米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 凸版印刷株式会社

発明の名称 印刷物及び発行システム並びに検出システム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−157022(P2001−157022A)
公開日 平成13年6月8日(2001.6.8)
出願番号 特願平11−331965
出願日 平成11年11月22日(1999.11.22)
代理人
発明者 郭 素梅 / 藤沢 修
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】画像データに関連する関連情報が、人間に知覚されないように画像データに埋め込まれている画像が印刷されていることを特徴とする印刷物。
【請求項2】電子透かし技術により関連する情報を埋め込んだ画像が印刷されていることを特徴とする請求項1記載の印刷物。
【請求項3】上記画像が商品に関する画像であり、かつ上記情報が商品の注文に必要な情報を含むことを特徴とする請求項1又は2記載の印刷物。
【請求項4】上記画像が写真の画像であり、かつ上記情報が写真に関する説明又は音声を含むことを特徴とする請求項1又は2記載の印刷物。
【請求項5】上記画像がキャラクターの画像であり、かつ上記情報がキャラクターの個性を含むことを特徴とする請求項1又は2記載の印刷物。
【請求項6】画像データに関連する情報を画像データへ人間に知覚されないように埋め込む埋め込み手段と、画像データが表現する画像を印刷した印刷物を出力する印刷物出力手段とを備えることを特徴とする発行システム。
【請求項7】上記埋め込み手段が、電子透かし技術により画像に関連する情報を画像データに埋め込む手段であることを特徴とする請求項6記載の発行システム。
【請求項8】上記印刷物が商品カタログであり、上記画像が商品に関する画像であり、かつ上記情報が商品の注文に必要な情報を含むことを特徴とする請求項6又は7記載の発行システム。
【請求項9】上記印刷物が写真集であり、上記画像が写真の画像であり、かつ上記情報が写真に関する説明又は音声を含むことを特徴とする請求項6又は7記載の発行システム。
【請求項10】上記印刷物がトレーディングカードであり、上記画像がゲームに登場するキャラクターの画像であり、かつ上記情報がキャラクターの個性を含むことを特徴とする請求項6又は7記載の発行システム。
【請求項11】印刷された画像を読み取り画像データに変換する読み取り手段と、画像データに埋め込まれた画像に関連する情報を抽出する情報抽出手段と、抽出された画像に関連する情報を利用する処理を行う応用手段とを備える検出システム。
【請求項12】上記画像が商品に関する画像であり、かつ上記情報が商品の注文に必要な情報を含み、かつ上記応用手段が抽出された注文に必要な情報に基づいて商品の注文をする手段であることを特徴とする請求項11記載の検出システム。
【請求項13】上記画像が写真の画像であり、かつ上記情報が写真の説明又は音声を含み、かつ上記応用手段が、写真の説明又は音声の再生或いは編集を行う手段であることを特徴とする請求項11記載の検出システム。
【請求項14】上記画像がキャラクターの画像であり、かつ上記情報がキャラクターの個性を含み、かつ上記応用手段がその個性を持つキャラクターが登場するゲームをプレイする環境を提供する手段であることを特徴とする請求項11記載の検出システム。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、画像に関連する情報を見えないように埋め込んだ画像を印刷した印刷物、及びその印刷物を発行する発行システム、並びにその印刷物の画像から埋め込まれた情報を検出する検出システムに関する。
【0002】
【従来の技術】一般に、写真、イラスト、図形などの画像を印刷した印刷物では、その画像に関連する情報を画像の付近に印刷されることがある。例えば、通信販売の商品カタログでは、商品の画像が印刷され、商品のスペック、商品の内容や通信販売業者の商品管理のため商品コードが併記されている。そして、通信販売の利用者は、商品を注文する際に、商品コードや利用者の住所、氏名、クレジット番号などを通信販売業者に電話、FAX、葉書、或いは専用ネットワークやインターネットを介して伝える必要がある。
