米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 照明 -> 市光工業株式会社

発明の名称 車両用灯具
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2002−75021(P2002−75021A)
公開日 平成14年3月15日(2002.3.15)
出願番号 特願2000−265877(P2000−265877)
出願日 平成12年9月1日(2000.9.1)
代理人 【識別番号】100083806
【弁理士】
【氏名又は名称】三好 秀和 (外8名)
【テーマコード(参考)】
3K080
【Fターム(参考)】
3K080 AA01 AB15 AB17 BB20 BC11 CA00 CC01 
発明者 塩谷 真理子
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 熱可塑性樹脂製のランプハウジングと、ランプ正面からランプ側面にかけて回り込んで形成され後面の周囲縁部に固着脚部を一体に突設した熱可塑性樹脂製のアウタレンズとを備え、前記ランプハウジングの前面の周囲縁部に前記固着脚部を溶着して前記アウタレンズで前記ランプハウジングの前面開口部を覆って構成される車両用灯具において、前記固着脚部と共に前記ランプハウジングの前面の周囲縁部に溶着される縦リブが、前記固着脚部の内前記ランプ側面に対応する部分の両側に、前記固着脚部の突設方向に沿い、かつ前記固着脚部の周方向に沿って適宜の間隔で一体形成されていることを特徴とする車両用灯具。
【請求項2】 請求項1に記載の車両用灯具であって、前記縦リブは、前記アウタレンズの後面の周囲縁部に連続する根元部が切り欠かれて形成されていることを特徴とする車両用灯具。
【請求項3】 請求項1または2に記載の車両用灯具であって、前記ランプハウジングは、その前記ランプ側面に対応する周囲縁部の端面に、前記アウタレンズの周囲縁部のエッジ部に臨む段差部を形成したことを特徴とする車両用灯具。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、例えば、リヤコンビネーションランプやスモールランプとして適用される車両用灯具に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の車両用灯具100は、図4〜図6に示すように、ランプハウジング11にリフレクタ13を固定すると共に、リフレクタ13を透通させるようにしてランプハウジング11に光源バルブ10を装着し、かつランプハウジング11およびリフレクタ13の前面開口部をアウタレンズ12で覆って大略構成されており、ランプハウジング11を車体14に固定することにより車載される。
【0003】ところで、アウタレンズ12は、ランプハウジング11にホットメルトにより接着固定することも考えられるが、この接着固定方法は、アウタレンズ12とランプハウジング11との分別が難しく、資源リサイクルの観点から敬遠される傾向にあり、このため近年では、超音波振動溶着や熱板溶着らの溶着手段によりランプハウジング11に固定されている。
【0004】この車両用灯具100では、ランプハウジング11は、AES樹脂等の熱可塑性樹脂材で形成されており、アウタレンズ12は、ランプ正面L1からランプ側面L2にかけて回り込んで形成され後面の周囲縁部に固着脚部2を一体に突設したPMMA樹脂等の熱可塑性樹脂材で形成されており、ランプハウジング11の前面の周囲縁部11aに固着脚部2を溶着してアウタレンズ12でランプハウジング11の前面開口部を覆っている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、車両用灯具100のように、アウタレンズ12がランプ正面L1からランプ側面L2にかけて回り込んで形成されている場合には、溶着時に必要とされる振動方向や加圧方向がランプ正面L1側のA点部位とランプ側面L2側のB点部位とで異なる。例えば、図4に示すA点部位における面に沿う水平な振動方向aは、B点部位では図6に示すように、ランプハウジング11に対する固着脚部2の接離方向bとして作用する。なお、図6中、符号15は溶着時に生成するバリである。
【0006】このためA点側では強固な溶着が得られる場合でも、B点側では脆弱な溶着状態となる恐れがあり、ひいてはB点側の溶着部位が外力負荷で剥離してシール性の低下を招く、という課題を有している。
【0007】そこで、この発明は、アウタレンズが、ランプ正面からランプ側面にかけて回り込んで形成されているにも拘わらず、ランプ正面からランプ側面にかける全周に亘って強固な溶着状態でランプハウジングに固定することができる車両用灯具を提供することを目的としている。
【0008】
【課題を解決するための手段】前記目的を達成するために、請求項1の発明は、熱可塑性樹脂製のランプハウジングと、ランプ正面からランプ側面にかけて回り込んで形成され後面の周囲縁部に固着脚部を一体に突設した熱可塑性樹脂製のアウタレンズとを備え、前記ランプハウジングの前面の周囲縁部に前記固着脚部を溶着して前記アウタレンズで前記ランプハウジングの前面開口部を覆って構成される車両用灯具において、前記固着脚部と共に前記ランプハウジングの前面の周囲縁部に溶着される縦リブが、前記固着脚部の内前記ランプ側面に対応する部分の両側に、前記固着脚部の突設方向に沿い、かつ前記固着脚部の周方向に沿って適宜の間隔で一体形成されていることを特徴とする。
【0009】このため請求項1の発明では、ランプ側面に対応する部分の固着脚部は、その両側に形成される縦リブにより溶着面積の拡大を図ることができると共に、溶着後の外部負荷に対しては外力を縦リブに分散させて負荷の軽減を図ることができる。
【0010】また、請求項2の発明は、請求項1に記載の車両用灯具であって、前記縦リブは、前記アウタレンズの後面の周囲縁部に連続する根元部が切り欠かれて形成されていることを特徴とする。
