米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 機械工学 -> 株式会社ハーマン

発明の名称 ガスこんろの異常過熱防止構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−201051(P2001−201051A)
公開日 平成13年7月27日(2001.7.27)
出願番号 特願2000−8782(P2000−8782)
出願日 平成12年1月18日(2000.1.18)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
発明者 智多 祐章 / 福田 剛生
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 建物の壁面に周辺を沿わせて設置したガスこんろにおいて、ガスこんろの上面のトッププレートの上記壁面寄りの部分の温度を検出する温度検出装置を設け、ガスこんろの五徳の上に載置した鍋等の調理器具が所定の位置より上記壁面に接近した異常使用でトッププレートの壁側の部分の温度が所定温度を越えたことを温度検出装置が検出したとき最大火力を下げたり燃焼を停止したりする火力制限装置を設けたことを特徴とするガスこんろの異常過熱防止構造。
【請求項2】 建物の壁面に周辺を沿わせて設置したガスこんろにおいて、ガスこんろの上面のトッププレートの上記壁面寄りの部分の温度を検出する温度検出装置を設け、ガスこんろの五徳の上に載置した鍋等の調理器具が所定の位置より上記壁面に接近した異常使用でトッププレートの壁側の部分の温度が上昇する勾配が所定の勾配以上になったことを温度検出装置が検出したとき最大火力を下げたり燃焼を停止したりする火力制限装置を設けたことを特徴とするガスこんろの異常過熱防止構造。
【請求項3】 上記温度検出装置の熱を受ける受熱部をトッププレートに直接接触させたことを特徴とする請求項1または請求項2記載のガスこんろの異常過熱防止構造。
【請求項4】 上記受熱部は壁面と平行な方向に長い板状であることを特徴とする請求項3記載のガスこんろの異常過熱防止構造。
【請求項5】 受熱部はトッププレートに対して弾性的に押し付けられていることを特徴とする請求項3または請求項4記載のガスこんろの異常過熱防止構造。
【請求項6】 温度検出装置が調理器具の壁面への接近を検出したとき最大火力を下げたり燃焼を停止したりしてガスこんろの周辺の壁面やカウンターの温度が100℃以上になるのを防止するようにして成ることを特徴とする請求項1乃至請求項5のいずれかに記載のガスこんろの異常過熱防止構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、システムキッチン等で壁際に配置されるガスこんろの構造に関し、詳しくはガスこんろの周辺に位置する壁やカウンターが異常に過熱されるのを防止する異常過熱防止構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術及び発明の解決しようとする課題】一般にシステムキッチン等で壁面に沿ってガスこんろを設置する場合、ガスこんろと壁面との間の距離が15cm未満なら、壁を不燃材料にて形成するか壁に防熱板を取り付ける等の防火処理がなされている。
【0003】このように壁に防火処理をすると、鍋等の調理器具が必要以上壁側にずれた位置で五徳に載置されたり、大径鍋のような調理器具が使用されたりするというような異常な使われ方により被加熱物としての鍋等の調理器具が壁面に近づいても防火上さほど問題がないが、上記のように壁を不燃材料にて形成するとコストアップにつながり、また防熱板を取り付けるとシステムキッチンの美観を損ねると共に施工性を悪くさせ、さらにコストアップにも繋がり好ましくないという問題がある。
【0004】ところが、上記のような防火処理をしないで、壁面(可燃性)との距離が15cm未満でガスこんろを設けた場合、鍋等の調理器具が必要以上に壁側にずれた位置で五徳に載置されたり、大径鍋のような調理器具が使用されたりするというような異常な使われ方をすると、ガスこんろと壁面との距離が小さい分、被加熱物としての鍋等の調理器具が壁面に近づき、壁面やカウンターが異常過熱され、防火上危険であるという問題がある。
