米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> 立山アルミニウム工業株式会社

発明の名称 枠材及びサッシ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−323731(P2001−323731A)
公開日 平成13年11月22日(2001.11.22)
出願番号 特願2000−146235(P2000−146235)
出願日 平成12年5月18日(2000.5.18)
代理人 【識別番号】100107560
【弁理士】
【氏名又は名称】佐野 惣一郎
【テーマコード(参考)】
2E011
2E014
【Fターム(参考)】
2E011 CA01 CA03 CB06 CC03 CC06 
2E014 AA03 BA01 BA05 BA08 BB01 BB02 BB03 BB05 BB06 BC02 BD06
発明者 増山 新作 / 大井 一輝
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 室外側に金属製形材を備え室内側に木質材を備える枠または框を構成する枠材であって、一側に金属製形材を備え他側に木質材を備え、金属製形材と木質材との間に樹脂製形材を介在していることを特徴とする枠材。
【請求項2】 樹脂製形材は、木質材との当接部に弾性変形可能なひれ部を有することを特徴する請求項1に記載の枠材。
【請求項3】 樹脂製形材は、溝条のタイト材取付部を備えることを特徴とする請求項1または2に記載の枠材。
【請求項4】 樹脂形材は、金属製形材との対峙面に断面形状が略L字状の係止部を間隔を空けて備え、金属製形材は各係止部との係合部を備え、係止部と係合部とを嵌合し、ねじにより固定していることを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載の枠材。
【請求項5】 押出形材と樹脂製形材とに跨る連結ピースを備え、係止部と係合部とを通し込みにより嵌合してあり、且つ連結ピースを押出形材と樹脂製形材とに跨がせて取付けて、押出形材と樹脂形材とを固定したことを特徴とする請求項4に記載の枠材。
【請求項6】 請求項1〜5のいずれかに記載の枠材をねじ止めにより四方組みした枠又は框を備えることを特徴とするサッシ。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、室外側に金属製形材を備え室内側に木質材を備える断熱サッシを構成する枠材に関するものである。
【0002】
【従来の技術】一般に、断熱サッシの枠において、室外側をアルミニウム合金製の押出形材で構成し、室内側を木質材で構成しているものがある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述した従来技術では、アルミニウム製の形材は室内側で結露を発生し、その結露水は木質材の内部に浸潤することがある。木質材は結露水と乾燥により膨縮を繰り返し、そりや収縮、場合によっては腐食を生じることがある。このため、押出形材と木質材との間には木質材の歪みにより隙間が生じたりする。従来、この隙間を解消するために、押出形材に張り出し片を配しているが、このような従来の構造は繁雑で見栄えも悪くなる。また木質材の収縮は木質材が押出形材を十分に覆わなくなり外観を損なう要因なる。上述した事は、框においても同様な問題がある。
【0004】本発明は、上述した事情に鑑みたものであり、枠や框の組み立てが容易であり、断熱性や外観がよく、更に耐久性に優れる枠材及びサッシの提供を目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、請求項1の発明は、室外側に金属製形材を備え室内側に木質材を備える枠または框を構成する枠材であって、一側に金属製形材を備え他側に木質材を備え、金属製形材と木質材との間に樹脂製形材を介在していることを特徴とする。
【0006】また、金属製形材はアルミニウム、ステンレス又はその他の金属、或いは合金からなる。
【0007】樹脂製形材は、ポリオレフィン系、ポリ塩化ビニル系、ポリアミド系等の汎用樹脂であり、例えば、硬質塩化ビニルの押出形材をいう。
【0008】尚、本明細書において、「枠材」は、枠を構成するものの他、框を構成するものも含む。
