米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> ミノルタ株式会社

発明の名称 画像表示装置付き電子機器
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−78784(P2003−78784A)
公開日 平成15年3月14日(2003.3.14)
出願番号 特願2001−261685(P2001−261685)
出願日 平成13年8月30日(2001.8.30)
代理人 【識別番号】100062144
【弁理士】
【氏名又は名称】青山 葆 (外2名)
【テーマコード(参考)】
2H088
5C022
5G435
5K023
【Fターム(参考)】
2H088 EA02 FA29 GA10 JA17 MA20 
5C022 AA11 AA13 AC03 AC06 AC78
5G435 AA01 AA18 EE16 EE18 LL07 LL14
5K023 HH06 MM02 MM20 PP00
発明者 中川 善夫 / 森田 忠義 / 横田 聡 / 廣田 敏彦 / 山口 武久
要約 課題
簡単な可動構造で表示スペースが少なくて済む画像表示装置付き電子機器を提供する。

解決手段
画像表示装置を備えた電子機器において、前記画像表示装置の画像表示部は、湾曲自在のフィルム状画像表示部で構成されるとともに機器のハウジング内に収納され、該ハウジング内には、前記画像表示部を、ハウジングにおける第1表示位置と該第1表示位置から離れた第2表示位置との間でスライド移動させるガイド手段を備える。
特許請求の範囲
【請求項1】 画像表示装置を備えた電子機器において、前記画像表示装置の画像表示部は、湾曲自在のフィルム状画像表示部で構成されるとともに機器のハウジング内に収納され、該ハウジング内には、前記画像表示部を、ハウジングにおける第1表示位置と該第1表示位置から離れた第2表示位置との間でスライド移動させるガイド手段を備えたことを特徴とする、画像表示装置付き電子機器。
【請求項2】 前記電子機器は、画像を電子的に取り込む撮像手段と、前記画像表示部の表示状態を適宜変えることができる表示状態調節手段とをさらに備え、前記撮像手段で撮影する際の撮影アングルに応じて、前記画像表示部が前記第1表示位置又は前記第2表示位置に移動され、前記各表示位置における画像表示部の表示状態が、それぞれ、表示状態調節手段によって最適化されることを特徴とする、請求項1記載の電子機器。
【請求項3】 湾曲自在のフィルム状画像表示部を有する画像表示装置と、ハウジングの内壁面に沿うように形成されて前記画像表示部をガイドするガイド手段とを備える電子機器であって、前記画像表示部と、該画像表示部の一端及びその対向他端を結ぶ連結部材とによってループ状に連結されたループ連結体が形成され、該ループ連結体は、少なくとも2つの回動部材によって引張状態で回転可能に架け渡され、前記回動部材は、ハウジング表面から露出した操作部材で回転駆動されるように構成されており、前記操作部材を回転させるとループ連結体が回動し、画像表示部は、第1表示位置と第1表示位置から離れた第2表示位置との間で、ガイド手段に沿ってスライド移動されることを特徴とする、画像表示装置付き電子機器。
【請求項4】 湾曲自在のフィルム状画像表示部を有する画像表示装置と、ハウジングの内壁面に沿うように形成されて前記フィルム状画像表示部をガイドするガイド手段とを備える電子機器であって、前記画像表示部は、略U字状に湾曲した収納表示位置又は直線状に延在した拡張表示位置に、ガイド手段に沿って湾曲しながらスライド移動されることを特徴とする、画像表示装置付き電子機器。
【請求項5】 前記画像表示部がフィルム液晶デバイスからなることを特徴とする、請求項1、3又は4記載の電子機器。
【請求項6】 前記画像表示部は、ハウジング内部に設けられた回路基板を中心に略U字状に巻かれており、前記画像表示部及び前記回路基板をつなぐフレキシブル配線板においては、その一端が画像表示部のU字状内側面上に電気的に接続されているとともに、その他端がフレキシブル配線板側の回路基板上に電気的に接続されていることを特徴とする、請求項1、3又は4記載の電子機器。
