイヤレス20を使用して、リファレンスによる印刷ターゲットを印刷装置10に、またはおそらく印刷サービス12または14に直接伝達する。次に、印刷装置10は、インターネットインタフェース22を介して印刷サービス12にアクセスする。しかし、印刷サービス12または14には、たとえば、セルラーネットワーク通信またはRFを含む他の仕方でアクセスしてもよい。
【0011】ブルートゥースは、標準ワイヤレスプロトコルを作成するという使命を有する、3Com、Ericsson、IBM、Intel、Agere、Microsoft、Motorola、Nokia、およびToshibaから構成される技術業界企業共同体によって開発された好ましいワイヤレスRF規格である。プロトコル仕様を含め、さらなる情報は、ブルートゥースウェブサイトwww.bluetooth.comから取得することができ、このサイトおよびリンクされたウェブサイトから入手可能なコンテンツは、上記参照により本明細書に援用する。現在のブルートゥースプロトコルの動作可能範囲は約10メートルであるが、時々これよりも長い距離の動作可能範囲を有すると判明する場合がある。印刷サービス12および14、印刷装置10、またはポータブルワイヤレスデバイス16が使用可能な、土台をなすブルートゥース通信用のソフトウェア/デバイスの例として、ブルートゥースPCカードが、2001年5月29日に3Comから公表された。このカードは、新しいブルートゥース1.1仕様に準拠し、3Comの接続マネージャソフトウェアを使用する。
【0012】利用可能な商業的サポートを有する、本発明の範囲内での実施に適した他の通信プロトコルの例は、IEEE802.11規格によって規定されるものである。100メートルが最適な802.11の最大範囲であるが、802.11は、おおよそ300メートルで動作することが可能である。しかし、データレートは、範囲が増大するにつれて、11Mbpsから約1または2Mbpsになる。ブルートゥース送信電力クラスIIIは、低電力で10メートルのために設計される。ブルートゥース送信電力クラスIは、100ミリワットを使用し、約100メートルまで到達することが可能である。当業者は、802.11およびブルートゥース以外のワイヤレスプロトコル、たとえば赤外線を使用することもでき、したがって、ブルートゥースプロトコルはコネクトを必要とするが、OBEXは必要としないことから、特定の好ましい機能、たとえばOBEXコネクトは、好ましいブルートゥース実施形態に固有のものであることも理解するであろう。
【0013】たとえば、ワイヤレスデバイス16は通常、インターネットアクセスを有する。このインターネットアクセスは、セルラーネットワークインタフェース24であることができる。好ましくはウェブサイトである印刷サービス12は、インターネットインタフェース26を有する。したがって、印刷サービス12は、ウェブホストに常駐するソフトウェアによるウェブサイトとして実現することができる。コンテンツプロバイダ18もまた通常はウェブサイトであるため、同様にインターネットインタフェース28を有する。ローカル印刷サービス14は、ウェブサイトであるコンテンツプロバイダにアクセスするために、インターネットインタフェース30を必要とする。インタフェース30は、印刷装置10によって使用されるインタフェースと同じものであってもよい。
【0014】したがって、印刷リファレンスを渡し、印刷データおよび印刷サービスをチャネリングするためのいくつかのパスが可能である。代替の好ましい実施形態は、ローカル印刷サービス14の使用を含み、印刷サービス14あるいはポータブルワイヤレスデバイス16がコンテンツプロバイダ18にアクセスする。印刷装置10またはポータブルワイヤレスデバイス16により、いずれかの印刷サービスにアクセスすることができる。
【0015】次に、図1および図2を参照すると、印刷サービス12または14のいずれかが、リファレンスによって示されるロケーションから印刷するターゲットの印刷コンテンツへのリファレンスを受け入れる(32)。印刷サービス14は、たとえば、印刷装置10から直接リファレンスを受け入れる。一方、印刷サービス12は、インターネットインタフェース26を介してリファレンスを受け入れる。しかし、印刷サービス12は、ポータブルワイヤレスデバイス16へのワイヤレス接続からリファレンスを受信する(32)こともできる。この接続は、ブルートゥース20またはセルラーネットワークインタフェース24を介してのものであることができる。
