米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 株式会社日立国際電気

発明の名称 携帯電子機器及びその制御プログラム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−32323(P2003−32323A)
公開日 平成15年1月31日(2003.1.31)
出願番号 特願2001−210669(P2001−210669)
出願日 平成13年7月11日(2001.7.11)
代理人 【識別番号】100104156
【弁理士】
【氏名又は名称】龍華 明裕
【テーマコード(参考)】
5K027
5K067
【Fターム(参考)】
5K027 AA11 BB01 FF03 FF29 MM13 
5K067 AA34 BB04 EE02 FF27 FF32
発明者 四枝 英明
要約 課題
使用環境に対応して適切なアラームを設定可能な携帯電子機器及びその制御プログラムを提供する。

解決手段
周囲の騒音レベルを測定する頻度を各時間帯別に外部から取得する入力部140と、入力部140が取得した頻度を用いて、騒音レベルを測定する騒音測定部160と、アラーム音を発生する音源部170と、音源部から発生させるアラーム音を、騒音レベルに基づき変更する制御部190を備える。また、制御部190は、音源部170から発生させるアラーム音の種類を、騒音レベルに基づき変更してもよい。
特許請求の範囲
【請求項1】 アラーム音を発生可能な携帯電子機器であって、周囲の騒音レベルを測定する頻度を各時間帯別に外部から取得する入力部と、前記入力部が取得した前記頻度を用いて、前記騒音レベルを測定する騒音測定部と、アラーム音を発生する音源部と、前記音源部から発生させる前記アラーム音を、前記騒音レベルに基づき変更する制御部を備えることを特徴とする携帯電子機器。
【請求項2】 前記制御部は、前記音源部から発生させる前記アラーム音の種類を、前記騒音レベルに基づき変更することを特徴とする請求項1記載の携帯電子機器。
【請求項3】 アラーム音を発生可能な携帯電子機器であって、周囲の騒音レベルに対応する前記アラーム音の音量の上限又は下限の少なくとも一つを使用者に設定させる入力部と、前記騒音レベルを測定する騒音測定部と、アラーム音を発生する音源部と、前記使用者が入力した設定を用いて、前記音源部から発生させる前記アラーム音を、前記騒音レベルに対応する音量に調節する制御部を備えることを特徴とする携帯電子機器。
【請求項4】 携帯電子機器にアラーム音を発生させるプログラムであって、携帯電子機器を、周囲の騒音レベルを測定する頻度を各時間帯別に外部から取得する入力部と、前記入力部により取得した前記頻度を用いて、外部から周囲の前記騒音レベルを取得する騒音測定部と、アラーム音を発生させる音源部と、前記音源部を用いて発生させる前記アラーム音を、前記騒音レベルに基づき変更する制御部として動作させることを特徴とするプログラム。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、携帯電子機器及びその制御プログラムに関する。特に本発明は、周囲の雑音レベルに対応してアラーム音の種類又は音量を変更する携帯電子機器及びその制御プログラムに関する。
【0002】
【従来の技術】周囲の騒音レベルに合わせて携帯電子機器のアラーム音量を変更する技術は、例えば特開平5−30161、特開平7−15489、特開平7−66911に見られる。特開平5−30161では、周囲の騒音を常に検知し、騒音が大きい場合には呼出音量を大きく、騒音が小さい場合には呼出音量を小さくする電話機が開示されている。特開平7−15489では、周囲の雑音を着信時又は常に検知し、測定結果に応じた音量で呼出音を出力する電話機が開示されている。特開平7−66911では、着信時に、予め設定された期間又は周囲の雑音の変化に基づき決定した期間の間周囲の雑音を測定し、測定結果に応じた音量で呼出音を出力する電話機が開示されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】携帯電子機器を常に所持する場合、周囲の騒音レベルに合わせたアラーム音量の調節のみでは不適切な場面が生じる。例えば、仕事空間と生活空間では、同一騒音レベルでも異なるアラーム音量が望まれる。
