米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> ヒューレット・パッカード・カンパニー

発明の名称 リファレンスによる印刷のためのポータブルワイヤレスデバイス
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−29937(P2003−29937A)
公開日 平成15年1月31日(2003.1.31)
出願番号 特願2002−175557(P2002−175557)
出願日 平成14年6月17日(2002.6.17)
代理人 【識別番号】100081721
【弁理士】
【氏名又は名称】岡田 次生 (外2名)
【テーマコード(参考)】
5B021
【Fターム(参考)】
5B021 AA01 BB01 BB04 CC05 EE01 
発明者 アラン・シー・バークマ / ジェフ・モーガン / パット・ストルツ / トッド・フィッシャー
要約 課題
ポータブルワイヤレスデバイスにより印刷装置が印刷コンテンツを印刷できるようにする。

解決手段
ポータブルワイヤレスデバイスは、印刷装置にリファレンスを無線で伝達し、該印刷装置に、該リファレンスを使用して印刷コンテンツの所望のセットを取得させ、該所望の印刷コンテンツを印刷させる。ポータブルワイヤレスデバイスは、また、印刷サービスにリファレンスを無線で伝達することができる。印刷サービスは、所望の印刷コンテンツを取得し、該印刷コンテンツをフォーマットし、該印刷コンテンツを印刷のために印刷装置に伝達することにより、該リファレンスに応答することができる。
特許請求の範囲
【請求項1】コンピュータ読み取り可能媒体に格納されたコンピュータ読み取り可能コードを含むコンピュータプログラム製品であって、該コンピュータ読み取り可能コードが実行されると、該コンピュータ読み取り可能コードにより、前記コンピュータは、リファレンスを印刷装置に無線で伝達し、該リファレンスは、印刷コンテンツがネットワーク上に置かれるロケーションを識別し、該リファレンスにより前記印刷装置は、前記ネットワークから前記印刷コンテンツを検索し、該印刷コンテンツを印刷する、コンピュータプログラム製品。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ポータブルワイヤレスデバイスの分野に関する。また、本発明は、印刷分野に関する。
【0002】
【従来の技術】個人用携帯型情報端末(PDA)デバイスおよびポータブルワイヤレスハンドセット(たとえば携帯電話)のようなポータブルワイヤレスデバイスは、広く一般の人気を享受している。特に、このようなデバイスのポータブルでハンドヘルド(ハンディータイプ)という特徴により、ユーザには、以前では決して利用可能でなかった方法での情報および通信アウトレットへのアクセスが提供される。ポータブルワイヤレスデバイスの人気を確実に継続するために、このようなポータブルワイヤレスデバイスの柔軟性および機能性をさらに拡張し、またポータブルワイヤレスデバイスのユーザが利用可能なサービスをさらに強化するという試みがなされている。たとえば、インターネットにアクセス可能なポータブルワイヤレスデバイスが入手可能であり、ポータブルワイヤレスデバイスのユーザにインターネットアクセスを提供するインターネットサービスプロバイダが、ますます一般的になってきている。
【0003】残念ながら、ポータブルワイヤレスデバイスのメモリ、ディスプレイ、およびバンド幅の能力が限られているため、ポータブルワイヤレスデバイスのユーザが容易に利用可能なインターネットコンテンツが制限される。具体的には、ポータブルワイヤレスデバイスのユーザが利用可能なインターネットコンテンツは、通常、ポータブルワイヤレスデバイスの機能が保たれるように、余分なものを省いた(bare bone)フォーマットで提示される。そのため、ユーザは通常、旅行等の状況によりワークステーションまたはコンピュータへのアクセスが妨たげられない限り、かかるコンピュータ等の伝統的なインターネット接続を通して利用可能な、よりリッチ(rich)なインターネットコンテンツを好む。このように、PDAデバイスおよびワイヤレスハンドセットは通常、かなり基本的なコンテンツにアクセスするか、または、状況によってユーザが別のデバイスからコンテンツにアクセスすることができない場合にコンテンツにアクセスするのに使用される。
【0004】印刷は、リッチなコンテンツを閲覧する機会をユーザに提供し、パーソナルコンピュータまたはワークステーション上の完全なウェブブラウザまたは他のアプリケーションを通してコンテンツを閲覧するよりも好まれることが多い。残念ながら、能力の限られたポータブルワイヤレスデバイスは、便利な印刷機構を欠いている。さらに、有線接続を介してポータブルワイヤレスデバイスをプリンタに接続することは、ポータブルワイヤレスデバイスを有するという目的を無にする傾向がある。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】このような問題に対する1つの答えは、無線通信を介してポータブルワイヤレスデバイスを周辺装置および他のデバイスと通信させようというものである。ブルートゥース(Bluetooth)RF通信フォーマットは、短い距離、通常約10メートルの通信チャネルを、ポータブルワイヤレスデバイスと他のブルートゥース能力のあるデバイスとの間の通信に提供することにより、ポータブルワイヤレスデバイスの有用性を拡張しようとするものである。しかしながら、該通信チャネル単独では、ポータブルワイヤレスデバイスのユーザが直面する印刷コンテンツのジレンマの解決に殆ど貢献しない。具体的にいうと、メモリおよびバンド幅の制約により、ポータブルワイヤレスデバイスは、ブルートゥースまたは他の同様のワイヤレス通信機能の便利さを用いても、プリンタに対してコンテンツをプリンタに送るには比較的貧弱なポータルである。
【0006】
