米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 測定; 光学 -> 富士通テン株式会社

発明の名称 ナビゲーション装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−21367(P2001−21367A)
公開日 平成13年1月26日(2001.1.26)
出願番号 特願平11−197742
出願日 平成11年7月12日(1999.7.12)
代理人
発明者 饗庭 さおり / 宮野 和彦 / 太田 崇史
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 地図上の自車位置に対応する位置に自車位置マークを表示して経路案内を行なうナビゲーションにおいて、異なった形状の自車位置マークを複数記憶する自車位置マーク記憶手段と、自車位置における動作環境を検出する動作環境検出手段と、前記動作環境検出手段で検出した動作環境に応じて、前記自車位置マーク記憶手段から表示する自車位置マークを選択する選択手段を有することを特徴とするナビゲーション装置。
【請求項2】 前記動作環境が道路種別であることを特徴とする請求項1記載のナビゲーション装置。
【請求項3】 前記動作環境が道路の構造であることを特徴とする請求項1記載のナビゲーション装置。
【請求項4】 前記動作環境が道路の状態であることを特徴とする請求項1記載のナビゲーション装置。
【請求項5】 前記動作環境が道路の立地条件であることを特徴とする請求項1記載のナビゲーション装置。
【請求項6】 前記動作環境が車両の走行状態であることを特徴とする請求項1記載のナビゲーション装置。
【請求項7】 前記動作環境がナビゲーション装置の動作状態であることを特徴とする請求項1記載のナビゲーション装置。
【請求項8】 前記動作環境が時刻であることを特徴とする請求項1記載のナビゲーション装置。
【請求項9】 前記動作環境が案内地点までの距離であることを特徴とする請求項1記載のナビゲーション装置。
【請求項10】 前記動作環境が前記地図の表示形態であることを特徴とする請求項1記載のナビゲーション装置。
【請求項11】 使用者の指示により、標準として設定された自車位置マークを表示するよう制御する標準化手段を有するを特徴とする請求項1〜請求項10記載のナビゲーション装置。
【請求項12】 前記動作環境には優先順位が設定されており、前記選択手段は複数の動作環境が成立している時、前記優先順位に応じた選択を行なうことを特徴とする請求項1記載のナビゲーション装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、目的地点までの経路を案内するナビゲーション装置に関する。
【0002】
【従来の技術】液晶ディスプレイ等に地図と自車位置そして、目的地までの経路を表示して、経路案内を行なうナビゲーション装置が普及している。これを更に楽しく便利なものとするために、経路上の自車位置を表示する車両位置マークを三角や丸で表示するだけでなく、動物等のキャラクタで表示するナビゲーション装置が実現されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上述のキャラクタにより自車位置を表示するナビゲーション装置は、見る楽しさはあるが、単に楽しいだけで経路案内が分かり易いとか、有用な情報を提供すると言った機能はなく、あまり有用とは言えなかった、本発明は上述の問題を解決するもので、単に楽しいだけでなく、役に立つ自車位置マーク表示を行なえるナビゲーション装置を提供することを課題とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は上述の課題を達成するもので、地図上の自車位置に対応する位置に自車位置マークを表示して経路案内を行なうナビゲーションにおいて、異なった形状の自車位置マークを複数記憶する自車位置マーク記憶手段と、自車位置における動作環境を検出する動作環境検出手段と、前記動作環境検出手段で検出した動作環境に応じて、前記自車位置マーク記憶手段から表示する自車位置マークを選択する選択手段を有することを特徴とする。
【0005】また、ナビゲーション装置の前記動作環境が道路種別であることを特徴とする。また、ナビゲーション装置の前記動作環境が道路の構造であることを特徴とする。また、ナビゲーション装置の前記動作環境が道路の状態であることを特徴とする。また、ナビゲーション装置の前記動作環境が道路の立地条件であることを特徴とする。また、ナビゲーション装置の前記動作環境が車両の走行状態であることを特徴とする。また、ナビゲーション装置の前記動作環境がナビゲーション装置の動作状態であることを特徴とする。また、ナビゲーション装置の前記動作環境が時刻であることを特徴とする。また、ナビゲーション装置の前記動作環境が案内地点までの距離であることを特徴とする。また、ナビゲーション装置の前記動作環境が前記地図の表示形態であることを特徴とする。また、使用者の指示により、標準として設定された自車位置マークを表示するよう制御する標準化手段を有するを特徴とする。また、ナビゲーション装置の前記動作環境には優先順位が設定されており、前記選択手段は複数の動作環境が成立している時、前記優先順位に応じた選択を行なうことを特徴とする。
