米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 東陶機器株式会社

発明の名称 食器洗い機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−61891(P2003−61891A)
公開日 平成15年3月4日(2003.3.4)
出願番号 特願2001−251100(P2001−251100)
出願日 平成13年8月22日(2001.8.22)
代理人
発明者 下寺 健一 / 驛 利男
要約 課題
食器の汚れレベルに応じた洗浄をおこなうだけではなく、使用者の状況、要望に応じて使い分けが可能な食器洗い機を提供すること。

解決手段
洗浄槽1と、洗浄水を圧送する洗浄ポンプ14と、前記圧送された洗浄水を噴射する洗浄ノズル15と、前記洗浄槽に洗浄水を供給する電磁弁12と、前記洗浄手段より洗浄槽に供給された洗浄水量を検知する水位検知部14と、前記ポンプ、洗浄水供給手段13、水位検知部14および温水ヒータ17等の各洗浄動作に係わる負荷の動作を制御する制御部20とを備えた食器洗い機において、各種汚れの特性に応じて温水ヒータ17、洗浄ポンプ14などの動作制御をおこなう。
特許請求の範囲
【請求項1】 洗浄槽と、前記洗浄槽に洗浄水を供給する洗浄水供給手段と、前記洗浄水の水量を検知する水量検知部と、前記洗浄水の温度を検知する温度検知部と、前記洗浄水を加熱する加熱手段と、前記洗浄水を圧送する圧送手段と、前記圧送手段により加圧された洗浄水を噴射する洗浄手段と、前記洗浄水を前記洗浄槽より排出する排水手段と、前記洗浄水供給手段、前記加熱手段、前記圧送手段、前記排水手段の各負荷動作を制御して、一連の洗浄工程(給水、洗浄、排水)を複数回繰り返し実施する制御手段とを備えた食器洗い機において、前記温度検知部からの信号に基づいて前記加熱手段を動作させながら洗浄をおこなう加熱洗浄工程と、前記温度検知部からの信号に係わらず前記加熱手段を動作させずに洗浄をおこなう非加熱洗浄工程のうち、最終の洗浄工程を前記加熱洗浄工程とすると共に、最終の洗浄工程より前におこなわれる複数回の洗浄工程において、少なくとも2回の加熱洗浄工程が含まれることを特徴とする食器洗い機。
【請求項2】 洗浄槽と、前記洗浄槽に洗浄水を供給する洗浄水供給手段と、前記洗浄水の水量を検知する水量検知部と、前記洗浄水の温度を検知する温度検知部と、前記洗浄水を加熱する加熱手段と、前記洗浄水を圧送する圧送手段と、前記圧送手段により加圧された洗浄水を噴射する洗浄手段と、前記洗浄水を前記洗浄槽より排出する排水手段と、前記洗浄水供給手段、前記加熱手段、前記圧送手段、前記排水手段の各負荷動作を制御して、一連の洗浄工程(給水、洗浄、排水)を複数回繰り返し実施する制御手段と、洗浄工程の実施回数および各負荷の動作制御が予め規定されている複数個の運転プログラムを備えた食器洗い機において、一の運転プログラムに対して、前記温度検知部からの信号に基づいて前記加熱手段を動作させながら洗浄をおこなう複数回の加熱洗浄工程および前記温度検知部からの信号に係わらず前記加熱手段を動作させずに洗浄をおこなう1以上の非加熱洗浄工程の実施回数が異なり、且つ全体の洗浄工程の実施回数が等しい別の運転プログラムを併せ持つことを特徴とする食器洗い機。
【請求項3】 前記加熱洗浄工程を複数回実施する食器洗い機において、加熱洗浄工程での洗浄水の到達目標温度を異なる温度とすると共に、後段の加熱洗浄工程における到達目標温度を前段の加熱洗浄工程よりも高くしたことを特徴とする請求項1〜2に記載の食器洗い機。
【請求項4】 前記加熱洗浄工程における前記圧送手段の動作制御において、一定期間の動作休止を設けると共に、前記動作休止の実施頻度を同一の加熱洗浄工程では、前記加熱洗浄工程の時間経過に伴なって多くしていくことを特徴とする請求項1〜3に記載の食器洗い機。
