米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 測定; 光学 -> アルパイン株式会社

発明の名称 目的地特定方法及びナビゲーション装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−317950(P2001−317950A)
公開日 平成13年11月16日(2001.11.16)
出願番号 特願2001−59986(P2001−59986)
出願日 平成13年3月5日(2001.3.5)
代理人 【識別番号】100084711
【弁理士】
【氏名又は名称】斉藤 千幹
発明者 若生 光
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 電話番号を入力する入力手段、電話番号に応じた施設の名称、住所、位置を記憶する記憶手段、入力手段により入力された電話番号が複数の施設に対応しているか判定する判定手段、判定手段が、前記入力された電話番号が複数の施設に対応していると判定した時、複数施設に対応する該電話番号に関して識別情報を表示する表示部、を備えたことを特徴とするナビゲーション装置。
【請求項2】 前記表示手段は、多数の施設に対応する電話番号の近くに特別のアイコンを表示する、ことを特徴とする請求項1記載のナビゲーション装置。
【請求項3】 電話番号を入力して施設を選択する車載用のナビゲーション装置において、電話番号に対応する施設の名称、位置を記憶する記憶手段、電話番号入力モードにおいて入力された電話番号を表示する表示手段、入力手段からの電話番号の入力処理を実行すると共に、該入力電話番号に対応する施設名を前記記憶手段から読み出して表示手段に表示する際、該電話番号が複数の施設に対応している場合には該複数施設の施設名リストを表示する制御部、を備えたことを特徴とするナビゲーション装置。
【請求項4】 前記制御部は、施設名リストより施設名が選択された時、選択された施設の詳細情報を表示手段に表示する、ことを特徴とする請求項3記載のナビゲーション装置。
【請求項5】 前記電話番号入力モードにおいて、制御部は電話番号リストを表示手段に表示すると共に、特別のアイコンを複数施設に対応する電話番号の近くに表示する、ことを特徴とする請求項3記載のナビゲーション装置。
【請求項6】 複数の施設に対応する前記電話番号は、同一の建物内の多数の施設により共用されている、ことを特徴とする請求項3記載のナビゲーション装置。
【請求項7】 複数の施設に対応する前記電話番号は、異なる住所の多数の施設により共用されている、ことを特徴とする請求項3記載のナビゲーション装置。
【請求項8】 複数施設の施設名リストより目的地として所望の施設名が設定された時、前記制御部は、現車輌位置から設定された目的地までの案内経路を探索し、経路案内を実行する、ことを特徴とする請求項3記載のナビゲーション装置。
【請求項9】 前記記憶手段は、前記位置を経緯度で記憶する、ことを特徴とする請求項3記載のナビゲーション装置。
【請求項10】 電話番号を入力して目的地を設定するナビゲーション装置の目的地特定方法において、電話番号に施設の名称、住所、位置を対応させてデータベース化すると共に、同一の電話番号を複数の施設が共用するとき、該電話番号に複数の施設名を対応させ、電話番号により目的地を設定する場合、電話番号一覧リストをディスプレイ画面に表示し、該リストより所定の電話番号が選択された時、あるいは、電話番号が直接入力された時、該電話番号に複数の施設が対応付けされていれば、複数の施設の名称リストを表示し、該施設の名称リストより施設が選択された時、選択された施設の詳細情報を表示する、ことを特徴とする目的地特定方法。
【請求項11】 ディスプレイ画面に表示される電話番号の一覧リストにおいて、複数の施設が対応付けされている電話番号の近傍に所定のアイコンを表示する、ことを特徴とする請求項10記載の目的地特定方法。
【請求項12】 複数の施設が対応付けされている電話番号が選択された時、あるいは、電話番号が直接入力された時、複数施設のうち1つの施設の情報を表示し、施設名リストの表示要求により、前記複数の施設の施設名リストを表示する、ことを特徴とする請求項10記載の目的地特定方法。