【0006】
【発明の実施の形態】次に本発明の第1の実施の形態について説明する。図1は本発明の実施の形態に係るナビゲーション装置の構成を示す構成図である。本発明の実施の形態に係るナビゲーション装置1は、通常のナビゲーション装置と同様、地図上に自車位置を表示し、経路案内を行なう。
【0007】2は、衛星からの信号を受信して位置を検出するGPS(グローバル・ポジショニング・システム)受信機で、GPS衛星からの信号を受信して、位置を所定の演算処理により算出し、マイクロコンピュータ(マイコン)11に出力する。3は、走行距離を検出する距離センサであって、車軸と共に回転する磁石と磁界の変化により接断状態が切り替わるリードスイッチにより構成される磁気センサ等であり、車軸の回転に応じた走行距離信号をマイコン11に出力する。尚、距離センサ3は、自動車のエンジン制御等に用いられる速度センサを用いることができる。4は、車両の進行方向の向きに応じた信号をマイコン11に出力する方位センサで、地球磁場を利用した方位磁石からなるセンサや、車両の方位変化を検出するジャイロの信号を積分処理するジャイロセンサ等により構成される。
【0008】5は車両の車幅灯を点灯・消灯制御するライトスイッチである。6は、車両の変速機における変速段を検出する変速段センサである。7は、ワイパの動作をオン・オフするワイパスイッチである。8は、車両の近辺の車外温度を計測する外気温センサであり、感熱素子、熱電対等で構成できる。9は、VICS(ヴィークル・インフォーメイション・アンド・コミュニケーション・システム)等の道路交通情報を受信する交通情報受信機で、その受信したデータをマイコン11に出力する。10は、GPS受信機2、距離センサ3、方位センサ4、ライトスイッチ5、変速段センサ6、ワイパスイッチ7、外気温センサ8、交通情報受信機9をナビゲーション装置のデータ伝送用のバスに接続するためのインターフェイスである。
【0009】11は、マイコンで、GPS受信機2、距離センサ3、方位センサ4、ライトスイッチ5、変速段センサ6、ワイパスイッチ7、外気温センサ8、交通情報受信機9、入力装置15からの信号を入力して自車位置の演算、状態判断、表示の処理等を、メモリに記憶されたプログラムに基づいて行ない、これらの入力に応じてCD−ROMプレイヤから必要な地図データを入力し、ディスプレイ18に地図,交差点拡大図,進路方向,自車位置,キャラクタ等を表示し経路案内を行なう。そして、マイコン11には演算や処理を行なうCPU14、プログラムや各種各種データが記憶されたROM12と、加工されるデータの記憶や演算のためにデータを一時的に記憶するRAM13等が接続されている。
【0010】尚、RAM13には電源が常に供給されるようになっており、その記憶データは常時保持されている。15は、使用者が自車位置マークの選定や目的地の設定などに使用する入力装置であり、キーボード,ジョイスティック等からなる。16はCD−ROMプレーヤで、マイコン11からの指示に応じてCD−ROM17から必要な地図データ等を読み込みマイコン11に出力する。尚、CD−ROM17には、高速道路,国道,県道等の道路種別や幅員等の道路に関するデータだけでなく、各種設備(サービスエリア,パーキングエリア),トンネル,橋梁等の道路構造、海抜、海上,湖上,市街地,郊外等の立地条件等のデータも位置と関係付けられて、記憶されている。18はマイコン11からの指示信号に応じて画像を表示するディスプレイで、液晶表示素子から構成され、地図や車両位置等を表示する。
【0011】次に本実施の形態に係るナビゲーション装置1の特徴である表示形態について図2を用いて説明する。図2はディスプレイ18の画面表示状態を示す表示状態図である。自車位置マークの表示モード(常に同じ自車位置マークを表示する固定モードと、状況に応じて異なった自車位置マークを表示する変化モード)を切替えようとする場合は、入力装置15のスイッチ操作により自車位置マークのモード選択操作を行なう。すると図2(a)のように、今まで表示されていた画面を背景にして、前面に自車位置マークモード選択ウインド20が表示される。そして自車位置マークの表示モードの内のいずれか一つを選ぶように求める旨の表示21がされる。そこで、入力装置15で自車位置マーク選択肢22の一つを選択した後、確認ボタン23を操作する。
【0012】すると自車位置マーク選択ウインドウ20は消え、図2(b)あるいは図2(c)のように変わる。即ち固定モードを選択した場合は図2(b)のように車両の移動と共にディスプレイ18に表示された地図上を常に同じ自車位置マーク、例えば標準の自車位置マークである三角マーク25が移動する。また変化モードを選択すると、例えば図2(c)のように陸上を移動中は自動車のマーク26が湖上の橋に達した時点で船のマーク27が自車位置マークとして表示される。