【0003】ところが、利用者にとっては、特に商品コードは無味乾燥な英数字などの記号列であるために、記入ミスや入力ミスなどによる発注ミスを誘発するおそれがある。商品コードをバーコードなどの2次元コードや3次元コードで表現し、利用者がそれをバーコードリーダーで読み取れば、記入ミスや入力ミスなどによる発注ミスの発生をある程度まで防止することができる。しかし、利用者は商品の写真とそれに併記されているバーコードとを一体に認識した上で利用することになる。この場合も、利用者は商品の写真と英数字などの記号列とバーで構成されたバーコードとを対応させて認識することが困難である。さらに、商品コードやバーコードなどの2次元コードや3次元コードは、利用者にとっては何ら意味の持たない英数字の記号列やバーであるため、見栄えが良くなかった。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところで近年、デジタルの画像データの違法コピーを防止するために、電子透かし技術を典型例として、著作権情報などの情報を見えないようにそのデジタルな画像データに埋め込む技術が注目を集めている。このような埋め込み技術を、新たに印刷の分野に応用すれば、上記従来技術の問題が解決するものと考えられる。
【0005】そこで本発明は、印刷物を媒体として人には全く見えない情報を簡便かつ正確に利用できるようにすることを課題とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明において上記の課題を達成するために、まず請求項1の発明では、画像データに関連する関連情報が、人間に知覚されないように画像データに埋め込まれている画像が印刷されていることを特徴とする印刷物としたものである。
【0007】また請求項2の発明では、電子透かし技術により関連する情報を埋め込んだ画像が印刷されていることを特徴とする請求項1記載の印刷物としたものである。
【0008】また請求項3の発明では、上記画像が商品に関する画像であり、かつ上記情報が商品の注文に必要な情報を含むことを特徴とする請求項1又は2記載の印刷物としたものである。
【0009】また請求項4の発明では、上記画像が写真の画像であり、かつ上記情報が写真に関する説明又は音声を含むことを特徴とする請求項1又は2記載の印刷物。
【0010】また請求項5の発明では、上記画像がキャラクターの画像であり、かつ上記情報がキャラクターの個性を含むことを特徴とする請求項1又は2記載の印刷物としたものである。
【0011】また請求項6の発明では、画像データに関連する情報を画像データへ人間に知覚されないように埋め込む埋め込み手段と、画像データが表現する画像を印刷した印刷物を出力する印刷物出力手段とを備えることを特徴とする発行システムとしたものである。
【0012】また請求項7の発明では、上記埋め込み手段が、電子透かし技術により画像に関連する情報を画像データに埋め込む手段であることを特徴とする請求項6記載の発行システムとしたものである。
【0013】また請求項8の発明では、上記印刷物が商品カタログであり、上記画像が商品に関する画像であり、かつ上記情報が商品の注文に必要な情報を含むことを特徴とする請求項6又は7記載の発行システムとしたものである。
【0014】また請求項9の発明では、上記印刷物が写真集であり、上記画像が写真の画像であり、かつ上記情報が写真に関する説明又は音声を含むことを特徴とする請求項6又は7記載の発行システムとしたものである。
【0015】また請求項10の発明では、上記印刷物がトレーディングカードであり、上記画像がゲームに登場するキャラクターの画像であり、かつ上記情報がキャラクターの個性を含むことを特徴とする請求項6又は7記載の発行システムとしたものである。
【0016】また請求項11の発明では、印刷された画像を読み取り画像データに変換する読み取り手段と、画像データに埋め込まれた画像に関連する情報を抽出する情報抽出手段と、抽出された画像に関連する情報を利用する処理を行う応用手段とを備える検出システムとしたものである。
【0017】また請求項12の発明では、上記画像が商品に関する画像であり、かつ上記情報が商品の注文に必要な情報を含み、かつ上記応用手段が抽出された注文に必要な情報に基づいて商品の注文をする手段であることを特徴とする請求項11記載の検出システムとしたものである。