【請求項13】 電話番号を入力して目的地を設定するナビゲーション装置の目的地特定方法において、電話番号に施設の名称、住所、位置を対応させてデータベース化すると共に、同一の電話番号を複数の施設が共用するとき、該電話番号に複数の施設名を対応させ、電話番号により目的地を設定する際、目的地である施設の電話番号の先頭数桁の数字が入力されると、ナビゲーション装置は、電話番号データベースを検索し、該先頭数桁を有する電話番号のリストを表示すると共に、複数の施設が対応付けされている電話番号識別情報を表示する、ことを特徴とする目的地特定方法。
【請求項14】 前記電話番号識別情報はマークパターンを含み、該マークパターンを電話番号の近くに表示する、ことを特徴とする請求項13記載の目的地特定方法。
【請求項15】 前記電話番号識別情報は特別のアイコンを含み、該アイコンを電話番号の近くに表示する、ことを特徴とする請求項13記載の目的地特定方法。
【請求項16】 複数の施設が対応付けされている電話番号が選択された時、ナビゲーション装置は、該選択された電話番号に対応する複数施設のうち先頭施設の名称及び住所を表示する、ことを特徴とする請求項13記載の目的地特定方法。
【請求項17】 複数の施設が対応付けされている電話番号が選択された時、ナビゲーション装置は、該選択された電話番号に対応する複数施設の施設名リストを表示する、ことを特徴とする請求項13記載の目的地特定方法。
【請求項18】 複数施設の施設名リストより所望の施設名が選択された時、ナビゲーション装置は、選択された施設名の住所、カテゴリーを表示する、ことを特徴とする請求項17記載の目的地特定方法。
【請求項19】 複数施設の施設名リストより目的地として所望の施設名が設定された時、ナビゲーション装置は、現車輌位置から設定された目的地までの案内経路を探索し、経路案内を実行する、ことを特徴とする請求項17記載の目的地特定方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は目的地特定方法及びナビゲーション装置に係わり、特に、電話番号を入力して目的地を設定するナビゲーション装置の目的地特定方法に関する。
【0002】
【従来の技術】車両の走行案内を行い、運転者が所望の目的地に容易に到達できるようにしたナビゲーション装置は、車両の位置を検出してCD-ROMDVDなどの地図記憶媒体から車両位置周辺の地図データを読み出す。しかる後、MAP GUIDE MODEでは、地図をディスプレイ画面に描画するとともに該地図上の所定箇所に車両位置マークを重ねて描画する。そして、車両の移動により現在位置が変化するに従い、画面の車両位置マークを誘導経路に沿って移動したり、或いは車両位置マークは所定位置に固定して地図をスクロールして、常に、車両位置周辺の詳細地図が一目で判るようになっている。又、ARROW GUIDEモードでは、誘導経路とそれに交差する道路などを簡略表示すると共に交差点における進行方向を矢印で示し、かつ、交差点までの距離、目的地方向、目的地までの距離等を表示し、更に、交差点での進行方向を音声で案内する。
【0003】上記MAP GUIDE MODEあるいはARROW GUIDE MODEで経路案内するには、目的地を入力し、目的地までの誘導経路を探索しなければならない。目的地を入力するには、(1) 目的地のアドレスを直接入力する方法、(2) 目的地が交差点の場合、2つのストリートを特定して該交差点を入力する方法、(3) 目的地であるPOI(Point of Interest) のPlace Nameあるいは電話番号を直接入力する方法、あるいは、POIのPlace Type と所在地を入力し、Place Nameの候補リストを表示し、該候補リストより目的地であるPlace Name を選択する方法、(4) 最近のn個の目的地を表示し、その中から今回の目的地を選択して入力する方法、(5) address bookに予め登録した地点より目的地を選択して入力する方法、(6) カーソルで直接地図上の目的地を指示して入力する方法、がある。
