米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 株式会社日立国際電気

発明の名称 自動再送要求通信方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−78509(P2003−78509A)
公開日 平成15年3月14日(2003.3.14)
出願番号 特願2001−269052(P2001−269052)
出願日 平成13年9月5日(2001.9.5)
代理人 【識別番号】100075753
【弁理士】
【氏名又は名称】和泉 良彦 (外1名)
【テーマコード(参考)】
5K014
5K034
5K035
【Fターム(参考)】
5K014 AA01 DA02 EA08 FA12 GA02 
5K034 AA01 EE11 HH01 HH02 MM08
5K035 AA01 BB01 DD01 EE02 GG02 JJ05 MM06
発明者 野沢 泰三
要約 課題
自動再送要求通信において、パケットの再送を実施する前に回線状態を検出し、自動で最適な伝送速度を設定することで伝送効率、電文配達率の向上を図ることにある。

解決手段
電文検査データに特定パターンデータ40を付加し、受信器側でビット誤りを計算し、受信局応答データの回線状態判定結果41に結果を入れて返信する。送信局は各受信局から返信された受信局応答データの回線状態判定結果41から回線状態を判定し、回線状態が良ければ送信速度を上げ、回線状態が悪化していれば送信速度を下げてパケットの自動再送信を行う。
特許請求の範囲
【請求項1】送信局でパケットを有する電文を送信する前に回線状態を確認し、前記回線状態に応じて前記電文の送信速度を決定し、受信局で前記電文および電文検査データを受信したとき前記受信局から受信エラーのあった前記パケットの再送要求を前記送信局に返信し、前記送信局が前記再送要求を受信したとき受信エラーのあった前記パケットを前記受信局に再送する自動再送要求通信方法において、前記送信局が前記電文検査データに特定パターンデータを付加し、前記特定パターンデータを前記受信局が解析して回線状態判定結果を前記送信局に返信し、前記送信局が前記回線状態判定結果に応じた送信速度で受信エラーのあった前記パケットを前記受信局に再送することを特徴とする自動再送要求通信方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、通信回線における自動再送要求の機能を有する自動再送要求通信方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】図4(a)に従来のパケットデータの場合の再送要求通信方法における、通信の速度変更、再送要求のやり取りを示す。まず、送信局側の送信局端末1から図5に示す電文を受信局端末8に送信する。電文は送信局端末1で入力し、送信局変復調器2、送信局無線機3により送信局アンテナ4を介して送信する。受信局では電文を受信局アンテナ5を介して受信し、受信局無線機6、受信局変復調器7及び受信局端末8で受信する。この時、送信局変復調器2及び受信局変復調器7は通信速度の認識及び設定が可能である。
【0003】送信局と受信局の通信は、電文を送信する前に、まず回線状態を確認する。図4(b)に示した回線検査データとして、宛先コード10と回線検査コード30及び誤り検出コード31を送信局から受信局に送信する。ここで使用する回線検査コード30は複数の4文字コードである。
【0004】受信局は、この回線検査コード30及び誤り検出コード31を受信して、1回でもこのコードが受信良好となると回線検査良好の応答を返信する。送信局はこの返信を受けて1局でも不良の場合、送信速度を下げて、再度、回線検査を行い、全て応答が良好になった通信速度で電文の送信を開始する。
【0005】次に、送信する電文は図5に示すように、第1パケットから第Nパケットまでの構成で、先頭に宛先コード10、最後に回線解除コード11を付加した内容である。パケットで通信する内容は、情報(データ)12-1〜12-N及び誤り検出コード13-1〜13-Nで構成する。
【0006】さらに、送信局は電文及び、パケットを送信するごとに、各パケットが受信されたか否かを確認するために、図6(a)に示す電文検査データを受信局に送信する。電文検査データは図5に示したパケット12-1〜12-Nの数と同じ個数の電文検査要求コード15-1〜15-Nと電文検査パケット番号16及び誤り検出コード17で構成する。受信局は、この電文検査データを受けて、図6(b)に示すように電文検査応答コード18-1〜18-Nと検査応答パケット番号19及び検査結果情報20で構成された受信局応答データを送信局に返信する。
