Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
密封装置 - エヌオーケー株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 機械工学 -> エヌオーケー株式会社

発明の名称 密封装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−165326(P2001−165326A)
公開日 平成13年6月22日(2001.6.22)
出願番号 特願平11−346507
出願日 平成11年12月6日(1999.12.6)
代理人 【識別番号】100085006
【弁理士】
【氏名又は名称】世良 和信 (外1名)
【テーマコード(参考)】
3J006
【Fターム(参考)】
3J006 AB11 CA01 
発明者 蓬田 通宣
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 同軸的に設けられて相対往復移動する2部材間の環状の隙間を大気側と密封側とにシールするもので、前記2部材のうち一方の部材に取付けられる、補強環を有する環状のシール本体と、該シール本体と連続的に設けられ、前記2部材のうち他方の部材に摺動自在に密封接触するシールリップと、該シールリップの大気側に設けられ、前記他方の部材に接触するダストリップとを備えた密封装置において、前記補強環は、前記ダストリップと前記他方の部材との接触部近傍まで配設され、前記ダストリップは、前記他方の部材との接触部の形状が断面略円弧状であり、前記一方の部材に対する他方の部材の移動に伴う前記ダストリップの姿勢の変化に応じて、前記他方の部材に離間または接触するサブリップを前記接触部の大気側に備えることを特徴とする密封装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、例えば、自動車のショックアブソーバ等の相対往復移動を行なう各種装置の軸封止部等に利用される密封装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の密封装置としては、例えば図4に示すようなものがある。
【0003】この密封装置101は、図4に示す通り、大きく分けるとゴム状弾性体製のシール部102と、ハウジング130に固定される固定部103と、から構成される。
【0004】固定部103は、固定部103の変形を防止する補強環104と、補強環104に一体的に焼付き固定されたゴム状弾性体105と、から成っている。
【0005】補強環104は、円筒部104aと円筒部104aの大気側A端部で内径方向に延びる内向きフランジ部104bとを有する円筒状部材である。この補強環104の内向きフランジ部104bの大気側A端面と円筒部104aの外周面及び密封対象側O端面に連続してゴム状弾性体105が一体的に焼付き固定されている。
【0006】この固定部103は、補強環104の円筒部104aがハウジング130の内周面にゴム状弾性体105を介して嵌合され固定されている。
【0007】そして、固定部103の補強環104の内向きフランジ部104bの内端にゴム状弾性体製のシール部102が設けられている。
【0008】シール部102は、軸120に接触し、密封対象側Oに密封されている流体の漏れを防止するメインリップ102Aと、外部からの塵灰や異物等のダストの侵入を防止するダストリップ102Bと、を備えている。
【0009】メインリップ102Aの背面には、メインリップ102Aが軸120表面に当接する緊迫力を保持させるガータスプリング102Cが設けられている。
【0010】そして、密封装置101は、自動車のショックアブソーバ等の軸封止部等に用いられ、軸120の往復移動に応じて軸120に摺動して密封していた。
【0011】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記のような従来技術の場合には、以下のような問題が生じていた。
【0012】密封装置101のフリクション形態の評価を表すものとしてストロークSとフリクションFrとの関係を示す図5のようなリサージュ波形があげられるが、軸120の往復移動距離が±0.2mm程度の微振幅領域であると、図5に示すように、ストロークSの上死点と下死点にショックのある急激なフリクション変動が見られていた。
【0013】これは、軸120の往復移動距離が±0.2mm程度の微振幅領域だと、油膜の補充ができず油膜切れを起こしてしまい、油膜が切れた状態でリップ先端が移動することに起因しており、特に、従来のようなダストリップ102Bにおいては、補強環104の内向きフランジ部104bの内端から、ある長さを持って斜めに軸120に接するため、急激なフリクション変動の原因となっていた。
【0014】特に、密封装置101を自動車のショックアブソーバに適用した場合、これが自動車に乗車中の人の乗り心地を悪くさせていた。
【0015】本発明は上記の従来技術の課題を解決するためになされたもので、その目的とするところは、微振幅領域での急激なフリクション変動を防止することが可能な高品質の密封装置を提供することにある。
【0016】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために本発明にあっては、同軸的に設けられて相対往復移動する2部材間の環状の隙間を大気側と密封側とにシールするもので、前記2部材のうち一方の部材に取付けられる、補強環を有する環状のシール本体と、該シール本体と連続的に設けられ、前記2部材のうち他方の部材に摺動自在に密封接触するシールリップと、該シールリップの大気側に設けられ、前記他方の部材に接触するダストリップとを備えた密封装置において、前記補強環は、前記ダストリップと前記他方の部材との接触部近傍まで配設され、前記ダストリップは、前記他方の部材との接触部の形状が断面略円弧状であり、前記一方の部材に対する他方の部材の移動に伴う前記ダストリップの姿勢の変化に応じて、前記他方の部材に離間または接触するサブリップを前記接触部の大気側に備えることを特徴とする。
