米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 富士通株式会社

発明の名称 三次元空間表示プログラム及び三次元空間表示方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−16473(P2003−16473A)
公開日 平成15年1月17日(2003.1.17)
出願番号 特願2001−198935(P2001−198935)
出願日 平成13年6月29日(2001.6.29)
代理人 【識別番号】100078330
【弁理士】
【氏名又は名称】笹島 富二雄
【テーマコード(参考)】
5B050
5B080
5E501
【Fターム(参考)】
5B050 BA06 BA09 CA07 EA03 EA12 EA19 EA28 FA02 FA06 GA08 
5B080 BA02 CA08 DA06 FA08
5E501 AA02 BA01 CA03 CB09 EA13 FA14 FA23 FA27 FB22 FB43
発明者 中山 研也 / 飯田 一江
要約 課題
三次元空間の表示性能を向上させる。

解決手段
三次元空間を所定数のオブジェクトが含まれる複数の小空間A〜Cに分割し、視点方向に近接する小空間Aに含まれるオブジェクト32A〜32Hの実データを表示する一方、他の小空間B及びCを1つの画像で表わした簡略データ34B及び34Cを表示する。このようにすれば、三次元空間が表示されるときには、視点方向に近接する小空間Aには実データが表示され、他の小空間B及びCには簡略データ34B及び34Cが表示されるため、三次元空間の表示画質の低下を抑制しつつ、データ量の減少により表示速度を大幅に向上させることができる。
特許請求の範囲
【請求項1】三次元的にオブジェクトが配置された三次元空間を、所定数のオブジェクトが含まれる複数の小空間に分割する空間分割機能と、視点方向に近接する小空間について、該小空間を定義する実データを表示する一方、他の小空間について、該小空間を1つの画像で表わした簡略データを夫々表示する空間表示機能と、をコンピュータに実現させるための三次元空間表示プログラム。
【請求項2】視点移動位置が設定されたラベルを表示するラベル表示機能と、前記ラベルがポイントされたとき、該ラベルに設定された視点移動位置に視点を移動させる視点移動機能と、を備えたことを特徴とする請求項1記載の三次元空間表示プログラム。
【請求項3】前記三次元空間の定義データがデータベースに蓄積されるものにおいて、視点位置が小空間から所定距離以下になったときに、前記データベースから小空間の実データを読み込むデータ読込機能と、視点位置が小空間位置にきたときに、読み込まれた小空間の実データを表示する小空間表示機能と、を備えたことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の三次元空間表示プログラム。
【請求項4】視点方向における間隔が視点直交面における間隔より大となるように、三次元空間を分割する格子を設定する格子設定機能と、三次元空間に配置されたオブジェクトが視点直交面における格子内に収まるように、そのサイズを変更するサイズ変更機能と、サイズ変更されたオブジェクトを格子の略中央に再配置する再配置機能と、をコンピュータに実現させるための三次元空間表示プログラム。
【請求項5】三次元的にオブジェクトが配置された三次元空間を、所定数のオブジェクトが含まれる複数の小空間に分割する空間分割ステップと、視点方向に近接する小空間について、該小空間を定義する実データを表示する一方、他の小空間について、該小空間を1つの画像で表わした簡略データを夫々表示する空間表示ステップと、を備えたことを特徴とする三次元空間表示方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、三次元空間の表示技術に関し、特に、表示速度及び視認性の向上を通して、三次元空間の表示性能を向上させる技術に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、マルチメディアの多様化に伴い、所定規則に応じて情報を分類し、三次元空間にオブジェクト(静止画,動画,図形など)として配置表示する技術が案出されている。ところで、三次元空間は奥行きがあるため、平面的な二次元空間と比べて、そのデータ量が大きいことは公知である。そして、三次元空間に配置されるオブジェクトの数が多くなると、データ量の増加に伴い表示に時間がかかるようになり、ユーザがストレスを感じるおそれがあった。