米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 写真;映画 -> 株式会社富士通ゼネラル

発明の名称 液晶プロジェクタ装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−174911(P2001−174911A)
公開日 平成13年6月29日(2001.6.29)
出願番号 特願平11−360780
出願日 平成11年12月20日(1999.12.20)
代理人
発明者 渡部 満
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 透過型の液晶表示板を用いる液晶プロジェクタ装置において、前記液晶表示板の入射側および出射側に設ける偏光板を、それぞれ所定の偏光特性を有するロール形式の偏光フィルムで構成した液晶プロジェクタ装置。
【請求項2】 透過型の液晶表示板を用いる液晶プロジェクタ装置において、前記液晶表示板の入射側または出射側のいずれか一方に設ける偏光板を所定の偏光特性を有するロール形式の偏光フィルムで構成し、他側に設ける偏光板はガラス板上に偏光層を形成したもので構成した液晶プロジェクタ装置。
【請求項3】 前記偏光フィルムは、一端を回転軸に固定して巻き付け、先端を巻き取り軸に巻き取る構造とし、巻き取り軸の回転により偏光フィルムを巻き取り交換するようにした請求項1または2記載の液晶プロジェクタ装置。
【請求項4】 前記回転軸部および巻き取り軸部をそれぞれカートリッジに収納する構造とし、カートリッジを交換することにより偏光フィルムを取り替えられるようにした請求項3記載の液晶プロジェクタ装置。
【請求項5】 前記偏光フィルムは、赤色用、緑色用および青色用の三枚の液晶表示板の面上に連続させて設ける構造とした請求項3または4記載の液晶プロジェクタ装置。
【請求項6】 前記偏光フィルムは、赤色用、緑色用および青色用の液晶表示板のうち、いずれか一枚または二枚の面上に設けるようにした請求項3または4記載の液晶プロジェクタ装置。
【請求項7】 前記巻き取り軸にハンドルを設け、ハンドル操作で偏光フィルムを巻き取り軸に巻き取るようにした請求項3、4、5または6記載の液晶プロジェクタ装置。
【請求項8】 前記偏光フィルムを巻き取るためのモータを設け、モータの軸にウオームギアを取付けると共に前記巻き取り軸にウオームギアに噛合する歯車を取付け、モータの駆動により偏光フィルムを巻き取り軸に巻き取るようにした請求項3、4、5または6記載の液晶プロジェクタ装置。
【請求項9】 液晶プロジェクタ装置の光源ランプの交換回数を計数するカウンタを設け、所定の計数値にて前記モータを駆動し、前記偏光フィルタの巻き取りを行うようにした請求項8記載の液晶プロジェクタ装置。
【請求項10】 液晶プロジェクタ装置の動作時間を計時するタイマを設け、動作時間が所定値に達したとき前記モータを駆動し、前記偏光フィルタの巻き取りを行うようにした請求項8記載の液晶プロジェクタ装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は液晶プロジェクタ装置に係り、透過型液晶表示板の入射側および出射側に配設する偏光板の交換を容易にするものに関する。
【0002】
【従来の技術】透過型液晶表示板を用いた液晶プロジェクタ装置では、光源からの白色光線をダイクロイックミラー等を用いて赤、緑および青の各色の光線に分離し、例えば、図3に示す如く、これら赤、緑および青の各色の光線を偏光板21R、21Gおよび21Gに入射し、所定の直線偏光光線を取出し、赤、緑および青の各色用の液晶表示板2R、2Gおよび2Bに入射し、各液晶表示板で変調により90度回転され出射される光線を偏光板22R、22Gおよび22Gを介して取出し、ダイクロイックプリズム4で合成し、投写レンズ5を介してスクリーンに投写する。ところで、偏光板にはガラス板上に偏光層を形成(偏光フィルムを貼付)したものが用いられるが、近年、プロジェクタ装置の高輝度化により偏光板への照射光量が増加しており、偏光板の冷却効果には限度があるため、耐熱性および耐光性の点から偏光性能が劣化し、製品寿命に悪影響を及ぼすという問題が生じている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】偏光板が劣化した場合、製品寿命を維持するため偏光板を交換しなければならない。本発明は、劣化した偏光板を容易に交換できる構造とし、製品寿命の維持管理を容易にすることを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、本発明の液晶プロジェクタ装置では、透過型の液晶表示板の入射側および出射側に設ける偏光板を、それぞれ所定の偏光特性を有するロール形式の偏光フィルムで構成する。または、液晶表示板の入射側または出射側のいずれか一方に設ける偏光板を所定の偏光特性を有するロール形式の偏光フィルムで構成し、他側に設ける偏光板はガラス板上に偏光層を形成したもので構成するようにしてもよい。
【0005】偏光フィルムは、一端を回転軸に固定して巻き付け、先端を巻き取り軸に巻き取る構造とし、巻き取り軸の回転により偏光フィルムを巻き取り交換するようにする。
