米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 測定; 光学 -> アルパイン株式会社

発明の名称 ナビゲーション装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−255167(P2001−255167A)
公開日 平成13年9月21日(2001.9.21)
出願番号 特願2000−69513(P2000−69513)
出願日 平成12年3月13日(2000.3.13)
代理人
発明者 的場 康晃
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 予め設定された経路に従って経路案内を行うナビゲーション装置において、現在の自車位置を測定する自車位置測定装置と、地図情報と経路情報を格納した情報記憶装置と、前記自車位置から目的地までの経路を探索する経路探索手段と、該経路探索手段により探索された経路を記憶する経路記憶手段と、該経路を案内するために案内情報を出力する報知手段と、前記経路に基づき経路案内を行うための信号を該報知手段に出力する経路案内制御手段と、自車両の方向指示器からの右左折信号を検出する方向指示器検出手段とを備え、前記経路案内制御手段は、前記自車位置測定装置により測定された自車位置が曲折すべき交差点の所定距離内に接近し、かつ前記方向指示器検出手段により方向指示器の右左折信号が検出されなかったときに、前記報知手段を介して警告メッセージを出力することを特徴とするナビゲーション装置。
【請求項2】 前記自車位置測定装置により測定された自車位置が前記経路記憶手段に記憶された経路上にあるか否かを判定する経路走行判定手段をさらに備え、前記経路案内制御手段は、前記自車位置測定装置により測定された自車位置が曲折すべき交差点の所定距離内に接近してから該交差点を通過するまでの間、前記方向指示器検出手段により方向指示器の右左折信号が検出されず、かつ前記経路走行判定手段により該交差点通過後の自車位置が経路上にあるときに、前記報知手段を介して警告メッセージを出力することを特徴とする請求項1記載のナビゲーション装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、予め設定された経路に従って経路案内を行うナビゲーション装置に係り、特に自車両が曲がるべき交差点の所定距離内に接近しても、方向指示器を出していない場合、および方向指示器を出さないで曲がるべき交差点を曲がった場合において、ドライバーに対して警告メッセージを発するナビゲーション装置に関する。
【0002】
【従来の技術】車両の走行案内を行い、ドライバーが所望する目的地に容易に到着できるようにしたナビゲーション装置は、車両の位置(自車位置)を検出してDVD−ROM等の光学的記憶媒体から車両位置近辺の地図データを読み出し、地図画像をディスプレイ画面に表示すると共に、該地図画像上の所定箇所に車両位置マーク(自車マーク)を重ねて表示する。そして、車両の走行により現在位置が変化するに従い、画面上の自車マークを移動したり、あるいは自車マークを画面中央等の所定位置に固定し地図をスクロールして、常に自車位置近辺の地図情報が一目で分かるようになっている。
【0003】また、かかるナビゲーション装置は自車位置から目的地までの誘導経路を探索し該誘導経路を地図上に表示すると共に、目的地までの経路案内を行う経路誘導機能を備えている。ドライバーによって所望する目的地が入力されると、ナビゲーション装置の経路案内部は、自動的に現在の自車位置から目的地までの最適と思われる経路を探索し、探索した経路を構成するノード(経緯度)を誘導経路メモリに連続して記憶する。そして、実際の走行時に、誘導経路メモリに記憶されたノード列の中からディスプレイ画面上の地図表示エリアに入っている誘導経路をサーチし、該誘導経路を他の道路と識別可能に表示する。