【請求項5】 前記加熱洗浄工程における前記圧送手段の動作制御において、一定期間の動作休止を設けると共に、前記動作休止の実施頻度を、前段に実施される加熱洗浄工程よりも、後段の加熱洗浄工程において多くすることを特徴とする請求項1〜4に記載の食器洗い機【請求項6】 前記加熱洗浄工程における前記圧送手段の出力制御において、前記圧送手段の出力を可変とすると共に、前記圧送手段の出力を同一の加熱洗浄工程では、前記加熱洗浄工程の時間経過に伴なって高くしていくことを特徴とする請求項1〜5に記載の食器洗い機。
【請求項7】 前記加熱洗浄工程における前記圧送手段の出力制御において、前記圧送手段の出力を、前段に実施される加熱洗浄工程よりも、後段の加熱洗浄工程において高くすることを特徴とする請求項1〜6に記載の食器洗い機。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、洗浄槽に収納される食器の各種汚れに対する洗浄効率を向上し、使用者が使用する状況に応じた洗浄が可能な食器洗い機を提供することにある。
【0002】
【従来の技術】従来の食器洗い機の一例として上下に2つのカゴを有する食器洗い機を図5にあげて説明する。食器洗い機により食器類の洗浄をおこなう場合は、規定の食器を上カゴ50、下カゴ60に収納し、食器洗い機専用洗剤をセットした後、扉10を閉め、操作パネル11に設けられた複数の洗浄コースを選択し、洗浄運転を開始する。
【0003】洗浄工程は通常、洗い工程、すすぎ工程、最終すすぎ工程に分かれ、各工程毎に電磁弁12による給水動作(給水動作では電磁弁12より洗浄槽下部の貯留部2に洗浄水を供給し、水位検知部13により所定の水量が検知されるまで洗浄水が供給される)、ポンプ14による洗浄動作(洗浄動作ではポンプ14により圧送された洗浄水が洗浄ノズル15より噴射され、上カゴ50、下カゴ60に収納された食器類に噴射される)、ポンプ14による排水動作(排水動作ではポンプ14により圧送された洗浄水が排水径路16より洗浄槽1系外に排出される)を繰り返しおこなう。また、洗い工程および最終すすぎ工程においては、貯留部2に配置された温水ヒータ17による洗浄水の加温も併せて実施される。洗い工程においては専用洗剤を使用するため、専用洗剤中の酵素等が効率的に働く温度域にすることを目的として洗浄水の加温をおこなう。続く複数回のすすぎ工程では専用洗剤および汚れを洗浄槽外に排出することを目的としているため、洗浄水の加温を必要としない。最終すすぎ工程においては、食器の仕上り感もしくは、後段の乾燥工程における乾燥効率を踏まえて洗浄水の加温がおこなわれる。
【0004】操作パネル11に設けられた複数の洗浄コース(図示せず)は、通常汚れのレベルによって区分され、具体的には『軽い、少ない汚れ』を短時間で洗う短時間コース、『普通の汚れ』を洗う標準コース、『頑固な汚れ』を洗う高温念入りコースなどが選択可能とされる。短時間コース、標準コース、高温念入りコース等の洗浄プログラムにおいては、上述の洗浄工程(洗い工程もしくは最終すすぎ工程)における洗浄ポンプ14による洗浄動作時間もしくは温水ヒータ17による洗浄水の到達目標温度が各々のコースで異にして設定されており、各洗浄コースの目的とする食器の汚れを確実に洗浄することが可能となっている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】従来の食器洗い機においては、上述のように複数の洗浄コースを設けることにより、食器の汚れレベルに応じた洗浄をおこなうことが可能とされる。しかしながら、食器洗い機を使用していない各家庭での食器洗いにおいては、汚れのレベルで洗い方を変えるだけでなく、場合によっては洗剤を使用せずに洗浄したりする様々な工夫がなされている。そのため、専用洗剤を常に使用することを前提とする食器洗い機においては、そのような要望を持つ使用者には適合しない機器と判断されていた。また、専用洗剤を使用せずに食器洗い機を使用することも実施されている場合はあるが、軽微な汚れは落せても、油汚れ等が含まれる日常的な食器の汚れについては洗い残しや、仕上り感の悪さ等により、満足して使用することができないという問題があった。