【課題を解決するための手段】ポータブルワイヤレスデバイスは、印刷装置と無線(ワイヤレス)で通信し、これによって、所望の印刷コンテンツセットのロケーション(場所)を示すリファレンスを提供する。好ましい典型的な例では、ポータブルワイヤレスデバイスは、ワイヤレスネットワークを介してウェブ閲覧等の動作を実行しながら、所望の印刷コンテンツへのリファレンス、たとえばユニバーサルリソースロケータ(URL)を取得する。ポータブルワイヤレスデバイスは、印刷装置への無線通信信号に印刷コンテンツリファレンスを含み、印刷装置は、この信号に応答して、ネットワークにアクセスし、所望の印刷コンテンツを検索し、次いで所望の印刷コンテンツを印刷する。代替的に、印刷装置は、印刷サービスにリファレンスを供給することができ、印刷サービスは、所望の印刷コンテンツを検索し、所望の印刷コンテンツを印刷のためにフォーマットすることができる。次に、フォーマットされたコンテンツを印刷のために印刷装置に直接または間接的に送ることができる。
【0007】
【発明の実施の形態】本発明の単純な形態は、ワイヤレス通信機器のセットを有するポータブルワイヤレスデバイスであり、該ワイヤレス通信機器のセットは、印刷装置に配置されたワイヤレス通信機器のセットとポータブルワイヤレスデバイスが通信することを可能にする。ポータブルワイヤレスデバイスは、所望の印刷コンテンツのロケーションを示すリファレンスを印刷装置に送信し、印刷装置に、リファレンスを使用させて、所望の印刷コンテンツを取得させ印刷させる。印刷装置は、インターネットコンテンツプロバイダから直接印刷コンテンツを取得してもよく、または代わりに、印刷サービスにリファレンスを転送してもよい。この場合、印刷サービスは、インターネットコンテンツプロバイダから印刷コンテンツを取得し、該印刷コンテンツを印刷対応フォーマット(print ready format)に変換し、次いで該変換された印刷コンテンツを再び印刷のために印刷装置に送る。
【0008】I.ポータブルワイヤレスデバイス図1および図2を参照すると、リファレンスによる印刷機能を有するポータブルワイヤレスデバイス10は、たとえば、インターネットコンテンツプロバイダ14へのアクセスを提供する、および/またはインターネット/ネットワークベースの印刷サービス16へのアクセスを提供するインターネットインタフェース12を含む個人用携帯型情報端末(PDA)または移動体通信デバイスを備えることができる。インターネットインタフェース12は、携帯電話を介しての通信をサポートすることができるのが好ましいが、代わりに任意所望の方法、たとえば衛星通信を介してインターネットコンテンツプロバイダ14と通信することができる。さらに、本明細書においては、ポータブルワイヤレスデバイス10は、インターネットから印刷コンテンツを取得する「リファレンスによる印刷機能」をイネーブルするものとして説明されるが、ポータブルワイヤレスデバイス10は、たとえばローカルエリアネットワーク、広域ネットワーク、およびイントラネットを含む任意のタイプのネットワークから印刷コンテンツを取得するために使用されることができる。こうして、インターネットコンテンツプロバイダ14は、任意のネットワークコンテンツプロバイダを表すことができ、インターネットインタフェース12は、任意のタイプのネットワークとインタフェースをとることができる。
【0009】ポータブルワイヤレスデバイス10は、たとえばプリンタ等の印刷装置または印刷機能を含む多機能周辺機器に配置されたRF通信インタフェース20とポータブルワイヤレスデバイス10が通信することを可能にするRF通信インタフェース18をさらに含む。好ましい実施形態では、RF通信インタフェース18は、ブルートゥースのワイヤレス通信プロトコルおよびOBEXパケット交換フォーマットを使用して印刷装置22と通信するが、代わりに、RF通信インタフェース18は、任意の所望のワイヤレスプロトコルおよびパケットフォーマットを使用して印刷装置22と通信してもよい。たとえば、好ましい実施形態では、ブルートゥース1.1仕様に従って動作し、3Comによって製造されたブルートゥースPCカードを有し、ブルートゥースが使用可能なノート型コンピュータで、ポータブルワイヤレスデバイス10を実現することができ、ブルートゥース通信機能が組み込まれたHewlett Packard Deskjet 995cインクジェットプリンタを用いて印刷装置22を実現することができる。
【0010】図2に示すように、ポータブルワイヤレスデバイス10は、ポータブルワイヤレスデバイス10によって印刷装置が印刷コンテンツを印刷できるようにする「リファレンスによる印刷機能」をイネーブルする(使用可能にする)のに十分な、データ処理機能およびメモリ記憶機能をさらに含む。データ処理機能およびメモリ記憶機能は、たとえばプロセッサ19およびソフトウェア命令を格納するメモリデバイス21を使用して、またさらに一時メモリバッファ23を使用して実現されることができる。メモリデバイス21に格納されプロセッサ19によって実行されるソフトウェア命令のセットは、本明細書に記載のリファレンスによる印刷機能をイネーブルする。さらに、リファレンスによる印刷機能がサポートされるならば、任意の数のハードウェア構成要素を使用して、プロセッサ19、ソフトウェア命令、およびメモリデバイス21、23を補強し、または置き換えることもできる。当業者には理解されるように、プロセッサ19は、本明細書に記載のリファレンスによる印刷機能をイネーブルするため、ソフトウェア命令を実行することができる、さもなくばポータブルワイヤレスデバイス10を制御することができる任意の適切なプロセッサまたはコントローラを用いて実現されることができる。さらに、メモリデバイス21、23は、データを格納することができる任意のメモリデバイスを用いて実現されることができる。ポータブルワイヤレスデバイス10は、さらに、データを表示するためのディスプレイ(図示せず)、およびユーザがポータブルワイヤレスデバイス10とインタフェースをとることができる制御パネル(図示せず)を含むことができる。
【0011】II.リファレンスによる印刷機能A.印刷装置との通信の確立次に、リファレンスによる印刷機能を実現することができる様々な方法の例示として、一方法について説明する。さらに、図3〜図9A/図9Bを参照して説明する方法は、図1および図2に示される印刷装置22、印刷サービス16、およびインターネットコンテンツプロバイダ14とともにポータブルワイヤレスデバイス10を使用して実現されるものとして説明される。こうして、図3〜図9A/図9Bに関して説明する方法を理解するには、図1および図2に示されるコンポーネントをさらに参照しなければならない場合がある。
