米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 日本電気株式会社

発明の名称 パケットパス監視方式及び装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−8532(P2003−8532A)
公開日 平成15年1月10日(2003.1.10)
出願番号 特願2001−191865(P2001−191865)
出願日 平成13年6月25日(2001.6.25)
代理人 【識別番号】100102864
【弁理士】
【氏名又は名称】工藤 実 (外1名)
【テーマコード(参考)】
5K028
5K030
5K031
【Fターム(参考)】
5K028 AA14 CC05 DD04 KK32 LL02 PP04 QQ02 
5K030 GA14 HA02 HA08 HD01 HD06 MA04 MB01
5K031 CA08 DA05 DA19 EA09 EA12
発明者 升田 道雄
要約 課題
トランスポートプロバイダにとって保守・障害切り分け・責任分解点把握を容易にすることができるパケットパス監視方式及び装置を提供する。

解決手段
本発明のパケットパス監視方式は、複数の通信装置(1a)と、STMパスが各々設けられ、各々が複数の通信装置(1a)の各々に接続された複数の伝送路とを備えている。複数の通信装置(1a)と、伝送路に設けられたSTMパスには、パケットを転送するためのパケットパス(200)が割り当てられている。複数の通信装置(1a)の各々は、パケットパス(200)上の回線異常を、複数の通信装置(1a)のうちの予め定められた通信装置(1a)に通知する警報転送部(2b、2c)を備えている。
特許請求の範囲
【請求項1】 複数の通信装置と、STMパスが各々設けられ、各々が前記複数の通信装置の各々に接続された複数の伝送路とを備え、前記複数の通信装置と、前記複数の伝送路の各々に設けられた前記STMパスには、パケットを転送するためのパケットパスが割り当てられ、前記複数の通信装置の各々は、前記パケットパス上の回線異常を、前記複数の通信装置のうちの予め定められた通信装置に通知する警報転送部を備えたパケットパス監視方式。
【請求項2】 請求項1に記載のパケットパス監視方式において、前記複数の通信装置は、入力ノードを示す入力通信装置と、中継ノードを示す中継通信装置と、出力ノードを示す出力通信装置とを含むパケットパス監視方式。
【請求項3】 請求項2に記載のパケットパス監視方式において、前記入力通信装置の前記警報転送部は、前記入力通信装置に割り当てられた前記パケットパス上の異常を前記出力通信装置に通知し、前記出力通信装置は、前記予め定められた通信装置に対応するパケットパス監視方式。
【請求項4】 請求項2又は3に記載のパケットパス監視方式において、前記出力通信装置の前記警報転送部は、前記出力通信装置に割り当てられた前記パケットパス上の異常を前記入力通信装置に通知し、前記入力通信装置は、前記予め定められた通信装置に対応するパケットパス監視方式。
【請求項5】 請求項2〜4のいずれか一項に記載のパケットパス監視方式において、前記中継通信装置の前記警報転送部は、前記中継通信装置に割り当てられた前記パケットパス上の異常を前記入力通信装置及び前記出力通信装置の少なくともいずれか一方に通知し、前記入力通信装置及び前記出力通信装置の少なくともいずれか一方は、前記予め定められた通信装置に対応するパケットパス監視方式。
【請求項6】 請求項2〜5のいずれか一項に記載のパケットパス監視方式において、前記入力通信装置及び前記出力通信装置の一方に割り当てられた前記パケットパス上の異常が、前記伝送路に設けられた前記STMパス上の異常により発生し、前記入力通信装置及び前記出力通信装置の一方の前記警報転送部が、前記入力通信装置及び前記出力通信装置の一方に割り当てられた前記パケットパス上の異常を、前記入力通信装置及び前記出力通信装置の他方に通知するための第1警報として出力したとき、前記中継通信装置の前記警報転送部は、前記中継通信装置に割り当てられた前記パケットパス上の異常を、前記第1警報に代えて、前記入力通信装置及び前記出力通信装置の他方に通知するための二次警報として出力し、前記入力通信装置及び前記出力通信装置の他方は、前記予め定められた通信装置に対応するパケットパス監視方式。
【請求項7】 伝送路に接続された回線部と、前記伝送路にはSTMパスが設けられ、前記回線部と、前記伝送路に設けられた前記STMパスには、パケットを転送するためのパケットパスが割り当てられ、前記パケットをスイッチするスイッチ部とを備え、前記回線部及び前記スイッチ部の少なくともいずれか一方は、前記パケットパス上の回線異常を出力するパケットパス監視装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、パケットパス監視方式に関し、特にパケットパスを監視するパケットパス監視方式に関する。
【0002】
【従来の技術】SONETリング等に代表されるトランスポート網において、STMフレームだけでなく、10M、100Mイーサネット(登録商標)に代表されるパケット系のトラヒックに対しても既存バックボーンの大容量STMパスに直接収容する新規技術(2点)がトレンドである。
【0003】1点目の新規技術は、従来技術であるPOS(PPP over SONET)フレーミング技術におけるフラグパタンネックを解消し、高い同期特性を有するGeneric Framing Procedure(GFP)によるフレーミング技術である。このGFP技術は、多種多様なレイヤ2プロトコルを共通の形式にフレーミングし、パケット転送処理単位を共通フレーム化するものである。これにより、多趣回線収容における柔軟性を持つと共に統計多重効果を利用したパケットトラヒックの効率収容が可能となる。
【0004】2点目の新規技術として、伝送路帯域の有効利用の観点から、LAN・WAN間におけるインタフェース速度のミスマッチを埋め、WANインタフェースのgranularity改善を主目的とするVC(Virtual Concatenation)技術がある。このVC技術は、伝送路上の複数の論理チャネルを仮想的に1つのチャネルとみなして連結することにより、伝送路の帯域を有効利用するものである。
【0005】例えば、100M−Etherを、1回線をSTM装置で収容する場合、従来装置ではVC−4(150Mbps)のチャネルを使用することになり、100Mbpsのデータに対して150Mbpsのチャネルを割り当てなければならない。ところが、VC−3(50Mbps)を2チャネル使用すれば100Mとなるため、この2チャネルをVirtual Concatenationとして連結することにより、100M−Ether帯域を無駄なく収容できる。これにより、トランスポートプロバイダにとって、各種パケットサービス速度を細かなgranularityで提供することが可能となる。
【0006】しかしながら、従来のパケットパス監視装置は、Ethernet等に代表されるパケット網において、大規模基幹網での運用に耐え得る強固な警報転送機能を有しておらず、トランスポートプロバイダにとって保守・障害切り分け・責任分解点把握が困難という問題がある。
【0007】一方、NativeなSONET網は、セクションレイヤ・パスレイヤ等、レイヤ毎に警報転送機能を有する装置で構成されているが、LAN相互接続される点(エッジ)において、警報監視パスが途切れることとなる。
【0008】そこで、従来技術であるリモート端局の回線異常を既存のSTMパスレイヤ上に配備されている警報転送機能を利用して対向装置に異常を通知する場合(LAN側物理レイヤ終端機能上の異常をP−AISとして集約して転送する場合)、従来のパケットパス監視装置は、STMパスレイヤで集線された複数(n本)のパケットパスのうち、任意の1本の伝送路異常により、他の正常((n−1)本)のパケットパスもすべて異常と判断されて(冗長化構成の場合、切替え対象と判定されて)しまう。
【0009】また、このような不都合が起きないようにするには、LAN側物理回線からパケットパスへの収容、パケットパスからSTMパス収容設定において、全て1:1となるようプロビジョニングしなければならない。この場合、網運用上の制約が発生すると共にパケットパス導入による統計多重効果とVCによる伝送路帯域の柔軟な割り当てによる効果が十分に発揮されない。
【0010】このため、GFP技術によるパケットパス確立とパケット収容効率の向上、VC(Virtual Concatenation)技術による帯域割り当ての柔軟性をもつ通信装置(SONET−MAC−NE)において、トランスポートプロバイダにとって保守・障害切り分け・責任分解点把握をすることができるパケットパス監視方式及び装置が望まれる。
【0011】また、パスを監視する従来技術として、特開2001−53756号公報では、回線設定されていないパスに関しても容易にパス監視を行うことができるパス監視装置が開示されている。このパス監視装置は、n×nスイッチを実現するスイッチ部(SW部)を介して入力インタフェース部(入力IF部)の各入力ポートに入力される主信号データを、スケジューラ部によって行われる接続スケジューリングの結果である回線設定情報に基づいて、出力インタフェース部(出力IF部)の各出力ポートから出力する。入力IF部とSW部との間のパス、SW部におけるスイッチングパス、SW部と出力IF部との間のパスを、それぞれ主信号データに対して付加したパリティをチェックしてパス監視を行う。回線設定情報は、SW部において出力ポートごとに設けられたカウンタによって、回線設定されていない場合にカウンタ値を回線設定データとして出力する。この出力パケットは、パス監視用データとして識別させる。
【0012】また、特開平7−46238号公報では、パケットのルーチング網を監視するルーチング網監視方式が開示されている。このルーチング網監視方式は、ルーチング網に対してパス検査用パケットを挿入し回収する監視制御部と、ルーチング網内の各経路に設けられて、そこを通過するパス検査用パケットに対し対応する通過位置情報を付与するパスモニタ部とを備え、監視制御部は、回収したパス検査用パケットの通過位置情報に基づいてルーチング網の状態を監視することを特徴としている。
【0013】また、URL“http://WWW.t1.org/FileMgr/GetOneFile.taf?FileName=1x150390&NW=Y”に刊行されたEnrique Hernandez−Valenciaによる“GFP Breakuot group report and Revision 1”には、主にOAM(Operation、 Administration and Maintenance:保守運用管理)用途として、GFPコントロールフレームのフォーマットが策定されつつあることが記載されているが、GFPコントロールフレームを用いた具体的な転送メカニズムは、Openissueとなっており、具体的な警報転送手段を有していない。
【0014】
【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、トランスポートプロバイダにとって保守・障害切り分け・責任分解点把握を容易にすることができるパケットパス監視方式及び装置を提供することにある。
【0015】本発明の他の目的は、網運用上の制約をなくし、大規模基幹網での運用に耐え得ることができるパケットパス監視方式及び装置を提供することにある。
【0016】
