米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> 立山アルミニウム工業株式会社

発明の名称 連窓用方立
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−280004(P2001−280004A)
公開日 平成13年10月10日(2001.10.10)
出願番号 特願2000−90900(P2000−90900)
出願日 平成12年3月29日(2000.3.29)
代理人 【識別番号】100105382
【弁理士】
【氏名又は名称】伴 正昭
【テーマコード(参考)】
2E011
【Fターム(参考)】
2E011 BA00 
発明者 増山 新作
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 室外側アルミ部材21と室内側部材22とを断熱状態で一体に形成した方立本体20と、該方立本体20に掛止される障子保持部を有する支持枠30とからなる連窓用方立であって、方立本体20には、室外側アルミ部材21の室外側端部近傍に外受け部23を設けると共に室内側端部近傍に内受け部24を設け、一方、前記支持枠30は、室外側アルミ材31と室内側断熱材32とを室外側アルミ材31に形成した連結部35で連結して構成し、更に、室外側アルミ材31には外掛止片33と内掛止片34とを設け、外掛止片33に設けた掛止爪33a及び内掛止片34に設けた掛止爪34aを、前記外受け部23及び内受け部24にそれぞれ掛止可能とすると共に、前記内掛止片34を上記連結部35で構成したことを特徴とする連窓用方立。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、建物に設ける連窓用方立に関する。
【0002】
【従来の技術】建物の窓枠に複数の障子戸を並列的に装着する場合には、窓枠の中途部に方立が取り付けられる。方立ては、窓枠と一体的な構造として形成されるが、建材の低廉化及び施工の容易化を図ることが求められている。そのために、窓枠の縦枠と構成要素及び施工が共通化・容易化することが望ましい。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】したがって、本発明の課題は、構成・施工を簡略化して、組み立て・分解が容易で、且つ低廉な連窓方立を提供する。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記課題を達成するために、本発明の連窓用方立は、室外側アルミ部材21と室内側部材22とを断熱状態で一体に形成した方立本体20と、該方立本体20に掛止される障子保持部を有する支持枠30とからなる連窓用方立であって、方立本体20には、室外側アルミ部材21の室外側端部近傍に外受け部23を設けると共に室内側端部近傍に内受け部24を設け、一方、前記支持枠30は、室外側アルミ材31と室内側断熱材32とを室外側アルミ材31に形成した連結部35で連結して構成し、更に、室外側アルミ材31には外掛止片33と内掛止片34とを設け、外掛止片33に設けた掛止爪33a及び内掛止片34に設けた掛止爪34aを、前記外受け部23及び内受け部24にそれぞれ掛止可能とすると共に、前記内掛止片34を上記連結部35で構成したことを特徴とする。
【0005】なお、好ましくは、上記外掛止片33と内掛止片34のそれぞれに設けた掛止爪33a,34aを室内向きに形成し、且つ、支持枠30を方立本体20に掛止した状態において、室内側断熱材32を室内側部材22の当接部22dに当接するように形成する。
【0006】
【発明の実施の態様】(全体)以下、本発明の実施例を図面に従って説明する。図3,4は、本実施例に係る連窓の全体図であり、窓枠は、左右の縦枠3,4(図3)及び上下枠2,1(図4)並びに左右の縦枠3,4の中間部に配置される連窓用方立7(図3)により構成されている。方立7の構成要素は、左右の縦枠3,4の構成要素と共通化が図られているが、この点は後述するとして、先ず連窓用方立7の構造について説明する。
【0007】(連窓用方立7)連窓用方立(以下、単に「方立」と略称する)は、図1に示すように、室外側アルミ部材21と室内側部材22とを断熱状態で一体に形成した方立本体20と、該方立本体20にその左右から掛止される障子保持部を有する支持枠30,30とからなる。
【0008】(方立本体20)方立本体20には、図1(A)に示されるように、室外側アルミ部材21の室外側端部近傍の左右両側に外受け部23を設けると共に、室内側端部近傍には内受け部24を設ける。これら外受け部23、内受け部24共に、その開口部は室外側に向けて形成される。また、方立本体20の室内側部材22は、左右対称形状の室内側アルミ部材22aと樹脂材22bと断熱材22cとからなり、該断熱材22cを介して、室外側アルミ部材21の端部に連結されている。上記室内側アルミ部材22aの両端肩部には、当接部22d,22dが形成されている。また、室内側アルミ部材22aの室内側には、樹脂材22bとの係合部が形成されている。なお、方立本体20は、単独で縦枠3として援用が可能である(図3参照)。したがって、この方立本体20は、汎用性の高い素材となっている。
【0009】(支持枠30)支持枠30は、室外側アルミ材31と室内側断熱材32とを室外側アルミ材31に形成した連結部35で連結して構成されており、図1(B)及び(C)に示すように、左右に準備される。室外側アルミ材31には、前記方立本体20側の外受け部23及び内受け部24にそれぞれ掛止する外掛止片33と内掛止片34とが設けられている。そして、この内掛止片34は、上記連結部35を構成するカシメ部に付設されている。また、上記外掛止片33と内掛止片34のそれぞれの端部に設けられた掛止爪33a,34aは、室内向きに形成され、且つ、支持枠30を方立本体20に掛止した状態において、前記室内側断熱材32を室内側部材22の当接部22dに当接するように形成されている。また、方立7用ではなく、図3に示すように、縦枠4として使用される場合には、取付片36は躯体取付部材として躯体に取り付けられる。したがって、この支持枠30は、汎用性の高い素材となっている。
【0010】(支持枠30の取付片36)支持枠30の連結部35の肩部には、棒状の取付片36が付設される。しかし、この支持枠30が方立7の支持枠30として使用される場合には、その根部36aから折り取られる。
【0011】(方立施工)図2,3に示すような方立7を窓枠内に設置するに当って、先ず、方立本体20の左右に支持枠30,30を装着して一体にする必要がある。そのためには、方立本体20の外受け部23及び内受け部24に、外掛止片33と内掛止片34のそれぞれの端部の掛止爪33a,34aを挿入・係合するだけでよい。この挿入・係合により、それぞれの支持枠30,30は、方立本体20の左右に対称的に、取り付けられることになる。
【0012】そして、この取付状態において、支持枠30側の室内側断熱材32は、方立本体20側の室内側部材22の当接部22dに当接することになり、結局、支持枠30は、外受け部23、内受け部24及び当接部22dの3個所で支持されることになり、強固に一体化されることになる。換言すれば、方立本体20の室内側部材22は、左右の室内側断熱材32で左右から抱持されており、方立7は、簡単な構成ながら安定した形状となる。
【0013】上記のように方立を組み付け後、図3に示すように、その左右に開閉障子6,6を装着するための枠部材を取り付けて窓枠を完成させる。なお、上記実施例においては、左右に開閉障子6,6を配置する場合を示しているが、その他の、例えば固定障子や回転障子を支持させる場合にも適用できることは言うまでもない。なお、上記特許請求の範囲の項には、図面との対応関係を解りやすくする為に図面符号を付したが、本発明はこれに限定されるものではない。
【0014】
【発明の効果】本発明は、上記構成により、方立本体に対する支持枠の掛止が容易になると同時に、両部材が複数箇所、好ましくは三個所で当接・支持状態となっていることから安定的な支持状態が永続的にえられ、且つ、内掛止片を連結部で構成したことで構成全体を簡略化でき、低廉な方立とすることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013