Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
ストリーム多重化伝送方法 - 株式会社日立国際電気
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 株式会社日立国際電気

発明の名称 ストリーム多重化伝送方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−69995(P2003−69995A)
公開日 平成15年3月7日(2003.3.7)
出願番号 特願2001−257252(P2001−257252)
出願日 平成13年8月28日(2001.8.28)
代理人
発明者 石山 慎吾 / 大波 雄一
要約 課題
伝送容量に依存しない各TSパケットの多重化が実現できるパケット多重装置を提供することを目的とする。

解決手段
複数のデータストリームをそれぞれパケット化し1つのデータストリームに多重して伝送するストリーム多重化伝送方法において、複数のデータストリームの多重化を、パケットの多重される間隔が規定されているデータストリームは所定フレーム単位で行い、伝送レートが固定のデータストリームは、少なくとも1パケットの構成に必要なペイロードがメモリに蓄積されている場合に行い、これらデータストリームのパケットレートの合計と伝送レートの差分をビデオデータストリームのパケットの伝送レートに割り当て多重化するものである。
特許請求の範囲
【請求項1】 複数のデータストリームをそれぞれパケット化し1つのデータストリームに多重して伝送するストリーム多重化伝送方法において、上記複数のデータストリームの多重化を、それぞれ予め定められたパケットの多重化割り当て順位に基づき制御し、1つのデータストリームに多重化することを特徴とするストリーム多重化伝送方法。
【請求項2】 請求項1に記載のストリーム多重化伝送方法において、上記複数のデータストリームの多重化を、パケットの多重される間隔が規定されているデータストリームは所定フレーム単位で行い、伝送レートが固定のデータストリームは少なくとも1パケットの構成に必要なペイロードがメモリに蓄積されている場合に行い、上記これらデータストリームのパケットレートの合計と伝送レートの差分をビデオデータストリームのパケットの伝送レートに割り当てて多重化することを特徴とするストリーム多重化伝送方法。
【請求項3】 請求項1に記載のストリーム多重化伝送方法において、上記複数のデータストリームの多重化を、パケットの多重される間隔が規定されているデータストリームは映像信号のフレーム単位で行い、入力データがパケットのペイロードに格納されるビデオデータを含む複数の種類のデータストリームは、上記パケットの構成に必要なペイロードのメモリの蓄積状態をそれぞれ監視し、上記ペイロードがメモリに蓄積されている場合に行い、ビデオデータストリームを除く上記他のデータストリームのパケットレートの合計と伝送レートの差分を上記ビデオデータストリームのパケットの伝送レートに自動的に割り当て多重化することを特徴とするストリーム多重化伝送方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、MPEG−2(Moving Picture Experts Group-2)のトランスポートストリームのように、複数のストリームを入力しパケット多重化する装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、コーデック技術の発展に伴い、伝送容量の小さな伝送路でも膨大なデータ量の映像信号等を伝送することが可能になった。トランスポートストリーム(以後、TSと称す)は、映像信号や音声信号を圧縮したデータをペイロードとするパケット群である。音声信号の符号化レートは、通常固定の符号化レート(例えば384kbit/s)であるため、伝送路の伝送容量が用途により異なっても音声信号の符号化レートは決まり、残りの伝送路の伝送容量に映像信号の伝送レートを割り当てることになる。図3に、従来技術におけるパケット多重装置の構成例を示し、動作説明する。