米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 測定; 光学 -> 日本航空電子工業株式会社

発明の名称 液晶パネル保持構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−318365(P2001−318365A)
公開日 平成13年11月16日(2001.11.16)
出願番号 特願2000−138578(P2000−138578)
出願日 平成12年5月11日(2000.5.11)
代理人 【識別番号】100071272
【弁理士】
【氏名又は名称】後藤 洋介 (外1名)
【テーマコード(参考)】
2H089
5G435
【Fターム(参考)】
2H089 HA40 JA10 QA12 TA06 
5G435 AA07 AA17 BB12 EE06 EE13 KK02
発明者 砥上 龍也 / 茨木 和昭 / 加藤 林太郎 / 宮本 邦一 / 樋口 真佐央
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 液晶パネルをパネルケースに保持するための液晶パネル保持構造において、少なくとも2辺を有し、かつ各々の辺が隣接し、各々の辺に少なくとも1つのばね部を設けたフレームと、前記液晶パネルをパネルケースに固定し、かつ前記フレームのばね部と対応する位置に押圧部が設けられたフック部品とを有し、前記パネルケースのパネル載置部に、前記フレームの各々のばね部と対向する位置に突き当て部を設け、前記フック部品の押圧部により前記フレームのばね部を押圧し、前記液晶パネルを前記パネルケースの突き当て部に押し付けてX方向及びY方向の位置決めをしたことを特徴とする液晶パネル保持構造。
【請求項2】 前記フック部品にばね部を設け、該ばね部により前記液晶パネルを前記パネルケースに設けられた突き当て面に押付け、Z方向の位置決めをした請求項1に記載の液晶パネル保持構造。
【請求項3】 前記フレームと前記パネルケースとをモールドインにより一体成形した請求項1又は2に記載の液晶パネル保持構造。
【請求項4】 前記フレームを前記パネルケースに固定するための固定部を前記フレーム及び前記パネルケースの各々に設けた請求項1〜3のいずれかに記載の液晶パネル保持構造。
【請求項5】 前記フレームは分割された辺を有し、各々の辺に相互係合する係合部を夫々設けた請求項1〜4のいずれかに記載の液晶パネル保持構造。
【請求項6】 前記フレームを樹脂にて成形した請求項1〜5のいずれかに記載の液晶パネル保持構造。
【請求項7】 液晶パネルを互いに直交したX方向及びY方向に延在した状態で保持するための液晶パネル保持装置において、前記X方向及び前記Y方向の各々で前記液晶パネルの一方の端面を受ける突き当て部を有したパネルケースと、前記パネルケースに組み合わされ、前記X方向及び前記Y方向の各々で前記液晶パネルの他方の端面に対向するばね部を有したフレームと、前記パネルケースに組み合わされ、前記ばね部を前記液晶パネルに押圧させる押圧部を有したフック部品とを含むことを特徴とする液晶パネル保持装置。
【請求項8】 前記パネルケースは前記X方向及び前記Y方向に直交するZ方向で前記液晶パネルの一方の主面を受けるパネル載置部を有し、前記フック部品は前記Z方向で前記液晶パネルの他方の主面を前記パネル載置部に向けて付勢するばね部を有する請求項7に記載の液晶パネル保持装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、液晶パネルをパネルケースに保持するための液晶パネル保持構造又は装置に関する。
【0002】
【従来の技術】通常、液晶パネルはパネルケースと呼ばれる部品に固定されて使用される。液晶パネルをパネルケースに固定する従来の構造を説明する。まず、液晶パネルをパネルケースの中に入れ、位置決めをする。この状態で、液晶パネルをパネルケースに接着剤で仮固定する。その後、液晶パネルをパネルケースに接着剤で本固定する。このように、2度の接着工程を経て液晶パネルのパネルケースへの組込みを行う。その後、見切部をもつフック部品をパネルケースに嵌め込む。なお、接着剤による固定は、液晶パネルとパネルケースとの間の隙間に接着剤を流し込み、硬化させることにより行われる。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述した構造では、液晶パネルをパネルケースに固定する際に、仮固定と本固定を必要とするため、2度にわたるポッティング作業と硬化時間とを必要とするため、生産効率が悪くコストアップの原因になる。
【0004】また、液晶パネル若しくはパネルケースに何らかの問題があった場合に、交換ができないため、問題が無い部品も捨てざるを得ず、コストアップの原因になる。
