Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
画像形成装置 - 京セラミタ株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 写真;映画 -> 京セラミタ株式会社

発明の名称 画像形成装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−134028(P2001−134028A)
公開日 平成13年5月18日(2001.5.18)
出願番号 特願平11−311368
出願日 平成11年11月1日(1999.11.1)
代理人 【識別番号】100087701
【弁理士】
【氏名又は名称】稲岡 耕作 (外2名)
【テーマコード(参考)】
2H071
2H072
3F102
【Fターム(参考)】
2H071 BA43 DA21 DA22 DA23 EA04 
2H072 CA01 CB05 JA02
3F102 AA02 AB01 BA02 BB02 DA08 FA02
発明者 蔦野 智浩
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】用紙にトナー像を形成するために感光体ドラムへ用紙を所定のタイミングで送り出す一対のレジストローラと、一対のレジストローラ間を通して用紙を搬送可能となるように、一対のレジストローラの一方が配置される一面部および外装を形成する他面部を有する搬送ベースと、搬送ベースの一面部に一対のレジストローラの一方の両端部をそれぞれ回転自在に支持する一対の軸受と、一対のレジストローラ同士が接近するように一対の軸受をそれぞれ弾力的に付勢する一対の付勢部材とを備えた画像形成装置において、上記搬送ベースは、樹脂製であり、付勢部材が軸受を付勢可能となるように付勢部材および軸受を保持する保持部材を有し、この保持部材は、一方のレジストローラの両端部に対応して一面部に一体に形成され、軸受に対して付勢方向側に配置されて軸受が保持部材から離脱することを防止する止め部材が、搬送ベースに引っ掛け係合され、保持部材には、組立時に、付勢部材と、レジストローラの一方の両端に取り付けられた状態の軸受とが付勢方向側から装着されることを特徴とする画像形成装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、静電式複写機、ファクシミリ、プリンタ等の画像形成装置に関する。
【0002】
【従来の技術】静電式複写機等の画像形成装置には、用紙にトナー像を形成する際に、用紙を感光体ドラムに所定のタイミングで送り出すために、感光体ドラムに対して用紙の搬送方向の上流側に一対のレジストローラが設けられている。一対のレジストローラは、その周面同士が接触するように対向して配置され、回転することによりその間に用紙を挟みながら通すようになっている。また、用紙を確実に送り出すため、レジストローラ同士が接近する方向にばね等により付勢される。例えば、図6および図7に示すように、一方のレジストローラ100は、その両端にある軸受101の背後にコイルばね102が設けられ、付勢されつつ搬送ベース103に取り付けられている。
【0003】搬送ベース103は、装置の外側に面する外面部104と装置内部に配置される内面部105を有し、この内面部105に、レジストローラ100の両端部を保持する一対の保持部106が立設されている。保持部106には、互いに対向して開口する略U字形状の支持孔107が形成され、この支持孔107内に軸受101が配置される。この軸受101は、レジストローラ100の両端部の回転軸108に止め輪109により軸方向に位置決めされて、回転軸108を回転自在に支持している。また、支持孔107には、コイルばね102を付勢状態で保持する凹部110が形成され、この凹部110は、外面部104に連通している。外面部104には、凹部110を覆いつつコイルばね102の付勢力を受け止めるための受け部材111がビス112によりねじ止め固定され、受け部材111およびビス112を覆うカバー113が取り付けられている。