【0018】また請求項13の発明では、上記画像が写真の画像であり、かつ上記情報が写真の説明又は音声を含み、かつ上記応用手段が、写真の説明又は音声の再生或いは編集を行う手段であることを特徴とする請求項11記載の検出システムとしたものである。
【0019】また請求項14の発明では、上記画像がキャラクターの画像であり、かつ上記情報がキャラクターの個性を含み、かつ上記応用手段がその個性を持つキャラクターが登場するゲームをプレイする環境を提供する手段であることを特徴とする請求項11記載の検出システムとしたものである。
【0020】
【発明の実施の形態】以下に、本発明の実施の形態を説明する。
【0021】本発明の発行システムは、図1に示すように、埋め込み手段と、印刷物出力手段とを備える。埋め込み手段は、電子透かし技術によりデジタルの画像データにその画像に関連する情報を人の目に見えないように埋め込む手段である。この情報は、文字や絵のように視覚的に表現されるものでも良いし、音声のように聴覚的に表現されるものでも良く、その表現形式を問わない。印刷物出力手段は、画像データが表現する画像を印刷した印刷物を出力する手段である。印刷物は、紙などの媒体に印刷を施したものだけでなく、それに更に加工を施したものをも含む広い概念であって、例えば、商品カタログ、写真集、トレーディングカードなど様々なものがあり、その種類を問わない。
【0022】本発明の印刷物は、本発明の発行システムによって出力されるもので、関連する情報が埋め込まれている画像を印刷した印刷物である。従って、埋め込まれている情報は、人の目では見えない。例えば、図2の(A)は時計の画像を印刷した従来の印刷物、図2の(B)は時計に関連する情報を埋め込んだ画像を印刷した本発明の印刷物であるが、見た目には両者の違いは全く認められない。
【0023】本発明の検出システムは、読み取り手段と、情報抽出手段と、応用手段とを備える。読み取り手段は、本発明の印刷物における印刷された画像を読み取りデジタルの画像データに変換する手段である。情報抽出手段は、デジタルの画像データから、その画像データに埋め込まれたその画像に関連する情報を抽出する手段である。応用手段は、抽出した画像に関連する情報を利用する処理を行う手段である。
【0024】本発明の検出システムは、図4に示すような、入力装置が入力インターフェースを介して接続し、出力装置が出力インターフェースを介して接続している汎用又は専用のコンピュータによって実現される。もちろん、入力装置、出力装置は、複数存在して良い。図4に示すコンピュータは、中央処理装置と、主記憶装置と、入力インターフェースと、出力インターフェースと、補助記憶装置とを内蔵しているが、補助記憶装置は外付けでも良い。また、コンピュータに内蔵されている入力装置又は出力装置があっても良い。
【0025】入力装置として、少なくとも汎用スキャナ又は汎用CCDカメラ或いは専用情報読取装置の何れか1つが、コンピュータに接続していなければならない。スキャナやCCDカメラは、印刷された画像を読み込んでデジタルの画像データに変換し、その画像データを入力インターフェースを介してコンピュータに入力する装置である。専用情報読取装置は、印刷された画像を読み込んでデジタルの画像データに変換し、さらにその画像データに埋め込まれているその画像に関連する情報を抽出して、その情報を入力インターフェースを介してコンピュータに入力する装置である。
【0026】専用情報読取装置は、図5に示すように、光学部と、A/D変換部と、情報抽出部とを備える。光学部は、印刷された画像を光学的に読み取りアナログの画像データに変換する手段である。A/D変換部は、アナログの画像データをデジタルの画像データに変換する手段である。情報抽出部は、デジタルの画像データに埋め込まれているその画像に関連する情報を抽出する手段である。また情報抽出部は、抽出した情報を一時的にセーブするメモリを有している。
【0027】スキャナ又はCCDカメラを入力インターフェースを介してコンピュータに接続している場合には、デジタルの画像データに埋め込まれているその画像に関連する情報を抽出することは、補助記憶装置に保存されている情報抽出用ソフトを主記憶装置にロードし中央処理装置が実行することで行われる。また、抽出した画像に関連する情報を利用する処理を行うことは、補助記憶装置に保存されている応用ソフトを主記憶装置にロードし中央処理装置が実行することで行われる。従って、この場合、検出システムの読取手段はスキャナ又はCCDカメラであり、検出システムの情報抽出手段は情報抽出用ソフトを実行するコンピュータであり、検出システムの応用手段は応用ソフトを実行するコンピュータである。