このため、例えば、特開平5−266213号公報では、表示すべき物体(オブジェクト)の視点からの距離がある閾値以上である場合には、その物体形状を簡略化して表示するようにし、表示速度を向上させる技術が提案された。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、かかる技術では、物体形状が簡略化されているといっても、三次元空間に多数のオブジェクトが配置されている場合には、三次元空間を定義するデータ量は相変わらず大きく、期待したほど表示速度が向上しないおそれがあった。特に、インターネットなどのコンピュータネットワークを介して、サーバに蓄積されたデータをクライアントで表示するクライアント/サーバシステムでは、データのダウンロードにかなりの時間がかかり、この問題が顕著に現れてしまう。
【0004】また、視線方向にオブジェクトが近接して配置されている箇所では、手前に位置するオブジェクトにより、その後方に位置するオブジェクトが見え難いという問題があった。この場合、後方に位置するオブジェクトを見ようとして、視点をその位置まで移動させても、視点とオブジェクトとが近接し過ぎているため、オブジェクトが画面内に収まらず、視認性が良好でなかった。
【0005】そこで、本発明は以上のような従来の問題点に鑑み、オブジェクトの表示方法を改善することにより、表示速度及び視認性の向上を通して、三次元空間の表示性能を向上させた三次元空間表示技術を提供することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】このため、本発明に係る三次元空間表示技術では、三次元空間を所定数のオブジェクトが含まれる複数の小空間に分割し、視点方向に近接する小空間の実データを表示する一方、他の小空間を1つの画像で表わした簡略データを表示することを特徴とする。
【0007】かかる構成によれば、三次元空間が表示されるときには、視点方向に近接する小空間には実データが表示され、他の小空間には簡略データが表示される。このため、三次元空間の表示画質の低下を抑制しつつ、三次元空間の表示に係るデータ量が減少し、表示速度が大幅に向上される。特に、インターネットなどのコンピュータネットワークを介して、WWWサーバからクライアントにデータを伝送するものにおいては、表示速度の向上が顕著に現れる。そして、視点からの処理が所定値以下の小空間について、その実データを表示するようにすれば、オブジェクトの分布が視点近くに偏っていても、三次元空間の表示品質の低下が抑制される。
【0008】また、視点移動位置が設定されたラベルを表示し、これがポイントされたとき、設定された視点移動位置に視点を移動させるようにしてもよい。このようにすれば、三次元空間における視点移動操作が簡略化され、三次元空間の操作性が大幅に向上する。さらに、三次元空間の定義データがデータベースに蓄積されるものにおいては、視点位置が小空間から所定距離以下になったときに、データベースから小空間の実データを読み込み、視点位置が小空間位置にきたときに、読み込まれた実データを表示するようにしてもよい。このようにすれば、視点が小空間位置にきたときには、データベースへのアクセスを伴わずに、小空間の実データが短時間で表示され、視点移動に伴う三次元空間の表示速度が大幅に向上する。
【0009】本発明に係る他の三次元空間表示技術では、視点方向における間隔が視点直交面における間隔より大となるように、三次元空間を分割する格子を設定し、視点直交面における格子内に収まるように、オブジェクトのサイズを変更し、サイズ変更されたオブジェクトを格子の略中央に再配置したことを特徴とする。かかる構成によれば、隣接するオブジェクト間には隙間が設けられ、オブジェクトの視認性、特に、視点方向の視認性が向上する。このため、視点がオブジェクトに近づいても、視点とオブジェクトとの間に十分な距離があり、他のオブジェクトに遮られることなく、目的とするオブジェクトを見ることができるようになる。そして、視点方向における格子間隔を、視点直交面における格子間隔の1.2倍以上に設定することで、視点方向における視認性が効果的に向上する。
【0010】また、全オブジェクトが内接する立方体により特定される三次元空間に対して格子を設定するようにすれば、三次元空間にオブジェクトが効率良く配分され、その視認性がより効果的に向上する。
【0011】
