米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 測定; 光学 -> 凸版印刷株式会社

発明の名称 キャラクタ抽選装置及びキャラクタ領布・収集システム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−155250(P2001−155250A)
公開日 平成13年6月8日(2001.6.8)
出願番号 特願平11−335992
出願日 平成11年11月26日(1999.11.26)
代理人
発明者 佐藤 高志
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】ランク付けられた複数のキャラクタの中から、印字領域とランクを記録している磁気記録層とを有するリライトカードによりキャラクタを抽選する装置であって、キャラクタの画像を保存しているキャラクタ画像保存手段と、リライトカードの磁気記録層に記録されているランクを読取るランク読取手段と、ランク読取手段で読取ったランクと同じ又は高位のランクから新たなランクを抽選するランク抽選手段と、ランク抽選手段で抽選されたランクをリライトカードの磁気記録層に上書きするランク上書き手段と、ランク抽選手段で抽選されたランクに属するキャラクタの画像をキャラクタ画像保存手段から選んでリライトカードの印字領域に上書きするキャラクタ画像上書き手段と、を具備することを特徴とするキャラクタ抽選装置。
【請求項2】上記ランクがキャラクタの貴重度に応じたものであって、かつ上記ランク抽選手段が貴重度に応じた出現頻度で抽選することを特徴とする請求項1記載のキャラクタ抽選装置。
【請求項3】キャラクタカードの交換券を抽選で発行する交換券発行手段を具備することを特徴とする請求項1又は2記載のキャラクタ抽選装置。
【請求項4】キャラクタの画像をネットワークを通じて受け取り上記キャラクタ画像保存手段に保存するキャラクタ画像受信手段を具備することを特徴とする請求項1〜3の何れか1項記載のキャラクタ抽選装置。
【請求項5】複数の場所に設置された請求項1〜3の何れか1項記載のキャラクタ抽選装置と、キャラクタをランク付けて管理するキャラクタ管理装置と、を具備することを特徴とするキャラクタ領布・収集システム。
【請求項6】複数の場所に設置された請求項4記載のキャラクタ抽選装置と、キャラクタをランク付けてその画像と共に管理し、かつ複数の場所に設置された請求項4記載の各キャラクタ抽選装置にネットワークを通してキャラクタの画像を送るキャラクタ管理装置と、を具備することを特徴とするキャラクタ領布・収集システム。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、キャラクタ抽選装置及びキャラクタ領布・収集システムに関する。
【0002】
【従来の技術】従来から、アニメやゲームなどのキャラクタは、カードに印刷されて領布・収集されてきた。このカードは、一般に、キャラクタカード、或いはトレーディングカードと呼ばれている。従来からあるキャラクタカードを収集する方法には、以下のような欠点がある。
【0003】販売店又は他の収集家からキャラクタカードを購入する収集方法では、どのキャラクタカードを購入するかを指定できるけれども、抽選のようにどんなキャラクタカード当たるかというような不確実性から来る楽しみが無い。同様に、他の収集家とキャラクタカードを交換する収集方法では、どのキャラクタカードとどのキャラクタカードとを交換するかを交渉できるけれども、抽選のようにどんなキャラクタカード当たるかというような不確実性から来る楽しみが無い。
【0004】他方、キャラクタカードを、商品やサービスのキャンペーンなどの抽選に応募する収集方法では、当たるか否か、或いはどんなキャラクタカードが当たるかという不確実性から来る楽しみがあるけれども、一般に当たるチャンスは1回に限られているし、常に抽選があるわけではないし、また賞品のキャラクタカードの種類も限られている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は係る従来技術の欠点に鑑みなされたもので、キャラクタの収集家が何時でも何回でも抽選を楽しみながら豊富なキャラクタを収集できるようにすることを課題とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明において上記の課題を達成するために、まず請求項1の発明では、ランク付けられた複数のキャラクタの中から、印字領域とランクを記録している磁気記録層とを有するリライトカードによりキャラクタを抽選する装置であって、キャラクタの画像を保存しているキャラクタ画像保存手段と、リライトカードの磁気記録層に記録されているランクを読取るランク読取手段と、ランク読取手段で読取ったランクと同じ又は高位のランクから新たなランクを抽選するランク抽選手段と、ランク抽選手段で抽選されたランクをリライトカードの磁気記録層に上書きするランク上書き手段と、ランク抽選手段で抽選されたランクに属するキャラクタの画像をキャラクタ画像保存手段から選んでリライトカードの印字領域に上書きするキャラクタ画像上書き手段と、を具備することを特徴とするキャラクタ抽選装置としたものである。
【0007】また請求項2の発明では、上記ランクがキャラクタの貴重度に応じたものであって、かつ上記ランク抽選手段が貴重度に応じた出現頻度で抽選することを特徴とする請求項1記載のキャラクタ抽選装置としたものである。
【0008】また請求項3の発明では、キャラクタカードの交換券を抽選で発行する交換券発行手段を具備することを特徴とする請求項1又は2記載のキャラクタ抽選装置としたもである。
【0009】また請求項4の発明では、キャラクタの画像をネットワークを通じて受け取り上記キャラクタ画像保存手段に保存するキャラクタ画像受信手段を具備することを特徴とする請求項1〜3の何れか1項記載のキャラクタ抽選装置としたものである。