【0013】ここで図2に示した動作を実現する場合のデータ,信号等の流れについて説明する。図3はこのような表示動作を実現するためのデータ,信号等の流れを示す信号処理図である。ROM12には、各動作環境とそれに対応する自車位置のマークコードが複数組、動作環境基準データ記憶部40に記憶されている。ROM12に設けられた動作環境基準データ記憶部40は、ナビゲーション装置の電源ラインが車両のバッテリーに接続された時点で、読みだされ、RAM13の案内パターン記憶部50(RAM13の所定領域)に書き込まれる。ここで案内パターン記憶部50に付いて説明すると、案内パターン記憶部50に記憶されるデータは、動作環境基準データと同じ形式のデータで、道路種別,道路構造,道路状態等の組み合わせからなる動作環境に対応してマークコードが記憶されている。また、RAM13には地図上に表示する自車位置マークを記憶する自車位置マーク用記憶部52が設けられている。
【0014】尚、動作環境は、高速道路,有料道路,国道,県道等の道路種別、各種施設(サービスエリア,パーキングエリア等),トンネル,橋梁,カーブ,幅員等の道路構造、渋滞,積雪,凍結,降雨等の道路状態、海上,湖上,市街地,郊外,海抜等の立地条件、変速段,車幅灯の点灯・消灯,走行速度等の走行状態、GPS受信機の衛星補足数,VICSの情報受信状態等のナビゲーション装置の動作状態、現在時刻,予定時刻などの時刻に関する情報、案内地点・目標地点までの距離等の距離に関する情報、表示画面の地図向き(ノースアップ、ヘディングアップ等),地図色(昼間用の明るい画面、夜間用の減光画面等)等の表示形態等である。
【0015】RAM13の環境状態記憶部51(RAM13の所定領域)は、GPS受信機2、VICS受信機9、距離センサ3、方位センサ4、CD−ROM17等からの入力に基づき得られる現時点、現在地の動作環境、例えば道路種別,道路構造等を記憶する記憶部である。尚、環境状態記憶部51に記憶される動作環境の項目は、案内パターン記憶部50における動作環境の項目と同じ項目となっている。変化モードの場合、環境状態記憶部51の記憶内容が変化する毎に、案内パターン記憶部50を環境状態記憶部51の記憶内容で検索し、同一の動作環境に対応するマークコードを認識する。一方ROM12には、マークコードとマークデータ(自車位置マークの図形データ)が対応付けて記憶されたマーク記憶部41が設けられており、認識されたマークコードに対応したマークデータをRAM13の自車位置マーク記憶部52(RAM13の所定領域)に書き込む。そしてマイコン11は、地図と自車位置マークを表示する時は自車位置マーク記憶部52のマークデータとCD−ROM17からの地図データ等から、演算処理により、ディスプレイ18に表示する画像データを生成する。そしてマイコン11からディスプレイ18に、生成された画像信号が出力され、ディスプレイ18に所望の画像が表示される。
【0016】固定モードの場合、自車位置マーク記憶部52には動作環境に関係なく標準として設定されたマ−クデータが書き込まれている。従って、ディスプレイ18には動作環境には関係なく、地図と標準設定された自車位置マーク(例えば三角形)が表示されることとなる。
【0017】次に、マイコン11が行なう自車位置マーク表示処理について説明する。
【0018】図4はマイコン11が行なう自車位置マーク表示処理を示すフローチャートである。尚、この処理は自車位置マークの表示を行なう際に実行される。
【0019】ステップS1では、自車位置を検出しステップS2に移る。ステップS2では、検出した自車位置における動作環境を検出しS3に移る。ステップS3では、自車位置マーク表示として固定モード(常に標準設定された自車位置マークが表示されるモード)が選択されているか、変化モード(動作環境に応じて自車位置マークを変更する)が選択されているかを入力装置15の操作状態より判断し、固定モードが選択されていればステップS4に移り、変化モードが選択されていればステップS5に移る。
【0020】ステップS4では標準の自車位置マークを、表示する自車位置マークとして設定し、つまり自車位置マーク記憶部52に標準の自車位置マークのマークデータを書き込み、ステップS6に移る。ステップS5では動作環境に応じた自車位置マークを、表示する自車位置マークとして設定し、つまり自車位置マーク記憶部52に動作環境に応じた自車位置マークのマークデータを書き込みステップS6に移る。ステップS6では、自車位置マーク記憶部52に記憶されたマークデータに基づいて自車位置マークを表示し処理を終える。
【0021】次に、本発明の第2の実施の形態について説明する。本第2の実施の形態では、動作環境の項目に優先順位を設定し、優先順位の高い動作環境に応じて自車位置マークを変化させようとしたものである。図5は本第2の実施の形態に係るナビゲーション装置におけるデータ,信号の流れを示す信号処理図である。尚、本例では説明を分かり易くするため動作環境の項目は道路構造と道路種別の2種類としている。また、第1の実施の形態と同じ構成に付いては同じ符号を付し説明を省略する。