【0028】専用情報読取装置が入力インターフェースを介してコンピュータに接続している場合にも、抽出した画像に関連する情報を利用する処理を行うことは、補助記憶装置に保存されている応用ソフトを主記憶装置にロードし中央処理装置が実行することで行われる。従って、この場合は、検出システムの読取手段は専用読取装置の光学部とA/D変換部であり、検出システムの情報抽出手段は専用読取装置の情報抽出部であり、検出システムの応用手段は応用ソフトを実行するコンピュータである。
【0029】本発明の発行システムと、本発明の印刷物と、本発明の検出システムとを組み合わせると、画像に関連する情報を、人の目では見えないように伝達し、その情報を利用する処理を行うことができる。以下、この情報伝達の流れを、図6のフローチャートに従って説明する。
【0030】STEP1;本発明の発行システムの埋め込み手段によって、画像に関連する情報を、電子透かし技術によりデジタルの画像データに埋め込む。
【0031】STEP2;本発明の発行システムの印刷物出力手段によって、デジタルの画像データが表現する画像を印刷した印刷物を出力する。
【0032】STEP3;本発明の検出システムの読み取り手段によって、印刷物にある印刷された画像を読み取り、デジタルの画像データに変換する。
【0033】STEP4;本発明の検出システムの情報抽出手段によって、デジタルの画像データに埋め込まれた画像に関連する情報を抽出する。
【0034】STEP5;本発明の検出システムの応用手段によって、抽出した画像に関連する情報を利用する処理を行う。
【0035】
【実施例】以下に、本発明の実施例を具体的に説明する。
【0036】<実施例1>本実施例における本発明の印刷物は、商品カタログである。商品カタログには、商品の写真、イラスト、或いは説明文など、商品に関する画像が印刷されている。そして、商品に関する画像には、商品コード、商品名、単価など、その商品を注文するのに必要な情報(以後、注文情報と呼ぶ)が埋め込まれていて人の目には見えない。
【0037】本実施例における本発明の発行システムは、商品カタログを発行するシステムである。発行システムの埋め込み手段は、コンピュータによって商品カタログの製版を作る手段であって、電子透かし技術により商品に関する画像に、例えば図7のような画面で、商品コード、商品名、単価などの注文情報を埋め込む。発行システムの印刷物出力手段は、埋め込み手段で作った製版に基づいて、商品カタログを印刷及び製本する手段である。
【0038】本実施例における本発明の検出システムは、商品カタログに印刷された商品に関する画像を読み取り、その画像に埋め込まれている注文情報を抽出し、その情報を利用して注文するシステムである。以後、本実施例における検出システムのことを、注文システムとも呼ぶ。本実施例では、パソコンなどの汎用のコンピュータを用いて、注文システムを実現する。また、入力装置として汎用スキャナ又は汎用CCDカメラ或いは専用情報読取装置の何れか1つの他に、キーボード、マウスなどが接続している。さらに、出力装置として、通信制御装置又はプリンタの少なくとも何れか1つの他に、表示装置などが接続している。通信制御装置は、インターネット又はファックスで注文をするために、コンピュータを電話回線などの通信回線に接続する装置である。
【0039】本実施例における応用ソフトは、情報抽出用ソフト又は専用情報読取装置の情報抽出部が抽出した注文情報を利用して注文を行うソフトで、マイクロソフト社製のWordやExcelのような市販の応用ソフトをカスタマイズして作っても良い。以後、本実施例における応用ソフトを、注文ソフトとも呼ぶ。この注文ソフトは、マイクロソフト社製のWindowsやアップル・コンピュータ社製のMacOSのようなオペレーティングシステムの上で動く。注文ソフト、及びオペレーティングシステムは、補助記憶装置に保存されている。汎用スキャナ又は汎用CCDカメラを接続する場合は、情報抽出用ソフトも補助記憶装置に保存されており、この情報抽出用ソフトもオペレーティングシステムの上で動く。