【0004】そこで本発明は、上記の課題を解決することのできる携帯電子機器及びその制御プログラムを提供することを目的とする。この目的は特許請求の範囲における独立項に記載の特徴の組み合わせにより達成される。また従属項は本発明の更なる有利な具体例を規定する。
【0005】
【課題を解決するための手段】即ち、本発明の第1の形態によると、アラーム音を発生可能な携帯電子機器であって、周囲の騒音レベルを測定する頻度を各時間帯別に外部から取得する入力部と、入力部が取得した頻度を用いて、騒音レベルを測定する騒音測定部と、アラーム音を発生する音源部と、音源部から発生させるアラーム音を、騒音レベルに基づき変更する制御部を備えることを特徴とする携帯電子機器を提供する。
【0006】さらに、制御部は、音源部から発生させるアラーム音の種類を、騒音レベルに基づき変更してもよい。
【0007】また、本発明の第2の形態によると、アラーム音を発生可能な携帯電子機器であって、周囲の騒音レベルに対応するアラーム音の音量の上限又は下限の少なくとも一つを使用者に設定させる入力部と、騒音レベルを測定する騒音測定部と、アラーム音を発生する音源部と、使用者が入力した設定を用いて、音源部から発生させるアラーム音を、騒音レベルに対応する音量に調節する制御部を備えることを特徴とする携帯電子機器を提供する。
【0008】また、本発明の第3の形態によると、アラーム音を発生可能な携帯電子機器であって、周囲の騒音レベルを測定する騒音測定部と、アラーム音を発生する音源部と、音源部から発生させるアラーム音を、騒音レベルに対応する音量に調節する制御部を備え、制御部は、アラーム音の発生中に騒音レベルが変化した際に、変化前の騒音レベルに対応する音量から、変化後の騒音レベルに対応する音量への変更を、少なくとも1以上の中間の音量を用いて段階的に行わせることを特徴とする携帯電子機器を提供する。
【0009】また、本発明の第4の形態によると、携帯電子機器にアラーム音を発生させるプログラムであって、携帯電子機器を、周囲の騒音レベルを測定する頻度を各時間帯別に外部から取得する入力部と、入力部により取得した頻度を用いて、外部から周囲の騒音レベルを取得する騒音測定部と、アラーム音を発生させる音源部と、音源部を用いて発生させるアラーム音を、騒音レベルに基づき変更する制御部として動作させることを特徴とするプログラムを提供する。
【0010】なお上記の発明の概要は、本発明の必要な特徴の全てを列挙したものではなくこれらの特徴群のサブコンビネーションも又発明となりうる。
【0011】
【発明の実施の形態】以下、発明の実施の形態を通じて本発明を説明するが、以下の実施形態はクレームにかかる発明を限定するものではなく、また実施形態の中で説明されている特徴の組み合わせの全てが発明の解決手段に必須であるとは限らない。
【0012】図1は、本発明の実施の形態である携帯電話機の構成を示す。本携帯電話機は、他の電話機等からの着信時に音又はメロディー等を用いたアラーム音である着信音を発し、使用者に着信を通知する。本携帯電話機は、送話マイク100、受話スピーカー110、無線部120、アンテナ130、入力部140、表示部150、騒音測定部160、音源部170、及び制御部190を備える。
【0013】送話マイク100は、使用者の話し声を電気信号に変換し、送信信号を生成する有指向性マイクである。受話スピーカー110は、通話相手の電話機から送られてくる話し声の受信信号を音声に変換し、使用者に伝える。無線部120は、本携帯電話機内部の送信信号及び受信信号と、携帯電話システムの基地局との間で送受信する電波信号の間の変換を行う。アンテナ130は、携帯電話システムの基地局との間で電波信号の授受を行う。
【0014】入力部140は、数字ボタン、オンフックボタン、オフフックボタン等を含む入力ボタンからなり、ダイヤル時の相手先電話番号入力又は着信音の設定を含む各種設定入力に使用される。表示部150は、液晶表示装置により構成され、ダイヤル時に入力部140に入力された相手先電話番号の表示、着信音の設定を含む各種設定画面の表示、着信時の相手先電話番号の表示で使用される。
【0015】騒音測定部160は、騒音を電気信号に変換し、騒音レベル信号を生成する無指向性マイクである。音源部170は、着信音を発生するスピーカである。
【0016】制御部190は、本携帯電話機各部の制御を行う。着信音に関しては、制御部190は、入力部140及び表示部150を介して使用者から取得した設定に基づき、騒音測定部160に周囲の騒音レベルを測定させる。そして着信時に、制御部190は、音源部170で発生させる着信音の種類及び着信音量を、測定した周囲の騒音レベルに基づき変更する。