【0004】搬送ベース103へのレジストローラ100の組み付けは、以下の通りである。すなわち、先ず、搬送ベース103の内面部105を上面として配置し、レジストローラ100の両端の回転軸108を順次支持孔107に挿通する。支持孔107内にある回転軸108に軸受101を嵌め込みつつ、軸受101を支持孔107に装着し、その後、回転軸108に止め輪109を嵌める。これを両端部について行う。次に、搬送ベース103を裏返す。凹部110にコイルばね102を装着し、コイルばね102を受け部材111を介して押し縮めながら、受け部材111をビス112により固定する。これを両端部について行い、カバー113を搬送ベース103に取りつける。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、組立時、搬送ベース103を裏返す必要があるので、組立に手間がかかる。また、コイルばね102を押さえつけながらの受け部材111のねじ止め固定作業や、回転軸108を支持孔107内に配置した状態で軸受101を回転軸108および支持孔107にともに取り付ける作業は、作業し難いので、組立により一層手間がかかる。
【0006】また、外装面となる搬送ベース103の外面部104には、受け部材111やビス112を覆うために、カバー113が設けられているので、部品点数が多くなっていた。このように、組立に手間がかかり、部品点数が多いので、製造コストの低減が困難であった。そこで、本発明の目的は、上述の技術的課題を解決し、搬送ベースにレジストローラを組み付ける作業の手間を低減でき、部品点数を低減できる画像形成装置を提供することである。
【0007】
【課題を解決するための手段および発明の効果】請求項1に記載の画像形成装置は、用紙にトナー像を形成するために感光体ドラムへ用紙を所定のタイミングで送り出す一対のレジストローラと、一対のレジストローラ間を通して用紙を搬送可能となるように、一対のレジストローラの一方が配置される一面部および外装を形成する他面部を有する搬送ベースと、搬送ベースの一面部に一対のレジストローラの一方の両端部をそれぞれ回転自在に支持する一対の軸受と、一対のレジストローラ同士が接近するように一対の軸受をそれぞれ弾力的に付勢する一対の付勢部材とを備えた画像形成装置において、上記搬送ベースは、樹脂製であり、付勢部材が軸受を付勢可能となるように付勢部材および軸受を保持する保持部材を有し、この保持部材は、一方のレジストローラの両端部に対応して一面部に一体に形成され、軸受に対して付勢方向側に配置されて軸受が保持部材から離脱することを防止する止め部材が、搬送ベースに引っ掛け係合され、保持部材には、組立時に、付勢部材と、レジストローラの一方の両端に取り付けられた状態の軸受とが付勢方向側から装着されることを特徴とする画像形成装置を提供する。
【0008】この発明によれば、組立時に、レジストローラとこの両端に取り付けた軸受とが一体的なユニットとされ、このユニットが搬送ベースに取り付けられるので、ユニット化により扱い易くなる結果、組立の手間を低減できる。また、組立時、搬送ベースの保持部材に付勢部材および軸受を同側から取り付けて、さらに、止め部材も同側から取り付けるので、組立の途中で搬送ベースを反転せずに済む結果、組立の手間をより一層低減できる。
【0009】さらに、組立時の止め部材の固定は引っ掛け係合によるので、ねじ止めに比べて作業し易い。また、保持部材は搬送ベースと一体とされ且つ止め部材は一面部に取り付けられるので、他面部にカバー等を省略できる。しかも、樹脂製の搬送ベースは、他面部を外装にふさわしい外観に形成し易いので、外装のためのカバー等を確実に省略できる。その結果、部品点数を低減することができる。また、樹脂製の搬送ベースは、保持部材を一体に形成し易い。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施形態の画像形成装置を、複写機を例に図面を参照しつつ説明する。図1は本実施形態の複写機の概略構成を示す正面図である。なお、図1および以下で説明する各図には、必要に応じて方向を示す矢印を図示してある。複写機1は、画像形成装置8等が収容された装置本体2と、この装置本体2の上面に設けられた原稿給紙部6とを有している。装置本体2は、上部3と、下部4と、上部3および下部4の間に区画されて用紙が排出される排紙部5とを有している。排紙部5は、上部3と下部4との間に区画される窓7を通じて露出している。
【0011】装置本体2の上部3には、読取部20が設けられている。上部3の上面には、原稿載置板21が設けられ、この上面に原稿給紙部6が回動開閉可能に取り付けられている。原稿給紙部6は、その上面に載置された原稿を自動的に一枚宛繰り出し、原稿載置板21上を経て上面に送出する。読取部20は、原稿給紙部6によって透明な原稿載置板21上を通過する原稿を露光し、または、原稿載置板21上に載置された原稿を露光走査し、原稿からの反射光をミラー22、レンズ23等の光学系により受光素子24に導き、受光素子24によって反射光を電気信号に変換する。読取部20からの信号は、信号処理部(図示せず)によって所定の処理が行われて出力される。