【請求項7】 前記画像表示部がその縁部に少なくとも1つの電極端子を備えるとともに、該電極端子に嵌合するコネクタ部材が所定の表示位置周辺に配置されており、前記画像表示部が所定の表示位置まで移動されると、前記電極端子がコネクタ部材に嵌合して電極端子がコネクタ部材と電気的に接続されることを特徴とする、請求項1、3又は4記載の電子機器。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ビデオムービー、デジタルカメラ又は携帯電話機その他の画像表示装置を有する電子機器に関し、詳細には、画像表示装置の画像表示部を複数の表示位置に移動させることのできる画像表示装置付き電子機器に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、ビデオムービー等においては、様々な撮影アングルで撮影する際に撮影中の画像をモニターしたり、撮影された画像を再生表示したりするために、いわゆるフレキシブル液晶表示装置が設けられている。
【0003】上記フレキシブル液晶表示装置の液晶表示部は、液晶表示部と機器本体との間に配設されたヒンジ部によって、機器本体に対して回転自在に支持された構成、すなわちフレキシブルな構成をしている。
【0004】ところで、液晶表示部は一般に平板状で剛性のガラス基板から構成されているので、液晶表示部を自在に湾曲させることは不可能である。したがって、フレキシブル液晶表示装置では、液晶表示部を機器本体に対して開脚した状態でヒンジ部のヒンジ軸を中心にして液晶表示部を自在に回転させることにより、様々な位置で表示することができるように構成されている。しかしながら、フレキシブル液晶表示装置においては、電気的接続構造がヒンジ部内に設けられているのでヒンジ部が複雑になる、あるいは液晶表示部を開脚した状態で回転させるために液晶表示部の回転スペースが必要である等の問題が存する。
【0005】ところで、画像表示部を自在に湾曲させることのできるフレキシブルなフィルム液晶表示装置の研究・開発が進められている。
【0006】例えば、特開2000−10086号公報には、部分的にフレキシブルであるフィルム液晶表示部を備えるフィルム液晶表示装置が開示されている。上記フィルム液晶表示装置では、フィルム状液晶表示部が表示装置本体の外面に沿ってU字状に湾曲されている。
【0007】また、例えば、国際公開WO99−34348号公報には、U字状に湾曲されるフィルム液晶表示部と、湾曲されたフィルム液晶表示部の湾曲部を受け入れる逃げ溝とを備えてなるフィルム液晶表示部の収納構造が開示されている。
【0008】画像表示部として柔軟性を有するフィルム液晶デバイスを利用すれば、従来のフレキシブル液晶表示装置における上記課題が解決されるということに着目して、本願発明を完成するに至ったのである。
【0009】
【発明が解決しようとする課題】したがって、本発明の解決すべき技術的課題は、簡単な可動構造で表示スペースが少なくて済む画像表示装置付き電子機器を提供することである。
【0010】
【課題を解決するための手段および作用・効果】上記技術的課題を解決するために、本発明によれば、以下の構成の画像表示装置付き電子機器が提供される。
【0011】すなわち、本発明に係る画像表示装置付き電子機器は、画像表示装置の画像表示部は、湾曲自在のフィルム状画像表示部で構成されるとともに機器のハウジング内に収納され、該ハウジング内には、前記画像表示部を、ハウジングにおける第1表示位置と該第1表示位置から離れた第2表示位置との間でスライド移動させるガイド手段を備えたことを特徴とするものである。
【0012】上記構成によれば、画像表示装置の湾曲自在のフィルム状画像表示部は、第1表示位置と第1表示位置から離れた位置にある第2表示位置との間で、ガイド手段に沿ってスライド移動される。したがって、画像表示部は、特別の移動スペースを必要とすることなく、第1表示位置又は第2表示位置に移動される。そして、画像表示装置の画像表示部は、移動先の第1表示位置又は第2表示位置においても画像を表示することができる。
