米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> オリンパス光学工業株式会社

発明の名称 電子機器
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−22898(P2001−22898A)
公開日 平成13年1月26日(2001.1.26)
出願番号 特願平11−198944
出願日 平成11年7月13日(1999.7.13)
代理人 【識別番号】100058479
【弁理士】
【氏名又は名称】鈴江 武彦 (外4名)
【テーマコード(参考)】
5B058
5H020
【Fターム(参考)】
5B058 CA14 KA24 
5H020 AA01 AA06 AS13 CC02 CC12 CV08 DD02 DD07 DD13 DD16
発明者 刈谷 和浩
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 電池を装填する電池室と、上記電池室を覆い、回転軸を中心に回動可能に取り付けられた電池蓋と、着脱可能な記録媒体のデータ送受信部とデータの受け渡しを行うデータ送受信部と、を有する電子機器において、上記データ送受信部は、上記電池蓋の電池室側に配置され、上記電池蓋と一体的に回動することを特徴とする電子機器。
【請求項2】 さらに、上記電池室内に、電池から電力を取り出すための電池切片を有し、上記電池切片は、上記記録媒体を電子機器本体に装着して上記電池蓋を閉じた状態において上記記録媒体が脱落しないような位置に配置されていることを特徴とする請求項1に記載の電子機器。
【請求項3】 電池を装填する電池室と、上記電池室を覆い、回転軸を中心に回動可能に取り付けられた電池蓋と、上記電池蓋の電池室側に上記電池蓋と一体的に回動するように配置され、着脱可能な記録媒体の接続端子と接続してデータの送受信を行う接続手段と、上記接続手段の一部と、上記電池蓋の開閉に応じて上記接続手段の一部との間の導電状態が変化する導電切片とで構成され、上記導電状態を検出することで上記電池蓋の開閉状態を検出する開閉検出スイッチと、を具備することを特徴とする電子機器。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、着脱可能なメモリカード等の記録媒体が適用される電池駆動式の電子機器に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、ICメモリの低価格化に伴って、種々の電子機器、特に携帯性を重視される電子機器における情報記録媒体として、着脱可能なメモリカードが広く利用されるようになってきている。
【0003】例えば、そのような電子機器として、アナログの音声信号をディジタルの音声データに変換し、その音声データを着脱可能なメモリカードに記録するディジタル音声記録再生装置が知られている。
【0004】このような電子機器にあっては、その携帯性を達成するために、動作電源として電池を使用している。一般に、この電池を装填するための電池室は、メモリカードを装着するためのメモリカード室とは別に設けられている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このように電池室とメモリカード装着部が別々にある構成では、それぞれの収納空間を設けるために本体の形状を複雑なものとするばかりか、蓋やその蓋の開閉検出スイッチ等、多くの部品がそれぞれ必要となるので、コストアップにつながる。
【0006】また、このように電池室とメモリカード装着部が別々にある構成では、メモリカードへのデータ書込み中に誤って電池を抜かれたりして、データ内容の消去などメモリを破壊することがある。そこで、そのような不具合防止のため、電池収納室の蓋の開閉検出スイッチ、メモリカード動作中の抜かれ防止機構、メモリカード室の蓋の開閉検出スイッチ、バックアップ用2次電源、等の手段を設けていた。しかしながら、このように、電池又はメモリカードが抜かれるのを防ぐために、電池室及びメモリカード室別々に2重の手段を設けること、コストアップにつながる。