【0012】装置本体2の下部4は、そのハウジング30内に以下の各部を有している。すなわち、信号処理部からの信号に応じて、発振させた半導体レーザ等からのレーザ光をポリゴンミラー等によって走査することよって所定のビーム光を得る光照射ユニット(LSU)9。この光照射ユニット9からの光に応じた潜像を形成するための感光体ドラム41、この感光体ドラム41を帯電させる帯電チャージャ42、感光体ドラム41に形成された静電潜像を現像ローラ44を用いて供給されるトナーにより顕像化する現像装置43、およびトナー像が転写された後の感光体ドラム41の表面をクリーニングするためのクリーナ45を含む作像部40。作像部40により顕像化した画像を用紙に転写するために、感光体ドラム41に対向して設けられた転写ローラ47を含み、用紙を所定方向に搬送する転写ユニット。用紙に転写されたトナー像を加熱定着させる定着部48。用紙を給紙カセット51から給紙ローラ52により繰り出し、一対のレジストローラ53,55を含む前段部分11から作像部40および定着部48を通して、搬送ローラ54を含む後段部分12により排紙部5に排出する用紙搬送部10。これら各部がハウジング30内に設けられている。作像部40、用紙搬送部10および転写ユニットにより、用紙にトナー像を形成する画像形成装置8が構成されている。
【0013】ハウジング30は、作像部40、光照射ユニット9、用紙搬送部10等を支持する構造部材としてのベース部材32(一部のみ図示)と、ベース部材32の左側側面に支軸34の回りに回動自在に取り付けられた板状の搬送ベース33と、ベース部材32を取り囲んで取り付けられて複写機1の外装面を形成する外装部材31と、装置本体2の上部3を支持するためにベース部材32に固定された複数の金属板材により構成された金属フレーム(図示せず)とを有している。
【0014】また、上述の一対のレジストローラ53,55は、円柱形状にそれぞれ形成され、互いに平行に周面同士を対向させてハウジング30に取り付けられ、一方のレジストローラ53は、搬送ベース33に回転自在に支持され、他方のレジストローラ55は、本体ベース32に回転自在に支持されている。また、一対のレジストローラ53,55同士が接近するように、レジストローラ53の両端部をそれぞれ弾力的に付勢する付勢部材としての一対のコイルばね60(図2参照)が設けられている。このコイルばね60により、一対のレジストローラ53,55の周面同士は、所定の押圧力を受けつつ接触している。
【0015】また、レジストローラ55は、モータ(図示せず)と駆動連結されており、一対のレジストローラ53,55と一体回転して互いに噛み合う一対のギヤ56(一方のみ図5に図示した。)を介して、レジストローラ53も駆動連結されている。駆動側となるレジストローラ55が回転駆動されるのに伴い、従動側となるレジストローラ53は逆回転方向に回転する。これにより、一対のレジストローラ53,55は、その間に用紙を挟んで通すことにより、用紙を所定のタイミングで送り出す。
【0016】本実施の形態では、上述の一方のレジストローラ53およびコイルばね60を搬送ベース33に取り付けるための取付構造70に特徴がある。この取付構造70により、レジストローラ53等を組み付けるための手間を低減でき、且つ部品点数を低減することができる。以下、詳細に説明する。図2を参照する。取付構造70は、レジストローラ53の両端部を収容するために搬送ベース33と一体に形成された一対の保持部材71と、これらの保持部材71に取り付けられる止め部材72とで構成され、これらにより、レジストローラ53およびコイルばね60が係止されている。
【0017】レジストローラ53には、図5に示すように、レジストローラ53の両端部からレジストローラ53の軸方向(以下単に「軸方向」という。矢印Y参照。)の両側に延び出している回転軸58と、回転軸58の外周面と嵌合されて回転軸58を回転自在に支持する一対の軸受59と、回転軸58の周溝に嵌め込まれることにより軸受59を軸方向の所定位置に位置決めするE形止め輪等の止め輪61とが設けられている。これらのレジストローラ53、回転軸58、一対の軸受59、一対の止め輪61および上述のギヤ56は、一体的なユニットを構成している。
