米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 測定; 光学 -> アルパイン株式会社

発明の名称 ナビゲーション装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−264084(P2001−264084A)
公開日 平成13年9月26日(2001.9.26)
出願番号 特願2000−71124(P2000−71124)
出願日 平成12年3月14日(2000.3.14)
代理人
発明者 浜 憲彦
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 地図データを格納する地図データ格納手段と、前記入力情報に応じた地点を検索する地点検索手段と、呼び出された地図を表示する地図表示手段と、複数の主要地点を記憶する主要地点記憶手段と、前記地点検索手段により検索された地点に最も近い主要地点を前記主要地点記憶手段から読み出し、前記検索地点と主要地点とを含む地図を前記地図表示手段により表示させる制御手段とを備えることを特徴とするナビゲーション装置。
【請求項2】 地図データを格納する地図データ格納手段と、前記入力情報に応じて地点を検索する地点検索手段と、呼び出された地図を表示する地図表示手段と、複数の主要地点を記憶しておく主要地点記憶手段と、前記地点検索手段により検索された地点に最も近い主要地点を前記主要地点記憶手段から読み出し、該主要地点から検索された地点の方向及び距離を算出する算出手段と、前記検索地点と主要地点とを含む地図を前記地図表示手段により表示させると共に、前記算出手段により算出した方向及び距離を表示させる制御手段とを備えることを特徴とするナビゲーション装置。
【請求項3】 前記主要地点記憶手段に記憶された主要地点は、公共の施設、過去の目的地、登録地点であることを特徴とする請求項1又は2記載のナビゲーション装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は入力情報に応じて検索された地点の地図を表示するナビゲーション装置に係り、特に、検索された地点を検索地点に近い主要地点と共に地図表示するナビゲーション装置に関する。
【0002】
【従来の技術】車両の走行案内を行い、運転者が所望の目的地に容易に到着できるようにしたナビゲーション装置は、車両の位置を検出してCD−ROMから車両位置周辺の地図データを読み出し、地図をディスプレイ画面に表示するとともに地図上の所定箇所に車両位置マーク(自車位置マーク)を重ねて表示する。又、ナビゲーション装置は、車両の移動により現在位置が変化するに従い、画面の自車位置マークを移動したり、或いは自車位置マークは画面中央等の所定位置に固定して地図をスクロールして、常に、車両位置周辺の地図情報が一目で判るようにしている。
【0003】通常、ナビゲーション装置には、ユーザが所望の目的地に向けて道路を間違うことなく容易に走行できるようにした経路誘導機能が搭載されている。この経路誘導機能によれば、地図データを用いて出発地から目的地までを結ぶ最もコストが低い経路を横型探索法またはダイクストラ法等のシミュレーション計算を行って自動探索し、その探索した経路を誘導経路として記憶しておき、走行中、地図画像上に誘導経路を他の道路とは色を変えて太く表示して画面表示したり、誘導経路上の進路変更すべき交差点に進路を示す矢印を描画して画面表示したりすることで、ユーザを目的地まで案内する。
【0004】また、ナビゲーション装置には地点検索機能が設けられている。地点検索には、検索する地点の住所を入力して該当する地点を検索する住所検索、施設の名称を入力して該当する地点を検索する施設名称検索、電話番号を入力して該当する地点を検索する電話番号検索、予め複数のジャンルに分けて記憶されている地点から所望のジャンルに属する地点を検索するジャンル検索等があり、目的地の設定の際に用いる。
【0005】ここで、目的地はドライブ毎に異なるものであり、これについての情報を入力して設定しなければならない。例えば、自宅、勤務先など繰り返し目的地となる場所については、予めメモリしておくことができるが、一般の目的地については、その度に入力しなければならない。そして、目的地が入力されると、その目的地周辺の地図を呼び出して表示する。なお、目的地の設定だけでなくても所望の地図を呼び出すときには、その場所を特定するための情報を入力して、該当する地図を呼び出して表示する。
【0006】図5、図6は従来のナビゲーション装置における地点検索の際の表示例を示すものである。ユーザはナビゲーション装置の操作部を操作して、地点検索モードに切り替える。地点検索モードには、図5(a)に示すように、住所を入力して該当地点を検索する住所検索、電話番号を入力して対応する地点を検索する電話番号検索、施設の名称を入力して該当する施設の位置を検索する施設名称検索、各種ジャンルに分けられて記憶されている複数の地点から所望の地点を検索するジャンル検索等がある。