【0004】目的地であるPOIを電話番号で入力するには、■電話番号により目的地を設定することを指示し、■ついで、電話番号の先頭数桁を入力する。■先頭数桁入力すると、該先頭数桁を有する電話番号のリストがスクロール可能に表示されるから、このリストより所望の電話番号を選択し、あるいは、電話番号全桁を入力する。■電話番号入力により、該電話番号を有するPOIの詳細情報(名称、住所、現在地点からの方向、距離等)がスクリーン上部に表示されるから、確認後、確定操作(OK入力)をする。これにより、目的地の入力が完了する。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】1つの電話番号が同じ建物内の複数の施設あるいはショッピングモール内の複数の施設(レストラン、店舗等)に共用される場合がある。又、1-800フリーダイヤルの場合、1つの電話番号に90施設が対応するものもある。更に、1つの電話番号が複数の異なる住所の施設に共用される場合もある。例えば、病院の代表電話番号は一つだが、複数の医師が異なる場所にオフィスを持ち、病院の代表電話番号にかかってきた電話をオペレータが内線で各医師のオフィスに接続する場合である。
【0006】従来、複数の施設が1つの電話番号を共用する場合、目的地探索のために該電話番号を入力すると、代表名称(例えばショッピングモール名、病院名など)がスクリーンに表示されるだけであった。このため、ショッピングモール、建物内にどのような施設、店舗が存在するのか、あるいは希望する施設や店舗が存在するのか不明であり、目的地設定して行ったけれど希望する施設や店がない場合がある。又、病院には何科のどのような医師がどこにオフィスを持っているのかが不明であり、目的地設定して病院へ行ったけれど担当医師のオフィスが別の場所にあったりする場合がある。以上より、従来のナビゲーション装置は、電話番号による目的地探索に際して、1つの電話番号が複数の施設に共用される場合において、ユーザに十分な情報を提供しない問題があった。本発明の目的は、電話番号による目的地設定に際してユーザに十分な情報を提供できるようにすることである。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明において電話番号で目的地を特定するには、(1) 電話番号に施設名、住所、位置を対応させてデータベース化すると共に、同一の電話番号を複数の施設が共用するとき、該電話番号に複数の施設名を対応させてデータベース化し、(2) 電話番号により目的地を設定する場合、電話番号リストをディスプレイ画面に表示し、(3) 該リストより所定の電話番号が選択された時、あるいは電話番号が直接入力された時、該電話番号に複数の施設が対応付けされていれば、該複数の施設名リストを表示し、(4) 該施設名リストより施設が選択された時、選択された施設の詳細情報を表示する。このようにすれば、ユーザは施設名リストあるいは施設の詳細情報を参照して目的地とするか否かを決定できる。又、本発明では、ディスプレイ画面に表示される電話番号リストにおいて、複数の施設が対応付けされている電話番号の近傍に所定のアイコンを表示して区別する。このようにすれば、ユーザは複数の施設に対応する電話番号であるか否かを容易に認識することができる。以上、本発明によれば、電話番号を共用する施設名、施設の詳細情報を表示できユーザに十分な情報を提供することができる。
【0008】
【発明の実施の形態】図1は本発明のナビゲーション装置の構成図であり、11は地図を記憶する地図記憶媒体で、例えばCD-ROM、12はCD-ROMからの地図情報の読み取りを制御するCD-ROM制御部、13は車両現在位置を測定する位置測定装置であり、移動距離を検出する車速センサー、移動方位を検出するジャイロ、位置計算用CPU、GPS受信機等で構成されている。14はCD-ROMから読出した地図情報を記憶する地図情報メモリ、15はCD-ROMから読出した電話番号データベース情報を記憶するデータベースメモリである。電話番号データベース情報は、図2に示すように、電話番号に、(1) 複数の施設が対応付けられているかを示すフラグ、(2) 施設の名称、(3) 施設の住所、(4) 施設の経緯度、(5) 施設のカテゴリー(ホテル、スポーツ施設、レストラン、空港、ショッピング、病院等)、(6) 複数の施設が同一電話番号を共用するときは、各施設毎に上記(2)〜(5)の詳細情報、を対応付けて構成されている。