【0040】以下に、専用情報読取装置を接続した場合に、本実施例の注文システムを用いてなされる商品の注文の流れを、図8のフローチャートに従って説明する。
【0041】STEP1;商品カタログの中で、注文しようと思う商品に関する画像を、専用情報読取装置で読取ると、その光学部がアナログの画像データに変換し、さらにそのA/D変換部がそのアナログの画像データをデジタルの画像データに変換する。
【0042】STEP2;専用情報読取装置の情報抽出部が、デジタルの画像データから注文情報(商品コード、商品名、単価など)を抽出する。
【0043】STEP3;注文情報を、専用情報読取装置に一時的にセーブする。
【0044】STEP4;注文ソフトを起動させると、入力インターフェースを介して注文情報が専用読取装置から読み込まれて表示されている入力画面が開く。例えば、図10に示すような入力画面では、入力不可項目に、専用情報読取装置の抽出部が抽出した商品コード、商品名、単価が表示されている。
【0045】SETP5;注文システムの入力画面から、注文する商品の数量、注文者の氏名、届け先、電話番号など、注文するのに必要な追加情報を入力する。
【0046】STEP6;販売業者に商品の注文をする。これには、インターネットを介して電子メールでする、注文システムから直接ファックスでする、注文システムからプリンタで注文書を印刷しこれをファックス送信機で送るの3つの方法がある。例えば図10の入力画面では、実行ボタン「E-mail送信」の右横に販売業者の電子メールアドレスを入力し、その実行ボタンを押すと、電子メールで注文内容が送られる。また、実行ボタン「Fax送信」の右横に販売業者のファックス番号入力し、その実行ボタンを押すと、直接ファックスで注文内容が送られる。さらに、実行ボタン「プリント注文シート」を押すと、プリンタから注文書が印刷される。
【0047】以下に、汎用スキャナ又は汎用CCDカメラを接続した場合に、本実施例の注文システムを用いてなされる商品の注文の流れを、図9のフローチャートに従って説明する。
【0048】STEP1;商品カタログの中で、注文しようと思う商品に関する画像を、スキャナ又はCCDカメラで読取り、デジタルの画像データに変換する。
【0049】STEP2;デジタルの画像データを、入力インターフェースを介して、スキャナ又はCCDカメラからコンピュータへ入力する。
【0050】STEP3;情報抽出用ソフトによって、デジタルの画像データから注文情報(商品コード、商品名、単価など)を抽出する。
【0051】STEP4;注文ソフトを起動させると、注文情報が読込まれて表示されている入力画面が開く。例えば、図10に示すような入力画面では、入力不可項目に、情報抽出ソフトにより抽出した商品コード、商品名、単価が表示されている。
【0052】SETP5;注文システムの入力画面から、注文する商品の数量、注文者の氏名、届け先、電話番号など、注文するのに必要な追加情報を入力する。
【0053】STEP6;販売業者に商品の注文をする。これには、インターネットを介して電子メールでする、注文システムから直接ファックスでする、注文システムからプリンタで注文書を印刷しこれをファックス送信機で送るの3つの方法がある。例えば図10の入力画面では、実行ボタン「E-mail送信」の右横に販売業者の電子メールアドレスを入力し、その実行ボタンを押すと、電子メールで注文内容が送られる。また、実行ボタン「Fax送信」の右横に販売業者のファックス番号入力し、その実行ボタンを押すと、直接ファックスで注文内容が送られる。さらに、実行ボタン「プリント注文シート」を押すと、プリンタから注文書が印刷される。
【0054】<実施例2>本実施例における本発明の印刷物は、写真集である。写真集には、写真の画像が印刷されている。そして、写真の画像には、その写真の撮影状況などの説明、その写真の被写体が出す音やバックグラウンド・ミュージックなどの音声が埋め込まれていて人の目には見えない。撮影状況の説明は、音声で表現されていても良いし、文章で表現されていても良い。以後、写真の撮影状況などの説明、その写真の被写体が出す音やバックグラウンド・ミュージックなどの音声のことを写真に関連する情報とも呼ぶ。
【0055】本実施例における本発明の発行システムは、写真集を発行するシステムである。発行システムの埋め込み手段は、コンピュータによって写真集の製版を作る手段であって、電子透かし技術により写真の画像に、その写真に関連する情報を埋め込む。発行システムの印刷物出力手段は、埋め込み手段で作った製版に基づいて、写真集を印刷及び製版する手段である。