図3は、ビデオデコーダ301、フォーマット検出部302、オーディオA/D変換部303、CPU304、ビデオMPEGエンコーダ305、オーディオMPEGエンコーダ306、STCカウンタ部307、ビデオPESパケット生成部308、オーディオPESパケット生成部309、プライベートPESパケット生成部310、STCカウンタ値ホールド部311、ビデオペイロードメモリ312、オーディオペイロードメモリ313、プライベートペイロードメモリ314、PCR符号化部315、ビデオTSパケット制御部316、オーディオTSパケット制御部317、プライベートTS制御部318、PAT・TSパケット制御部319、PMT・TSパケット制御部320、PCR・TSパケット制御部321、バイトカウンタ部322、TSパケットカウンタ部323、TSパケット送出指示情報格納ROM324、伝送モード切り替え部325より構成される。
【0003】ビデオデコーダ301、フォーマット検出部302、オーディオA/D変換部303、ビデオMPEGエンコーダ305、オーディオMPEGエンコーダ306、ビデオPESパケット生成部308、オーディオPESパケット生成部309、プライベートPESパケット生成部310、ビデオペイロードメモリ312の書き込み側、オーディオペイローオメモリ313の書き込み側、プライベートペイロードメモリ314の書き込み側、STCカウンタ部307は、ビデオデコーダ301の出力である映像用クロック329を基準として動作する。 例えば、27MHzである。また、ビデオペイロードメモリ312の読み出し側、オーディオペイロードメモリ313の読み出し側、プライベートペイロードメモリ314の読み出し側、ビデオTSパケット生成部316、オーディオTSパケット生成部317、プライベートTSパケット生成部318、PAT・TSパケット生成部319、PMT・TSパケット生成部320、PCR・TSパケット生成部321、バイトカウンタ部322、TSパケットカウンタ部323、TSパケット送出指示情報格納ROM324は、伝送路から得られる伝送クロック372を基準として動作する。 例えば、伝送容量が8Mbit/sの場合は、バイト処理のため1/8となり、1MHzとなる。
【0004】続いて、このパケット多重装置の動作について詳しく説明する。ビデオデコーダ301は、アナログ映像信号325(例えばNTSC信号)を得ると、上記信号をA/D変換してデコードし、デジタル映像信号328と、映像用クロック329を出力する。フォーマット検出部302はデジタル映像信号328と映像用クロック329を得ると、デジタル映像信号328のフォーマットが正常であるか異常であるかを検出する。 例えば、デジタル映像信号328がITU−R656である場合デジタル映像信号328に存在するSAV(Start Active Video)をトリガとし、映像用クロック329を基準とする画素カウンタおよびラインカウンタを動作させ、順次SAVを得た時点の上記カウンタ値が常に一定値であるかの判断によりフォーマットの正常と異常を判断する。オーディオA/D変換部303はアナログ音声信号326を得ると、上記信号をA/D変換し、デジタル音声信号333(例えばPCM信号)とデジタルオーディオクロック379を出力する。ビデオMPEGエンコーダ305は、CPU304から得るビデオ符号化レート情報378に基づき、デジタル映像信号330を圧縮し、圧縮したビデオ圧縮データ334とビデオ圧縮クロック335を出力する。
【0005】CPU304は、伝送モード切替部325からのモード設定情報376を得ると、ビデオ符号化レート情報378を生成し、ビデオMPEGエンコーダ305に出力する。 なお、モード設定情報376はターゲットの伝送容量に対応したビデオ符号化レートの情報を外部からスイッチ等で設定するものである。オーディオMPEGエンコーダ306は、デジタル音声信号333とデジタルオーディオクロック379を得ると、上記信号を圧縮し、圧縮したオーディオ圧縮データ336とオーディオ圧縮クロック337を出力する。伝送モード切替部325は複数の伝送路の伝送容量に対応したスイッチ情報に基づき、ビデオ符号化レート設定情報376を出力する。ビデオPES生成部308は、ビデオ圧縮データ334とビデオ圧縮クロック335を得ると、上記データにヘッダ等を付加してパケット化したビデオPESデータ338と書き込み信号339を生成し、ビデオPESデータ338を、ビデオペイロードメモリ312に書き込む。 ここで、PESとは、PacketizedElementary Streamの略である。オーディオPES生成部309は、オーディオ圧縮データ336とオーディオ圧縮クロック337を得ると、上記データにヘッダ等を付加してパケット化したオーディオPESデータ340と書き込み信号341を生成し、オーディオ圧縮データ340をオーディオペイロードメモリ313に書き込む。プライベートPES生成部310は、プライベートデータ327を得ると上記データにヘッダ等を付加してパケット化したプライベートPESデータ342とプライベートクロック343を生成し、プライベートPESデータ342をプライベートペイロードメモリ314に書き込む。
