米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 机上付属具 -> 株式会社パイロット

発明の名称 ボールペン
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−251986(P2003−251986A)
公開日 平成15年9月9日(2003.9.9)
出願番号 特願2002−52923(P2002−52923)
出願日 平成14年2月28日(2002.2.28)
代理人
発明者 唐木 和義 / 木暮 正広
要約 課題
寸法を厳密に設定することなく、ボールペンレフィールを軸筒内の径方向でがたつくことなく収納したボールペンを提供する。

解決手段
少なくとも2つ以上の軸体が連設することにより構成され、一方の軸体の一端部が他方の軸体内に挿入してなる軸筒内に、インキ収容管に筆記具用インキを充填したボールペンレフィールを、該ボールペンレフィールの後端部を軸筒の後端部の軸体に当接して収納してなるボールペンにおいて、前記一方の軸体の一端部に、端部が開口した切り割り部を形成するとともに、一端部の少なくとも切り割り部を形成した軸体部分の外径を対向した他方の軸体の内径より大径に形成し、前記一方の軸体の一端部が対向した他方の軸体の内壁に衝接することにより一端部が縮径し、一端部を前記ボールペンレフィールのインキ収容管の外周面に当接させて収納する。
特許請求の範囲
【請求項1】少なくとも2つ以上の軸体が連設することにより構成され、一方の軸体の一端部が他方の軸体内に挿入してなる軸筒内に、インキ収容管に筆記具用インキを充填したボールペンレフィールを、該ボールペンレフィールの後端部を軸筒の後端部の軸体に当接して収納してなるボールペンにおいて、前記一方の軸体の一端部に、端部が開口した切り割り部を形成するとともに、一端部の少なくとも切り割り部を形成した軸体部分の外径を対向した他方の軸体の内径より大径に形成し、前記一方の軸体の一端部が対向した他方の軸体の内壁に衝接することにより一端部が縮径し、一端部を前記ボールペンレフィールのインキ収容管の外周面に当接させて収納したことを特徴とするボールペン。
【請求項2】前記一方の軸体の一端部の内壁に、一端部の内径が拡径する段部又は前記切り割り部を形成した一方の軸体の一端部の外壁に、一端部の外径が縮径する段部を設けてなる請求項1に記載のボールペン。
【請求項3】前記一方の軸体の一端部の内壁が、前記ボールペンレフィールのインキ収容管と面接触することを特徴とする請求項1ないし2の何れか1項に記載のボールペン。
【請求項4】前記一方の軸体の一端部の内壁が、前記ボールペンレフィールのインキ収容管と軸心方向で異なる2個所以上で当接することを特徴とする請求項1ないし3の何れか1項に記載のボールペン。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ボールペンレフィールを軸筒内でがたつかないように収納してなるボールペンに関する。
【0002】
【従来の技術】従来、筆記時における軸筒内に収納したボールペンレフィールのがたつきを抑えるために、ボールペンレフィールの後端部を軸筒の後端部、例えば尾栓等に圧入保持して収納してなるボールペンは知られている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、こうした構造においては、ボールペンレフィールの後端部を圧入保持しているので、軸筒やボールペンレフィールの寸法を厳密に設定しなければならく、寸法管理の問題から製造コスト高となる問題がある。
【0004】本発明はこうした問題に鑑み、寸法を厳密に設定することなく、ボールペンレフィールを軸筒内でがたつくことなく収納したボールペンを提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は、前記問題を解決するために、少なくとも2つ以上の軸体が連設することにより構成され、一方の軸体の一端部が他方の軸体内に挿入してなる軸筒内に、インキ収容管に筆記具用インキを充填したボールペンレフィールを、該ボールペンレフィールの後端部を軸筒の後端部の軸体に当接して収納してなるボールペンにおいて、前記一方の軸体の一端部に、端部が開口した切り割り部を形成するとともに、一端部の少なくとも切り割り部を形成した軸体部分の外径を対向した他方の軸体の内径より大径に形成し、前記一方の軸体の一端部が対向した他方の軸体の内壁に衝接することにより一端部が縮径し、一端部を前記ボールペンレフィールのインキ収容管の外周面に当接させて収納するものである。