【0009】この請求項1に記載の発明では、金属製形材と、樹脂製形材と、木質材とを一体固定した枠材を四方組みして押出形材をねじ止めし、木質材付き枠又は框を組み立てる。従って、従来のように押出形材により組み立てた室外枠体と、木質材により組み立てた室内側枠体とを別途用意する必要がないので、取り扱いが容易である。更に、枠材を四方組みし、ねじのみにより組み立てできるので、製造が容易である。
【0010】また、木質の室内側枠体を組み立てる必要がなく、かかる枠体の矯正作業等が必要ないので、枠や框の組み立てが更に容易である。
【0011】枠材に金属製形材と木質材との間に樹脂製形材を設けているので、この枠材を用いて組み立てたサッシ等では、金属製形材に生じる結露から木質材を効率よく保護できる。即ち、樹脂製形材は木質材が直接金属製形材と接触するのを防ぐ作用に加えて、樹脂製形材はそれ自身断熱作用を十分に発揮する。
【0012】このため、木質材は結露水を吸収してそりや歪み等を生じことがなく、その部材同士の間に隙間などを生じさせない。そして、断熱効果を低下させることがなく、外観を損なうこともない。
【0013】請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の発明において、樹脂製形材は、木質材との当接部に弾性変形可能なひれ部を有することを特徴する。
【0014】樹脂製形材のひれ部は、樹脂製形材の一部を薄くして一体形成することが望ましい。
【0015】この請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の作用効果を奏するとともに、樹脂製形材にひれ部が設けてあると、ひれ部が木質材の面を押圧しながら当接しているため隙間が生じるのを防止できる。このため、木質材と形材の隙間を隠すために従来行っているような、押出形材に張り出し片等を設ける必要もないので、外観が良い。また僅かに木質材が反りや変形したとしても樹脂製形材と木質材との間の断熱効果を維持することができる。
【0016】請求項3に記載の発明は、請求項1または2に記載の発明において、樹脂製形材は、溝条のタイト材取付部を備えることを特徴とする。
【0017】この請求項3の発明では、請求項1に記載の作用効果を奏するとともに、タイト材を樹脂製形材に設けたタイト材取付部に簡単に取付けることができる。タイト材を木質材に取付ける場合、その取付作業は繁雑で確実に取付けることが困難となるが、この発明では、タイト材を簡単に取付けることができ、また変形が殆ど生じない樹脂製形材に安定、確実に取付けるため、タイト材の気密性、断熱性が確実に維持される。更に、タイト材を木質材に取り付けていないので、木質材の反りで取付位置自身がずれ、その機能を失う場合ことがない。
【0018】請求項4に記載の発明は、請求項1〜3のいずれかに記載の発明において、樹脂形材は、金属製形材との対峙面に断面形状が略L字状の係止部を間隔を空けて備え、金属製形材は各係止部との係合部を備え、係止部と係合部とを嵌合し、ねじにより固定していることを特徴とする。
【0019】この請求項4に記載の発明によれば、上述した1〜3のいずれかに記載の作用効果を奏すとともに、互いに嵌合する係止部と係合部とにより、嵌め込みにより連結してねじ止めしているので、製造が容易であり、且つ最小限のねじ止め等により、確実な接合ができる。このため、ねじ止め作業が少なく、作業におけるねじ等の位置決めも簡単にでき、その作業性を高めることができる。
【0020】請求項5に記載の発明は、請求項4に記載の発明において、押出形材と樹脂製形材とに跨る連結ピースを備え、係止部と係合部とを通し込みにより嵌合してあり、且つ連結ピースを押出形材と樹脂製形材とに跨がせて取付けて、押出形材と樹脂形材とを固定したことを特徴とする。
【0021】この請求項5に記載の発明は、請求項4に記載の作用効果を奏するとともに、金属製形材を樹脂製形材の長手方向から通し込みによって連結しているので、金属製形材と樹脂製形材とを簡単に接合させることができる。しかも、金属形材と樹脂形材とに跨る連結ピースによって両者を簡単かつ確実に固定することができる。このため、枠材や枠材を組み立てた枠の搬送途中に部材の脱落や位置ずれ等が生じるのを防止できる。
【0022】請求項6に記載の発明は、請求項1〜5のいずれかに記載の枠材をねじ止めにより四方組みした枠又は框を備えることを特徴とするサッシである。
