米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> コベルコ建機株式会社

発明の名称 建設機械のペダル機構
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−107395(P2001−107395A)
公開日 平成13年4月17日(2001.4.17)
出願番号 特願平11−287039
出願日 平成11年10月7日(1999.10.7)
代理人 【識別番号】100067828
【弁理士】
【氏名又は名称】小谷 悦司 (外2名)
【テーマコード(参考)】
2D015
【Fターム(参考)】
2D015 EB00 
発明者 土川 真司
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 建設機械の上部旋回体の床面近傍に配されるペダルが、使用時のペダル後端位置よりも不使用時のペダル後端位置が前方となるように、水平軸回りに回動可能に設けられていることを特徴とする建設機械のペダル機構。
【請求項2】 建設機械の上部旋回体の床面近傍に配設されるペダルが、該床面の下方から床面の前方を通って床面上方に折り返された支持部材の端部上面に支持されていることを特徴とする建設機械のペダル機構。
【請求項3】 前記ペダルが、使用時のペダル後端位置よりも不使用時のペダル後端位置が前方となるように、水平軸回りに回動可能に設けられていることを特徴とする請求項2に記載の建設機械のペダル機構。
【請求項4】 前記ペダルが車幅方向に揺動する支持部材に取り付られており、前記ペダルを前記水平軸まわりに回転させた際に、そのペダル下端が前記床面と接近または接触し、ペダル操作を不能にするように構成されている請求項1または3に記載の建設機械のペダル機構。
【請求項5】 前記ペダル下端または前記ペダル下端に対応する前記床面上に弾性部材からなるストッパを有し、前記ペダル不使用時に前記ペダル下端と前記床面とを前記ストッパの弾性変形によって密着させるように構成した請求項1,3または4記載の建設機械のペダル機構。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は本体カバー上面に運転席、この運転席の前方に作業アタッチメントがそれぞれ配置される、小型の油圧ショベル等の建設機械に設けられるペダル機構に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、ミニショベルと称される小型の油圧ショベルにおいては、例えばクローラ式走行体の上に上部旋回体が旋回自在に搭載されてショベル本体が構成され、ショベル本体の前方には、ブーム、アームおよびバケットからなる作業アタッチメントが装着されている。
【0003】上記ショベル本体には、上部旋回体の本体カバー上面に運転席が設けられ、この運転席のシート下方にエンジンその他の機器類が設けられるとともに、運転席周りに、例えば上記ショベル本体や、作業アタッチメントなどを作動させる操作装置やペダル等が設けられている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところで、オペレータの足元に配設されたペダルは、使用・不使用に拘わらず、その占める大きさが一定であり、また、不使用時にペダルを踏んでもペダルが作動しないようにペダルをロックするためのロック機構も運転者の足元における床面上に設けられ、その設置スペースおよび動作に要するスペースによって、足元周りの床面スペースが極めて狭い現状となっている。
【0005】本発明はこのような従来技術の課題に鑑みてなされたものであり、足元周りの床面スペースを広くすることができる建設機械のペダル機構を提供することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】請求項1に係るペダル機構は、建設機械の上部旋回体の床面近傍に配されるペダルが、使用時のペダル後端位置よりも不使用時のペダル後端位置が前方となるように、水平軸回りに回動可能に設けられていることを特徴とする。
【0007】このペダル機構にあっては、不使用時におけるペダルの後端位置が、ペダル回動により使用時よりも前方に移動するため、不使用時において不要なペダルが足元から遠ざかり、足元周りの床面スペースが広くなる。
【0008】請求項2に係るペダル機構は、建設機械の上部旋回体の床面近傍に配設されるペダルが、該床面の下方から床面の前方を通って床面上方に折り返された支持部材の端部上面で支持されていることを特徴とする。