【0017】制御部190は、時間帯別設定テーブル200及び着信音設定テーブル210を有する。時間帯別設定テーブル200は、入力部140及び表示部150を介して使用者から取得した時間帯別の設定を保持する。着信音設定テーブル210は、着信音の設定を保持する。
【0018】図2は、本携帯電話機の制御部190が保持する時間帯別設定テーブル200を示す。時間帯別設定テーブル200は、騒音レベル測定周期、着信音グループ、着信音量下限、及び着信音量上限の設定値を時間帯別に保持する。また、制御部190は、入力部140及び表示部150を用いて使用者から取得した着信音設定に基づき、時間帯別設定テーブル200の設定値を変更する。
【0019】騒音レベル測定周期は、騒音測定部160が周囲の騒音レベルを測定する頻度を、例えば秒単位の周期として時間帯別に設定される。着信音グループは、使用する着信音を時間帯別に設定される。着信音量下限及び着信音量上限は、着信音量の下限値及び上限値を時間帯別に設定される。
【0020】図2の例では、9:00〜12:00及び13:00〜17:00の時間帯は、騒音レベル測定周期が120秒、着信音グループが1、着信音量が3〜7に設定されている。これは、勤務時間中は机上業務が中心となるため、移動は頻繁でなく、職場に合った着信音を周囲の迷惑でない音量で鳴動するための設定が望まれることに起因する。
【0021】また、12:00〜13:00及び17:00〜23:00の時間帯は、騒音レベル測定周期が20秒又は60秒、着信音グループが2、着信音量が5〜10に設定されている。これは、昼食時間及び通常の生活時間は、移動が頻繁かつ騒音の大きい場所に居ることも多く、必要に応じて最大音量10で鳴動する設定が望まれることに起因する。また、この時間帯は、着信メロディーを楽しむ設定が望まれるため、着信音グループを勤務時間中と異なるものとしている。
【0022】さらに、23:00〜9:00の時間帯は、騒音レベル測定周期が3600秒、着信音グループが3、着信音量が1〜3に設定されている。これは、就寝時間中は、移動はせず、起きていた場合にのみ着信に応答するため、静かな着信メロディーを小さい音量で鳴動する設定が望まれることに起因する。
【0023】図3は、本携帯電話の制御部190が保持する着信音設定テーブル210を示す。着信音設定テーブル210は、着信時に音源部170で発生する着信音又は着信メロディーを指定する。着信音設定テーブル210は、着信音量下限、着信音量上限、着信音番号を着信音グループ別に保持する。また、制御部190は、入力部140及び表示部150を用いて使用者から取得した着信音設定に基づき、着信音設定テーブル210の設定値を変更する。
【0024】着信時に、制御部190は騒音測定部160から取得済みの周囲の騒音レベル及び図2の時間帯別設定テーブル200の設定値を用いて、着信音グループと着信音量を決定する。次に、制御部190は、決定した着信音グループが一致し、決定した着信音量が着信音量下限と着信音量上限の間である行の着信音番号を、着信音設定テーブル210から取得する。そして、制御部190は、取得した着信音番号で指定される着信音を、決定済みの着信音量で音源部170から発生させる。
【0025】以上により、本携帯電話機は、周囲の雑音レベルに応じて異なる着信音を発生できる。例えば、本実施の形態では、12:00〜13:00及び17:00〜23:00の時間帯は、図2の時間帯別設定テーブル200に示した様に着信音グループが2、着信音量が5〜10に設定されている。一方、図3の着信音設定テーブル210では、着信音グループ2に対応して、着信音量が1〜7の場合は着信音番号200、着信音量が8〜10の場合は着信音番号201が設定されている。これにより、本携帯電話機は、周囲の雑音レベルに応じた着信音量に基づき、着信番号200又は着信番号201のいずれか一方を選択し、着信音として発生する。
【0026】図4は、本携帯電話機における着信音設定フローを示すフローチャートである。まず、制御部190は、現在時刻を取得する(S400)。
【0027】次に、制御部190は、時間帯別設定テーブル200から、現在時刻に対応する騒音レベル測定周期、着信音グループ、着信音量下限、及び着信音量上限を取得する(S410)。