【課題を解決するための手段】以下に、[発明の実施の形態]で使用する番号・符号を用いて、課題を解決するための手段を説明する。これらの番号・符号は、[特許請求の範囲]の記載と[発明の実施の形態]の記載との対応関係を明らかにするために付加されたものであるが、[特許請求の範囲]に記載されている発明の技術的範囲の解釈に用いてはならない。
【0017】本発明のパケットパス監視方式は、複数の通信装置(1a)と、STMパスが各々設けられ、各々が複数の通信装置(1a)の各々に接続された複数の伝送路とを備えている。複数の通信装置(1a)と、複数の伝送路の各々に設けられたSTMパスには、パケットを転送するためのパケットパス(200)が割り当てられている。複数の通信装置(1a)の各々は、パケットパス(200)上の回線異常を、複数の通信装置(1a)のうちの予め定められた通信装置(1a)に通知する警報転送部(2b、2c)を備えている。
【0018】複数の通信装置(1a)は、入力ノード(N1)を示す入力通信装置(N1、1a)と、中継ノード(N2)を示す中継通信装置(N2、1a)と、出力ノード(N4)を示す出力通信装置(N4、1a)とを含む。
【0019】入力通信装置(N1、1a)の警報転送部(2b、2c)は、入力通信装置(N1、1a)に割り当てられたパケットパス(200)上の異常を出力通信装置(N4、1a)に通知する。出力通信装置(N4、1a)は、予め定められた通信装置に対応する。
【0020】出力通信装置(N4、1a)の警報転送部(2b、2c)は、出力通信装置(N4、1a)に割り当てられたパケットパス(200)上の異常を入力通信装置(N1、1a)に通知する。入力通信装置(N1、1a)は、予め定められた通信装置に対応する。
【0021】中継通信装置(N2、1a)の警報転送部(2b、2c)は、中継通信装置(N2、1a)に割り当てられたパケットパス(200)上の異常を入力通信装置(N1、1a)及び出力通信装置(N4、1a)の少なくともいずれか一方に通知する。入力通信装置(N1、1a)及び出力通信装置(N4、1a)の少なくともいずれか一方は、予め定められた通信装置に対応する。
【0022】入力通信装置(N1、1a)及び出力通信装置(N4、1a)の一方に割り当てられたパケットパス(200)上の異常が、伝送路に設けられたSTMパス上の異常により発生し、入力通信装置(N1、1a)及び出力通信装置(N4、1a)の一方の警報転送部(2b、2c)が、入力通信装置(N1、1a)及び出力通信装置(N4、1a)の一方に割り当てられたパケットパス(200)上の異常を入力通信装置(N1、1a)及び出力通信装置(N4、1a)の他方に通知するための一次警報として出力したとき、中継通信装置(N2、1a)の警報転送部(2b、2c)は、中継通信装置(N2、1a)に割り当てられたパケットパス(200)上の異常を、一次警報に代えて、入力通信装置(N1、1a)及び出力通信装置(N4、1a)の他方に通知するための二次警報として出力する。入力通信装置(N1、1a)及び出力通信装置(N4、1a)の他方は、予め定められた通信装置に対応する。
【0023】本発明のパケットパス監視装置は、伝送路に接続された回線部(2e、2f)と、パケットをスイッチするスイッチ部(2x)とを備えている。伝送路にはSTMパスが設けられ、回線部(2f)と、伝送路に設けられたSTMパスには、パケットを転送するためのパケットパス(200)が割り当てられている。回線部(2e、2f)及びスイッチ部(2x)の少なくともいずれか一方は、パケットパス(200)上の回線異常を出力する。
【0024】
【発明の実施の形態】添付図面を参照して、本発明によるパケットパス監視方式の実施の形態を以下に説明する。
【0025】(実施の形態1)図1は、本実施の形態1に係るパケットパス監視方式の構成を示すブロック図である。図2は、本実施の形態1に係るパケットパス監視方式における通信装置の構成を示すブロック図である。
【0026】本発明のパケットパス監視方式は、例えば、図1に示されるようなネットワークシステムで実施される。図1に示されるように、本実施の形態1に係るパケットパス監視方式は、複数のSONET−MAC−NE1aと、複数のLAN1c(またはユーザLAN1cと称す)と、STMパスが各々設けられ、各々が複数のSONET−MAC−NE1aの各々に接続された複数の伝送路とを含む。複数のSONET−MAC−NE1aは、同一リング内、同一対向インタフェースを示すSONET−Ring1bに設けられている。複数のSONET−MAC−NE1aのうちのネットワークの入力ノードに対応するSONET−MAC−NE1aには、LAN1c(複数のLAN1cのうちの入力側LAN1cとする)が接続されている。複数のSONET−MAC−NE1aのうちのネットワークの出力ノードに対応するSONET−MAC−NE1aには、LAN1c(複数のLAN1cのうちの出力側LAN1cとする)が接続されている。複数のSONET−MAC−NE1aのうちの入力ノード及び出力ノードに対応するSONET−MAC−NE1a以外のSONET−MAC−NE1aは中継ノードに対応する。
【0027】SONET−MAC−NE1aは、本発明のパケットパス監視装置、STM端局装置に対応し、LAN側パケットトラヒックを収容し、SDH/SONETに代表される既存基幹網のLAN1c側を拡張し、既存のSTMフレーム転送パス上で、POINT to POINT通信を実現し、Shared Mediaとして従来のSTMパスにパケットパスを割り当てパス使用効率の向上を図りつつ、N:M通信を実現する通信装置である。このSONET−MAC−NE1aは、収容するLAN1cを拡張すべく、STMトラヒック以外に例えばギガイーサネットパケットトラヒックを収容する端局装置として設置される。SONET−MAC−NE1a間(符号1a−1a間)の通信では、符号200で示されたパケットパスにより確立された論理パス上で伝送路を介して行われ、STMパスにパケットパス200を割り当てることによりパス使用効率が向上する(図2参照)。
【0028】複数のSONET−MAC−NE1aと、複数の伝送路の各々に設けられたSTMパスには、パケットを転送するための上述のパケットパス200が割り当てられている。複数のSONET−MAC−NE1aの各々は、パケットパス200上の回線異常を、複数のSONET−MAC−NE1aのうちの予め定められた入力ノードを示すSONET−MAC−NE1a(入力ノードに対応するSONET−MAC−NE1a)及び出力ノードを示すSONET−MAC−NE1a(出力ノードに対応するSONET−MAC−NE1a)の少なくともいずれか一方に通知する警報転送機能を備えている。入力ノードを示すSONET−MAC−NE1aの警報転送機能は、入力ノードを示すSONET−MAC−NE1aに割り当てられたパケットパス200上の異常を、予め定められた出力ノードを示すSONET−MAC−NE1aに通知する。出力ノードを示すSONET−MAC−NE1aの警報転送機能は、出力ノードを示すSONET−MAC−NE1aに割り当てられたパケットパス200上の異常を、予め定められた入力ノードを示すSONET−MAC−NE1aに通知する。中継ノードを示すSONET−MAC−NE1a(中継ノードに対応するSONET−MAC−NE1a)の警報転送機能は、中継ノードを示すSONET−MAC−NE1aに割り当てられたパケットパス200上の異常を、予め定められた入力ノードを示すSONET−MAC−NE1a及び出力ノードを示すSONET−MAC−NE1aの少なくともいずれか一方に通知する。
【0029】次に、SONET−MAC−NE1aの構成について図2を参照して説明する。ここで、図2に示される例では、説明を簡単にするため、SONET−MAC−NE1aの構成を3とし、入力ノードを示すSONET−MAC−NE1aと、中継ノードを示すSONET−MAC−NE1aとは伝送路を介して接続され、上記の中継ノードを示すSONET−MAC−NE1aと、出力ノードを示すSONET−MAC−NE1aとは伝送路を介して接続されているものとする。伝送路にはSTMパスが設けられ、SONET−MAC−NE1aと、伝送路に設けられたSTMパスには、パケットを転送するためのパケットパス200が割り当てられている。
【0030】図2に示されるように、複数のSONET−MAC−NE1aの各々は、既存のSTMトラヒックを収容するSTM収容回線カード2aと、専用のパケット処理ハードウエア回路等の主信号入出力部を有するパケット収容回線カード2bと、パケットトラヒック転送先を決定するスイッチ部を有するパケットスイッチカード2cと、STMパススイッチ機能を有するSTMスイッチカード2dとを少なくとも備えている。
【0031】パケットトラヒックを収容するに際し、パケット収容回線カード2b−パケットスイッチカード2c間、パケットスイッチカード2c−STM収容回線カード2a間には、上述のパケットパス200なる論理パスが予め設定されており、パケットトラヒックは、パケットパス200上で転送すべきパケットをパケットデータとしてパケットの転送を実行する。
【0032】入力ノードを示すSONET−MAC−NE1aは、Triburaty回線カード2e、Aggregate回線カード2f、パケットをスイッチするスイッチカード2xから構成される。スイッチカード2xには、パケットスイッチカード2cとSTMスイッチカード2dとが含まれる。Triburaty回線カード2eには、STM収容回線カード(STMIF)2aと、複数のパケット収容回線カード(例えば、図2に示されるGBE−LC#1、GBE−LC#2)2bとが含まれる。Aggregate回線カード2fには複数のSTM収容回線カード(STMIF)2aが含まれる。Triburaty回線カード2eにおけるSTM収容回線カード2aと複数のパケット収容回線カード2bは、入力側LAN1cに接続されている。STMスイッチカード2dには、パケットスイッチカード2cと、Triburaty回線カード2eにおけるSTM収容回線カード2a、複数のパケット収容回線カード2bと、Aggregate回線カード2fにおける複数のSTM収容回線カード2aとが接続されている。
【0033】入力ノードを示すSONET−MAC−NE1aにおいて、Triburaty回線カード2eのパケット収容回線カード2bは、入力側LAN1cからのパケット(LANパケット)を受信(入力)し、LANパケットを出力側LAN1cへ転送するためのパケットデータを生成して出力する(受信したパケットをGFPフレームでカプセル化し、カプセル化されたGFPフレームをSTMフレームにマッピングして出力する)。STMスイッチカード2dは、STMパススイッチ機能として、パケットパス200が割り付けられたSTMパスに従って、Triburaty回線カード2eのパケット収容回線カード2bからのパケットデータをパケットスイッチカード2cにスイッチし、パケットスイッチカード2cからのパケットデータをAggregate回線カード2fのSTM収容回線カード2aにスイッチする。Aggregate回線カード2fのSTM収容回線カード2aは、パケットパス200に従って、パケットデータを伝送路に送出する。