【0023】この請求項6に記載の発明は、上述した請求項1〜5に記載の作用効果を奏するサッシを得ることができる。
【0024】
【発明の実施の形態】以下に、本発明の実施の形態に係る断熱サッシを図面を参照して説明する。図1は本発明の実施の形態に係るサッシの横断面図であり、図2は図1に示すサッシの固定窓側の縦断面図であり、図3は図1に示すサッシの開閉窓側の縦断面図であり、図4は下枠材の横断面図であり、図5は枠材における取付金具を示す図であり(a)は平面図、(b)は側面図であり、図6は方立の横断面図であり、図7は断熱サッシを取付ける際の固定金具の斜視図であり、図8は方立に用いる取付金具の図であり、(a)は平面図、(b)は側面図である。
【0025】本実施の形態にかかるサッシ1は断熱サッシであるとともに、方立7を介して開閉窓3と固定窓5とを連設している連窓サッシである。サッシの枠9は、室外側にアルミニウム合金製の室外枠11、室内側に木質材の室内枠13を備え、アルミニウム合金製の室外枠11と木質材の室内枠13との間に中間枠15が設けられており、中間枠15は樹脂製の樹脂製形材であり、例えば、硬質塩化ビニル樹脂でできている。
【0026】室内枠13を木質材とすることにより、室内の断熱性を高めるとともに木質基調のインテリア性を付与するものである。また、アルミニウム合金製の室外枠11と木質の室内枠13との間に樹脂製の中間枠15を設けることにより、室外枠11では結露が発生し易いため、室外枠11で発生した結露水を樹脂製の中間枠15が受け、結露水が室内枠13の木質材に浸潤し木質材が腐食するのを防止している。更に、室外枠11と室内枠13との間に樹脂製の中間枠15を設けることにより断熱性を高めている。
【0027】枠9は、上枠材17、下枠材19、及び左右竪枠材21からなり、四方組みしてねじ止めにより、これらを組み立てている。各枠材17、19、21は固定窓5及び開閉窓3において、室外側からアルミニウム合金形材23、樹脂製形材25及び木質材27をこの順序で配置し、固定している。
【0028】次に、各枠材17、19、21の構成について説明する。
【0029】上下、及び左右の枠材17,19,21の各室内側にそれぞれ木質材27が配され、木質材27には、室外側面及び樹脂製形材25の接合面にわったて取付金具29がねじ31により固定されている。取付金具29は、一端部にねじ固定部32と樹脂製形材25との係止部33とを備えており、係止部33は断面略コ字形の鉤状に形成されている。取付金具29の他端部は、略直角の折り曲げ部34が形成されている。樹脂製形材25は木質材27及び取付金具29の対峙面に係合部35が形成され、係合部35の端部は取付金具29の係止部33に嵌合固定されている。
【0030】本実施の形態において、樹脂製形材25の室外面にはアルミニウム合金形材23が接合される。室外側と対峙する樹脂製形材25の室外対峙面には断面略L字状の係止部37が形成され、係止部37には合金形材23の係合部81が係合される。従って、係止部37と係合部81は樹脂製形材25と合金形材23との嵌め合わせ係着部になっている。また、樹脂製形材25の室外対峙面と直角をなす室外の側面にねじ止め部39が形成され、ねじ止め部39にねじ41が合金形材23を挟んで螺合される。従って、ねじ止め部39とねじ41は樹脂製形材25と合金形材23との止め具式の係着構造になっている。
【0031】また、上下、左右の枠材17、19,21における樹脂製形材25の室外側の面には断面略凹状の取付溝(タイト材取付部)45が樹脂製形材25の長手方向に向けて形成される。取付溝45にはタイト材43(図3に示す。)が配せられ、タイト材43は開閉窓3及び固定窓5の木質材27の周縁側面を押圧しながら当接される。
【0032】樹脂製形材25は、木質材27に当接するひれ部40を一体に設けており、木質材27と樹脂製形材25との間に間隙が生じるのを防止して、外観の向上を図っている。また、ひれ部40は樹脂製形材25に一体形成しており、別体の張り出し材等で覆う必要がないので、構成が簡易であるとともに施工し易い。
【0033】尚、樹脂製形材25には、木質材27の躯体側(開口部外側)に額縁材取付部49が設けられており、樹脂製形材25は木質材27の取付部と額縁材取付部49とで、室内側から見て階段状をなしている。そして、額縁材取付部49には、固定金具51を介して額縁材53が固定されている。