【0004】さらに、自車位置が次の案内交差点の所定距離内に接近すると、ナビゲーション装置はディスプレイ画面上に交差点案内図(交差点拡大図と交差点での進行方向を示す矢印、交差点名称、交差点近辺にあるランドマーク等)を表示すると共に、例えば「300m先右折です。」、「まもなく右折です。」といった内容の交差点を案内する音声をスピーカーからも出力することで、ドライバーが接近中の交差点をどの方向に走行したら良いのか分かるようになっている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところで、ドライバーがナビゲーション装置の経路誘導機能を使う時は、現在位置から所望の目的地までの行き方が分からない時がほとんどであり、目的地へ到着するまでの道路には、ドライバーが初めて走行する道路やあまり良く知らない道路が多い。従って、ドライバーはナビゲーション装置の案内通りに車両を走行させるが、例えば複数の道路が交差した複雑な交差点や、道路の両脇に建物が立ち並ぶ見通しの悪い交差点や、目印となるものがない交差点、交差点同士が近接している所では、画面表示や音声による交差点案内をされてもどの交差点を曲がれば良いのか迷ってしまうことがあった。そのため、ドライバーは前方の交差点を曲がることは分かっていても曲がるべき交差点を見極めるために、ディスプレイ画面上に表示された交差点拡大図に気を取られてしまい、曲がる方向の方向指示器を出さずに急に曲がってしまうというような問題点があった。この行為は交通違反であり、後続車や対向車に対しても危険な行為であった。
【0006】以上から本発明の目的は、自車両の方向指示器の信号を取り込み、曲折すべき交差点において、方向指示器を出すようにドライバーに対してアナウンスを行うナビゲーション装置を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記課題は本発明によれば、予め設定された経路に従って経路案内を行うナビゲーション装置において、現在の自車位置を測定する自車位置測定装置と、地図情報と経路情報を格納した情報記憶装置と、前記自車位置から目的地までの経路を探索する経路探索手段と、該経路探索手段により探索された経路を記憶する経路記憶手段と、該経路を案内するために案内情報を出力する報知手段と、前記経路に基づき経路案内を行うための信号を該報知手段に出力する経路案内制御手段と、自車両の方向指示器からの右左折信号を検出する方向指示器検出手段とを備え、前記経路案内制御手段は、前記自車位置測定装置により測定された自車位置が曲折すべき交差点の所定距離内に接近し、かつ前記方向指示器検出手段により方向指示器の右左折信号が検出されなかったときに、前記報知手段を介して警告メッセージを出力することによって達成することができる。
【0008】すなわち、自車両が曲がるべき交差点の所定距離内に接近した場合、ドライバーが方向指示器を出しているか否かを判断し、出していない時には方向指示器を出すように警告メッセージを出力することによって、ドライバーの方向指示器の出し忘れを無くすことができる。
【0009】また、上記課題は本発明によれば、前記自車位置測定装置により測定された自車位置が前記経路記憶手段に記憶された経路上にあるか否かを判定する経路走行判定手段をさらに備え、前記経路案内制御手段は、前記自車位置測定装置により測定された自車位置が曲折すべき交差点の所定距離内に接近してから該交差点を通過するまでの間、前記方向指示器検出手段により方向指示器の右左折信号が検出されず、かつ前記経路走行判定手段により該交差点通過後の自車位置が経路上にあるときに、前記報知手段を介して警告メッセージを出力することによって達成される。
【0010】すなわち、ドライバーが方向指示器も出さずに曲がるべき交差点を曲がってしまった時、方向指示器を出さずに曲がったことをドライバーに知らせる内容の警告メッセージを出力することによって、以後の方向指示器の出し忘れを無くすことができる。
【0011】
【発明の実施の形態】(a)本発明の概略図1は本発明の概略を説明する図である。(a)は自車両が誘導経路上の曲折交差点の所定距離内に接近してもドライバーが方向指示器を出さない場合、ナビゲーション装置から出力される警告メッセージの一例を説明する図であり、(b)は方向指示器を出さないで曲折交差点を曲がった場合、曲がった後にナビゲーション装置から出力される警告メッセージの一例を説明する図である。図中において、MP1、MP2はナビゲーション装置のディスプレイ画面上に表示された地図表示であり、画面を二分割した右の画面には曲折交差点の拡大図が表示される。CM1、CM2は現在の自車位置を示す自車位置マーク、CPは接近中の曲折交差点、RT1、RT2は目的地までの誘導経路、DE1、DE2は自車位置CM1,CM2から曲折交差点CPまでの残距離表示、RMは曲折交差点CP近辺の施設で目印となるランドマーク、DM1,DM2は画面表示による警告メッセージ、VM1、VM2は音声出力による警告メッセージである。