【0005】本発明は叙述の点に鑑みてなされたものであって、鍋等の調理器具が必要以上に壁側にずらされたり、大径鍋のような調理器具が使用されたりするというような異常な使用がされたりしたとき、最大火力を制限したり燃焼を遮断したりして壁面やカウンターが異常に過熱されるのを防止でき、ガスこんろと壁面との距離が短い(15cm未満)設置であっても、防火処理していない壁で防火上問題がないようにすることが可能で、施工性、キッチンの美観を害することがなくなり、しかも異常な使われ方をしたとき確実に動作して安全性を確保できるガスこんろの異常過熱防止構造を提供することを課題とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため本発明の請求項1のガスこんろの異常過熱防止構造は、建物の壁1面に周辺を沿わせて設置したガスこんろ2において、ガスこんろ2の上面のトッププレート2bの上記壁1面寄りの部分の温度を検出する温度検出装置5を設け、ガスこんろ2の五徳3の上に載置した鍋4a等の調理器具4が所定の位置より上記壁1面に接近した異常使用でトッププレート2bの壁1側の部分の温度が所定温度を越えたことを温度検出装置5が検出したとき最大火力を下げたり燃焼を停止したりする火力制限装置6を設けたことを特徴とする。五徳3の上に載せた鍋4a等の調理器具4が所定位置より壁1面側に接近したとき、鍋4a等の調理器具4の底面に沿って流れる燃焼排気が壁1面の方に接近してトッププレート2bの壁1面寄りの部分が過熱されるが、この部分が所定温度以上に過熱されたことが温度検出装置5で検出されると、火力制限装置6にて最大火力を下げるように制御されたり燃焼を停止するように制御されたりする。これにより、調理器具4が必要以上に壁1側にずらされたり、大径鍋のような調理器具4が壁1に近づいて使用されたりするというような異常な使用がされても壁1面やカウンター7が異常に過熱されるのを防止できる。また壁1面が異常な過熱がされないことにより、ガスこんろ2と壁1面との距離が短い(15cm未満)設置であっても、防火処理していない壁1で防火上問題がないようにすることが可能で、施工性、キッチンの美観等を害することがないようにできる。またトッププレート2bの壁1面寄りの部分の温度を温度検出装置5にて検出し、トッププレート2bの温度が所定温度を越えたとき火力制限装置6が動作するために異常使用のとき確実に動作して安全性を確保できる。
【0007】また本発明の請求項2のガスこんろの異常過熱防止構造は、建物の壁1面に周辺を沿わせて設置したガスこんろ2において、ガスこんろ2の上面のトッププレート2bの上記壁1面寄りの部分の温度を検出する温度検出装置5を設け、ガスこんろ2の五徳3の上に載置した鍋4a等の調理器具4が所定の位置より上記壁1面に接近した異常使用でトッププレート2bの壁1側の部分の温度が上昇する勾配が所定の勾配以上になったことを温度検出装置5が検出したとき最大火力を下げたり燃焼を停止したりする火力制限装置6を設けたことを特徴とする。五徳3の上に載せた鍋4a等の調理器具4が所定位置より壁1面側に接近したとき、鍋4a等の調理器具4の底面に沿って流れる燃焼排気が壁1面の方に接近してトッププレート2bの壁1面寄りの部分が過熱されるが、この部分の温度上昇の勾配が所定の温度勾配以上になったことが温度検出装置5で検出されると、火力制限装置6にて最大火力を下げるように制御されたり燃焼を停止するように制御されたりする。これにより、調理器具4が必要以上に壁1側にずらされたり、大径鍋のような調理器具4が壁1に近づいて使用されたりするというような異常な使用がされても壁1面やカウンター7が異常に過熱されるのを防止できる。また壁1面が異常に過熱されないことにより、ガスこんろ2と壁1面との距離が短い(15cm未満)設置であっても、防火処理していない壁1で防火上問題がないようにすることが可能で、施工性、キッチンの美観等を害することがないようにできる。また温度上昇の勾配にて異常使用を判定するために火力制限装置6の作動が遅れたりすることなく、動作が確実で安全性を確保できる。
【0008】また本発明の請求項3のガスこんろの異常過熱防止構造は、請求項1または請求項2において、上記温度検出装置5の熱を受ける受熱部8をトッププレート2bに直接接触させたことを特徴とする。受熱部8をトッププレート2bに直接接触させることにより熱伝導板等を介さず直接にトッププレート2bの温度を検出するために、コストダウンできると共に正確なトッププレート2bの温度をタイムラグなしに検出できる。