【0016】印刷サービスが使用可能になるには、印刷装置またはポータブルワイヤレスデバイスが印刷サービスを発見または見つける必要があり、よってこれはリファレンスを受け入れるための事前ステップである。発見は、多くの異なる仕方で生じうる。いくつかの好ましい可能性は、印刷サービス発見のための以下のモデルに従うものである。印刷サービスのロケーションは、印刷装置10またはポータブルワイヤレスデバイスに予め設定する(34)ことができる。別の代替は、印刷サービスをサービスレジストリに登録する(36)というものである。印刷装置およびポータブルワイヤレスデバイスは、レジストリを使用し、あるサーチ制約セットに基づいて印刷サービスを見つけることができる。代替のサーチに基づく発見(38)、たとえば、任意の形態のサーチエンジンもまた可能である。印刷サービスは、ネットワーク発見プロトコルを介して見つける(40)ことも可能である。
【0017】印刷サービス12または14は、リファレンスを分析して(42)、リファレンスによって示されるロケーション、通常はユニバーサルリソースロケータによりアクセス可能なコンテンツプロバイダ18を決定する。この典型的な場合、リファレンスは、印刷のターゲットの印刷コンテンツをアドレス指定するユニバーサルリソースロケータである。受け入れられるリファレンスは、個々のリファレンスであっても、また複数のリファレンスであってもよい。したがって、リファレンスの受け入れは、ロケーションに格納された印刷コンテンツを個々に参照する個々のリファレンスのリファレンスリスト、たとえば分析する複数のユニバーサルリソースロケータ22のリストの受け入れであることができる。好ましくは、リスト中の各リファレンスは別個に処理され、リスト中の残りのリファレンスの完全な順次処理が後続する。
【0018】印刷サービス12または14は、リファレンス22を分析した後、リファレンスによって示されるロケーションから印刷データを取得する(44)。印刷サービス12または14は、印刷データを印刷装置処理可能フォーマットに変換し(46)、次いで変換された印刷データへのアクセスを許可する(30)。変換は、取得データを印刷に使用可能な形態に変換する。好ましくは、変換は、データを使用される印刷装置のタイプ(ブランド)から独立した形態に変更する。好ましいフォーマットの例としては、HTML、ASCII、およびPDFが挙げられる。代替として、変換は、データを印刷装置のタイプに依存する印刷フォーマットに変換することも可能である。依存するフォーマットは、異なる印刷装置製造業者によって使用される固有の(proprietary)フォーマットであることができる。適切なフォーマットの認識は、リモート印刷サービス12の場合の問題であるが、特定の印刷装置10に内蔵された、または周辺の印刷サービス14は、おそらく、特定の印刷装置用に仕立てられた変換を有することができる。変換された印刷データは、印刷装置10からの要求に応答して、印刷装置10に転送される(48)。インターネットを介してアクセスされるリモート印刷サービス12の場合、変換されたデータの印刷装置10への転送は、印刷サービスが、変換されたデータのユニバーサルリソースロケータアドレスをセットアップし、次いで印刷データのユニバーサルリソースロケータアドレスを装置に伝達することによって行われることが好ましい。
【0019】リファレンス20の受け入れ時に、印刷サービス12または14は、印刷装置10と制御通信50を開始することもできる。図3から見て取れるように、制御チャネル52およびデータチャネル54を分離することができる。図3では、制御通信は、引き数分析プロトコル56、すなわちSOAPプロトコル(シンプルオブジェクトアクセスプロトコル)を介して行われることが好ましい。好ましいデータチャネル54は、HTTPプロトコルを使用する。制御チャネル52は、引き数および応答のパスに都合がよい。このような応答の必要性は、印刷コンテンツ、たとえばコンテンツプロバイダ18を含むロケーションにアクセスする場合に生じうる。印刷サービスの通信は、HTTP(セキュアアクセスが用いられる場合にはHTTPS)の最上位のレイヤである。HTTPが好ましいが、これは、HTTPが効率的かつユビキタスなトランスポート機構を提供するためである。