【0013】所望の撮影アングルで被写体を撮影するためには、撮影アングルに応じて電子機器の表示装置の画像表示部を最適な表示位置にする必要がある。例えば、真正面の撮影アングルの場合、画像表示部が電子機器の背面に位置する方が視認性に優れている。また、下から上を見上げるような撮影アングルの場合、画像表示部が電子機器の上面に位置する方が視認性に優れている。そして、画像表示部が電子機器の上面に位置するときには、画像表示部の表示面が上から照明される光の影響を受けて、画像表示部の表示面が見づらくなる。
【0014】したがって、好ましくは、前記電子機器は、画像を電子的に取り込む撮像手段と、前記画像表示部の表示状態を適宜変えることができる表示状態調節手段とをさらに備え、前記撮像手段で撮影する際の撮影アングルに応じて、前記画像表示部が前記第1表示位置又は前記第2表示位置に移動され、前記各表示位置における画像表示部の表示状態が、それぞれ、表示状態調節手段によって最適化される。
【0015】本発明に係る画像表示装置付き電子機器は、湾曲自在のフィルム状画像表示部を有する画像表示装置と、ハウジングの内壁面に沿うように形成されて前記画像表示部をガイドするガイド手段とを備える電子機器であって、前記画像表示部と、該画像表示部の一端及びその対向他端を結ぶ連結部材とによってループ状に連結されたループ連結体が形成され、該ループ連結体は、少なくとも2つの回動部材によって引張状態で回転可能に架け渡され、前記回動部材は、ハウジング表面から露出した操作部材で回転駆動されるように構成されており、前記操作部材を回転させるとループ連結体が回動し、画像表示部は、第1表示位置と第1表示位置から離れた第2表示位置との間で、ガイド手段に沿ってスライド移動されることを特徴とするものである。
【0016】上記構成によれば、画像表示装置の画像表示部は、連結部材との結合によってループ連結体を形成し、形成されたループ連結体が引張状態で回転可能に架け渡されている。ループ連結体は操作部材を回転させることで回転する。ループ連結体の回転にともなって、画像表示部が第1表示位置と第2表示位置との間で、ガイド手段に沿ってスライド移動される。したがって、ハウジング表面から露出した操作部材を回動させながら画像表示部を間接的に移動させることができ、画像表示部を直接把持しながら移動させる場合より、電子機器の防塵性や画像表示部の防汚性に優れている。
【0017】本発明に係る画像表示装置付き電子機器は、湾曲自在のフィルム状画像表示部を有する画像表示装置と、ハウジングの内壁面に沿うように形成されて前記フィルム状画像表示部をガイドするガイド手段とを備える電子機器であって、前記画像表示部は、略U字状に湾曲した収納表示位置又は直線状に延在した拡張表示位置に、ガイド手段に沿って湾曲しながらスライド移動されることを特徴とするものである。
【0018】上記構成によれば、フィルム状画像表示部は、表示面積が最小である収納表示位置と表示面積が最大である拡張表示位置との間でスライド移動されるので、表示すべき画像の大きさに対応して表示面の大きさを適宜調節することができる。
【0019】画像表示装置の画像表示部としては、フィルム状のエレクトロ・ルミネッセンス(EL)も使用することができるが、好ましくは、基板が樹脂フィルムであるフィルム液晶デバイスから構成される。
【0020】前記画像表示部は、ハウジング内部に設けられた回路基板を中心に略U字状に巻かれており、前記画像表示部及び前記回路基板をつなぐフレキシブル配線板においては、その一端が画像表示部のU字状内側面上に電気的に接続されているとともに、その他端がフレキシブル配線板側の回路基板上に電気的に接続されている。
【0021】上記構成によれば、画像表示装置の画像表示部と回路基板との間が、フレキシブル配線板で短い距離でつながれており、耐ノイズ性の向上や材料コストの低減等に寄与している。
