米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 測定; 光学 -> アルパイン株式会社

発明の名称 ナビゲーション装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−255161(P2001−255161A)
公開日 平成13年9月21日(2001.9.21)
出願番号 特願2000−69290(P2000−69290)
出願日 平成12年3月13日(2000.3.13)
代理人
発明者 影山 廣彰
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 地図情報が記憶されたデータ記憶手段と、該データ記憶手段に記憶された地図情報を読み出し、表示部に地図を表示する地図表示手段とを備え、移動体に設置されるナビゲーション装置において、前記移動体の位置を検出する位置検出手段と、前記表示部に表示された地図に前記位置検出手段により検出された前記移動体の位置に対応する現在位置マークを表示する現在位置表示手段と、前記移動体の向いている方角と北の方角を検出する方角検出手段と、前記表示部に表示された前記現在位置マークの周囲に北の方角を示すマークを表示する方角表示手段とを設けたことを特徴とするナビゲーション装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、主に自動車に用いられ、移動体の位置の表示等を行なうナビゲーション装置に係わり、特に、地図情報の認識を阻害することなく、移動体の向いている方角と表示地図の方角とが容易に認識できるナビゲーション装置に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、車載用ナビゲーション装置が普及し、GPS衛星からの信号を受信し、また走行距離や走行方向を検出して自車位置を求め、DVDディスク等の記憶媒体に記録した地図データのうち自車位置近辺の地図データを読み出し、自車位置を中心とした地図をディスプレイに表示すると共に自車位置と走行方向を表示し、車両の走行と共に地図をスクロールして、現在走行している付近の地図を表示するようにしている。
【0003】また、目的地や経由地を設定すると、一般道路優先や高速道路優先等の条件に基づいて、現在地から目的地や経由地への最適経路を計算して誘導経路を求め、その経路をディスプレイ上の地図に重ねて表示すると共に、右左折交差点に近づいたときには交差点を拡大表示し、右左折する方向を示して容易に、かつ確実に右左折が行なえるようにしている。さらに、種々の施設検索機能を備え、近辺のレストラン、遊園地等の検索を行なえるようにしている。特にDVDディスク等の記憶容量の大きな記憶媒体の使用によって、より多くのデータを記録できるようになり、各地の観光案内や、外部との通信により道路の混雑状況や天気情報等、種々の案内情報の提示が可能となっている。
【0004】さらに、近年のハードウェア等の技術進歩により、ユーザに対してディスプレイ画面に表示されるナビゲーション情報を数多く提供できるようになり、ユーザは充分すぎるナビゲーション情報をディスプレイ画面から得ることができるようになった。例えば、図4は従来のナビゲーション装置におけるディスプレイ画面の一表示例である。図中において、DSPはナビゲーション装置のディスプレイ画面、DRはディスプレイ画面DSPに表示される地図の方角を示す表示、VIはFM多重放送または光/電波ビーコンから送信されるVICS(登録商標)交通情報の受信状態を示す表示、TMは現在の時刻表示、CMは地図上の自車位置表示、SCはディスプレイ画面DSPに表示される地図の縮尺表示、RMはコンビニ、ガソリンスタンド、ホテル等の施設の所在を示すランドマーク表示である。また、AT、NT、RT、DTはユーザが所望する目的地を設定し経路誘導を行なう時に関する表示であり、ATは目的地への到着予想時刻表示、NTは現在の自車位置CMから目的地に到着するまでの所要時間表示、RTは他の道路と識別可能な自車位置CMから目的地までの誘導経路表示、DTは現在の自車位置CMから目的地までの残距離表示である。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところで、かかるナビゲーション装置の表示画面は、VICS情報やランドマーク等のユーザが必要としそうなナビゲーション情報を数多く表示しているため、画面上の地図表示エリアを犠牲にしており、また、例えば、画面上の地図の方角を示す表示を見ようとした時、自車位置表示と地図の方角表示とが離れているため、他のナビゲーション情報の表示も視野に入ってしまい、地図の方角表示が見難くなっていた。そのため、ナビゲーション装置の表示画面をヘディンアップ表示(自車の進行方向を常に上にする表示)等のノースアップ表示(ロードマップ同様に常に北を上にする表示)以外の画面表示にしている場合、ユーザは画面上の自車が向いている方角と地図の方角との関係が分かり難くなっていた。また、ナビゲーション装置の表示画面を鳥瞰図表示(高いところから斜めに見下ろしたような表示)等の立体的な表示にした場合には、さらに、地図及び自車位置が鳥瞰的表示なのに対して画面上に表示される地図の方角表示は、通常の平面的な表示であったため、ユーザは直感的に自車の向いている方角を分かり難かった。
【0006】以上から本発明の目的は、ナビゲーション装置の画面上の地図表示エリアを犠牲にすることなく、自車の向いている方角と地図の方角との関係を容易に認識できるナビゲーション装置を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記課題は本発明によれば、地図情報が記憶されたデータ記憶手段と、該データ記憶手段に記憶された地図情報を読み出し、表示部に地図を表示する地図表示手段とを備え、移動体に設置されるナビゲーション装置において、前記移動体の位置を検出する位置検出手段と、前記表示部に表示された地図に前記位置検出手段により検出された前記移動体の位置に対応する現在位置マークを表示する現在位置表示手段と、前記移動体の向いている方角と北の方角を検出する方角検出手段と、前記表示部に表示された前記現在位置マークの周囲に北の方角を示すマークを表示する方角表示手段とを設けたことによって達成することができる。