【0007】本発明は、上記の点に鑑みてなされたもので、部品点数を削減して、安価な電子機器を提供することを目的とする。
【0008】また、本発明は、記録媒体作動中に、電池又は記録媒体が抜かれるのを、安価な構成で防止できるようにした電子機器を提供することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するために、請求項1に記載の発明による電子機器は、電池を装填する電池室と、上記電池室を覆い、回転軸を中心に回動可能に取り付けられた電池蓋と、着脱可能な記録媒体のデータ送受信部とデータの受け渡しを行うデータ送受信部と、を有し、上記データ送受信部は、上記電池蓋の電池室側に配置され、上記電池蓋と一体的に回動することを特徴とする。
【0010】即ち、請求項1に記載の発明の電子機器によれば、メモリカード等の着脱可能な記録媒体のデータ送受信部とデータの受け渡しを行うデータ送受信部を、電池蓋の電池室側に、この電池蓋と一体的に回動するように配置している。つまり、電池室と記録媒体室とを一体的に構成したので、部品点数を削減できる。
【0011】また、請求項2に記載の発明による電子機器は、請求項1に記載の発明による電子機器において、さらに、上記電池室内に、電池から電力を取り出すための電池切片を有し、上記電池切片は、上記記録媒体を電子機器本体に装着して上記電池蓋を閉じた状態において上記記録媒体が脱落しないような位置に配置されていることを特徴とする。
【0012】即ち、請求項2に記載の発明の電子機器によれば、電池から電力を取り出すための電池切片を、上記記録媒体を電子機器本体に装着して上記電池蓋を閉じた状態において上記記録媒体が脱落しないような位置に配置している。つまり、電池切片に記録媒体の脱落防止機構としての機能も持たせたため、部品点数を削減でき、コストアップを抑えることができる。
【0013】また、請求項3に記載の発明による電子機器は、電池を装填する電池室と、上記電池室を覆い、回転軸を中心に回動可能に取り付けられた電池蓋と、上記電池蓋の電池室側に上記電池蓋と一体的に回動するように配置され、着脱可能な記録媒体の接続端子と接続してデータの送受信を行う接続手段と、上記接続手段の一部と、上記電池蓋の開閉に応じて上記接続手段の一部との間の導電状態が変化する導電切片とで構成され、上記導電状態を検出することで上記電池蓋の開閉状態を検出する開閉検出スイッチと、を具備することを特徴とする。
【0014】即ち、請求項3に記載の発明の電子機器によれば、メモリカード等の着脱可能な記録媒体の接続端子と接続してデータの送受信を行う接続手段を、電池蓋の電池室側にこの電池蓋と一体的に回動するように配置すると共に、この接続手段の一部と、上記電池蓋の開閉に応じて上記接続手段の一部との間の導電状態が変化する導電切片とで、開閉検出スイッチを構成して、上記導電状態を検出することで上記電池蓋の開閉状態を検出するようにしている。つまり、電池室と記録媒体室とを一体的に構成したので、抜き防止機構を電池室と記録媒体室別々に設ける必要がなくなり、コストアップを抑えることができる。また、開閉検出スイッチにより電池蓋の開閉状態を検出できるようにしたので、電池蓋が開けられたときに、記録媒体へのデータ書込み等の記録媒体の作動を停止させるよう制御することができ、電池や記録媒体が抜かれたとしても記録媒体を破壊する恐れをなくすことができる。
【0015】
【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施の形態を図面を参照して説明する。
【0016】図2は、本実施の形態に係る電子機器の外観斜視図であり、本体1の裏面に、蓋回転中心2を中心に回動可能に取り付けられた電池蓋3と、この電池蓋3を開放するために操作される蓋開閉レバー4とが配されている。
【0017】図1の(A)及び(B)は、この電池蓋3及び蓋開閉レバー4の部分の断面図であり、(A)は蓋閉塞状態を、(B)は蓋開放状態をそれぞれ示している。