【0005】さらに、パネルケースに設けた複数の突起のみで液晶パネルのX方向及びY方向の位置決めを行うため、それらの突起に関する寸法管理に高い精度が要求され、それにも拘わらずガタを生じ易い。
【0006】それ故に本発明の課題は、液晶パネルをパネルケースにガタなく保持させることができる安価な液晶パネル保持構造を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明によれば、液晶パネルをパネルケースに保持するための液晶パネル保持構造において、少なくとも2辺を有し、かつ各々の辺が隣接し、各々の辺に少なくとも1つのばね部を設けたフレームと、前記液晶パネルをパネルケースに固定し、かつ前記フレームのばね部と対応する位置に押圧部が設けられたフック部品とを有し、前記パネルケースのパネル載置部に、前記フレームの各々のばね部と対向する位置に突き当て部を設け、前記フック部品の押圧部により前記フレームのばね部を押圧し、前記液晶パネルを前記パネルケースの突き当て部に押し付けてX方向及びY方向の位置決めをしたことを特徴とする液晶パネル保持構造が得られる。
【0008】前記フック部品にばね部を設け、該ばね部により前記液晶パネルを前記パネルケースに設けられた突き当て面に押付け、Z方向の位置決めをしてもよい。
【0009】前記フレームと前記パネルケースとをモールドインにより一体成形してもよい。
【0010】前記フレームを前記パネルケースに固定するための固定部を前記フレーム及び前記パネルケースの各々に設けてもよい。
【0011】前記フレームは分割された辺を有し、各々の辺に相互係合する係合部を夫々設けてもよい。
【0012】前記フレームを樹脂にて成形してもよい。
【0013】本発明によれば、液晶パネルを互いに直交したX方向及びY方向に延在した状態で保持するための液晶パネル保持装置において、前記X方向及び前記Y方向の各々で前記液晶パネルの一方の端面を受ける突き当て部を有したパネルケースと、前記パネルケースに組み合わされ、前記X方向及び前記Y方向の各々で前記液晶パネルの他方の端面に対向するばね部を有したフレームと、前記パネルケースに組み合わされ、前記ばね部を前記液晶パネルに押圧させる押圧部を有したフック部品とを含むことを特徴とする液晶パネル保持装置が得られる。
【0014】前記パネルケースは前記X方向及び前記Y方向に直交するZ方向で前記液晶パネルの一方の主面を受けるパネル載置部を有し、前記フック部品は前記Z方向で前記液晶パネルの他方の主面を前記パネル載置部に向けて付勢するばね部を有してもよい。
【0015】
【発明の実施の形態】図1を参照して、本発明の第1の実施の形態に係る液晶パネル保持構造について説明する。
【0016】この液晶パネル保持構造は液晶パネル1をパネルケース2に保持させるものであり、フレーム3とフック部品4とを含んでいる。ここで、液晶パネル1は、互いに対向した両主面と、これらの主面間を結ぶ4つの端面とを有する四角板状のものであると仮定する。
【0017】パネルケース2はプラスチックにて作られ、開口部26を有し、液晶パネル1の外形に概ね適合する四角形のパネル載置部21を有している。即ち、パネル載置部21は互いに直交するX方向及びY方向に広がっている。パネル載置部21の周囲には、X方向及びY方向に直交したZ方向を向いたパネル受面22が形成されている。また、パネル載置部21の隣接した特定の2辺の各々には突起又は突き当て部23が備えられている。
【0018】フレーム3は金属板にて作られ、液晶パネル1の上面に載置される四角枠部分31と、この四角枠部分31の隣接した特定の2辺の各々から下方に突出したばね片32とを有している。ばね片32は液晶パネル1の隣接した2辺の端面にX方向及びY方向で対向するものである。
【0019】フック部品4は金属板にて作られ、フレーム3の四角枠部分31の上面に載置される四角枠部分41と、この四角枠部分41の隣接した特定の2辺の各々から下方に突出した爪又は押圧部42とを有している。フック部品4の四角枠部分41には幾箇所かにばね部43が設けられている。押圧部42は、フレーム3のばね片32にX方向及びY方向で対向するものである。なお、44は見切部である。
【0020】次に、液晶パネル1をパネルケース2に固定する作業につき説明する。液晶パネル1にフレーム3を被せるようにしてパネルケース2に組み込む。その上から、フック部品4を嵌め込むことによって、押圧部42でフレーム3のばね片32を変形させる。この結果、ばね片32は液晶パネル1をX方向及びY方向でパネルケース2の突き当て部23に弾力的に押し付ける。こうして、液晶パネル1のX方向及びY方向での位置決め及び固定が行なわれる。また、フック部品4のばね部43により、液晶パネル1をパネルケース2のパネル受面22に弾力的に押し付ける。こうして、液晶パネル1はZ方向での位置決め及び固定が行なわれる。
【0021】図2及び図3を参照して、本発明の第2の実施の形態に係る液晶パネル保持構造について説明する。図1と同様な機能をもつ部品又は部分には同じ符号を付して説明を省略する。
