米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 机上付属具 -> ぺんてる株式会社

発明の名称 シャープペンシルの芯タンク
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2002−103880(P2002−103880A)
公開日 平成14年4月9日(2002.4.9)
出願番号 特願2000−300912(P2000−300912)
出願日 平成12年9月29日(2000.9.29)
代理人
発明者 齊藤 昭成
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 軸筒の内部に芯の繰り出しを行う芯繰り出し機構と、その芯繰り出し機構の後方に芯を収納する芯タンクを有するシャープペンシルにおいて、芯タンクの側面に窓孔を形成し、その窓穴の幅を芯径より大きくすると共に、軸線方向長さを下記数1で求められるE値よりも小さくしたことを特徴とするシャープペンシルの尾栓。
【数1】

発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、軸筒の内部に芯の繰り出しを行う芯繰り出し機構と、その芯繰り出し機構の後方に芯タンクを有するシャープペンシルに関する。
【0002】
【従来の技術】1例として特開平2000−211286号公報を挙げ説明する。一般的には、ダブルチャック式シャープペンシルと称されるシャープペンシルである。このシャープペンシルは、軸筒の前部に先部材が螺着、接着等により設けられ、その先部材の先端には軸線方向後方に付勢された先端チャックが配置されている。軸筒の内部には摺動可能で芯を多数保管しておくことが可能な芯タンクを有する。この芯タンクの前端部には芯の繰り出しを行う後部チャックが固設され、これら芯タンクや後部チャックは、スリーブと芯タンクの間に張設されたコイルスプリングなどの弾撥部材によって後方に付勢されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】このようなシャープペンシルを机などから誤って落下させたときに芯タンク内の芯が短く折れたりすることがある。この短く折れた芯をノック動作によって芯タンク内から後部チャック前方に繰り出してしまうと先部材内の後部チャック先端と芯戻り止め部材の後方の空間で脱落してしまい、次のノック動作の時、後部チャックの前進動作を阻害し作動不良を起こしてしまったりする。また、芯戻り止め部材後端の芯挿入口に芯がほんの少しだけとどき、ささったままの状態の場合、次の芯が繰り出されてくると芯戻り止め部材後端の芯挿入口で2本の芯が並んでしまうことがあり、このようになると先部材を分解しこれらの芯を取り除かなければならなくなる。しかし、ダブルチャック式シャープペンシルは先部材が分解できないので修理は不可能であった。また、通常のノック式シャープペンシルにおいては、分解・修理は可能であるが同様の現象は起きる。さらに、チャック体先端より芯保護管先端より短い芯は残芯と呼ばれ、残芯が芯タンク内から繰り出され芯保護管の先端から出てきてもチャック体に噛んでいないため筆記中に芯が回ってしまったり、書きにくい為引き抜きもう一度芯出し作業を行うなど、大変煩わしいものであった。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は、軸筒の内部に芯の繰り出しを行う芯繰り出し機構と、その芯繰り出し機構の後方に芯を収納する芯タンクを有するシャープペンシルにおいて、芯タンクの側面に窓孔を形成し、その窓穴の幅を芯径より大きくすると共に、軸線方向長さを下記数1で求められるE値よりも小さくしたことを要旨とする。
【0005】
【作用】 このことにより残芯より短い芯は排除し先部材内に短い芯がつまったり、次の芯がなかなか出てこないなどの作動不良及び不快感を防止できる。さらに、本体から窓孔の開いた芯タンクの一部を取り外した場合、芯径より太い幅を有する孔を持つので、空気の流通経路を確保しやすく、安全性が高いシャープペンシルである。
【0006】
【実施例】第1例を図1乃至図10に示し説明する。シャープペンシルの1例としてキャップ式シャープペンシルを挙げ説明する。軸筒1の先端側には、中子3が螺合や圧入や接着などの手段によって配置されている。その中子3の中間部分には、凹部4とその凹部4を形成することによって形成される突部5が円周上に形成されている。この軸筒1と中子3は、樹脂などにより一体に成形しても良い。前記軸筒1の内部には、複数本の芯体を収納する芯タンク2が前後動可能に配置されている。その芯タンク2の前方には、芯の把持・解放を行うチャック体6が固定されている。また、そのチャック体6の前方にはチャック体6の閉鎖・解放を行うチャックリング7が囲繞している。そして、それら芯タンク2やチャック体6は、中子3と芯タンク2の間に張設されたコイルスプリングなどの弾撥部材8によって後方に付勢されている。参照符号9は、繰り出された芯の後退を阻止するゴム状弾性体からなる芯戻り止め部材であり、また、参照記号10は、先部材11に固定された芯保護管であるが、それら戻り止め部材9や芯保護管10は、前記先部材11に一体成型などしても良い。尚、前記先部材11は中子3と螺着されている。キャップ18は、外面の後方側の一部分に突起部25を有し、転がり止めの役割を果たしている。そのキャップ18の内面には、リブ19が形成されており、そのリブ19を形成することによって形成された凹部20が形成されている。前記キャップリブ19は、前記中子3に円周上に形成された凹部4と係合し、そして前記キャップ凹部20には、前記中子3の突部5が係合している。つまり、前記中子3に形成された突部5は、キャップ18の内面に形成されたリブ19と凹部20とによって挟み込まれ、脱着自在に係合している。
【0007】また、前記キャップ18内には、そのキャップ18内に張り出した複数の突部21の内径より大きい径を持つ球状の弾性部材23が圧入固定されている。この複数のリブ19は成形性を考慮し、後方に向かって径が大きくなるようテーパーの斜面が形成されている。このリブ19の一部分には球体が圧入されている部分より僅かに後方部分に凸部24を、球状の弾性部材23の脱落防止のために設けてある。球体の弾性部材23はキャップ18は先端側にキャップをした際、芯保護管10と弾性部材23とは隙間の空いた状態で圧入されている。この球状の弾性部材23は内蔵された芯の色と同色にしたり、芯径により色を変えたり、シャープペンシルの識別などの役割のため着色されている。尚、弾性部材23は着色された硬い樹脂製の物でも良いが、芯が出ている状態でキャップをして当たってしまった場合、硬い材質の場合は芯が折れてしまうので、弾性を持つ材質の方が好ましい。
【0008】一方、前記芯タンク2の後部には芯タンクの一部分である尾栓12が螺合や係合などの手段によって着脱自在に配置されている。尾栓12の側面には、複数の窓孔15が配置されており、この窓孔15の幅は芯径より大きい。本例においては、芯径は0.55mm、窓孔の幅は0.7mmである。この窓孔15の軸線方向の長さはEは、数2を満たす値より小さくされている。
【0009】
【数2】