【0022】好ましくは、前記画像表示部がその縁部に少なくとも1つの電極端子を備えるとともに、該電極端子に嵌合するコネクタ部材が所定の表示位置周辺に配置されており、前記画像表示部が所定の表示位置まで移動されると、前記電極端子がコネクタ部材に嵌合して電極端子がコネクタ部材と電気的に接続される。
【0023】上記構成によれば、フレキシブル配線板のない画像表示部がスライド移動するので、画像表示装置の画像表示部に関する配線の取りまわし構造が簡単になる。
【0024】
【発明の実施の形態】以下に、本発明の各実施形態に係る画像表示装置付き電子機器について、添付図面を参照しながら説明する。
【0025】図1〜3は、第1実施形態を示している。図1は、画像表示装置付きカメラ1の斜視図である。図2は、図1のカメラ1に組み込まれたフィルム状画像表示部20の移動状態を示す図である。図3は、図2のフィルム状画像表示部20をスライド移動させるためのスライド移動機構を示す図である。
【0026】図1に示すように、画像表示装置付きカメラ1は、箱状ハウジング2と、その前面に設けられたレンズ鏡胴3とを備えてなる。レンズ鏡胴3を通過した光は、ハウジング2内に設けられた不図示の光電変換素子(CCD)に導かれて、電気信号に変換される。ハウジング2の上面には、レリーズ釦4と、切換スイッチ5と、ズームスイッチ6とが設けられている。ハウジング2の上面及び背面には、それぞれ、上面表示窓7及び背面表示窓8が設けられている。すなわち、ハウジング2の隣接する面のそれぞれに表示窓7,8が設けられている。また、背面表示窓8の下方には操作ダイアル10が設けられている。
【0027】図2及び3に示すように、ハウジング2の内部には、フィルム状画像表示部20をスライド移動させるためのスライド移動機構が設けられている。
【0028】ハウジング2の内壁面に沿うように、すなわち図3に示す大略L字状に、ガイドレール30が配設されている。ガイドレール30は、断面がL字状をした左右対称の一対のガイド部材から構成されている。一対のガイド部材は対向配置されている。一対のガイド部材に挟まれるようにフィルム状画像表示部20がガイドレール30に係合配置されている。フィルム状画像表示部20は上面表示窓7(上面表示位置)と背面表示窓8(背面表示位置)との間でスライド移動することができる。フィルム状画像表示部20の表示面は上面表示窓7又は背面表示窓8から外部に臨んでいる。
【0029】図3に示すように、フィルム状画像表示部20の右側の上端部及び下端部のそれぞれに対して、弾性を有するワイヤー32(連結部材)の端部がそれぞれつながれて、ループ連結体38が形成されている。ループ連結体38が滑動することができるように、ガイドレール30の上部及び下部のそれぞれには、テンションプーリー36及び駆動プーリー34が、ハウジング2の壁面に直交するように設けられている。ループ連結体38がテンションプーリー36及び駆動プーリー34に対して引張状態で回転可能なように架け渡されている。ループ連結体38がガイドレール30、テンションプーリー36及び駆動プーリー34に沿って滑動する。また、テンションプーリー36及び駆動プーリー34の略中間位置のガイドレール30近傍に、第3のプーリーを配置することができる。なお、連結部材としてのワイヤー32はベルトであってもよい。
【0030】駆動プーリー34は、不図示の直角伝動機構を介して操作ダイヤル10に連動するように接続されている。すなわち、操作ダイヤル10を回転させると、駆動プーリー34が回転し、その結果、ループ連結体38すなわちフィルム状画像表示部20がスライド移動する。直角伝動機構としては、駆動プーリー34及び操作ダイヤル10に対して、それぞれ、一対のかさ歯車を取り付けたものや、ウォームとウォームギアとを取り付けたもの等を使用することができる。