【0034】中継ノードを示すSONET−MAC−NE1aは、Aggregate回線カード2g、Aggregate回線カード2h、スイッチカード2xから構成される。スイッチカード2xには、パケットスイッチカード2cとSTMスイッチカード2dとが含まれる。Aggregate回線カード2gには複数のSTM収容回線カード(STMIF)2aが含まれ、Aggregate回線カード2gにおける複数のSTM収容回線カード2aの各々は、入力ノードを示すSONET−MAC−NE1aのAggregate回線カード2fにおける複数のSTM収容回線カード2aの各々に、伝送路を介して接続されている。Aggregate回線カード2fには複数のSTM収容回線カード2aが含まれる。STMスイッチカード2dには、パケットスイッチカード2cと、Aggregate回線カード2gにおける複数のSTM収容回線カード2aと、Aggregate回線カード2fにおける複数のSTM収容回線カード2aとが接続されている。
【0035】中継ノードを示すSONET−MAC−NE1aにおいて、STMスイッチカード2dは、STMパススイッチ機能として、パケットパス200が割り付けられたSTMパスに従って、Aggregate回線カード2gのSTM収容回線カード2aからのパケットデータをパケットスイッチカード2cにスイッチし、パケットスイッチカード2cからのパケットデータをAggregate回線カード2hのSTM収容回線カード2aにスイッチする。Aggregate回線カード2hのSTM収容回線カード2aは、パケットパス200に従って、パケットデータを伝送路に送出する。
【0036】出力ノードを示すSONET−MAC−NE1aは、Aggregate回線カード2j、Triburaty回線カード2k、スイッチカード2xから構成される。スイッチカード2xには、パケットスイッチカード2cとSTMスイッチカード2dとが含まれる。Aggregate回線カード2jには複数のSTM収容回線カード(STMIF)2aが含まれ、Aggregate回線カード2jにおける複数のSTM収容回線カード2aの各々は、中継ノードを示すSONET−MAC−NE1aのAggregate回線カード2hにおける複数のSTM収容回線カード2aの各々に、伝送路を介して接続されている。Triburaty回線カード2kには、STM収容回線カード(STMIF)2aと、複数のパケット収容回線カード(例えば、図2に示されるGBE−LC#1、GBE−LC#2)2bとが含まれる。Triburaty回線カード2kにおけるSTM収容回線カード2aと複数のパケット収容回線カード2bは、出力側LAN1cに接続されている。STMスイッチカード2dには、パケットスイッチカード2cと、Aggregate回線カード2jにおける複数のSTM収容回線カード2aと、Aggregate回線カード2fにおけるSTM収容回線カード2a、複数のパケット収容回線カード2bとが接続されている。
【0037】出力ノードを示すSONET−MAC−NE1aにおいて、STMスイッチカード2dは、STMパススイッチ機能として、パケットパス200が割り付けられたSTMパスに従って、Aggregate回線カード2jのSTM収容回線カード2aからのパケットデータをパケットスイッチカード2cにスイッチし、パケットスイッチカード2cからのパケットデータをTriburaty回線カード2kのパケット収容回線カード2bにスイッチする。Triburaty回線カード2kのパケット収容回線カード2bは、パケットデータに基づいて入力側LAN1cからのパケットを示すLANパケットを生成して出力側LAN1cに送出する(STMフレームのデ・マッピングをしてGFPフレームを検出し、検出されたGFPフレームのデ・カプセル化をし、ユーザLAN1c側のプロトコルに基づいて、LANパケットを生成して出力側LAN1cに送出する)。
【0038】次に、SONET−MAC−NE1aにおけるSTM収容回線カード2a、パケット収容回線カード2b、パケットスイッチカード2cの構成について図3を参照して説明する。図3は、本実施の形態1に係るパケットパス監視方式の通信装置におけるSTM収容回線カード、パケット収容回線カード、パケットスイッチカードの構成を示すブロック図である。
【0039】図3に示されるように、パケット収容回線カード2bは、LAN1cに接続された物理レイヤ終端部3a1と、物理レイヤ終端部3a1に接続されたレイヤ2終端部3b1と、レイヤ2終端部3b1に接続されたGFP収容部3c1と、GFP収容部3c1に接続されたVC生成部3d1と、VC生成部3d1に接続されたSTMパスセクション生成部3e1と、STMパスセクション生成部3e1に接続されたスイッチインタフェース部3fと、スイッチインタフェース部3fに接続されたSTMパスセクション終端部3e2と、STMパスセクション終端部3e2に接続されたVC終端部3d2と、VC終端部3d2に接続されたGFP終端部3c2と、GFP終端部3c2に接続されたレイヤ2生成部3b2と、レイヤ2生成部3b2に接続された物理レイヤ生成部3a2とを有する。物理レイヤ生成部3a2はLAN1cに接続されている。パケット収容回線カード2bのスイッチインタフェース部3fはSTMスイッチカード2dに接続されている。
【0040】パケットスイッチカード2cは、パケットスケジューラ部3a3と、パケットスケジューラ部3a3に接続されたパケットスイッチ部3b3と、パケットスイッチ部3b3に接続されたラベル変換部3c3と、ラベル変換部3c3に接続された上述のVC生成部3d1と、VC生成部3d1に接続された上述のSTMパスセクション生成部3e1と、STMパスセクション生成部3e1に接続された上述のスイッチインタフェース部3fと、スイッチインタフェース部3fに接続された上述のSTMパスセクション終端部3e2と、STMパスセクション終端部3e2に接続された上述のVC終端部3d2とを有する。ラベル変換部3c3はVC終端部3d2に接続されている。パケットスイッチカード2cのスイッチインタフェース部3fはSTMスイッチカード2dに接続されている。
【0041】STM収容回線カード2aは、LAN1cに接続された物理レイヤ終端部3d3と、物理レイヤ終端部3d3に接続された上述のSTMパスセクション生成部3e1と、STMパスセクション生成部3e1に接続された上述のスイッチインタフェース部3fと、スイッチインタフェース部3fに接続された上述のSTMパスセクション終端部3e2と、STMパスセクション終端部3e2に接続された物理レイヤ生成部3d4とを有する。物理レイヤ生成部3d4はLAN1cに接続されている。STM収容回線カード2aのスイッチインタフェース部3fはSTMスイッチカード2dに接続されている。
【0042】パケット収容回線カード2bにおいて、物理レイヤ終端部3a1は、O/E変換を行う光インタフェース受信部を有し、受信回線(例えばLAN1c)からの入力主信号としてシリアル信号を10ビットのパラレル信号に変換(デ・シリアライズ)してレイヤ2終端部3b1に出力する。物理レイヤ生成部3a2は、E/O変換を行う光インタフェース送信部を有し、レイヤ2生成部3b2からの10ビットのパラレル信号を出力主信号としてシリアル信号に変換(シリアライズ)し、送信回線(例えばLAN1c)に送出する。ここで、入力主信号には、パケットの先頭バイト、最終バイト、Label、宛先、Tag(MCR監視用)を示す信号が併走され、出力主信号には、パケットの宛先、先頭バイト、最終バイトを示す信号が併走される。主信号の入力形態は、パケット単位(パケット長は8バイトの倍数)であり、出力形態は、指定チャネル毎に1Word多重である。
【0043】レイヤ2(MACレイヤ)終端部3b1は、物理レイヤ終端部3a1からの信号をデータ符号化(10B/8B変換)と、プリアンプル、SFDフィールドの削除及びCRC演算とを行い、GFP収容部3c1にレイヤ2パケットデータとして出力する。また、レイヤ2終端部3b1は、パケットパス200上の異常の監視として、物理レイヤ終端部3a1により光入力ができないとき(入力側LAN1cからのパケット(LANパケット)の入力、即ち、入力主信号を受信できないとき)、入力側LAN1cからの受信異常を検知(光入力異常検出)し、光入力異常であることをGFP収容部3c1に通知する。
【0044】レイヤ2(MACレイヤ)生成部3b2は、GFP終端部3c2からのレイヤ2パケットデータに対して、プリアンプル、SFDフィールドの付加及びCRC演算、8B/10B変換を行い、10ビットのパラレル信号として物理レイヤ生成部3a2に出力する。また、レイヤ2生成部3b2は、パケットパス200上の異常の監視として、物理レイヤ生成部3a2により光出力(光送出)ができないとき(入力側LAN1cからのパケット(LANパケット)を出力側LAN1cに出力、即ち、出力主信号を送信できないとき)、レイヤ2生成部3b2は、出力側LAN1cへの送信異常を検知(光出力異常検出)し、レイヤ2終端部3b1を介して、光出力異常であることをGFP収容部3c1に通知する。
【0045】GFP収容部3c1は、レイヤ2終端部3b1からのレイヤ2パケットデータに対応する多種多様なレイヤ2プロトコルをSONET上にマッピングするためにGFPフレームでカプセル化(MAC→GFP)し、GFPフレームペイロードのスクランブル処理を行い、VC生成部3d1に出力する。また、GFP収容部3c1では、GFPフレームの転送先を示す情報(以降、GFPラベル、またはLabelと称す)を該GFPフレームのヘッダに収容するために、GFPフレームにおけるコア・ヘッダ(Core Header(PLI、cHEC))の計算・付与と、物理Source Port括り付けのLabel、Tag及び宛先決定と、GFPフレームにおけるペイロードヘッダ(Payload Header(Type、tHEC、Label、Tag、eHEC))の取得/計算・付与と、Label毎のポリシング(Policing)処理によるTagのremark(または廃棄)と、FCS(CRC−32)の計算・付与(モード設定により、有効/無効の選択可能)とを行う。ポリシング処理では、Labelに基づいて入力パケットの高優先/低優先を決定する。
【0046】また、GFP収容部3c1は、警報転送機能として、パケットパス200上の警報表示信号(Alarm Indication Signal)を示すパケットパスAIS信号の生成・検出と、パケットパスAIS信号の検出に基づいて遠端受信故障(Remote Defect Indication)を示すパケットパスRDI信号の生成とを行う。GFP収容部3c1によるパケットパスAIS信号の生成は、レイヤ2終端部3b1、レイヤ2生成部3b2からの通知に基づいて行われる。
【0047】GFP終端部3c2は、VC終端部3d2からのパケットデータを入力し、GFPフレームペイロードのデ・スクランブル処理を行い、GFPフレームのデ・カプセル化(GFP→MAC)をし、レイヤ2生成部3b2に出力する。また、GFP終端部3c2では、Label、Tag毎のShaping処理による網内揺らぎ吸収(モード設定により、有効/無効の選択可能)と、パケットパス監視(エラー検出時の廃棄・スルーを選択可能とする)と、GFPペイロードヘッダのtHEC部演算による1ビット誤り訂正と、GFPペイロードヘッダのeHEC部演算による1ビット誤り訂正と、FCSチェックによるエラー検出(モード設定により、有効/無効の選択可能)と、ラベル毎のGFPペイロード内のエラーパケット数のカウントとを行う。
【0048】VC生成部3d1は、GFP収容部3c1からのパケットデータを入力し(パケットスイッチカード2cの場合、ラベル変換部3c3からのパケットデータを入力し)、GFPフレームをSTMフレームペイロード部へマッピングし、STMトラヒックと混在するパケットトラヒックを効率よく収容するためのVirtual Concatenationを行い、STMパス・セクション生成部3e1に出力する。また、VC生成部3d1では、STMフレームのPOH領域の確保と、Virtual ConcatenationのためのSequence Indicator生成、付加及びMFI(Multi Frame Indication)の生成、付加とを行う。
