Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
自在継手用ブーツ - エヌオーケー株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 機械工学 -> エヌオーケー株式会社

発明の名称 自在継手用ブーツ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−99331(P2001−99331A)
公開日 平成13年4月10日(2001.4.10)
出願番号 特願平11−281003
出願日 平成11年10月1日(1999.10.1)
代理人 【識別番号】100071205
【弁理士】
【氏名又は名称】野本 陽一
【テーマコード(参考)】
3J043
3J045
【Fターム(参考)】
3J043 AA03 DA03 FA01 FB04 
3J045 AA04 BA03 CB07 EA03
発明者 長島 淳
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 自在継手の軸部の外周に固定される小径側取付部(5)を蛇腹部(2)の一端に一体成形するとともに、前記自在継手のアウターレースの外周に固定される大径側取付部(6)を前記蛇腹部(2)の他端に一体成形した自在継手用ブーツ(1)において、前記蛇腹部(2)における小径側の第一斜辺部(9)の外面に、複数の補強フィン(11)を放射状に一体成形したことを特徴とする自在継手用ブーツ。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、自在継手の作動部を被覆保護するために用いられる自在継手用ブーツに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来から、図3に示すように、蛇腹部52を有し、この蛇腹部52の一端に、自在継手21の軸部22の外周に固定される小径側取付部53を一体成形するとともに、蛇腹部52の他端に、自在継手21のアウターレース23の外周に固定される大径側取付部54を一体成形したTPE製の自在継手用ブーツ51が知られている。
【0003】しかしながら、この従来のブーツ51においては、自在継手21が繰り返し広角度で屈曲してこのブーツ51に繰り返し大きな負荷が作用したときに、図4に示すように、小径側取付部53に軸方向に延びる亀裂55が発生し、この亀裂55の発生によりブーツ51が破損することがある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明は以上の点に鑑みて、自在継手が繰り返し広角度で屈曲してブーツに繰り返し大きな負荷が作用してもブーツの小径側取付部に亀裂が発生することがなく、もってこの亀裂の発生を原因としてブーツが破損することがない自在継手用ブーツを提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、本発明の自在継手用ブーツは、自在継手の軸部の外周に固定される小径側取付部を蛇腹部の一端に一体成形するとともに、前記自在継手のアウターレースの外周に固定される大径側取付部を前記蛇腹部の他端に一体成形した自在継手用ブーツにおいて、前記蛇腹部における小径側の第一斜辺部の外面に、複数の補強フィンを放射状に一体成形したことを特徴とするものである。
【0006】上記構成を備えた本発明の自在継手用ブーツのように、蛇腹部における小径側の第一斜辺部の外面に複数の補強フィンが放射状に一体成形されると、この補強フィンによる補強作用により、第一斜辺部がその一部をなす小径側の第一山部が余り大きく変形しない構造となる。したがって、この第一山部が余り大きく変形しないことから、これに続く小径側取付部に作用する負荷が従来よりも縮減されることになる。
【0007】
【発明の実施の形態】つぎに本発明の実施例を図面にしたがって説明する。
【0008】図1は、当該実施例に係る自在継手用ブーツ1をその軸方向一方である小径側から見た平面図を示しており、そのA−A線拡大断面が図2に示されている。
【0009】当該実施例に係るブーツ1は、以下のように構成されている。
【0010】すなわち、当該ブーツ1は先ず、多数の山部3および谷部4を軸方向に交互に並べた蛇腹部2を有しており、この蛇腹部2の一端に、自在継手21(図3参照)の軸部22(図3参照)の外周に固定される小径側取付部(小径側固定部とも称する)5が一体成形されるとともに、蛇腹部2の他端に、自在継手21のアウターレース23(図3参照)の外周に固定される大径側取付部(大径側固定部とも称する)6が一体成形されており、当該ブーツ1はその全体をTPE等による樹脂の一体物として成形されている。