【0012】図3を参照すると、リファレンスによる印刷機能は、ポータブルワイヤレスデバイス10に、リファレンスによる第1の印刷方法24を実行させ、所望のウェブページのセットまたは他の所望の印刷コンテンツのセットを印刷させることができる。ポータブルワイヤレスデバイス10がRF通信インタフェース18を介して印刷装置22との通信を確立するときに、第1の方法24は開始することができる。当業者には理解されるように、ポータブルワイヤレスデバイスは、ポータブルワイヤレスデバイス10および印刷装置22によって使用されている通信プロトコルに従って印刷装置22と通信を確立するのに必要な任意の数のステップを実行することができる。
【0013】B.リファレンスの印刷装置への伝達1.リファレンスの伝達印刷装置22は、通信信号を受信した後、たとえば通信が首尾よく確立されたことをワイヤレスデバイス10に通知することにより、応答することができる(ステップ28)。これに応答して、ポータブルワイヤレスデバイス10は、印刷コンテンツのロケーションを識別するリファレンスを無線で伝達することができる(ステップ30)。印刷装置22へのリファレンスの無線による伝達は、たとえば、異なるレベルの印刷コンテンツの検索および印刷をサポートするためにリファレンスをさらなるデータで補足する等の任意の数の追加ステップをさらに含むことができる。たとえば、リファレンスは、所望の印刷コンテンツの場所を見つけるのに十分な情報のみ、たとえばコンテンツロケータまたはURLを含むことができる。代替的に、リファレンスは、別個の印刷コンテンツおよび別個の印刷文書をそれぞれが表す複数のリファレンスを含むこともできる。
【0014】2.リファレンスへの情報の追加さらに、たとえば印刷コンテンツへのアクセスを得るために、セキュリティチャレンジ(security challenge)に応答して使用されることのできるセキュリティアクセスコードのセット、印刷のために印刷コンテンツにアクセスしフォーマットする際に使用される印刷サービス16等のリモート印刷サービスのロケーションを表すURL、および、リファレンスが印刷装置22に送信された時刻/日付、を含む追加情報がリファレンスに供給されることを可能にする拡張フィールドまたは属性フィールドのセットを含むように、リファレンスを補足することができる。たとえばリファレンスによって識別されるロケーションの記述的な名称を提供するラベル、リファレンスによって参照される印刷コンテンツにアクセスするのに必要なプロキシサービスを表すURL、ポータブルワイヤレスデバイスのインターネットアドレス、同じまたは代用の印刷コンテンツを取得するための代替のリファレンスまたはアドレス、および印刷コンテンツをいつ新しいシート上で印刷開始すべきかを示すデータを含むように、他の属性フィールドを定義することができる。さらに、リファレンスへのアクセスを制限するのに使用される情報を含むように、属性フィールドを定義することができる。たとえば、タイプ属性は、リファレンスによって識別されるロケーションにおける印刷コンテンツがどのように符号化されるかを示す符号化タイプを含むように定義されることができる。さらに、リファレンスによる印刷の印刷ジョブを、リファレンスコンテンツまたは参照されたコンテンツにアクセスしようとするポータブルワイヤレスデバイスに関する以前の情報に関連付けるクッキー属性を定義することができる。
【0015】さらなる例として、リファレンスは、提供されたサービスの課金を可能にする課金属性を含むことができる。具体的には、インターネットコンテンツプロバイダ14、印刷サービス16、および/または印刷装置22のうちの任意のものまたはすべてが、使用料の支払いを要求することがあるため、使用されたサービスについてユーザに課金することができるように、各リファレンスは、リファレンスによる印刷の要求を発したポータブルワイヤレスデバイス10のユーザを識別する情報を含むことが必要とされる。たとえば、ユーザに、印刷サービス16または印刷装置22を利用(加入)するときに、口座番号を設けることができる。さらに、口座番号は、ポータブルワイヤレスデバイス10に配置されたメモリ21に格納することができ、ポータブルワイヤレスデバイス10は、リファレンスによる印刷要求が実行される度に、リファレンスの拡張部分に口座番号を提供することができる。印刷サービス16および印刷装置22は、新しいリファレンスによる印刷要求が送信される都度、サービスを提供する前に、すなわちユーザのためにリファレンスによる印刷要求を処理する前に、口座番号が有効であることを検証することができる。当業者には理解されるように、様々な他の方法のうちの任意の方法を使用して提供されたサービスについて課金を可能にするために、リファレンスの拡張をさらに使用することができる。
【0016】3.リファレンスを使用して印刷コンテンツを取得印刷装置22は、リファレンスを受信した後、該リファレンスを使用してインターネットコンテンツプロバイダ14からリファレンスに関連する印刷コンテンツをダウンロードすることによって応答することができる。これは当然のことながら、印刷装置22がインターネットコンテンツプロバイダ14に直接アクセスすることができる場合である。代替的に、印刷装置22は代わりに、ネットワーク/インターネットベースの印刷サービス16にリファレンスを提供することによって印刷要求に応答することができ、印刷サービス16は、参照される印刷コンテンツをインターネットサービスプロバイダ14から検索し、該参照される印刷コンテンツを印刷のためにフォーマットし、フォーマットされたページを印刷のために印刷装置22に送信する。
【0017】C.状態情報の受信/表示ポータブルワイヤレスデバイスは、リファレンスを伝達した後、状態情報についての要求を印刷装置22に伝達することができる(ステップ32)。印刷装置は、印刷コンテンツが首尾よくインターネットから検索されたかどうか、および/または印刷コンテンツが首尾よく印刷されたかどうか等の状態情報を伝達することにより、応答することができる(ステップ33)。代替的に、印刷装置22は、印刷コンテンツが首尾よく検索された後、かつ印刷コンテンツが印刷される前に(これにより、印刷コンテンツの検索についての状態のみが提供される)、状態メッセージをポータブルワイヤレスデバイス10に送信することができる。
