米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 写真;映画 -> 旭光学工業株式会社

発明の名称 カメラの画面サイズ切換装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−117161(P2001−117161A)
公開日 平成13年4月27日(2001.4.27)
出願番号 特願平11−292222
出願日 平成11年10月14日(1999.10.14)
代理人 【識別番号】100083286
【弁理士】
【氏名又は名称】三浦 邦夫
【テーマコード(参考)】
2H018
【Fターム(参考)】
2H018 BA03 BA06 
発明者 疊家 久志
要約 目的
従来知られている装置より単純な構成で、より多様な画面サイズに適用できるカメラの画面サイズ切換装置を得る。

構成
巻取軸に巻き取り可能な柔軟な遮光幕を用いて画面サイズを変更するもので、画面サイズを規定する矩形のアパーチャの対向する辺部の外側にそれぞれ、該辺部に平行にして一対の巻取軸を配設し、この一対の巻取軸にそれぞれ、アパーチャの対向する辺部と平行をなす先端部がアパーチャ内に進退可能な遮光幕を巻回し、この一対の遮光幕を巻取軸から引き出しまたは該巻取軸に巻き取ってアパーチャ中心に関し対称に進退させるカメラの画面サイズ切換装置。
特許請求の範囲
【請求項1】 画面サイズを規定する矩形のアパーチャ;この矩形のアパーチャの対向する辺部の外側にそれぞれ、該辺部に平行に配設した一対の巻取軸;この一対の巻取軸にそれぞれ巻回され、上記アパーチャの対向する辺部と平行をなす先端部が上記アパーチャ内に進退可能な柔軟な遮光幕;及びこの一対の遮光幕を上記巻取軸から引き出しまたは該巻取軸に巻き取ってアパーチャ中心に関し対称に進退させる進退機構;を備えたことを特徴とするカメラの画面サイズ切換装置。
【請求項2】 請求項1記載の画面サイズ切換装置において、上記進退機構は、一対の遮光幕の一方の先端部を進退させる操作部材と、一対の遮光幕の他方の先端部と上記操作部材とを結合する連動ベルトと、この連動ベルトの中間部を操作部材を有する遮光幕の巻取軸側においてアパーチャの外側で折り返して案内する案内軸とから構成されているカメラの画面サイズ切換装置。
【請求項3】 請求項1または2記載の画面サイズ切換装置において、アパーチャは、フィルムの撮影画面サイズを規定する撮影画面サイズアパーチャであるカメラの画面サイズ切換装置。
【請求項4】 請求項3記載の画面サイズ切換装置において、アパーチャは、ブローニーフィルムの6×9サイズであり、遮光幕は、この6×9サイズを、6×8サイズ、6×7サイズ、6×6サイズまたは6×4.5サイズの少なくとも一つに切り換えるカメラの画面サイズ切換装置。
【請求項5】 請求項1または2記載の画面サイズ切換装置において、アパーチャは、ファインダの視野画面サイズを規定する視野画面サイズアパーチャであるカメラの画面サイズ切換装置。
【請求項6】 請求項1ないし5のいずれか1項記載の画面サイズ切換装置において、上記一対の巻取軸はそれぞれ付勢手段により遮光幕を巻き取る方向に回動付勢されているカメラの画面サイズ切換装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【技術分野】本発明は、カメラの撮影画面サイズやファインダ視野画面サイズを切り換えるカメラの画面サイズ切換装置に関する。
【0002】
【従来技術およびその問題点】この種の画面サイズ切換装置は、撮影画面サイズの切換としては、135フォーマットフィルムの標準サイズとハーフサイズ、標準サイズとパノラマサイズ、クラシックサイズとハイビジョンサイズ等の切換に広く用いられており、その構成も多種が知られている。また、画面サイズの切換に連動して、ファインダ視野画面サイズを切り換える装置も同様に多数が知られている。
【0003】
【発明の目的】本発明は、従来知られている装置より単純な構成で、より多様な画面サイズに適用できるカメラの画面サイズ切換装置を得ることを目的とする。
【0004】
【発明の概要】本発明は、巻取軸に巻き取り可能な柔軟な遮光幕を用いて画面サイズを変更するという着眼に基づいてなされたもので、画面サイズを規定する矩形のアパーチャ;この矩形のアパーチャの対向する辺部の外側にそれぞれ、該辺部に平行に配設した一対の巻取軸;アパーチャの対向する辺部と平行をなす先端部がアパーチャ内に進退可能で、一対の巻取軸にそれぞれ巻回された柔軟な遮光幕;及びこの一対の遮光幕を巻取軸から引き出しまたは該巻取軸に巻き取ってアパーチャ中心に関し対称に進退させる進退機構;を備えたことを特徴としている。
【0005】進退機構は、具体的には、例えば、一対の遮光幕の一方の先端部を進退させる操作部材と、一対の遮光幕の他方の先端部と上記操作部材とを結合する連動ベルトと、この連動ベルトの中間部を操作部材を有する遮光幕の巻取軸側においてアパーチャの外側で折り返して案内する案内軸とから構成することができる。一対の巻取軸はそれぞれ付勢手段により遮光幕を巻き取る方向に回動付勢することが好ましい。
【0006】本発明の画面サイズ切換装置は、フィルムの撮影画面サイズを規定する撮影画面サイズアパーチャ、及びファインダの視野画面サイズを規定する視野画面サイズアパーチャのいずれにも適用できる。撮影画面サイズに適用する場合、アパーチャを、例えばブローニーフィルムの6×9サイズ(JIS B 7115))とし、遮光幕は、この6×9サイズを、6×8サイズ、6×7サイズ、6×6サイズまたは6×4.5サイズの少なくとも一つに切り換える構成とすることができる。