【0009】また本発明の請求項4のガスこんろの異常過熱防止構造は、請求項3において、上記受熱部8は壁1面と平行な方向に長い板状であることを特徴とする。受熱部8が壁1面と平行な方向に長い板状であることにより、受熱面積を大きくすることでトッププレート2bへの接触を確実にして集熱効果を向上でき、しかもトッププレート2bの壁1面と平行な方向に亙って受熱できて鍋4a等の調理器具4が壁1面と平行な方向にずれて壁1面に近づいても温度を正確に検出できて正確に動作するようにできる。
【0010】また本発明の請求項5のガスこんろの異常過熱防止構造は、請求項3または請求項4において、受熱部8はトッププレート2bに対して弾性的に押し付けられていることを特徴とする。受熱部8がトッププレート2bに弾性的に押し付けられることによりトッププレート2bに受熱部8をより確実に接触させてトッププレート2bの温度を一層正確に検出できて一層正確に動作するようにできる。
【0011】また本発明の請求項6のガスこんろの異常過熱防止構造は、請求項1乃至請求項5のいずれかにおいて、温度検出装置5が調理器具4の壁1面への接近を検出したとき最大火力を下げたり燃焼を停止したりしてガスこんろ2の周辺の壁1面やカウンター7の温度が100℃以上になるのを防止するようにして成ることを特徴とする。調理器具4が所定位置より壁1面に接近して載せられたとき温度検出装置5が異常な温度を検出して最大火力を下げたり燃焼を停止したりできて壁1面やカウンター7が100℃以上に過熱されるのを防止でき、防火性を向上できる。
【0012】
【発明の実施の形態】図1に示すようにガスこんろ2は本例の場合ビルトイン型であり、システムキッチンのカウンター7の開口10に落とし込むように装着してある。カウンター7の周辺の上方には壁1面が設けられているが、この壁1には防火処理がされていない。ガスこんろ2のガスこんろ本体2aはケーシング11内にバーナ部12等を内装してあり、このガスこんろ本体2aの上面開口にはこの上面開口を覆うトッププレート2bを着脱自在に被着してある。トッププレート2bには開口13を設けてあり、ガスこんろ本体2aのバーナ部12を開口13から上方に露出させてある。トッププレート2bの上には五徳3が着脱自在に載置され、この五徳3の上に鍋4a等の調理器具4を載せてバーナ部12による加熱調理ができるようになっている。五徳3は従来から周知のように周囲を囲む矩形等の枠状の五徳枠3aと、五徳枠3aから内方に向けて一体に突設した五徳爪3bとで構成されており、五徳枠3aの下面をトッププレート2bに載置してある。
【0013】そしてこの五徳3の壁1面側の位置でトッププレート2bの下面側の位置には図2に示すような温度検出装置5を配置してあり、温度検出装置5に内装した温度センサーにてトッププレート2bの温度を検出できるようになっている。この温度検出装置5はバーナ部12の真後ろに対応する位置に設けてある。温度検出装置5は下部の固定部5aと固定部5aに対して上下動自在に設けた可動部5bとで主体が構成され、可動部5bが上に移動するようにばね14にて上方に弾性的に付勢してある。ケーシング11内には取り付け片15を設けてあり、この取り付け片15に固定部5aを取り付けることで温度検出装置5を設置してある。温度検出装置5の可動部5bの上端には銅、アルミニウム等の熱伝導性のよい金属にて形成せる受熱部8を設けてあり、受熱部8をトッププレート2bの下面に直接接触させてトッププレート2bの熱を受熱部8を介して温度センサーに伝達できるようになっている。またこの受熱部8は壁1面と平行な方向に長くなる細長い長方形状に形成されており、また受熱部8はばね14の弾性力でトッププレート2bの下面に弾接させてある。
【0014】ガスこんろ本体2aにはガスこんろ本体2aを制御するマイクロコンピュータ16を内装してあり、温度検出装置5がリード線17にてマイクロコンピュータ16に接続してあり、温度検出装置5で検出した温度情報がマイクロコンピュータ16に伝達されるようになっている。また本発明の場合、ガスこんろ本体2aには火力制限装置6を設けてあり、火力制限装置6はマイクロコンピュータ16にて制御されるようになっている。火力制限装置6は、異常な使用を検出したとき最大火力が下がるように制限したり、異常な使用を検出したときガスの供給を遮断して燃焼を停止したりするものであり、電磁比例弁、電磁安全弁等で形成されている。