【0031】フィルム状画像表示デバイス22としては、例えば、自発光型のフィルム状EL(エレクトロ・ルミネッセンス)や非自発光型のフィルム液晶デバイスが使用される。好ましくは、フィルム液晶デバイスが使用される。様々な種類のフィルム液晶デバイスが実用化されているとともにさらなる改良が行なわれており、例えば、特開平07−301794号公報に開示されているように、所定方向に配向処理が施された配向膜が形成された一対の可撓性を備えた樹脂フィルム基板の配向膜間にツイスト配向する液晶を封入したフィルム液晶セルと、このフィルム液晶セルの外側にこれを挾むように配置された一対の偏光板と、この一対の偏光板の間に配置された位相板とを有するフィルム液晶デバイスが使用される。上記フィルム液晶デバイス22では、フィルム液晶を背後から照明するフィルム状照明部材が、フィルム液晶セルと一体的に接合されている。フィルム状照明部材としては、例えば、フィルム状導光部材とフィルム状導光部材の側縁に配置された光源とが一体化されたもの、あるいはフィルム状EL発光部材等が使用される。
【0032】ガイドレール30と当接する部分であってフィルム液晶デバイス22の両方の側縁部には、可撓性及び耐摩耗性を有する材料からなる補強部材26が設けられている。
【0033】図2に示すように、フィルム液晶デバイス22のスライド移動方向の上終端部及び下終端部には、それぞれ、複数の電極端子24が設けられている。一方、不図示の回路基板に接続されたコネクタ28が、上面表示位置の上終端位置と、背面表示位置の下終端位置とのそれぞれに配設されている。そして、フィルム状画像表示部20の電極端子24が各位置のコネクタ28とそれぞれ嵌合する。コネクタ28は、電極端子24と電気的に接続される不図示の接点を有する。不図示の回路基板には、フィルム状画像表示部20を駆動する駆動回路と、フィルム状画像表示部20の表示状態(輝度やコントラスト等)を変える表示状態調節回路とが搭載されており、画像表示装置を形成している。
【0034】上記構成のカメラ1において、操作ダイヤル10を回転させると、駆動プーリー34が回転し、その結果、ループ連結体38すなわちフィルム液晶表示部20が、ガイドレール30に沿って、上面表示位置と背面表示位置との間をスライド移動する。そのとき、フィルム液晶表示部20にはフレキシブルプリント配線板等の付帯物が接続されていないので、フィルム液晶表示部20に関する配線の取りまわし構造が簡単になる。
【0035】また、上記構成のカメラ1では、被写体の撮影アングルに応じて、フィルム液晶表示部20を所定の表示位置に適宜移動することができる。すなわち、使用者の真正面にある被写体を撮影する際には、フィルム液晶表示部20を背面表示位置に移動し、また、野に咲く花等の下方に位置する被写体を撮影する際には、フィルム液晶表示部20を上面表示位置に移動することによって、最適な撮影アングル及び画像表示位置が得られる。ところで、背面表示位置及び上面表示位置においては、被写体を照らす光の向きや明るさの違いによって、フィルム液晶表示部20の表示面の表示状態が異なる。したがって、照明光の向きや明るさに応じてフィルム液晶表示部20の表示面の表示状態(輝度やコントラスト等)を変えて、表示面の表示状態を最適化することができる。
【0036】次に、図4は、第2実施形態としての画像表示装置付きカメラ1を示している。図4は、画像表示装置付きカメラ1の斜視図であり、ハウジング2の左側面及び背面には、それぞれ、側面表示窓9及び背面表示窓8が設けられており、フィルム状画像表示部20が、ガイドレール30に沿って、側面表示位置と背面表示位置との間をスライド移動する点が第1実施形態のカメラ1と異なっており、その他の構成は第1実施形態のカメラ1と同じである。
【0037】したがって、第1実施形態と同様に、フィルム状画像表示部20は、側面表示位置と背面表示位置との間でスライド移動すること、被写体の撮影アングルに応じて所定の表示位置に適宜移動すること及び表示位置に応じてフィルム液晶表示部20の表示面の表示状態(輝度やコントラスト等)を変えること等が可能である。
【0038】図5及び6は、第3実施形態を示している。図5は、画像表示装置付き携帯電話機51を示す図である。図5の(A)及び(B)は、それぞれ、フィルム状画像表示部70が正面側にある携帯電話機51を正面から見た斜視図及びその横断面図である。図6は、(A)は、図5の携帯電話機51を背面側から見た斜視図である。(B)は、その横断面図である。