【発明の実施の形態】以下、添付された図面を参照して本発明を詳述する。図1は、本発明に係る三次元空間表示技術を具現化した、三次元空間表示装置の全体構成を示す。三次元空間表示装置は、コンピュータネットワークを構築するインターネットを介して相互接続されるWWW(World Wide Web)サーバ10及び少なくとも1つのクライアント20を含んで構成される。WWWサーバ10及びクライアント20は、夫々、少なくとも中央処理装置(CPU)とメモリとを備えたコンピュータから構成され、メモリにロードされたプログラムにより三次元空間表示装置の各種機能が実現される。
【0012】WWWサーバ10には、画像データベース(以下「画像DB」という)12と、オブジェクト再配置部14と、空間分割部16と、ラベル設定部18と、が備えられる。画像DB12には、クライアント20に表示される三次元空間を定義する各種データ(詳細は後述する)が蓄積される。オブジェクト再配置部14では、三次元空間の視認性を向上させるべく、三次元空間に三次元的に配置された各種オブジェクトのサイズ変更及び再配置が行なわれる。空間分割部16では、三次元空間の表示速度を向上させるべく、所定規則に則って三次元空間が複数に分割され、分割された各空間(以下「小空間」という)とそこに含まれる各種オブジェクトとの関連付けが行なわれる。ラベル設定部18では、三次元空間における視点移動の操作性を向上させるべく、ラベルポイントにより視点を移動させるラベルの設定が行なわれる。
【0013】なお、オブジェクト再配置部14は、格子設定機能,格子設定ステップ,格子設定手段,サイズ変更機能,サイズ変更ステップ,サイズ変更手段,再配置機能,再配置ステップ,再配置手段及び立方体サイズ演算機能として、空間分割部16は、空間分割機能,空間分割ステップ及び空間分割手段として機能する。一方、クライアント20には、空間表示部22と、視点移動部24と、データ先読部26と、ディスプレイ装置28と、が備えられる。空間表示部22では、三次元空間の表示速度を向上させるべく、視点方向に近接する小空間については実データを表示させる一方、他の小空間については簡略データ(詳細は後述する)を夫々表示させる処理が行なわれる。視点移動部24では、三次元空間における視点移動の操作性を向上させるべく、ラベルがポイントされたときに視点を移動する処理が行なわれる。データ先読部26では、三次元空間の表示速度を向上させるべく、視点移動の予測に応じて、WWWサーバ10の画像DB12から小空間の実データを先読みする処理が行なわれる。
【0014】なお、空間表示部22は、空間表示機能,空間表示ステップ,空間表示手段,ラベル表示機能,ラベル表示ステップ,ラベル表示手段,小空間表示機能,小空間表示ステップ及び小空間表示手段として、視点移動部24は、視点移動機能,視点移動ステップ及び視点移動手段として、データ先読部26は、データ読込機能,データ読込ステップ及びデータ読込手段として機能する。
【0015】次に、かかる構成からなる三次元空間表示装置の作用について説明する。図2は、WWWサーバ10において実行されるメインルーチンの処理内容を示す。メインルーチンは、各種オブジェクトが配置された三次元空間データが画像DB12に蓄積された後、ユーザにより処理対象たる三次元空間データ及び処理内容が指定されたときに実行される。
【0016】ステップ1(図では「S1」と略記する。以下同様)では、画像DB12から、指定された三次元空間データ(空間定義データ,オブジェクトデータなど)が読み込まれる。ステップ2では、三次元空間の視認性を向上させるべく、ユーザの指示内容に応じてオブジェクト再配置を行なうか否かが判定される。そして、オブジェクト再配置を行なうのであればステップ3へと進み(Yes)、オブジェクトを再配置するサブルーチン(図3参照)が実行される。一方、オブジェクト再配置を行なわないのであればステップ4へと進む(No)。
【0017】ステップ4では、三次元空間の表示速度を向上させるべく、三次元空間を複数の小空間に分割するサブルーチン(図4参照)が実行される。ステップ5では、三次元空間における視点移動の操作性を向上させるべく、ユーザの指示内容に応じてラベル設定を行なうか否かが判定される。そして、ラベル設定が行なわれるのであればステップ6へと進み(Yes)、ラベルデザイン、ラベル配置位置、ラベルと視点移動位置との関連付けなどを表わすラベルデータが作成される。一方、ラベル設定を行なわないのであればステップ7へと進む(No)。
【0018】ステップ7では、必要に応じて、オブジェクト再配置又はラベル設定が行なわれた三次元空間により画像DB12が更新される。なお、画像DB12を更新する代わりに、オブジェクト再配置等が行なわれた三次元空間を追加蓄積するようにしてもよい。ステップ1〜ステップ7の処理によれば、三次元空間の表示速度及び視認性を向上させる前準備が行なわれ、後述するクライアント20における処理により、実際に表示速度及び視認性の向上が実現される。
