米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> トヨタ車体株式会社

発明の名称 車両用ドアハンドルの盗難防止構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−262874(P2001−262874A)
公開日 平成13年9月26日(2001.9.26)
出願番号 特願2000−72559(P2000−72559)
出願日 平成12年3月15日(2000.3.15)
代理人 【識別番号】100067596
【弁理士】
【氏名又は名称】伊藤 求馬
【テーマコード(参考)】
2E250
【Fターム(参考)】
2E250 AA21 HH01 JJ06 KK01 LL01 PP02 PP12 PP15 
発明者 伊藤 博史
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 ハンドルケースをドアアウタパネルに形成した開口に取付け、上記ハンドルケースの背面にキーシリンダを付設するとともに、該キーシリンダの後端にキー操作に連動して施錠、解錠方向へ回動する作動レバーを設け、該作動レバーを連結ロッドを介してドアロック装置に連結し、上記キー操作によりドアロック装置を作動せしめてドアを施錠、解錠せしめる車両用ドアハンドルにおいて、上記ハンドルケースの背面側に、上記ドアアウタパネルの開口縁から上記作動レバーまでの略直線経路を遮断するレバープロテクタを設けたことを特徴とする車両用ドアハンドルの盗難防止構造。
【請求項2】 上記ハンドルケースは、その側端に形成した締結部により上記ドアアウタパネルに締結され、上記作動レバーは、その先端を上記ハンドルケースの締結部側に位置せしめられ、上記レバープロテクタは、上記ドアアウタパネルの開口上縁とほぼ平行に延在する上方遮断板と、上記開口下縁とほぼ平行に延在する下方遮断板とを備えた請求項1に記載の車両用ドアハンドルの盗難防止構造。
【請求項3】 上記レバープロテクタは、上記キーシリンダに対して仮保持するための仮保持手段と、上記ハンドルケースの背面に上記キーシリンダとボルトにより共締めされる締結部を有する請求項1または請求項2に記載の車両用ドアハンドルの盗難防止構造。
【請求項4】 ハンドルケースをドアアウタパネルに形成した開口に取付け、上記ハンドルケースの背面にキーシリンダを付設するとともに、該キーシリンダの後端にキー操作に連動して施錠、解錠方向へ回動する作動レバーを設け、該作動レバーを連結ロッドを介してドアロック装置に連結し、上記キー操作によりドアロック装置を作動せしめてドアを施錠、解錠せしめる車両用ドアハンドルにおいて、上記ハンドルケースの背面側に、上記ドアアウタパネルの開口縁から上記連結ロッドまでの略直線経路を遮断するロッドプロテクタを設けたことを特徴とする車両用ドアハンドルの盗難防止構造。
【請求項5】 上記ロッドプロテクタは、その一端に上記ハンドルケースまたは上記キーシリンダに締結される締結部を備え、他端に上記経路を遮断する遮断板を備えるとともに、上記一端にドアアウタパネルの背面と近接対向する突出部を備えた請求項4に記載の車両用ドアハンドルの盗難防止構造。
【請求項6】 上記ロッドプロテクタは、上記ドアアウタパネルの開口縁から上記作動レバーまでの略直線経路を遮断する遮断板を一体に設けた請求項4または請求項5に記載の車両用ドアハンドルの盗難防止構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、不正なドアの解錠を防止する車両用ドアハンドルの盗難防止構造に関する。
【0002】
【従来の技術】図11ないし図13に示すように、従来、車両のフロントドアに用いるドアハンドルは車外側からキー操作によりドアの施錠、解錠を行なうキーシリンダ2を備えている。ドアハンドルは車外側からドアアウタパネル3の開口30を覆うようにハンドルケース1の外周縁を開口30の開口縁に当接せしめて取付けられ、キーシリンダ2はハンドルケース1の背面側に取付けられている。キーシリンダ2は鍵穴を有する前面をハンドルケース1の後端の開口11に位置合わせし、キーシリンダ2中間から左右両側へ突出するステー部23,24のうち、一方のステー部23をハンドルケース1背面の取付け部12にボルト締め固定するとともに、他方のステー部24はねじ穴を備え、これをハンドルケース1後端背面の締結部13とドアアウタパネル3の開口30の開口縁後端の締結部31と一体にボルト締め固定している。