【0007】
【発明の実施の形態】図示実施形態は、本発明をブローニーフィルムを利用した撮影画面サイズの切換装置に適用した実施形態を示している。カメラボディ11は、その前方に撮影レンズを装着するマウント12を有し、後方に、開閉軸13を中心に開閉可能な裏蓋14を有している。カメラボディ11には、最大の撮影画面サイズ(この実施形態では6×9サイズ)を規定するアパーチャ15が形成されている。
【0008】カメラボディ11には、アパーチャ15の左右に位置させて、フィルムスプール室16と巻取スプール室17が形成されている。フィルムスプール室16に収納されたフィルムスプール21から引き出されたフィルムは、アパーチャ15の背面を通って、巻取スプール室17に収納された巻取スプール22に巻き取られる。裏蓋14には、カメラボディの周知のアウタレールに押し付けられてインナレールとの間にフィルム通路を構成する圧板18が備えられている。
【0009】カメラボディ11には、フィルムスプール室16と巻取スプール室17のそれぞれ内側に位置させて、該フィルムスプール室16と巻取スプール室17(フィルムスプール21と巻取スプール22)と平行をなす巻取軸24Lと24Rが回動自在に支持されている。この巻取軸24Lと24Rにはそれぞれ、柔軟な遮光幕25Lと25Rが巻回されており、巻取軸24Lと24Rはそれぞれ、図示しないトーションばね手段により、この遮光幕25Lと25Rを巻き取る方向に回動付勢されている。
【0010】カメラボディ11には、遮光幕25Lと25Rの上下端部を巻取軸24Lと24Rからアパーチャ15の背面に案内するガイド溝26Lと26Rが形成されている。遮光幕25Lと25Rのアパーチャ15側の先端部27Lと27Rは、アパーチャ15の左右方向の対向する辺部15Lと15Rに平行をなしており、遮光幕25Lと25Rがガイド溝26Lと26Rにガイドされてアパーチャ15内に進退すると、アパーチャ15の左右方向の一部が遮られ、フィルムに露光されるエリア(画面サイズ)が変化する。先端部27Lと27Rには、適当な強化部材を固定することができる。
【0011】先端部27Lと27Rの一方の先端部27Lには、操作部材28が固定されている。この操作部材28は、カメラボディ11に、先端部27Lに直交させて形成したガイド溝29に摺動自在にガイドされており、操作部材28を左右方向に移動させることにより、先端部27L(遮光幕25L)がアパーチャ15内に進退する。ガイド溝29に沿わせて、画面サイズ表示28Dが設けられている。
【0012】先端部27Rには、図3、図4に明瞭に示すように、連動ベルト30の一端部が固定されている。この連動ベルト30は、先端部27L(巻取軸24L)側に導かれ、アパーチャ15の外側に設けた案内軸31で折り返された後、操作部材28に固定されている。図では、簡単のため連動ベルト30を先端部27Lの上下の一方(下方)のみに設けているが、上下にそれぞれ設けてもよい。
【0013】この連動進退機構は、操作部材28(先端部27L)を左右方向に移動させると、案内軸31と連動ベルト30を介して、先端部27Rが先端部27Lと逆方向に移動する。すなわち、遮光幕25Lと25Rの先端部27Lと27Rは、アパーチャ15の左右方向の中心を中心に対称に進退する。なお、カメラボディ11には、シャッタその他のカメラボディとして必要な要素が搭載されているが、図示を省略している。
【0014】上記構成の本画面サイズ切換装置は従って次のように動作する。操作部材28を図3(図2)のように、図の最も左方に移動させた状態では、遮光幕25Lと25Rの先端部27Lと27Rはそれぞれ、アパーチャ15の外側に位置し(アパーチャ15内に進出せず)、撮影画面サイズはアパーチャ15によって規定される。すなわち、6×9サイズの撮影を行うことができる。
【0015】画面サイズを6×8サイズ、6×7サイズ、6×6サイズまたは6×4.5サイズに切り換えるには、操作部材28を図2、図3において右方に移動させる。すると、先端部27Lは操作部材28と一緒に同方向に移動し、先端部27Rは、連動ベルト30と案内軸31を介して、操作部材28(先端部27L)とは反対の方向(左方)に移動する。その結果、アパーチャ15の左右は対称に遮光幕25Lと25Rに遮られるため、画面サイズが変更される。画面サイズの選択には、ガイド溝29に沿わせて描いた画面サイズ表示28Dを利用する。図4は、画面サイズを6×4.5サイズに変更した状態を示している。
【0016】以上は、ブローニーフィルムの画面サイズ切換に本発明を適用した実施形態であるが、135フォーマットのフィルムにも本発明は同様に適用でき、さらに撮影画面サイズだけでなく、ファインダ視野画面サイズの切換にも同様に適用できる。ファインダ視野画面サイズの切換に適用する場合、アパーチャ15をファインダの最大視野を定める枠体(アパーチャ)に置き換えればよい。遮光幕25Lと25Rを左右方向から進退させるか上下方向から進退させるかの選択も任意にできる。
【0017】
【発明の効果】本発明は、一対の柔軟な遮光幕をアパーチャ内に進退させることにより、カメラの画面サイズを切り換えるので、構造が簡単で小型な画面サイズ切換装置が得られる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013