【0007】ユーザは、これらの検索の中からひとつを選択する。例えば、ここでは、電話番号検索により対応する地点を地図上に呼び出す場合について説明する。ユーザは、図5(a)に示す、検索方法の中から電話番号検索を選択すると、図5(b)に示すように、電話番号入力画面が表示される。ユーザは、検索したい電話番号を入力画面の入力欄に入力し、決定を選択する。ナビゲーション装置は、入力された電話番号に対応する地点を検索し、検索終了後、図6に示すような検索地点周辺の地図を呼び出して表示する。図6において、DSPはディスプレイ画面、CRはカーソル、SPは検索地点、MNは操作メニューである。地点検索が終了し、検索地点周辺の地図が表示されると、ユーザは表示される目的地周辺の地図を確認し、検索された地点を目的地や経由地に設定したり、検索地点を登録したりする。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】ところで、従来、目的地設定のために地点検索を行うと、検索した地点を中心にした詳細地図を表示する。表示された詳細地図上にユーザが知っている施設、地名等の既知の地点が含まれていれば、検索された地点を容易に把握することができるが、表示される詳細地図上に既知の地点が含まれていない場合、一見してその場所がどの辺りに位置するのかを把握することは難しく、この場合、ユーザは縮尺を広域地図に変更して検索された地点がどこなのかが判別できる領域まで地図表示縮尺を変更し確認しなければならなかった。
【0009】また、地点検索を行った結果を検索地点と自車位置と両方が含まれる地図縮尺として両方の地点が含まれるように地図表示すれば検索地点の概略位置を確認することができるが、検索地点が自車位置から遠い場所であった場合、地図が広域表示となり検索地点周辺の地図を把握するには、広域の地図から詳細地図へ地図表示縮尺を変更し、検索地点周辺の地図を確認することとなり、面倒であった。
【0010】以上から、本発明の目的は、地点検索によりある地点を検索したら、検索地点と検索地点に最も近いユーザ既知の地点とを同時に表示できる縮尺で地図表示し、ユーザが検索地点の位置を容易に把握することができるナビゲーション装置を提供することである。
【0011】また、本発明の目的は、地点検索した結果をユーザの既知の地点からの方向及び距離と共に地図表示し、ユーザが検索地点の位置を容易に把握することのできるナビゲーション装置を提供することである。
【0012】
【課題を解決するための手段】上記課題は本発明によれば、地図データを格納する地図データ格納手段と、前記入力情報に応じた地点を検索する地点検索手段と、呼び出された地図を表示する地図表示手段と、複数の主要地点を記憶する主要地点記憶手段と、前記地点検索手段により検索された地点に最も近い主要地点を前記主要地点記憶手段から読み出し、前記検索地点と主要地点とを含む地図を前記地図表示手段により表示させる制御手段とを備えるナビゲーション装置によって達成される。すなわち、以上のように構成すれば、入力情報に応じて検索された地点を含む地図を表示する際に、検索地点に最も近い主要地点と共に地図表示することができる。
【0013】また、上記課題は本発明によれば、地図データを格納する地図データ格納手段と、前記入力情報に応じて地点を検索する地点検索手段と、呼び出された地図を表示する地図表示手段と、複数の主要地点を記憶しておく主要地点記憶手段と、前記地点検索手段により検索された地点に最も近い主要地点を前記主要地点記憶手段から読み出し、該主要地点から検索された地点の方向及び距離を算出する算出手段と、前記検索地点と主要地点とを含む地図を前記地図表示手段により表示させると共に、前記算出手段により算出した方向及び距離を表示させる制御手段とを備えるナビゲーション装置により達成される。すなわち、以上のように構成すれば、入力情報に応じて検索された地点を含む地図を表示する際に、検索地点までの方向及び距離も表示することができる。
【0014】
【発明の実施の形態】(a)概略説明図1は本発明のナビゲーション装置における地点検索時の地図表示の概略説明図である。同図において、DSPはディスプレイ画面、SPは住所検索、電話番号検索、施設名称検索、ジャンル検索等で入力情報に対応した地点を特定した検索地点、CRはカーソル、MPはユーザが過去に登録した登録地点、MNはメニュー表示であり、カーソルCRの示す地点を目的地や経由地に設定する「セット」、カーソルの示す地点を登録するための「メモリ」、地図の縮尺を変更するための「広域」、「詳細」、前の状態に戻るための「戻る」等のメニューがある。SCは検索地点SPに対する補足情報を表示する補足情報表示欄である。
【0015】ユーザがナビゲーション装置に設けられた各種検索機能である住所検索、電話番号検索、施設名称検索等を用いて、所望の地点を検索した場合、検索地点周辺の地図をディスプレイ画面DSPに表示する。この時、検索された地点に最も近い登録地点MPを検出し、検索地点SPと登録地点MPの両方の地点が一画面で表示できる縮尺で地図表示すると共に、登録地点MPから検索地点SPまでの方位及び距離を補足情報表示欄SCに表示する。
