米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 機械工学 -> 愛知機械工業株式会社

発明の名称 自動変速機のパーク機構
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−32929(P2001−32929A)
公開日 平成13年2月6日(2001.2.6)
出願番号 特願平11−204909
出願日 平成11年7月19日(1999.7.19)
代理人 【識別番号】100086520
【弁理士】
【氏名又は名称】清水 義久
【テーマコード(参考)】
3J067
【Fターム(参考)】
3J067 AA01 AB06 BA58 EA81 FA12 FA57 FB90 
発明者 船橋 功治 / 中西 浩基 / 浅利 昌宏 / リ・キョンチョル
要約 目的
パーキングロッドの移動時の暴れを抑制できる自動変速機のパーク機構の提供を目的とする。

構成
パーキングロッド10が移動し、ロッド10の先端側が上昇してパーキングポール17の一端側を押し上げ、パーキングポール17の他端側がパーキングギヤに噛み合わされるように構成され、ロッド10の移動時に、このロッド10の左右の移動を抑制するガイド部1aを、変速機のケース1に形成して構成する。
特許請求の範囲
【請求項1】 車室内の操作レバーがパーキング側へ操作されたときパーキングロッドが移動し、該パーキングロッドの先端側が上昇してパーキングポールの一端側を押し上げ、該パーキングポールの他端側がパーキングギヤに噛み合わされるように構成された自動変速機のパーク機構において、前記パーキングロッドの移動時に該パーキングロッドの左右の移動を抑制するガイド部を変速機のケースに形成したことを特徴とする自動変速機のパーク機構。
【請求項2】 自動変速機のケース内には複数の摩擦要素が設けられるとともに、そのうちの一つの摩擦要素を前記パーク機構と近接配置し、前記一つの摩擦要素の締結解放を行うピストンはスプリングリテーナを有し、該スプリングリテーナを保持する前記ケースに設けられた環状溝の張り出し部を前記ガイド部としたことを特徴とする請求項1に記載の自動変速機のパーク機構。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、自動変速機におけるパーク機構に関するものである。
【0002】
【従来の技術及びその課題】従来、運転者が車室内の操作レバーをパーキング側へ操作したときにはパーキングロッドが移動して、パーキングロッド先端側のカム面がパーキングポールの一端側を押し上げることにより、パーキングポールの他端側がパーキングギヤに噛み合わされてパーキング状態となるように構成されている。このような従来構造において、パーキングロッドはパーキングポールの長手方向に進退するために左右に移動してパーキングポールから外れやすいため、従来においては、例えば特開平3−157250号公報に開示されているように、パーキングロッドの左右の移動を抑制するブラケットを配置した構成となっており、部品点数が増大して、コストが増大してしまうという問題点があった。
【0003】
【課題を解決するための手段】本発明は上記従来の問題点に鑑み案出したものであって、部品点数を増大させることなく、パーキングロッドの暴れを無くし良好に移動させることのできる自動変速機のパーク機構を提供せんことを目的とし、その第1の要旨は、車室内の操作レバーがパーキング側へ操作されたときパーキングロッドが移動し、該パーキングロッドの先端側が上昇してパーキングポールの一端側を押し上げ、該パーキングポールの他端側がパーキングギヤに噛み合わされるように構成された自動変速機のパーク機構において、前記パーキングロッドの移動時に該パーキングロッドの左右の移動を抑制するガイド部を変速機のケースに形成したことである。また、第2の要旨は、自動変速機のケース内には複数の摩擦要素が設けられるとともに、そのうちの一つの摩擦要素を前記パーク機構と近接配置し、前記一つの摩擦要素の締結解放を行うピストンはスプリングリテーナを有し、該スプリングリテーナを保持する前記ケースに設けられた環状溝の張り出し部を前記ガイド部としたことである。
【0004】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。図1は、自動変速機のパーク機構の要部を示す斜視構成図であり、また図2は、図1のパーク機構の平面概略構成図である。
【0005】図において、自動変速機のケース1内には、車の車室内に設けられた操作レバーが操作されたときにケーブルを介し回動されるマニュアルシャフト2が回動可能に設けられており、このマニュアルシャフト2にはピン3を介しボス部4aが固定されて第1レバー4が外嵌されており、この第1レバー4にはくの字状に溝孔4bが形成されたものとなっており、この第1レバー4に対し平行状に第2レバー6が設けられ、この第2レバー6は、自動変速機のケース1に圧入された支点軸5に対しボス部6aが回動可能に外嵌されており、第2レバー6にはピン軸7が固設されて、このピン軸7が前記第1レバー4の溝孔4b内に挿入されて第2レバー6と第1レバー4が連繋されたものとなっている。
【0006】なお、前記支点軸5をケース1に圧入するに際し、ケース1の上面側からオイルフィラープラグ8が螺合され、このオイルフィラープラグ8により、支点軸5及び第2レバー6のボス部6aの抜脱が防がれるように構成されている。なお、前記第2レバー6のピン軸7の反対側の端部にはジョイント部材9が突出され、ジョイント部材9の孔内にロッド10が移動可能に挿通されており、ロッド10の外周に突出されたカシメ部11がジョイント部材9に当接して、ロッド10の図示右側への移動が阻止されるように構成されている。