【0006】本発明は、前記課題を解決するためになされたもので、専用洗剤を使用しない場合でも食器の汚れを十分除去し、仕上り感良く洗い上げることが可能で、且つ汚れのレベルだけでなく、使用者の状況、要望に応じて使い分けが可能な食器洗い機を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、請求項1では洗浄槽と、洗浄槽に洗浄水を供給する洗浄水供給手段と、洗浄水の水量を検知する水量検知部と、洗浄水の温度を検知する温度検知部と、洗浄水を加熱する加熱手段と、洗浄水を圧送する圧送手段と、圧送手段により加圧された洗浄水を噴射する洗浄手段と、洗浄水を洗浄槽より排出する排水手段と、洗浄水供給手段、加熱手段、圧送手段、排水手段の各負荷動作を制御して、一連の洗浄工程(給水、洗浄、排水)を複数回繰り返し実施する制御手段とを備えた食器洗い機において、温度検知部からの信号に基づいて加熱手段を動作させながら洗浄をおこなう加熱洗浄工程と、温度検知部からの信号に係わらず前記加熱手段を動作させずに洗浄をおこなう非加熱洗浄工程のうち、最終の洗浄工程を加熱洗浄工程とすると共に、最終の洗浄工程より前におこなわれる複数回の洗浄工程において、少なくとも2回の加熱洗浄工程を実施することとした。
【0008】請求項2では、洗浄槽と、洗浄槽に洗浄水を供給する洗浄水供給手段と、洗浄水の水量を検知する水量検知部と、洗浄水の温度を検知する温度検知部と、洗浄水を加熱する加熱手段と、洗浄水を圧送する圧送手段と、圧送手段により加圧された洗浄水を噴射する洗浄手段と、洗浄水を前記洗浄槽より排出する排水手段と、洗浄水供給手段、加熱手段、圧送手段、排水手段の各負荷動作を制御して、一連の洗浄工程(給水、洗浄、排水)を複数回繰り返し実施する制御手段と、洗浄工程の実施回数および各負荷の動作制御が予め規定されている複数個の運転プログラムを備えた食器洗い機において、一の運転プログラムに対して、温度検知部からの信号に基づいて加熱手段を動作させながら洗浄をおこなう複数の加熱洗浄工程および温度検知部からの信号に係わらず加熱手段を動作させずに洗浄をおこなう1以上の非加熱洗浄工程の各々の実施回数が異なり、且つ全体の洗浄工程の実施回数が等しい別の運転プログラムを併せ持つこととした。
【0009】請求項3では、請求項1〜2の食器洗い機において、加熱洗浄工程を複数回実施する食器洗い機において、加熱洗浄工程での洗浄水の到達目標温度を異なる温度とすると共に、後段の加熱洗浄工程における到達目標温度を前段の加熱洗浄工程よりも高くした。
【0010】請求項4では、請求項1〜3の食器洗い機において、加熱洗浄工程における制御手段による圧送手段の動作制御に一定期間の動作休止を設けると共に、動作休止の実施頻度を同一の加熱洗浄工程では、加熱洗浄工程の時間経過に伴なって多くした。
【0011】請求項5では、請求項1〜4の食器洗い機において、加熱洗浄工程における記制御手段による圧送手段の動作制御で圧送手段の動作休止の実施頻度を、前段に実施される加熱洗浄工程よりも、後段の加熱洗浄工程において多くした。
【0012】請求項6では、請求項1〜5の食器洗い機において、加熱洗浄工程における制御手段による圧送手段の出力制御で圧送手段の出力を同一の加熱洗浄工程では、加熱洗浄工程の時間経過に伴なって高くした。
【0013】請求項7では、請求項1〜6の食器洗い機において、加熱洗浄工程における制御手段による圧送手段の出力制御で圧送手段の出力を、前段に実施される加熱洗浄工程よりも、後段の加熱洗浄工程において高くした。
【0014】
【発明の実施の形態】本発明に係る食器洗い機の第一の実施例について説明する。図1に本発明の第一の実施例における食器洗い機の概略構成図、図2(a)に本発明の第1の実施例における食器洗い機の洗浄工程概略図、図2(b)に本発明の第1の実施例における食器洗い機の洗浄プログラム概略図、図3に本発明の第1の実施例における食器洗い機の圧送手段の動作概略図を示す。なお、本発明の食器洗い機の構成については、従来と同じ構成部位については同符号を用いている。