【0003】キーシリンダ2は、後端にキー操作により施錠方向および解錠方向へ回動可能な作動レバー4が連結してあり、作動レバー4の自由端は連結ロッド5Aを介してドア内のドアロック装置9と連結され、作動レバー4の施錠および解錠方向へ回動により連結ロッド5Aを介してドアロック装置9を作動せしめドアを施錠、解錠する。図11において5Bはドアハンドルの操作ハンドル14とドアロック装置9とを連結する連結ロッドで、ドアは操作ハンドル14の操作により連結ロッド5Bを介してドアロック装置9のラッチを解除して開く。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところで、従来のドアハンドルでは、キーシリンダ2付近のハンドルケース1の外周上縁とドアアウタパネル3の開口30の開口上縁の境界、および、ハンドルケース1の外周下縁と開口30の開口下縁の境界から先端が細いマイナスドライバD等を強引にドア内に挿入し、ドライバDの先端でキーシリンダ2後端の作動レバー4を操作して不正にドアが解錠されたり、更には、ハンドルケース1の外周下縁と開口30の開口下縁の境界から挿入したドライバDの先端で連結ロッド5Aを操作して不正にドアが解錠されるおそれがある。そこで本発明は、ドライバ等によるキーシリンダの作動レバーおよび連結ロッドの不正な解錠操作を阻止し、盗難を防止する車両用ドアハンドルの盗難防止構造を提供することを課題としてなされたものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は、ハンドルケースをドアアウタパネルに形成した開口に取付け、上記ハンドルケースの背面にキーシリンダを付設するとともに、該キーシリンダの後端にキー操作に連動して施錠、解錠方向へ回動する作動レバーを設け、該作動レバーを連結ロッドを介してドアロック装置に連結し、上記キー操作によりドアロック装置を作動せしめてドアを施錠、解錠せしめる車両用ドアハンドルにおいて、上記ハンドルケースの背面側に、上記ドアアウタパネルの開口縁から上記作動レバーまでの略直線経路を遮断するレバープロテクタを設ける(請求項1)。ドライバ等をハンドルケースの外周縁とドアアウタパネルの開口縁の境界からドア内に挿入しても、レバープロテクタがドライバ等の進入を阻止し、ドライバ等の先端が作動レバーに届かないので不正なドアの解錠を防止することができる。
【0006】上記ハンドルケースは、その側端に形成した締結部により上記ドアアウタパネルに締結され、上記作動レバーは、その先端を上記ハンドルケースの締結部側に位置せしめられ、上記レバープロテクタは、上記ドアアウタパネルの開口上縁とほぼ平行に延在する上方遮断板と、上記開口下縁とほぼ平行に延在する下方遮断板とを備えた構造とする(請求項2)。レバープロテクタは上方遮断板と下方遮断板とで確実にドライバ等の進入を阻止することができる。
【0007】上記レバープロテクタは、上記キーシリンダに対して仮保持するための仮保持手段と、上記ハンドルケースの背面に上記キーシリンダとボルトにより共締めされる締結部とを備えた構造とする(請求項3)。レバープロテクタはキーシリンダに仮止めした状態で、キーシリンダと一体にハンドルケースに取付けることができ、取付け作業が良好である。
【0008】ハンドルケースをドアアウタパネルに形成した開口に取付け、上記ハンドルケースの背面にキーシリンダを付設するとともに、該キーシリンダの後端にキー操作に連動して施錠、解錠方向へ回動する作動レバーを設け、該作動レバーを連結ロッドを介してドアロック装置に連結し、上記キー操作によりドアロック装置を作動せしめてドアを施錠、解錠せしめる車両用ドアハンドルにおいて、上記ハンドルケースの背面側に、上記ドアアウタパネルの開口縁から上記連結ロッドまでの略直線経路を遮断するロッドプロテクタを設ける(請求項4)。ハンドルケースの外周縁とドアアウタパネルの開口縁の境界からドライバ等をドア内に挿入しても、ロッドプロテクタにより進入が阻止され、ドライバ等の先端が連結ロッドに届かないので不正なドアの解錠を防止することができる。