【0019】図3は、オブジェクトを再配置するサブルーチンを示す。ステップ11では、オブジェクトを再配置する三次元空間の空間サイズが設定される。即ち、三次元空間に配置された各種オブジェクトが内接する立方体サイズが求められ、その立方体サイズが空間サイズとされる。以下、この空間サイズで定義される三次元空間に対して、各種処理が施される。なお、ステップ11の処理により、立方体サイズ演算機能が実現される。
【0020】ステップ12では、図5(A)に示すように、三次元空間のX,Y,Z軸方向(幅,高さ,奥行き方向)を所定数で分割する格子が設定される。このとき、X,Y軸方向の格子間隔に対してZ軸方向の格子間隔が、少なくとも1.2倍以上になるように格子が設定される。「1.2倍」という値は、三次元空間表示における一般的な視野角45度から計算される値で、オブジェクトが画面いっぱいに表示されるときの視点とオブジェクトとの距離に相当する。ここで、格子間隔又は分割数は、ユーザが任意に設定できることが望ましい。なお、ステップ12の処理により、格子設定機能,格子設定ステップ及び格子設定手段が実現される。
【0021】ステップ13では、次のような2つの方法のどちらかにより、各オブジェクトのサイズが変更(縮小又は拡大)される。第1の方法は、全オブジェクトの中から最大サイズのものを探し出し、これがXY平面上の格子内に収まる拡大/縮小率を求め、その拡大/縮小率により全オブジェクトのサイズを変更する方法である。第2の方法は、XY平面上のオブジェクトサイズが同一となるように、XY平面上の格子に合わせて全オブジェクトのサイズを変更する方法である。ここで、第1の方法は、オブジェクト間におけるサイズの大小が重要である場合、例えば、オブジェクトが商品などを表わす場合に適用される。一方、第2の方法は、オブジェクト間におけるサイズの大小がさほど重要でない場合、例えば、オブジェクトが写真などを表わす場合に適用される。なお、ステップ13の処理により、サイズ変更機能,サイズ変更ステップ及びサイズ変更手段が実現される。
【0022】ステップ14では、図5(B)に示すように、サイズが変更された全オブジェクトが再配置される。即ち、各オブジェクトが内接する立方体の中心座標(X,Y,Z)がある格子を求め、立方体の中心座標と格子の中心座標とが一致するように、オブジェクト位置が変更される。ここで、同一の格子内に複数のオブジェクトが再配置される場合には、例えば、XY平面上に複数のオブジェクトが並ぶように配置することが望ましい。なお、ステップ14の処理により、再配置機能,再配置ステップ及び再配置手段が実現される。
【0023】ステップ11〜ステップ14の処理によれば、三次元空間に配置されたオブジェクトは、XY平面上の格子内に収まるようにそのサイズが変更された後、格子の略中央に再配置される。このため、隣接するオブジェクト間には隙間が設けられ、オブジェクトの視認性、特に、Z方向の視認性を向上することができる。従って、視点がオブジェクトに近づいても、視点とオブジェクトとの間に十分な距離があり、他のオブジェクトに遮られることなく、目的とするオブジェクトを見ることができるようになる。
【0024】図4は、三次元空間を複数の小空間に分割するサブルーチンを示す。なお、図4に示す一連の処理により、空間分割機能,空間分割ステップ及び空間分割手段が実現される。ステップ21では、各オブジェクトが内接する立方体の中心座標のZ成分に基づいて、各オブジェクトがZ軸方向に一直線に並ぶようにソートされる。
【0025】ステップ22では、図6に示すように、Z軸方向について、三次元空間30が複数の小空間A〜Cに分割される。即ち、Z軸方向にソートされたオブジェクトを所定数n毎にグループ化し、その境界を画定する位置で三次元空間30が分割される。ここで、所定数nは、WWWサーバ10又は/及びクライアント20の処理速度、インターネットの伝送速度などに応じて、ユーザが任意に設定できることが望ましい。この場合、所定数nを小さくすることで、三次元空間の表示速度が向上する。
【0026】ステップ23では、分割された各小空間A〜Cについて、そこに含まれるオブジェクトを二次元的に表示するための簡略データが作成される。簡略データは、例えば、小空間A〜Cにおけるオブジェクトを視点方向に平面上に投影することで作成される。なお、簡易データとしては、予め作成された汎用データを用いるようにしてもよい。
