米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 東陶機器株式会社

発明の名称 入浴補助具
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−265345(P2003−265345A)
公開日 平成15年9月24日(2003.9.24)
出願番号 特願2002−75071(P2002−75071)
出願日 平成14年3月18日(2002.3.18)
代理人
発明者 中出 克也 / 坂田 満洋 / 村木 哲英
要約 課題
従来の単純に浴槽側壁を押すだけの入浴補助具では、突っ張り力に制限がかけられないので浴槽が破壊してしまうという問題点や、または必要な突っ張り力が得られず入浴補助具が外れてしまう危険性があった。また、取付者によるばねのたわみ量の観察による突っ張り力の維持・管理方式では取付者がたわみ量の観察を無視して取付けした場合、同様の問題が発生する危険性があった。

解決手段
浴槽幅にあわせ伸縮し浴槽側壁を突っ張ることで浴槽に固定される入浴補助具において、ねじ構造による伸縮を利用して突っ張り力を発生する機構と、該突っ張り力を伝達するばねと、該ばねのたわみ量が一定値を超えると該ねじ構造による伸縮を利用して突っ張り力を発生する機構が空回りする機構を備えた。
特許請求の範囲
【請求項1】 浴槽幅にあわせ伸縮し浴槽側壁を突っ張ることで浴槽に固定される入浴補助具において、ねじ構造による伸縮を利用して突っ張り力を発生する機構と、該突っ張り力を伝達するばねと、該ばねのたわみ量が一定値を超えると該ねじ構造による伸縮を利用して該突っ張り力を発生する機構が空回りすることを特徴とする入浴補助具。
【請求項2】 前記ばねのたわみ量を観察できる機構を備えたことを特徴とする請求項1記載の入浴補助具。
【請求項3】 前記ねじ構造による伸縮を利用して突っ張り力を発生する機構を任意の位置でロックできることを特徴とする請求項1〜2記載の入浴補助具。
【請求項4】 前記ねじ構造による伸縮を利用して突っ張り力を発生する機構部の軸と浴槽側壁を突っ張る軸を同軸にしていることを特徴とする請求項1〜3記載の入浴補助具。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は入浴時に使用する入浴補助具に係り、特に高齢者や要介護者が浴槽中で使用するのに好適な入浴補助具に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、浴槽幅にあわせ伸縮し、浴槽側壁を突っ張ることで浴槽に固定される入浴補助具において、その突っ張る力はねじを利用した伸縮機構の延長で発生させるものが提案されており、また加えて突っ張り力の伝達手段にばねを使用し、取付者の該ばねのたわみ量の観察により適正な突っ張り力の維持・管理を期待するものが提案されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来の単純に浴槽側壁を押すだけのものでは、突っ張り力に制限がかけられないので浴槽が破壊してしまうという問題点や、または必要な突っ張り力が得られず入浴補助具が外れてしまう危険性があった。また、取付者によるばねのたわみ量の観察による突っ張り力の維持・管理方式では取付者がたわみ量の観察を無視して取付けした場合、同様の問題点が予想される。
【0004】本発明は、上記問題点を解決するためになされたもので、設定した突っ張り力以上にならないので、取付者の認識不足により浴槽を破壊することや、必要な突っ張り力が得られず使用中に浴槽から外れてしまう危険性などを排除できる入浴補助具を提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために請求項1記載の発明は、ねじ構造による伸縮を利用して突っ張り力を発生する機構と、該突っ張り力を伝達するばと、該ばねのたわみ量が一定値を超えると該ねじ構造による伸縮を利用して該突っ張り力を発生する機構が空回りする機構を備えたことである。
【0006】この発明によれば、簡単に誰でも一定の突っ張り力で浴槽への取付が可能になるので、浴槽を破壊したり、外れてしまう危険性をなくすことができる。