【0039】画像表示装置付き携帯電話機51は、縦長の箱状ハウジング52の上面、正面、背面、側面及び正面側縁部に、それぞれ、アンテナ55、プッシュ釦53、撮像カメラ56、レリーズ釦54及び操作ダイヤル60を有している。また、ハウジング2の正面及び背面には、それぞれ、正面窓57及び背面窓58が設けられている。
【0040】ハウジング52の内部には、フィルム状画像表示部70をスライド移動させるための移動機構が設けられている。
【0041】ハウジング52の内壁面に沿って、不図示のガイドレールが配設されている。ガイドレールは、図3に示したものと同様に、断面がL字状をした左右対称の一対のガイド部材から構成され、一対のガイド部材が正面窓57及び背面窓58をはさんで対向配置されている。一対のガイド部材に挟まれるように、フィルム状画像表示部70がガイドレールに係合配置されており、フィルム状画像表示部70は正面窓57(正面表示位置)と背面窓58(背面表示位置)との間でスライド移動することができる。
【0042】フィルム状画像表示部70としては、第1実施形態のところで説明したのと同様のフィルム液晶デバイスが使用される。フィルム状画像表示部すなわちフィルム液晶表示部70の始端部及び終端部には、弾性を有するワイヤー66の端部がそれぞれつながれている。その結果、ループ連結体78が形成されている。引張応力の負荷されたループ連結体78が滑らかに動くことができるように、ガイドレールの左右の所定位置のそれぞれには、駆動プーリー62及びテンションプーリー64が、ハウジング52の壁面に直交するように設けられている。ループ連結体78が駆動プーリー62及びテンションプーリー64に対して引張状態で回転可能なように架け渡されている。ループ連結体78が不図示のガイドレール、駆動プーリー62及びテンションプーリー64に沿って滑動する。
【0043】駆動プーリー62は、不図示の回転伝動機構を介して操作ダイヤル60に連動するように構成されている。すなわち、操作ダイヤル60を回転させると、駆動プーリー62が回転し、その結果、ループ連結体78すなわちフィルム液晶表示部70が移動する。回転伝動機構としては、駆動プーリー62及び操作ダイヤル60に対してそれぞれ一対の歯車を取り付けた構成等が使用可能である。
【0044】また、ループ連結体78で囲まれた内側部分の略中央には、フィルム液晶表示部70を駆動するための駆動回路等が搭載された回路基板68が配置されている。回路基板68の背面側の略中央部から延在するフレキシブルプリント配線板72が、フィルム液晶表示部70の背面側終端部と電気的に接続されている。フィルム液晶表示部70、駆動回路及びフレキシブルプリント配線板72によって、画像表示装置が形成されている。
【0045】上記構成の携帯電話機51において、操作ダイヤル60を回転させると、駆動プーリー62が回転し、その結果、ループ連結体78すなわちフィルム液晶表示部70が、ガイドレールに沿って、正面表示位置と背面表示位置との間をスライド移動する。
【0046】したがって、上記構成の携帯電話機51では、使用者に対して対面位置の相手に撮像カメラ56を向けた状態で撮影したあと、フィルム液晶表示部70を正面窓57に移動して撮影画像を正面窓57から見ることができる。それとともに、撮像カメラ56を使用者自身に向けた状態で撮影したあと、フィルム液晶表示部70を背面窓58に移動して撮影画像を背面窓58から見ることができる。すなわち、撮像カメラ56を携帯電話機51の本体に固定した状態で、使用者と対面位置にいる相手又は使用者自身を、それぞれ撮影及び表示することができる。
【0047】図7及び8は、第4実施形態を示している。図7は、画像表示装置付き携帯電話機51を示す図である。図7の(A)及び(B)は、それぞれ、画像表示装置のフィルム液晶表示部70が通常の収納表示位置にある携帯電話機51の斜視図及びその横断面図である。図8の(A)は、図7の携帯電話機51においてフィルム液晶表示部70が拡張表示位置にあるときの斜視図である。図8の(B)は、その横断面図である。