【0016】以上のようにして、検索地点に最も近いユーザの既知の地点である登録地点を、検索地点と共に表示するから、ユーザの知らない地域の地点が検索された場合にも、ユーザの知っている地点からの方向、距離と共に地図表示するため、容易に検索地点の把握ができる。また、検索地点の周辺の地図情報を表示すると共に、ユーザの既知の地点からの方向、距離を表示し、ユーザの知らない地域に存在する検索地点を容易に把握できるように地図表示することができる。
【0017】(b)ナビゲーション装置の構成図図2は本発明のナビゲーション装置の要部構成図である。同図において、11は地図データを記憶した地図情報記憶媒体であり、たとえばDVD−ROM、12はDVD−ROMから地図情報の読み出しを制御するDVD−ROM制御部、13は車両現在位置を測定する位置測定部であり、車両の移動距離を検出する距離センサ、移動方位を検出するジャイロ、GPS受信機、位置測定用CPU等で構成されている。
【0018】14はDVD−ROMから読み出した地図情報を記憶する地図情報メモリ、15は設定された誘導経路を記憶する誘導経路メモリ、16は登録した地点を記憶しておく登録地点メモリである。17はナビゲーション装置全体を制御する制御部であり、DVD−ROM12を制御してDVD−ROM11から車両周辺の地図情報を読み出して地図情報メモリ14に記憶したり、設定された目的地までの経路を探索して誘導経路メモリ15に記憶したり、設定された誘導経路にしたがって案内を行ったり、各種地点検索処理を行ったりするものである。18は操作部であり、地図の拡大縮小操作、目的地の設定操作、メニューの選択操作、地点検索の指示操作等を行うもの、19は地図情報に基づいて地図画像を発生するとともに、各種情報の表示制御をするディスプレイコントローラ、20はディスプレイ装置、21はバスである。
【0019】図3は、過去の目的地や登録地点を記憶している登録地点メモリ16の構成を示す図である。登録地点メモリには、ユーザが過去に目的地として設定した地点や、登録地点として設定した地点が、それぞれ、登録地点No.、地点名称、座標データに対応づけられて記憶されている。
【0020】(c)動作フロー図4は本発明のナビゲーション装置の地点検索時の検索地点地図表示における動作フローを示す図である。ここでは、ユーザが住所検索や電話番号検索を指示して地点検索し、地点が特定された際の地図表示の動作について説明する。
【0021】まず、ユーザは操作部18を操作して、住所検索や電話番号検索等の検索を指示することにより動作が開始し、制御部17は検索処理により住所、電話番号等の入力情報に応じた地点を検索して特定する(ステップS101)。次に、制御部17は、登録地点メモリ16を参照して、ステップS101で特定した地点に最も近い登録地点を選択する(ステップS102)。
【0022】ステップS102で選択した登録地点の座標データと、ステップS101で特定した検索地点の座標データとから、両方の地点が同一の地図上に表示される縮尺を算出する(ステップS103)。次に、制御部17は検索された地点の座標データと、ステップS102で選択した登録地点の座標データとから、選択した登録地点から検索地点の方向と距離を算出する(ステップS104)。
【0023】制御部17は、ステップS103で算出した縮尺で、検索地点と検索地点に最も近い登録地点との両地点が含まれるようにディスプレイ装置に地図表示し(ステップS105)、ステップS104で算出した検索地点に最も近い登録地点からの方向、距離に基づいた補足情報を地図上に重ねて表示する(ステップS106)。
【0024】以上のようにすれば、ユーザが検索した地点を地図表示する際に、検索地点に最も近い登録地点と共に地図表示し、検索地点に最も近い登録地点からの方向、距離情報を地図に重ねて表示することができる。
【0025】尚、上記実施例の説明においては、検索地点周辺地図を表示する際に、検索地点に最も近い登録地点を同一地図上に表示する縮尺で地図表示するようにしたが、検索地点に最も近い駅やインターチェンジのような公共の施設等の全国的に有名な地点を主要地点として同一地図上に表示できる縮尺で検索地点周辺の地図を表示するようにしてもよい。
【0026】また、検索地点に最も近い登録地点を同一地図上に表示できる縮尺で地図表示すると共に、補足情報として登録地点から検索地点までの方向、距離を表示するようにしたが、検索地点に最も近い登録地点より自車位置の方が検索地点に近い場合には、検索地点と自車位置を含む地図を表示し、自車位置から検索地点までの方向と距離を補足情報として地図と共に表示するようにしてもよい。以上、本発明を実施例により説明したが、本発明は請求の範囲に記載した本発明の主旨に従い種々の変形が可能であり、本発明はこれらを排除するものではない。
【0027】
【発明の効果】以上、本発明によれば、検索機能により検索した地点周辺の地図を表示する際に、検索した地点に最も近くに位置する登録地点を含んで表示するようにしたから、ユーザの既知の地点である登録地点から容易に検索地点を把握することができ、便利である。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013