【0049】VC終端部3d2は、STMパス・セクション終端部3e2からのパケットデータを入力し、任意のVirtual Concatenationに対応してL2フレーム(レイヤ2フレーム)を検出し(STMフレームペイロード部にマッピングされたGFPフレームを検出(デ・マッピング)する)、GFP終端部3c2に出力する(パケットスイッチカード2cの場合、ラベル変換部3c3に出力する)。また、VC終端部3d2では、GFPフレームにおけるコア・ヘッダのHEC演算による1ビット誤り訂正と、GFPフレームにおけるコア・ヘッダの誤り検出によるL2フレーム廃棄と、パケット多重と、Padding処理とを行う。VC終端部3d2では、チャネル毎パケット多重されたデータ形式で出力する。
【0050】STMパス・セクション生成部3e1では、VC生成部3d1からのパケットデータを入力し(パケットスイッチカード2cの場合、同じくVC生成部3d1からのパケットデータを入力し、STM収容回線カード2aの場合、物理レイヤ終端部3a1からのパケットデータを入力し)、STMフレームのPOH、SOHの値の生成、STMフレームのPOH、SOHの値の挿入・BS付加のためのBIBP演算と、P−RDI、P−RE1の付加と、STMフレーム化(STMフレーム化処理またはポインタ付加処理)と、カード間パス監視用B1付与(STMパス上の異常の監視)とを行い、スイッチインタフェース部3fに出力する。
【0051】スイッチインタフェース部3fは、STMパス・セクション生成部3e1からのパケットデータをSTMスイッチカード2dに出力し、STMスイッチカード2dからのパケットデータをSTMパス・セクション終端部3e2に出力する。ここで、STMスイッチカード2dは、STMパススイッチ機能として、パケットパスが割当てられたSTMパスに従って、パケット収容回線カード2bからのパケットデータをパケットスイッチカード2cに出力し、パケットスイッチカード2cからのパケットデータをSTM収容回線カード2aに出力する。
【0052】STMパス・セクション終端部3e2では、スイッチインタフェース部3fからのパケットデータを入力し、STMセクションの終端と、POH間パス監視のチェック(STMパス監視、B1バイト使用)と、STMパスの終端(STMパスポインタ処理)と、Virtual Concatenation処理のためのMFI抽出と、異なるSTMフレームに収容された同一Virtual Concatenation対応のためのチャネルデータの位相差の吸収とを行い、VC終端部3d2に出力する(パケットスイッチカード2cの場合、同じくVC終端部3d2に出力し、STM収容回線カード2aの場合、物理レイヤ生成部3a2に出力する)。
【0053】ラベル変換部3c3は、パケットスイッチ部3b3からのパケットデータを入力し、入力パケットの出力チャネル単位にスクランブル処理と、主信号データに4ビットパリティの付加(送信側ラベルとTagに1ビット、その他の情報に1ビットのパリティを付加する)と、パケットパス200上の異常の監視として、Ringフォーマット時のペイロード・ヘッダ領域のExtension内の監視とを行い、VC生成部3d1に出力する。このラベル変換部3c3は、tHEC/eHECのチェック後、誤り訂正をし、誤り訂正不可能なパケットの廃棄と、L2ラベル単位にFCSのチェックとを行い、チェックの結果に基づいてパケットパス200上の異常を検出する。また、ラベル変換部3c3は、初期化時や運用中のLabel登録の変更時に宛先決定/Label変換Memoryに対して変更後の情報を書込む。ラベル変換部3c3は、受信パケット(入力パケット)のラベルを参照して、送信側ラベルおよび出力チャネル番号の検索をし、検索した送信側ラベルをパケット内に書込む。ここで、受信パケットのラベルが無効登録の場合、ラベル変換部3c3は、該当パケットを廃棄する。また、ラベル変換部3c3は、tHEC、eHECを計算し、パケットに書込み、FCSを計算し、パケットに書込む。
【0054】また、ラベル変換部3c3は、警報転送機能として、パケットパス200上の警報表示信号(Alarm Indication Signal)を示すパケットパスAIS信号の生成・検出と、パケットパスAIS信号の検出に基づいて遠端受信故障(Remote Defect Indication)を示すパケットパスRDI信号の生成とを行う。ラベル変換部3c3によるパケットパスAIS信号の生成は、パケットパス200上の異常を検出したとき行われる。
【0055】また、ラベル変換部3c3は、VC終端部3d2からのパケットデータ(GFPフレーム)を入力し、入力パケットに対しチャネル単位にデ・スクランブル処理を行い、パケットスイッチ部3b3に出力する。
【0056】パケットスイッチ部3b3は、ラベル変換部3c3からのパケットデータを入力し、パケットスケジューラ部3a3からの指示に従ってパケットのスイッチを行うパケットスイッチング機能(Chanelized:VC4/VC4−4c/VC4−16c、Virtual Concatenation:VC4−Nv)を有する。上述したように、入力主信号には、パケットの先頭バイト、最終バイト、Label、宛先、Tag(MCR監視用)を示す信号が併走され、出力主信号には、パケットの宛先、先頭バイト、最終バイトを示す信号が併走される。主信号データの入力形態は、パケット単位(パケット長は8バイトの倍数)であり、出力形態は、指定チャネル毎に1Word多重である。パケットスイッチ部3b3は、主信号読み出し制御に使用される内部のRead Control Memoryはチャネル情報が48entry収容可能で、設定によりパケットスイッチ部3b3後段のSTMマッピング部(VC生成部3d1)での出力チャネルの比に合わせた読み出しを行う。また、パケットスイッチ部(3b3)は、宛先チャネル単位にPayload Memory中のFree Address数の管理を行い、設定廃棄Thresholdに基づいてパケット単位の廃棄を行う。
【0057】パケットデータは、一旦Payload Memoryに格納され、4Word(バンク)単位(32バイト)にLink Listで管理され、パケットスイッチ部3b3は、収容パケットの情報(宛先チャネル、Label、Length等)をパケットの送出Requestとしてパケットスケジューラ部3a3に出力する。パケットスイッチ部3b3では、パケットスケジューラ部3a3により、送出Requestに対するGrantを宛先チャネル単位に受信(入力)し、Payload Memoryの読み出し制御が行われる。このとき、パケットスイッチ部3b3は、GrantのBackpressure信号をパケットスケジューラ部3a3に出力する。
【0058】また、パケットスイッチ部3b3は、Grantを宛先チャネル単位に受信(入力)し、Read Control Memoryの設定に従ってWord多重(8バイト単位)で読み出しを行う。パケットスイッチ部3b3は、パケットスイッチ部3b3後段のSTMマッピング部(VC生成部3d1)よりチャネル単位にBackpressure信号を受信(入力)し、指定された宛先チャネル単位にデータの読み出しを中止する。パケットスイッチ部3b3とインタフェースする各ブロック間のパス監視としてパリティ挿入/監視を行う。また、パケットスイッチ部3b3は、パケットのSOPにおける併走情報(Label、宛先ポート、宛先チャネル、Tag)のパリティチェックにおいてエラーと判断された場合、設定により該当パケットを廃棄することが可能である。
【0059】パケットスケジューラ部3a3は、パケットスイッチ部3b3から収容回線分のパケットの送出リクエストを受信(入力)し、パケットの読み出し順序を決定しパケットスイッチ部3b3に通知(指示)する。また、パケットスケジューラ部3a3は、Ingressエッジ(LAN1cと相互接続されるSONET−MAC−NE1a)におけるGFP収容部3c1でのポリシング処理により決定された優先度に基づいて絶対優先スケジューリングを行う。このパケットスイッチ部3b3は、パケットスイッチ部3b3からのREQ/GNT−INHを受信(入力)し、宛先チャネル単位、かつ高優先/低優先別にREQをキューイングし、ラベル単位にパケットの順序の管理する。また、パケットスケジューラ部3a3は、チャネル毎の帯域を考慮して、宛先チャネル毎の出力パケットを決定し、パケットスイッチ部3b3に対して該パケットの読み出し制御を行う。
【0060】STM収容回線カード2aにおいて、物理レイヤ終端部3d3は、O/E変換を行う光インタフェース受信部を有し、伝送路からのパケットデータをSTMパス・セクション生成部3e1に出力する。物理レイヤ生成部3d4は、E/O変換を行う光インタフェース送信部を有し、STMパス・セクション終端部3e2からのパケットデータを伝送路に送出する。
【0061】次に、SONET−MAC−NE1aのパケット収容回線カード2bにおけるGFP収容部3c1、GFP終端部3c2の構成について図4を参照して説明する。図4は、本実施の形態1に係るパケットパス監視方式の通信装置のパケット収容回線カードにおけるGFP収容部、GFP終端部の構成を示すブロック図である。
【0062】図4に示されるように、GFP収容部3c1は、レイヤ2終端部3b1に接続されたLAN側アラーム検出部6aと、LAN側アラーム検出部6aに接続されたパケットパスAIS生成部6bと、GFP終端部3c2に接続されたパケットパスRDI生成部6cと、レイヤ2終端部3b1に接続されたGFPカプセル化部6eと、パケットパスAIS生成部6b、パケットパスRDI生成部6c、GFPカプセル化部6eに接続された多重回路6gとを有する。多重回路6gは、VC生成部3d1に接続されている。
【0063】GFP終端部3c2は、VC終端部3d2に接続されたパケットパスAIS検出部6dと、VC終端部3d2とパケットパスAIS検出部6dに接続されたGFPデカプセル化部6fとを有する。上述のパケットパスRDI生成部6cは、パケットパスAIS検出部6dに接続されている。GFPデカプセル化部6fはレイヤ2生成部3b2に接続されている。
【0064】LAN側アラーム検出部6aは、レイヤ2終端部3b1からLAN側物理レイヤ終端機能上の異常を検知する。このLAN側アラーム検出部6aは、異常を検出した場合、パケットパスAIS生成部6bに対し異常を検知したことを通知する。
【0065】パケットパスAIS生成部6bは、AIS発生機能として、LAN側アラーム検出部6aからの通知に応じてパケットパス200上の警報表示信号(Alarm Indication Signal)を示すパケットパスAIS信号を生成し、多重回路6gに出力する。以下、パケットパスAIS信号をAISとする。多重回路6gは、GFPカプセル化部6eからの正常なGFPフレームと、パケットパスAIS生成部6bより得られるAISとを多重化するパケット多重処理を行い、次段に配備されるVC生成部3d1に出力する。
