米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 機械工学 -> 株式会社ハーマン

発明の名称 ガスこんろの異常過熱防止構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−201055(P2001−201055A)
公開日 平成13年7月27日(2001.7.27)
出願番号 特願2000−8777(P2000−8777)
出願日 平成12年1月18日(2000.1.18)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
発明者 智多 祐章 / 福田 剛生
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 建物の壁面に周辺を沿わせて設置したガスこんろにおいて、ガスこんろの五徳の上に載置した鍋等の調理器具が所定の位置より壁面方向に位置しないようにするために調理器具の外面に当たる位置規制ストッパーをガスこんろの上面に上方に突出するように設けたことを特徴とするガスこんろの異常過熱防止構造。
【請求項2】 位置規制ストッパーを五徳から一体に上方に突設したことを特徴とする請求項1記載のガスこんろの異常過熱防止構造。
【請求項3】 別部材の位置規制ストッパーを五徳またはトッププレートに装着したことを特徴とする請求項1記載のガスこんろの異常過熱防止構造。
【請求項4】 調理器具が位置規制ストッパーに当たって位置規制されることによりガスこんろの周辺の壁面やカウンターが100℃以上になるのを防止するようにしたことを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれかに記載のガスこんろの異常過熱防止構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、システムキッチン等で壁際に配置されるガスこんろの構造に関し、詳しくはガスこんろの周辺に位置する壁やカウンターが異常に過熱されるのを防止する異常過熱防止構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術及び発明の解決しようとする課題】一般にシステムキッチン等で壁面に沿ってガスこんろを設置する場合、ガスこんろと壁面との間の距離が15cm未満なら、壁を不燃材料にて形成するか壁に防熱板を取り付ける等の防火処理がなされている。
【0003】このように壁に防火処理をすると、鍋等の調理器具が必要以上壁側にずれた位置で五徳に載置されたり、大径鍋のような調理器具が使用されたりするというような異常な使われ方により被加熱物としての鍋等の調理器具が壁面に近づいても防火上さほど問題がないが、上記のように壁を不燃材料にて形成するとコストアップにつながり、また防熱板を取り付けるとシステムキッチンの美観を損ねると共に施工性を悪くさせ、さらにコストアップにも繋がり好ましくないという問題がある。
【0004】ところが、上記のような防火処理をしないで、壁面(可燃性)との距離が15cm未満でガスこんろを設けた場合、鍋等の調理器具が必要以上に壁側にずれた位置で五徳に載置されたり、大径鍋のような調理器具が使用されたりするというような異常な使われ方をすると、ガスこんろと壁面との距離が小さい分、被加熱物としての鍋等の調理器具が壁面に近づき、壁面やカウンターが異常過熱され、防火上危険であるという問題がある。
【0005】また近年、ガスこんろの異常な使われ方をしたとき、壁面等が過熱されるのを防止するものとして特開平11−211090号公報に開示されるものもあるが、これはガスコンロの周囲の温度を温度検知器で検出し、温度検知器が異常の温度を検出したときガスの供給を遮断するようになっている。しかしかかる従来例では構造が複雑なってコストアップになるという問題がある。