【0007】この請求項2記載の発明は請求項1記載の発明において、該ばねのたわみ量を観察できる機構を備えたことである。
【0008】この発明によれば、常に発生している突っ張り力を確認できるので、入浴補助具取付後、浴槽のたわみなどで突っ張り力に変化があった場合でも、都度突っ張り力を正確に把握して調整することができるので、入浴補助具の外れなどを防止することができる。
【0009】この請求項3記載の発明は請求項1および2記載の発明において、ねじ構造による伸縮を利用して突っ張り力を発生する機構を任意の位置でロックできることである。
【0010】この発明によれば、ねじ構造による伸縮を利用して突っ張り力を発生する機構を任意の位置でロックできるので、不注意または無意識な操作を原因とする該突っ張り力の低減現象による入浴補助具の外れなどを防止するので事故を未然に防ぐことができる。
【0011】この請求項4記載の発明は請求項1〜3記載の発明において、ねじ構造による伸縮を利用して突っ張り力を発生する機構部の軸と浴槽側壁を突っ張る軸を同軸にしていることである。
【0012】この発明によれば、突っ張り力を発生する機構の突っ張り力が浴槽側壁を突っ張る軸に力の分散をせずそのまま伝達されるので、入浴補助具を浴槽に強固に取付けることができる。
【0013】
【発明の実施の形態】以下に本発明における実施例を示す。図1は本入浴補助具を浴槽に取付けた状態を示す正面図の例である図2は本入浴補助具の正面図の例である図3は本入浴補助具に備える機能部内部様態の中央〜左端部を示す断面図の例である。図4は本入浴補助具に備える機能部内部様態の右端部を示す断面図の例である。
【0014】図1に示すように入浴補助具1は、浴槽7にある左右の浴槽側壁7aを突っ張り力により押して浴槽7に固定している。入浴補助具1は、機能部2と右固定フレーム3および左固定フレーム4で構成されており、例えば手摺5及び側面手摺6を備えている。使用者は浴室の洗い場側から浴槽7に入るときや、浴槽7から洗い場側へ出るときに手摺5を掴みながら浴槽側壁7aをまたぐことができ、浴槽7内においては手摺5や側面手摺6や機能部2を掴みながらしやがんだり、立ち上ったりできるので安全である。加えて、使用者が浴槽7内で浴槽水につかっているときには、掴みやすい位置に側面手摺6があるので、体勢保持がし易く安全である。
【0015】図2に示すように機能部2は、掴み部21と掴み部21の左右に螺合により組み付けられる右固定部23と左固定部24を備える。掴み部21は、ばね211と逆めねじ部212と正めねじ部213と掴み部筒状体214とばね押え215と回転規制金具216と規制ピン217とピン用ばね218と変形止めリング219と端部キャップ220で構成される。
【0016】ばね211の両端を挟みこんでいる左右のばね押え215は、回転規制金具216に組み合っており、また右側のばね押え215には、回転規制金具216の穴部を通して、逆めねじ部212が固定され、同様に左側のばね押え215には正めねじ部213が固定される。ばね211は複数化してもよく、ばね押え215との間に玉軸受けあるいは玉軸受けに相当する部品を介してもよい。
【0017】逆めねじ部212と正めねじ部213の回転規制金具216穴貫通部分には、それぞれ逆めねじ段付部212aと正めねじ段付部部213aを形成しており、逆めねじ印部212bと正めねじ印部213bは逆めねじ部212と正めねじ部213の外周部に線状の印を形成したものである。回転規制金具216は掴み部筒状体214に固定され、規制ピン217とピン用ばね218が備えられている。左右の規制ピン217はそれぞれのピン用ばね218の反力により常時、逆めねじ段付部212aと正めねじ段付部部213aを押している形態となっている。掴み部筒状体214には、逆めねじ印部212bと正めねじ印部213bの動きが外部より確認できる位置に、掴み部筒状体穴214aを形成する。逆めねじ部212と正めねじ部213の外側方向にはそれぞれ変形止めリング219が備えられており、掴み部筒状体214の両端部には端部キャップ220を備えている。