【0009】上記ロッドプロテクタは、その一端に上記ハンドルケースまたは上記キーシリンダに締結される締結部を備え、他端に上記経路を遮断する遮断板を備えるとともに、上記一端にドアアウタパネルの背面と近接対向する突出部を備えた構造とする(請求項5)。ハンドルケースの外周縁をドライバ等でこじってハンドルケースをドアアウタパネルの外側へ引き出そうとしても、ロッドプロテクタの突出部がドアアウタパネルの背面に当接してハンドルケースの引き出しを阻止する。
【0010】ドアハンドルのハンドルケースの背面側には、上記レバープロテクタと上記ロッドプロテクタとを取付けることが望ましく、両プロテクタが相まって不正なドアの解錠を確実に防止することができる。
【0011】上記ロッドプロテクタは、上記ドアアウタパネルの開口縁から上記作動レバーまでの略直線経路を遮断する遮断板を一体に設ける(請求項6)。狙われやすい作動レバーの上部まわりと連結ロッドまわりとを構造簡素なプロテクタ部材により遮断することができる。
【0012】
【発明の実施の形態】図11に示すように、ドアハンドルのハンドルケース1は、合成樹脂または金属の前後方向に長い長円容器形で、ドアを開閉する操作ハンドル14と、キー操作によりドアを施錠、解錠するキーシリンダ2とが前後位置に並設してある。ドアハンドルはハンドルケース1をドアアウタパネル3に固定し、操作ハンドル14およびキーシリンダ2は別々に連結ロッド5A,5Bによりドアの内部後端に付設したドアロック装置9と連結している。
【0013】以下、図1および図2に基づいて本発明の第1の実施の形態を説明する。ハンドルケース1の後端背面には、キーシリンダ2と、キーシリンダ2の外周を囲む金属板のレバープロテクタ6とが一体に固定してある。
【0014】キーシリンダ2は、前面に鍵穴を形成した大径の前端部21と前端部21よりも小径の本体部22とを備え、本体部22の外周中間には外方へ突出して本体部22の外周を取り囲む板状の第1のステー部23が一体に形成してある。第1のステー部23には上記本体部22の一方の側方へ突出する突出部230を備え、突出部230にはボルト貫通穴231が形成してある。本体部22の後端外周には本体部22の他方の側方へ突出する第2のステー部24が突設してある。第2のステー部24は略円柱形で、先端は円柱の上縁および下縁を切欠いた小判形をなし、先端面中央には軸方向にねじ穴241が形成してある。本体部22の後端末には後述の作動レバー4を軸支する支軸25が突設してある。支軸25はキーシリンダ2の内部機構に連動して、キー操作により回転する。
【0015】レバープロテクタ6は、キーシリンダ2の本体部22に対してその上方、下方および上記第2のステー部24側の側方の3方を囲むほぼコ字形の金属板で、上記側方を覆う基端部60の中心には上記第2のステー部24の先端を嵌入する小判形の嵌合穴61が形成してある。レバープロテクタ6の上部は基端部60から斜め上方へ突出しかつ屈曲してほぼ水平方向にキーシリンダ2の本体部22の上方を覆う上方遮断板62を形成しており、下部には基端部60から斜め下方へ突出しかつ屈曲してほぼ水平方向に上記本体部22の下方を覆う下方遮断板63を形成している。
【0016】下方遮断板63にはその端末から突出し、キーシリンダ2の第1のステー部23の突出部230に対応する取付け座64が形成してある。取付け座64には中央にボルト貫通穴641が設けてある。また取付け座64にはその上縁に、上方かつ車外側へ突出せしめた係止爪65が形成してある。
【0017】レバープロテクタ6は、基端部60の嵌合穴61にキーシリンダ2の第2のステー部24の先端を嵌入し、上方遮断板62をキーシリンダ2の第1のステー部23の上縁に沿ってこれを覆うように配置するとともに、下方遮断板63を第1のステー部23の下縁に沿ってこれを覆うように配置する。そして、取付け座64を第1のステー部23の突出部230に重ね合わせて両ボルト貫通穴641,231を合致せしめるともに、係止爪65を第1のステー部23の側縁232上端に係止せしめてキーシリンダ2に付設してある。