【0022】パネルケース2には、ばね片32を貫通させるための開口部24を形成する。フレーム3はパネルケース2のパネル受面22の反対側の面に宛がわれ、ばね片32を開口部24に挿通される。この時、フレーム3の係合片33がパネルケース2の係合部25に係合し、パネルケース2からのフレーム3の脱落が阻止される。
【0023】パネルケース2に対し、図1と同様に液晶パネル1を組み込んだ後、フック部品4を嵌め込む。この結果、押圧部42によりフレーム3のばね片32が変形し、X方向及びY方向で液晶パネル1をパネルケース2の突き当て部23に弾力的に押し付ける。こうして、液晶パネル1のX方向及びY方向での位置決め及び固定が行なわれる。また、フック部品4のばね部43により、液晶パネル1をパネルケース2のパネル受面22に弾力的に押し付ける。こうして、液晶パネル1はZ方向での位置決め及び固定が行なわれる。
【0024】図4及び図5を参照して、本発明の第3の実施の形態に係る液晶パネル保持構造について説明する。図1と同様な機能をもつ部品又は部分には同じ符号を付して説明を省略する。
【0025】フレーム3に見切部34を備える。フレーム3の隣接する特定の2辺にばね片32が設けられている。このフレーム3をパネルケース2に、モールドインにて成形し一体化を行う。図1と同様に液晶パネル1をパネルケース2に組み込んだ後、フック4を嵌め込む。この結果、押圧部42によりフレーム3のばね片32が変形し、X方向及びY方向で液晶パネル1をパネルケース2の突き当て部23に弾力的に押付ける。こうして、液晶パネル1のX方向及びY方向での位置決め及び固定が行なわれる。また、フック部品4のばね部43により、液晶パネル1をパネルケース2のパネル受面22に弾力的に押し付ける。こうして、液晶パネル1はZ方向での位置決め及び固定が行なわれる。
【0026】図6及び図7を参照して、本発明の第4の実施の形態に係る液晶パネル保持構造について説明する。図1と同様な機能をもつ部品又は部分には同じ符号を付して説明を省略する。
【0027】フレーム3は全体的には図7に示すようにL字形を呈するものである。このフレーム3を、パネル載置部21の特定の2辺のみに対応して配置し、パネルケース2にモールドインにて一体化する。こうして、図6に示すようにフレーム3を組み込んだパネルケース2を得る。
【0028】このパネルケース2に対し、図1と同様に液晶パネル1を組み込んだ後、フック部品4を嵌め込む。この結果、押圧部42によりフレーム3のばね片32が変形し、X方向及びY方向で液晶パネル1をパネルケース2の突き当て部23に弾力的に押し付ける。こうして、液晶パネル1のX方向及びY方向での位置決め及び固定が行なわれる。また、フック部品4のばね部43により、液晶パネル1をパネルケース2のパネル受面22に弾力的に押し付ける。こうして、液晶パネル1はZ方向での位置決め及び固定が行なわれる。
【0029】図8−図10を参照して、本発明の第5の実施の形態に係る液晶パネル保持構造について説明する。図6及び図7と同様な機能をもつ部品又は部分には同じ符号を付して説明を省略する。
【0030】フレーム3は、図10に示すように、2つのフレーム部品3a,3bの端部の係合部35を互いに係合させ、全体的には図7に示すものと同様にL字形にされる。図9に示すように、このフレーム3を、パネル載置部21の特定の2辺のみに対応して配置し、パネルケース2に圧入にて組み込む。こうして、図8に示すようにフレーム3を組み込んだパネルケース2を得る。
【0031】このパネルケース2に対し、図1と同様に液晶パネル1を組み込んだ後、フック部品4を嵌め込む。この結果、押圧部42によりフレーム3のばね片32が変形し、X方向及びY方向で液晶パネル1をパネルケース2の突き当て部23に弾力的に押し付ける。こうして、液晶パネル1のX方向及びY方向での位置決め及び固定が行なわれる。また、フック部品4のばね部43により、液晶パネル1をパネルケース2のパネル受面22に弾力的に押し付ける。こうして、液晶パネル1はZ方向での位置決め及び固定が行なわれる。
【0032】なお、上述した第1から第5の実施の形態に係る液晶パネル保持構造のいずれにおいても、フレーム3をプラスチックにて作ることができる。そのうち、第1の実施の形態に係る液晶パネル保持構造におけるフレーム3をプラスチックにて作った例を図11に示した。図11においても、図1と同様な機能をもつ部品又は部分には同じ符号を付している。
【0033】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、液晶パンネルをパネルケースにガタなく保持させることができる安価な液晶パネル保持構造を提供できる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013