【0020】SOAPは、好ましくは、印刷サービスによってエクスポートされる3つのアクション、すなわちジョブ作成、状態チェック、およびジョブキャンセルを定義するために使用される。generic HTTPアクセス(HTTP GETおよびPOST)と共にこれらのアクションは、リモート印刷サービス12の要件をサポートする。クライアントは、CreatePSJobを使用して印刷ジョブを開始する(60)。このアクションは、印刷サービス12に、印刷ジョブを作成し、印刷動作の処理を開始するために必要な情報を提供する。
【0021】好ましいプロトコルでは、印刷サービス12が、印刷ジョブを識別するために後続動作で使用することができる一意のジョブ識別子(JobID)を作成する。CreatePSJobは、リファレンスによる印刷およびコンテンツを印刷サービス12に提供する手段としての情報アップロードの双方をサポートする。クライアントがリファレンスを印刷する場合、これは、アクションのreference引き数に送信される。クライアントが情報を印刷サービスにアップロードしようとしている場合、アクション要求においてreference引き数を指定しない。クライアントが、印刷する情報をアップロードしたいことを示す場合、クライアントは、CreatePSJob応答にDataSinkURLを含めることができる。次に、クライアントは、DataSinkURLに対して別個のHTTP POST動作を使用して、情報を印刷サービス12に送信しなければならない。印刷サービス12はまた、JobIDおよびPrintSrcURLをクライアントに戻す。PrintSrcURLは、印刷サービス12が変換した印刷処理可能情報を検索するために使用される。
【0022】リファレンス、たとえばウェブサイトは、印刷サービス12または14が印刷データを取得しようとするときに、セキュリティチャレンジを発することができる。この場合、印刷サービス12または14は、印刷データコンテンツロケーション、たとえばコンテンツプロバイダ18からセキュリティチャレンジを受け入れる(図2、44)。SOAPプロトコル56を便利に使用して、セキュリティ通信62(図2)を行うことができる。この通信62は、セキュリティチャレンジを印刷サービス12または14に渡すことができ、または、情報が印刷サービス12に最初に提供されていなかった場合には、応答に必要な情報を取得することができる。印刷サービス12または14は、応答に必要な情報を有する場合、セキュリティチャレンジに応答することができる。
【0023】印刷サービス12または14は、いくつかの好ましい方法でセキュリティチャレンジに応答することができる。アクセス信用証明は、印刷サービスに提供されるコンテンツへのリファレンスに包含することができるため、ステップ32において、印刷サービスがリファレンスを受け入れるときに受信される。印刷サービスがリファレンスを受け入れるときに最初に提供されない場合、印刷サービスは、チャレンジをクライアントに返すことができ、次に、クライアントは、正しいセキュリティ情報を包含した要求を再度提出することができる。別のオプションは、印刷サービスが、印刷サービスとクライアント、たとえば印刷サービス12と印刷装置10の間で交換される情報の暗号化を通してプライバシーをサポートするというものである。この暗号化は、接続セットアップ時に、リンクレベル、たとえばHTTPまたはIPSecで行うことができる。このレベルのセキュリティはリンクレベルで行われるため、印刷サービス12とクライアント、すなわち印刷装置10またはポータブルワイヤレスデバイス16との間のリファレンスによる印刷通信の方法に影響しない。別のアプローチは、リンクレベルよりも上のレベルで情報を暗号化するというものである。暗号化/復号化および/または識別鍵を印刷サービスとのリファレンスによる印刷通信に使用することが可能である。