【0018】キーシリンダ2およびこれに付設したレバープロテクタ6は、両者一体にハンドルケース1の後端背面にボルト締め固定してある。ハンドルケース1の後端にはキーシリンダ2の前端部21の前面に対応する円形の開口11が形成してあり、開口11は上記前面よりも小さい。ハンドルケース1の背面には開口11寄りの位置にキーシリンダ2の第1のステー部23の突出部230に対応する取付け部12が突設してあり、取付け部12は筒状で内周にねじ穴を備えている。ハンドルケース1の後端末には内周に沿う壁状でキーシリンダ2の第2のステー部24の先端に対応する締結部13が形成してあり、締結部13の中央には第2のステー部24のねじ穴241に対応するボルト貫通穴を備えている。
【0019】キーシリンダ2は前端部21の前面外周をハンドルケース1の開口11の開口縁背面に衝き合わせてキーシリンダ2の鍵穴を開口11から車外側へ臨ませるとともに、キーシリンダ2の第2のステー部24の先端とこれと嵌合したレバープロテクタ6の基端部60とを一体に締結部13の壁面に衝き合わせ、第1のステー部23の突出部230およびレバープロテクタ6の取付け座64を一体にハンドルケース1の取付け部12にボルトB1により締付けてある。
【0020】ドアアウタパネル3は、ハンドルケース1の外周とほぼ同形でひとまわり小さいドアハンドル取付け用の開口30を備え、開口30の後縁にはパネルを屈曲しドア内側へ突出する舌片状の締結部31を突設し、締結部31の中央には長穴のボルト貫通穴が形成してある。ドアハンドルはハンドルケース1の外周縁をドアアウタパネル3の開口30の開口縁に車外側よりシール材を介して押し当て、ハンドルケース1の締結部13をドアアウタパネル3の締結部31に重ね合わせ、締結部31側からボルトB2を両締結部13,31のボルト貫通穴を介してキーシリンダ2の第2のステー部24のねじ穴241に締め付けて固定してある。
【0021】ドア内では、キーシリンダ2の後端末の上記支軸25に作動レバー4がかしめ固着してある。作動レバー4は断面ほぼZ字形の金属板で、キーシリンダ2のキー操作により支軸25と一体に施錠方向または解錠方向へ回動する。そして、作動レバー4の自由端には連結ロッド5Aの上端が相対回動自在に連結してあり、作動レバー4は連結ロッド5Aを介してドアロック装置9(図11)と連結してある。
【0022】本実施の形態によれば、レバープロテクタ6の上方遮断板62がドアアウタパネル3の開口30のキーシリンダ2付近の開口上縁に沿ってほぼ平行に上記開口上縁と作動レバー4との間の略直線経路を遮断するとともに、下方遮断板63が開口30のキーシリンダ2付近の開口下縁に沿ってほぼ平行に上記開口下縁と作動レバー4との間の略直線経路を遮断している。ハンドルケース1の外周上縁と上記開口上縁の境界やハンドルケース1の外周下縁と上記開口下縁の境界から強引にマイナスドライバD等をドア内に差し込んでも各遮断板62、63がドライバDの進入を阻止し、ドライバDの先端が作動レバー4に届かないので、不正な作動レバー4の解錠操作を阻止できる。
【0023】次に、図3ないし図5に基づいて本発明の第2の実施の形態を説明する。これは、ドアハンドルのハンドルケース1の背面側に、ドアアウタパネル3の開口30の開口下縁と連結ロッド5Aとの間の略直線経路を遮断するロッドプロテクタ7を取付けたものである。本実施の形態の基本構造は第1の実施の形態とそれと同一構造で、同一部材は同一符号で示す。
【0024】ロッドプロテクタ7は、ボルト部材B2によりドアアウタパネル3の開口30の締結部31およびハンドルケース1の締結部13とを一体にキーシリンダ2の第2のステー部24に締め付ける基端部70と、基端部70の下端から上記開口30の開口下縁に沿うように斜め下方へ突出する傾斜状の遮断板71を備えた金属板で構成してある。
【0025】遮断板71の車外側の側端には斜め下方に向かって傾斜状に屈曲せしめた第1の側縁フランジ711が設けてあり、遮断板71の車内側の側端には下方に向かってほぼ垂直に屈曲せしめた第2の側縁フランジ712が設けてある。基端部70には、車外側へ突出し、かつ先端をほぼ直角に屈曲せしめ、ドアアウタパネル3の背面と対向する突出部72が一体成形してある。
