米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 機械工学 -> リンナイ株式会社

発明の名称 プレート式バーナ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−182913(P2001−182913A)
公開日 平成13年7月6日(2001.7.6)
出願番号 特願平11−372611
出願日 平成11年12月28日(1999.12.28)
代理人 【識別番号】100060025
【弁理士】
【氏名又は名称】北村 欣一 (外3名)
【テーマコード(参考)】
3K017
【Fターム(参考)】
3K017 BA10 BB03 BB10 BC07 BC09 BE01 BE14 
発明者 重野 秀樹
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 開口を有するバーナ本体を備え、該バーナ本体の開口に、表面から裏面に貫通する多数の炎孔を有するバーナプレートの少なくとも2枚を互いに隣接させて設置し、バーナ本体内部から混合ガスをバーナプレートの炎孔を通じて噴出させ、該バーナプレートの表面を燃焼面とするプレート式バーナにおいて、バーナプレートの裏面であってバーナプレート同士の隣接部分に、両バーナプレートの端縁部から炎孔の形成部分にわたる凹部を形成したことを特徴とするプレート式バーナ。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、開口を有するバーナ本体を備え、該バーナ本体の開口に、表面から裏面に貫通する多数の炎孔を有するバーナプレートの少なくとも2枚を互いに隣接させて設置し、バーナ本体内部から混合ガスをバーナプレートの炎孔を通じて噴出させ、該バーナプレートの表面を燃焼面とするプレート式バーナに関する。
【0002】
【従来の技術】燃焼面積の大きいプレート式バーナを1枚のセラミック製バーナプレートで形成しようとすると面積の大きいバーナプレートを焼成する必要があるが、面積の大きいバーナプレートは焼成する際の歪みが大きく、したがってバーナ本体の開口に設置できない場合がある。そのため、従来のプレート式バーナでは、面積の小さいバーナプレートを焼成することにより焼成の際の歪みを小さくし、該バーナプレートの少なくとも2枚を隣接させて設置することによりプレート式バーナの燃焼面積を大きくするようにしている。
【0003】一方、バーナプレートを隣接させて設置する場合、一般に、バーナプレートとバーナプレートとの間に2mm程度の厚さの不燃性シール材を介することによりバーナプレート同士の隣接部分からガスが漏れないようにしている。また、プレート式バーナは、炎の熱で加熱されたバーナプレートからの赤外線により被調理物を焼くものであるため、バーナプレートの炎は小さい。そのため、一方のバーナプレートにおいて着火が行われ、該バーナプレートで燃焼が行われていても、その燃焼の炎がプレート間のシール材の厚みのためになかなか他方のバーナに移らないという問題がある。
【0004】そこで、実公昭58−42743号公報により知られているように、バーナプレートの表面の、バーナプレート同士の隣接部分に両バーナプレートの端縁部から炎孔の形成部分にわたる凹部を形成し、該凹部に炎孔からの混合ガスを滞留させることにより、一方のバーナプレートから他方のバーナプレートへの火移りを良好に行わせるようにしている。
【0005】ところで、このようなプレート式バーナでは、バーナプレートの表面に多数の凸部を形成し、該凸部によりバーナプレート表面を高温に保つことにより良好な燃焼状態を作るようにしている。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】バーナプレートの表面の、バーナプレート同士の隣接部分に両バーナプレートの端縁部から炎孔の形成部分にわたる凹部を形成すると、外部から該凹部が見えるため見栄えが悪い。また、バーナプレートの表面に凹部を形成すると、該凹部においてバーナプレートの表面を高温に保つための凸部を形成できないため燃焼状態が悪くなる。そのため、バーナプレート同士の隣接部分において不完全燃焼が生じ、一酸化炭素が発生するといった問題があった。