【0011】図2に拡大して示すように、小径側取付部5は円筒状に成形されていて、その外周面に、固定バンド(図示せず)を嵌着するための環状の装着溝7を有しており、この小径側取付部5のすぐ隣に位置する小径側の第一山部8の第一斜辺部9の外面に、複数の補強フィン(単にフィンとも称し、または補強リブもしくはリブとも称する)11が放射状に一体成形されており、図では、この補強フィン11が八箇所、等配状に成形されている。
【0012】各フィン11の小径側端部11aは、小径側取付部5と第一斜辺部9の境付近に至るまで形成されているが、図では、特に、小径側取付部5の外周面に設けられた装着溝7の一方の側壁(大径側内壁)7aと軸方向位置を同じくされて、この一方の側壁7aと面一状をなすように形成されている。
【0013】また、各フィン11の反対側の大径側端部11bは、第一斜辺部9と第一山部8の頂部10の境付近に至るまで形成されており、図では、第一斜辺部9による直線部と頂部10によるアール部(円弧部)とが交わるところまで形成されている。
【0014】上記構成のブーツ1は、自在継手21の作動部を被覆保護すべく、小径側端部5を自在継手21の軸部22の外周に固定するとともに、大径側取付部6を同じ自在継手21のアウターレース23の外周に固定することにより自在継手21に装着されるものであって、上記構成により以下の作用効果を奏する点に特徴を有している。
【0015】すなわち先ず第一に、上記したように蛇腹部2における小径側の第一斜辺部9の外面に複数の補強フィン11が放射状に一体成形されているために、この補強フィン11による補強作用によって、第一斜辺部9がその一部をなす小径側の第一山部8が外部から荷重を受けても余り大きく変形しない構造とされている。したがって、この第一山部8が余り大きく変形しないことから、これに続く小径側取付部5に作用する負荷が縮減され、発生する歪みが縮小され、よってこれにより、自在継手21が繰り返し広角度で屈曲してブーツ1に繰り返し大きな負荷が作用しても小径側取付部5に亀裂が発生せず、もってこの亀裂の発生を原因としてブーツ1が破損するのを未然に防止することができる。
【0016】また、上記構成のブーツ1においては併せて、各フィン11の小径側端部11aが、小径側取付部5の外周面に設けられた装着溝7の一方の側壁7aと面一状をなすように形成されているために、各フィン11の小径側端部11aが装着溝7の一方の側壁7aと連続することにより、この部分において、装着溝7の深さが実質的に拡大されている。したがって、装着溝7に固定バンドを嵌着する際に各フィン11の小径側端部11aを案内としてこれに沿って嵌着作業を行なうことにより、嵌着作業を容易化することができ、装着溝7に固定バンドを正確に嵌着することができるとともに、嵌着した固定バンドが装着溝7から外れようとするのをこのフィン11により有効に防止することができる。
【0017】また、上記構成のブーツ1においては、各フィン11の形成位置が小径側の第一斜辺部9に限定され、すなわち小径側取付部5と第一斜辺部9の境界付近から第一斜辺部9と第一山部8の頂部10の境界付近に至るまでに限定されているために、このフィン11は合目的的に第一斜辺部9の変形は抑えるものの、第二斜辺部12以降の大径側部分の変形には直接の影響を及ぼさないものである。したがって、このフィン11が蛇腹部2全体の伸縮作動を阻害すると云った懸念は全くなく、よって蛇腹部2の正常な伸縮作動を確保することができる。
【0018】尚、フィン11の形状、寸法または設置数等は、ブーツ1の仕様に応じて適宜選定するものとし、その一環として、各フィン11をスパイラル状としてブーツ1の小径側取付部5に対する空冷作用をもたせるようにしても良い。
【0019】
【発明の効果】本発明は、以下の効果を奏する。
【0020】すなわち、上記構成を備えた本発明の自在継手用ブーツにおいては、先ず、当該ブーツの蛇腹部における小径側の第一斜辺部の外面に複数の補強フィンが放射状に一体成形されているために、この補強フィンによる補強作用により、第一斜辺部がその一部をなす小径側の第一山部が外部から荷重を受けても余り大きく変形しない構造とされている。したがって、この第一山部が余り大きく変形しないことから、これに続く小径側取付部に作用する負荷が縮減され、発生する歪みが縮小され、よってこれにより、自在継手が繰り返し広角度で屈曲してブーツに繰り返し大きな負荷が作用しても小径側取付部に亀裂が発生せず、もってこの亀裂の発生を原因としてブーツが破損するのを未然に防止することができる。
【0021】また、各フィンの形成位置がブーツの蛇腹部における小径側の第一斜辺部に限定されているために、フィンは合目的的に第一斜辺部の変形は抑えるものの、第二斜辺部以降の大径側部分の変形には直接の影響を及ぼすことがない。したがって、このフィンが蛇腹部全体の伸縮作動を阻害することはなく、よって良く作動し、しかも補強フィンによる補強作用によって耐久性に優れたブーツ製品を提供することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013