米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 機械工学 -> エヌオーケー株式会社

発明の名称 ガスケット
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−248732(P2001−248732A)
公開日 平成13年9月14日(2001.9.14)
出願番号 特願2000−58200(P2000−58200)
出願日 平成12年3月3日(2000.3.3)
代理人 【識別番号】100071205
【弁理士】
【氏名又は名称】野本 陽一
【テーマコード(参考)】
3J040
【Fターム(参考)】
3J040 BA01 EA15 EA17 EA27 EA48 FA01 FA05 HA03 
発明者 佐藤 克典
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 金属板(3)の両面または片面にゴム層(4)を被着するとともに板厚方向に貫通する孔部(2a)を設けたガスケット本体(2)と、前記孔部(2a)に配置されるとともに使用時に流体を通過させ、前記流体に混入した異物を濾過する金網(5)とを有し、前記ガスケット本体(2)における前記孔部(2a)の周縁部(2d)を一旦外側に反転させてから内側に反転させることにより前記孔部(2a)の周縁部(2d)に内向きの保持部(2e)を形成し、この内向きの保持部(2e)において前記金網(5)の外周縁部(5a)をカシメ固定したことを特徴とするガスケット。
【請求項2】 請求項1のガスケットにおいて、金網(5)の外周縁部(5a)にグロメット(6)を被せ、この金網(5)の外周縁部(5a)とグロメット(6)とをガスケット本体(2)の内向きの保持部(2e)においてカシメ固定したことを特徴とするガスケット。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、密封装置の一種であるガスケットに係り、特に、ストレーナー付きのガスケットに関するものである。
【0002】
【従来の技術】エンジン内で流体のシールが必要で且つ、ストレーナーを設けたい部位については、従来、紙ガスケットと金網とを別々に組み付けている。したがって、組付け作業に係る部品点数が多いために、組付けの作業性が良くないと云う不都合がある。また、単品として取り扱われる金網の外周縁部に網目のほつれが生じないように従来は、この外周縁部に溶接を施している。したがって、金網が高価な部品になってしまうと云う不都合もある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明は以上の点に鑑み、シール機能と、金網を通過する流体から異物を除去するストレーナー機能とを備えたガスケットにおいて、ガスケット本体と金網とを予め一体化してなり、もって優れた組付け作業性を発揮することが可能であるとともにコスト的にも有利なガスケットを提供することを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、本発明の請求項1によるガスケットは、金属板の両面または片面にゴム層を被着するとともに板厚方向に貫通する孔部を設けたガスケット本体と、前記孔部に配置されるとともに使用時に流体を通過させ、前記流体に混入した異物を濾過する金網とを有し、前記ガスケット本体における前記孔部の周縁部を一旦外側に反転させてから内側に反転させることにより前記孔部の周縁部に内向きの保持部を形成し、この内向きの保持部において前記金網の外周縁部をカシメ固定したことを特徴とするものである。
【0005】また、本発明の請求項2によるガスケットは、上記した請求項1のガスケットにおいて、金網の外周縁部にグロメットを被せ、この金網の外周縁部とグロメットとをガスケット本体の内向きの保持部においてカシメ固定したことを特徴とするものである。
【0006】上記構成を備えた本発明の請求項1によるガスケットによれば、以下の作用効果を奏することが可能となる。
【0007】■ 金属板の両面または片面にゴム層を被着するとともに板厚方向に貫通する孔部を設けたガスケット本体と、このガスケット本体の孔部に配置されるとともに使用時に流体を通過させて流体に混入した異物を濾過する金網とが予めカシメ加工により一体化されているために、当該ガスケットはこれを一つの部品としてエンジンに組み付けることが可能となる。