【0027】ステップ24では、分割された各小空間A〜Cについて、そこに含まれるオブジェクト及び簡略データの関連付けが行なわれる。ステップ21〜ステップ24の処理によれば、三次元空間30が複数の小空間A〜Cに分割されると共に、分割された小空間A〜Cとオブジェクト及び簡略データとの関連付けが行なわれる。このため、特定の小空間A〜Cを指定すれば、そこに含まれるオブジェクト又は/及び簡略データを指定することともなり、処理速度の向上を図ることができる。
【0028】一方、クライアント20では、各種イベントが発生したときに、図7に示すメインルーチンが実行される。ステップ31では、イベント種別に応じた分岐処理が行なわれる。即ち、三次元空間が始めて表示される初期表示であればステップ32へと分岐し、マウスなどのポインティングデバイスによりラベルがポイントされたならばステップ33へと分岐し、カーソルキーなどで視点移動が行なわれたのであればステップ36へと分岐し、その他のイベントであれば処理を終了する。
【0029】ステップ32では、三次元空間の初期表示状態を設定すべく、視点が、デフォルトの視点位置に設定される。なお、デフォルトの視点位置は、ユーザが任意に設定できることが望ましい。ステップ33では、視点が、ポイントされたラベルに関連付けられた視点移動位置に設定される。なお、ステップ33の処理により、視点移動機能,視点移動ステップ及び視点移動手段が実現される。
【0030】ステップ34では、インターネットを介して、WWWサーバ10の画像DB12から三次元空間データが読み込まれる。即ち、図8に示すように、視点方向に最も近接する小空間Aについては、小空間Aに配置されるオブジェクト32A〜32Hの実データが読み込まれると共に、他の小空間B及びCについては、小空間B及びCに配置されるオブジェクトを二次元的に表示する簡略データ34B及び34Cが読み込まれる。また、ラベル36B及び36Cが設定されていれば、三次元空間データの読み込みに加えて、ラベルデータも合わせて読み込まれる。
【0031】ここで、視点方向に最も近接する小空間Aの奥行きが小さい場合には、表示画質を保証するため、視点から2番目以降に近接する小空間B及びCの実データも読み込むようにしてもよい。この場合、他の小空間B及びCの実データを読み込むか否かは、例えば、三次元空間のサイズに対する小空間Aの奥行きの割合x[%]に応じて判定することができる。
【0032】ステップ35では、読み込まれたオブジェクト32A〜32Hの実データ,小空間B及びCの簡略データ34B及び34C,ラベル36B及び36Cのラベルデータに基づいて、図8に示すような三次元空間がディスプレイ装置28に表示される。このとき、簡略データ34B及び34Cは、例えば、Z軸方向における小空間B及びCの略中央に配置すればよい。
【0033】なお、ステップ34及びステップ35の処理により、空間表示機能,空間表示ステップ,空間表示手段,ラベル表示機能,ラベル表示ステップ及びラベル表示手段が実現される。視点移動が行なわれたステップ36では、視点が先読開始位置に達しているか否かが判定される。即ち、小空間B及びCには、図9(A)に示すように、Z軸の原点方向に先読みを開始する先読開始位置38B及び38Cが設定される。先読開始位置38B及び38Cは、例えば、インターネットの伝送速度,WWWサーバ10及びクライアント20の処理速度などを考慮して最適な位置が設定される。なお、先読開始位置38B及び38Cは、ユーザが任意に設定できるようにすることが望ましい。そして、視点が先読開始位置38B又は38Cに達していればステップ37へと進み(Yes)、例えば、図9(B)に示すように、インターネットを介してWWWサーバ10の画像DB12から小空間Bの実データが読み込まれる。このとき、ディスプレイ装置28には、先読みされたデータは表示されない。一方、視点が先読開始位置38B又は38Cに達していなければステップ38へと進む(No)。なお、ステップ36及びステップ37の処理により、データ読込機能,データ読込ステップ及びデータ読込手段が実現される。
【0034】ステップ38では、視点が表示開始位置に達したか否か、即ち、図10(A)に示すように、視点が小空間B又はCの境界40B又は40Cに達したか否かが判定される。そして、視点が表示開始位置に達したならばステップ35へと進み(Yes)、図10(B)に示すように、例えば、先読みされた小空間Bの実データに基づいて、ディスプレイ装置28上に三次元空間が表示される。一方、視点が表示開始位置に達していなければ待機する(No)。なお、ステップ38及びステップ35の処理により、小空間表示機能,小空間表示ステップ及び小空間表示手段が実現される。