【0048】画像表示装置付き携帯電話機51は、縦長の箱状ハウジング52の上面、正面、背面、側面及び正面側縁部に、アンテナ55、プッシュ釦53、撮像カメラ56、レリーズ釦54及び操作ダイヤル60をそれぞれ有している。ハウジング2の正面には、正面窓57が設けられている。
【0049】ハウジング52の内部には、フィルム状画像表示部70をスライド移動させるためのスライド移動機構が設けられている。
【0050】ハウジング52の内壁面に沿うように、不図示のガイドレールが配設されている。ガイドレールは、断面がL字状をした左右対称の一対のガイド部材から構成され、一対のガイド部材が対向配置されている。一対のガイド部材に挟まれるようにフィルム液晶表示部70がガイドレールに係合配置されており、フィルム状画像表示部70は収納表示位置と拡張表示位置との間でスライド移動することができる。
【0051】フィルム状画像表示部70としては、第1実施形態で説明したものと同じものが使用される。フィルム液晶表示部70の正面側の側縁部には、取手74が取り付けられている。フィルム液晶表示部70が滑らかに動くことができるように、ガイドレールの略中間位置に、テンションプーリー64が、ハウジング52の壁面に直交するように設けられている。
【0052】また、回路基板68がフィルム液晶表示部70に取り囲まれるように、フィルム液晶表示部70を駆動するための駆動回路等が搭載された回路基板68がハウジング52内部の略中央に配置されている。回路基板68の右側端部から延在するフレキシブルプリント配線板72が、フィルム液晶表示部70の背面側終端部と電気的に接続されている。フィルム液晶表示部70、駆動回路及びフレキシブルプリント配線板72によって、画像表示装置が形成されている。
【0053】上記構成の携帯電話機51において、取手74が把持されてフィルム液晶表示部70が引き出される(図8に示すように左側に引張られる)と、フィルム液晶表示部70は、ガイドレールに沿ってスライド移動して、表示面積が最小である収納表示位置(図7に図示した配置)から、表示面積が最大である拡張表示位置(図8に図示した配置)に至る。
【0054】したがって、上記構成の携帯電話機51では、表示すべき情報すなわちアドレス帳や電子メール等の文字情報の多寡あるいは撮像カメラ56で撮影された画像の大小に応じて、フィルム液晶表示部70を拡張表示位置と収納表示位置との間で適宜スライド移動することができる。拡張表示位置にあるフィルム液晶表示部70は、特に、横長の画像(例えば9:16の横長ワイド画面)を表示するのに適している。
【0055】なお、本発明は、上記実施形態に限定されるものではなく、様々に変形可能である。すなわち、本発明は、フィルム状画像表示部を有するものの、撮像部を有しない各種電子機器にも適用可能である。また、図1及び4に示したカメラでは、ハウジングの隣接面上に1つの表示窓をそれぞれ備えているが、ハウジングの同一面上に複数の表示窓を備えた構成や、ハウジングの対向する2つの面上に少なくとも1つの表示窓をそれぞれ備えた構成や、ハウジングの3つ以上の異なった面上に少なくとも1つの表示窓をそれぞれ備えた構成とすることもできる。さらにまた、図3に示したフィルム状画像表示部のスライド移動機構の代りに、細長いガイド貫通穴が、ガイドレールに沿うようにハウジング表面に形成されるとともに、フィルム状画像表示部の上面に外方に向けて突出するピン状突出体を設けて、ピン状突出体がガイド貫通穴に挿通された構成とすることもできる。なお、この構成では、ほこり等の異物がハウジング内部に入りやすいので、ほこり除け機構を設けておくことが好ましい。
【0056】また、フィルム状画像表示部としては、上記フィルム液晶デバイスに加えて、例えば、強誘電性液晶が網目状ポリマー中に分散されたタイプのフィルム液晶デバイスも適用可能である。また、上記画像表示装置では、背後からバックライトで照明される透過型液晶を使用したが、そのかわりに反射型液晶を使用することもできる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013