【0006】STCカウンタ部307は、映像用クロック331を得ると、上記クロックを基準として42bitのカウンタを動作させる。 STCとは、System ClockReferenceの略であり、上記映像用クロック331と同一のクロックを受信側で再生させるためのPLL処理で必要なカウンタ値である。STCカウンタ値ホールド部311は、PCR符号化部315からのホールド信号346に従い、STCカウンタ値344をホールドし、ホールドされたSTCカウンタ値345を出力する。PCRとは、Program Clock Referenceの略であり、STCカウンタ値を符号化した値である。PCR符号化部315は、PCR・TSパケット制御部321からのPCR読み出し信号357に従い、ホールドされたSTCカウンタ値345を符号化し、PCR値356を出力する。バイトカウンタ部322は、伝送クロック372を得ると伝送クロック372を基準として188バイトまたは204バイトのカウンタを繰り返し動作させ、TSパケットのTSパケット開始指示信号359と上記カウンタ値358を出力する。 188バイトまたは204バイトは1TSパケットを意味する。TSパケットカウンタ部323はTSパケット開始指示信号359をイネーブルとして伝送クロック372を基準に動作するカウンタを動かし、TSパケットカウンタ値374をTSパケット送出指示情報格納ROM324に出力する。TSパケット送出指示情報格納ROM324は、TSパケットカウンタ値374に従い、ROM内部の情報、所謂ビデオTSパケット送出指示信号361、オーディオTSパケット送出指示信号363、プライベートTSパケット送出指示信号365、PAT・TSパケット送出指示信号367、PMT・TSパケット送出指示信号369、PCR・TSパケット送出指示信号371を出力する。ビデオTSパケット制御部316はビデオTSパケット送出指示信号361とビデオペイロードメモリ312の蓄積状態349により、読み出し信号348を生成し、ビデオペイロードメモリ312からビデオPESデータ347を読み出し、バイトカウンタ値358とTSパケット開始指示信号359に基づきヘッダ等を付加し、ビデオTSパケット360を生成し出力する。
【0007】オーディオTSパケット制御部317はオーディオTSパケット送出指示信号363とオーディオペイロードメモリ313の蓄積状態352により、読み出し信号351を生成し、オーディオペイロードメモリ313からオーディオPESデータ350を読み出し、バイトカウンタ値358とTSパケット開始指示信号359に基づきヘッダ等を付加し、オーディオTSパケット362を生成し出力する。プライベートTSパケット制御部318はプライベートTSパケット送出指示信号365とプライベートペイロードメモリ314の蓄積状態355により、読み出し信号354を生成し、プライベートペイロードメモリ314からプライベートPESデータ353を読み出し、バイトカウンタ値358とTSパケット開始指示信号359に基づきヘッダ等を付加し、プライベートTSパケット364を生成し出力する。PAT・TSパケット制御部319はPAT・TSパケット送出指示信号367に従い、バイトカウンタ値358とTSパケット開始指示信号359に基づきヘッダ等を付加し、PAT・TSパケット366を生成し出力する。PMT・TSパケット制御部320はPMT・TSパケット送出指示信号369に従い、バイトカウンタ値358とTSパケット開始指示信号359に基づきヘッダ等を付加し、PMT・TSパケット368を生成し出力する。PCR・TS制御部321はPCR・TSパケット送出指示信号371に従い、読み出し信号357を生成し、PCR符号化部315からPCR値356を読み出し、バイトカウンタ値358とTSパケット開始指示信号359に基づきヘッダ等を付加し、PCR・TSパケット370を生成し出力する。 以上のようにして、上記TSパケットが多重されTS375が生成される。
