米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> コベルコ建機株式会社

発明の名称 建設機械のガードカバー開閉構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−279715(P2001−279715A)
公開日 平成13年10月10日(2001.10.10)
出願番号 特願2000−95359(P2000−95359)
出願日 平成12年3月30日(2000.3.30)
代理人
発明者 村上 良昭 / 崎谷 慎太郎
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 上部旋回体と、この上部旋回体の後部に配置されるエンジン及びタンク等の機器類と、この機器類の外周及び上面を覆うガードカバーと、このガードカバーの上面に備えられる運転席とを有する建設機械のガードカバー開閉構造において、前記ガードカバーを車長方向と平行に少なくとも3分割し、前記機器類の少なくとも上面及び後面を覆うとともに該上面に運転席を配置する開閉自在な第1カバーと、この第1カバーの両側にそれぞれ備えられると共に、前記機器類の少なくとも側面を覆う開閉自在な第2カバーとを備えることを特徴とする建設機械のガードカバー開閉構造。
【請求項2】 前記第2カバーが、少なくとも機器類の側面及び上面の一部を覆うように形成されることを特徴とする請求項1記載の建設機械のガードカバー開閉構造。
【請求項3】 前記第1カバーの回動中心軸及び前記第2カバーの回動中心軸を、互いの開放側に配置することを特徴とする請求項1又は2いずれか一項記載の建設機械のガードカバー開閉構造。
【請求項4】 前記ガードカバーの前面に、前記ガードカバーの前面寄りに備えられた機器類のメンテナンスができる開閉自在なカバーを備えたことを特徴とする請求項1ないし3いずれか一項記載の建設機械のガードカバー開閉構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ガードカバーの開閉及び各種機器類のメンテナンスを容易に行うことができるガードカバーの開閉構造を有する小型油圧ショベル等、小型建設機械に関するものである。
【0002】
【従来の技術】以下、小型油圧ショベルの従来のガードカバー開閉構造を、図5を参照しながら説明する。図5は実開平3−62149号に開示された従来のガードカバー開閉構造を備える小型油圧ショベルの側面図である。
【0003】図において、50は小型の油圧ショベルであって、この油圧ショベル50は、走行自在な下部走行体51と、この下部走行体51の上部に旋回自在に接続される上部旋回体52と、この上部旋回体52の前部に回動自在に接続されるアタッチメント53とを有している。前記上部旋回体52は、その下部に各種機器類を載置できるフロアデッキ54を備えている。このフロアデッキ54の上面後部には、エンジン60等の機器類が配置されており、この機器類の側面及び上面は開閉自在なガードカバー56で覆われている。また、このガードカバー56の上面には、オペレータが着座する運転席57が備えられている。また、前記フロアデッキ54上であって、前記運転席57の前方には、下部走行体51の走行操作を行う走行レバー59及びアタッチメント53の回動操作を行う操作レバー58等を備えるレバーボックス55が備えられている。
【0004】オペレータは、前記運転席57に着座し、オペレータの前方に備えられる操作レバー58及び走行レバー59を自在に操作することによって、下部走行体51の走行を行い、或いはアタッチメント53の回動を行い、油圧ショベル50で掘削作業等を行っている。
【0005】この油圧ショベル50において、エンジン60等のメンテナンスを行う場合には、前記ガードカバー56を、その後部下端部を回動中心軸として上方に開放させて(図中、2点鎖線で示す)、エンジン60等を外方に開放して行われる。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】上述した油圧ショベル50のガードカバー56によれば、ガードカバー56を開放させるだけでエンジン60等の機器類のメンテナンスを行うことができる。しかしながら、このガードカバー56は、エンジン60等の機器類の側面及び上面をまとめて覆うように一体形成されているので、ガードカバー56自体が非常に重いものになってしまう問題があった。さらに、この重たいガードカバー56の上面に重量のある運転席57を備えているため、ガードカバー56の開閉時には、この運転席57の重量がプラスされ、オペレータがこの重たいガードカバー56の開閉に苦労していた。
【0007】また、上記ガードカバー56を開放してメンテナンスを行う場合、前記ガードカバー56の開放側に位置する機器類は問題ないが、回動中心軸側に位置する機器類は、開放されたガードカバー56が邪魔となり、奥まったところに手が届かずメンテナンスし難いという問題があった。