【0056】本実施例における本発明の検出システムは、写真集に印刷されている写真の画像を読み取り、その画像に埋め込まれているその写真に関連する情報を抽出し、その情報を編集したり、或いは人が知覚できるように再生するシステムである。本実施例では、パソコンなどの汎用のコンピュータを用いて、検出システムを実現する。また、入力装置として汎用スキャナ又は汎用CCDカメラ或いは専用情報読取装置の何れか1つの他に、キーボード、マウスなどが接続している。さらに、出力装置として、音声出力装置、表示装置などが接続している。
【0057】本実施例における応用ソフトは、情報抽出用ソフト又は専用情報読取装置の情報抽出部が抽出した写真に関連する情報を編集、或いは再生するソフトで、市販の応用ソフトをそのまま又はカスタマイズしたものを用いても良い。この応用ソフトは、マイクロソフト社製のWindowsやアップル・コンピュータ社製のMacOSのようなオペレーティングシステムの上で動く。応用ソフト、及びオペレーティングシステムは、補助記憶装置に保存されている。汎用スキャナ又は汎用CCDカメラを接続する場合は、情報抽出用ソフトも補助記憶装置に保存されており、この情報抽出用ソフトもオペレーティングシステムの上で動く。
【0058】以下に、専用情報読取装置を接続した場合に、本実施例の検出システムでなされる処理の流れを、図11のフローチャートに従って説明する。
【0059】STEP1;写真集の中で、埋め込まれている情報を編集又は再生しようと思う写真の画像を、専用情報読取装置で読取ると、その光学部がアナログの画像データに変換し、さらにそのA/D変換部がそのアナログの画像データをデジタルの画像データに変換する。
【0060】STEP2;専用情報読取装置の情報抽出部が、デジタルの画像データから写真に関連する情報(写真の撮影状況などの説明、写真の被写体が出す音やバックグラウンド・ミュージックなどの音声)を抽出する。
【0061】STEP3;写真に関連する情報を、専用情報読取装置に一時的にセーブする。
【0062】STEP4;写真に関連する情報を編集又は再生する応用ソフトを起動させると、入力インターフェースを介して写真に関連する情報が専門情報読取装置から読み込まれる。
【0063】SETP5;応用ソフトで、写真に関連する情報を、編集又は再生する。写真に関連する情報が、写真の撮影状況などの音声による説明、写真の被写体が出す音やバックグラウンド・ミュージックなどの音声である場合は、それらの音声は、音声出力装置により再生される。写真に関連する情報が、写真の撮影状況などの文章による説明である場合は、表示装置から表示されることにより再生させる。
【0064】以下に、汎用スキャナ又は汎用CCDカメラを接続した場合に、本実施例の検出システムでなされる処理の流れを、図12のフローチャートに従って説明する。
【0065】STEP1;写真集の中で、埋め込まれている情報を編集又は再生しようと思う写真の画像を、スキャナ又はCCDカメラで読取りデジタルの画像データに変換する。
【0066】STEP2;デジタルの画像データを、入力インターフェースを介して、スキャナ又はCCDカメラからコンピュータへ入力する。
【0067】STEP3;情報抽出用ソフトによって、デジタルの画像データから写真に関連する情報(写真の撮影状況などの説明、写真の被写体が出す音やバックグラウンド・ミュージックなどの音声)を抽出する。
【0068】STEP4;写真に関連する情報を編集又は再生する応用ソフトを起動する。
【0069】SETP5;応用ソフトで、写真に関連する情報を、編集又は再生する。写真に関連する情報が、写真の撮影状況などの音声による説明、写真の被写体が出す音やバックグラウンド・ミュージックなどの音声である場合は、それらの音声は、音声出力装置より再生される。写真に関連する情報が、写真の撮影状況などの文章による説明である場合は、表示装置から表示されることにより再生させる。
【0070】<実施例3>本実施例における本発明の印刷物は、トレーディングカードである。トレーディングカードには、キャラクターの画像が印刷されている。そして、キャラクターの画像には、そのキャラクターの個性に関する情報が埋め込まれていて人の目には見えない。この個性は、キャラクターがサッカー選手ならば、例えば、戦歴、ゴール数、特技などで表わされる。