【0018】ポータブルワイヤレスデバイス10は、状態情報を受信すると、たとえばメッセージを自動的に表示するタスク、メッセージをポータブルワイヤレスデバイス10に配置されたメモリデバイス21に格納させるタスク、およびユーザにメッセージの存在に関して知らせるアラームを鳴らすタスク、またはユーザがメッセージを都合のよいときに検索することができるように単にメッセージをポータブルワイヤレスデバイス10に配置されたメモリデバイス21に格納させるタスクを含む任意の数のタスクを実行することができる。代替的に、状態情報についての要求を伝達する代わりに、ワイヤレスデバイスは、印刷装置22が状態情報を自動的に送信するのを待つことができる。
【0019】III.リファレンスの取得印刷装置22に送信されたリファレンスによる印刷要求において指定されるリファレンス(ステップ28)は、インターネットインタフェース12を使用しながらインターネットからユーザによって取得されている。具体的には、ユーザは、インターネットインタフェース12を使用してインターネットサーフィンしながら、所望の印刷コンテンツを見つけることができ、所望のデータをダウンロードすることを決定すると、ポータブルワイヤレスデバイス10に、所望の印刷コンテンツのロケーションを識別するURLのコピーをポータブルワイヤレスデバイス10に配置されたメモリデバイス21に格納させることができる。たとえばこれは、インターネットコンテンツプロバイダ14に、インターネットインタフェース12を介してリファレンスをポータブルワイヤレスデバイス10へ送信させるハイパーリンクを、ユーがクリックしたときに起こることができる。さらに、ハイパーリンクを選択することにより、ワイヤレスデバイス10がリファレンスによる印刷機能をさらに呼び出し、これにより図3の方法24を、ハイパーリンクを選択することによって取得されるリファレンスを使用して実行させることができる。
【0020】ハイパーリンクを介して供給されるリファレンスは、たとえばインターネットコンテンツプロバイダ14の印刷ポリシー(印刷方式)を含む、関連する印刷コンテンツの印刷に関するさらなるデータを含むことができる。具体的には、ハイパーリンクによって含められるさらなるデータは、現在のリファレンスによる印刷要求に応答して印刷される要求済み印刷コンテンツのコピー部数を制限することができる。さらに、ハイパーリンクによって含められるさらなるデータは、所望の印刷コンテンツの取得およびフォーマットを行うのに適した印刷サービス16のロケーションを識別するリファレンスを含むことができ、印刷コンテンツを検索するコストおよび/または検索についてユーザに課金する方法に関連する情報をさらに含むことができる。たとえば、リファレンスは、URLまたは印刷サービス16の位置を特定するのに使用されることのできる他のネットワークアドレスを含むことにより、印刷サービス16のロケーションを識別することができる。
【0021】代替的に、URLは、メモリ21に格納するためにユーザによってポータブルワイヤレスデバイス10に直接入力されてもよく、またURLは、音声認識/記録機能を介してユーザによりメモリデバイス21に格納されてもよい。代わりに、URLは、たとえば電子メールメッセージを介してポータブルワイヤレスデバイス10で受信され、次いでメモリ21に格納されてもよい。URLを取得する、または格納する方法に関係なく、ポータブルワイヤレスデバイス10は、URLを印刷装置22に伝達するステップを実行する前に、メモリデバイスからURLを取得することができる(ステップ28)。
【0022】IV.印刷装置を識別する方法A.ユーザ指定印刷装置の識別再び図1および図2を参照すると、ポータブルワイヤレスデバイス10が処理のためにリファレンスを転送する宛先となる印刷装置22は、任意の数の方法を使用して決定することができる。たとえば、ユーザの日常的なルーチンの中でユーザの付近にある特定の印刷装置22、すなわちユーザが就業日の殆どを過ごすユーザのオフィスにある印刷装置に、印刷コンテンツリファレンスを有するデータパケットを送信するように、ポータブルワイヤレスデバイス10を予め構成することができる。当業者には理解されるように、たとえば、1つまたは複数の印刷装置22をユーザが選択することを可能にする印刷装置選択メニューをポータブルワイヤレスデバイス10が表示するメニュー駆動型の方法を含む、任意の数の方法を使用して、ポータブルワイヤレスデバイス10を予め構成することができる。さらに、ポータブルワイヤレスデバイス10は、ユーザがデフォルトまたは好ましい印刷装置22を指定することができるデータ入力フィールドを提供することができる。
【0023】B.印刷装置の発見方法次に、図4を参照すると、別の実施形態においては、ポータブルワイヤレスデバイス10は、従来のローカルネットワーク発見プロトコルに従って発見信号を送信することにより、印刷装置22の場所を特定する方法37を実行するように構成されることができる。具体的には、ユーザは、たとえば印刷装置発見コマンドを使用して、ネットワーク発見プロトコルを起動し(ステップ39)、ポータブルワイヤレスデバイス10に、情報のために埋め込まれた要求を含む発見信号を送信させることができる(ステップ41)。次に、ポータブルワイヤレスデバイス10は、1つまたは複数のローカルに配置された印刷装置22から応答が受信されるまで待つことができる(ステップ43)。
【0024】当業者には理解されるように、従来のネットワーク発見機能により、ネットワークデバイスを操作するユーザは、ネットワークに接続された他のデバイスを発見することが可能となる。さらに、発見機能は通常、少なくとも部分的に、使用中のネットワークに関連する通信規格または仕様によって定義される。こうして、ポータブルワイヤレスデバイスは、ポータブルワイヤレスデバイスが構成された通信プロトコルに従って、発見信号を送信することができる。たとえば、ポータブルワイヤレスデバイス10が、ブルートゥース通信プロトコルを使用して動作するように構成されているならば、該ポータブルワイヤレスデバイス10は、ブルートゥース通信仕様に定義されたサービス発見プロトコル(Service Discovery Protocol)を使用して発見機能を実行することができる。