【0008】本発明は、このような事情に鑑みなされたものであって、ガードカバーの開閉及び各種機器類のメンテナンスを容易に行うことができる小型建設機械のガードカバー開閉構造を提供することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】請求項1に記載の発明は、上部旋回体と、この上部旋回体の後部に配置されるエンジン及びタンク等の機器類と、この機器類の外周及び上面を覆うガードカバーと、このガードカバーの上面に備えられる運転席とを有する建設機械のガードカバー開閉構造において、前記ガードカバーを車長方向と平行に少なくとも3分割し、前記機器類の少なくとも上面及び後面を覆うとともに該上面に運転席を配置する開閉自在な第1カバーと、この第1カバーの両側にそれぞれ備えられると共に、前記機器類の少なくとも側面を覆う開閉自在な第2カバーとを備えることを特徴とするものである。
【0010】これによると、定期的なメンテナンスを行う時には、従来技術のように一体的に形成された重量のあるガードカバーを開閉するといったことなく開閉を楽に行うことができるとともに、前記ガードカバーを略全開状態とすることができる。また、バッテリの液面を確認するといったデイリーメンテナンスを行う場合には、全てのカバーを開放することなく、該当する1つのカバーを開放すればよいので、従来技術のように一体的に形成されるガードカバーを一々開放する場合に比してメンテナンス効率が向上する。また、第1カバーの上面に運転席を配置したことで、ガードカバーの開閉時に、運転席を一々取り外したりする必要がなく、メンテナンスの効率悪化を防止できる。また、従来技術に比べてガードカバーの重量が少ないので、運転席を固定した場合でも開閉を楽に行うことができる。
【0011】請求項2に記載の発明は、請求項1記載の建設機械のガードカバー開閉構造において、前記第2カバーが、少なくとも機器類の側面及び上面の一部を覆うように形成されることを特徴とするものである。
【0012】この場合、例えば、ラジエータのように、一側面に備えられるフィン面の清掃及び上面に備えられるキャップを取り外して冷却水を交換する等の複数のメンテナンスを必要とされる機器においても、第2カバーの開放のみで作業が行えるので作業効率が向上する。
【0013】請求項3に記載の発明は、請求項1又は2いずれか一項記載の建設機械のガードカバー開閉構造において、前記第1カバーの回動中心軸及び前記第2カバーの回動中心軸を、互いの開放側に配置することを特徴とするものである。
【0014】この構成によると、従来技術のようにガードカバーが一方向にしか開放されない場合に比して、各カバーの回動中心軸付近に備えられる機器類のメンテナンスを楽に行うことができる。また、第1カバーの開放側(可動部)に第2カバーの回動中心軸側(固定部)が位置するように設定することにより、閉塞時に可動部と可動部との位置合わせが必要な場合に比して、位置あわせが楽に行え、外観の見映え向上に繋がる。
【0015】請求項4に記載の発明は、請求項1ないし3いずれか一項記載の建設機械のガードカバー開閉構造において、前記ガードカバーの前面に、前記ガードカバーの前面寄りに備えられた機器類のメンテナンスができる開閉自在なカバーを備えたことを特徴とするものである。
【0016】これによると、ガードカバーの前面側に位置する機器類のメンテナンス、例えばエアクリーナのフィルタの交換等が行える。
【0017】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施形態を図に基づいて詳細に説明する。図1は本発明に係るガードカバーの開閉構造を採用する油圧ショベルの側面図である。
【0018】油圧ショベル1は、走行自在な下部走行体2と、この下部走行体2の上部に旋回自在に搭載される上部旋回体3と、この上部旋回体3の前端部に上下及び左右回動自在に接続されるアタッチメント4とを備えている。なお、前記上部旋回体3は、その後部が平面視で略円弧状に形成され、旋回時にも車幅内から略突出しない構成となっている。
【0019】前記アタッチメント4は、上部旋回体3の前端部に左右回動自在に接続されるスイングブラケット5に一端が回動自在に接続されるブーム6と、このブーム6の他端に一端が回動自在に接続されるアーム7と、このアーム7の他端に回動自在に接続されるバケット8とを有している。前記ブーム6は、両端が前記スイングブラケット5と前記ブーム6の下面とに接続されるブームシリンダ6aの伸縮駆動に応じて上下回動を行う。また、前記アーム7は、両端が前記ブーム6の背面とアーム7の上端部とに接続されるアームシリンダ7aの伸縮駆動に応じて上下回動を行う。また、前記バケット8は、両端が前記アーム7の上端部とバケット8とに接続されるバケットシリンダ8aの伸縮駆動に応じて上下回動を行う。