【0015】上記五徳3の上に鍋4a等の調理器具4が載置され、バーナ部12の燃焼により加熱調理されるが、このとき温度検出装置5にてトッププレート2bの温度が検出される。図1の実線に示すように鍋4a等の調理器具4を載せた通常の使用では調理器具4の底面に沿う燃焼排気が図1の矢印Aのように流れ、トッププレート2bの温度検出装置5で温度を検出する部分の近傍の温度が高くなったりこの部分の温度上昇の勾配が大きくなったりすることがない。従って、火力制限装置6が作動することなく、バーナ部12は通常の燃焼を行う。ところが、鍋4a等の調理器具4が図1の想像線に示すように壁1側にずれて載置されたり、大径鍋のような調理器具4が載置されたりした異常な使用状態になったとき鍋4a等の調理器具4が壁1面側に近づく。すると、調理器具4の底面に沿う燃焼排気が図1の矢印Bに示すように流れ、トッププレート2bの温度検出装置5で温度を検出する部分の温度が所定温度を越えたり、温度上昇する勾配が所定の勾配より大きくなったりする。これにより異常使用になったと判定され、火力制限装置6が作動し、最大火力を下げるように制御されてバーナ部12が小さい火力でしか燃焼しない状態にしたり、ガスの供給を遮断して燃焼を停止したりするように制御される。これにより、調理器具4が必要以上に壁1側にずらされたり、大径鍋のような調理器具4が壁1に近づいて使用されたりするというような異常な使用がされても壁1面やカウンター7が異常に過熱されるの防止できる(壁1面を100℃以下の温度にすることができる)。また壁1面が異常に過熱されないことにより、ガスこんろ2と壁1面との距離が短い(15cm未満)設置であっても、防火処理していない壁1で防火上問題がないようにすることが可能で、施工性、キッチンの美観等を害することがないようにできる。
【0016】図3はトッププレート2bの温度検出装置5にて温度を検出する部分の温度が所定温度を越えたときに火力制限装置6が作動するようにした場合の例を説明するグラフである。このグラフで縦軸は温度を示し、横軸は時間を示す。通常の使用状態ではバーナ部12の点火からトッププレート2bの温度が符号aの曲線のように変化し、異常な使用をした場合バーナ部12の点火からトッププレート2bの温度が符号bに示すように急激に変化をするが、火力制限装置6が作動する所定の設定温度を符号cに示す線のように通常の使用状態と異常使用状態の中間の位置に設定してある。これによりトッププレート2bの温度検出装置5が検出する温度が符号cに示す温度を越えたとき異常使用を判定されて火力制限装置6が作動するようになっている。
【0017】また図4はトッププレート2bの温度検出装置5にて温度を検出する部分の温度上昇の勾配が所定の勾配を越えたときに火力制限装置6が作動するようにした場合の例を示すグラフである。このグラフで縦軸は温度を示し、横軸は時間を示す。通常の使用状態ではバーナ部12の点火からトッププレート2bの温度は緩い温度勾配e1/hで変化し、異常な使用をした場合バーナ部12の点火からトッププレート2bの温度が急な温度勾配e2/h(e1<e2)で変化をするが、火力制限装置6が作動する温度勾配f/h(e1<f<e2)を通常の使用状態と異常使用状態の中間の位置に設定してある。これによりトッププレート2bの温度検出装置5にて検出する温度の温度勾配がf/hを越えた急勾配になったとき異常使用と判定されて火力制限装置6が作動するようになっている。
【0018】また上記のようにトッププレート2bの温度上昇の勾配にて異常使用を判定するようにした場合、トッププレート2bが所定の温度を越えたとき異常使用と判定するより安全で使い勝手がよい。つまり、トッププレート2bの温度が所定の設定温度以上になると火力制限装置6が作動する構造であると、壁1面及びカウンター7の異常過熱時に火力制限装置6の作動がしたり、平常の使用時にも別の原因で温度が上がって火力制限装置6が作動したりし、危険であったり、使い勝手を損ねるおそれがある。ところが、通常の使用時に比べて異常使用時の方が急激な温度上昇カーブを描くという特長に着目し、その温度勾配によって判定すると、異常使用を判定するのが早くできると共に正確に異常使用を判定でき、より安全で使い勝手がよくなる。
【0019】