【0018】軸受59は、例えば摺動部材により形成されたすべり軸受である。図2および図4に示すように、軸受59は、回転軸58の外周面と嵌まって摺動する支持孔64と、軸方向の端部にあり径方向の外方に延設されたフランジ部65と、外周面の一部にある円周面66と、回転軸58との連れ回りを防止するために外周面の一部に形成された平坦面67とを有している。なお、軸受59としては、転動体を有する転がり軸受を用いてもよい。
【0019】コイルばね60は、圧縮されて取り付けられ、その端部により軸受59を弾力的に押圧付勢している。コイルばね60の付勢力の付勢方向(以下「付勢方向」という。矢印X参照。)がレジストローラ53,55が並ぶ方向に沿って作用するように、この並ぶ方向と、コイルばね60の軸方向とが平行になるように配置されている。搬送ベース33は、コイルばね60およびレジストローラ53が配置される側であり装置本体2の下部4の内部側となる一面部としての内面部36と、ハウジング30の左側側面の外装を形成する他面部としての外面部37とを有している。搬送ベース33は、プラスチック等の合成樹脂製である。
【0020】搬送ベース33の内面部36は、図1に示すように、感光体ドラム41の近傍で用紙を搬送する搬送路の一部を区画し、転写ローラ47と、レジストローラ53とが配置されている。このように、搬送ベース33は、転写ユニットおよび用紙搬送部10の前段部分11の一部をも構成している。また、搬送ベース33の内面部36に、図2に示すように、一対の保持部材71が形成されている。保持部材71は、コイルばね60が軸受59を付勢可能となるようにコイルばね60および軸受59を保持する。保持部材71は、付勢方向に向かって開く凹部86を形成してコイルばね60を収容する凹部形成部76と、凹部形成部76から一対で対向して立設されて軸受59を挟持する柱状部77と、凹部形成部76に保持されたコイルばね60を挟んで軸受59と反対側に配置されて付勢力を受け止める受け部材74と、止め部材72を係止するための係止部材75とを有している。
【0021】凹部形成部76は、その内面にコイルばね60の外周面を沿わせて保持する。また、凹部形成部76が取り囲む凹部86の底部が、上述の受け部材74となっており、コイルばね60の端部(軸受59と反対側にある端部)に当接して付勢力を受け止める。係止部材75は、図3および図5に示すように、板状部材であり、止め部材72の鉤部83が引っ掛け係合する係合孔78と、係合孔78に鉤部83を案内する案内面79とを有している。
【0022】止め部材72は、保持部材71に保持された軸受59に対して付勢方向側に配置されており、付勢状態で保持されている軸受59が保持部材71から離脱することを防止するように、搬送ベース33にある係止部材75の係合孔78に引っ掛け係合されている。止め部材72は、略U字形状に形成された樹脂製部材であり、保持部材71に保持された軸受59が付勢方向に移動することを阻止するために、軸受59と当接可能に配置された湾曲状の当接部81と、この当接部81から受け部材74に向かって延びる一対の脚部82と、この脚部82の先端に形成された鉤部83とを有している。鉤部83は、一対の脚部82に、互いに逆向きに突出している。止め部材72を保持部材71に取り付ける際には、一対の脚部82が弾力的に互いに接近されながら、脚部82を係止部材75の案内面79に沿わせて、脚部82の先端が係合孔78に至ると、弾性反発力により鉤部83が係合孔78に嵌まり互いに引っ掛け係合する。
【0023】次に、レジストローラ53等の組み付けを説明する。図5を参照する。組立時には、まず、レジストローラ53の両端にある回転軸58に一対の軸受59をそれぞれ嵌め込み、止め輪61により取り付ける。保持部材71には、コイルばね60と、レジストローラ53の両端に取り付けられてユニット化されている軸受59とが付勢方向側から装着される。すなわち、搬送ベース33の内面部36を上方に向けて配置し、一対の保持部材71の凹部形成部76の内部にコイルばね60を、反付勢方向となる下向き方向を装着方向としてそれぞれ装着し、コイルばね60の下端部を受け部材74に当接させる。次に、コイルばね60の上に、レジストローラ53とともにその両端にある軸受59のそれぞれを、一対の柱状部77の対向面85,85間に嵌め込む。さらに、軸受59の上方から止め部材72を係止部材75に引っ掛け係合する。