【0007】これら図4(b)で示した回線検査データと,図5で示した電文及び図6で示した電文検査データ及び受信局応答データによる再送要求通信方法のプロトコルを図7に示す。
【0008】この従来例では、送信局と3ヶ所の受信局A〜Cの間をパケットでデータ通信する場合を示している。まず、送信局から図4(b)に示した回線検査データを通信速度4800bps(1秒あたりのビット数)で受信局A〜Cに送信して回線を検査すると、受信局A及びBからの回線応答は良好(OK)であり,受信局Cからの回線応答は不良(NG)であったとする。そこで、従来の再送要求通信では1局でも不良の場合、送信速度を下げて再度回線検査データを送信し、すべて応答が良好になった通信速度で電文を送信する。この図7の従来例では送信速度を4800bps−2400bps−1200bpsと順次、下げて受信局A〜Cすべての応答が良好になったことを示している。
【0009】次に従来の電文送信方法を示すと次のとおりである。
【0010】送信局は、図5に示した1個の電文(例えば10パケット、N=10)を送信し、その後、図6(a)に示した電文検査データを送信する。各受信局で第2,第5,第8のパケットに受信エラーがあった場合、受信局は図6(b)に示す電文検査応答コード18-2、18-5及び18-8によって、第2,第5,第8のパケットの再送要求(受信局応答データの返信)を行い、送信局はこれを受けて再送要求のあったパケットのみを再送する。このやりとりを繰り返し行い、送信局は再送を繰り返すことで、受信局からの再送要求が最後にはなくなり、全ての受信局で受信が終了する。
【0011】
【発明が解決しようとする課題】従来の再送要求通信方法では、送信したパケットに受信エラーがあった場合でも通信速度が固定なため、通信状態が良い場合は、より高速な通信が可能であるにも拘らず、低速の通信でパケットの再送が実施されている。
【0012】また、通信状態が悪い場合は、通信速度を低下させることにより正常な通信が可能となるが、通信速度が自動的に変更できないために、複数回の再送を繰り返すことになる。
【0013】本発明の目的は、伝送効率、電文配達率の向上を実現する自動再送要求通信方法を提供することにある。
【0014】
【課題を解決するための手段】前記の目的を実現するために、本発明においては、特許請求の範囲に記載するように構成している。すなわち、本発明は、請求項1に記載のように、送信局でパケットを有する電文を送信する前に回線状態を確認し、前記回線状態に応じて前記電文の送信速度を決定し、受信局で前記電文および電文検査データを受信したとき前記受信局から受信エラーのあった前記パケットの再送要求を前記送信局に返信し、前記送信局が前記再送要求を受信したとき受信エラーのあった前記パケットを前記受信局に再送する自動再送要求通信方法において、前記送信局が前記電文検査データに特定パターンデータを付加し、前記特定パターンデータを前記受信局が解析して回線状態判定結果を前記送信局に返信し、前記送信局が前記回線状態判定結果に応じた送信速度で受信エラーのあった前記パケットを前記受信局に再送することを特徴とする自動再送要求通信方法を構成する。
【0015】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面に基づき詳細に説明する。
【0016】図1は、本発明による自動再送要求通信方法に使用する電文検査データ及び受信局応答データの構成を示す。まず、図1(a)の電文検査データは複数の電文検査要求コード15−1〜15−Nと電文検査パケット番号16及び誤り検出コード17などの従来データに対して、本発明による特定パターンデータ40を付加する。この特定パターンデータ40は、例えばABCD……XYZの繰り返しデータで、その容量は約10kビットである。この電文検査データを受信した受信器側では、受信した特定パターンデータ40を解析し、この特定パターンデータ40の中で、何ビットの誤りがあるのかを計算し、図1(b)に示した受信局応答データの回線状態判定結果41の中にエラーの計算結果を付加して送信局に返信する。この受信局におけるビット誤りの計算は、次の通りである。
【0017】すなわち、受信局はあらかじめ、送信局と同一の図1(a)に示した特定パターンデータ40を保有しており、送信局から送信されてくる特定パターンデータ40と比較する。これにより、例えば、一致しない数(ビット数)が0の場合を「優」、10ビット以下の場合を「良」、10ビット以上の場合を「不良」と判定して図1(b)に示した受信局応答データの回線状態判定結果41に反映させる。
【0018】送信局は各受信局の回線状態判定結果41から回線状態を判定し、回線状態が良ければ送信速度を上げ、回線状態が悪化していれば送信速度を下げてパケットの再送信を行う。