【0025】応答信号は、たとえばユーザが最も近い印刷装置22に進み、リファレンスによる印刷要求を開始することによって所望の印刷コンテンツをそこで印刷させることができるように、応答する印刷装置22のロケーションに関する命令を含むことができる(ステップ45)。応答信号は、応答する印刷装置22の機能に関する情報をさらに含むことができる。たとえば、応答信号は、印刷装置22がカラー印刷機能を有するかどうか、印刷装置22が専用グラフィックスファイルを印刷するよう装備されているかどうかを特定する情報、さらに文書を印刷するために印刷装置22の使用に関連するコストを特定する情報を含むことができる。ポータブルワイヤレスデバイス10は応答情報を表示してもよく、そうでなければ、応答する印刷装置22のいずれを選択するかをユーザが決定できるように、該情報をユーザに伝達してもよい。当然ながら、何の応答信号もポータブルワイヤレスデバイス10において受信されなければ、ポータブルワイヤレスデバイス10は、応答信号が受信されるまで、またはユーザが印刷装置発見方法37を停止するまで、任意の回数にわたって再び印刷装置発見信号を送信することができる(ステップ41)。
【0026】印刷装置発見機能は、空港または他の公共の場(たとえば、空港を訪れた人が使用するために印刷装置22が装備された売店を含むことができる)を頻繁に訪れる旅行中のユーザにとって特に有用である場合がある。こうして、応答する印刷装置22は、売店がある空港ターミナル名およびゲートをユーザに提供することができる。
【0027】当業者にはさらに理解されるように、ポータブルワイヤレスデバイス10は、任意の数のユーザ入力に応答してネットワーク発見プロトコルを起動することができる。たとえば、ポータブルワイヤレスデバイス10は複数のオプションを有するメニューを表示することができ、この利用可能なオプションのうちの1つによってユーザは、ネットワーク発見プロトコルを起動することができる。代替的に、ポータブルワイヤレスデバイス10は、ユーザによって押下されると、ネットワーク発見プロトコルを呼び出し、二度押下されると、ネットワーク発見プロトコルを停止する制御スイッチまたはボタンを備えることができる。代わりに、ポータブルワイヤレスデバイス10は、電源が投入される度に、またはリファレンスによる印刷要求が起動される度に、ネットワーク発見プロトコルを自動的に呼び出すように構成されることができる。
【0028】V.セキュリティアクセスコードを必要とするリファレンスによる印刷方法A.通信を確立する際のセキュリティアクセスコードの送信次に、図5を参照すると、リファレンスによる印刷要求を実行する第1の方法は、ポータブルワイヤレスデバイス10によるセキュリティ情報の送信を可能にするよう修正されることができる。これにより、普通ならアクセス制限される印刷装置22へのアクセスが可能となり、および/またはセキュアな(安全な)印刷コンテンツへのアクセスが可能となる。より具体的には、ポータブルワイヤレスデバイス10は、リファレンスによる印刷要求を実行するとき、印刷装置22および/またはインターネットコンテンツプロバイダ14へのアクセスを可能にする1つまたは複数のセキュリティアクセスコードをさらに送信することができる。こうして、印刷装置22にアクセスするのに必要なセキュリティ情報の送信を含むリファレンスによる印刷方法44は、ポータブルワイヤレスデバイス10が印刷装置22と通信を確立し(ステップ46)、印刷装置22へのアクセスを可能にするセキュリティアクセスコードを提供するときに開始することができる。
【0029】印刷装置22は、ポータブルワイヤレスデバイス10からアクセスコードを受信すると、正規のアクセスコードが供給されたことを検証し、正規のアクセスコードを受信したならば、通信が首尾よく確立されたことを示すメッセージで、ポータブルワイヤレスデバイス10に応答する(ステップ48)。ポータブルワイヤレスデバイス10は、通信が確立したことを通知された後、所望の印刷コンテンツのロケーションを示すリファレンスを送信することにより応答することができる(ステップ50)。その後、印刷装置22は、インターネットコンテンツプロバイダ14を介して直接印刷コンテンツにアクセスするか、またはその代わりに、印刷サービス16が上述したように印刷コンテンツを検索してフォーマットすることができるように、リファレンスを印刷サービス16に供給する。
【0030】ワイヤレスデバイス10は、リファレンスを伝達した後、印刷装置22に状態情報要求を伝達することができ(ステップ52)、印刷装置22は、状態情報を送信することによって応答することができる(ステップ53)。次いで、ワイヤレスデバイス10は、状態情報を受信し格納する、または状態情報をユーザによる閲覧のために表示することができる。
【0031】B.セキュリティアクセスチャレンジに応答してセキュリティアクセスコードを送信する図6を参照すると、ポータブルワイヤレスデバイス10が印刷装置22と通信を確立する(ステップ56)ときに開始するさらに別の方法54に従って促されるまで、印刷装置22を制御するのに必要なセキュリティアクセスコードを保留するように、ポータブルワイヤレスデバイス10を構成することもできる。印刷装置22は、要求を処理して通信を確立し、ワイヤレスデバイス10が印刷装置22の使用を許可されていないことを示すセキュリティチャレンジで応答する(ステップ58)。これに応答して、ポータブルワイヤレスデバイス10は再び印刷装置22と通信を確立しようとするが、今回は、印刷装置22によって要求されるアクセスコードを提供することができる(ステップ60)。印刷装置22はアクセスコードを検証し、これが正規のものならば、通信が首尾よく確立されたことを示すメッセージをポータブルワイヤレスデバイス10に提供する(ステップ62)。当然ながら、アクセスコードが間違ったものであるならば、印刷装置22は、ポータブルワイヤレスデバイス10が印刷装置の使用を許可されていないことを再び示すことができる(ステップ58)。
【0032】通信が首尾よく確立されると、ポータブルワイヤレスデバイス10は、処理のために、所望の印刷コンテンツに関連するリファレンスを印刷装置22に伝達する(ステップ64)。次いで、印刷装置22は、リファレンスを使用して、所望の印刷コンテンツをインターネットコンテンツプロバイダ14からダウンロードして印刷する。代替的に、印刷装置22は、上述した検索およびフォーマットのために、リファレンスを印刷サービス16に提供する。