【0011】このため請求項2の発明では、縦リブの内、外部から視認できる根元部が切り欠かれているので、外部から見たときの縦リブの存在が目立たなくなる。
【0012】また、請求項3の発明は、請求項1または2に記載の車両用灯具であって、前記ランプハウジングは、その前記ランプ側面に対応する周囲縁部の端面に、前記アウタレンズの周囲縁部のエッジ部に臨む段差部を形成したことを特徴とする。
【0013】このため請求項3の発明では、ランプハウジングに形成される段差部により、ランプハウジングの内部を外部から隠すことができる。
【0014】
【発明の実施の形態】以下、この発明の実施の形態を図面に基づき説明する。なお、図4〜図6に示したものと同一の構成要素は同一符号を付して説明する。
【0015】図1は、スモールランプとして適用される車両用灯具1を示す。この車両用灯具1は、前述した車両用灯具100と同様に、熱可塑性樹脂(例えば、AES樹脂)製のランプハウジング11と、ランプ正面L1からランプ側面L2にかけて回り込んで形成され後面の周囲縁部に固着脚部2を一体に突設した熱可塑性樹脂(例えば、PMMA樹脂)製のアウタレンズ12とを備え、ランプハウジング11の前面の周囲縁部11aに固着脚部2を溶着してアウタレンズ12でランプハウジング11の前面開口部を覆って構成されている。さらに、車両用灯具1は、ランプハウジング11にリフレクタ13を固定すると共に、リフレクタ13を透通させるようにしてランプハウジング11に光源バルブ10を装着しており、ランプハウジング11を車体14に固定することにより車載される。
【0016】また、車両用灯具1は、固着脚部2と共にランプハウジング11の前面の周囲縁部11aに溶着される縦リブ3が、固着脚部2の内、ランプ側面L2に対応する部分の両側に、固着脚部2の突設方向に沿い、かつ固着脚部2の周方向に沿って適宜の間隔で一体形成されている。
【0017】具体的には、固着脚部2は、アウタレンズ12の周囲縁部の全周に亘って環状に形成されており、ランプハウジング11に対して全周溶着により固定されている。溶着手段は、従来と同様に超音波振動溶着や熱板溶着らが用いられ、縦リブ3を含む固着脚部2の全周を同時溶着する。
【0018】また、縦リブ3は、図1〜図3に示すように、アウタレンズ12の回り込みがきつくなるランプ側面L2に対応する部分にある固着脚部2の両側に、フィン状に一体に形成される。本実施形態では、縦リブ3は、図2に示すように、ランプ側面L2に対応する湾曲部分12bに形成される固着脚部2に沿って、適宜の間隔を維持して複数個設けられる。図2中、縦リブ3の設置箇所を丸破線で示している。
【0019】また、縦リブ3は、好ましくは図3に示すように、アウタレンズ12の後面12cの周囲縁部に連続する根元部4(図3中、網線を付した部分)が切り欠かれて形成される。本実施形態では、根元部4は、切除後の端面3aが固着脚部2から離れる方向に下り傾斜面となるように切り欠かれている。なお、図3中、符号15は溶着時に生成するバリである。
【0020】さらに好ましくは、図3に示すように、ランプハウジング11は、そのランプ側面L2に対応する周囲縁部11aの端面11bに、アウタレンズ12の周囲縁部のエッジ部12aに臨む段差部11cを形成して全体構成される。ランプハウジング11の周囲縁部11aには、略直角に屈曲されて囲い壁11dが形成されており、段差部11cはこの囲い壁11dの先端面11bに形成されている。
【0021】このように構成された車両用灯具1によれば、ランプ側面L2に対応する部分の固着脚部2は、その両側に形成される縦リブ3により溶着面積の拡大を図ることができると共に、溶着後の外部負荷F(図3参照)に対しては外力を縦リブ3に分散させて負荷の軽減を図ることができ、これにより溶着部位の耐剥離性を確保することができる。
【0022】このように、アウタレンズ12が、ランプ正面L1からランプ側面L2にかけて回り込んで形成されているにも拘わらず、ランプ正面L1からランプ側面L2にかける全周に亘って強固な溶着状態でランプハウジング11に固定することができ、ひいてはランプハウジング11のシール性を維持することができる。
【0023】また、縦リブ3の内、外部から視認できる根元部4が切り欠かれているので、外部から見たときの縦リブ3の存在が目立たなくなり、これにより見栄えを損なうこともない。
【0024】さらに、ランプハウジング11の周囲縁部11aの端面11bに、アウタレンズ12の周囲縁部のエッジ部12aに臨む段差部11cを形成したので、この段差部11cにより縦リブ3を含めた囲い壁11dの内部を外部から隠すことができ、これにより見栄えを一層向上させることができる。
【0025】
【発明の効果】以上説明してきたように、請求項1の発明によれば、ランプ側面に対応する部分の固着脚部は、その両側に形成される縦リブにより溶着面積の拡大を図ることができ、これによりアウタレンズが、ランプ正面からランプ側面にかけて回り込んで形成されているにも拘わらず、ランプ正面からランプ側面にかける全周に亘って強固な溶着状態でランプハウジングに固定することができ、かつ溶着後の外部負荷に対しては外力を縦リブに分散させて負荷の軽減を図ることができ、これらにより溶着部位の耐剥離性を確保してランプハウジングのシール性を維持することができる。
【0026】また、請求項2の発明によれば、縦リブの内、外部から視認できる根元部が切り欠かれているので、外部から見たときの縦リブの存在が目立たなくなり、これにより請求項1の発明の効果に加えて見栄えを損なうこともない。
【0027】また、請求項3の発明によれば、ランプハウジングに形成される段差部により、ランプハウジングの内部を外部から隠すことができ、これにより請求項1または2の発明の効果に加えて見栄えを一層向上させることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013