【0008】続いて、TSパケット送出指示情報格納ROM324の送出指示情報の生成方法とそれぞれのペイロードメモリとの関係について説明する。 まず、送出指示情報の生成方法について説明する。ここでは、TSパケット送出指示情報格納ROM324は、8192バイトの容量を持つものとする。 ここで、4つの異なる伝送路の伝送容量に対応するように、この容量8192を4分割し、2048を1つの伝送容量に対応させその2048バイトの空間に、それぞれのTSパケット送出指示情報を格納する。そして、TSパケットカウンタ部323からのTSパケットカウンタ値374と設定情報376に従い、それぞれのTSパケット送出指示信号が出力される。運用上、100msに1回以上の伝送が規定されているTSパケットは、PCR・TSパケットとPAT・TSパケット、PMT・TSパケットである。例えば、伝送路の伝送容量が10Mbit/sの場合、伝送クロック372はバイト単位のクロックになるため、1/8されて1.25MHzとなる。そこで、1TSパケットの時間は、(1/1.25MHz)×188によって、150.4μsとなる。 そのため、2048バイトの空間が一回りする時間は150.4μs×2048で308msとなる。 ここで、PCR・TSパケット、PAT・TSパケット、PMT・TSパケットの送出指示情報を2048空間に1回の割り当てとすると、1回/308msとなり前記規定に違反する。従って、2048空間に6回の割り当てをすると、1回/77msとなり、前記規定を満足する。同様に、オーディオTSパケットは、オーディオ符号化レート384kbit/s固定のため、ヘッダ等の付加されたオーディオTSパケットの伝送レートは上記算出方法で2048空間に112割り当てれば、オーディオTSパケットの伝送レートを満足する。 プライベートTSパケットの伝送レートも同様に算出し、仮に19.2kbit/sであれば、2048空間に7回割り当てればプライベートTSパケットの伝送レートを満足する。ビデオTSパケットの割り当ては、2048空間から上記ビデオTSパケット以外の割り当て分を差し引いた1905となり、ビデオTSパケットの伝送レートが決定する。 このように伝送路の伝送容量に依存し、それぞれのTSパケットの割り当てを計算してROMに格納し、4つの伝送路を外部より選択することになる。
【0009】続いて、図4で送出指示信号とペイロードメモリ蓄積状態について説明する。各送出指示信号は、Lowレベルでアクティブとする。 また、各ペイロードメモリの蓄積状態は、Highレベルで送出可能なペイロードデータがメモリに蓄積されているものとする。ビデオTSパケット送出指示信号361がLowで、かつ、ビデオペイロードメモリ蓄積状態349がHighの時、ビデオTSパケット360を送出する。ビデオペイロードメモリ蓄積状態349がLowの時は、NULL・TSパケットを送出する。 なお、NULL・TSパケットとは本来意味のないパケットである。オーディオTSパケット送出指示信号363がLowで、かつオーディオペイロードメモリ蓄積状態352がHighの時、オーディオTSパケット362を送出する。 オーディオメモリ蓄積状態349がLowの時は、NULL・TSパケットを送出する。プライベートTSパケット送出指示信号365がLowで、かつプライベートペイロードメモリ蓄積状態355がHighの時は、プライベートTSパケット364を送出する。 プライベートメモリ蓄積状態349がLowの時は、NULL・TSパケットを送出する。PAT・TSパケット送出指示信号367がLowの時、PAT・TSパケット366を送出する。 PMT・TSパケット送出指示信号369がLowの時、PMT・TSパケット368を送出する。 PCR・TSパケット送出指示信号371がLowの時、PCR・TSパケット370を送出する。以上の様にしてそれぞれのTSパケットが多重されTS375が生成される。ところで、ビデオTSパケット以外のTSパケットの伝送レートは、伝送路の伝送容量が異なっても固定である。
【0010】
