米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 村田機械株式会社

発明の名称 メモリ制御装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−154922(P2001−154922A)
公開日 平成13年6月8日(2001.6.8)
出願番号 特願平11−337823
出願日 平成11年11月29日(1999.11.29)
代理人 【識別番号】100068755
【弁理士】
【氏名又は名称】恩田 博宣 (外1名)
【テーマコード(参考)】
5B018
5B058
5C073
【Fターム(参考)】
5B018 GA04 HA23 KA03 NA06 QA15 
5B058 CA40 KA40 YA20
5C073 AA03 BA06 BB07 BC03 CE10
発明者 江口 政史
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 メモりの寿命を検出した場合は、メモリへの書き込み動作を禁止させて、メモリからの読み出し動作を実行させる制御手段を備えたメモリ制御装置。
【請求項2】 請求項1に記載のメモリ制御装置において、メモリの寿命を報知する報知手段を備え、制御手段は、メモリの寿命が検出された場合には、その旨を報知手段に報知するメモリ制御装置。
【請求項3】 請求項1に記載のメモリ制御装置において、データを記憶する揮発性メモリを備え、制御手段は、メモリの寿命を検出した場合は、揮発性メモリへの書き込み動作を実行させるメモリ制御装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、例えばファクシミリ装置等に装備されるメモリ制御装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、ファクシミリ装置においては、装置の電源が停電等で切断された場合であっても、受信画データを消失することがないようにするため、受信画データをバックアップされた画像メモリに記憶させる構成が主流である。また、例えば短縮番号、発信元情報等のユーザに依存するデータは、不揮発性メモリ、例えばSRAM(StaticRAM)に記憶させる構成が主流である。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、ファクシミリ装置自体の小型化に伴って、画像メモリをバックアップするバックアップ電源自体も小型化されつつある。このため、画像メモリに記憶された受信画データは、所定時間だけバックアップされるのみである。換言すれば、受信画データのバックアップ時間は、バックアップ電源の容量に依存していた。
【0004】一方、近年の技術進歩に伴って、大容量の不揮発性メモリ、例えばフラッシュメモリ(EEPROM)が安価に提供されつつある。しかも、カード型メモリにあっては、可搬性に優れているため、特にノート型パソコンやデジタルカメラ等に代表されるような分野においては、カード型メモリが急速に普及がしつつある。
【0005】ところが、不揮発性メモリであっても、フラッシュメモリのように寿命があるものもある。このため、寿命のあるメモリに所定回数(例えば20万回程度)以上データの書き込み動作を実行させても、それ以上データの書き込み動作が実行できない。その結果、寿命あるメモリを用いて画データを送受信するファクシミリ装置において、このような事態が発生した場合には、寿命あるメモリへのデータの書き込み動作が実行できず、装置自体が動作不能に陥るおそれがあった。
【0006】本発明は、このような問題点に着目してなされたものであって、その目的は、寿命のある不揮発性メモリを装備した場合であっても、装置自体が動作不能に陥るおそれを防止することが可能なメモリ制御装置を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するために、請求項1に記載の発明では、メモりの寿命を検出した場合は、メモリへの書き込み動作を禁止させて、メモリからの読み出し動作を実行させる制御手段を備えた。
【0008】請求項2に記載の発明では、請求項1に記載のメモリ制御装置において、メモリの寿命を報知する報知手段を備え、制御手段は、メモリの寿命が検出された場合には、その旨を報知手段に報知する。
【0009】請求項3に記載の発明では、請求項1に記載のメモリ制御装置において、データを記憶する揮発性メモリを備え、制御手段は、メモリの寿命を検出した場合は、揮発性メモリへの書き込み動作を実行させる。