【0033】代替的に、印刷装置22と通信を確立するよう再試行するステップ(ステップ60)およびリファレンスを伝達するステップ(ステップ64)は、単一ステップで実行することができる。具体的には、セキュリティチャレンジに応答して、ワイヤレスデバイス10は、セキュリティアクセスコードを有するリファレンスを印刷装置22に伝達することができる。印刷装置22は、セキュリティアクセスコードを検証し、次いで印刷コンテンツを取得して印刷することにより、リファレンスに応答することができる。
【0034】リファレンスによる印刷要求が処理された後、印刷装置22は、リファレンスによる印刷要求が首尾よく処理されたかどうかを示す状態メッセージをポータブルワイヤレスデバイス10に供給することができる(ステップ66)。
【0035】C.印刷装置を介して印刷コンテンツへのアクセスを取得するためのセキュリティアクセスコードの送信図7および図8を参照すると、ポータブルワイヤレスデバイス10は、印刷コンテンツへのアクセスを得るために、セキュリティアクセスコードをさらに供給することができる。具体的には、ポータブルワイヤレスデバイス10が首尾よく印刷装置22と通信を確立したと仮定すると、図7および図8にそれぞれに示される方法セット70、72に従い、ポータブルワイヤレスデバイス10は、リファレンスを印刷装置22に伝達することができる(ステップ74、76)。次に、印刷装置22は、インターネットコンテンツプロバイダ14に直接アクセスするように構成されているかどうか、または代わりに印刷サービス16にアクセスするように構成されているかどうかに応じて、リファレンスを印刷サービス16(ステップ78、図8参照)またはインターネットコンテンツプロバイダ14(ステップ80、図7参照)のいずれかに転送する。図7に示されるようにインターネットコンテンツプロバイダ14に直接供給される場合、インターネットコンテンツプロバイダ14は、リファレンスによって表されるロケーションにある所望の印刷コンテンツの検索を試みることができる。所望の印刷コンテンツにアクセスするためにセキュリティアクセスコードが必要ならば、所望の印刷コンテンツが置かれたウェブサイトは、セキュリティチャレンジで該所望の印刷コンテンツの試行される検索に応答し、それによってセキュリティアクセスコードの供給をう要求することができる。
【0036】インターネットコンテンツプロバイダ14は、セキュリティアクセスコード要求を印刷装置22に送り返し(ステップ82)、次に、印刷装置22が、該要求をポータブルワイヤレスデバイス10に供給する(ステップ84)。ポータブルワイヤレスデバイス10は、要求されたセキュリティアクセスコードを含むリファレンスを印刷装置22に送信することによって、該要求に応答することができる(ステップ86)。印刷装置22は、その後、セキュリティアクセスコードをインターネットコンテンツプロバイダ14に供給し(ステップ88)、インターネットコンテンツプロバイダ14は、アクセスコードを使用して、印刷コンテンツへアクセスできるようにする。セキュリティアクセスコードが許容可能なものであるならば、インターネットコンテンツプロバイダ14は、フォーマットおよび印刷のために所望のコンテンツを印刷装置22に転送する(ステップ90)。所望の印刷コンテンツを印刷することに加えて、印刷装置22は、所望の印刷コンテンツが首尾よく検索され印刷されたことを示すメッセージをポータブルワイヤレスデバイス10に送信することができる(ステップ92)。
【0037】D.印刷装置および印刷サービスを介して印刷コンテンツへのアクセスを得るためのセキュリティアクセスコードの送信代わりに、図8に示されるように、リファレンスがポータブルワイヤレスデバイス10によって印刷サービス16に供給される(ステップ78)場合、印刷サービス16は、該リファレンスを使用して、インターネットコンテンツプロバイダ14を介して所望の印刷コンテンツへのアクセスを試みる(ステップ94)。図7に関して説明したように、インターネットコンテンツプロバイダ14は、リファレンスによって表されるロケーションに置かれた所望の印刷コンテンツの検索を試みてもよい。所望の印刷コンテンツにアクセスするためにセキュリティアクセスコードが必要ならば、所望の印刷コンテンツが置かれたウェブサイトは、セキュリティチャレンジで該所望の印刷コンテンツの試行される検索に応答し、これにより、所望のコンテンツへのアクセスが許可される前にセキュリティアクセスコードの供給を要求することができる。
【0038】インターネットコンテンツプロバイダ14は、セキュリティアクセスコード要求を印刷サービス16に送り返し(ステップ96)、印刷サービス16は、ポータブルワイヤレスデバイス10に転送するために該要求を印刷装置22に供給する(ステップ98、100)。ポータブルワイヤレスデバイス10は、要求されたセキュリティアクセスコードを含むリファレンスを印刷装置22に送信することによって、この要求に応答することができる(ステップ102)。次に、印刷装置22は、セキュリティアクセスコードを印刷サービス16に供給することができ(ステップ104)、印刷サービス16は、セキュリティアクセスコードを使用して、インターネットコンテンツプロバイダ14を介して所望の印刷コンテンツにアクセスすることができる(ステップ106)。セキュリティアクセスコードが許容可能なものであるならば、インターネットコンテンツプロバイダ14は、印刷サービス16が所望の印刷コンテンツにアクセスすることを可能にする(ステップ108)。その後、印刷サービス16は、印刷のために印刷コンテンツをフォーマットし、次いで、印刷のために、フォーマットされた印刷コンテンツを印刷装置22に転送する(ステップ110)。所望の印刷コンテンツを印刷することに加えて、印刷装置22は、所望の印刷コンテンツが首尾よく検索され印刷されたことを示すメッセージをポータブルワイヤレスデバイス10に送信することができる(ステップ112)。
【0039】促されるまでセキュリティアクセスコードを保留する代わりに、ポータブルワイヤレスデバイス10は、代わりにリファレンスとともに関連するセキュリティアクセスコードを送信することができ、これにより、所望のセキュリティアクセスコードの提供をインターネットコンテンツプロバイダ14が要求する必要性をなくし、よって印刷サービス16および印刷装置22を介してインターネットコンテンツプロバイダ14からポータブルワイヤレスデバイス10に要求を送り返す必要性をなくすことができる。同様に、異なるセキュリティアクセスコードをそれぞれが有する複数のリファレンスが、単一のリファレンスによる印刷要求を介して印刷装置22に送信される場合、ポータブルワイヤレスデバイス10を、セキュリティアクセスコードをリファレンスと共に送信するように構成することができ、またはアクセスコード要求が個々にあるいはまとめて印刷装置22から受信されるまで各セキュリティアクセスコードを保留するように構成することができる。