【0008】すなわち、位置検出手段が移動体の現在位置を算出し、方角検出手段が移動体の向いている方角と北の方角を算出する。現在位置表示手段が位置検出手段によって算出された位置に移動体の現在位置を示すマークを表示するとともに、方角表示手段が方角検出手段によって算出された移動体の向いている方角から移動体の向きを決定し、また算出された北の方角から地図上の北の方角を示すマークを移動体の現在位置の周囲に表示する。北の方角を示すマークが移動体の現在位置の周囲に表示されるので、表示部の地図表示エリアを犠牲にすることなく、移動体の向いている方角と地図上の北の方角の関係を容易に認識することができる。
【0009】
【発明の実施の形態】(a)本発明の概略図1は本発明の概略を説明する図である。(a)は本発明の第1の表示例であり、CM1,2はヘディングアップ表示及び鳥瞰図表示における表示地図上の自車位置マーク、NM1,2はその自車位置マークCM1,2からみた地図の北の方角をマークで表示したものである。(b)は本発明の第2の表示例であり、CM3,4はヘディングアップ表示及び鳥瞰図表示における表示地図上の自車位置マーク、NM3,4はその自車位置マークCM3,4の周囲をポイントで表現し、その自車位置マークCM3,4からみて地図の北の方角にあたるポイントを他のポイントとは違う色で表示したものである。このようにすれば、地図表示モードがヘディングアップ表示または鳥瞰図表示等の表示モードにおいて、表示部の地図表示エリアを犠牲にすることなく、自車の向いている方角と表示部に表示される地図の北の方角との関係を明確に表示することができる。
【0010】(b)本発明のナビゲーション装置の構成図2は本発明一実施例のナビゲーション装置の構成図である。11は地図情報、施設情報等を記憶するCD−ROM、DVD−ROM等のROMディスク、12はROMディスク11からの地図情報等の読み取りを制御するROMディスク制御部、13は自車の現在位置を測定する位置測定装置であり、移動距離を検出する車速センサー、移動方位を検出するジャイロ、位置計算用CPU、GPS受信機等で構成されている。14はROMディスク11から読み出した地図情報を記憶する地図情報記憶部、15はメニュー選択操作、拡大/縮小操作、カーソル移動(地図スクロール)操作、目的地入力操作等を行なうリモコン、16はリモコン15との通信を制御するリモコンインターフェースである。
【0011】17はナビゲーション装置全体を制御するプロセッサ(CPU)、18は最寄り施設探索、誘導経路探索等の各種プログラムを記憶するROM、19は処理結果等を記憶するRAM、20は地図情報に基づいて地図画像や位置測定装置13で測定された自車位置に基づいて自車位置マーク画像を発生すると共に各種情報の表示制御を行なうディスプレイコントローラ、21は各種画像を記憶するVRAM、23はナビゲーション装置のディスプレイ装置、24はナビゲーション装置内の通信を行なうバスラインである。
【0012】(c)本発明のナビゲーション装置の処理フロー図3は本発明一実施例のナビゲーション装置の方角表示処理を示すフローチャートである。位置測定装置13はGPS衛星からの電波を受信して自車の経度、緯度を算出すると共に、一定時間毎の位置変化から自車の向いている方角と北の方角を算出してRAM19に自車位置と自車の向いている方角、北の方角を随時記憶する。CPU17はRAM19より現在の自車位置と自車の向いている方角、北の方角のデータを取得する(ステップ101)。次に、CPU17はROMディスク制御部12を介してROMディスク11からRAM19より取得した自車位置の近辺の地図データを読み出し、地図情報記憶部14に記憶する(ステップ102)。ここで、CPU17はディスプレイ装置22の地図表示モードがノースアップ(常に北を上にする表示)以外の表示モードであるか否かを判断する(ステップ103)。すなわち、ディスプレイ装置22に表示される地図表示が、ヘディングアップ表示(自車の進行方向を常に上にする表示)または鳥瞰図表示(高いところから斜めに見下ろしたような表示)等であるか否かを判断する。
【0013】ステップ103において、ノースアップ以外の地図表示である場合、ディスプレイコントローラ20は地図情報記憶部14に記憶された自車位置近辺の地図データに基づいて自車位置近辺の地図画像を作成すると共に、RAM19に記憶された自車位置と自車の向いている方角、北の方角のデータに基づいて地図上に表示する自車位置マークとその周囲に表示する北の方角マークの画像も作成する。つまり、図1で示したように、自車の進行方向を上にした時、自車位置マークの周囲に表示地図の北の方角にあたる部分にマーク等を表示して、ユーザが自車位置マークを見るだけで自車の向いている方角と地図上の北の方角との関係を容易に認識できるようにする。その後、CPU17はディスプレイコントローラ20で作成された自車位置近辺の地図画像及び方角マークを付けた自車位置マークの画像を、一時VRAM21に記憶してからディスプレイ装置22に表示する(ステップ104)。
【0014】ステップ103において、ディスプレイ装置22の地図表示モードがノースアップ表示である場合は、従来同様のノースアップ表示を行なう(ステップ105)。つまり、常に北を上にした自車位置近辺の地図を表示し、それに対応した自車位置マークを表示する。
【0015】以上、本発明を実施例により説明したが、本発明の請求の範囲に記載した本発明の主旨に従い種々の変形が可能であり、本発明はこれらを排除するものでない。
【0016】
【発明の効果】以上、本発明によれば、自車の現在位置を示す自車位置マークの周囲に地図の北の方角を示すマーク等を表示するようにしたから、ディスプレイ装置の地図表示エリアを犠牲することなく、ユーザは自車位置マークを見るだけで自車の向いている方角と地図の北の方角との関係を容易に認識することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013