【0024】このように取り付けられたときに、図2に示すように、柱状部77の対向面85に軸受59の平坦面67が対向して接するように配置され、軸受59は、軸方向と直交し且つ付勢方向と直交する方向に位置決めされている。また、図4および図5に示すように、一対の軸受59のフランジ部65が、その間に各フランジ部65に対応する各一対の柱状部77を挟むようにして、柱状部77に沿っている。これにより、レジストローラ53は軸受59を介して搬送ベース33に軸方向に位置決めされている。また、図2および図3に示すように、軸受59は、一対の柱状部77の対向面85,85間において付勢方向に変位可能とされているが、装置本体2内に組み込まれた搬送可能な状態では、付勢方向側は一対のレジストローラ53,55同士が当たることにより位置決めされ、また、反付勢方向側からはコイルばね60の付勢力を受けるので、がたつきなく保持されている。このとき、コイルばね60の付勢力は、止め部材72にはかからない。また、組立時の軸受59は、付勢方向側に止め部材72により位置規制されて、保持されている。
【0025】このように本実施の形態によれば、図5に示すように、組立時に、レジストローラ53とこの両端に取り付けた軸受59とが一体的なユニットとされ、このユニットが搬送ベース33に取り付けられるので、ユニット化により扱い易くなる結果、組立の手間を低減できる。これに対して、図7に示すように、搬送ベースにレジストローラが配置された後にこのレジストローラおよび搬送ベースに軸受を取り付ける従来の場合には、軸受とレジストローラと搬送ベースとの互いに同時に変位可能な3つの部材を扱うことになるので、軸受を取り付け難く、組立に手間がかかる。
【0026】また、組立時、搬送ベース33の保持部材71にコイルばね60および軸受59を同側(反付勢方向側)から取り付けて、さらに、止め部材72も同側から取り付けるので、組立の途中で搬送ベース33を反転せずに済む結果、組立の手間をより一層低減できる。さらに、組立時の止め部材72の固定は引っ掛け係合によるので、ねじ止めに比べて作業し易い。
【0027】組立時に、軸受59の装着操作に伴って、コイルばね60を同時に付勢できる。特に、コイルばね60は、軸受59と搬送ベース33の受け部材74との間に挟持されるので、組立時、コイルばね60を保持部材71の凹部86内に配置するだけでよくて、コイルばね60の装着操作が極めて簡単である。また、組立時に、案内面79に沿わせて止め部材72を引っ掛け係合できるので、係合させ易い。また、係合の際に、コイルばね60および軸受59は保持部材71に保持されているので、より一層作業し易い。
【0028】また、受け部材74は搬送ベース33と一体であるので、従来設けられていたた受け部材74を覆うカバー等(例えば図6に示すカバー113)を省略できて、部品点数を低減することができる。また、保持部材71は搬送ベース33と一体とされ且つ止め部材72は内面部36に取り付けられるので、外面部37に上述のカバー等を省略できる。しかも、樹脂製の搬送ベース33は、外面部37を外装にふさわしい外観に形成し易いので、外装のためのカバー等を確実に省略できる。その結果、部品点数を確実に低減することができ、ひいては小型化、軽量化を図ることができる。
【0029】また、樹脂製の搬送ベース33は、保持部材71を一体に形成し易い。また、圧縮されるコイルばね60は、引っ張りばねに比べて広い面積に付勢力をかけることができるので、受け部材74に無理な力がかかり難い。また、受け部材74は、コイルばね60を挟んで軸受59と反対側にあるので、搬送路から遠い位置に配置できる結果、付勢力を受けるための広い面積を確保し易く、無理な力がかかり難い。また、受け部材74は、搬送ベース33と一体に形成されているので、付勢力により無理な力がかかり難い。従って、低強度となる傾向にある樹脂製の搬送ベース33であっても、実用に十分に耐えることができる。
【0030】なお、一対のレジストローラ53,55を接近させるように付勢する付勢部材としては、圧縮コイルばね60の他、板ばね、ゴム製の柱状部材等の弾性変形可能な部材を利用でき、軸受59と受け部材74との間に挟持状態で保持されるものであればよい。また、上述の画像形成装置8は、複写機に適用されていたが、プリンタ、ファクシミリ等に適用してもよい。また、画像形成装置の構成も、帯電させた感光体ドラム41に光を当てて静電潜像を形成する画像形成装置であれば、本発明を適用することができる。
【0031】その他、本発明の要旨を変更しない範囲で種々の設計変更を施すことが可能である。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013