【発明の効果】本発明の請求項1の発明は、建物の壁面に周辺を沿わせて設置したガスこんろにおいて、ガスこんろの上面のトッププレートの上記壁面寄りの部分の温度を検出する温度検出装置を設け、ガスこんろの五徳の上に載置した鍋等の調理器具が所定の位置より上記壁面に接近した異常使用でトッププレートの壁側の部分の温度が所定温度を越えたことを温度検出装置が検出したとき最大火力を下げたり燃焼を停止したりする火力制限装置を設けたので、五徳の上に載せた鍋等の調理器具が所定位置より壁面側に接近したときトッププレートが所定温度以上に過熱されたことが温度検出装置で検出されると、火力制限装置にて最大火力を下げるように制御されたり燃焼を停止するように制御されたりするものであって、調理器具が必要以上に壁側にずらされたり、大径鍋のような調理器具が壁に近づいて使用されたりするというような異常な使用がされても壁面やカウンターが異常に過熱されるのを防止できるものであり、また壁面が異常に過熱されないことにより、ガスこんろと壁面との距離が短い設置であっても、防火処理していない壁で防火上問題がないようにすることが可能で、施工性、キッチンの美観等を害することがないようにできるものであり、またトッププレートの壁面寄りの部分の温度を温度検出装置にて検出し、トッププレートの温度が所定温度を越えたとき火力制限装置が動作するために異常使用のとき確実に動作して安全性を確保できるものである。
【0020】また本発明の請求項2の発明は、建物の壁面に周辺を沿わせて設置したガスこんろにおいて、ガスこんろの上面のトッププレートの上記壁面寄りの部分の温度を検出する温度検出装置を設け、ガスこんろの五徳の上に載置した鍋等の調理器具が所定の位置より上記壁面に接近した異常使用でトッププレートの壁側の部分の温度が上昇する勾配が所定の勾配以上になったことを温度検出装置が検出したとき最大火力を下げたり燃焼を停止したりする火力制限装置を設けたので、五徳の上に載せた鍋等の調理器具が所定位置より壁面側に接近したときトッププレートの温度上昇の勾配が所定の温度勾配以上になったことが温度検出装置で検出されると、火力制限装置にて最大火力を下げるように制御されたり燃焼を停止するように制御されたりするものであって、調理器具が必要以上に壁側にずらされたり、大径鍋のような調理器具が壁に近づいて使用されたりするというような異常な使用がされても壁面やカウンターが異常に過熱されるのを防止できるものであり、また壁面が異常な過熱がされないことにより、ガスこんろと壁面との距離が短い設置であっても、防火処理していない壁で防火上問題がないようにすることが可能で、施工性、キッチンの美観等を害することがないようにできるものであり、また温度上昇の勾配にて異常使用を判定するために火力制限装置の作動が遅れたりすることなく、動作が確実で安全性を確保できるものである。
【0021】また本発明の請求項3の発明は、請求項1または請求項2において、上記温度検出装置の熱を受ける受熱部をトッププレートに直接接触させたので、熱伝導板等を介さず直接にトッププレートの温度を検出するために、コストダウンできると共に正確なトッププレートの温度をタイムラグなしに検出できるものである。
【0022】また本発明の請求項4の発明は、請求項3において、受熱部は壁面と平行な方向に長い板状であるので、受熱面積を大きくすることでトッププレートへの接触を確実にして集熱効果を向上できるものであり、しかもトッププレートの壁面と平行な方向に亙って受熱できて鍋等の調理器具が壁面と平行な方向にずれて壁面に近づいても温度を正確に検出できて正確に動作するようにできるものである。
【0023】また本発明の請求項5の発明は、請求項3または請求項4において、受熱部はトッププレートに対して弾性的に押し付けられているので、トッププレートに受熱部をより確実に接触させてトッププレートの温度を一層正確に検出できて一層正確に動作するようにできるものである。
【0024】また本発明の請求項6の発明は、請求項1乃至請求項5のいずれかにおいて、温度検出装置が調理器具の壁面への接近を検出したとき最大火力を下げたり燃焼を停止したりしてガスこんろの周辺の壁面やカウンターの温度が100℃以上になるのを防止するようにしたので、調理器具が所定位置より壁面に接近して載せられたとき温度検出装置が異常な温度を検出して最大火力を下げたり燃焼を停止したりできて壁面やカウンターが100℃以上に過熱されるのを防止でき、防火性を向上できるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013