【0010】窓孔15が計算値と同じ値であるときCの長さの芯がちょうど落ちるときである。本記載例は図3が示すとおりG=0であるため E=AC/Fである。本例では、残芯長さC=11.54mm、窓孔部内径F=2.1mmで、芯径A=0.55mmであるので、Eは3.02mmとなる。図10のように、窓孔の長さがこのEより長い時、残芯以上の芯であっても芯が排出されてしまう。本例において、窓孔長さは2.66mmで計算値Eの3.02mmより短いので、図9のように残芯以下の長さの芯でなければ排出されない。この窓孔の位置は、芯タンクの中間部分や前側でも良いが、芯を排除する構造や、芯を排除するしやすさを考慮すると、後端側が望ましい。
【0011】第2例を図11に示す。本例においては、窓孔後端側の肉厚Gは0.89mmであり、上記数2に当てはめると(残芯長さC=11.54mm、窓孔部内径F=2.1mm、芯径A=0.55mm)、Eは5.44mmとなり、本例では、窓孔長さ2.66mmであれば残芯以下の芯だけが排除できる。(図12は窓孔長さが5.44mmより短い場合、図13は窓孔長さが5.44mmより長い場合である。)この本例では、残芯以下の芯を排除するべく窓孔長さの設定を行ったが、芯づまりを起こす芯を排除したい場合は、上記式のCをDの長さに置き換えて計算することにより窓孔の長さが求められる。図3の例において、芯づまり長さDは3.64mmである場合、Eの値を求めると、E=0.95mmで、窓孔長さは0.95mm未満となる。同様に図11の場合はE=1.28mmで、窓孔長さは1.28mm未満となる。前記尾栓12は芯タンク2と螺合によって取り付けられているが、着脱可能な手段であれば、係合でも良い。その尾栓12は、鍔部13を有し、尾栓12を芯タンク2に螺合した場合、鍔部13の前側の側面17と芯タンク2の後端側面が重なり止まる。この時、芯タンク2と尾栓12のがたつき防止として延長部分14がある。後端側にキャップをする場合、尾栓鍔部後端側の側面16とキャップの突部21端面とが重なり合ったとき止まるが、このとき尾栓鍔部13はキャップリブ(小)22を乗り越え係合する。この乗り越え係合する力は、前側に係合する力や芯出しを行う際のノック力よりもかなり弱く設定されており、言うなれば、係合した状態で逆向きにしても脱落せず、また、がたつきの起きない程度の弱い力となっている。
【0012】第3例を図14に示し説明する。ダブルチャック式シャープペンシルに本発明を適用した例である。軸筒26の前部には、先部材27が螺着、接着等により設けられ、その先部材27の先端には軸線方向後方に付勢された先端チャック28が配置されている。軸筒26の内部には、摺動可能で芯を多数保管しておくことが可能な芯タンク29を有している。この芯タンク29の前端部には、芯の繰り出しを行う後部チャック30が固設され、これら芯タンク29や後部チャック30は、スリーブ31と芯タンク29の間に張設されたコイルスプリングなどの弾撥部材32によって後方に付勢されている。また、前記芯タンク29の後端には、尾栓33が着脱可能に被着されている。この尾栓33の側面に窓孔34を開け、その窓孔34の幅は芯径より大きく、軸線方向の長さEは、上記数2を満たす値より小さく設定した。第4例を図15に示し説明する。サイドノック式シャープペンシルに本発明を適用した例である。軸筒35側壁には、芯の繰り出し操作を行うノック36が配置されており、また、軸筒35内には、芯を収納する芯タンク部37を有している。また、軸筒35の後端には、着脱自在にキャップ38が配置されており、そのキャップ38の側面には、窓孔39が形成されている。そして、その窓孔39の幅は芯径より大きく、軸線方向の長さEは、上記数2を満たす値より小さく形成されている。
【0013】第5例を図16、図17に示し説明する。本例は、窓孔40の長さと幅の関係がB>Eである場合の変形例である。第6例を図18に示し説明する。本例は、窓孔41を芯タンク42の中間部分の側面に開けた場合の変形例である。この時の窓孔41の幅は芯径より大きく、軸線方向の長さEは、上記数2の式を満たす値より小さく形成されているる。
【0014】
【発明の効果】本発明は、軸筒の内部に芯の繰り出しを行う芯繰り出し機構と、その芯繰り出し機構の後方に芯を収納する芯タンクを有するシャープペンシルにおいて、芯タンクの側面に窓孔を形成し、その窓穴の幅を芯径より大きくすると共に、軸線方向長さを上記数1で求められるE値よりも小さくしたので、残芯よりも短い芯を排除することができ、また、芯径よりも大きく、長さも十分な窓孔を設けているので、誤飲したときの安全性を向上させることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013