【0040】VI.印刷サービスを介して印刷コンテンツを取得する方法A.ポータブルワイヤレスデバイスを介して印刷コンテンツの印刷サービスから印刷装置へダウンロードする図9Aを参照すると、さらに他実施形態において、リファレンスによる印刷要求を印刷装置22に送信する代わりに、ポータブルワイヤレスデバイス10は、印刷サービス16と直接通信することができる。具体的には、他の方法114Aによると、ポータブルワイヤレスデバイス10は、リファレンスを印刷サービス16に伝達することができ(ステップ116)、印刷サービス16は、インターネットコンテンツプロバイダ14を介して所望のコンテンツを検索することによって応答することができる(ステップ117、119)。次に、印刷サービス16は、印刷のために印刷コンテンツをフォーマットし、フォーマットされた印刷コンテンツを、指定された印刷装置22に送信することができる(ステップ118A)。印刷装置22のアイデンティティ(識別)は、たとえばリファレンスにおいて指定されることができる。
【0041】印刷装置22が、印刷コンテンツを印刷対応フォーマットに変換する機能を有する場合、印刷サービス16は代わりに、非印刷対応フォーマットで印刷コンテンツを印刷装置22に供給することができ、この場合、印刷装置22は、印刷コンテンツの印刷を可能にするのに必要な任意のフォーマット変換を実行するよう要求されるであろう。
【0042】B.印刷コンテンツの印刷サービスから印刷装置へのダウンロード図9Bを参照すると、さらに他の方法114Bによれば、印刷サービス16は、印刷対応(print ready)の印刷コンテンツをポータブルワイヤレスデバイス10に送り返すことができ(ステップ118B)、ポータブルワイヤレスデバイス10は、印刷のために、図3に示される方法と同様の方法を使用して、印刷対応の印刷コンテンツを、選択した印刷装置22に転送することができる。より具体的には、ポータブルワイヤレスデバイス10は、印刷装置22と通信を確立することができ(ステップ120)、該通信が確立した後、フォーマットされた印刷コンテンツを、印刷コンテンツを印刷することによって印刷装置22に応答させる印刷要求とともに、印刷装置22に送信することができる(ステップ122)。さらに、ポータブルワイヤレスデバイス10において受信される印刷コンテンツは、好ましくは、格納動作および転送動作(たとえばストリーミング)を使用して、印刷装置22に伝達される。これらの動作は、印刷サービス16から受信したデータを、ポータブルワイヤレスデバイス10に配置されたメモリバッファ23に一時的に格納し、次に該バッファリングされたデータを、RFインタフェース18を介した送信に適したフォーマットに変換することを含む様々なステップのうちの任意のステップを使用して実行することができる。印刷コンテンツを印刷した後、印刷装置22は、コンテンツが印刷されたことを示す状態メッセージを送信することができる(ステップ124)。
【0043】ポータブルワイヤレスデバイス10は、印刷装置22、印刷サービス16、またはインターネットコンテンツプロバイダ14のうちの1つまたは複数から1つまたは複数のエラーメッセージをさらに受信することができる。さらに、ポータブルワイヤレスデバイス10は、受信したエラーメッセージの任意のものに応答して、様々な所望のタスクのうちの任意のタスクを実行することができる。たとえば、通信が首尾よく確立されなかったことを示すエラーメッセージを受信すると、ポータブルワイヤレスデバイス10は、通信を確立するための任意の数のさらなる試行を行うことができる。さらに、セキュリティアクセスコードエラーを受信すると、ポータブルワイヤレスデバイス10は、要求されたセキュリティアクセスコードを再送信することができる。さらに、リファレンスが存在しない、またはアクセスすることができないことを示すエラーメッセージに応答して、ポータブルワイヤレスデバイス10は、リファレンスのアクセス不可能状態についてユーザに通知するメッセージを表示することができる。状態メッセージが印刷装置22から受信された場合、ポータブルワイヤレスデバイス10によって、状態メッセージのコンテンツを示すメッセージを表示することもできる。
【0044】上記説明から、リファレンスによる印刷機能を有し、多くの望ましい属性および利点を有するポータブルワイヤレスデバイスについて示し、説明してきたことを理解されたい。特に、ポータブルワイヤレスデバイスは、ユーザに印刷機能を提供する。具体的には、ポータブルワイヤレスデバイスは、所望のネットワークコンテンツが置かれたロケーションに対応するリファレンスを印刷装置に送信する。印刷装置は、ネットワークコンテンツプロバイダにアクセスして所望のネットワークコンテンツを検索するか、またはその代わりに、ネットワークコンテンツプロバイダにアクセスして所望のネットワークコンテンツを検索する印刷サービスにリファレンスを転送する。検索後、印刷サービスが、印刷のためにネットワークコンテンツをフォーマットし、その後、印刷のために、フォーマットされたネットワークコンテンツを印刷装置に送出する。同様に、印刷装置によって検索されたならば、ネットワーク印刷コンテンツは、印刷のために適合され、その後印刷装置によって印刷される。
【0045】当業者には理解されるように、ネットワークファイアウォールのようなネットワークセキュリティデバイスは、通常、ユーザによって起動されない限り、ユーザデバイスにおけるインターネットからの印刷コンテンツまたは任意の他の情報の受信を妨げる。場合によっては、ポータブルワイヤレスデバイス10は、リファレンスによる印刷要求を起動し、次に印刷コンテンツを印刷装置22に転送する導管(パイプ)として機能することができる。この場合、ポータブルワイヤレスデバイス10は、データを印刷装置22または印刷サービス16に供給すなわちプッシュすることができる。いずれの場合でも、インターネットコンテンツプロバイダ14または印刷サービス16からポータブルワイヤレスデバイス10または印刷装置22のいずれかに転送されるデータは、好ましくは、データ転送がポータブルワイヤレスデバイス10または印刷装置22のいずれかによって起動されるデータダウンロードまたはデータプル(data pull)動作を使用して実行される。これにより、ファイアウォール問題が回避される。当然ながら、ネットワークセキュリティが問題ではない場合、データ転送は、任意の他の方法で行うことができる。同様に、ポータブルワイヤレスデバイス10から印刷装置22に転送されるデータは、ポータブルワイヤレスデバイス10から印刷サービス16および印刷装置22にプッシュすなわちアップロードされることができる。