【0006】本発明は叙述の点に鑑みてなされたものであって、鍋等の調理器具が必要以上に壁側にずらされたり、大径鍋のような調理器具が使用されたりするというような異常な使用がされたりするのを防止できて壁面やカウンターが異常な過熱されるの防止でき、ガスこんろと壁面との距離が短い(15cm未満)設置であっても、防火処理していない壁で防火上問題がないようにすることが可能で、施工性、キッチンの美観を害することがなくなるガスこんろの異常過熱防止構造を提供することを課題とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため本発明の請求項1のガスこんろの異常過熱防止構造は、建物の壁面5に周辺を沿わせて設置したガスこんろ1において、ガスこんろ1の五徳2の上に載置した鍋3a等の調理器具3が所定の位置より壁1面方向に位置しないようにするために調理器具3の外面に当たる位置規制ストッパー4をガスこんろ1の上面に上方に突出するように設けたことを特徴とする。上記のように位置規制ストッパー4を設けたことにより、調理器具3が位置規制ストッパー4に当たって調理器具3が所定位置以上に壁5面に近づくのを防止でき、調理器具3が必要以上に壁5側にずらされたり、大径鍋のような調理器具3が壁5に近づいて使用されたりするというような異常な使用がされたりするのを防止できる。従って、被加熱物である調理器具3が壁5面に所定以上近づくのを防止でき、壁5面やカウンター6が異常に過熱されるの防止できる。また壁5面が異常な過熱がされないことにより、ガスこんろ1と壁5面との距離が短い(15cm未満)設置であっても、防火処理していない壁で防火上問題がないようにすることが可能で、施工性、キッチンの美観等を害することがないようにできる。また位置規制ストッパー4を設けるだけで異常使用を防止できるために従来に比べて構造を簡単にしてコストダウンが図れると共に使用者に異常使用であることを容易に判らせることができる。
【0008】また本発明の請求項2のガスこんろの異常加熱防止構造は、請求項1において、位置規制ストッパー4を五徳2から一体に上方に突設した。五徳2を製造するとき位置規制ストッパー4を一体に形成しておくだけでよくて容易に実現できる。
【0009】また本発明の請求項3のガスこんろの異常加熱防止構造は、請求項1において、別部材の位置規制ストッパー4を五徳2またはトッププレート7に装着したことを特徴とする。五徳2やトッププレート7の仕様を変えることなく別部材の位置規制ストッパー4を取り付けるだけでよくて容易に実現できる。
【0010】また本発明の請求項4のガスこんろの異常過熱防止構造は、請求項1乃至請求項3において、調理器具3が位置規制ストッパー4に当たって位置規制されることによりガスこんろ1の周辺の壁5面やカウンター6が100℃以上になるのを防止するようにしたことを特徴とする。位置規制ストッパー4に調理器具3が当たって位置規制されることにより壁5面やカウンター6が100℃以上になることがなく、防火性を向上できる。
【0011】
【発明の実施の形態】先ず、図1の実施の形態の例から述べる。ガスこんろ1は本例の場合ビルトイン型であり、システムキッチンのカウンター6の開口8に落とし込むように装着してある。カウンター6の周辺の上方には壁5面が設けられているが、この壁5には防火処理がされていない。ガスこんろ1のケーシング9内にはガスこんろ本体を内装してあり、ケーシング9の上面に被着したトッププレート7の開口11からガスこんろ本体のバーナ部12を露出させてある。トッププレート7の上には五徳2が着脱自在に載置され、この五徳2の上に鍋3a等の調理器具3を載せてバーナ部12による加熱調理ができるようになっている。五徳2は従来から周知のように周囲を囲む矩形等の枠状の五徳枠2aと、五徳枠2aから内方に突設した五徳爪2bとで構成され、五徳枠2aの下端がトッププレート7に載置されている。
【0012】そしてこの五徳2の壁5面側に上記壁5面と所定の間隔を隔てるように位置規制ストッパー4を設けてある。本例の場合、五徳2と一体になるように位置規制ストッパー4を設けてある。この位置規制ストッパー4は本例の場合、縦片4aと横片4bとで断面略L字状に形成されており、横片4bの端部を五徳2の五徳枠2aと一体にしてある。この位置規制ストッパー4の縦片4aは壁5面に沿って長く形成されていることが好ましい。またこの位置規制ストッパー4の縦片4aの高さhは誤って鍋3a等の調理器具3を上端に載せて調理器具3が傾いて使用されることがない高さがあるものとする。
