米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 机上付属具 -> ぺんてる株式会社

発明の名称 チャック体
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2002−137591(P2002−137591A)
公開日 平成14年5月14日(2002.5.14)
出願番号 特願2001−89013(P2001−89013)
出願日 平成12年10月31日(2000.10.31)
代理人
発明者 丸山 茂樹 / 大貫 壮二
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 チャックリングによって開閉するチャック体であって、そのチャック体の前記チャックリングが接触する部分に傾斜面を形成すると共に、その傾斜面を形成するキャビティーを、他の部分を形成するキャビティーと少なくとも別部材としたことを特徴とするチャック体。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、チャックリングによって開閉するチャック体に関する。
【0002】
【従来の技術】1例として、実開昭55−93585号公報を挙げ説明する。シャープペンシルに使用されているチャック体である。詳述すると、チャック34は、スライドコア44とコアーピン42によって成形される。勿論、スライドコア44の内側には、前記チャック34の外形部が形成されるキャビティーが形成されている。そして、前記チャック34の摺動筒(本発明のチャックリングに相当)8が位置する外面には、傾斜面が形成されている。この傾斜面が前記摺動筒8に接触することによって、チャック34が閉鎖せしめられ、芯が挟持されるようになっている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ここで、前記のようにチャックリングによってチャック体が開閉され、そのチャック体の開閉によって芯の挟持・非挟持が行われるシャープペンシルにあっては、次のような課題を有している。チャック体の傾斜面の寸法的なバラツキによる、前記チャックリングのチャック体に対する係止位置のバラツキである。以下、その係止位置のバラツキによる不具合点を具体的に説明する。第1の不具合は、チャックリングがチャック体の前方位置で、チャック体が閉鎖し、芯を挟持した場合に発生する。詳述すると、筆記の際に芯に、その筆記圧が加わると、芯が後退すると共に、挟持しているチャック体も後退しようとする。しかし、前記チャックリングがチャック体の前方部分に位置してしまっているため、芯やチャック体は多少は後退するものの、あまり後退することはできず、結局のところ、芯がチャック体を滑って後退してしまうのである。そして、このようなことを繰り返していると、芯が摩耗し、芯のチャック体に対する後退が顕著となり、強いては、折損してしまう場合がある。
【0004】これとは逆に、チャックリングがチャック体の後方位置で、チャック体が閉鎖し、芯を挟持するような場合には、芯の繰り出し操作を行った直後にチャックリングがチャック体から外れてしまい、これによってチャック体が拡開してしまい、芯が繰り出せなくなると言った問題が発生してしまう(第2の不具合)。そして、上述の現象は、前記チャック体が樹脂成形品の場合に、特に顕著となる。即ち、成形終了後に発生する樹脂の収縮や、長年の使用による傾斜面の摩耗や圧縮作用による収縮である。これらを考慮して、チャック体のキャビティーを考慮して設計するが、キャビティーの摩耗とも相まって経時的に安定するものは得られなかった。そこで、前記のような問題が発生する度に、チャック体の全部を形成するキャビティーを取り出し、修理、或いは、作り替えていたが、その費用は決して安価なものではなかった。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は、チャックリングによって開閉するチャック体であって、そのチャック体の前記チャックリングが接触する部分に傾斜面を形成すると共に、その傾斜面を形成するキャビティーを、他の部分を形成するキャビティーと少なくとも別部材としたことを要旨とする。
【0006】
【作用】チャック体の傾斜面を形成するキャビティー部分のみを入れ替えすることができる。
【0007】
【実施例】1例を図1〜図4に示し説明する。軸本体1の内部には、芯タンク2が前後動自在に配置されており、その芯タンク2の前端には開閉可能な樹脂成形品よりなるチャック体3が固定されている。そのチャック体3の前方部には、チャック体3の開閉を行うチャックリング4が囲繞している。また、軸本体1の後部からは、前記芯タンク2の後部が突出しており、その突出部には、消しゴム5と、その消しゴム5を覆うようにキャップ6が着脱自在に取り付けられている。符号7は、そのキャップ6に一体成形されたクリップ部である。一方、前記軸本体1の先端には、先部材8が螺着などの手段によって着脱自在に固定されており、その先部材8の内部には、芯を軽く保持し芯の後退を阻止する芯戻り止め部9が一体形成されているが、ゴム状弾性体などの別部材で構成し圧入しても良い。符号10は、芯保護管部であり、前記先部材8の先端に一体成形されているが、金属パイプなどで形成し、圧入・固定などしても良い。尚、符号11は、前記チャック体3や芯タンク2などを後方に付勢するコイルスプリングなどの弾撥部材である。
【0008】ここで、前記チャック体3は、次に説明する金型によって成形されている。図2〜図4を基に説明する。金型12の内部には、前記チャック体3の外形を形成する複数に分割されたキャビティー13と、チャック体3の内形を形成するコアピン14が配置されている。前記複数に分割されたキャビティー13は、チャック体3の後部3aと前部3cを形成するキャビティー13aと、前記チャックリング4が接触する傾斜面3bを形成するキャビティー13bから構成されている。具体的に説明すると、前記キャビティー13aの傾斜面3bが形成される部分には、貫通孔13dが形成されており、その貫通孔13dに前記傾斜面3bを形成するキャビティー13bが填り込んでいる(特に、図3参照)。即ち、少なくともチャック体3の傾斜面3bを形成するキャビティー13bのみを入れ替えることができるものとなっている。そして、チャック体3の傾斜面3bの角度や、その傾斜面3bの外形を微調整したい場合には、前記キャビティー13bのみを外し、その部分のみを修正、或いは、作り替えればよい。尚、前記例では、チャック体3の後部3aと前部3bを形成するキャビティーを一体となしたが、図5に示すように、各々分割して形成しても良い。具体的には、チャック体3の後部3aを形成するキャビティー13aと、傾斜面3bを形成するキャビティー13b、並びに、前部3cを形成するキャビティー13cとから構成しても良い。即ち、前例のキャビティー13aを2分割したものとしている。また、前例においては、傾斜面が他の部分よりも若干大径に形成されるようにしているが(特に、図2参照)、他の部分と同一平面上に位置するようにしても良い。
【0009】
【発明の効果】本発明は、チャックリングによって開閉するチャック体であって、そのチャック体の前記チャックリングが接触する部分に傾斜面を形成すると共に、その傾斜面を形成するキャビティーを、他の部分を形成するキャビティーと少なくとも別部材としたので、傾斜面を形成するキャビティーのみを修正するだけで良好なチャック体を成形することができ、また、その修正のための費用も安価なものとなる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013