【0026】ロッドプロテクタ7は基端部70のボルト貫通穴にボルト部材B2を貫通するとともに上記ボルト貫通穴をかしめて、ボルト部材B2を回転自在かつ抜け落ちないように一体に設けてある。ロッドプロテクタ7は、ボルト部材B2をドアアウタパネル3の締結部31側からそのボルト貫通穴311およびハンドルケース1の締結部13のボルト貫通穴131を介して上記第2のステー部24の先端のねじ穴241に締め込み、遮断板71を開口30の開口下縁と連結ロッド5Aとの間に配設するとともに、突出部72をドアアウタパネル3の締結部31根元のパネル背面に近接対向せしめてある。
【0027】本実施の形態において、ロッドプロテクタ7の遮断板71がドアアウタパネル3の開口30のキーシリンダ2付近の開口下縁に沿ってほぼ平行に上記開口下縁と連結ロッド5Aとの間の略直線経路を遮断するので、ハンドルケース1の外周下縁と上記開口下縁の境界から強引にドライバD等をドア内に差し込んでも遮断板71がドライバDの進入を阻止する。遮断板71はその車外側の第1の側縁フランジ711が傾斜状のため、これに衝き当たったドライバDはその進入方向が逸らされる。また、第1の側縁フランジ711をかわせたとしても、ドライバDの先端は遮断板71の第2の側縁フランジ712に衝き当り、連結ロッド5Aに届かない。従って、不正な連結ロッド5Aの解錠操作を阻止できる。
【0028】また、マイナスドライバDの先端をハンドルケース1の外周後縁と開口30の開口後縁との境界に差し込み、ハンドルケース1を外側に引き出すようにこじってハンドルケース1の外周後縁と開口30の開口後縁との間に隙間を開けようとしても、ロッドプロテクタ7の突出部72がドアアウタパネル3の背面に当接し、ハンドルケース1の外側への引き出しを阻止することができる。
【0029】図6および図7は、ハンドルケース1の背面側に、第1の実施の形態のレバープロテクタ6と、第2の実施の形態のロッドプロテクタ7とを取付けた第3の実施の形態を示す。各プロテクタ6,7は第1および第2実施の形態と同一の形状、同一の取付け構造である。
【0030】これによれば、第1および第2の実施の形態の作用効果が相まって、レバープロテクタ6により不正な作動レバー4の解錠操作を阻止するとともに、ロッドプロテクタ7により不正な連結ロッド5Aの解錠操作を阻止し、更に、ハンドルケース1の車外側への引き出しも阻止するので、確実に不正なドアの解錠を防止することができる。
【0031】図8ないし図10は第4の実施の形態を示し、これは狙われやすい作動レバー4の上部まわりや連結ロッド5Aまわりとを遮断するロッドプロテクタ7Aをハンドルケース1の背面側に取付けたものである。
【0032】ロッドプロテクタ7Aの基本構造は上述のロッドプロテクタ7と同一で、ロッドプロテクタ7Aには基端部70から斜め上方へ突出しかつ屈曲してほぼ水平方向に延出せしめた上部遮断板73が一体に形成してある。ロッドプロテクタ7Aは、その基端部70をボルト部材B2によりドアアウタパネル3の締結部31およびハンドルケース1の締結部13と一体にキーシリンダ2の第2のステー部24に締付け、下方遮断板71をドアアウタパネル3の開口30の開口下縁と連結ロッド5Aとの間に配設するとともに、突出部72をドアアウタパネル3の締結部31根元のパネル背面に近接対向せしめ、更に、上方遮断板73をキーシリンダ2の第1のステー部23の上縁に沿ってこれを覆うように配置し、開口30の開口上縁と作動レバー4との間の略直線経路を遮断する。これによれば、構造簡素なロッドプロテクタ7Aで、作動レバー4への上方からの解錠操作、および、連結ロッド5Aへの解錠操作を阻止することができる。
【0033】
【発明の効果】ハンドルケースの外周縁とドアアウタパネルの開口縁の境界からドライバ等をドア内に挿入して不正にキーシリンダの作動レバーや連結ロッドを解錠操作しようしても、本発明のレバープロテクタおよびロッドプロテクタがドライバ等の進入を阻止するので不正なドアの解錠を確実に防止することができ、もって、車両の盗難を防止することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013