【0013】五徳2の上に鍋3a等の調理器具3が載置され、バーナ部12の燃焼により加熱調理されるが、調理器具3のセンターC1がバーナ部12のセンターC2よりαの寸法だけ壁5面方向にずれたとき調理器具3が位置規制ストッパー4の縦片4aに当たり、それ以上壁5面方向に調理器具3が移動しないように規制される。これにより調理器具3が位置規制ストッパー4より壁5面に近づくのが阻止される。調理器具3が大径鍋のようなものの場合も壁5面に近づくのが防止される。これにより被加熱物として鍋3a等の調理器具3が壁5面に近づくことが防止でき、壁5面やカウンター6が異常な過熱されるのを防止できる(100℃以上に過熱されるのを防止できる)。また壁5面が異常な過熱されないことにより、ガスこんろ1と壁5面との距離が短い(15cm未満)設置であっても、防火処理していない壁で防火上問題がないようにすることが可能で、施工性、キッチンの美観等を害することがないようにできる。また本例の場合、五徳2に位置規制ストッパー4を一体に設けてあるために五徳2の仕様を変えるだけで他は従来と同じ仕様にできて容易に実現できる。
【0014】次に図2、図3の実施の形態の例について述べる。本例も上記例と基本的に同じであり、異なる点だけを述べる。本例の場合、別部材の位置規制ストッパー4を五徳2またはトッププレート7に装着してある。図2の例の場合、位置規制ストッパー4の横片4bの先端に嵌め込み溝13を設けてあり、この嵌め込み溝13を五徳2の五徳枠2aにはめ込むことで位置規制ストッパー4を五徳2に取り付けてある。かかる嵌め込みに代えて横片4bをビス止めすることで五徳2に取り付けてもよい。図3の例の場合、位置規制ストッパー4の横片4bに座ぐり部14を設けてあり、座ぐり部14からビス15をトッププレート7に打入することで位置規制ストッパー4をトッププレート7に取り付けてある。かかるビス止めに代えて横片4bを嵌め込みでトッププレート7に取り付けてもよい。このように別部材の位置規制ストッパー4を五徳2またはトッププレート7に取り付けることにより五徳2やトッププレート7の仕様を変えたりしなくも位置規制ストッパー4を設けることができて容易に実現できる。
【0015】
【発明の効果】本発明の請求項1の発明は、建物の壁面に周辺を沿わせて設置したガスこんろにおいて、ガスこんろの五徳の上に載置した鍋等の調理器具が所定の位置より壁面方向に位置しないようにするために調理器具の外面に当たる位置規制ストッパーをガスこんろの上面に上方に突出するように設けたので、調理器具が位置規制ストッパーに当たって調理器具が所定位置以上に壁面に近づくのを防止でき、調理器具が必要以上に壁側にずらされたり、大径鍋のような調理器具が壁に近づいて使用されたりするというような異常な使用がされたりするのを防止できるものであり、従って、被加熱物である調理器具が壁面に所定以上近づくのを防止でき、壁面やカウンターが異常な過熱されるの防止できるものであり、また壁面が異常な過熱されないことにより、ガスこんろと壁面との距離が短い(15cm未満)設置であっても、防火処理していない壁で防火上問題がないようにすることが可能で、施工性、キッチンの美観等を害することがないようにできるものであり、また位置規制ストッパーを設けるだけで異常使用を防止できるために従来に比べて構造を簡単にしてコストダウンが図れると共に使用者に異常使用であることを容易に判らせることができるものである。
【0016】また本発明の請求項2の発明は、請求項1において、位置規制ストッパーを五徳から一体に上方に突設したので、五徳を製造するとき位置規制ストッパーを一体に形成しておくだけでよくて容易に実現できるものである。
【0017】また本発明の請求項3の発明は、請求項1において、別部材の位置規制ストッパーを五徳またはトッププレートに装着したので、五徳やトッププレートの仕様を変えることなく別部材の位置規制ストッパーを取り付けるだけでよくて容易に実現できるものである。
【0018】また本発明の請求項4の発明は、請求項1乃至請求項3において、調理器具が位置規制ストッパーに当たって位置規制されることによりガスこんろの周辺の壁面やカウンターが100℃以上になるのを防止するようにしたので、位置規制ストッパーに調理器具が当たって位置規制されることにより壁面やカウンターが100℃以上になることがなく、防火性を向上できるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013