【0012】(a)において、ナビゲーション装置は自車位置CM1が曲折交差点CPの所定距離(例えば70m)内に接近した時、自車両の方向指示器の信号を確認し方向指示器が出されていない場合には、ディスプレイ画面の地図表示MP1上に警告メッセージDM1を表示すると共に、音声による警告メッセージVM1をスピーカーより出力してドライバーに方向指示器を出すことを促す。これにより、曲折すべき交差点の手前において、方向指示器の出し忘れを無くすことができる。
【0013】(b)において、ナビゲーション装置はドライバーが方向指示器を出さずに曲折交差点CPを通過してしまった時、該交差点CP通過後も自車位置CM2が誘導経路RT2上にあることを判断した場合には、ディスプレイ画面の地図表示MP2上に警告メッセージDM2を表示すると共に、音声による警告メッセージVM2をスピーカーより出力して、以後の曲折交差点では方向指示器を出して曲がるように忠告する。これにより、ドライバーは方向指示器を出さずに曲折すべき交差点を曲がってしまったことを知ることができ、以後の曲折すべき交差点では忘れずに方向指示器を出すように心掛けることができる。
【0014】(b)本発明のナビゲーション装置の構成図2は本発明一実施例のナビゲーション装置の構成図である。11は地図情報や経路情報、音声情報等のデータベースを記録するDVD−ROM等のROMディスク、12はROMディスク11に記録されている地図情報、経路情報等の読み出しを行うために回転駆動機構やサーボ機構等を制御するROMディスク制御部、13は車両の現在位置を測定する位置測定装置であり、移動距離を検出する車速センサー、移動方位を検出するジャイロ、位置計算用CPU、GPS受信機等で構成されている。14はドライバーによるメニュー選択操作、表示地図の拡大/縮小操作、カーソル移動(地図スクロール)操作、目的地や経由地の地点入力操作等を行うリモコン、15はリモコン14からの無線信号を受信し該信号の解読を行うリモコンインターフェースである。16は車両の方向指示器より左折信号および右折信号を取り込むための方向指示器信号入力部、17は探索された誘導経路に基づく案内音声や、経路上の曲折交差点において方向指示器が出されなかった時の警告メッセージ等を出力するスピーカー、18はスピーカー17から出力するための案内音声や警告メッセージ等をROMディスク11の音声データより読み出したり、またはROM20の音声合成データよりD/A変換したりして該当する音声の出力制御を行う音声出力制御部である。
【0015】19はナビゲーション装置全体を制御し各種演算処理を行うプロセッサ(CPU)、20は経路探索等の処理を行うためのプログラムおよびそれに必要なデータ、合成音声データ等を格納するROM、21は探索された経路案内情報や演算処理中のデータを一時的に格納するRAM、22はROMディスク11から読み出した地図情報、経路情報に基づいて地図画像を生成すると共に各種情報の表示制御を行うディスプレイコントローラ、23はディスプレイコントローラ22で生成した各種画像を合成しディスプレイに表示するまで一時的に画像データを記憶するVRAM、24は液晶表示等のディスプレイ装置、25はナビゲーション装置内の各情報のやり取りを行うシステムバスである。
【0016】(c)本発明のナビゲーション装置の処理フロー図3は本発明一実施例のナビゲーション装置の警告メッセージ出力処理を示すフローチャートである。初めに誘導経路探索に必要な自車両の現在位置(出発地)を位置測定装置13より取得し(ステップ101)、目的地を設定する画面にてドライバーがリモコン14を操作して所望する目的地の入力を行い目的地の地点を設定する(ステップ102)。目的地の地点を設定完了すると、CPU19はROM20に格納している経路探索に関するプログラムを起動すると共に、ROMディスク11より経路案内に必要な地図データ、道路データ等を読み出す処理を行って現在の自車位置から所望の目的地までの誘導経路を探索する。そして、誘導経路の探索処理が終了しRAM21への経路記憶処理が終了したら、自車両の始動と共に誘導経路の案内を開始する(ステップ103)。