【0009】16はメニュー選択操作、拡大/縮小操作、目的地入力操作等を行うリモコン、17はリモコンインタフェースである。リモコン16は図3に示すように、ジョイスティック/エンターキー16a、メニューキー16b、キャンセルキー16c、MP/RG キー16d、ズーム/スクロールキー16e、モニタオン/オフキー16fなどを有している。ジョイスティック/エンターキー16aは、カーソルや自車マーク等を地図に対して相対的に8方向に移動したり、所望のメニュー項目を選択する際にメニューバー(ハイライト位置)を移動したりするジョイスティックキーの機能と、フォーカス位置を設定入力したり、メニューを選択入力するエンターキーとしての機能を有している。メニューキー16bはメインメニューを表示する際に操作され、キャンセルキー16cは現表示スクリーンをキャンセルしたり、メニューの前画面に戻す際に操作される。MP/RG キー16eは、MAP GUIDE MODEとARROW GUIDE MODEの切り替えを行う際に操作され、ズーム/スクロールキー16eは地図の拡大/縮小及び各種リストにおけるハイライト位置の上下シフトやスクロールを行う際に操作される。
【0010】図1に戻って、18はナビゲーション装置全体を制御するプロセッサ(CPU)、19は各種制御プログラムを記憶するROM、20は誘導経路など処理結果等を記憶するRAM、21は交差点での進行方向の案内を音声で行う音声案内部、22は地図情報に基づいてMAP GUIDE 画像、ARROW GUIDE画像を発生するディスプレイコントローラ、23はディスプレイコントローラで発生した画像を記憶するVRAM、24はメニュー画像/各種リスト画像を発生するメニュー/リスト発生部、25は合成部、26はモニター装置、27はバスである。図4は本発明の電話番号による目的地入力処理フロー、図5及び図6は電話番号に入力の際の表示例である。
【0011】メニューキー16bを操作するとナビゲーション装置(CPU18)はモニタ26のスクリーンにメインメニューを表示する。ユーザはメインメニューより、メニュー項目"DEST"を選択すれば、ナビゲーション装置は図5(a)に示すように目的地入力方法を特定するための"Find Destination by"画面を表示する。ついで、ユーザは目的地である施設の探索を電話番号により行うために"Point ofInterest"を選択してから"Place Phone Number"を選択する(ステップ101)。すなわち、"Point of Interest"を選択すると、図示しないが"Place Name", "Place Type", "Place Phone Number"が表示されるから引き続いて"Place PhoneNumber"を選択する。尚、"Find Destination by"画面において"Phone NUmber"を選択すると一般の電話番号による目的地探索が可能になる。以上により、ナビゲーション装置は図5(b)に示すように電話番号入力用のキーパッドをスクリーンの上部に表示する(ステップ102)。ついで、キーパッドを用いて目的とする施設の電話番号の先頭数桁を入力すると、ナビゲーション装置は電話番号データベース情報を検索し、該先頭数桁を有する電話番号のリストをキーパッドの下部に表示する。又、複数の施設が対応付けされている電話番号の前にアイコンIPTを表示する(ステップ103)。
【0012】ついで、ユーザがズーム/スクロールキー16eを操作して所望の施設の電話番号をリストより選択すれば、リスト中の該電話番号がハイライトする(ステップ104)。尚、リストによらずキーパッドを用いて電話番号を直接入力することもできる。ナビゲーション装置は電話番号データベース情報を参照して、ユーザにより選択された電話番号に複数の施設が対応付けられているか判断し(ステップ105)、複数の施設が対応付けられていなければ、電話番号(例えば(818)622-3801)を有する施設の詳細情報を電話番号データベースより求め、図5(c)に示すように施設名称(UNIVERSAL STUDIOS HOLLYWOOD)、施設の住所(100 UNIVERSALCITY PL UNIVERSAL CITY, CA)を表示する。又、施設の位置(経緯度)と自車位置とから施設までの距離(19.4マイル)及び施設の方向を求め矢印で表示する(ステップ106)。