【発明が解決しようとする課題】前述した様に、TSパケット送出指示情報格納ROMを使用するTSパケットの伝送指示方法では、予めターゲットの伝送路の伝送容量から各TSパケットの送出指示情報を計算し、ROMに格納する必要がある。 また、複数の伝送路に対応するには複数の送出指示情報を用意し、ターゲットの伝送路に対応する前記情報を外部より選択する必要がある。したがって、伝送路の伝送容量が異なる度に送出指示情報の計算と送出指示情報の選択が必要になり、装置としての汎用性が失われることになる。本発明はこれらの欠点を除去し、伝送容量に依存しない各TSパケットの多重が実現できるパケット多重装置を提供することを目的とする。
【0011】
【課題を解決するための手段】本発明は上記目的を達成するため、複数のデータストリームをそれぞれパケット化し1つのデータストリームに多重して伝送するストリーム多重化伝送方法において、上記複数のデータストリームの多重化を、それぞれ予め定められたパケットの多重化割り当て順位に基づき制御し、1つのデータストリームに多重化するものである。また、複数のデータストリームの多重化を、パケットの多重される間隔が規定されているデータストリームは所定フレーム単位で行い、伝送レートが固定のデータストリームは、少なくとも1パケットの構成に必要なペイロードがメモリに蓄積されている場合に行い、これらデータストリームのパケットレートの合計と伝送レートの差分をビデオデータストリームのパケットの伝送レートに割り当て多重化するものである。また、複数のデータストリームの多重化を、パケットの多重される間隔が規定されているデータストリームは映像信号のフレーム単位で行い、入力データがパケットのペイロードに格納されるビデオデータを含む複数の種類のデータストリームは、パケットの構成に必要なペイロードのメモリの蓄積状態をそれぞれ監視し、ペイロードがメモリに蓄積されている場合に行い、ビデオデータストリームを除く他のデータストリームのパケットレートの合計と伝送レートの差分をビデオデータストリームのパケットの伝送レートに自動的に割り当て多重化するものである。
【0012】
【発明の実施の形態】図1に、本発明によるパケット多重装置の一実施例のブロック構成を示し以下詳細に説明する。図1は、ビデオデコーダ101、フォーマット検出部102、オーディオA/D変換部103、CPU104、ビデオMPEGエンコーダ105、オーディオMPEGエンコーダ106、STCカウンタ部107、ビデオPESパケット生成部108、オーディオPESパケット生成部109、プライベートPESパケット生成部110、STCカウンタ値ホールド部111、ビデオペイロードメモリ112、オーディオペイロードメモリ113、プライベートペイロードメモリ114、PCR符号化部115、ビデオTSパケット制御部116、オーディオTSパケット制御部117、プライベートTS制御部118、PAT・TSパケット制御部119、PMT・TSパケット制御部120、PCR・TSパケット制御部121、バイトカウンタ部122、メモリ蓄積状態検出部123、ビデオ符号化レート計算部173より構成される。ビデオデコーダ101、フォーマット検出部102、オーディオA/D変換部103、ビデオMPEGエンコーダ105、オーディオMPEGエンコーダ106、ビデオPESパケット生成部108、オーディオPESパケット生成部109、プライベートPESパケット生成部110、ビデオペイロードメモリ112の書き込み側、オーディオペイローオメモリ113の書き込み側、プライベートペイロードメモリ114の書き込み側、STCカウンタ部107は、ビデオデコーダ101の出力と、例えば27MHzである映像用クロック128を基準として動作する。
【0013】ビデオペイロードメモリ112の読み出し側、オーディオペイロードメモリ113の読み出し側、プライベートペイロードメモリ114の読み出し側、ビデオTSパケット生成部116、オーディオTSパケット生成部117、プライベートTSパケット生成部118、PAT・TSパケット生成部119、PMT・TSパケット生成部120、PCR・TSパケット生成部121、バイトカウンタ部122、メモリ蓄積状態検出部123は、伝送路から得られる伝送クロック171を基準として動作する。 例えば、伝送容量が8Mbit/sの場合はバイト処理のため、1/8となり1MHzとなる。続いて、本発明のパケット多重装置の動作について詳しく説明する。 ビデオデコーダ101はアナログ映像信号124(例えばNTSC信号)を得ると上記信号をA/D変換してデコードし、デジタル映像信号127とこのデジタル映像信号と同位相の映像用クロック128を出力する。フォーマット検出部102はデジタル映像信号127と映像用クロック128を得ると、デジタル映像信号127のフォーマット(例えばITU−R656)が正常か異常かを検出する。 例えば、デジタル映像信号127に存在するSAVをトリガとし映像用クロック128を基準とする画素カウンタ及びラインカウンタを動作させ、順次SAVを認識した時点の上記カウンタ値が常に一定値であるかの判断によって、フォーマットの正常と異常を判断する。 一方、映像信号の3フレームパルス129を出力する。 3フレームパルスとは3フレーム間隔のパルス、所謂99ms間隔のパルスである。