【0018】即ち、電池蓋3は、電池5を装填する電池室6の蓋であり、その蓋開閉レバー4側は、該蓋開閉レバー先端に設けられたフック部7に係合するフック部8が形成されている。そして、電池5の電力を取り出す一対の電池切片(+切片9、−切片10)の内の一方である+切片9が断面U字形状に設けられており、電池5を装填したときに、その電池による押圧力により蓋開閉レバー4方向に付勢される状態となる。この付勢力は、蓋開閉レバー4先端に設けられた上記フック部7をフック部8との係止方向に付勢することになり、電池蓋3を閉塞した状態で、フック部7と8とが確実に係合し、不用意に電池蓋3が開放することを防ぐことができる。
【0019】このフック部7と8の係合は、蓋開閉レバー4を矢印方向に操作することで外れ、電池蓋3が蓋回転中心2を中心に回動自在な状態となる。このとき、電池蓋3は、この蓋回転中心2側が板バネ11により付勢されているため、その付勢力により電池蓋3が図1の(B)に示すように開放される。
【0020】この板バネ11は、図3の(A)に示すように、蓋開閉検出スイッチの一方の端子となる導電切片12Aと一体的に形成されており、図3の(B)に示すように、電池蓋3が閉塞されたとき電池5側に折り曲げられた状態となる。このとき、導電切片12Aは、電池蓋3の対応する位置に設けられた開口(図示せず)を通して、メモリカード接続部13内に挿入される。
【0021】メモリカード接続部13は、メモリカード14が挿入装着される部分であり、その装着された状態で、そのデータ送受信部としての複数の接続端子(図示せず)に対し、フレキシブル基板15に接続された対応する複数の接点16が当接して、本体1内の図示しない制御部等の各種回路に接続されるようになる。
【0022】また、この複数の接点16に平行して、上記フレキシブル基板15により本体内の回路と接続された蓋開閉検出スイッチの他方の端子となる導電切片12Bが並設されている。この導電切片12Bは、電池蓋3が閉塞した状態では上記図示しない開口を通してメモリカード接続部13内に導かれた上記導電切片12Aと当接する。この当接状態は、電池蓋3が開放したとき、上記導電切片12Aが上記板バネ11と同位置まで引き込まれるため、解除される。従って、この導電切片12A,12Bの導通状態により、電池蓋3の開閉を検出することが可能となる。よって、本体1内の図示しない制御部は、これにより電池蓋3が開放されたことを検出したとき、それに応じて、メモリカード14の作動を停止させることができるので、メモリカードの破壊を防止できる。なお、上記導電切片12Bは、上記板バネ11と導電切片12Aの場合と同様に、上記複数の接点16の内の少なくとも一つ(例えば、GND用接点)と一体的に形成されていても良いことは勿論である。
【0023】なお、メモリカード14は、電池蓋3を閉塞したとき、そのメモリカード接続部13とは反対側の端部が、図1の(A)に示すように、上記+切片9により抜け方向への移動が規制されるようになっている。このように、+切片9にメモリカード14の脱落防止機構としての機能も持たせることができる。
【0024】以上一実施の形態に基づいて本発明を説明したが、本発明は上述した一実施の形態に限定されるものではなく、本発明の要旨の範囲内で種々の変形や応用が可能である。ここで、本発明の要旨をまとめると以下のようになる。
【0025】(1) 上記導電切片は、上記電池蓋を開状態に保つ方向に上記電池蓋を付勢するとともに、上記電池蓋を開状態に保つだけの付勢力を有することを特徴とする請求項3に記載の電子機器。
【0026】(2) 電池を装填する電池室と、上記電池室を覆い、回転軸を中心に回動可能に取り付けられた電池蓋と、上記電池蓋の閉塞状態を維持するための蓋開閉レバーと、上記電池蓋内に設けられ、電池の電力を取り出すとともに上記蓋開閉レバーを係止方向に付勢する電池切片と、上記電池蓋の電池室側に上記電池蓋と一体的に回動するように配置され、着脱可能な記録媒体の接続端子と接続してデータの送受信を行う接続手段と、を具備することを特徴とする電子機器。
【0027】
【発明の効果】以上詳述したように、本発明によれば、部品点数を削減して、安価な電子機器を提供することができる。
【0028】また、本発明によれば、記録媒体作動中に電池又は記録媒体が抜かれるのを、安価な構成で防止できるようにした電子機器を提供することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013