【0013】表示された施設を目的地として設定するには、確定操作(OK入力)をする。例えば、ジョイスティック/エンターキー16aを押し下げる(ステップ107)。確定操作により、ナビゲーション装置は現自車位置から設定した目的地までの誘導経路探索を行い、誘導経路をRAM20に記憶し、以後、MAP GUIDE MODE、ARROW GUIDE MODEに応じた経路案内表示を行う(ステップ108)。ステップ105において、電話番号例えば(800)428-2566に複数の施設が対応付けられていれば、ナビゲーション装置は図6(a)に示すようにスクリーンの上部に先頭施設の名称(AVALON SCENIC TOURS)、該施設の住所(1150 QUEENS HWY, LONG BEACH, CA)を表示する。又、施設の位置(経緯度)と自車位置とから施設までの距離(10.1マイル)を計算して表示すると共に施設の方向を求め矢印で表示する(ステップ109)。
【0014】電話番号(800)428-2566にアイコンIPTが付加されてるから、ユーザは該電話番号に複数の施設が対応付けられていることを認識する。そこで、ジョイスティック/エンターキー16aを押し下げると(ステップ110)、ナビゲーション装置は図6(b)に示すようにスクリーン下部に電話番号リストに代えて施設名リストを表示する。又、スクリーン上部より施設名称を消去し、代わって先頭施設のカテゴリー(tourist attraction)を表示する(ステップ111)。ついで、ズーム/スクロールキー16eを操作して所望の施設名をハイライト表示して選択すると(ステップ112)、ナビゲーション装置は該選択した施設の詳細情報(名称、住所、カテゴリー、距離、向き)をスクリーン上部に表示する(ステップ113)。
【0015】表示された施設を目的地として設定するには、確定操作(OK入力)をする。たとえば、ジョイスティック/エンターキー16aを押し下げる(ステップ107)。キー16aの押し下げにより、ナビゲーション装置は現自車位置から設定した目的地までの誘導経路探索を行い、誘導経路をRAM20に記憶し、以後、MAPGUIDE MODE、ARROW GUIDE MODEに応じた経路案内表示を行う(ステップ108)。
【0016】(付記)
(付記1) 電話番号を入力する入力手段、電話番号に応じた施設の名称、住所、位置を記憶する記憶手段、入力手段により入力された電話番号が複数の施設に対応しているか判定する判定手段、判定手段が、前記入力された電話番号が複数の施設に対応していると判定した時、複数施設に対応する該電話番号に関して識別情報を表示する表示部、を備えたことを特徴とするナビゲーション装置。
(付記2) 前記表示手段は、多数の施設に対応する電話番号の近くに特別のアイコンを表示する、ことを特徴とする付記1記載のナビゲーション装置。
(付記3) 電話番号を受信して施設を選択する車載用のナビゲーション装置において、電話番号に対応する施設の名称、位置を記憶する記憶手段、電話番号入力モードにおいて入力された電話番号を表示する表示手段、入力手段からの電話番号の入力処理を実行すると共に、該入力電話番号に対応する施設名を前記記憶手段から読み出して表示手段に表示する際、該電話番号が複数の施設に対応している場合には該複数施設の施設名リストを表示する制御部、を備えたことを特徴とするナビゲーション装置。
(付記4) 前記制御部は、施設名リストより施設名が選択された時、選択された施設の詳細情報を表示手段に表示する、ことを特徴とする付記3記載のナビゲーション装置。
(付記5) 前記電話番号入力モードにおいて、制御部は電話番号リストを表示手段に表示すると共に、特別のアイコンを複数施設に対応する電話番号の近くに表示する、ことを特徴とする付記3記載のナビゲーション装置。
(付記6) 複数の施設に対応する前記電話番号は、同一の建物内の多数の施設により共用されている、ことを特徴とする付記3記載のナビゲーション装置。
(付記7) 複数の施設に対応する前記電話番号は、異なる住所の多数の施設により共用されている、ことを特徴とする付記3記載のナビゲーション装置。