【0006】前記回転軸部および巻き取り軸部をそれぞれカートリッジに収納する構造とし、カートリッジを交換することにより偏光フィルムを取り替えられるようにしてもよい。
【0007】なお、偏光フィルムは、赤色用、緑色用および青色用の三枚の液晶表示板の面上に連続させて設ける構造とする。あるいは、三枚の液晶表示板のうち、いずれか一枚または二枚の面上に設けるようにしてもよい。
【0008】そして、巻き取り軸にハンドルを設け、ハンドル操作で偏光フィルムを巻き取り軸に巻き取るようにする。
【0009】あるいは、偏光フィルムを巻き取るためのモータを設け、モータの軸にウオームギアを取付けると共に巻き取り軸にウオームギアに噛合する歯車を取付け、モータの駆動により偏光フィルムを巻き取り軸に巻き取るようにしてもよい。
【0010】この場合、液晶プロジェクタ装置の光源ランプの交換回数を計数するカウンタを設け、所定の計数値にてモータを駆動し、偏光フィルタの巻き取りを行うか、または、液晶プロジェクタ装置の動作時間を計時するタイマを設け、動作時間が所定値に達したときモータを駆動し、偏光フィルタの巻き取りを行うようにしてもよい。
【0011】
【発明の実施の形態】発明の実施の形態を実施例に基づき図面を参照して説明する。図1は本発明による液晶プロジェクタ装置の一実施例の要部構成図である。図において、1および3は偏光フィルム、1aおよび3aは偏光フィルム1、3の一端を巻き付けた回転軸、1bおよび3bは偏光フィルム1、3を巻き取る巻き取り軸、2R、2Gおよび2Gは赤、緑および青の各色用の透過型の液晶表示板、4はダイクロイックプリズム、5は投写レンズである。
【0012】光源からの白色光線は赤、緑および青の各色の光線に分離され、それぞれ偏光フィルム1に入射し、所定の直線偏光光線が取出され、それぞれ液晶表示板2R、2Gおよび2Gに入射する。各液晶表示板は対応する色の映像信号に基づいて駆動され、入射光線を変調する。この変調で90度回転され出射される赤、緑および青の各色の映像光線は偏光フィルム3を介して取出され、ダイクロイックプリズム4で合成され、投写レンズ5でスクリーンに拡大投写される。
【0013】偏光フィルム1および3は光源からの強い光線を受けるため、使用時間が増えるにつれて耐熱性および耐光性の両面から偏光特性が劣化するので、偏光フィルムの性能劣化が判明した場合、製品の性能を維持するため偏光フィルム1または3を交換する必要がある。このため、偏光フィルム1、3はロール形式とし、回転軸1a、3aに一端を固定し、それぞれの先端をローラ6a、6b、6cおよび6dでガイドし、液晶表示板2B、2Gおよび2Rの入射側(偏光フィルム1)または出射側(偏光フィルム3)を通り、それぞれ巻き取り軸1b、3bに巻き取る構造とし、劣化した部分を巻き取り軸1b、3bに巻き取り、液晶表示板上に未使用部分が来るようにする。巻き取り軸3a、3bにハンドルを設け、ハンドル操作で偏光フィルム1、3を巻き取るようにしてもよい。また、回転軸1a、3a部および巻き取り軸1b、3b部をそれぞれカートリッジに収納する構造とし、カートリッジの交換により使用済みとなった偏光フィルムを新しいものと取り替えるようにしてもよい。
【0014】図2は偏光フィルム1、3の巻き取りをモータで行う場合の例である。すなわち、モータ11の回転軸にウオームギア12を取付け、巻き取り軸1b、3bにウオームギア12に噛合する歯車13を取付け、モータ制御部14を介してモータ11を駆動し、偏光フィルム1、3を巻き取り軸1b、3bに巻き取る。この場合、装置の動作時間を計時するタイマ15を設け、所定の動作時間に達したとき制御部16よりモータ制御部14に信号を送り、モータ11を駆動するようにする。あるいは、光源ランプの交換回数を計数するカウンタを設け、所定の交換回数にてモータ制御部14によりモータ11を駆動し、偏光フィルム1、3を巻き取るようにする。モータ11は、偏光フィルム1、3の使用済み部分が巻き取り軸1b、3bに巻き取られた時点で駆動を停止するようにする。
【0015】なお、上記では、液晶表示板2R、2Gおよび2Bの入射側および出射側をそれぞれ一枚の偏光フィルムを連続させて通す構造の例を示したが、光源からの光線をまともに受ける入射側のみに上述の偏光フィルムを使用し、出射側は従来のガラス板に偏光フィルムを貼付したものを使用してもよく、また、装置の構造上から偏光板の交換が容易な一枚または二枚の液晶表示板にはガラス板に偏光フィルムを貼付したものを使用し、他の液晶表示板には上述の偏光フィルムを使用するようにしてもよい。
【0016】
【発明の効果】以上に説明したように、本発明による液晶プロジェクタ装置によれば、液晶表示板の入射側および出射側の偏光板にロール形式に形成した偏光フィルムを用いるものであるから、偏光フィルムが劣化した場合、使用済み部分を巻き取るだけで製品をリフレッシュすることができ、製品寿命の維持管理が極めて容易になる。また、偏光フィルムをカートリッジに収める構造とすることにより、偏光フィルムの未使用部分がなくなった場合の交換を容易にすることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013