米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 電気素子 -> 関西日本電気株式会社

番号 発明の名称
1 カソード構体およびカラーブラウン管
2 配線基板,多層配線基板およびその製造方法
3 カラーブラウン管
4 給電ブラシ及びこれを用いた陰極線管の製造装置
5 LEDレンズの取付構造
6 アンテナコネクタ取付構造
7 半導体装置
8 半導体装置
9 リード成形装置
10 保護素子およびその製造方法
11 保護素子用低融点合金ペレットの製造方法および保護素子の製造方法
12 保護素子
13 カラーブラウン管用シャドウマスク溶接機
14 リード成形装置
15 カラーPDPの製造方法
16 保護素子およびその製造方法
17 フェースパネルの内面高さ測定方法及び測定装置
18 シャドウマスク構体およびカラーブラウン管
19 カラー陰極線管用電子銃およびカラー陰極線管
20 電子部品
21 半導体装置
22 発振器
23 シャドウマスク構体およびカラーブラウン管
24 電界発光灯
25 保護素子
26 シャドウマスク構体の組立方法
27 カラーブラウン管
28 気密端子
29 半導体装置及びその製造方法
30 パッケージ
31 半導体レーザ装置
32 半導体レーザ素子の端面処理方法及びそれに用いる治具
33 半導体装置
34 入力保護回路
35 シャドウマスク構体およびカラーブラウン管
36 保護素子
37 保護素子
38 カラーブラウン管の製造方法、製造装置およびカラーブラウン管
39 ドライエッチング装置
40 半導体装置
41 高周波切り替え回路IC
42 シャドウマスク構体およびカラーブラウン管
43 ダイボンダ
44 半導体装置及びその製造方法
45 縦型電界効果トランジスタ
46 保護素子
47 カラー陰極線管
48 シャドウマスク構体およびカラーブラウン管
49 インライン型受像管用電子銃の電子ビ−ム補正方法及び電子銃構体
50 光MOSFET及びその製造方法
51 保護素子
52 ワイヤボンダ
53 シャドウマスク構体およびカラーブラウン管
54 カラー陰極線管及びその製造方法
55 カラー陰極線管用電子銃およびその電子銃を装着したカラー陰極線管
56 カラー陰極線管
57 カラーブラウン管およびその製造方法
58 電界発光灯
59 絶縁パッケージおよび電子素子封止構体
60 リード付電子部品
61 シャドウマスク構体およびカラーブラウン管
62 半導体装置
63 レーザダイオード用ステムおよびその製造方法
64 パワーMOSFET及びその製造方法
65 レーザダイオード用ステムおよびその製造方法
66 カラー陰極線管
67 カラーブラウン管
68 リードフレーム及び電子部品の製造方法
69 レーザダイオード用ステムの製造方法
70 偏向ヨーク及びカラー陰極線管のミスコンバーゼンス補正方法
71 チップサイズパッケージの製造方法
72 パワーMOSFET
73 シャドウマスク構体、シャドウマスク構体の製造方法およびカラーブラウン管
74 シャドウマスク構体、シャドウマスク構体の製造方法およびカラーブラウン管
75 半導体装置
76 シャドウマスク構体およびカラー陰極線管
77 シャドウマスク構体およびカラーブラウン管
78 半導体ウェーハの研磨方法
79 半導体装置及びその製造方法
80 カラーPDPの製造方法
81 電界発光灯
82 電子銃構体およびカラー陰極線管
83 リフトオフ法による電極形成のための蒸着方法
84 テープ状部材のクリーニング装置
85 半導体装置及びその製造方法
86 シャドウマスク構体およびカラーブラウン管
87 電界発光灯
88 スパッタ方法及びそれを用いた半導体装置の製造方法
89 半導体ウェーハ及びその製造方法
90 半導体装置及びその製造方法
91 高周波用電界効果トランジスタ
92 カソード構体およびカラーブラウン管
93 電子銃およびカラーブラウン管
94 偏向ヨークおよびカラーブラウン管
95 電界発光灯及びその製造方法
96 リードフレーム及び表面実装型半導体装置
97 リードフレーム
98 電界発光灯
99 防爆型陰極線管の製造方法
100 リードフレーム

[1][2]
 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013