【0046】本発明の各種実施形態を図示し説明したが、他の変更、置換、および代替が当業者には自明であることを理解されたい。たとえば、ポータブルワイヤレスデバイスは、リファレンスによる印刷機能をイネーブルするのに十分なデータ処理機能およびメモリ記憶機能を有することに加え、他の様々なタスクをイネーブルするデータ処理機能およびメモリ記憶機能をさらに含むことができる。たとえば、ポータブルワイヤレスデバイスは、電話、パーソナルコンピュータとして機能することを可能にする、またはその代わりに携帯情報端末(パーソナルアシスタント)として機能することを可能にするデータ処理機能およびメモリ記憶機能を含むことができる。
【0047】さらに、リファレンスによる印刷機能は、ソフトウェア命令セットの実行を通して実現されるものとして説明されたが、代わりに、ハードウェアまたはハードウェアとソフトウェアの組み合わせを使用して実現されることもできる。
【0048】このような変更、置換、および代替は、特許請求の範囲から決定されるべき本発明の趣旨および範囲から逸脱せずに行うことができる。本発明の様々な特徴は、特許請求の範囲に記載される。
【0049】本発明は、以下の実施態様を含む。
(1)コンピュータ読み取り可能媒体に格納されたコンピュータ読み取り可能コードを含むコンピュータプログラム製品であって、該コンピュータ読み取り可能コードが実行されるとき、該コンピュータ読み取り可能コードによって前記コンピュータは、リファレンス(28、46、50)を印刷装置(22)に無線で伝達し、該リファレンスは、印刷コンテンツがネットワーク上に置かれるロケーションを識別し、該リファレンスにより前記印刷装置(22)は、前記ネットワークから前記印刷コンテンツを検索し、該印刷コンテンツを印刷する、コンピュータプログラム製品。
(2)前記ネットワークはインターネットを含み、前記印刷コンテンツはインターネットコンテンツをさらに含み、前記リファレンスは、コンテンツロケータを含む、上記(1)に記載のコンピュータプログラム製品。
(3)前記コンピュータ読み取り可能コードによって、さらに、前記コンピュータは、セキュリティアクセスコード(50)を前記印刷装置(22)に無線で伝達する、上記(1)に記載のコンピュータプログラム製品。
(4)前記コンピュータ読み取り可能コードによって、さらに、前記コンピュータは、前記リファレンスを前記印刷装置に無線で伝達する前に、情報を該リファレンス(28、46、50)に追加する、上記(1)に記載のコンピュータプログラム製品。
【0050】(5)コンピュータ読み取り可能媒体に格納されたコンピュータ読み取り可能コードを含むコンピュータプログラム製品であって、該コンピュータ読み取り可能コードが実行されるとき、該コンピュータ読み取り可能コードによって、前記コンピュータは、リファレンス(56、66)を印刷サービス(16)に無線で伝達し、該リファレンスは、印刷コンテンツがネットワーク上に置かれるロケーションを識別し、該リファレンスにより前記印刷サービス(16)は、前記印刷コンテンツを検索する、コンピュータプログラム製品。
(6)前記リファレンスは印刷装置(22)を識別するデータを含み、該リファレンスにより、さらに、前記印刷サービス(16)は、前記検索された印刷コンテンツを前記印刷装置(22)に送信する、上記(5)に記載のコンピュータプログラム製品。
【0051】(7)ポータブルワイヤレスデバイス(10)であって、ポータブルワイヤレスデバイス(10)および印刷装置(22)の間で無線通信を可能にするよう適合された通信インタフェース(18)と、前記通信インタフェース(18)に連結され、該通信インタフェース(18)によってリファレンスを前記印刷装置(22)に無線で伝達するように適合されたプロセッサ(19)と、を備え、前記リファレンスは、印刷コンテンツがネットワーク上に置かれたロケーションを識別し、該リファレンスにより前記印刷装置(22)が、該リファレンスを使用して前記ネットワークから前記印刷コンテンツを検索し、さらに、前記印刷装置(22)が前記印刷コンテンツを印刷する、ポータブルワイヤレスデバイス(8)前記通信インタフェース(18)は、ブルートゥース通信プロトコルを使用して通信するように適合される、上記(7)に記載のポータブルワイヤレスデバイス(10)。
(9)ポータブルワイヤレスデバイス(10)であって、ポータブルワイヤレスデバイス(10)および印刷サービス(16)の間で無線通信を可能にするように適合された第1の通信インタフェース(12)と、前記ポータブルワイヤレスデバイス(10)および印刷装置(22)の間で無線通信を可能にするように適合された第2の通信インタフェース(18)と、前記第1の通信インタフェース(12)に連結され、該第1の通信インタフェース(12)により、印刷コンテンツのロケーションを識別するリファレンスを前記印刷サービス(16)に伝達するように適合されたプロセッサ(19)と、を備え、前記リファレンスの前記印刷サービス(16)への伝達により、前記印刷サービス(16)が、ネットワークから前記印刷コンテンツを検索し、さらに、前記印刷サービス(16)が前記印刷コンテンツを前記ポータブルワイヤレスデバイス(10)に送信する、ポータブルワイヤレスデバイス。
(10)前記リファレンスの前記印刷サービス(16)への伝達により、さらに、前記印刷サービス(16)は、前記印刷コンテンツを前記ポータブルワイヤレスデバイス(10)に送信する前に、印刷のために前記印刷コンテンツをフォーマットする、上記(9)に記載のポータブルワイヤレスデバイス。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013