【0015】第一の実施例において、操作パネル11に設けられた複数の洗浄コースは、通常汚れのレベルもしくは洗剤使用有無によって区分され、具体的には『軽い、少ない汚れ』を専用洗剤なしで洗浄する洗浄コースA、『軽い、少ない汚れ』を専用洗剤を用いて短時間で洗浄する短時間コース、『普通の汚れ〜頑固な汚れ』を専用洗剤を用いて洗浄する洗浄コースBなどが選択可能とされる。洗浄コースA、短時間コース、洗浄コースB等の洗浄プログラムにおいては、上述の洗浄工程(洗い工程もしくは最終すすぎ工程)における圧送手段である洗浄ポンプ14による洗浄動作時間もしくは温水ヒータ17による洗浄水の到達目標温度が各々のコースで異にして設定されており、各洗浄コースの目的に応じた食器洗浄を確実に実施することが可能となっている。
【0016】本発明の第1の実施例の食器洗い機により食器類の洗浄をおこなう場合は、規定の食器を上カゴ50、下カゴ60に収納し、食器洗い機専用洗剤はセットせずに、扉10を閉め、操作パネル11に設けられた任意の洗浄コースを選択し、洗浄運転を開始する。
【0017】洗浄コースAにおける洗浄工程は加熱洗浄工程1、加熱洗浄工程2、非加熱洗浄工程、加熱洗浄工程3に分かれ、各工程毎に電磁弁12による給水動作(給水動作では電磁弁12より洗浄槽下部の貯留部2に洗浄水を供給し、水位検知部13により所定の水量が検知されるまで洗浄水が供給される)、ポンプ14による洗浄動作(洗浄動作ではポンプ14により圧送された洗浄水が洗浄ノズル15より噴射され、上カゴ50、下カゴ60に収納された食器類に向けて噴射される)、ポンプ14による排水動作(排水動作ではポンプ14により圧送された洗浄水が排水径路16より洗浄槽1系外に排出される)を繰り返しおこなう。この一連の洗浄工程の中で、加熱洗浄工程においては、貯留部2に配置された、サーミスタ18、温水ヒータ17による洗浄水の加温も併せて実施される。
【0018】通常食器洗い機にて洗浄をおこなう食器に付着した汚れ成分は、米粒等を主体としたデンプン系汚れ、卵等を主体としたタンパク系汚れ、ラード等を主体とした油脂系汚れに分類され、各成分が単独もしくは複合した形で食器表面に付着している。これら食器に付着した汚れ成分においては、以下の特性が挙げられる。デンプン系汚れは乾燥して食器表面上で固化して付着していることが多いため、洗浄温度域に関係なく、固化汚れが十分に吸水して膨潤するための時間が必要とされる。また、タンパク系汚れについては高温域において組成変性を起こし、食器表面に汚れが固着する方向に物性が変化するため、低温域で食器表面より除去することが望ましい。また、油脂系汚れについては食器表面からの脱離は比較的容易ではあるが、容易に再付着するという特性がある為、食器表面および洗浄槽から系外に排出することが比較的難しい。また、低温域では固化するが高温域では溶融する方向に物性が変化するため、高温域では食器表面および洗浄槽から系外に排出しやすくなる。従来の専用洗剤を使用する食器洗い機においては、上記汚れ成分を専用洗剤に含まれる酵素成分(タンパク分解酵素、デンプン分解酵素など)にてタンパク系汚れおよびデンプン系汚れを徐々に分解すると共に、界面活性剤成分にて、食器表面に付着した各種汚れを剥ぎ取ることで洗浄をおこなう。更に界面活性剤成分は、油脂系汚れの周囲を包み込み、再付着を防止した状態で効率的に系外に排出することが可能である。
【0019】本発明の第一の実施例においては、前述の汚れ成分の特性にあわせて効率的に洗浄をおこなう仕様となっている。まず、加熱洗浄工程1においては、貯留部2に配置された温水サーミスタ18により、洗浄槽1(もしくは貯留部2)に供給された洗浄水温を検知し、洗浄水温が40℃になるまで、温水ヒータ17を動作させながらポンプ14にて食器類を洗浄する。この加熱洗浄工程1においては、デンプン系汚れの膨潤、軟化と、高温域では変成してしまうタンパク系汚れの洗浄を目的におこなう。また、大まかな汚れや大半の油脂系汚れも加熱洗浄工程1にて洗浄槽系外に排出することが可能である。