【0010】また請求項5の発明では、複数の場所に設置された請求項1〜3の何れか1項記載のキャラクタ抽選装置と、キャラクタをランク付けて管理するキャラクタ管理装置と、を具備することを特徴とするキャラクタ領布・収集システムとしたものである。
【0011】また請求項6の発明では、複数の場所に設置された請求項4記載のキャラクタ抽選装置と、キャラクタをランク付けてその画像と共に管理し、かつ複数の場所に設置された請求項4記載の各キャラクタ抽選装置にネットワークを通してキャラクタの画像を送るキャラクタ管理装置と、を具備することを特徴とするキャラクタ領布・収集システムとしたものである。
【0012】
【発明の実施の形態】以下に、本発明の実施の形態を詳細に説明する。
【0013】1:キャラクタ領布・収集システム本発明のキャラクタ領布・収集システムは、図1に示すように、複数の場所に設置された本発明のキャラクタ抽選装置と、キャラクタ供給元に設置されたキャラクタ管理装置とを備える。各キャラクタ抽選装置と、キャラクタ管理装置とは、ネットワークで接続されている。このネットワークは、距離的に離れて存在する各キャラクタ抽選装置とキャラクタ管理装置との間で、キャラクタの画像などのデータを伝送するためのものであって、その種類は問わない。
【0014】本発明のキャラクタ領布・収集システムでは、印字領域と磁気記録層とを有するリライトカードを用いて、キャラクタの領布・収集がなされる。
【0015】2:キャラクタ管理装置キャラクタ管理装置は、中央処理装置と、主記憶装置と、補助記憶装置と、入力装置と、出力装置と、通信制御装置とを備えるコンピュータである。
【0016】通信制御装置は、ネットワークを通じて、各キャラクタ抽選装置にキャラクタのランクと画像とを送るための装置である。
【0017】補助記憶装置にはキャラクタ管理用ソフトウェアが保存されている。キャラクタ管理用ソフトウェアが主記憶装置にロードされて中央処理装置で実行されることで、キャラクタ管理装置は、入力装置から入力されたキャラクタのランクと画像とを関連付けて補助記憶装置に保管する。ランクは、キャラクタの貴重度を応じて付けられる。それゆえ貴重度が高いほどランクも高くなる。
【0018】尚、キャラクタ管理装置で管理されているキャラクタのランクは、印字領域とキャラクタのランクを記録している磁気記録層を有するリライトカードを発行するのに用いられることが好ましい。また、キャラクタ管理装置で管理されているキャラクタの画像は、キャラクタの画像が印刷されているキャラクタカードを発行するのに用いられることが好ましい。
【0019】3:キャラクタ抽選装置本発明のキャラクタ抽選装置は、中央処理装置と、主記憶装置と、補助記憶装置と、通信制御装置と、リライトカード印字・消去装置と、リライトカード磁気記録装置と、プリンタ装置とを備えるコンピュータであって、図2に示すように、1つの筐体にまとめられている。
【0020】キャラクタ抽選装置の筐体のリライトカード挿入口にリライトカードを挿入すると、リライトカード印字・消去装置によってリライトカードの印字領域に対してキャラクタの画像などが印字・消去され、またリライトカード磁気記録装置によってリライトカードの磁気記録層に対してキャラクタのランクなどのデータの読取・書込みがなされる。
【0021】プリンタ装置は、キャラクタカードの交換券を印刷するための装置である。プリンタ装置が交換券を印刷すると、その交換券は図2に示すように筐体の外部に排出される。
【0022】通信制御装置は、ネットワークを通じてキャラクタ管理装置からキャラクタのランクと画像とを受け取り、補助記憶装置に保存するための装置である。
【0023】補助記憶装置には、キャラクタのランクと画像は関連付けられて保存されており、与えられたランクに属するキャラクタの画像を読み出すことができる。補助記憶装置には、キャラクタ抽選用ソフトウェアも保存されている。補助記憶装置は、物理的に1つの装置である必要はなく、例えば異なる種類の複数の装置であっても良い。例を挙げると、キャラクタのランクと画像はフラッシュメモリに保存され、キャラクタ抽選用ソフトウェアはハードディスクに保存されている場合がある。
【0024】以下に、キャラクタ抽選用ソフトウェアが主記憶装置にロードされて中央処理装置によって実行される処理を、図3のフローチャートに従って説明する【0025】STEP1;リライトカードがリライトカード挿入口に入れられると、中央処理装置は、リライトカードの磁気記録層に記録されているキャラクタのランクをリライトカード磁気記録装置で読取り主記憶装置に送る。
【0026】SETP2;中央処理装置は、読取ったキャラクタのランクと同じか或いは高位のランクを、キャラクタの貴重度に応じた確率で発生させ主記憶装置に書き込む。
【0027】STEP3;中央処理装置は、発生させたランクをリライトカード磁気記録装置でリライトカードの磁気記録層に上書きする。
【0028】STEP4;中央処理装置は、発生させたランクに属するキャラクタの画像を補助記憶装置からランダムに選んで主記憶装置に転送する。
【0029】STEP5;中央処理装置は、選んだキャラクタの画像をリライトカード印字・消却装置でリライトカードの印字領域に上書きする。
【0030】STEP6;中央処理装置は、発生させたランクに応じた確率(ランクが高位であればあるほど確率は高くなる)で、キャラクタの交換券を発行するか否かを判断する。もし、交換券を発行するならば、STEP7に進む。他方、もし、交換券を発行しないのならば、ENDに進む。
【0031】STEP7;中央処理装置は、プリンタ装置で交換券を印刷する。
【0032】
【発明の効果】以上の結果、本発明のキャラクタ抽選装置を、玩具店、ゲームセンターなどの店頭に置けば、本発明には、キャラクタの収集家が何時でも何回でも抽選を楽しみながら豊富なキャラクタを収集できるという効果がある。
【0033】また、請求項6の発明には、ネットワークを通じてキャラクタの画像などのデータをキャラクタ管理装置からキャラクタ抽選装置へ転送することができるので、キャラクタを領布・収集することがより一層容易になるという効果もある。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013