【0028】次に、制御部190は、騒音測定部160を用いて周囲の騒音レベルを測定する(S420)。ここで、騒音レベルは、0以上NMAX以下の値とする。
【0029】次に、制御部190は、S410で取得した着信音量の範囲と、S420で測定した周囲の騒音レベルから、以下の式を用いて着信音量を算出する(S430)。
(式1)着信音量=着信音量下限+ (着信音量上限−着信音量下限)×騒音レベル/NMAX【0030】次に、制御部190は、S410で取得した着信音種類と、S430で算出した着信音量を用いて、着信音設定テーブル210から着信音番号を取得する(S440)。
【0031】次に、制御部190は、S440で取得した着信音番号と、S430で算出した着信音量を制御部190内に記憶する(S450)。
【0032】次に、制御部190は、S410で取得した騒音レベル測定周期の経過を待つ(S460)。その後、制御部190は、S400の処理に進む。
【0033】すなわち、本携帯電話機は、周期的に着信音番号及び着信音量を変更する。制御部190は、本携帯電話機の着信時に、音源部170が発生する着信音を、S450で記憶した着信音番号及び着信音量で指定される着信音に設定する。これにより、本携帯電話機は、着信時に発生する着信音を、周囲の騒音レベルに基づき変更できる。
【0034】また、騒音測定部160を送話マイク100と別個に設けることで、本携帯電話機は、通話中においても図4に示した着信音設定フローを処理できる。この際、着信音の鳴動中にS450で着信音番号又は着信音量が変更されると、着信音が急激に変化し使用者及び周囲の人に不快感を与えることもある。そこで、制御部190は、S450の処理時に、着信音の鳴動中は着信音番号を変更しない、あるいは着信音の鳴動中は着信音量を例えば1ずつしか変更しない等の処理を行い、不快感を低減する。
【0035】以上に示した様に、本実施の形態における携帯電話機は、周囲の騒音レベルを測定する頻度を時間帯別に設定できる。これにより、騒音レベルの測定頻度を低減でき、電力消費を抑えることができる。また、本実施の形態における携帯電話機は、着信音の種類を時間帯別及び着信音量別に設定でき、各時間帯及び着信音量に適合した着信音を発生できる。さらに、本実施の形態における携帯電話機は、着信音の鳴動中に周囲の騒音レベルが変化した場合においても、着信音を急激に変更しない。このため、使用者及び周囲の人に与える不快感を低減できる。
【0036】以上、本発明を実施の形態を用いて説明したが、本発明の技術的範囲は上記実施形態に記載の範囲には限定されない。上記実施形態に、多様な変更または改良を加えることができる。そのような変更または改良を加えた形態も本発明の技術的範囲に含まれ得ることが、特許請求の範囲の記載から明らかである。
【0037】例えば、本実施の形態で示した着信音及び着信音量を変更する方式は、アラーム時計、携帯情報端末、又は携帯医療機器等のアラーム音を発生する種々の携帯電子機器に適用できる。この場合、アラーム音は、携帯電話機における着信音等に加え、例えば、アラーム時計等における設定時刻の通知音等、携帯情報端末等のスケジュール管理機能によるスケジュール告知音又は仕事リスト等による期限の通知音等、携帯医療機器等における注意音又は警報音等であってよい。
【0038】また、本実施の形態で示した着信音及び着信音量を変更する方式は、振動器等の他の着信通知手段と併用できる。
【0039】さらに、図2に示した時間帯別設定テーブル200は、開始時刻、終了時刻に曜日を加えた時間帯を用いてもよい。また、図2に示した時間帯別設定テーブル200は、着信中の設定を別途保持してもよい。
【0040】さらに、図2に示した時間帯別設定テーブル200は、着信音量上限または着信音量下限のいずれか一方のみを用いて着信音量を設定してもよい。
【0041】さらに、制御部190は、式1に代えて非線形なものを含む任意の関数を用いて着信音量を算出してもよい。
【0042】さらに、時間帯別設定テーブル200又は着信音設定テーブル210は、使用者が入力部140及び表示部150を用いて設定する前に、予め規定された設定値を保持していてもよい。
【0043】
【発明の効果】上記説明から明らかなように、本発明によれば使用環境に対応して適切なアラームを設定可能な携帯電子機器及びその制御プログラムを提供することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013