【0020】また、本発明の食器洗い機においては、給湯機経由の給湯接続を前提として洗浄をおこなわれることを特徴としている。これは、給湯することにより、洗浄槽1にて温水ヒータ17を動作させる時間、エネルギーを削減し、給水で接続する場合よりも比較的短時間に、且つ経済的に洗浄することが可能という点と、給湯温度を60℃近辺で設定することにより、最初の洗浄工程における洗浄開始温度が低温域40℃から開始することができる(給湯直後の洗浄水は、食器洗い機庫内および食器に熱量を奪われ、温度低下を起こすため)点で効率的である。しかしながら、本発明の第一の実施例においては更に、食器洗い機の接続元の状況(水道直結もしくは給湯機経由)に応じて適切な洗浄がおこなわれるよう制御される。すなわち、加熱洗浄工程1の給水動作もしくは洗浄動作初期において、洗浄槽1に供給された洗浄水温が温水サーミスタ18により40℃以下と検知されれば、温水サーミスタ18の検知温度が40℃になるまで温水ヒータ17を動作するよう制御されるが、40℃以上と検知されれば、温水ヒータ17は動作しないように制御され、どのような接続元の状況においても同様の温度域で洗浄することができ、同じ洗浄効果を得ることが出来る。また、別の制御方式として、加熱洗浄工程1で規定される洗浄動作時間の終了時において洗浄水温が40℃以下であった場合は、検知温度が40℃になるまで温水ヒータ17を動作すると共にポンプ14による洗浄動作時間は延長される。このような制御は、全ての加熱洗浄工程において実施され、各加熱洗浄工程が適切な温度域で且つ適切な時間洗浄動作をおこなわれることで、どのような接続元の状況においても同様の洗浄効果を得ることを目的としている。
【0021】続いて加熱洗浄工程2においては、貯留部2に配置された温水サーミスタ18により、洗浄槽1に供給された洗浄水温を検知し、洗浄水温が55℃になるまで、温水ヒータ17を動作させながらポンプ14にて食器類を洗浄する。この加熱洗浄工程2においては、膨潤、軟化したデンプン系汚れの剥ぎ取りと、油脂系汚れをの完全除去を目的としている。この加熱洗浄工程2では、油脂系汚れが完全に溶融する50℃以上の高温域での洗浄をおこなうため、加熱洗浄工程1では除去し切れなかった、もしくは系内に再付着した油脂系の汚れを溶かした状態で排出する。また、この加熱洗浄工程2においては前段の加熱洗浄工程1にて予備的に庫内、食器が温められているため、温水ヒータ17により比較的短時間に高温域に加温することが可能である。また、対象とする汚れも膨潤、軟化したデンプン系汚れの剥ぎ取りと、油脂系汚れをの完全除去であるため、デンプン系汚れの膨潤、軟化を目的として時間を要する加熱洗浄工程1と比べて、洗浄動作時間を短く規定することが可能となり、結果として全体の洗浄時間を短縮、効率化することが可能となる。
【0022】次に実施される非加熱洗浄工程は、主に貯留部2に残留していた加熱洗浄工程2における排水後残水に含まれる汚れ成分の置換を目的としている。本実施例においては、各洗浄工程において対象の汚れを都度排出している点で汚れ成分の置換のために必要とされる上記工程を最少限とすることができる。更に、誤って専用洗剤を入れた場合でも、加熱洗浄工程2においても十分置換がなされるため、専用洗剤が多量に残留する恐れもない。
【0023】また、最終の加熱洗浄工程3においては、洗浄水貯留部2に配置された温水サーミスタ18により、洗浄槽1に供給された洗浄水温を検知し、洗浄水温が60℃になるまで、温水ヒータ17を動作させながらポンプ14にて食器類を洗浄する。この加熱洗浄工程3においては、さらに高温域において食器表面に残留している微量の固着汚れの排除をおこない、最終的に食器の仕上げをおこなう。