【0017】これにより、他方の部材の微振幅領域(往復移動距離が±0.2mm程度)では、ダストリップは、その配設状態と円弧状という形状とその弾性により他方の部材に密着し続けるので、微振幅領域での急激なフリクション変動を防止することができる。
【0018】また、微振幅領域を越えた長い引き行程のストロークにおいては、ダストリップが他方の部材に引きずられることにより(ダストリップの姿勢の変化に応じて)、サブリップは、他方の部材に接するようになり、さらにダストリップとともに他方の部材の外周面に摺動することで、外部からの塵灰や異物等のダストの侵入を防止する。
【0019】
【発明の実施の形態】以下に図面を参照して、この発明の好適な実施の形態を例示的に詳しく説明する。ただし、この実施の形態に記載されている構成部品の寸法、材質、形状、その相対配置などは、特に特定的な記載がない限りは、この発明の範囲をそれらのみに限定する趣旨のものではない。
【0020】本発明の実施の形態に係る密封装置を図1及び図2に示す。本実施の形態に係る密封装置1は、従来技術と同様に自動車のショックアブソーバの軸封止部等に適用され、同軸的に設けられて相対往復移動する2部材としてのハウジング10とハウジング10内に挿入される軸3間の環状の隙間を密封するものである。
【0021】密封装置1は、概略、シール部2と、ハウジング10の内周に嵌合固定される固定部7と、を備えている。
【0022】固定部7は、固定部7の変形を防止しダストリップ2Bにつぶししろを与える補強環4と、補強環4に一体的に焼付き固定されたゴム状弾性体5と、から成っている。
【0023】補強環4は、径方向部4cと、径方向部4cの軸側端部で大気側A方向に延びる円筒部4bと、円筒部4bの大気側A端部で内径方向に軸3近傍まで延びる径方向部4aを有する円筒状部材である。そして、ゴム状弾性体5がこの補強環4に対してほぼ全面に一体的に焼付き固定されている。
【0024】この固定部7は、補強環4の径方向部4cがハウジング10の内周面にゴム状弾性体5を介して嵌合され固定されている。
【0025】そして、固定部7の補強環4の円筒部4b及び径方向部4aの内端にゴム状弾性体製のシール部2が設けられている。
【0026】シール部2は、軸3に接触し、密封対象側Oに密封されている流体の漏れを防止するメインリップ2Aと、外部からの塵灰や異物等のダストの侵入を防止するダストリップ2Bを備え、ダストリップ2Bは軸方向大気側A方向に外側向きにサブリップ2B1を備えている。
【0027】メインリップ2Aの背面には、メインリップ2Aが軸3表面に当接する緊迫力を保持させるガータスプリング2Cが設けられている。
【0028】また、ダストリップ2Bは、軸3の近傍まで延びた補強環4の径方向部4aの内径方向端部と軸3に挟まれるように設けられ、所定のつぶししろが与えられている。
【0029】以上のように構成される密封装置1は、軸3の往復移動に応じてハウジング10と軸3間の環状の隙間を密封するもので、ダストリップ2Bは、軸3の軸方向に断面略円弧状となっており、軸3の近傍まで延びた補強環4の径方向部4aの内径方向端部と軸3に挟まれるように設けられ所定のつぶししろを与えられ、軸3の外周面に密着している。
【0030】そして、軸3の微振幅領域(往復移動距離が±0.2mm程度)では、このダストリップ2Bは、径方向部4aの内径方向端部と軸3に挟まれるように設けられること(押圧点となる内径方向端部と、ダストリップ2Bと軸3の接触点を結ぶ線が、軸3にたいして略垂直となる)と、円弧状という形状と、ゴム状弾性体製であるダストリップ2Bの弾性により軸3に密着し続けることになる。
【0031】すなわち、微振幅領域においては、油膜が切れた状態でリップの先端が移動するステックスリップのような現象を起こすことがなくなるので、上死点、下死点でのフリクションがなめらかに変化し、図3に示すようなリサージュ波形を得ることができる。
【0032】また、ダストリップ2Bの断面略円弧状の大気側A方向端部には、軸方向大気側A方向に突出する、サブリップ2B1が軸3とは離間した状態で設けられている。
【0033】サブリップ2B1は、長い引き行程のストロークにおいて、ダストリップ2Bが軸3に引きずられることにより(ダストリップの姿勢の変化に応じて)、軸3に接するようになり、さらにダストリップ2Bとともに軸3の外周面に摺動することで、外部からの塵灰や異物等のダストの侵入を防止する。
【0034】すなわち、サブリップ2B1を設けることにより、ダストのシール性を確保することができ、接触部の丸形状によりダストの侵入が発生しやすくなるということもなく、ダストリップ2Bの形状を断面略円弧状とすることが可能となる。
【0035】以上のように、軸3の往復移動距離が±0.2mm程度の微振幅領域であると、ダストリップ2Bは、径方向部4aの内径方向端部と軸3に挟まれるように設けられることと円弧状という形状とその弾性により軸3に密着し続け、上死点、下死点でのフリクションをなめらかにすることができる。
【0036】したがって、特に自動車のショックアブソーバに本実施の形態の密封装置1を適用することにより、自動車の乗り心地を向上させることができる。
【0037】また、従来のように油膜が切れた状態でリップ先端が移動することがなくなるので、摩耗の進行を抑えることができ装置の耐久性を向上させることができる。
【0038】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、補強環はダストリップと他方の部材との接触部近傍まで配設され、ダストリップは、他方の部材との接触部の形状が断面略円弧状であり、一方の部材に対する他方の部材の移動に伴うダストリップの姿勢の変化に応じて、他方の部材に離間または接触するサブリップを接触部の大気側に備えることにより、ダストリップを他方の部材に密着し続けることができるので、上死点、下死点でのフリクションがなめらかになり、微振幅領域での急激なフリクション変動を防止することが可能な高品質の密封装置を提供することが可能となる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013