【0066】GFPカプセル化部6eは、レイヤ2終端部3b1からのレイヤ2パケットデータを入力し、多種多様なレイヤ2プロトコルをSONET上にマッピングするためにGFPフレームでカプセル化し、GFPフレームペイロードのスクランブル処理を行い、多重回路6gに出力する。また、GFPカプセル化部6eは、Labelを該GFPフレームのヘッダに収容するために、GFPフレームにおけるコア・ヘッダ(PLI、cHEC)の計算・付与と、物理Source Port括り付けのLabel、Tag及び宛先決定と、GFPフレームにおけるペイロードヘッダ(Type、tHEC、Label、Tag、eHEC)の取得/計算・付与と、Label毎のポリシング処理によるTagのremark(または廃棄)と、FCSの計算・付与(モード設定により、有効/無効の選択可能)とを行う。cHEC、tHEC、eHECの生成・付加はCRC16演算により行われ、FCSの生成・付加はCRC32演算により行われる。ポリシング処理では、Labelに基づいて入力パケットの高優先/低優先を決定する。
【0067】回線送信側では、パケットパスAIS検出部6dは、VC終端部3d2からGFPフレームを入力し、GFPフレームからAISを検出した場合、上流側に異常の旨を通知するため、回線受信側に備えるパケットパスRDI生成部6cに対して送出指示信号を与える。
【0068】パケットパスRDI生成部6cは、RDI発生機能として、パケットパスAIS検出部6dからの送出指示信号に応じて遠端受信故障(Remote Defect Indication)を示すパケットパスRDI信号を生成し、多重回路6gに出力する。以下、パケットパスRDI信号をRDIとする。多重回路6gは、GFPカプセル化部6eからの正常なGFPフレームと、パケットパスRDI生成部6cより得られるRDIとを多重化するパケット多重処理を行い、次段に配備されるVC生成部3d1に出力する。
【0069】GFPデカプセル化部6fは、VC終端部3d2からGFPフレームを入力し、GFPフレームペイロードのデ・スクランブル処理と、パケットパス監視(エラー検出時の廃棄・スルーを選択可能とする)とを行い、CRC16演算によりtHEC、eHECの検査(GFPペイロードヘッダのtHEC部演算による1ビット誤り訂正と、GFPペイロードヘッダのeHEC部演算による1ビット誤り訂正)をし、1ビット誤り訂正に基づいてパケットの廃棄を行う。また、GFPデカプセル化部6fは、回線毎に設定されたデータ(予め設定されたペイロード・ヘッダの設定内容)と、ペイロード・ヘッダの内容とを比較してポートを識別し、識別できない場合、該当パケットを廃棄する。また、GFPデカプセル化部6fは、GFPフレームもしくはMACフレームのFCSのチェック(FCSチェックによるエラー検出(モード設定により、有効/無効の選択可能)、ラベル毎のGFPペイロード内のエラーパケット数のカウント)を行い、GFPフレームをデ・カプセル化した後、パケットの先頭ビットが8ビットとなるようにデータをアラインメントしてレイヤ2パケットデータとしてレイヤ2生成部3b2に出力する。
【0070】また、多重回路6gは、任意数のVC−4チャネルのバーチャルコンカチネーションチャネルの終端と、L2フレーム−パケット(GFP)の検出と、検出されたL2フレームの情報を基に各チャネルの同期状態の管理とを行う。また、多重回路6gは、パケットデータのコア・ヘッダからマジックナンバーを外す。また、多重回路6gは、1つのパケットを完全に含むデータをパケットバッファ(GFPカプセル化部6e)から読み出し、不要なパケットデータを削除し、必要なパケットデータをパケットの先頭バイトがWordの最上位に位置するように並べ替えを行う。また、多重回路6gは、装置(1a)内パケット長が8バイトの整数倍になるようにPaddingし、GFP終端部3c2で検出されたコア・ヘッダの誤り訂正を行う。
【0071】次に、本実施の形態1に係るパケットパス監視方式の動作について図5〜図10を参照して説明する。なお、図4、図5に示される例では、SONET−MAC−NE1aの構成を4とする。ここで、入力ノードを示すSONET−MAC−NE1a(ノードN1)と、中継ノードを示すSONET−MAC−NE1a(ノードN2)とは伝送路を介して接続され、上記のノードN2のSONET−MAC−NE1aと、中継ノードを示すSONET−MAC−NE1a(ノードN3)とは伝送路を介して接続され、上記のノードN3のSONET−MAC−NE1aと、出力ノードを示すSONET−MAC−NE1a(ノードN4)とは伝送路を介して接続されているものとする。
【0072】まず、本装置(1a)でのGFPカプセル化、およびVC連結の動作イメージについて、図5、図6を用いて説明する。
【0073】図5に示されるように、入力側LAN1cと相互接続されるノードN1のSONET−MAC−NE(Ingressエッジ)1aでは、パケット収容回線カード2bのGFP収容部3c1により、ユーザLAN1cからのパケット(LANパケット)をGFPフレームでカプセル化する(図6のステップT1)。次に、ノードN1のSONET−MAC−NE(Ingressエッジ)1aでは、パケット収容回線カード2b(またはパケットスイッチカード2c)のVC生成部3d1により、GFPフレーム群(複数のパケットパスの各々で各々収容されたGFPフレーム)をVCで連結したのち(図6のステップT2)、VCで連結されたGFPフレーム群をSTMフレームにマッピングして伝送路に収容し(図6のステップT3)、送出する(図6のステップT4)。伝送路帯域割当て(パケット:音声)は、ノード毎のadd/dropに基づいてprovisioningによりFlexibleである。
【0074】次に、出力側LAN1cと相互接続されるノードN4のSONET−MAC−NE(Egressエッジ)1aでは、上記の逆の処理を行う。即ち、ノードN4のSONET−MAC−NE(Egressエッジ)1aでは、パケット収容回線カード2b(またはパケットスイッチカード2c)のVC終端部3d2により、STMフレームのデ・マッピングをし(図6のステップT5)、GFPフレーム群の各々のVCの連結を紐解き、GFPフレームを検出する(図6のステップT6)。次に、ノードN4のSONET−MAC−NE(Egressエッジ)1aでは、パケット収容回線カード2bのGFP終端部3c2(またはパケットスイッチカード2cのラベル変換部3c3)により、検出されたGFPフレームのデ・カプセル化をし、パケット収容回線カード2bの物理レイヤ生成部3a2とレイヤ2生成部3b2とにより、ユーザLAN1c側のプロトコルに基づいて、LANパケットを生成して送出する(図6のステップT7)。
【0075】本実施の形態1に係るパケットパス監視方式の警報転送動作としては、(1)パケットパス生成点(ノードN1のSONET−MAC−NE1a:上流側リモート端局装置)での異常を下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)へ通知する警報転送動作と、(2)パケットパス終端点(ノードN4のSONET−MAC−NE1a:下流側リモート端局装置)の異常を上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)に通知する警報転送動作と、(3)パケットパス中途点(ノードN2、N3のうちの例えばノードN2のSONET−MAC−NE1a)での異常を上流・下流側リモート端局装置(ノードN1・N4のSONET−MAC−NE1a)へ通知する警報転送動作とが挙げられる。本実施の形態1に係るパケットパス監視方式は、上述の(1)、(2)、(3)に示すメカニズムに従って実行される(図7参照)。
【0076】まず、(1)パケットパス生成点(ノードN1のSONET−MAC−NE1a:上流側リモート端局装置)での異常を下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)へ通知する警報転送動作について、図7、図8を参照して説明する。
【0077】図7の(1)に示されるように、上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)において、Triburaty回線カード2eにおけるパケット収容回線カード2bの物理レイヤ終端部3a1により光入力ができないとき(入力側LAN1cからのパケット(LANパケット)の入力、即ち、入力主信号を受信できないとき)、レイヤ2終端部3b1は、入力側LAN1cからの受信異常を検知(光入力異常検出)し、光入力異常であることを示す光入力異常信号をアラームとしてGFP収容部3c1に出力する(図8のステップS1−1)。
【0078】次に、上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)のTriburaty回線カード2eにおいて、GFP収容部3c1のLAN側アラーム検出部6aは、レイヤ2終端部3b1からの光入力異常信号(アラーム)を検出し、光入力異常であることを下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)へ通知するための情報(ノードN4のSONET−MAC−NE1aへの宛先等を含む)をパケットパスAIS生成部6bに出力する。パケットパスAIS生成部6bは、LAN側アラーム検出部6aからの情報に基づいて、光入力異常であることを下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)へ通知するためのパケットパス200上の警報表示信号(Alarm Indication Signal)を示すAISを生成し、多重回路6gに出力する。GFP収容部3c1のGFPカプセル化部6eは、OAM転送用途として新規のGFPフレームを導入し、多重回路6gは、GFPカプセル化部6eからのGFPフレームと、パケットパスAIS生成部6bより得られるAISとを多重化し、VC生成部3d1に出力する。上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)では、GFP収容部3c1からのGFPフレームをVC生成部3d1によりSTMフレームにマッピングして送出する(図8のステップS1−2)。
【0079】ここで、中継ノード(ノードN2、N3のSONET−MAC−NE1a)では、必要に応じてパフォーマンスモニタ(上位監視系への通知・選択・ランプ制御等)を行う。
【0080】下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)では、スイッチカード2xにおけるパケットスイッチカード2cのVC終端部3d2により、STMフレームのデ・マッピングをしてGFPフレームを出力し、ラベル変換部3c3により、GFPフレームから光入力異常であることを示すAISを検出し、出力側LAN1cへの送出リンクを切断するためのリンク切断信号を、STMスイッチカード2dを介してTriburaty回線カード2kに出力する(図8のステップS1−3)。
【0081】次に、下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)のTriburaty回線カード2kにおいて、パケット収容回線カード2bのレイヤ2生成部3b2は、リンク切断信号に応じて出力側LAN1cへの送出リンクを切断し(図8のステップS1−4)、物理レイヤ生成部3a2は、レイヤ2生成部3b2により光送出を停止(出力主信号の出力の停止)する(図8のステップS1−5)。
【0082】次に、(2)パケットパス終端点(ノードN4のSONET−MAC−NE1a:下流側リモート端局装置)の異常を上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)に通知する警報転送動作について、図7、図9を参照して説明する。