【0007】そこで本発明は、上記の問題点に鑑み、バーナプレート同士の隣接部分における燃焼状態や見栄えを損なうことなく火移りを良好に行うプレート式バーナを提供することを課題とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために本発明は、開口を有するバーナ本体を備え、該バーナ本体の開口に、表面から裏面に貫通する多数の炎孔を有するバーナプレートの少なくとも2枚を互いに隣接させて設置し、バーナ本体内部から混合ガスをバーナプレートの炎孔を通じて噴出させ、該バーナプレートの表面を燃焼面とするプレート式バーナにおいて、バーナプレートの裏面であってバーナプレート同士の隣接部分に、両バーナプレートの端縁部から炎孔の形成部分にわたる凹部を形成したことを特徴とする。
【0009】本発明によれば、前記凹部に設けられている炎孔のバーナプレート裏面から表面までの長さが短くなり、そのためガスが該炎孔を通過する際の抵抗が小さくなる。したがって該炎孔のガスの噴出量が多くなり、炎が大きくなるため火移りが良好に行われる。また、バーナプレートの表面の形状を損なわず均一に形成でき、そのためバーナプレート同士の隣接部分においてバーナプレートの表面を高温に保つための凸部を削らなくて良い。
【0010】
【発明の実施の形態】図1及び図2を参照して、1はバーナ本体であり、混合管1aと開口1bとを有する。開口1bは略コ字状に形成されており、開口1bの内周面には段部1b´が形成されている。燃焼部2は該段部1b´に支持されて開口1bに設置され、その上からカバー3をかぶせてバーナ本体1に取り付けることにより燃焼部2がバーナ本体1から外れないようにしている。
【0011】燃焼部2は3枚のバーナプレート2a、2b、2cで構成されている。3枚のバーナプレート2a、2b、2cの外周にはそれぞれシール材4が巻かれており、燃焼部2が開口1bに設置されたとき、シール材4を介してバーナプレート2bとバーナプレート2a及びバーナプレート2cとが隣接する。また、燃焼部2はシール材4を介して開口1bの内周面と隣接する。
【0012】シール材4はセラミックウールを材料とし、テープ状に形成されており、バーナプレート2a、2b、2c同士の隣接部分および燃焼部2と開口1bの内周面との隣接部分からのガス漏れを防止している。
【0013】燃焼部2は、図3に示すように、表面2xから裏面2yに貫通する多数の炎孔5を有している。混合管1aからの混合ガスは炎孔5を通り、燃焼部2の表面2x側から噴出される。また、燃焼部2の表面2xには炎孔5の周りに多数の凸部6が形成されており、該凸部6によってバーナプレート2a、2b、2cの表面を高温に保つことにより良好な燃焼状態を作るようにしている。
【0014】なお、本実施の形態においては、燃焼部2の中央部分の炎の分布を少なくするため、図2に示すように、バーナプレート2a、2b、2cの表面には無炎孔領域2´が設けられている。該無炎孔領域2´はカバー3の覆い部3aによって覆われている。
【0015】燃焼部2の裏面2yの、バーナプレート2a、2b、2c同士の隣接部分には、図4に示すように、端縁部7から炎孔5の形成部分8にわたるC面カットが施されている。そのため、図5に示すように、燃焼部2が開口1bに設置されたとき、燃焼部2の裏面2yの、バーナプレート2a、2b、2c同士の隣接部分に、燃焼部2を火移り方向に切断したときの断面における形状が略三角形状となる凹部が形成される。
【0016】なお、該凹部は必ずしもバーナプレート2a、2b、2c同士の隣接部分の幅方向の全長にわたって形成する必要はなく、図6に示すように、バーナプレート2a、2b、2c同士の隣接部分に部分的に形成してもよい。また、必ずしも燃焼部2を火移り方向に切断したときの断面における凹部の形状を略三角形状にしなくてもよく、図7に示すように、方形状にする等、任意の形状に形成してもよい。
【0017】
【発明の効果】以上の説明から明らかなように、本発明は、バーナプレートの裏面であってバーナプレート同士の隣接部分に両バーナプレートの端縁部から炎孔の形成部分にわたる凹部を形成することにより、該凹部に設けられている炎孔の炎が大きくなるので一方のバーナプレートから他方のバーナプレートへの火移りが良好に行われ、かつ、バーナプレートの表面の形状を損なわず均一に形成できるのでバーナプレート同士の隣接部分における燃焼状態が良く、見栄えを損なわない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013