【0009】このペダル機構にあっては、ペダルの下方の床面に開口を設けて支持部材を貫通させる構成よりもペダル位置を前方に寄せることができ、その分足元周りの床面スペースが広くなる。また、床面(フロアプレート及びフロアマット)に開口を設ける必要がないので、部品加工の手間やコストを削減することができるとともに、シンプルで且つ美観に優れた床面を構成することができる。
【0010】この場合において、請求項3のように、前記ペダルが、使用時のペダル後端位置よりも不使用時のペダル後端位置が前方となるように、水平軸回りに回動可能に設けられている構成とすることが好ましい。この請求項3の構成による場合には、上記請求項2による効果に加えて、不使用時において不要なペダルが足元から遠ざかるので、足元周りの床面スペースがより広くなる。
【0011】請求項4のペダル機構は、ペダルが車幅方向に揺動する支持部材に取り付られており、ペダルを水平軸まわりに回転させた際に、そのペダル下端が床面と接近または接触し、ペダル操作を不能にするように構成されていることを特徴とする。
【0012】この場合において、不使用時にペダルを水平軸まわりに回転させると、回転させたペダルの下端が床面と接近または接触し、支持部材が車幅方向に揺動することを阻止しそれにより誤動作が防止される。この構成によれば、従来構成のようにペダル周辺に別体のロック手段を設ける必要がなくなり、足元周りの床面スペースを広くすることができる。また、ロック手段用の部品点数が減少するので、製造工程やコストを削減することができる。更にまた、シンプルで且つ美観に優れた床面を構成することができる。
【0013】請求項5のペダル機構は、ペダル下端またはペダル下端に対応する床面上に弾性部材からなるストッパを有し、ペダル不使用時にペダル下端と床面とをストッパの弾性変形によって密着させるように構成したことを特徴とする。
【0014】この構成に従えば、ストッパを介してペダル下端と床面とを確実に接触させることができ、誤動作が確実に防止される。
【0015】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施形態につき具体的に説明する。
【0016】図1は本実施形態に係るペダル機構を備えた小型油圧ショベルを示す正面図であり、図2はその平面断面図(図3のII−II線による平面断面図)、図3は左側面図である。
【0017】この油圧ショベルは、クローラ式走行体1の上に上部旋回体2が旋回自在に搭載されてショベル本体3が構成され、ショベル本体3の前方には、作業アタッチメント7が装着されている。
【0018】この作業アタッチメント7は、起伏自在なブーム8を備え、標準仕様(掘削仕様)ではブーム8の先端にアーム9、このアーム9の先端にバケット10がそれぞれ取り付けられている。11はブーム8を起伏させるブーム起伏シリンダ、12はアーム9を作動させるアームシリンダ、13はバケット10を作動させるバケットシリンダである。また、ブーム8は、本実施形態では溝堀り作業がし易いように鉛直軸15回りの左右方向にスイングするように取り付けられ、そのスイング動作はスイングシリンダ14の駆動によって行なわれる。
【0019】上記ショベル本体3において、上部旋回体2の後方で本体カバー4aの上面に運転席4が設けられ、この運転席4のシート下方の本体カバー4a内に、エンジンその他の機器類が収納されている。なお、本体カバー4aの前面は床面2aから立ち上げられて形成されている。
【0020】運転席4の前方には、例えば走行体1を駆動操作するための2つのレバーからなる操作装置5が設けられ、その操作装置5の基部は床面2aに設けた開口(図示せず)を経てその下方に達している。床面2aにおける操作装置5の基部が通る部分の右側(図3の左側)には、ブーム8をスイングさせるためのスイングペダル(ペダル)16が設けられている。
【0021】図4は上記スイングペダル16を備えたペダル機構20を示す正面図であり、図5はその右側面図である。
【0022】このペダル機構20は、上記スイングペダル16と、支持部材24と、軸受け部30とから主として構成されている。上記支持部材24は、床面2aの前縁近傍を鉛直方向に通る中央部24bを有し、その中央部24bの上側と下側の軸は後方に折り曲げられ、上側軸は若干先下がりに傾斜されその端部24aにスイングペダル16が取り付けられている。
【0023】一方、支持部材24の下側軸は略水平方向に配置されその端部24cは、床面2aの下方に配設された軸受け部30に軸支されている。この支持部材24は下側軸を回転軸として車幅方向に所定角度揺動するようになっている(図4の左右矢印方向参照)。
【0024】従って、スイングペダル16のいずれか一方のペダル面を踏めば、支持部材24の下側軸の端部24cに取り付けられ、図示しない制御弁と機械的に接続されているリンク31が揺動して、制御弁における圧油の流れ方向と流量とを調整し、ブーム8のスイング方向と、スイング角度を制御するようになっている。