【0083】図7の(2)に示されるように、下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)において、Triburaty回線カード2kにおけるパケット収容回線カード2bの物理レイヤ生成部3a2により光出力(光送出)ができないとき(入力側LAN1cからのパケット(LANパケット)を出力側LAN1cに出力、即ち、出力主信号を送信できないとき)、レイヤ2生成部3b2は、出力側LAN1cへの送信異常を検知(光出力異常検出)し、光出力異常であることを示す光出力異常信号をアラームとしてレイヤ2終端部3b1を介してGFP収容部3c1に出力する(図9のステップS2−1)。
【0084】下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)のTriburaty回線カード2kにおいて、GFP収容部3c1のLAN側アラーム検出部6aは、レイヤ2生成部3b2からの光出力異常信号(アラーム)を検出し、光出力異常信号(アラーム)に応じて、出力側LAN1cへの送出リンクを切断するための異常処理指示を、レイヤ2終端部3b1を介してレイヤ2生成部3b2に出力する。レイヤ2生成部3b2は、異常処理指示に応じて出力側LAN1cへの送出リンクを切断し(図8のステップS2−2)、物理レイヤ生成部3a2は、レイヤ2生成部3b2により光送出を停止(出力主信号の出力の停止)する(図8のステップS2−3)。
【0085】また、下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)のTriburaty回線カード2kにおいて、GFP収容部3c1のLAN側アラーム検出部6aは、レイヤ2生成部3b2からの光出力異常信号(アラーム)を検出したとき、光出力異常であることを上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)へ通知するための情報(ノードN1のSONET−MAC−NE1aへの宛先等を含む)をパケットパスAIS生成部6bに出力する。パケットパスAIS生成部6bは、LAN側アラーム検出部6aからの情報に基づいて、光出力異常であることを上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)へ通知するためのパケットパス200上の警報表示信号(Alarm Indication Signal)を示すAISを生成し、多重回路6gに出力する。GFP収容部3c1のGFPカプセル化部6eは、OAM転送用途として新規のGFPフレームを導入し、多重回路6gは、GFPカプセル化部6eからのGFPフレームと、パケットパスAIS生成部6bより得られるAISとを多重化し、VC生成部3d1に出力する。下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)では、GFP収容部3c1からのGFPフレームをVC生成部3d1によりSTMフレームにマッピングして送出する(図9のステップS2−4)。
【0086】ここで、中継ノード(ノードN2、N3のSONET−MAC−NE1a)では、必要に応じてパフォーマンスモニタ(上位監視系への通知・選択・ランプ制御等)を行う。
【0087】上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)では、Triburaty回線カード2eにおけるパケット収容回線カード2bのVC終端部3d2により、STMフレームのデ・マッピングをしてGFPフレームをGFP終端部3c2に出力し、GFP終端部3c2のパケットパスAIS検出部6dにより、GFPフレームから光出力異常であることを示すAISを検出し、上流側リモート端局装置(1a)に接続された入力側LAN1cへの送出リンクを切断するためのリンク切断信号を、GFPデカプセル化部6fを介してレイヤ2生成部3b2に出力する(図9のステップS2−5)。
【0088】次に、上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)のTriburaty回線カード2eにおいて、パケット収容回線カード2bのレイヤ2生成部3b2は、リンク切断信号に応じて入力側LAN1cへの送出リンクを切断し(図9のステップS2−6)、物理レイヤ生成部3a2は、レイヤ2生成部3b2により光送出を停止(上流側リモート端局装置(1a)に接続された入力側LAN1cへの出力主信号の出力の停止)する(図9のステップS2−7)。
【0089】次に、(3)パケットパス中途点(ノードN2、N3のうちの例えばノードN2のSONET−MAC−NE1a)での異常を上流・下流側リモート端局装置(ノードN1・N4のSONET−MAC−NE1a)へ通知する警報転送動作について、図7、図10を参照して説明する。
【0090】図7の(3)に示されるように、上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)から下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)へLANパケットを送出するためのパケットパス中途点(ノードN2のSONET−MAC−NE1a)では、スイッチカード2xにおけるパケットスイッチカード2cのラベル変換部3c3により、パケットパス200上の異常を監視している。パケットパス200上で異常が生じたとき、ラベル変換部3c3は、パケットパス200上の異常を検知(パケットパス警報検出)する(図10のステップS3−1)。ラベル変換部3c3は、パケットパス200上の異常であることを下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1aへの宛先を含む)へ通知するためのパケットパス200上の警報表示信号(Alarm Indication Signal)を示すAISを生成し、OAM転送用途として新規のGFPフレームを導入し、新規のGFPフレームと生成されたAISとを多重化し、VC生成部3d1に出力する。パケットパス中途点(ノードN2のSONET−MAC−NE1a)では、ラベル変換部3c3からのGFPフレームをVC生成部3d1によりSTMフレームにマッピングして送出する(図10のステップS3−2)。
【0091】ここで、中継ノード(N3のSONET−MAC−NE1a)では、必要に応じてパフォーマンスモニタ(上位監視系への通知・選択・ランプ制御等)を行う。
【0092】下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)では、Triburaty回線カード2kにおけるパケット収容回線カード2bのVC終端部3d2により、STMフレームのデ・マッピングをしてGFPフレームをGFP終端部3c2に出力し、GFP終端部3c2のパケットパスAIS検出部6dにより、GFPフレームからパケットパス200上の異常であることを示すAISを検出し、出力側LAN1cへの送出リンクを切断するためのリンク切断信号を、GFPデカプセル化部6fを介してレイヤ2生成部3b2に出力する(図10のステップS3−3)。
【0093】次に、下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)のTriburaty回線カード2kにおいて、パケット収容回線カード2bのレイヤ2生成部3b2は、リンク切断信号に応じて出力側LAN1cへの送出リンクを切断し(図10のステップS3−4)、物理レイヤ生成部3a2は、レイヤ2生成部3b2により光送出を停止(出力側LAN1cへの出力主信号の出力の停止)する(図10のステップS3−5)。
【0094】また、下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)では、パケット収容回線カード2bのGFP終端部3c2のパケットパスAIS検出部6dにより、GFPフレームからパケットパス200上の異常であることを示すAISを検出したとき、上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)に異常の旨を通知するため、GFP生成部3c1のパケットパスRDI生成部6cに送出指示信号を出力する。パケットパスRDI生成部6cは、パケットパスAIS検出部6dからの送出指示信号に応じて遠端受信故障(Remote Defect Indication)を示すRDIを生成し、多重回路6gに出力する。GFP収容部3c1のGFPカプセル化部6eは、OAM転送用途として新規のGFPフレームを導入し、多重回路6gは、GFPカプセル化部6eからのGFPフレームと、パケットパスRDI生成部6cより得られるRDIとを多重化し、VC生成部3d1に出力する。下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)では、GFP収容部3c1からのGFPフレームをVC生成部3d1によりSTMフレームにマッピングして送出する(図10のステップS3−6)。
【0095】ここで、中継ノード(ノードN2、N3のSONET−MAC−NE1a)では、必要に応じてパフォーマンスモニタ(上位監視系への通知・選択・ランプ制御等)を行う。
【0096】上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)では、Triburaty回線カード2eにおけるパケット収容回線カード2bのVC終端部3d2により、STMフレームのデ・マッピングをしてGFPフレームをGFP終端部3c2に出力し、GFP終端部3c2のパケットパスAIS検出部6dにより、GFPフレームからRDIを検出し、上流側リモート端局装置(1a)に接続された入力側LAN1cへの送出リンクを切断するためのリンク切断信号を、GFPデカプセル化部6fを介してレイヤ2生成部3b2に出力する(図10のステップS3−7)。
【0097】次に、上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)のTriburaty回線カード2eにおいて、パケット収容回線カード2bのレイヤ2生成部3b2は、リンク切断信号に応じて入力側LAN1cへの送出リンクを切断し(図10のステップS3−8)、物理レイヤ生成部3a2は、レイヤ2生成部3b2により光送出を停止(上流側リモート端局装置(1a)に接続された入力側LAN1cへの出力主信号の出力の停止)する(図10のステップS3−9)。
【0098】以上の説明により、実施の形態1に係るパケットパス監視方式は、パケットパスの生成点・終端点に位置するSTM端局装置に対し、リモート端局装置の異常を対向端局に通知する警報転送機能をパケットパス単位に設け、SharedMediaとしてSTMパスにパケットパスを割り当てパス使用効率の向上を図りつつ、N:M通信を実現するリモート端局装置間においても、パケットパスレイヤで監視するという動作(作用)を実行する。
【0099】これにより、実施の形態1に係るパケットパス監視方式によれば、トランスポートプロバイダにとって保守・障害切り分け・責任分解点把握を容易にすることができる。
【0100】また、実施の形態1に係るパケットパス監視方式によれば、網運用上の制約をなくし、大規模基幹網での運用に耐え得ることができる。
【0101】(実施の形態2)実施の形態2に係るパケットパス監視方式は、警報転送に優先順位を有し、各レイヤにおいて、ある故障が原因で同時に複数の警報が発生する場合、その原因と直接関係する一次警報のみを発生・転送し、一次警報が原因となって生起する二次的な警報を抑えることができる。