【0034】固定金具51は、断面略L字形状に形成しており、L字の一側部に設けた嵌合部55が樹脂製形材25の額縁材取付部49に嵌合しており、他側部に設けた押圧部57が額縁材53の背面に当接し、押圧部57の横には躯体固定部61が設けられている。この固定金具51は、弾性を有する鋼鈑でできており、嵌合部55は山形に形成されているとともに切り出した係止片59が樹脂製形材25の額縁材取付部49に係止している。一方、押圧部57は額縁材53の背面側に位置し、躯体固定部61にはねじ孔60が設けられ、額縁材53に隣接する躯体にねじ固定されるようになっている。
【0035】この額縁材の固定金具51は、押圧部57が額縁材53を室内側に向けて押圧して竪枠材17、19、21に固定している木質材27に当接させて額縁材53を保持するものであり、額縁材53は押圧部57と木質材27とにより挟持される。このように、額縁材53は押圧部57により背面側を押圧されるので、額縁材53の反りを防止でき、簡単に取付できる。しかも、固定金具51は、躯体固定部61を躯体62に固定する構成であるから、固定箇所を躯体62に集約でき、施工し易い。
【0036】次に、方立材7について説明する。方立7には、上述した上下竪枠材17、19、21と同様に室内側から木質材27、樹脂製形材25及びアルミニウム合金形材23が一体に接合られており、木質材27と樹脂製形材25とは、取付金具29及びねじ64により嵌合固定されている。この取付金具29は、木質材27との固定側は平坦に形成されている。
【0037】樹脂製形材25とアルミニウム合金形材23とは2箇所の係着部によって嵌合固定されている。樹脂製形材25に形成された2個の係止端65にアルミニウム合金形材23のそれぞれの係止端67が通し込みにより嵌合するようになっている。係止端65は、互いに向き合うように形成され、また、合金形材23の係止端67互いに離反するように設けられている。
【0038】このような止め構造は、後述する開閉窓3の上下框枠69、71にも配せられている。
【0039】また、木質材27の見付け方向の寸法Lは、樹脂製形材25の対面する見付け面の寸法Rよりもわずかに大きくなっており、更にアルミニウム合金形材23の見付け面よりも大きくなっており、室内側から樹脂材25及びアルミニウム合金形材23を見え難くしているので、室内側からの外観がよい。
【0040】開閉窓(又は障子)3は、その上下竪框69、71、73に本発明の枠材が用いられており、各框69、71、73は、上述した枠材17、19、21と同様に室内側から木質材27、樹脂製形材25及びアルミニウム合金形材23が一体に取付られており、木質材27と樹脂製形材25とは、ねじ31により固定されている。上下框69,71において、樹脂製形材25とアルミニウム合金形材23とは上述した方立7の通し込み構造82と同様に嵌合固定されている。また、嵌合固定後、樹脂製形材25とアルミニウム合金形材23は、両者に跨る連結ピース83で固定されている。これにより、合金形材23と樹脂製形材25とを簡単に接合することができ、アルミニウム合金形材23に対する樹脂形材25の脱落や位置ずれを防止できる。尚、樹脂製形材25とアルミニウム合金形材23とには、ガラス用タイト材79が跨って係止されている。
【0041】開閉窓3における上下竪框69、71、73においても、木質材27の見付け方向の寸法Lは、図6に示したと同様に樹脂製形材25の対面する見付け面の寸法Rよりもわずかに大きくなっており、室内側から樹脂材25を見え難くしているので、室内側からの外観がよい。
【0042】次に、上記サッシの組み立て方法を説明する。まず、上下左右竪枠材(枠材)17、19、21を製造する。これらの各枠材17、19、21は、木質材27に取付金具29をねじ固定し、取付金具29の係止部33に樹脂製形材25の係合部35を嵌合して固定する。そして、樹脂製形材25にアルミニウム合金形材23を係止し、ねじ41により固定する。このようにして、嵌合及びねじ固定のみにより、木質材25付きの枠材17、19、21を製造する。尚、方立7も同様に製造する。
【0043】各框(枠材)69、71、73の製造は、木質材27と樹脂製形材25とを直接固定し、樹脂製形材25とアルミニウム合金形材23とは見付け面と見込み面とで嵌合固定する。このように、各框69、71、73においては、嵌合及びねじのみにより製造することができる。