【0006】さらには、前記一方の軸体の一端部の内壁に、一端部のの内径が拡径する段部又は前記切り割り部を形成した一方の軸体の一端部の外壁に、一端部の外径が縮径する段部を設けるものである。
【0007】さらには、前記一方の軸体の一端部の内壁が、前記ボールペンレフィールのインキ収容管と面接触するものである。
【0008】さらには、前記一方の軸体の一端部の内壁が、前記ボールペンレフィールのインキ収容管と軸心方向で異なる2個所以上で当接するものである。
【0009】本発明における軸体とは、一般的に軸筒と呼ばれている前軸や後軸であり、さらには前軸の先端に装着される先すぼみ形状の口先部材や、後軸の後端に装着される尾栓、さらには前軸や後軸を連結する接続筒等のことで、筆記具の軸筒を構成する部材のことである。
【0010】本発明は、一方の軸体の一端部を前記ボールペンレフィールのインキ収容管の外周面に当接させることで、ボールペンレフィールの軸筒内における径方向のがたつきを抑える。
【0011】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態を図面を用いて説明する。図面中、同一部材および同一箇所を示すものは同一符号を付してある。図1から図4に示す、第1の実施の形態のボールペン1は、軸筒が、前軸(軸体)2と後軸(軸体)3とがねじ嵌合12により連接し、前軸2の先端に先すぼみ形状の口先部材4をねじ嵌合10により設けた構造である。後軸3の後端は有底部3cとしてある。
【0012】後軸(軸体)3の先端部3aの内壁には、雌ねじ部12bを形成してある。前軸2の後軸3内に位置する後端部2bには、後端に開口した切り割り部11を対向して形成してある。この切り割り部11より先端開口部2a側の前方の後端部2bの外側面には、前記後軸3の雌ねじ部12bに対応した雄ねじ部12aを形成してある。図4に示すように、前軸2の後端部2bの外径寸法Kは、後軸3の内径寸法Lより大径に設定(K>L)してある。
【0013】ボールペンレフィール5は、インキ収容管6内に剪断減粘性を付与したインキ及びグリース状のインキ追従体(図示せず)を収容し、インキ収容管6の先端部にチップホルダー7及びボール(図示せず)を回転自在に抱持したボールペンチップ8を順次装着してある。また、ボールペンレフィール5のインキ収容管6の後端部には、空気流路(図示せず)を有するレフィール尾栓9を装着してある。
【0014】ボールペンレフィール5を口先部材4及び前軸2内に収納し、後軸3を前軸2にねじ嵌合12すると、後軸3の雌ねじ部12bより後方の内壁面に形成した、有底部3cに向かって漸次内径が小径となる傾斜段部13に、前軸2の後端部2bが衝接し、さらにねじ嵌合12が進むにつれて、前軸2の後端部2bに形成した切り割り部11によって、後端部2bは内側(矢印F方向)に縮径する。この時、ボールペンレフィール5を収納しない状態で縮径した際に、後端部2bの内径Nがインキ収容管6の外径Mより小径に設定(N<M)する。その結果、前軸2の後端部2bがボールペンレフィール5のインキ収容管6の外壁面6aに当接し、前軸2及び後軸3内でボールペンレフィール5の径方向のがたつきは防止される。また、レフィール尾栓9の後端部9aを、後軸3の有底部3cに当接するので、筆記時におけるボールペンレフィール5の、口先部材4、前軸2及び後軸3内での前後方向のがたつきは防止される。
【0015】また、前軸2の後端部2bのインキ収容管6の外壁面6aと当接する部分の当接部S1を面接触とすることにより、インキ収容管6への圧接力が小さく済み、インキ収容管6の変形が生じにくいので好ましい。特にインキ収容管6に剪断減性インキを収容した場合には、インキ収容管6の変形により剪断力が加わりインキ粘度が低下する恐れがあるので効果が顕著である。
【0016】図5及び図6に示す、第2の実施の形態のボールペン21は、第1の実施の形態のボールペン1と同様に、軸筒が、前軸(軸体)22と後軸(軸体)23とがねじ嵌合32により連接し、前軸22の先端に第1の実施の形態と同様の口先部材4をねじ嵌合30により設けた構造である。後軸23の後端は有底部23cとしてある。前軸22の後軸23内に位置する後端部22bには、後端に開口した切り割り部31を対向して形成してある。前軸22の後端部22bの後端には、開口側の内径が幅広となる段部33を形成してある。