【0018】変形止めリング219の穴形状は後述する固定部筒状体232の断面形状と同じ形状とし、掴み部筒状体214の回転とは関係なく固定部筒状体232上をスライド移動する。右固定部23は、逆おねじ部231と固定部筒状体232と回転止めリング233及びロックキャップ234で構成される。回転止めリング233は、ロックキャップ234と組合っており、ロックキャップ234が回転及びスライド動作をしても外れたりしない。左固定部24は、正おねじ部241と固定部筒状体232と回転止めリング233及びロックキャップ234で構成される。右固定フレーム3はL型に形成された右フレーム31及び固定板32を備える。左固定フレーム4はL型に形成された左フレーム41及び固定板32を備える。
【0019】図2、3、4において、掴み部筒状体214を回転させることにより内部の回転規制金具216も回転し組合った左右のばね押え215及び左右のばね押え215に固定されている逆めねじ部212、正めねじ部213も回転する。ねじ機構により右固定部23及び左固定部24を伸ばすことにより右固定フレーム3、左固定フレーム4の各固定板32を浴槽に固定させる。掴み部筒状体214を機能部2の伸び方向に回転させ続けると浴槽の間に突っ張り力が発生するが、その突っ張り力はばね211にも作用する。ばね211は作用する突っ張り力に比例して縮み、その縮みにしたがって逆めねじ部212、正めねじ部213及び固定されているそれぞれのばね押え215も中央部方向に移動する。
【0020】このとき、掴み部筒状体214の両端内部にある変形止めリング219が掴み部21と固定部筒状体232との隙間を最小限にしているので、突っ張り力による機能部2の変形を防止する。この機能部2の変形防止機能により、機能部2の破損防止するとともに掴み部筒状体214の回転時のトルクを安定化させ、使い勝手をよくしている。
【0021】図5(a)は本発明におけるばねのたわみ量を観察できる機構で浴槽に取付け前状態の例の図を示す。図5(b)は図5(a)の浴槽に取付け後状態の例を示す。逆めねじ部212及び正めねじ部213の移動とともに逆めねじ印部212b及び正めねじ印部213bも移動するので、掴み部筒状体穴214aから移動距離を見ることにより、突っ張り力の確認ができる。また、入浴補助具1取付後、浴槽のたわみなどで突っ張り力に変化があった場合でも、突っ張り力に応じて逆めねじ印部212b及び正めねじ印部213bが移動するので、都度突っ張り力を正確に把握・調整することができ、使用中の入浴補助具の外れなどを防止できる。
【0022】図6は本発明におけるねじ構造による伸縮を利用して突っ張り力を発生する機構が空回りした状態の例の図を示す。図7(a)は回転規制金具216及びばね押え215の形状の例を示す。図7(b)は回転規制金具216とばね押え215が組み合っている状態の例を示す。図7(c)はばね押え215が回転規制金具216から外れた状態の例を示す。
【0023】図7(a)、(b)に示すようにばね押え215の外形及び回転規制金具216のばね押え215組合せ部の形状は円の両端を切断した形状とし、組合せ時にそれぞれが自由に回転出来ない形状とする。 または、ばね押え215の外形及び回転規制金具216のばね押え215組合せ部の形状は、回転が規制されればどのような形状でもかまわない。図7(c)に示すように、掴み部筒状体214を回転させ続けると、ばね211が縮み続けて左右のばね押え215が組合っていた回転規制金具216から外れる。
【0024】よって、それ以上掴み部筒状体214を回転させても左右のばね押え215は回転しなくなり、左右のばね押え215と固定されている逆めねじ部212及び正めねじ部213も回転しなくなるので、ねじ機構が動作しなくなり空回りする状態となる。このねじ機構が空回りすることにより、突っ張り力はそれ以上かからなくなるので、突っ張り過ぎによる浴槽の破壊を防止できる。また、空回りするまで掴み部筒状体214を機能部2の伸ばし方向に回転させるだけなので、誰でも一定の突っ張り力で入浴補助具1を取付することが可能になる。
【0025】図8(a)は逆めねじ部212の逆めねじ段付部212aの形状の例を示す。図8(b)は逆めねじ段付部212a部分の掴み部21の断面図を示しており、左右のばね押え215が回転規制金具216から外れた後の状態で、矢印は機能部2を伸ばす回転方向を示している。図8(c)での矢印は機能部2を縮める回転方向を示している。図8(a)、(b)、(c)では、逆めねじ部212の例を示しているが正めねじ部213においても同様の構造とする。