【0010】なお、以下に述べる発明の実施の形態において、特許請求の範囲または課題を解決するための手段に記載の「メモリ制御装置」はファクシミリ装置1に相当し、同じく「メモリ」はPCカード型メモリ23に相当し、同じく「制御手段」はMPU11、ROM12、及びRAM13に相当し、同じく「報知手段」は表示部17又は鳴動部26に相当し、同じく「揮発性メモリ」は画像メモリ18に相当する。
【0011】
【発明の実施の形態】以下に、本発明に係るメモリ制御装置をファクシミリ装置に具体化した一実施形態を図面を用いて説明する。
【0012】図1に示すように、ファクシミリ装置1は、MPU11、ROM12、RAM13、読取部14、記録部15、操作部16、表示部17、画像メモリ18、コーデック19、モデム20、NCU21、PCカード用インターフェース22、PCカード型メモリ23、オプションボードスロット部24から構成されるとともに、各部11〜22,24がバス25を介してそれぞれ接続されている。
【0013】MPU11は、ファクシミリ装置1を構成する各部を制御する。ROM12は、ファクシミリ装置1を制御するためのプログラムを記憶する。RAM13は、不揮発性メモリ(例えばSRAM)で構成され、ファクシミリ装置1の送受信に関する各種情報を一時的に記憶する。
【0014】読取部14は、原稿上の画像データを読み取って、白黒2値のイメージデータを出力する。記録部15は、電子写真方式のプリンタよりなり、受信画データの記録動作やコピー動作において、受信された画データ或いは読取部14にて読み取られた原稿の画データを記録紙上に記録する。
【0015】操作部16は、電話番号を入力するためのテンキー(*,#キーを含む)16a、短縮番号の登録又は短縮番号から発信するための短縮キー16b、予め登録した電話番号又はFAX番号をワンタッチで指定するためのワンタッチキー16c、原稿の読み取り動作を開始させるためのスタートキー16d、「通信(FAX)」動作又は「コピー」動作を設定するための通信/コピーキー16e等の各種操作キーを備えている。LCD等よりなる表示部17は、ファクシミリ装置1の動作状態等の各種情報の表示を行う。
【0016】画像メモリ18は、揮発性メモリ、例えばDRAM(Dynamic RAM)またはSDRAM(Synchronous DRAM)で構成され、受信画データや読取部14で読み取られて2値化され、コーデック19でMMR方式に従って符号化された画データを一時的に記憶する。
【0017】コーデック19は、読取部14にて読み取られた画データを送信のためにMH,MR,MMR方式等に従って符号化(エンコード)する。また、コーデック19は、受信画データを復号(デコード)する。
【0018】モデム20は、ITU−T勧告T.30に従ったファクシミリ伝送制御手順及びV.17,V.27ter,V.29等に従った送受信データの変調及び復調を行う。NCU21は、電話回線Lの閉結及び開放を行うとともに、相手先のFAX番号に対応したダイヤル信号の送出及び着信を検出する機能等を備えている。
【0019】PCカード用インターフェース22は、MPU11からの制御信号に基づいて、PCカードアダプタ22aを介してPCカード型メモリ23にアクセスする。PCカード型メモリ23は、「PC Card Standard」に準拠し、例えばフラッシュメモリ(EEPROM)で構成されている。そして、PCカード型メモリ23は、通信ログデータ(例えば相手先の名称やFAX番号等)や送受信画データ等の送受信に関するデータと、短縮番号、発信元情報等のユーザに依存するデータを記憶する。
【0020】オプションボードスロット部24には、通信ネットワークに接続するためのオプションボードが装備される。そして、このオプションボードが装備された場合には、通信ネットワークを介して他の通信装置、例えばパソコン等との間で通信を行うことができる。
【0021】次に、ファクシミリ装置1における送受信の動作に伴って、PCカード型メモリ23にアクセスするときの動作について、図2に示すフローチャートを用いて説明する。なお、この動作はROM12に記憶されたプログラムに基づき、MPU11の制御により実行される。以下、ファクシミリ装置1の動作について同じ。
【0022】図2に示すように、ステップS1においては、PCカード型メモリ23に対してアクセスされる。ステップS2においては、PCカード型メモリ23に対するアクセスが読み出し動作であるか否かが判断される。具体的には、リードコマンドである否かに基づいて判断される。そして、PCカード型メモリ23に対するアクセスが読み出し動作である場合は、ステップS3に移行する。一方、PCカード型メモリ23に対するアクセスが読み出し動作でない場合、つまり書き込み動作、具体的にはライトコマンドである場合は、ステップS4に移行する。