【0017】また、第1の実施の形態と同様に、前軸22の後端部22bの外径寸法は、後軸23の内径寸法より大径に設定してあり、ボールペンレフィール5を口先部材4及び前軸22内に収納し、後軸23を前軸22にねじ嵌合32すると、後軸23の内壁面に形成した、有底部23cに向かって漸次内径が小径となる傾斜段部23bに、前軸22の後端部22bが衝接し、さらにねじ嵌合32が進むにつれて、前軸22の後端部22bに形成した切り割り部31によって、後端部22bは内側(矢印F方向)に縮径し、ボールペンレフィール4のインキ収容管6の外側面6aに当接し、前軸22及び後軸23内でボールペンレフィール5の径方向のがたつきは防止される。また、第1の実施の形態の場合と同様に、レフィール尾栓9の後端部9aを、後軸23の有底部23cに当接するので、筆記時におけるボールペンレフィール5の、口先部材4、前軸22及び後軸23内での前後方向のがたつきは防止される。前軸22の後端部22bが、切り割り部31の開口側の内径が幅広となることで構成される段部33の近傍の部分を第1当接部S2とし、第1当接部より後方の部分を第2当接部S3として、軸心方向で異なる2個所の部分(S2、S3)でボールペンレフィール5のインキ収容管6の外周面に当接することにより、軸筒22内でより安定して保持することができる。
【0018】第2の実施の形態では、前軸22の後端部22bがボールペンレフィール5のインキ収容管6の外周面に当接する第1当接部S2と第2当接部S3の2個所の部分で、ボールペンレフィール5のインキ収容管6と当接しているが、軸筒22の後端部22bの内壁に、軸心に沿った方向に異なる複数の凸部(図示せず)を形成し、該凸部によってボールペンレフィールのインキ収容管6を保持してもよい。
【0019】図7、図8に示す第3の実施の形態におけるボールペン41は、第1の実施の形態と同様に、軸筒が、前軸(軸体)42と後軸(軸体)43とがねじ嵌合52により連接し、前軸42の先端に第1の実施の形態と同様の口先部材4をねじ嵌合50により設けた構造である。後軸43の後端は有底部43cとしてある。前軸42の後軸43内に位置する後端部42bには、後端に開口した切り割り部51を対向して形成してある。前軸22の後端部42bには、開口側の内径が幅広となる段部53を形成してある。
【0020】また、第1の実施の形態と同様に、前軸42の後端部42bの外径寸法は、後軸43の内径寸法より大径に設定してあり、ボールペンレフィール5を口先部材4及び前軸42内に収納し、後軸43を前軸42にねじ嵌合52すると、後軸43の内壁面に形成した、有底部43cに向かって漸次内径が小径となる傾斜段部43bに、前軸42の後端部42bが衝接し、さらにねじ嵌合52が進むにつれて、前軸42の後端部42bに形成した切り割り部51によって、後端部42bは内側(矢印F方向)に縮径し、ボールペンレフィール4のインキ収容管6の外側面6aに当接し、前軸42及び後軸43内でボールペンレフィール5の径方向のがたつきは防止される。また、第1の実施の形態の場合と同様に、レフィール尾栓9の後端部9aを、後軸43の有底部43cに当接するので、筆記時におけるボールペンレフィール5の、口先部材4、前軸42及び後軸43内での前後方向のがたつきは防止される。第2の実施の形態の場合と同様に、軸筒の後端部42bが、切り割り部51の開口側の内径が幅広となる段部53を形成することにより、軸筒の後端部42bが内側に撓み易くなるので好ましい。
【0021】また、前述した実施の形態においては、前軸の後端部が後軸内に挿入した構造であるが、前軸に後軸の先端部が挿入した構造でも良い。
【0022】また、前述した実施の形態においては、前軸に口先部材をねじ嵌合しているが、ねじ嵌合ではなく乗り越し嵌合でも良い。後軸の後端は有底部としてあるが、尾栓を装着した構造でも良い。また、前軸の後端部が後軸の先端部の内壁に当接するが、当接する前軸の後端部や後軸の先端部の位置は特に限定されない。また、前軸の後端部に形成する切り割り部の形状や数も特に限定されない。
【0023】また、本実施の形態では、ボールペンレフィールのインキ収容管に剪断減粘性インキを充填しているがこれに限るものではなく、繊維束に保持された水性インキ等や油性インキ等、ボールペンレフィールに充填する筆記具用インキは適宜選択して使用することができる。
【0024】
【発明の効果】本発明は、前述したような構造なので、寸法を厳密に設定することなく、ボールペンレフィールを軸筒内の径方向でがたつくことなく収納したボールペンを提供することができた。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013