【0017】次に、位置測定装置13にて随時測定される自車両の現在位置を取得し、地図(誘導経路)上における自車位置の追跡を行う(ステップ104)。次いでCPU19は、取得した自車位置が経路上の曲折すべき交差点の所定距離内に接近したか否かを判定し(ステップ105)、接近しているならば方向指示器フラグをOFF(初期値をOFFとする)に設定する(ステップ106)。また、自車位置が曲折交差点の所定距離内に接近していなければ、ステップ104に戻って自車位置の追跡を行う。
【0018】ステップ106において方向指示器フラグをOFFに設定した後、CPU19は方向指示器信号入力部16より自車両の方向指示器の右左折信号が入力されているか否か、つまりドライバーが方向指示器を出しているか否かを判定し(ステップ107)、右左折信号が入力されている場合は方向指示器フラグをOFFからONに設定する(ステップ108)。右左折信号が入力されていない場合は、図1(a)で示したように、警告メッセージDM1をディスプレイコントローラ22で生成してディスプレイ装置24の画面上に表示し、警告メッセージVM1を音声出力制御部17にて準備してスピーカー17から出力する(ステップ109)。
【0019】その後、位置測定装置13にて測定される自車位置が該交差点を通過したか否かを判定し(ステップ110)、通過していない場合はステップ107に戻って方向指示器の右左折信号が入力されたか否かの判定を行う。自車両が該交差点を通過したと判定した場合、通過後の自車位置が現在案内中の誘導経路上にあるか否かを判定する(ステップ111)。すなわち、該交差点を案内通りに右左折したか否かを確認することで、ドライバーが故意に、または間違って該交差点を直進してしまったり、逆の方向に曲がってしまったりして誘導経路上から外れたか否かを判定する。
【0020】該交差点通過後の自車位置が案内中の誘導経路上にある場合は、方向指示器フラグの内容を確認しONになっているか否かの判定を行うことにより、自車位置が曲折交差点の所定距離内に接近してから通過するまでの間、自車両の方向指示器が出されたか否かを判定する(ステップ112)。ステップ111において、通過後の自車位置が誘導経路上にないと判定した場合については、その時点での自車位置から最も近いと考えられる外れた誘導経路上のノードまでの誘導経路、またはその時点での自車位置から目的地までの誘導経路を再探索し、探索処理が終了したら再探索した誘導経路の案内を開始する(ステップ113)。その後、ステップ114に移行する。
【0021】ステップ112において、方向指示器フラグがOFFに設定されている場合は、図1(b)で示したように、画面表示による警告メッセージDM2と音声による警告メッセージVM2を各々出力し(ステップ114)、方向指示器フラグがONに設定されている場合、およびステップ113において誘導経路の案内を開始している場合については、CPU19は位置測定装置13にて測定される自車位置が所望の目的地に到着したか否かの判定を行う(ステップ115)。自車位置が目的地に到着していれば、経路案内の処理を終了し、到着していなければステップ104に戻って自車両の現在位置の追跡を行う。
【0022】
【発明の効果】以上、本発明によれば、誘導経路を走行中、自車両が次に曲折すべき交差点の所定距離内に接近しても、ドライバーが方向指示器を出さないでいる場合、その行為を自動的に検出して警告を発するようにしたから、ドライバーは方向指示器を出していないことに気付き、該交差点の手前で方向指示器をきちんと出すことができる。
【0023】また、本発明によれば、方向指示器を出さずに交差点を曲がったことを自動的に検出し、該交差点を曲がった後に警告を発するようにしたから、ドライバーは方向指示器を出さずに該交差点を曲がってしまったことを知ることができ、以後の曲折すべき交差点では方向指示器を出すように心掛けることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013