【0020】前記上部旋回体3は、その下部に各種機器類を載置するフロアデッキ9を備えている。このフロアデッキ9の上部後部には、エンジン等の機器類が配置され、この機器類の外周及び上面を覆うガードカバー10が備えられている。このガードカバー10の上面であって、車幅方向の略中央近傍には、オペレータが着座する運転席11が備えられている。この運転席11は前記ガードカバー10の上面の幅方向において、おおよそ半分のスペースを占有している。前記運転席11の左右両側には、前記ブームシリンダ6a,アームシリンダ7a及びバケットシリンダ8a等の操作を行う一対の操作レバー13が備えられている。前記運転席11の前方であって、前記フロアデッキ9の前部上面には、前記下部走行体2の走行操作を行う走行レバー12が備えられている。前記運転席11の上方には、オペレータを雨及び落下物等から保護するキャノピ14が備えられている。このキャノピ14は、その前後両端部がそれぞれキャノピ支柱15,16により接続されて上部旋回体3上に支持されている。
【0021】次に上述したガードカバー10の開閉構造を図に基づいて説明する。図2はガードカバーの開閉構造を示す要部詳細平面図、図3はガードカバーの開閉構造を示す要部詳細側面図、図4は第2カバーの取付構造を示す要部詳細図である。
【0022】上部旋回体3の下部にはフロアデッキ9が備えられており、このフロアデッキ9の上部後部には箱形のガードカバー10が配置されている。このガードカバー10の内部中央付近には、エンジン20が、その軸線が車幅方向と略平行になるように配置されている(所謂横置き)。このエンジン20の一側にはファンが備えられており、その前方にラジエータ21が備えられている。また、エンジン20の他側には、燃料タンク25,作動油タンク24,バッテリ23が車体前後方向に平行に並設されている。さらに、前記エンジン20の前側にはエアクリーナ22が備えられている。
【0023】前記ガードカバー10は、車長方向と略平行に少なくとも3分割されており、前記エンジン20の上面及び後面を覆う第1カバー26と、前記エンジン20の両側に配置される機器類を側方から覆うように構成される第2カバー27,28とを有している。本実施形態においては、前記第2カバー27は、ラジエータ21の4面を覆うように構成され、また第2カバー28は、前記燃料タンク25,作動油タンク24及びバッテリ23等の一部を側方から覆うように構成されている。また、前記ガードカバー10の前面には、前記エアクリーナ22の前方を覆うカバーである第3カバー29が備えられている。
【0024】前記第1カバー26の前端部は、前記ガードカバー10の前部と一対のヒンジ31を介して接続され、該ヒンジ31を回動中心軸として上下方向に開閉自在(矢印a)とされている。なお、この第1カバー26の上面には運転席11が固定されており、この運転席11は第1カバー26の開閉時にも一体的に回動するように構成されている。この第1カバー26の開放時には、エンジン20及びこのエンジン20の上部及び後部に配置されるリレーボックス,オイルフィルタ等の機器類のメンテナンスができる。
【0025】一方、前記第2カバー27,28は、前記第1カバー26の後端部左右両側近傍に備えられるブラケット33に一端が接続されて左右方向に開閉自在(矢印b,c)とされている。このブラケット33は、上述したキャノピ支柱16の支持を主に行う機体フレーム38に接続されている。一例として、前記ブラケット33と第2カバー27との接続構造を説明する。前記ブラケット33は、複数のブロック39…に分割され、その1つのブロック39の内部には、上下方向に伸長する中空形状のピン挿通部36が備えられている。一方、前記第2カバー27の裏面には、上下端に前記ブロック39の1つを狭持する狭持部34aを備えた接続部34が備えられている。この狭持部34aは上述のようにブロック39を狭持した状態で、該ブロック39にピン35によって回動自在に接続されている。この場合、一般に回動部分に使用される周知のヒンジを用いる場合に比して安価に大形化できるので、第2カバー27の取付強度の確保を安価に行うことができる。また、周知のヒンジに比べて外方への露出度が小さいので外観の見映え向上に繋がる。また、前記ブラケット33の上方に連続的にキャノピ支柱16を配置すれば該ブラケット33とキャノピ支柱16とに一体感が生まれ、より一層の見映え向上に繋がる。
【0026】前記第2カバー27を開放したときには、ラジエータ21の一側面(フィン部分)の清掃が行える他、ラジエータ21の上部に備えられるラジエータキャップ21aの着脱が行えるので、ラジエータ21の冷却水交換を楽に行うことができる。また、前記第2カバー28を開放したときにはバッテリ23の交換を行うことができる。なお、本実施形態においては、第2カバー28に燃料タンク25のキャップを外方に開放する切欠部28aが設けられている。これによれば、給油頻度の高い燃料タンク25の給油を、第2カバー28を開閉することなく行えることができるので第2カバー28を開閉する手間が省ける。