【0025】また、上記スイングペダル16は、支持部材24の上側軸端部24aに取り付けられた、概略四角柱状をした固定部25を有する。この固定部25は、端部24aが挿入される取付け孔25aを中心部に有し、この取付け孔25aに端部24aが挿入固定されている。この固定部25は、水平方向において対向する両側面に、断面円形の軸部25b、25cをそれぞれ外側に突出させている。
【0026】上記軸部25b、25cを各々有する固定部25の両側面を挟むようにして、一対の回動板26、27が配設されている。各回動板26、27には、それぞれ前記軸部25b、25cが挿入される軸受孔(図示せず)が形成され、この軸受孔に軸部25b、25cが挿入される(図5参照)。その軸部25b、25cの軸受孔を貫通して突出した軸部先端には、Eリング32が取り付けられている。よって、上記回動板26、27は、抜け防止された状態で固定部25に対して軸部25b、25cの中心軸回りに回動可能となっている。
【0027】各回動板26、27の上には、各々左右側に足踏み部材21、22が溶接等により固設されている。各足踏み部材21、22は、オペレータの足が置かれる所であり、それぞれ水平部21a、22aと、水平部21a、22aの外側に形成された傾斜部21b、22bとを有する。傾斜部21b、22bは、スイング操作時に足が外側に逃げ難くするために設けている。
【0028】回動板26、27の後端には、補強板28が一体に取り付けられている。この補強板28は、概略くの字状に形成され、回動板26,27と足踏み部材21,22とを接続している。
【0029】一方、回動板26、27の前端には、ストッパ取付板29が溶接等により固設されている。このストッパ取付板29は、支持部材24を通す溝部29aを中央部上側に有し、その溝部29aの両側(図4の左右側)に一対の取付部29b,29bを有し、その取付板の上部の傾斜面に、例えば合成ゴム、合成樹脂等の弾性部材からなるストッパ23a,23bが取り付けられている。
【0030】このように回動板26、27に一体に設けられた、一対の足踏み部材21、22と、補強板28と、ストッパ取付板29とは、前記固定部25の軸部25b、25cを回動中心として前後方向に回動できる。この回動によって、図5に実線にて示す使用状態と、二点鎖線にて示す不使用状態とにスイングペダル16を移動させることができる。
【0031】次に、このように構成された本実施形態に係るペダル機構20の動作について説明する。
【0032】前記スイングペダル16が使用状態にセットされているとき、オペレータが足踏み部材21を下側に踏み込むと、ブーム8が左側にスイングし、これに対し、足踏み部材22を下側に踏み込むと、前記ブーム8が右側にスイングする。
【0033】かかるブーム8のスイング動作が終了すると、上記ペダル16は不要となる。そこで、図5に示すように、実線にて示すスイングペダル16の手前側(後端側)を蹴り上げて、固定部25の軸部25b、25cを回動中心として前後方向に回動させ、二点鎖線にて示すようにスイングペダル16を反転させる。これにより、スイングペダル16の下端が床面2aに接触して操作不能になり、また、スイングペダル16の後端位置が、使用状態(実線にて示す)のときよりも前方に距離L1だけ移動して、足元周りの床面スペースを拡大できる。
【0034】詳しくは、スイングペダル16を反転させると、ストッパ取付板29に取り付けたストッパ23a、23bが床面2aに当接し、ストッパ23a、23bの弾性変形によりスイングペダル16が床面2aに密着される。このとき、ストッパ23a、23bの高さ寸法は、前記取付部29bと床面2aとの間の離隔寸法よりも若干長くしておくことが、スイングペダル16のがたつきを防止できるとともに、不使用状態から使用状態へと戻らないようにできる点で好ましい。
【0035】また、ショベル作業中に振動がスイングペダル16に作用しても、上記ストッパ23a、23bの弾性変形がスイングペダル16の復帰を防止するように働く。
【0036】上述のように本実施形態では、ストッパ23a、23bと共働してスイングペダル16を軸受け部30回りに回動しないようにロックできるので、従来のようにペダルの周辺に別体のロック手段を設ける必要が無くなり、足元周りの床面スペースを広くすることができる。更に、別体のロック手段用の部品点数が減少するので、製造工程やコストを削減することができる。更にまた、シンプルで且つ美観に優れた床面構成が実現できる。
【0037】また、本実施形態では、使用状態におけるスイングペダル16の背面側にストッパ23a、23bが取り付けられているので、ストッパ23a、23bが足操作に悪影響を及ぼすこともない。