【0044】枠9の組み立ては、上述した各上下左右竪枠材17、19、21を四方組みし、各アルミニウム合金形材23を互いにねじ85により固定する。これにより、室内側を木質材25とし、室外側をアルミニウム合金形材23とし、木質材25とアルミニウム合金形材23との間を樹脂製形材25とした3層構造の枠9が製造できる。
【0045】開閉窓3においても各框材69、71、73を四方組みし、各アルミニウム合金形材27に設けたねじ係着部にねじを挿通して固定する。これにより、室内側を木質材25とし、室外側をアルミニウム合金形材23とし、木質材25とアルミニウム合金形材23との間を樹脂製形材25とした3層構造の框を製造できる。
【0046】また、建物開口部へのサッシ1の施工時には、枠9を開口部に固定するとともに、額縁材53を取り付ける。この額縁材53の取付においては、樹脂製形材25の室内側突設部47の室内側部に固定金具51を嵌める。固定金具51は、額縁材取付部47の嵌合面49に係止片59を嵌め、固定部61を躯体62にねじ止めする。これにより、額縁材53をセットしたとき、固定金具51の押圧部57が額縁材53の背面を室内側に向けて押圧するとともに、額縁材53は木質材27と固定金具51の押圧部57とに挟持固定される。
【0047】本実施の形態によれば、各枠材17、19、21の合金形材23と木質材27との間に樹脂製形材25を配しているので、木質材27に結露水が浸潤することを防止できる。このため、木質材27は経時的に歪みを生じず、それぞれの各部材の接合部での隙間も生じ難い。
【0048】また、本実施の形態によれば、樹脂製形材25にひれ部40を形成することによって、樹脂製形材25と木質材27との隙間を解消する。これにより、室内からの外観が十分に維持され、また、かかる隙間における断熱機能も保持される。本実施の形態によれば、樹脂製形材25に取付溝45を一体成形しておくことにより、タイト材43を簡単かつ確実に形材25に取付けることができる。また樹脂製形材25は殆ど変形せず、タイト材43の取付状態は安定なため、タイト材43の機能を損なう虞がない。
【0049】本実施の形態によれば、枠材17、19、21を用いて、最小限のねじ等の止め具を使用し、出来る限り嵌合による係着構造を使用している。また額縁材53の固定もねじのみにより可能なので、製造及び現場施工が容易である。更に、全てのねじは室外側からねじ止めされており、室内側からはねじが見えないので室内からの外観がよい。
【0050】本発明は、上述した実施の形態に限定されず、本発明の要旨を逸脱しない範囲で種々の変形が可能である。
【0051】例えば、木質材27は、合成樹脂材に木質パネルを貼付したものであってもよい。
【0052】係止部は断面L字を互いに向かい合うように設けることに限らず、互いに背を向けるように設けてもよい。
【0053】
【発明の効果】請求項1に記載の発明によれば、木質材付きのサッシ等の組み立てにおいて、金属製形材と木質材との間に樹脂製形材を介在させることにより、室内側の木質材に結露水が浸潤せず、木質材は歪みやそりや腐食を生じることがない。また、断熱効果も高まる。
【0054】請求項2に記載の発明によれば、請求項1に記載の効果を奏するとともに、樹脂製形材に木質材と当接するひれ部を設けたことにより、木質材との隙間隠しのために押出形材に張り出し片を設けることなく、簡単な構成で、外観及び断熱性を高めることができる。
【0055】請求項3に記載の発明によれば、請求項1に記載の効果を奏するとともに、樹脂製形材にタイト材取付部を形成することにより、容易にタイト材を取付できるとともに、安定に取付けることができ、また易変形性の木質材と異なり取付位置が変化しないことからタイト材の気密性、断熱性を保持することができる。
【0056】請求項4に記載の発明によれば、請求項1に記載の効果を奏するとともに、金属製形材と樹脂製形材との接合に、互いに嵌合する係止部と係合部とを設けているので、枠材の製造が容易であるとともに、ねじ止めを必要最小限にすることができる。
【0057】請求項5に記載の発明によれば、請求項4に記載の効果を奏するとともに、金属製形材と樹脂製形材との接合時を通し込みにより容易にできるとともに、搬送時における脱落や位置ずれを防止できる。
【0058】請求項6に記載の発明によれば、上述した請求項1〜5に記載の効果を奏するサッシを提供できる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013