【0035】ステップ31〜ステップ38の処理によれば、三次元空間が初期表示されるときには、視点方向に最も近い小空間Aには実データが表示され、他の小空間B及びCには簡略データ34B及び34Cが夫々表示される。このため、三次元空間の表示画質の低下を抑制しつつ、画像DB12から読み込まれるデータ量を減少することができ、表示速度を大幅に向上させることができる。特に、インターネットなどのコンピュータネットワークを介して、WWWサーバ10からクライアント20にデータを伝送するものにおいては、この効果が顕著に現れる。
【0036】また、三次元空間に配置されたラベル36B又は36Cがポイントされたときには、そのポイントに関連付けられた視点移動位置に基づいて三次元空間が表示される。このため、三次元空間における視点移動操作が簡略化され、操作性を大幅に向上することができる。さらに、視点が簡略表示されている小空間に近づくと、その小空間の実データが先読みされる。そして、小空間の境界に視点が達すると、先読みされた小空間の実データに基づいて三次元空間が表示される。このため、視点が小空間の境界に達したときには、画像DB12へのアクセスを伴わずに、小空間の実データが短時間で表示されることとなり、視点移動に伴う三次元空間の表示速度を大幅に向上することができる。
【0037】以上説明したように、本発明による三次元空間表示装置によれば、三次元空間の表示速度及び視認性が大幅に向上し、三次元空間の表示性能を向上させることができる。なお、以上説明した実施形態では、クライアント/サーバシステムを前提としたが、1つの筐体内に画像DB及びコンピュータが内蔵されたスタンドアロン型のシステムにも適用できることはいうまでもない。
【0038】このような機能を実現するプログラムを、例えば、磁気テープ,磁気ディスク,磁気ドラム,ICカード,CD−ROM,DVD−ROM等のコンピュータ読取可能な記録媒体に記録しておけば、本発明に係る三次元空間表示プログラムを市場に流通させることができる。そして、かかる記録媒体を取得した者は、一般的なコンピュータシステムを利用して、本発明に係る三次元空間表示装置を容易に構築することができる。
【0039】また、インターネットに接続されたサーバ上に、本発明に係る三次元空間表示プログラムを登録させておけば、電気通信回線を介して、かかるプログラムをダウンロードすることで、本発明に係る三次元空間表示装置を容易に構築することができる。
【0040】(付記1)三次元的にオブジェクトが配置された三次元空間を、所定数のオブジェクトが含まれる複数の小空間に分割する空間分割機能と、視点方向に近接する小空間について、該小空間を定義する実データを表示する一方、他の小空間について、該小空間を1つの画像で表わした簡略データを夫々表示する空間表示機能と、をコンピュータに実現させるための三次元空間表示プログラム。
【0041】(付記2)前記空間表示機能は、視点からの距離が所定値以下の小空間について、その実データを表示することを特徴とする付記1記載の三次元空間表示プログラム。
【0042】(付記3)視点移動位置が設定されたラベルを表示するラベル表示機能と、前記ラベルがポイントされたとき、該ラベルに設定された視点移動位置に視点を移動させる視点移動機能と、を備えたことを特徴とする付記1又は付記2に記載の三次元空間表示プログラム。
【0043】(付記4)前記三次元空間の定義データがデータベースに蓄積されるものにおいて、視点位置が小空間から所定距離以下になったときに、前記データベースから小空間の実データを読み込むデータ読込機能と、視点位置が小空間位置にきたときに、読み込まれた小空間の実データを表示する小空間表示機能と、を備えたことを特徴とする付記1〜付記3のいずれか1つに記載の三次元空間表示プログラム。
【0044】(付記5)視点方向における間隔が視点直交面における間隔より大となるように、三次元空間を分割する格子を設定する格子設定機能と、三次元空間に配置されたオブジェクトが視点直交面における格子内に収まるように、そのサイズを変更するサイズ変更機能と、サイズ変更されたオブジェクトを格子の略中央に再配置する再配置機能と、をコンピュータに実現させるための三次元空間表示プログラム。
【0045】(付記6)前記視点方向における格子間隔は、視点直交面における格子間隔の1.2倍以上に設定されることを特徴とする付記5記載の三次元空間表示プログラム。