【0008】■ ガスケット本体が、ただの金属板ではなく、金属板の両面または片面にゴム層を被着したものであるために、当該ガスケットはシール性が良好である。
【0009】■ 金網の外周縁部が、ガスケット本体の孔部の周縁部に設けられた内向きの保持部においてカシメ固定される構造であるために、金網の外周縁部はこれに溶接等を施さなくても、ほつれにくい。
【0010】■ 同じく金網の外周縁部が、ガスケット本体の孔部の周縁部に設けられた内向きの保持部においてカシメ固定される構造であるために、金網はこれを所定の平面形状に裁断するだけで部品として完成する。外周端部を折り曲げる必要は一切なく、折り曲げないために更に、ほつれにくい。
【0011】■ ガスケット全体としても、プレス加工するだけでガスケット本体および金網の加工(打ち抜き、曲げ、固定)が完了する。
【0012】またこれに加えて、上記構成を備えた本発明の請求項2によるガスケットによれば、金網の外周縁部がグロメット加工により包まれているために、金網の外周縁部が一層ほつれにくい。
【0013】
【発明の実施の形態】つぎに本発明の実施例を図面にしたがって説明する。
【0014】図1は、本発明の実施例に係るガスケット1の平面を示しており、そのA−A線拡大断面が図2に示されている。当該実施例に係るガスケット1は、シール機能およびストレーナー機能を発揮するストレーナー付きガスケットであり、ストレーナーは、金網の濾過機能により、金網を通過する流体(オイル、空気または水等)から異物を除去するものである。
【0015】当該ガスケット1は、以下のように構成されている。
【0016】すなわち、当該ガスケット1は先ず、所定の平面形状(図では略矩形)を備えたガスケット本体2を有しており、このガスケット本体2の平面中央に所定の平面形状(図では略矩形)を備えた孔部2aが設けられている。また、このガスケット本体2の外周縁部には、それぞれボルト挿通孔2cを備えた取付部2bが所要数(図では八箇所)外側に張り出すように設けられている。図2の断面に示すように、このガスケット本体2は、金属板3の両面または片面(図では両面)にゴム層4を被着したソフトメタル(商品名)により形成されている。
【0017】符号5は、ガスケット本体2の一面側(図2において上側)に重ね合わされて当該ガスケット1の装着使用時にガスケット本体2の孔部2aを通過する流体から異物を除去するストレーナーとしての金網を示しており、この金網5はガスケット本体2の孔部2aより一回り大きな平面形状を備えており、その全体が線径1mm以下の針金状部品により網目状ないしメッシュ状に形成されている。
【0018】また、図2に示したように、ガスケット本体2には、その孔部2aの周縁部2dを全周に亙って一旦外側に反転させてから内側に反転させることにより断面U字形を呈する内向きの保持部2eが設けられており、この断面U字形の内向きの保持部2eにグロメット6を介して金網5の外周縁部5aがカシメ固定されている。
【0019】ガスケット本体2は、上記の反転構造によって、取付部2bを備えた基準面としての第一面部(下面部)2fと、この第一面部2fの内側に一体成形された内側反転部2gと、この内側反転部2gの外側に一体成形されるとともに第一面部2fに重ねられた第二面部(中面部)2hと、この第二面部2hの外側に一体成形された外側反転部2iと、この外側反転部2iの内側に一体成形された第三面部(上面部)2jとを有しており、第二面部2h、外側反転部2iおよび第三面部2jによって断面U字形を呈する上記保持部2eが形成されている。
【0020】また、グロメット6は、所定の金属板によって断面U字形に成形されており、このUの字の間に、平面状に延ばされたままの金網5の外周縁部5aを挟み込んでいる。このグロメット6は、上記Uの字構造によって、ガスケット本体2における第二面部2hと金網5の外周縁部5aとの間に配置された第一面部(下面部)6aと、この第一面部6aの外側に一体成形された反転部6bと、この反転部6bの内側に一体成形されるとともに金網5の外周縁部5aとガスケット本体2における第三面部2jとの間に配置された第二面部(上面部)6cとを有している。
【0021】上記構成のガスケット1は、エンジンの所定箇所に装着されて、ハウジング間等に挾設されるガスケット本体2によりシール機能を発揮するとともに金網5によりストレーナー機能を発揮するものであって、上記構成により以下の作用効果を発揮する点に特徴を有している。