【0071】本実施例における本発明の発行システムは、トレディングカードを発行するシステムである。発行システムの埋め込み手段は、コンピュータによってトレーディングカードにキャラクターの画像を印刷するための製版を作る手段であって、電子透かし技術によりキャラクターの画像に、そのキャラクターの個性に関する情報を埋め込む。発行システムの印刷物出力手段は、埋め込み手段で作った製版に基づいて、キャラクターの画像が印刷されたトレーディングカードを作る手段である。
【0072】本実施例における本発明の検出システムは、トレーディングカードに印刷されているキャラクターの画像を読み取り、その画像に埋め込まれているそのキャラクターの個性に関する情報を抽出し、その個性を持つキャラクターが登場するゲームをプレイする環境を提供するシステムである。本実施例における検出システムは、パソコンなどの汎用のコンピュータで実現しても良いし、或いはゲーム専用のコンピュータで実現しても良い。
【0073】検出システムを汎用のコンピュータで実現する場合は、入力装置として汎用スキャナ又は汎用CCDカメラ或いは専用情報読取装置の何れか1つの他に、キーボード、マウスコントローラなどが接続している。さらに、出力装置として、表示装置、音声出力装置などが接続している。また、この場合、本実施例における応用ソフトは、情報抽出用ソフト又は専用情報読取装置の情報抽出部が抽出した個性を持つキャラクターが登場するゲームをプレイする環境を提供する。この応用ソフトは、マイクロソフト社製のWindowsやアップル・コンピュータ社製のMacOSのようなオペレーティングシステムの上で動く。応用ソフト、及びオペレーティングシステムは、補助記憶装置に保存されている。汎用スキャナ又は汎用CCDカメラを接続する場合は、情報抽出用ソフトも補助記憶装置に保存されており、この情報抽出用ソフトもオペレーティングシステムの上で動く。
【0074】検出システムをゲーム専用のコンピュータで実現する場合は、入力装置として、汎用スキャナ又は汎用CCDカメラは用いられることはなく、専用情報読取装置が接続される。また、この場合、本実施例における応用ソフトは、専用情報読取装置の情報抽出部が抽出した個性を持つキャラクターが登場するゲームをプレイする環境を提供し、補助記憶装置に保存されている。
【0075】以下、検出システムを専用情報読取装置が接続している汎用コンピュータで実現した場合、又はゲーム専用コンピュータで実現した場合に、本実施例でなされる処理の流れを、図13のフローチャートに従って説明する。
【0076】STEP1;トレーディングカードに印刷されているキャラクターの画像を、専用情報読取装置で読取ると、その光学部がアナログの画像データに変換し、さらにそのA/D変換部がそのアナログの画像データをデジタルの画像データに変換する。
【0077】STEP2;専用情報読取装置の情報抽出部が、デジタルの画像データからキャラクターの個性に関する情報を抽出する。
【0078】STEP3;キャラクターの個性に関する情報を、専用情報読取装置に一時的にセーブする。
【0079】STEP4;応用ソフトを起動させると、入力インターフェースを介して、専用読取装置からキャラクターの個性に関連する情報が読み込まれる。
【0080】SETP5;応用ソフトで、抽出したキャラクターの個性に関する情報に基づいて、ゲームに登場するキャラクターの個性が設定される。
【0081】STEP6;応用ソフトで、ゲームをプレイする。
【0082】以下に、検出システムを汎用スキャナ又は汎用CCDカメラが接続している汎用コンピュータで実現した場合に、本実施例でなされる処理の流れを、図14のフローチャートに従って説明する。
【0083】STEP1;トレーディングカードに印刷されているキャラクターの画像を、スキャナ又はCCDカメラで読み取りデジタルの画像データに変換する。
【0084】STEP2;デジタルの画像データを、入力インターフェースを介して、スキャナ又はCCDカメラからコンピュータへ入力する。
【0085】STEP3;情報抽出用ソフトによって、デジタルの画像データからキャラクターの個性に関する情報を抽出する。
【0086】STEP4;応用ソフトを起動する。
【0087】SETP5;応用ソフトで、抽出したキャラクターの個性に関する情報に基づいて、ゲームに登場するキャラクターの個性を設定する。