【0026】図8(b)において、掴み部筒状体214を機能部2の伸ばし方向に回転させても規制ピン217はピン用ばね218を利用した上下動作により逆めねじ段付部212aの段差を乗り越えてゆき回転を続行するので、空回り状態となる。図8(c)において、掴み部筒状体214を機能部2の縮み方向に回転させると規制ピン217は逆めねじ段付部212aの段付面に当たるので、掴み部筒状体214の回転に同調して逆めねじ部212も回転する。この機能部2の伸ばし方向回転には空回りをするが、縮み方向回転には逆めねじ部212及び正めねじ部213が掴み部筒状体214の回転に同調する構造により、機能部2の縮み動作すなわち入浴補助具1の取外しが可能になる。
【0027】図9(a)は固定部筒状体232の断面の例を示す。図9(b)は端部キャップ220で、図8(c)は回転止めリング233の形状の例を示す。図10は掴み部21を左固定部24にロックした状態の例を示す。
【0028】図9(a)に示すように固定部筒状体232の断面形状はだ円形状とする。また、回転止めリング233の穴形状も固定部筒状体232と同じだ円形状とするが、固定部筒状体232の断面形状及び回転止めリング233の穴形状は回転を防止する任意の形状であってもよい。
【0029】図9(b)、(c)に示すように、端部キャップ220の外側面はギザギザの凹形状を形成しており、回転止めリング233はギザギザの凸形状を形成しており、凹形状と凸形状がかみ合っての組合せが可能となっている。 または、端部キャップ220が凸形状で回転止めリング233が凹形状を形成してもよい。ロックキャップ234の穴形状は固定部筒状体232上で回転が可能な円形状とし、めねじ加工部が形成され、掴み部筒状体214にはおねじ加工部が形成されており、ねじ機構による接合と分離が可能となっている。また、ロックキャップ234と掴み部筒状体214の接合及び分離方法はねじ機構以外の方法でもよい。
【0030】図10に示すように、ロックキャップ234を掴み部筒状体214に接合すると端部キャップ220のギザギザの凹形状部と回転止めリング233のギザギザの凸形状がかみ合った状態になる。回転止めリング233の穴形状は固定部筒状体232の断面形状と同じなので回転動作が不可能であるので、掴み部筒状体214と接合することにより掴み部筒状体214も回転動作が不可能な状態となりロック状態となる。
【0031】請求項1におけるような、掴み部筒状体214が空回り状態時には必要回転トルクが低くなるので容易に回転しやすく手摺としては不適当であるが、このロック状態にすることによって、掴み部筒状体214は回転動作しなくなるので手摺として安全に使用できる。また、誤って機能部2の縮み方向に回転させることによる突っ張り力の低下を防止でき、入浴補助具1の外れなどを防止できる。
【0032】また、入浴補助具1を持ち運ぶ場合に、このロック状態にしておくと掴み部21だけを持って持ち上げた時に右固定フレーム3及び左固定フレーム4の回転動作が発生しないので、不注意による事故の発生を防止できる。
【0033】図11は本入浴補助具の側面図の例である右固定フレーム3及び左固定フレーム4の固定板32の固定板軸32aと機能部2の機能部軸2aが同軸であるので、フレーム31及びフレーム41の浴槽当り部等への突っ張り力の力の分散がなくなり固定板32へ全突っ張り力が伝達される。この突っ張り力の分散防止により、入浴補助具1を浴槽に強固に取付けることができる。
【0034】
【発明の効果】本発明は上記構成により次の効果を発揮する。請求項1記載の発明によれば、簡単に誰でも一定の突っ張り力で浴槽への取付が可能になるので、浴槽を破壊したり外れてしまう危険性をなくすことができる。
【0035】この請求項2記載の発明によれば、浴槽のたわみなどで突っ張り力に変化があった場合でも、都度突っ張り力を正確に把握して調整することができるので、入浴補助具の外れなどを防止することができる。
【0036】この請求項3記載の発明によれば、不注意または無意識な操作を原因とする突っ張り力の低減現象による入浴補助具の外れなどを防止するので事故を未然に防ぐことができる。
【0037】この請求項4記載の発明によれば、入浴補助具を浴槽に強固に取付けることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013