【0022】ROM12には、道路構造とそれに対応した自車位置マークのマークコードが記憶された道路構造対マーク記憶部62と道路種別とそれに対応した自車位置マークのマークコードが記憶された道路種別対マーク記憶部63と、自車位置マークのマークコードとそれに対応する実際の表示図形データであるマークデータが記憶されたマーク記憶部41が設けられている。即ち、道路構造対マーク記憶部62には、例えば、橋、トンネルなどの道路構造に対応して自車位置マークのマークコードが記憶されており、道路種別対マーク記憶部63には例えば、国道、県道等の道路種別に対応して自車位置マークのマークコードが記憶されている。
【0023】RAM13には、走行中における(現時点、現在地における)道路種別と道路構造を記憶する環境状態記憶部61が設けられており、環境状態記憶部61には、GPS受信機2、距離センサ3、方位センサ4、CD−ROM17等からのデータに基づき検出されたその時点における道路構造と道路種別が記憶されるようになっている。またRAM13には、ディスプレイ18に表示する自車位置マークの画像データを記憶する自車位置マーク記憶部52が設けられており、ディスプレイ18に表示される自車位置マークは、この自車位置マーク記憶部52に記憶された画像データに基づく形状の自車位置マークとなる。
【0024】次ぎにデータの流れについて具体例を用いて説明する。
【0025】GPS受信機2、距離センサ3、方位センサ4、CD−ROM17等からのデータに基づき、道路種別のみが検出され、道路構造が検出されなかった場合(例えば、県道の普通の道路構造部分)には、環境状態記憶部61には道路種別(県道)だけが記憶される。そして優先順位が上位(1位)の道路構造が環境状態記憶部61に記憶されていないので、優先順位が下位(2位)の道路種別(県道)を用いて、道路種別対マーク記憶部63のデータ検索が行なわれ、対応するマークコード(D)が検索される。次ぎにこの検索されたマークコード(D)でマーク記憶部41のデータ検索が行なわれ、対応する自車位置マークの画像データ(乗用車マーク)が検索されて自車位置マーク記憶部52に書き込まれる。そして、この自車位置マーク記憶部52に書き込まれた画像データを用いて、ディスプレイ18に自車位置マーク(乗用車マーク)が表示される。
【0026】また、道路種別(例えば県道)と道路構造(例えば橋)が検出された場合、環境状態記憶部61には、道路種別(県道)と道路構造(橋)が記憶される。そして、優先順位が上位(1位)の道路構造(橋)を用いて、道路構造対マーク記憶部62のデータ検索が行なわれ、対応するマークコード(C)が検索される。次ぎにこの検索されたマークコード(C)でマーク記憶部41のデータ検索が行なわれ、対応する自車位置マークの画像データ(船マーク)が検索されて自車位置マーク記憶部52に書き込まれる。そして、この自車位置マーク記憶部52に書き込まれた画像データを用いて、ディスプレイ18に自車位置マーク(船マーク)が表示される。
【0027】次に、マイコン11が行なう自車位置マークの表示処理に付いて説明する。図6はマイコン11が行なう自車位置マークの表示処理を示すフローチャートである。尚、この処理は自車位置マークの表示を行なう際に実行される。
【0028】ステップP1では、自車位置を検出しステップP2に移る。ステップP2では、検出した自車位置における動作環境(道路種別,道路構造)を検出しステップP3に移る。ステップP3では、道路構造が検出されたかどうか(環境状態記憶部61に道路構造が記憶されているかどうか)判断し、検出されていればステップP5に移り、検出されていなければステップP4に移る。ステップP4では、道路種別に応じた自車位置マークを、表示する自車位置マークとして設定し、つまり自車位置マーク記憶部52に道路種別に応じた自車位置マークのマークデータ(画像データ)を書き込み、ステップS6に移る。ステップP5では、道路構造に応じた自車位置マークを、表示する自車位置マークとして設定し、つまり自車位置マーク記憶部52に道路構造に応じた自車位置マークのマークデータ(画像データ)を書き込みステップP6に移る。ステップP6では、自車位置マーク記憶部52に記憶されたマークデータに基づいて自車位置マークを表示し処理を終える。
【0029】以上の説明では動作環境の項目は道路構造と道路種別の2種類としているが、3種類以上ある場合は動作環境の項目ごとに優先順位1位、2位、3位・・と全てに順位を付けて、優先順位の上位のものに基づいて対応する自車位置マークを表示するようにすることも可能である。
【0030】
【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、自車位置マークが走行環境に応じて変化し、楽しい経路案内となるとともに、走行環境状態も把握できる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013