【0024】ジョブ制御を行うために、制御チャネルを使用することもできる。ジョブ制御は、印刷サービス12が、個々のリファレンスによる印刷ジョブを管理可能にすると共に、別個のクライアントからの複数のジョブを処理可能にする。複数のジョブ処理は、印刷サービス12が個々のビジネスサービスにサービスを提供する場合に重要である。たとえば、リファレンスによる印刷動作のために本発明の印刷サービスをホストする印刷サービスウェブサイトは、有料サービスでありうる。代替として、このような印刷サービスウェブサイトは、ある他の商業的なトランザクションの補足でありうる。したがって、印刷装置10またはポータブルワイヤレスデバイス16の購入者、またはウェブサービスまたはワイヤレス放送時間の購入者は、本発明を実施するリファレンスによる印刷の印刷サービスウェブサイトへのアクセスを取得することができる。
【0025】ジョブ制御は、リモート印刷サービス12の場合に特に重要である。これは、リモート印刷サービス12が、複数のジョブを処理し、異なるクライアントとして多様な印刷装置およびポータブルワイヤレスデバイスに対処する可能性が高いためである。図4は、概して、好ましいジョブ制御通信を示す。好ましくは、印刷サービスがリファレンスによる印刷要求を受け入れると、印刷ジョブが作成され(64)、ジョブ識別子が印刷ジョブに割り当てられる(66)。ジョブ識別子は、印刷装置に、または代替として、ポータブル通信デバイスが印刷サービスと通信している場合にはポータブル通信デバイスに、伝達される(68)。制御チャネル52を通しての後続印刷制御動作は、特定の印刷ジョブに動作をリンクするために割り当てられたジョブ識別子を使用して行われる。印刷サービス12は、好ましくは、RUI(Reflected User Interface)をサポートすることができる。RUIは、ポータブルワイヤレスデバイス16のユーザに反映されるウェブフォームを使用して印刷ジョブを制御するために使用されるウェブページである。次に、ユーザは、オプションを選択するか、またはフォームに記入してジョブ制御パラメータを提供することができる。ジョブ識別子は、たとえば、RUIウェブマークアップに含められるハイパーリンクを選択した結果、印刷装置10またはポータブルワイヤレスデバイス16が戻す状態変数として印刷サービスがジョブ識別子を包含できるようにする。
【0026】印刷サービス12または14は、クライアント印刷装置またはポータブルワイヤレスデバイスが属性を設定できるようにすることが好ましい。したがって、印刷サービス12または14は、印刷属性を受け入れるべきである(70)。属性は、印刷動作の結果を決定することができる。印刷サービスは、いくつかまたはすべての属性が印刷サービスクライアントによって提供されない場合に、デフォルト属性にも備えるべきである(72)。すなわち、印刷サービス12または14は印刷オプション標準セットをサポートする。差別化された垂直的市場の発展およびサポートを可能にするために、印刷オプション標準セットに対する拡張がサポートされるべきである(74)。拡張のサポートにより、たとえば、新しい印刷フォーマットおよび新しい印刷装置に対処するために、印刷サービス12または14の更新を考慮する。
【0027】印刷サービス12または14はまた、クライアントの機能のいくらかの理解を得るべきである(76)。変換するステップ46は、印刷データを印刷装置実行可能フォーマットに変換する。したがって、印刷処理可能情報を提供するために、特定の印刷装置クライアントの機能およびその構成についてのいくらかの知識が必要である。クライアント、すなわち印刷装置またはポータブルワイヤレスデバイスには、ある形態のジョブ制御が提供されるべきである(78)。例は、印刷ジョブの状態を照会する能力(図3参照)、または印刷ジョブをキャンセルする能力(図3参照)である。
【0028】リモート印刷サービス12のセキュリティは、コンテンツプロバイダ18のセキュリティとは別個の問題であることができる。リモート印刷サービスは、それ自体を不正使用から保護する必要がある。この必要性をサポートするため、印刷サービスは、別個のセキュリティチェック80を印刷サービスに提供し、クライアントデバイスの識別を発見してアクセス制御を強化することができる。サーバセキュリティチェック80は、好ましくは、印刷ジョブが作成された(64)ときに行われる。セキュリティチェック58についての1つのオプションは、印刷サービス12にアクセスするために、信用証明60の提供をクライアントに求めるというものである。セキュリティチェックは、コンテンツプロバイダ18によるチャレンジに対する応答のセキュリティチェックと同様であることができる。印刷サービス12または14はクライアントによる使用に課金ID82を要求することができるため、課金は、印刷サービスについてのセキュリティチェックで対処することができる。印刷サービス12または14は、セキュリティ通信62の一環として行われる金融決済に任意の規格のまたは広く使用される課金モデルを使用することが可能である。