【0007】また、ロッド10の右端側にはバネリング12が外嵌されており、このバネリング12と前記ジョイント部材9間の前記ロッド10の外周にはスプリング14が配設されたものとなっている。また、ロッド10の他端の先端側にはテーパー状にカム面10aが一体形成されており、さらにその先端は拡径した大径部10bが形成されている。なお、このカム面10a及び大径部10bはロッド10と一直線状に一体形成されたものとなっており、ロッド10は前記ジョイント部材9の孔内で回転できるように構成されている。
【0008】なお、ロッド10の前記カム面10aは図2に示すように、ケース1に固定された固定軸15に傾斜状に貫通形成されている凹部16内に挿通されて配置され、凹部16の底側傾斜面に沿ってガイドされて前記カム面10aが上昇できるように構成されている。また、固定軸15の凹部16の外周にパーキングポール17の一端側が当接状に配置されており、パーキングポール17はポールシャフト18を中心として揺動可能に設けられて、他端側には爪17aが一体形成されており、この爪17aがパーキングギヤ19の外周の歯部に噛み合わされるように配置されている。
【0009】なお、図3は、図2の要部概略図であり、自動変速機のケース1の右側壁面には内側へ突出してガイド部1aが形成されており、このガイド部1aは、ロッド10がその軸方向へ進退して移動する際にロッド10をガイドして、ロッド10の左右方向の暴れを抑制できるように形成したものであり、このガイド部1aには溝を形成して、ロッド10がその溝内を移動できるように構成しておくこともできる。
【0010】このような構成において、運転者が車内の操作レバーをパーキング側(Pレンジ)へ操作するとケーブルを介し前記マニュアルシャフト2が回転し、これにより第1レバー4がボス部4aを中心として回転し、溝孔4b内に挿入されているピン軸7を介し第2レバー6も連動されて回転し、第2レバー6の回転によりジョイント部材9が図示右側へ移動されてスプリング14を圧縮し、ロッド10が図示右側へ移動してカム面10aが凹部16の傾斜面に沿って上昇し、これによりカム面10aがパーキングポール17の一端側を押し上げ、これによりパーキングポール17の他端側の爪17aが下方側へ移動してパーキングギヤ19の外周の歯部に噛み合わされるものであり、ロッド10の移動時に、ガイド部1aが形成されているため、ロッド10が暴れることがなく、特にロッド10が左右方向に移動することがガイド部1aで防がれるため、従来のように、ロッド10が左右に移動してパーキングポール17から外れてしまうことがなく、また、移動時にロッド10の暴れがガイド部1aにより抑制されるため、ロッド10とパーキングポール17が打撃等を受けることがなくなり、打撃傷とか欠けの発生を良好に防ぐことができるものとなる。なお、従来のようなブラケットを設ける必要がなく、ケース1にガイド部1aを一体形成することができ、部品点数を増大させることなく低コストで自動変速機のパーク機構を構成することができるものとなる。
【0011】なお、ガイド部1aは、図4の全体図で、また、図5の拡大端面図で示すような構成として形成することができる。図5において、自動変速機のケース内の摩擦要素であるローアンドリバースブレーキを前記パーク機構に近接配置させ、このブレーキの締結解放を行うピストンはスプリングリテーナ22を有し、スプリングリテーナ22の外径に比べて小径となっており、パーキングロッド10が配置される空間は、小径のローアンドリバースブレーキのケースの壁20を隔てた外周であり、かつピストンリテーナのケースの壁(張り出し部)を隔てたピストン側とは反対側に設けられて、パーキングロッド10は、自動変速機の軸方向に対して横切る方向に配置され、スプリングリテーナ22を保持するケースに設けられた環状溝21の張り出し部21aを、ガイド部1aとして機能させるものである。なお、図中23はスプリングである。このように、摩擦要素のスプリングリテーナ22をパーク機構に積極的に近接配置し、このスプリングリテーナ22を保持する環状溝21の張り出し部21aをパーキングロッド10のガイド部としたため、環状溝21を設けてもケースの剛性を維持することができるとともに、パーキングロッド10用にわざわざガイド部を設ける必要がなくなり、軽量化も図れる。
【0012】
【発明の効果】本発明は、車室内の操作レバーがパーキング側へ操作されたときパーキングロッドが移動し、該パーキングロッドの先端側が上昇してパーキングポールの一端側を押し上げ、該パーキングポールの他端側がパーキングギヤに噛み合わされるように構成された自動変速機のパーク機構において、前記パーキングロッドの移動時に該パーキングロッドの左右の移動を抑制するガイド部を変速機のケースに形成したことにより、従来のようなブラケット等の部品が不要となり、ケースに形成したガイド部により良好にパーキングロッドの移動をガイドして、パーキングロッドが移動時に暴れることを抑制することができて、パーキングポールからのパーキングロッドの外れを防ぎ、かつパーキングロッド及びパーキングポールの打撃傷の発生等を防ぐことができる効果を有する。
【0013】また、自動変速機のケース内には複数の摩擦要素が設けられるとともに、そのうちの一つの摩擦要素を前記パーク機構と近接配置し、前記一つの摩擦要素の締結解放を行うピストンはスプリングリテーナを有し、該スプリングリテーナを保持する前記ケースに設けられた環状溝の張り出し部を前記ガイド部としたことにより、環状溝を設けてもケースの剛性を維持することができるとともに、パーキングロッド用にわざわざガイド部を設ける必要がなくなり、軽量化も図れる効果を有する。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013