【0102】実施の形態2に係るパケットパス監視方式では、まず、入力ノードを示すSONET−MAC−NE1a及び出力ノードを示すSONET−MAC−NE1aの一方に割り当てられたパケットパス200上の異常が、伝送路に設けられたSTMパス上の異常により発生する。次に、入力ノードを示すSONET−MAC−NE1a及び出力ノードを示すSONET−MAC−NE1aの一方の警報転送機能が、入力ノードを示すSONET−MAC−NE1a及び出力ノードを示すSONET−MAC−NE1aの一方に割り当てられたパケットパス200上の異常を、予め定められた入力ノードを示すSONET−MAC−NE1a及び出力ノードを示すSONET−MAC−NE1aの他方に通知するための一次警報として出力する。このとき、中継ノードを示すSONET−MAC−NE1aの警報転送機能は、中継ノードを示すSONET−MAC−NE1aに割り当てられたパケットパス200上の異常(伝送路に設けられたSTMパス上の異常)を、一次警報に代えて、入力ノードを示すSONET−MAC−NE1a及び出力ノードを示すSONET−MAC−NE1aの他方に通知するための二次警報として出力する。
【0103】図11は、図3において本実施の形態2に係るパケットパス監視方式の適用箇所を示す概念図である。図12は、本実施の形態2に係るパケットパス監視方式の通信装置のパケットスイッチカードにおけるラベル変換部、STMパスセクション生成部の構成を示すブロック図である。
【0104】実施の形態2に係るパケットパス監視方式の構成は、図11に示すように、図3に示された実施の形態1と同様であるが、図12に示すように、パケットスイッチカード2cにおけるラベル変換部3c3、STMパスセクション生成部3e1について実施の形態1とは異なる。
【0105】次に、SONET−MAC−NE1aのパケットスイッチカード2cにおけるラベル変換部3c3、STMパスセクション生成部3e1の構成について図12を参照して説明する。
【0106】図12に示されるように、ラベル変換部3c3は、パケットスイッチ部3b3に接続されたGFPラベル変換部6hと、GFPラベル変換部6hに接続されたパケットパス監視部6a’と、パケットパス監視部6a’に接続されたパケットパスAIS生成部6bと、VC終端部3d2に接続されたパケットパスAIS検出部6dと、パケットパスAIS検出部6dに接続されたパケットパスRDI生成部6cと、VC終端部3d2とパケットパスAIS検出部6dに接続されたGFP終端部6iと、パケットパスAIS生成部6b、パケットパスRDI生成部6c、GFPラベル変換部6hに接続された多重回路6gとを有する。多重回路6gは、VC生成部3d1に接続されている。GFP終端部6iはパケットスイッチ部3b3に接続されている。このラベル変換部3c3では、実施の形態1と同様に、パケットパス200上の異常を検出した場合、パケットパス警報(AIS)を生成する。
【0107】STMパスセクション生成部3e1は、VC生成部3d1に接続されたSTMパス生成部8dと、STMパス生成部8d、パケットパスAIS生成部6bと接続されたパケットパスAIS削除・挿入部8aと、パケットパスAIS削除・挿入部8a、STMパス生成部8dと接続されたSTMパスアラーム検出・解除部8bと、STMパスアラーム検出・解除部8b、STMパス生成部8dと接続されたP−AIS生成・停止部8cとを有する。STMパス生成部8dは、スイッチインタフェース部3fに接続されている。このSTMパス・セクション生成部3e1では、ラベル変換部3c3からのアラーム(パケットパス警報(AIS))と、後発のアラーム(STMパス警報(P−AIS))との両者が発生する可能性がある場合、STMパス警報(P−AIS)のみを生成・転送し、一次警報(STMパス警報(P−AIS))が原因となって生起する二次警報であるパケットパス警報(AIS)の検出・転送を抑えることができる。
【0108】GFPラベル変換部6hは、パケットスイッチ部3b3からのパケットデータを入力し、入力パケットの出力チャネル単位にスクランブル処理と、主信号データに4ビットパリティの付加(送信側ラベルとTagに1ビット、その他の情報に1ビットのパリティを付加する)とを行い、多重回路6gに出力する。また、GFPラベル変換部6hは、初期化時や運用中のLabel登録の変更時に宛先決定/Label変換Memoryに対して変更後の情報を書込む。GFPラベル変換部6hは、受信パケット(入力パケット)のラベルを参照して、送信側ラベルおよび出力チャネル番号の検索をし、検索した送信側ラベルをパケット内に書込む。ここで、受信パケットのラベルが無効登録の場合、GFPラベル変換部6hは、該当パケットを廃棄する。GFPラベル変換部6hは、tHEC、eHECを計算し、パケットに書込み、FCSを計算し、パケットに書込む。
【0109】パケットパス監視部6a’は、GFPラベル変換部6hからの出力により、Ringフォーマット時のペイロード・ヘッダ領域のExtension内の監視を行う。このパケットパス監視部6a’は、tHEC/eHECのチェック後、誤り訂正をし、誤り訂正不可能なパケットの廃棄と、L2ラベル単位にFCSのチェックとを行い、パケットパス200上の異常を検出した場合、パケットパスAIS生成部6bに通知する。
【0110】パケットパスAIS生成部6bは、AIS発生機能として、パケットパス監視部6a’からの通知に応じてパケットパス200上の警報表示信号(AlarmIndication Signal)を示すパケットパスAIS信号を生成し、多重回路6gに出力する。以下、パケットパスAIS信号をAISとする。多重回路6gは、GFPラベル変換部6hからの正常なGFPフレームと、パケットパスAIS生成部6bより得られるAISとを多重化するパケット多重処理を行い、次段に配備されるVC生成部3d1、STMパスセクション生成部3e1のパケットパスAIS削除・挿入部8aに出力する。
【0111】回線送信側では、パケットパスAIS検出部6dは、VC終端部3d2からGFPフレームを入力し、GFPフレームからAISを検出した場合、上流側に異常の旨を通知するため、回線受信側に備えるパケットパスRDI生成部6cに対して送出指示信号を与える。
【0112】パケットパスRDI生成部6cは、RDI発生機能として、パケットパスAIS検出部6dからの送出指示信号に応じて遠端受信故障(Remote Defect Indication)を示すパケットパスRDI信号を生成し、多重回路6gに出力する。以下、パケットパスRDI信号をRDIとする。多重回路6gは、GFPラベル変換部6hからの正常なGFPフレームと、パケットパスRDI生成部6cより得られるRDIとを多重化するパケット多重処理を行い、次段に配備されるVC生成部3d1に出力する。
【0113】GFP終端部6iは、VC終端部3d2からのパケットデータ(GFPフレーム)を入力し、入力パケットに対しチャネル単位にデ・スクランブル処理を行い、パケットスイッチ部3b3に出力する。
【0114】STMパス生成部8dは、VC生成部3d1からのパケットデータ(STMフレーム)を入力し、STMフレームのPOH、SOHの値の生成、STMフレームのPOH、SOHの値の挿入・BS付加のためのBIBP演算と、P−RDI、P−RE1の付加と、STMフレーム化(STMフレーム化処理またはポインタ付加処理)と、カード間パス監視用B1付与(STMパス上の異常の監視)とを行い、スイッチインタフェース部3fに出力する。STMパス生成部8dは、STMパス上の異常を検知した場合、STMパス警報(アラーム)として、STMパス上が異常であることをSTMパスアラーム検出・解除部8bに通知する。
【0115】STMパス生成部8dからの通知があるとき、STMパスアラーム検出・解除部8bは、STMパス警報(アラーム)として、例えばHiレベルのSTMパスアラーム検出信号をパケットパスAIS削除・挿入部8a、P−AIS生成・停止部8cに出力する。一方、STMパス生成部8dからの通知がないとき、STMパスアラーム検出・解除部8bは、STMパス警報(アラーム)の解除として、例えばLoレベルのSTMパスアラーム検出信号をパケットパスAIS削除・挿入部8a、P−AIS生成・停止部8cに出力する。ここで、警報転送の優先度として、例えば、パケットパス200上の異常の優先度を“2”、STMパス上の異常の優先度を“1”とする。
【0116】STMパスアラーム検出信号がHiレベルのとき、VC生成部3d1からのSTMフレームに対して、パケットパスAIS削除・挿入部8aは、パケットパス200上の警報表示信号を示すAISをドロップ(削除)するようにSTMパス生成部8dを制御し、P−AIS生成・停止部8cは、STMパス上の警報表示信号として後発の警報表示信号を示すP−AIS信号(以下、P−AIS)を生成して付加するようにSTMパス生成部8dを制御する。パケットパスAIS削除・挿入部8aは、パケットパスAIS生成部6bのAIS発生機能を抑制する。一方、STMパスアラーム検出信号がLoレベルのとき、VC生成部3d1からのSTMフレームに対して、パケットパスAIS削除・挿入部8aは、パケットパス200上の警報表示信号を示すAISを継続するようにSTMパス生成部8dを制御し、P−AIS生成・停止部8cは、STMパス上の警報表示信号を示すP−AIS信号(以下、P−AIS)を削除して付加を停止するようにSTMパス生成部8dを制御する。
【0117】これにより、ラベル変換部3c3では、パケットパス200上の異常を検出した場合、パケットパス警報(AIS)を生成し、STMパス・セクション生成部3e1では、ラベル変換部3c3からのアラーム(パケットパス警報(AIS))と、後発のアラーム(STMパス警報(P−AIS))との両者が発生する可能性がある場合、STMパス警報(P−AIS)のみを生成・転送し、一次警報(STMパス警報(P−AIS))が原因となって生起する二次警報であるパケットパス警報(AIS)の検出・転送を抑えることができる。
【0118】次に、本実施の形態2に係るパケットパス監視方式の警報転送動作について図13〜図15を参照して説明する。なお、図13に示される例では、実施の形態1と同様にSONET−MAC−NE1aの構成を4とする。また、ここで、GFPカプセル化、およびVC連結の動作イメージについては実施の形態1と同様である。
【0119】本実施の形態2に係るパケットパス監視方式の警報転送動作としては、図13に示されるように、例えば、(4)パケットパス生成点(ノードN1のSONET−MAC−NE1a:上流側リモート端局装置)での異常を下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)へ通知する警報転送動作と、(5)ノードN1とノードN2との間で発生し、パケットパス中途点(ノードN2のSONET−MAC−NE1a)で検出したSTMパスの異常を上流・下流側リモート端局装置(ノードN1・N4のSONET−MAC−NE1a)へ通知すると共に、(4)で先出していた警報転送をドロップする警報転送動作とが挙げられる。ここで、(4)は、実施の形態1で説明された図7の(1)の場合と同様である。
【0120】まず、(4)パケットパス生成点(ノードN1のSONET−MAC−NE1a:上流側リモート端局装置)での異常を下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)へ通知する警報転送動作について、図13、図14を参照して説明する。