【0029】インターネットを介してアクセスされるリモート印刷サービス12の場合、変換されたデータの印刷装置10への転送は、印刷サービスが、変換されたデータのユニバーサルリソースロケータアドレスをセットアップし、次いで印刷データのユニバーサルリソースロケータアドレスを装置に伝達することによって行われることが好ましい。
【0030】本発明の特定の実施形態を図示し、他を説明したが、他の変更、置換、および代替が当業者には自明であることを理解されたい。このような変更、置換、および代替は、特許請求の範囲から決定されるべき本発明の趣旨および範囲から逸脱せずに行うことができる。
【0031】本発明の各種特徴は、特許請求の範囲に記載される。
【0032】本発明の態様を以下に例示する。
【0033】1.リファレンスによる印刷動作を提供して、参照されたロケーションから参照されたコンテンツを印刷装置で印刷する方法であって、印刷クライアントから、リファレンスによって示されるロケーションから印刷するターゲットの印刷コンテンツへのリファレンスを受け入れるステップと、前記リファレンスを分析して、前記リファレンスによって示される前記ロケーションを決定するステップと、前記リファレンスによって示される前記ロケーションから印刷データを取得するステップと、前記印刷データを印刷装置処理可能フォーマットに変換するステップと、該変換するステップにより変換された印刷データへのアクセスを許可するステップと、前記印刷クライアントからの要求に応答して、前記変換するステップによって変換された印刷データを転送するステップとを含む方法。
【0034】2.前記受け入れるステップは、前記印刷クライアントへのインターネット接続から前記リファレンスを受け入れる、上記1記載の方法。
【0035】3.前記リファレンスは、印刷ターゲットの印刷コンテンツをアドレス指定するユニバーサルリソースロケータアドレスを含む、上記1記載の方法。
【0036】4.前記受け入れるステップは、ロケーションに格納された印刷コンテンツをそれぞれ参照する個々のリファレンスのリファレンスリストを受け入れる、上記1記載の方法。
【0037】5.前記許可するステップは、前記変換するステップによって変換された前記印刷データについてユニバーサルリソースロケータアドレスを確立するステップと、前記印刷データの前記ユニバーサルリソースロケータアドレスを前記印刷クライアントに伝達するステップとを含む上記1記載の方法。
【0038】6.金融決済を行うステップをさらに含む、上記1記載の方法。
【0039】7.コンピュータ読み取り可能プログラムコードが埋め込まれたコンピュータ使用可能媒体を含むコンピュータプログラム製品として実現される印刷サービスであって、実行されると、コンピュータに、印刷クライアントからリファレンスによって示されるロケーションから印刷するターゲットの印刷コンテンツへのリファレンスを受け入れることと、前記リファレンスを分析して、前記リファレンスによって示される前記ロケーションを決定することと、前記リファレンスによって示される前記ロケーションから印刷コンテンツを取得することと、前記印刷コンテンツを印刷装置実行可能フォーマットに変換することと、前記変換された印刷コンテンツへのアクセスを許可することと、前記印刷クライアントからの要求に応答して、前記変換された印刷コンテンツを前記印刷クライアントに転送することとを実行させる印刷サービス。
【0040】8.ソフトウェアは、ウェブホストに常駐し、前記印刷サービスは、インターネットを介して前記印刷クライアントが前記印刷サービスに到達することができるウェブサイトである、上記7記載の印刷サービス。
【0041】9.ソフトウェアは、前記印刷クライアントのデバイスタイプに依存する形態に変換する、上記7記載の印刷サービス。
【0042】10.ソフトウェアは、前記印刷クライアントの金融決済を行う、上記7記載の印刷サービス。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013