【0023】ステップS3においては、PCカード型メモリ23からデータの読み出し動作が実行される。具体的には、例えば受信画データと通信ログデータ(例えば相手先の名称やFAX番号等)とがPCカード型メモリ23から読み出される。
【0024】ステップS4においては、PCカード型メモリ23が寿命であるか否かが判断される。具体的には、後述するステップS8において、PCカード型メモリ23の寿命を示すフラグがRAM13にセットされているか否かに基づいて判断される。すなわち、前回のPCカード型メモリ23へのアクセスにおいて、不良セクタが検出されて、RAM13にフラグがセットされているか否かが判断される。そして、RAM13にフラグがセットされている場合は、PCカード型メモリ23が寿命であると判断する。その結果、PCカード型メモリ23が寿命である場合は、この処理を終了する。一方、PCカード型メモリ23が寿命でない場合は、ステップS5に移行する。
【0025】ステップS5においては、PCカード型メモリ23に対してデータの書き込み動作が実行される。具体的には、例えば送信画データと通信ログデータ(例えば相手先の名称やFAX番号等)とがPCカード型メモリ23に対して書き込まれる。
【0026】ステップS6においては、PCカード型メモリ23への書き込み回数がカウントされる。ステップS7においては、PCカード型メモリ23への書き込み時に不良セクタが検出されたか否かが判断される。具体的には、PCカード型メモリ23への書き込み時に不良セクタが検出された場合は、PCカード型メモリ23からPCカードアダプタ22a及びPCカード用インターフェース22を介してMPU11にエラーコードが送出されてくる。その結果、このエラーコードに基づいて、不良セクタの検出を判断することができる。そして、PCカード型メモリ23への書き込み時に不良セクタが検出された場合は、ステップS8に移行する。一方、PCカード型メモリ23への書き込み時に不良セクタが検出されなかった場合は、ステップS9に移行する。
【0027】ステップS8においては、PCカード型メモリ23の寿命を示すフラグが、RAM13にセットされる。ステップS9においては、PCカード型メモリ23が寿命である旨を示す寿命メッセージが表示部17に表示される。
【0028】ステップS10においては、PCカード型メモリ23に対する書き込み動作が所定回数(例えば20万回)に達したか否かが判断される。具体的には、前記ステップS6におけるカウントに基づいて判断される。そして、PCカード型メモリ23に対する書き込み動作が所定回数に達した場合は、ステップS11に移行する。一方、PCカード型メモリ23に対する書き込み動作が所定回数に達していない場合は、この処理を終了する。
【0029】ステップS11においては、PCカード型メモリ23に対する書き込み動作が所定回数に達して、すでに警告メッセージを表示したか否かが判断される。そして、すでに警告メッセージを表示している場合は、この処理を終了する。一方、未だ警告メッセージを表示していない場合は、ステップS12に移行する。
【0030】ステップS12においては、PCカード型メモリ23に対する書き込み動作が所定回数に達した旨を示す警告メッセージが表示部17に表示される。そして、新たなPCカード型メモリ23が装備されるまで、警告メッセージが表示部17に表示され続ける。
【0031】以上、詳述したように本実施形態によれば、次のような作用、効果を得ることができる。
(1)ファクシミリ装置1における送受信の動作に伴って、PCカード型メモリ23へアクセスされると、読み出し動作か否かが判断される。そして、読み出し動作である場合は、PCカード型メモリ23からの読み出し動作が実行される。一方、読み出し動作でない場合、つまり書き込み動作である場合は、PCカード型メモリ23の寿命を示すフラグに基づいて、PCカード型メモリ23が寿命であるか否かが判断される。そして、PCカード型メモリ23が寿命である場合は、PCカード型メモリ23への書き込み動作が禁止される。このため、PCカード型メモリ23が寿命となり、PCカード型メモリ23への書き込み動作ができなくなっても、ファクシミリ装置1自体が動作不能に陥ることがないため、PCカード型メモリ23からの読み出し動作は実行することができる。従って、PCカード型メモリ23を装備した場合であっても、ファクシミリ装置1自体が動作不能に陥るおそれを防止することができる。