【0014】オーディオA/D変換部103はアナログ音声信号125を得ると上記信号をA/D変換し、デジタル音声信号179(例えばPCM信号)とデジタルオーディオクロック181を出力する。ビデオMPEGエンコーダ105は、CPU104からのビデオ符号化レート情報178に基づき、デジタル映像信号130を圧縮し、圧縮したビデオ圧縮データ133とビデオ圧縮クロック134を出力する。CPU104は、ビデオ符号化レート計算部173からの伝送容量情報176を得て、ビデオ符号化レート情報178をビデオMPEGエンコーダ105に出力する。オーディオMPEGエンコーダ106は、デジタル音声信号179とデジタルオーディオクロック181を得ると、上記信号を圧縮し、圧縮したオーディオ圧縮データ135とオーディオ圧縮クロック136を出力する。ビデオ符号化レート計算部173は伝送クロック171を基準とするカウンタとクロック174を基準とするカウンタを動作させ、後者のカウンタ値の所定の値で、前者のカウンタ値を周期的にサンプルし、サンプルしたカウンタ値から伝送路の伝送容量を計算し、伝送容量情報176を出力する。 クロック174は外部の水晶発振器等のクロック、または映像用クロック128であってもよい。
【0015】ビデオPES生成部108は、ビデオ圧縮データ133とビデオ圧縮クロック134を得ると上記データにヘッダ等を付加してパケット化したビデオPESデータ138と書き込み信号139を生成し、ビデオPESデータ138をビデオペイロードメモリ112に書き込む。オーディオPES生成部109はオーディオ圧縮データ135とオーディオ圧縮クロック136を得ると上記データにヘッダ等を付加しパケット化したオーディオPESデータ140と書き込み信号141を生成し、オーディオ圧縮データ140をオーディオペイロードメモリ113に書き込む。プライベートPES生成部110は、プライベートデータ126を得ると上記データにヘッダ等を付加してパケット化したプライベートPESデータ142とプライベートクロック143を生成し、プライベートPESデータ142をプライベートペイロードメモリ314に書き込む。STCカウンタ部107は、映像用クロック131を基準として42bitのカウンタを動作させ、STCカウンタ値137を出力する。
【0016】STCカウンタ値ホールド部111はPCR符号化部115からのホールド信号145に従い、STCカウンタ値137をホールドし、ホールドされたSTCカウンタ値144を出力する。PCR符号化部115はPCR・TSパケット制御部121からのPCR読み出し信号156に従い、ホールドされたSTCカウンタ値144を符号化して、PCR155を出力する。バイトカウンタ部122は伝送クロック171を得ると、伝送クロック171を基準として188バイトまたは204バイトのカウンタを繰り返し動作させ、バイトカウンタ開始指示信号158と、バイトカウンタ値157を出力する。ここで、188バイトまたは204バイトは、1TSパケットを意味する。ビデオTSパケット制御部116は、ビデオ送出指示信号160とビデオペイロードメモリ112の蓄積状態148によって、読み出し信号147を生成し、ビデオペイロードメモリ112からビデオPESデータ146を読み出し、バイトカウンタ値157とTSパケット開始指示信号158に従いヘッダ等を付加し、ビデオTSパケット159を生成し出力する。オーディオTSパケット制御部117は、オーディオ送出指示信号162とオーディオペイロードメモリ113の蓄積状態151により、読み出し信号150を生成し、オーディオペイロードメモリ113からオーディオPESデータ149を読み出し、バイトカウンタ値157とTSパケット開始指示信号158に従いヘッダ等を付加し、オーディオTSパケット161を生成し出力する。プライベートTSパケット制御部118は、プライベート送出指示信号164とプライベートペイロードメモリ114の蓄積状態154により、読み出し信号153を生成し、プライベートペイロードメモリ114からプライベートPESデータ152を読み出し、バイトカウンタ値157とTSパケット開始指示信号158に従いヘッダ等を付加し、プライベートTSパケット163を生成し出力する。