【0046】(付記7)前記三次元空間に配置された全オブジェクトが内接する立方体サイズを演算する立方体サイズ演算機能を備え、前記格子設定機能は、演算された立方体サイズにより特定される三次元空間に対して格子を設定することを特徴とする付記5又は付記6に記載の三次元空間表示プログラム。
【0047】(付記8)三次元的にオブジェクトが配置された三次元空間を、所定数のオブジェクトが含まれる複数の小空間に分割する空間分割ステップと、視点方向に近接する小空間について、該小空間を定義する実データを表示する一方、他の小空間について、該小空間を1つの画像で表わした簡略データを夫々表示する空間表示ステップと、を備えたことを特徴とする三次元空間表示方法。
【0048】(付記9)視点移動位置が設定されたラベルを表示するラベル表示ステップと、前記ラルがポイントされたとき、該ラベルに設定された視点移動位置に視点を移動させる視点移動ステップと、を備えたことを特徴とする付記8記載の三次元空間表示方法。
【0049】(付記10)前記三次元空間の定義データがデータベースに蓄積されるものにおいて、視点位置が小空間から所定距離以下になったときに、前記データベースから小空間の実データを読み込むデータ読込ステップと、視点位置が小空間位置にきたときに、読み込まれた小空間の実データを表示する小空間表示ステップと、を備えたことを特徴とする付記8又は付記9に記載の三次元空間表示方法。
【0050】(付記11)視点方向における間隔が視点直交面における間隔より大となるように、三次元空間を分割する格子を設定する格子設定ステップと、三次元空間に配置されたオブジェクトが視点直交面における格子内に収まるように、そのサイズを変更するサイズ変更ステップと、サイズ変更されたオブジェクトを格子の略中央に再配置する再配置ステップと、を備えたことを特徴とする三次元空間表示方法。
【0051】(付記12)三次元的にオブジェクトが配置された三次元空間を、所定数のオブジェクトが含まれる複数の小空間に分割する空間分割機能と、視点方向に近接する小空間について、該小空間を定義する実データを表示する一方、他の小空間について、該小空間を1つの画像で表わした簡略データを夫々表示する空間表示機能と、をコンピュータに実現させるための三次元空間表示プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体。
【0052】(付記13)三次元的にオブジェクトが配置された三次元空間を、所定数のオブジェクトが含まれる複数の小空間に分割する空間分割手段と、視点方向に近接する小空間について、該小空間を定義する実データを表示する一方、他の小空間について、該小空間を1つの画像で表わした簡略データを夫々表示する空間表示手段と、を含んで構成されたことを特徴とする三次元空間表示装置。
【0053】(付記14)視点移動位置が設定されたラベルを表示するラベル表示手段と、前記ラベルがポイントされたとき、該ラベルに設定された視点移動位置に視点を移動させる視点移動手段と、を備えたことを特徴とする付記13記載の三次元空間表示装置。
【0054】(付記15)前記三次元空間の定義データがデータベースに蓄積されるものにおいて、視点位置が小空間から所定距離以下になったときに、前記データベースから小空間の実データを読み込むデータ読込手段と、視点位置が小空間位置にきたときに、読み込まれた小空間の実データを表示する小空間表示手段と、を備えたことを特徴とする付記13又は付記14に記載の三次元空間表示装置。
【0055】(付記16)視点方向における間隔が視点直交面における間隔より大となるように、三次元空間を分割する格子を設定する格子設定手段と、三次元空間に配置されたオブジェクトが視点直交面における格子内に収まるように、そのサイズを変更するサイズ変更手段と、サイズ変更されたオブジェクトを格子の略中央に再配置する再配置手段と、を含んで構成されたことを特徴とする三次元空間表示装置。
【0056】
【発明の効果】以上説明したように、本発明に係る三次元空間表示技術によれば、三次元空間の表示画質の低下を抑制しつつ、三次元空間の表示に係るデータ量が減少し、表示速度を大幅に向上することができる。特に、インターネットなどのコンピュータネットワークを介して、WWWサーバからクライアントにデータを伝送するものにおいては、表示速度の向上が顕著に現れる。また、隣接するオブジェクト間には隙間が設けられ、オブジェクトの視認性、特に、視点方向の視認性を向上することができる。そして、三次元空間の表示速度及び視認性が大幅に向上し、三次元空間の表示性能を向上させることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013