【0019】図2はパケット通信の場合の、本発明による自動再送要求通信方法を実施するための通信装置の構成図である。送信局側の送信局端末1から図5に示す電文を受信局側の受信局端末8に送信する。電文は送信局端末1で入力し、送信局変復調器2、送信局無線機3により送信局アンテナ4を介して送信する。受信局では電文を受信局アンテナ5を介して受信し、受信局無線機6、受信局変復調器7及び受信局端末8で受信する。
【0020】また、送信局はパケットが受信されたか否かを確認するため、及び、回線状態を確認するために、電文を送信した後、及びパケットを再送信した後に、図6(a)に示した電文検査データを受信局に送信する。
【0021】そして、図2に示した送信局側の送信局変復調器2に接続された制御器9は、パケットを再送信する前に、最新の回線状態を検出する機能を、有している。
【0022】すなわち、制御器9は、図1に示した送信局から受信局に送信する特定パターンデータ40に対して受信局から返信される回線状態判定結果41を基にして、(1)回線状態が優の時の通信速度は4800bpsに設定する。(2)回線状態が良の時の通信速度は2400bpsに設定する。(3)回線状態が不良の時の通信速度は1200bpsに設定する。
【0023】これら本発明による図1で示した電文検査データと受信局応答データを用いて、図2で示した通信装置による自動再送要求通信方法のプロトコルを図3に示す。ここで、図3の回線応答は、図4(b)で示した回線検査データの中の誤り検出コード31の内容によって決まる情報である。また、回線状態は、図1(b)に示した受信局応答データに含まれる回線状態判定結果41の内容によって決まる情報である。
【0024】この図3に示した自動再送要求通信方法の一例では、図2に示す送信局と3ヶ所の受信局A〜Cの間をパケットでデータ通信する場合を示している。まず、最初に図4(b)に示す回線検査データを使用した回線検査の通信速度を4800bpsとすると、受信局A及びBからの回線応答は良好(OK)であり,受信局Cからの回線応答は不良(NG)であったとする。そこで、通信速度を2400bpsに下げて再度回線検査を行い、受信局A〜Cからの回線応答は良好(OK)であるので、通信速度2400bpsで電文を送信する。
【0025】次に図3に示した電文送信を示すと次のとおりである。
【0026】送信局は通信速度2400bpsで図5に示す1個の電文(例えば10個のパケット、N=10)を送信する。図3に示したように受信局Aからは第2パケットの受信が不良(NG)で、第2パケットの再送要求及び回線状態判定結果41が「優」として送信局に返信された。また、同様に、受信局Bからは第5パケットの受信が不良(NG)で、第5パケットの再送要求及び回線状態判定結果41は「優」として送信局に返信された。さらに同様に、受信局Cからは第8パケットの受信が不良(NG)で、第8パケットの再送要求及び回線状態判定結果41は「優」が送信局に返信された。そこで次に、送信局は受信局Aの第2パケットと受信局Bの第5パケット及び受信局Cの第8パケットの再送、及び図1に示した特定パターンデータ40を含む電文検査データを通信速度4800bpsで送信する。
【0027】この結果、受信局Aの第2パケットの受信が良(OK)になった。また、受信局Bからは第5パケットの受信が不良(NG)で、第5パケットの再送要求及び回線状態判定結果41は「不良」が送信局に返信された。さらに受信局Cの第8パケットの受信が不良(NG)で、第8パケットの再送要求及び回線状態判定結果41は「不良」が送信局に返信された。
【0028】そこで、通信速度の設定基準を適用して、通信速度を4800bpsから1200bpsに下げて受信局Bの第5パケット及び受信局Cの第8パケットの再送及び、図1(a)に示した特定パターンデータ40を含んだ電文検査データを再送した。この結果、受信局Bの第5パケット及び受信局Cの第8パケットの受信は良(OK)になった。
【0029】以上、本発明による自動再送要求通信方法により、回線状態の検出結果から通信速度を適正に変更できるので、回線状態の検出結果が不良の場合は、パケットの再送が自動的に、また最適な通信速度で実行可能になった。これにより、伝送効率の向上及び電文配達率の向上が可能である。
【0030】なお、本発明の自動再送要求通信方法によるパケット通信の形態は無線に限定されず、有線でも、同様な効果が得られることは明らかである。
【0031】
【発明の効果】本発明の実施によって得られる効果は、請求項1において、回線状態の検出結果により通信速度を変更して、パケットの再送が行える。これにより、伝送効率の向上及び電文配達率の向上が可能である。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013