【0017】PCR・TS制御部121は、フォーマット検出部102からの3フレームパルス129を得て、PCR読み出し信号156を生成し、PCR値155を読み出し、バイトカウンタ値157とTSパケット開始指示信号158に従いヘッダ等を付加し、PCR・TSパケット168を生成し出力する。 また、PCR・TSパケットを送出したことを示す送出完了信号180を出力する。PMT・TSパケット制御部120は、PCR・TSパケット送出完了信号180を得てバイトカウンタ値157とTSパケット開始指示信号158に従い、ヘッダ等を付加しPMT・TSパケット167を生成し出力する。 また、PCR・TSパケットとPMT・TSパケットの送出が完了した事を示す完了信号190を出力する。PAT・TSパケット制御部119は、PCR・TSパケットとPMT・TSパケットの送出完了信号190を得てバイトカウンタ値157とTSパケット開始指示信号158に従いヘッダ等を付加し、PAT・TSパケット165を生成し出力する。 また、PAT、PMT、PCRのTSパケットの送出が完了したことを示す送出完了信号166をメモリ蓄積状態検出部123に出力する。メモリ状態検出部123は、PAT、PMT、PCRのTSパケット送出完了信号166を得、PAT、PMT、PCRのTSパケット送出以外のタイミングにおいて、オーディオペイロードメモリ113の蓄積状態信号152と、プライベートペイロードメモリ114の蓄積状態信号152を検出し、TSパケット送出に必要なペイロードがメモリに蓄積されている場合、TSパケットを生成し送出し、PAT、PMT、PCR、オーディオ、プライベート以外のタイミング全てをビデオTSパケットの送出に割り当てる。 以上の様に、各TSパケットが多重されてTS172が生成される。
【0018】続いて、本発明のパケット多重化の送出方法ついて、図2で詳細に説明する。ビデオペイロードメモリ蓄積状態信号148とオーディオペイロードメモリ蓄積状態信号151とプライベートペイロードメモリ蓄積状態信号154はHighレベルで送出可能なペイロードが蓄積されていることを示す。運用上、100ms以内に1回以上と規定されているPCR・TSパケット、PAT・TSパケット、PMT・TSパケットの伝送は、伝送クロックに依存しない3フレームパルス129(99ms)をトリガとして、次のTSパケット開始指示信号158でPCR・TSパケット168、PMT・TSパケット167、PAT・TSパケット166を順に伝送する。オーディオTSパケット161とプライベートTSパケット163の伝送は、TSパケット開始指示信号158に従って、各ペイロードメモリの蓄積状態が、Highの時に伝送する。 共にメモリ状態がHighの場合はどちらかを優先して伝送する。ビデオTSパケットの伝送は、上記TSパケット以外の伝送タイミングで同様にメモリの蓄積状態により伝送する。続いて、ビデオ符号化レートの計算について説明する。 ビデオ符号化レート計算部173は伝送クロック171を基準とするカウンタとクロック174を基準とするカウンタを動作させる。 例えば、クロック174を27MHzと仮定するとクロック174を基準とするカウンタ値を、0から27000000まで(1秒)繰り返しカウントさせ、カウンタ値が0の時に外部クロック171を基準とするカウンタ値をホールドし、カウンタ値から外部クロック、所謂伝送容量を計算し、上記情報をCPU104に出力する。 CPU104は、上記情報を得て、伝送容量からビデオTSパケット以外のパケット伝送容量合計を差し引き、ビデオ符号化レートを計算し、ビデオMPEGエンコーダに設定する。
【0019】
【発明の効果】以上のように、本発明によって異なる伝送容量の伝送路に自動的に対応できるパケット多重が実現でき、汎用的なパケット多重装置を提供することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013