【0024】同じく操作パネル11に設けられた任意の洗浄コースBにおける洗浄工程は加熱洗浄工程1、非加熱洗浄工程1、非加熱洗浄工程2、加熱洗浄工程2に分かれる。これは洗浄コースBが専用洗剤を使用することを前提としているためで、加熱洗浄工程1では、専用洗剤中の酵素成分の活性が高い45℃〜50℃において洗浄水温を制御しながら洗浄をおこなう。この加熱洗浄工程1では、デンプン系汚れ、タンパク系汚れを酵素で分解しながら、界面活性剤にて食器表面より剥ぎ取り、油脂系汚れは界面活性剤にて包み込んで排出をおこなうことができるため、この工程のみで食器表面の殆どを洗浄することを目的とする。但し、貯留部2に残留する加熱洗浄工程1における排水後残水に含まれる多量の汚れ成分、洗剤成分は十分置換する必要があるため、続いて非加熱洗浄工程1,2と2回の洗浄水置換工程が必要となる。最終におこなう加熱洗浄工程2においては、洗浄コースAと同様、高温域において食器表面に残留している微量の固着汚れの排除をおこない、最終的に食器の仕上げをおこなう。以上のように、洗浄コースAでは、専用洗剤を使わない場合でも、食器に付着する汚れの成分の特性に応じた温度域で複数の加熱洗浄工程を実施することにより、汚れを除去することが可能であり、結果として専用洗剤を使用する洗浄コースBと合計の実施工程数および所要時間にもかかわらず、洗浄ノズル15から噴射される洗浄水の衝突エネルギーのみで効率的に食器を洗浄することが可能となる。
【0025】同じく操作パネル11に設けられた短時間洗浄コースにおける洗浄工程は、非加熱洗浄工程1、非加熱洗浄工程2、非加熱洗浄工程3に分かれる。本洗浄コースは、非加熱洗浄工程1にて約3分間、専用洗剤にて洗浄した後、非加熱洗浄工程2、3にて非加熱洗浄工程1における排水後残水に含まれる汚れ成分、洗剤成分の置換をおこなう。
【0026】また、本発明の第1の実施例における食器洗い機の圧送手段の動作について図3にて説明する。洗浄コースAにおいては、加熱洗浄工程1〜3においてポンプ14の動作に一定期間の休止を設けている。この休止動作制御は、ポンプ14を再び駆動させた際に、昇圧された洗浄水が洗浄ノズル15から噴射する初発の噴射水の洗浄エネルギーが比較的高いことを応用しており、特に食器表面に固着した汚れ成分に対しては、初発の噴射水の塊を供給することで洗浄効率を高めることが可能である。そのため、ポンプ14休止回数もしくは休止頻度は、固化汚れが給水、膨潤してしまった後に多く実施することが好ましい。よって、ポンプ14休止回数もしくは休止頻度は、後段の加熱洗浄工程に対して前段の加熱洗浄工程がより少なくなるように制御される。すなわち、洗浄コースAにおいては加熱洗浄工程3におけるポンプ14の休止頻度を多くすることにより、乾燥固化した汚れ成分が洗浄水を吸収して膨潤した段階で高い洗浄エネルギーを高い頻度で供給出来ることとなり、洗浄効率を高めることができる。また、加熱洗浄工程1,2では、乾燥固化した汚れ成分を早い段階で膨潤させることも目的であるため、ポンプ14は出来るだけ連続的に動作させ、常時洗浄水を汚れ表面に供給し、より多くの洗浄水を吸収できるようにすることが好ましい。但し、汚れの成分により、給水、膨潤の進行状況は異なってくるため、加熱洗浄工程1,2においても工程初期はポンプ14を連続的に動作させ、工程経過に伴ない徐々に休止頻度を増加させることにより、その時点で膨潤し、脱離し易くなった汚れを順次、効率的に剥ぎ取るようポンプ14の動作制御をおこなう。
【0027】続いて本発明に係る食器洗い機の第二の実施例について説明する。第二の実施例の食器洗い機は、第一の実施例と同構造である。図4に本発明の第二の実施例における食器洗い機の圧送手段の動作概略図を示す。本実施例における圧送手段であるポンプ14は、回転数を可変に出来るインバータ式ポンプである。このため、洗浄コースAにおいては、加熱洗浄工程1〜3においてポンプ14の回転数を工程の経過時間と共に増加させ、洗浄ノズル15からの噴射エネルギーを高めて洗浄する。洗浄能力のみで判断すると常時高い回転数で洗浄することが好ましいが、エネルギー消費や洗浄音等の食器洗い機全体の洗浄効率を考慮した場合、乾燥固化した汚れ成分が洗浄水を吸収するまでは低い回転数で運転し、汚れ成分が膨潤した段階で高い洗浄エネルギーを供給した方がより効率的である。よって、前段の加熱洗浄工程では、ポンプ14は後段の加熱洗浄工程よりも低い回転数で運転される。また、加熱洗浄工程1,2では、乾燥固化した汚れ成分を早い段階で膨潤させることが目的であるため、ポンプ14は食器表面の汚れ成分に洗浄水を供給できる回転数に抑えることで、エネルギー消費を必要最少限に抑えることが出来る。また、前述と同様の事由により、加熱洗浄工程1,2においても工程初期のポンプ14回転数を低いレベルとし、工程経過に伴ない徐々に回転数を増加させることにより、その時点で膨潤した汚れを順次、効率的に剥ぎ取るようポンプ14の動作制御をおこなう。