(付記8) 複数施設の施設名リストより目的地として所望の施設名が設定された時、前記制御部は、現車輌位置から設定された目的地までの案内経路を探索し、経路案内を実行する、ことを特徴とする付記3記載のナビゲーション装置。
(付記9) 前記入力手段は、テンキーにより入力された 入力をキャンセルするキャンセルキーを備えた、ことを特徴とする付記3記載のナビゲーション装置。
(付記10) 前記記憶手段は、前記位置を経緯度で記憶する、ことを特徴とする付記3記載のナビゲーション装置。
(付記11) 電話番号を入力して目的地を設定するナビゲーション装置の目的地特定方法において、電話番号に施設の名称、住所、位置を対応させてデータベース化すると共に、同一の電話番号を複数の施設が共用するとき、該電話番号に複数の施設名を対応させ、電話番号により目的地を設定する場合、電話番号一覧リストをディスプレイ画面に表示し、該リストより所定の電話番号が選択された時、あるいは、電話番号が直接入力された時、該電話番号に複数の施設が対応付けされていれば、複数の施設の名称リストを表示し、該施設の名称リストより施設が選択された時、選択された施設の詳細情報を表示する、ことを特徴とする目的地特定方法。
(付記12) ディスプレイ画面に表示される電話番号の一覧リストにおいて、複数の施設が対応付けされている電話番号の近傍に所定のアイコンを表示する、ことを特徴とする付記11記載の目的地特定方法。
(付記13) 複数の施設が対応付けされている電話番号が選択された時、あるいは、電話番号が直接入力された時、複数施設のうち1つの施設の情報を表示し、施設名リストの表示要求により、前記複数の施設の施設名リストを表示する、ことを特徴とする付記11記載の目的地特定方法。
(付記14) 電話番号を入力して目的地を設定するナビゲーション装置の目的地特定方法において、電話番号に施設の名称、住所、位置を対応させてデータベース化すると共に、同一の電話番号を複数の施設が共用するとき、該電話番号に複数の施設名を対応させ、電話番号により目的地を設定する際、目的地である施設の電話番号の先頭数桁の数字が入力されると、ナビゲーション装置は、電話番号データベースを検索し、該先頭数桁を有する電話番号のリストを表示すると共に、複数の施設が対応付けされている電話番号識別情報を表示する、ことを特徴とする目的地特定方法。
(付記15) 前記電話番号識別情報はマークパターンを含み、該マークパターンを電話番号の近くに表示する、ことを特徴とする付記14記載の目的地特定方法。
(付記16) 前記電話番号識別情報は特別のアイコンを含み、該アイコンを電話番号の近くに表示する、ことを特徴とする付記14記載の目的地特定方法。
(付記17) 複数の施設が対応付けされている電話番号が選択された時、ナビゲーション装置は、該選択された電話番号に対応する複数施設のうち先頭施設の名称及び住所を表示する、ことを特徴とする付記14記載の目的地特定方法。
(付記18) 複数の施設が対応付けされている電話番号が選択された時、ナビゲーション装置は、該選択された電話番号に対応する複数施設の施設名リストを表示する、ことを特徴とする付記14記載の目的地特定方法。
(付記19) 複数施設の施設名リストより所望の施設名が選択された時、ナビゲーション装置は、選択された施設名の住所、カテゴリーを表示する、ことを特徴とする付記18記載の目的地特定方法。
(付記20) 複数施設の施設名リストより目的地として所望の施設名が設定された時、ナビゲーション装置は、現車輌位置から設定された目的地までの案内経路を探索し、経路案内を実行する、ことを特徴とする付記18記載の目的地特定方法。以上、本発明を実施例により説明したが、本発明は請求の範囲に記載した本発明の主旨に従い種々の変形が可能であり、本発明はこれらを排除するものではない。
【0017】
【発明の効果】以上本発明によれば、電話番号により目的地を設定する際、該電話番号を共用する複数の施設の施設名リスト、各施設の詳細情報を適宜表示できるためユーザに十分な情報を提供することができる。又、本発明によれば電話番号リストにおいて、複数の施設が対応付けされている電話番号の近傍に所定のアイコンを表示して区別するから、ユーザは容易に電話番号に複数施設が対応しているか否かを認識できる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013