【0027】ところで、前記運転席11の左右両側に備えられる操作レバー13を有するコントロールボックスは、それぞれガードカバー10の一部である操作レバー取付部30,30に取り付けられている。ここでは、この操作レバー取付部30,30を固定式としている。この理由として、操作レバー13には複数のパイロット配管が接続されており、回動し難いこと、また、第1カバー26及び第2カバー27,28の開放により、前記操作レバー取付部30,30の下方に存在する機器類のメンテナンスが容易に行えること、等が挙げられる。
【0028】前記第3カバー29は、その下端部がヒンジ32によってガードカバー10側に回動自在に接続されて上下方向に開閉自在とされている(矢印d)。本実施形態においては、この第3カバー29の内部近傍には、エアクリーナ22が備えられており、前記第3カバー29を開放した状態でフィルタの交換ができる。
【0029】次に、前記ガードカバー10内に備えられる機器類のメンテナンス方法について説明する。機器類の定期的なメンテナンスを行うときには、第1カバー26、この第1カバー26の左右両側に備えられる第2カバー27,28及び前記ガードカバー10の前面に備えられる第3カバー29を開放する。これによれば、従来技術のように一体的に形成された重量のあるガードカバーを開閉するといったことなく開閉を楽に行うことができるとともに、前記ガードカバー10を略全開状態とすることができる。さらに、前記第3カバー29を開放すれば、ガードカバー10の前面側に位置する機器類のメンテナンス、例えばエアクリーナのフィルタの交換等が行える。また、バッテリの液面を確認するといったデイリーメンテナンスを行う場合には、全てのカバー26,27,28,29を開放することなく、該当する1つのカバーを開放すればよいので、従来技術のように一体的に形成されるガードカバーを一々開放する場合に比してメンテナンス効率が向上する。
【0030】なお、本実施形態では、前記第1カバー26の回動中心軸を第2ガードカバー27,28の開放側に設定し、前記第2カバー27,28の回動中心軸を前記第1カバー26の開放側に設定している。このようにすれば、従来技術のようにガードカバーが一方向にしか開放されない場合に比して、各カバー26,27,28の回動中心軸付近に備えられる機器類のメンテナンスを楽に行うことができる。また、第1カバー26の開放側(可動部)に第2カバー27,28の回動中心軸側(固定部)が位置するように設定することにより、閉塞時に可動部と可動部との位置合わせが必要な場合に比して、位置あわせが楽に行え、外観の見映え向上に繋がる。
【0031】また、前記第1カバー26は、本実施形態では機器類の上面及び後面を覆うように設定しているが、これに加えて、機器類の前面を覆うように構成してもよい。
【0032】さらに、本実施形態では、運転席11がガードカバー10の上面の幅方向において、おおよそ半分のスペースを占有する例について説明したが、本発明はこれに限らず、半分以上のスペースを占有するものに適用しても同様な効果を奏することができる。
【0033】
【発明の効果】請求項1に記載の発明によると、定期的なメンテナンスを行う時には、従来技術のように一体的に形成された重量のあるガードカバーを開閉するといったことなく開閉を楽に行うことができるとともに、前記ガードカバーを略全開状態とすることができる。また、バッテリの液面を確認するといったデイリーメンテナンスを行う場合には、全てのカバーを開放することなく、該当する1つのカバーを開放すればよいので、従来技術のように一体的に形成されるガードカバーを一々開放する場合に比してメンテナンス効率が向上する。また、第1カバーに運転席を配置したことで、ガードカバーの開閉時に、運転席を一々取り外したりする必要がなく、メンテナンスの効率悪化を防止できる。また、従来技術に比べてガードカバーの重量が少ないので、運転席を固定した場合でも開閉を楽に行うことができる。
【0034】請求項2に記載の発明によると、例えば、ラジエータのように、一側面に備えられるフィン面の清掃及び上面に備えられるキャップを取り外して冷却水を交換する等の複数のメンテナンスを必要とされる機器においても、第2カバーの開放のみで作業が行えるので作業効率が向上する。
【0035】請求項3に記載の発明によると、従来技術のようにガードカバーが一方向にしか開放されない場合に比して、各カバーの回動中心軸付近に備えられる機器類のメンテナンスを楽に行うことができる。また、第1カバーの開放側(可動部)に第2カバーの回動中心軸側(固定部)が位置するように設定することにより、閉塞時に可動部と可動部との位置合わせが必要な場合に比して、位置あわせが楽に行え、外観の見映え向上に繋がる。
【0036】請求項4に記載の発明によると、ガードカバーの前面側に位置する機器類のメンテナンス、例えばエアクリーナのフィルタの交換等が行える。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013