【0121】図13の(4)に示されるように、上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)において、Triburaty回線カード2eにおけるパケット収容回線カード2bの物理レイヤ終端部3a1により光入力ができないとき(入力側LAN1cからのパケット(LANパケット)の入力、即ち、入力主信号を受信できないとき)、レイヤ2終端部3b1は、入力側LAN1cからの受信異常を検知(光入力異常検出)し、光入力異常であることを示す光入力異常信号をアラームとしてGFP収容部3c1に出力する(図14のステップS4−1)。
【0122】次に、上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)のTriburaty回線カード2eにおいて、GFP収容部3c1のLAN側アラーム検出部6aは、レイヤ2終端部3b1からの光入力異常信号(アラーム)を検出し、光入力異常であることを下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)へ通知するための情報(ノードN4のSONET−MAC−NE1aへの宛先等を含む)をパケットパスAIS生成部6bに出力する。パケットパスAIS生成部6bは、LAN側アラーム検出部6aからの情報に基づいて、光入力異常であることを下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)へ通知するためのパケットパス200上の警報表示信号(Alarm Indication Signal)を示すAISを生成し、多重回路6gに出力する。GFP収容部3c1のGFPカプセル化部6eは、OAM転送用途として新規のGFPフレームを導入し、多重回路6gは、GFPカプセル化部6eからのGFPフレームと、パケットパスAIS生成部6bより得られるAISとを多重化し、VC生成部3d1に出力する。上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)では、GFP収容部3c1からのGFPフレームをVC生成部3d1によりSTMフレームにマッピングして送出する(図14のステップS4−2)。
【0123】ここで、中継ノード(ノードN2、N3のSONET−MAC−NE1a)では、必要に応じてパフォーマンスモニタ(上位監視系への通知・選択・ランプ制御等)を行う。
【0124】下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)では、スイッチカード2xにおけるパケットスイッチカード2cのVC終端部3d2により、STMフレームのデ・マッピングをしてGFPフレームを出力し、ラベル変換部3c3により、GFPフレームから光入力異常であることを示すAISを検出し、出力側LAN1cへの送出リンクを切断するためのリンク切断信号を、STMスイッチカード2dを介してTriburaty回線カード2kに出力する(図14のステップS4−3)。
【0125】次に、下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)のTriburaty回線カード2kにおいて、パケット収容回線カード2bのレイヤ2生成部3b2は、リンク切断信号に応じて出力側LAN1cへの送出リンクを切断し(図14のステップS4−4)、物理レイヤ生成部3a2は、レイヤ2生成部3b2により光送出を停止(出力主信号の出力の停止)する(図14のステップS4−5)。
【0126】次に、(5)ノードN1とノードN2との間で発生し、パケットパス中途点(ノードN2のSONET−MAC−NE1a)で検出したSTMパスの異常を上流・下流側リモート端局装置(ノードN1・N4のSONET−MAC−NE1a)へ通知すると共に、(4)で先出していた警報転送をドロップする警報転送動作について、図13、図15を参照して説明する。
【0127】図13の(5)に示されるように、ステップS4−1、ステップS4−2の実行後、パケットパス中途点(ノードN2のSONET−MAC−NE1a)において、スイッチカード2xにおけるパケットスイッチカード2cのSTMパスセクション生成部3e1が、ノードN1とノードN2との間で発生したSTMパスの異常を検出したとき(STMパス警報検出)、STMパスセクション生成部3e1のSTMパス生成部8dは、STMパス警報(アラーム)として、STMパス上が異常であることをSTMパスアラーム検出・解除部8bに通知する(図15のステップS5−1)。
【0128】パケットスイッチカード2cにおけるSTMパスセクション生成部3e1のSTMパスアラーム検出・解除部8bは、STMパス生成部8dからの通知に応じて、HiレベルのSTMパスアラーム検出信号をパケットパスAIS削除・挿入部8a、P−AIS生成・停止部8cに出力する。STMパス生成部8dは、HiレベルのSTMパスアラーム検出信号に応じたパケットパスAIS削除・挿入部8aの制御により、VC生成部3d1からのSTMフレームに対して、パケットパス200上の警報表示信号として先発の警報表示信号を示すAISをドロップする(図15のステップS5−2)。このとき、STMパス生成部8dは、HiレベルのSTMパスアラーム検出信号に応じたP−AIS生成・停止部8cの制御により、VC生成部3d1からのSTMフレームに対して、STMパス上の警報表示信号として後発の警報表示信号を示すP−AISを生成して付加する(図15のステップS5−3)。パケットパス中途点(ノードN2のSONET−MAC−NE1a)は、パケットスイッチカード2cにおけるSTMパスセクション生成部3e1からのSTMフレームを送出する。このように、パケットパス中途点(ノードN2のSONET−MAC−NE1a)では、STMパス警報を検出すると、P−AISを生成して下流側に警報転送を行うが、ステップS5−2’にて、先発警報である先に発生していたAISをドロップし、後発警報であるP−AISに集約して転送している。
【0129】ここで、中継ノード(ノードN2、N3のSONET−MAC−NE1a)では、必要に応じてパフォーマンスモニタ(上位監視系への通知・選択・ランプ制御等)を行う。
【0130】下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)では、Triburaty回線カード2kにおけるパケット収容回線カード2bのVC終端部3d2により、STMフレームのデ・マッピングをしてGFPフレームをGFP終端部3c2に出力し、GFP終端部3c2のパケットパスAIS検出部6dにより、GFPフレームからAISを検出し(STMパス上の異常であることを示すP−AISを検出し)、出力側LAN1cへの送出リンクを切断するためのリンク切断信号を、GFPデカプセル化部6fを介してレイヤ2生成部3b2に出力する(図15のステップS5−3)。
【0131】次に、下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)のTriburaty回線カード2kにおいて、パケット収容回線カード2bのレイヤ2生成部3b2は、リンク切断信号に応じて出力側LAN1cへの送出リンクを切断し(図15のステップS5−4)、物理レイヤ生成部3a2は、レイヤ2生成部3b2により光送出を停止(出力側LAN1cへの出力主信号の出力の停止)する(図15のステップS5−5)。
【0132】また、下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)では、パケット収容回線カード2bのGFP終端部3c2のパケットパスAIS検出部6dにより、GFPフレームからAISを検出したとき(STMパス上の異常であることを示すP−AISを検出したとき)、上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)に異常の旨を通知するため、GFP生成部3c1のパケットパスRDI生成部6cに送出指示信号を出力する。パケットパスRDI生成部6cは、パケットパスAIS検出部6dからの送出指示信号に応じて遠端受信故障(Remote Defect Indication)を示すP−RDI(P−AISに対するRDI)を生成し、多重回路6gに出力する。GFP収容部3c1のGFPカプセル化部6eは、OAM転送用途として新規のGFPフレームを導入し、多重回路6gは、GFPカプセル化部6eからのGFPフレームと、パケットパスRDI生成部6cより得られるRDIとを多重化し、VC生成部3d1に出力する。下流側リモート端局装置(ノードN4のSONET−MAC−NE1a)では、GFP収容部3c1からのGFPフレームをVC生成部3d1によりSTMフレームにマッピングして送出する(図15のステップS5−6)。
【0133】ここで、中継ノード(ノードN2、N3のSONET−MAC−NE1a)では、必要に応じてパフォーマンスモニタ(上位監視系への通知・選択・ランプ制御等)を行う。
【0134】上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)では、Triburaty回線カード2eにおけるパケット収容回線カード2bのVC終端部3d2により、STMフレームのデ・マッピングをしてGFPフレームをGFP終端部3c2に出力し、GFP終端部3c2のパケットパスAIS検出部6dにより、GFPフレームからRDIを検出し(STMパス上の異常であることを示すP−AISに対するP−RDIを検出し)、上流側リモート端局装置(1a)に接続された入力側LAN1cへの送出リンクを切断するためのリンク切断信号をGFPデカプセル化部6fを介してレイヤ2生成部3b2に出力する(図15のステップS5−7)。
【0135】次に、上流側リモート端局装置(ノードN1のSONET−MAC−NE1a)のTriburaty回線カード2eにおいて、パケット収容回線カード2bのレイヤ2生成部3b2は、リンク切断信号に応じて入力側LAN1cへの送出リンクを切断し(図15のステップS5−8)、物理レイヤ生成部3a2は、レイヤ2生成部3b2により光送出を停止(上流側リモート端局装置(1a)に接続された入力側LAN1cへの出力主信号の出力の停止)する(図15のステップS5−9)。
【0136】なお、本実施の形態2に係るパケットパス監視方式は、警報解除時(STMパス警報の解除時)の警報転送動作についても、同様の原理で動作する。実施の形態2に係るパケットパス監視方式では、後発のSTMパス警報が解除されても、依然として先発のパケットパス警報が継続して発生していた場合は、抑制していたAIS発生機能がアクティブとなり、パケットパスレイヤでの警報転送機能のみが動作することとなる。この場合、パケットパスレイヤでの警報転送機能のみの動作については、実施の形態1で説明された図7の(3)、図10のステップS3−1〜S3−9を実行する。
【0137】このように、実施の形態2に係るパケットパス監視方式は、警報転送に優先順位を有し、各レイヤにおいて、ある故障が原因で同時に複数の警報が発生する場合、その原因と直接関係する一次警報のみを発生・転送し、一次警報が原因となって生起する二次的な警報を抑えることができる。
【0138】
【発明の効果】本発明のパケットパス監視方式は、トランスポートプロバイダにとって保守・障害切り分け・責任分解点把握を容易にすることができる。
【0139】本発明のパケットパス監視方式は、網運用上の制約をなくし、大規模基幹網での運用に耐え得ることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013