【0022】■ 金属板3の両面または片面にゴム層4を被着するとともに孔部2aを設けたガスケット本体2と、このガスケット本体2の孔部2aに配置されるとともに使用時に流体を通過させて流体に混入した異物を濾過する金網5とが予めカシメ加工により一体化されているために、当該ガスケット1はこれを一つの部品としてエンジンに組み付けることが可能である。したがって、組付け作業性を向上させることができる。
【0023】■ ガスケット本体2が、ただの金属板ではなく、上記したように金属板3の両面または片面にゴム層4を被着したものであるために、当該ガスケット1はシール性が良好である。また、必要に応じてこのガスケット本体2にビードを設けることにより、耐久性を向上させることも可能である。
【0024】■ 金網5の外周縁部5aが、ガスケット本体2の孔部2aの周縁部2dに設けられた内向きの保持部2eにおいてカシメ固定されているために、金網5の外周縁部5aはこれに溶接等を施さなくても、ほつれにくい。また、上記実施例では特に、金網5の外周縁部5aがグロメット6により包まれているために、一層ほつれにくい。
【0025】■ 同じく金網5の外周縁部5aが、ガスケット本体2の孔部2aの周縁部2dに設けられた内向きの保持部2eにおいてカシメ固定されているために、金網5はこれを所定の平面形状に裁断(打ち抜き加工)するだけで部品として完成し、外周縁部5aを折り曲げたり(曲げ加工)する必要が一切ない。したがって、部品加工が容易であり、コスト的にも有利である。また、外周縁部5aを折り曲げる必要がないことからも、金網5がほつれにくい。
【0026】■ 当該ガスケット1全体としても、プレス加工するだけでガスケット本体2および金網5の加工(打ち抜き、曲げ、固定)が完了するために、加工作業が容易であり、コスト的にも有利である。
【0027】尚、本発明において、ガスケット1の平面形状ないしガスケット本体2、孔部2a、金網5またはカシメ構造の平面形状等は特に限定されず、本発明は内向きの保持部2eを備えて、この保持部2eにより金網5の外周縁部5aを平面状に延ばしたままでカシメることができるものであれば良い。
【0028】
【発明の効果】本発明は、以下の効果を奏する。
【0029】すなわち先ず、上記構成を備えた本発明の請求項1によるガスケットにおいては、金属板の両面または片面にゴム層を被着するとともに板厚方向に貫通する孔部を設けたガスケット本体と、このガスケット本体の孔部に配置されるとともに使用時に流体を通過させて流体に混入した異物を濾過する金網とが予めカシメ加工により一体化されているために、当該ガスケットはこれを一つの部品としてエンジンに組み付けることが可能である。したがって、組付け作業性を向上させることができる。
【0030】また、ガスケット本体が、ただの金属板ではなく、上記したように金属板の両面または片面にゴム層を被着したものであるために、当該ガスケットはシール性が良好である。
【0031】また、金網の外周縁部が、ガスケット本体の孔部の周縁部に設けられた内向きの保持部においてカシメ固定されているために、金網の外周縁部はこれに溶接等を施さなくても、ほつれにくい。したがって、ほつれが生じて異物の通過を許容するのを防止することができ、ほつれ部自体が金網から離れて異物となるのを防止することもできる。
【0032】また、同じく金網の外周縁部が、ガスケット本体の孔部の周縁部に設けられた内向きの保持部においてカシメ固定されているために、金網はこれを所定の平面形状に裁断するだけで部品として完成し、外周縁部を折り曲げたりする必要が一切ない。したがって、部品加工が容易であり、コスト的にも有利である。また、外周縁部を折り曲げる必要がないことからも、金網はほつれにくい。
【0033】また、ガスケット全体としても、プレス加工するだけでガスケット本体および金網の加工が完了するために、加工作業が容易であり、コスト的にも有利である。
【0034】またこれに加えて、上記構成を備えた本発明の請求項1によるガスケットにおいては、金網の外周縁部がグロメット加工により包まれているために、金網の外周縁部が一層ほつれにくい。したがって更に、ほつれが生じて異物の通過を許容するのを防止することができ、ほつれ部自体が金網から離れて異物となるのを防止することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013