【0088】STEP6;応用ソフトで、ゲームをプレイする。
【0089】
【発明の効果】以上の結果、本発明には以下のような効果がある。
【0090】請求項1に記載の発明では、関連する情報を埋め込んだ画像に基づいて印刷物を作るので、印刷物を媒体として人には全く見えない情報を簡便かつ正確に利用できるという効果がある。また、その情報が人に見えないことから、印刷物に対して従来にない好奇心や意外性を生み出し、楽しむことができる。
【0091】請求項2に記載の発明では、電子透かし技術により画像に関連する情報を人には見えないように埋め込むので、印刷物のデザインの自由度が広がり、見栄えを良くすることができる。
【0092】請求項3に記載の発明では、例えば、商品カタログに応用した場合は、利用者にとって注文にしか利用しない無味乾燥な英数字の記号列である商品コードやバーコードなどの情報を、人には見えないように画像に埋め込まれているので、印刷された画像が提供する情報を、商品選びに欠かせない情報のみにすることができる。
【0093】請求項4に記載の発明では、例えば、写真集などに応用した場合は、利用者にとって興味のある、その写真を撮った際のスペック、例えば、カメラの機種、使用フィルム、シャッタースピード、レンズの搾りなどの情報を該当する写真に埋め込んでおくことができる。また、その写真を撮したにおける風や街の喧噪などを音や被写体の声を埋め込んでおくことで、2次元の画像である印刷物でありながら、臨場感のある情報を聞くことができる。
【0094】請求項5に記載の発明では、キャラクターの画像にキャラクターの個性が埋め込んであるので、従来のトレーディングカードに比べて画像を沢山割り当てることができる。また、キャラクターの個性についても、詳細に埋め込んでおくことができ、より一層楽しむことができる。
【0095】請求項6に記載の発明では、画像に画像と関連する情報を埋め込んだ形で印刷物として出力することができるので、画像と関連情報を一体とした形の印刷物を適宜に提供できる。したがって、従来の印刷物に比べて小さなスペースで多くの情報を提供することができる。また、利用者に不必要な情報を隠すことができるので、見栄えが良い印刷物を発行することができる。
【0096】請求項7に記載の発明では、埋め込み手段として電子透かし技術を使用しているため、人の目や耳では識別できないように埋め込まれ、画像と関連情報を一体とした印刷物を適宜に提供できる。請求項6に記載の発明と同様に、従来の印刷物に比べて小さなスペースで多くの情報を提供することができ、利用者に不必要な情報を隠すことができるので、見栄えが良い印刷物を発行することができる。
【0097】請求項8、請求項9、請求項10に記載の発明では、関連情報が画像に関するスペック又は音声などが埋め込まれた、印刷物(カタログ、写真集、写真、トレーディングカード、設計図面など)を適宜に提供できる。また、従来の印刷物に比べて小さなスペースで多くの情報を提供することができ、利用者に不必要な情報を隠すことができるので、見栄えが良い印刷物を発行することができる。
【0098】請求項11に記載の発明では、請求項1から請求項5に記載されている印刷物の画像に埋め込まれた関連情報を簡便にかつ正確にコンピュータに読み込んで利用できる。従って、利用者の手を煩わすことなく印刷物に埋め込まれた画像を読み出すことができ、親和性及び娯楽性に富む印刷物を扱うことができる。
【0099】請求項12、請求項13及び請求項14に記載の発明では、画像に埋め込まれた関連情報が商品の注文に必要な情報であるため、従来、記入ミスや入力ミスなどによる発注ミスを低減させることができ、また、バーコードなどの2次元コード及び3次元コードによるコストの増大を避けることができる。また、画像に埋め込まれた関連情報が写真の撮影の際のスペック情報又は音声情報であれば、撮影状況及び撮影された周りの環境についての履歴を読み取ることにより、写真の画像と関連情報の文字や音声が一体となった臨場感のある印刷物を提供することができる。さらに、画像に埋め込まれた関連情報がキャラクターの個性であり、この個性を読み取ることでゲームをプレイすることができ、トレーディングカードとゲームが一体となった新たな娯楽を提供することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013