【0028】以上、加熱洗浄工程における第一の実施例における圧送手段の動作休止頻度、休止時間および第二の実施例における圧送手段の出力値については、本実施例の態様に限定されず、食器洗い機の洗浄ノズル形態、圧送手段の能力および圧送手段から洗浄ノズルに至る流水路の仕様、構成に応じて、適宜設定される。
【0029】
【発明の効果】本発明によれば、一連の洗浄工程(給水、洗浄、排水)を複数回繰り返し実施する制御手段とを備えた食器洗い機において、温度検知部からの信号に基づいて加熱手段を動作させながら洗浄をおこなう加熱洗浄工程と、温度検知部からの信号に係わらず前記加熱手段を動作させずに洗浄をおこなう非加熱洗浄工程のうち、最終の洗浄工程を加熱洗浄工程とすると共に、最終の洗浄工程より前におこなわれる複数回の洗浄工程において、少なくとも2回の加熱洗浄工程を実施することにより、専用洗剤を用いなくても、油分等の汚れ成分の再付着等なく、食器および洗浄槽内から効率的に排出することが可能となった。
【0030】また、一の運転プログラムに対して、温度検知部からの信号に基づいて加熱手段を動作させながら洗浄をおこなう加熱洗浄工程および温度検知部からの信号に係わらず加熱手段を動作させずに洗浄をおこなう非加熱洗浄工程の実施回数が異なり、且つ全体の洗浄工程の実施回数が等しい別の運転プログラムを併せ持つこととすることにより、汚れのレベルもしくは状況に応じて、専用洗剤の使用の有無を任意に選択することが可能となった。
【0031】更に、加熱洗浄工程を複数回実施する食器洗い機において、加熱洗浄工程での洗浄水の到達目標温度を異なる温度とすると共に、後段の加熱洗浄工程における到達目標温度を高くすることにより、食器の汚れの種類、性質に応じた適切な温度域で洗浄をおこなうことが可能となるため、専用洗剤を使用しない場合でも、効率的な汚れの排出をおこなうことが可能となった。
【0032】更に、加熱洗浄工程における制御手段による圧送手段の動作制御に一定期間の動作休止を設けると共に、動作休止の実施頻度を加熱洗浄工程の時間経過に伴なって多くすることにより、洗浄手段からの洗浄水噴射パターンを変更することが可能となり、食器表面上の汚れの付着状態にあわせた効率的な洗浄をおこなうことが可能となった。
【0033】更に、加熱洗浄工程における記制御手段による圧送手段の動作制御で圧送手段の動作休止の実施頻度を、前段に実施される加熱洗浄工程よりも、後段の加熱洗浄工程において多くすることにより、固着した汚れが膨潤した状況状態でより多くの洗浄水の噴射エネルギーを供給することが可能となり、結果として高い洗浄性を確保することが可能となった。
【0034】また、加熱洗浄工程における制御手段による圧送手段の出力制御で圧送手段の出力を加熱洗浄工程の時間経過に伴なって高くすることにより、洗浄手段からの洗浄水噴射圧力を変更することが可能となり、食器表面上の汚れの付着状態にあわせた効率的な洗浄をおこなうことが可能となった。
【0035】また、加熱洗浄工程における制御手段による圧送手段の出力制御で圧送手段の出力を、前段に実施される加熱洗浄工程よりも、後段の加熱洗浄工程において高くすることにより、固着した汚れが膨潤した状況状態でより高いの洗浄水の噴射エネルギーを供給することが可能となり、結果として高い洗浄性を確保することが可能となった。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013