【0032】(2)PCカード型メモリ23の寿命が検出された場合は、その旨を示す寿命メッセージが表示部17に表示される。このため、ファクシミリ装置1の管理者等により、PCカード型メモリ23を素早く交換することができる。しかも、PCカード型メモリ23は、可搬性記録媒体であるため、例えばパソコン等を用いて、寿命となったPCカード型メモリ23に記憶されているデータを、新しいPCカード型メモリ23にコピーすることができる。従って、PCカード型メモリ23の交換を容易に行うことができる。
【0033】(3)PCカード型メモリ23への書き込み動作が所定回数に達した場合は、その旨を示す警告メッセージが表示部17に表示される。このため、この警告メッセージにより、PCカード型メモリ23の寿命が近いことが分かり、新しいPCカード型メモリ23を予め準備することができる。従って、PCカード型メモリ23が寿命となった場合は、予め準備した新しいPCカード型メモリ23に素早く対応することができる。
【0034】(4)加えて、PCカード型メモリ23への書き込み動作が所定回数に達した場合は、警告メッセージが表示部17に表示され続ける。このため、まもなくPCカード型メモリ23が寿命になることを、ファクシミリ装置1を使用する不特定多数の者に対しても確実に知らせることができる。
【0035】なお、前記実施形態は、次のように変更して具体化することも可能である。・前記実施形態を、図3に示すフローチャートにしても良い。すなわち、図2に示すフローチャートのステップS4において、PCカード型メモリ23の寿命である場合は、ステップS21に移行する。そして、ステップS21においては、画像メモリ18への書き込み動作を行わせる。その後、この処理を終了させる。このように構成すれば、PCカード型メモリ23が寿命となり、書き込み動作が実行できなくなった場合は、画像メモリ18がPCカード型メモリ23の役割を担うこととなる。その結果、PCカード型メモリ23が寿命となっても、例えば画データの送受信を行うことができる。従って、ファクシミリ装置1が動作不能に陥ることはない。
【0036】・前記実施形態では、PCカード型メモリ23が寿命となった場合は、表示部17に寿命メッセージを表示する構成であったが、これに代えて、図1に2点鎖線で示すように、ファクシミリ装置1に鳴動部26を備え、PCカード型メモリ23が寿命となった場合は、鳴動部26から所定の鳴動音を鳴動させる構成しても良い。
【0037】・PCカード型メモリ23は、メモリ(例えばフラッシュメモリ)を搭載したICカード等の可搬型記録媒体でも良い。
・加えて、画像メモリ18は、バックアップ電源に接続された画像メモリ18であっても良い。
【0038】・さらに、画像メモリ18は、DDR(Double Data Rate)SDRAMであっても良い。さらに、上記各実施形態等より把握される請求項以外の技術的思想について、以下にそれらの効果と共に記載する。
【0039】〔1〕請求項1〜請求項3のいずれか1項に記載のメモリ制御装置において、メモリへの書き込み動作が所定回数に達したことを報知する報知手段を備え、制御手段は、メモリへの書き込み動作が所定回数に達した場合は、その旨を報知手段に報知するメモリ制御装置。
【0040】このように構成すれば、新たなメモリを準備することができるため、メモリが寿命になっても、素早く対処することができる。
〔2〕前記〔1〕に記載のメモリ制御装置において、制御手段は、メモリへの書き込み動作が所定回数に達した場合は、その旨を報知手段に報知し続けるメモリ制御装置。
【0041】このように構成すれば、まもなくメモリが寿命となることを確実に報知することができる。
〔3〕請求項3に記載のメモリ制御装置において、揮発性メモリは、バックアップ電源に接続されているメモリ制御装置。
【0042】このように構成すれば、装置自体が動作不能に陥ることはない。
【0043】
【発明の効果】本発明は、以上のように構成されているため、次のような効果を奏する。請求項1に記載の発明によれば、寿命のある不揮発性メモリを装備した場合であっても、装置自体が動作不能に陥るおそれを防止することができる。
【0044】請求項2に記載の発明によれば、請求項1に記載の発明の効果に加えて、メモリの交換を容易に行うことができる。請求項3に記載の発明によれば、請求項1に記載の発明の効果に加えて、装置自体が動作不能に陥ることはない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013