【0038】次に、スイングペダル16を不使用状態から使用状態に戻す場合には、ストッパ23a、23bの弾性変形の応力以上の力で、スイングペダル16を回転させ使用状態に戻せばよい。なお、スイングペダル16の回動中心である軸部25b、25cの位置は、使用状態におけるスイングペダル16の重心位置よりも上側に配置、具体的には軸部25b、25cから補強板28までの回転モーメントの方が、軸部25b、25cからストッパ取付板29までの回転モーメントよりも大きくなるような位置に配置するのが好ましい。このようにすると、ペダルが不使用状態から使用状態へと戻りやすくなることを抑制できるこの場合において、軸部25b、25cの位置の設定が困難な場合には、足元周りの床面スペースに悪影響を及ぼさないようにして、スイングペダル16の隙間に錘を設けるようにしてもよい。
【0039】更に、スイングペダル16を支持する支持部材24は、その中央部24bが床面2aの前縁近傍を通るので、スイングペダル位置が前方に寄せられ、その分足元周りの床面スペースが広くなる。また、床面(フロアプレート及びフロアマット)に開口を設ける必要がないので、部品加工の手間やコストを削減することができるとともに、シンプルで且つ美観に優れた床面構成が実現できる。
【0040】図6は、本発明の他の実施形態に係るペダル機構を示す右側面図である。
【0041】この実施形態では、上述した図4および図5に示す実施形態ではストッパをペダル側に取付けていたのに対し、ストッパ23A、23Bを床面2a側に取り付けているとともに、ストッパ23A、23Bが弾性部材からなる平板状のもので形成されている。このようにした場合でも、図4および図5に示す実施形態ではストッパ23a、23bの高さ調整に代えて、ストッパ23A、23Bの高さをスペーサ32A、32Bにて調整することにより、同様の理由により、スイングペダルを不使用状態にロックする機能を有する。
【0042】したがって、この実施形態によりロックさせる場合にあっても、前述した実施形態と同様に、従来のようにペダルの周辺に別体のロック手段を設ける必要が無くなり、足元周りの床面スペースを広くすることができる。更に、別体のロック手段の分の部品点数が減少するので、製造工程やコストを削減することができる。更にまた、シンプルで且つ美観に優れた床面構成が実現できる。また、この実施形態による場合には、スイングペダル16を使用状態から不使用状態に移動させると、スイングペダル16の後端位置が距離L2だけ短くなる故に、足元スペースの拡大化が図れる。なお、取付部29bと床面2aとの間の離隔距離によっては、上記スペーサ32A、32Bは不要である。
【0043】なお、上述した実施形態では、スイングペダル16の足踏み部材21、22の一方を踏むと、それに応じてブーム8を所望方向にスイングさせる操作に、本発明のペダル機構を適用しているが、本発明のペダル機構はこれに限らず、圧砕機等の特殊機械を作業アタッチメントとして取り付けた場合の特殊機械を操作する足踏みペダルにも適用できる。このような場合、図3のようにスイングペダル16の右側(床面2aにおける操作装置5の基部が通る部分の左側)にペダル17を設けて、特殊機械を操作するように構成すればよい。すなわち、図3の構成は、ブームスイング用と特殊機械用との2つのペダルを配設し、これらのペダルそれぞれに上述した本発明を適用したものである。
【0044】また、上述した説明では本発明をショベルに適用しているが、本発明はこれに限らず、ペダルを有する建設機械一般に適用できることは勿論である。
【0045】
【発明の効果】以上詳述したように請求項1の本発明によれば、建設機械の上部旋回体の床面近傍に配されるペダルが、使用時のペダル後端位置よりも不使用時のペダル後端位置が前方となるように、水平軸回りに回動可能に設けられているので、不使用時にはペダルの後端位置が、ペダル回動により使用時の場合よりも前方に移動し、不使用時において不要なペダルが足元から遠ざかり、足元周りの床面スペースが広くなる。
【0046】また、請求項2の本発明によれば、建設機械の上部旋回体の床面近傍に配設されるペダルが、該床面の下方から床面の前縁近傍を通って床面上方に折り返され支持部材の上側端部で支持されているため、ペダルの下方の床面に開口を形成して支持部材を貫通させる従来構成よりも、ペダルの位置が前方に寄ることになるため、その分足元周りの床面スペースが広くなる。また、床面(フロアプレート及びフロアマット)に開口を設ける必要がないので、部品加工の手間やコストを削減することができるとともに、シンプルで且つ美観に優れた床面構成が実現できる。
【0047】請求項3の本発明によれば、上記請求項2による効果に加えて、ペダルが、使用時のペダル後端位置よりも不使用時のペダル後端位置が前方となるように、水平軸回りに回動可能に設けられているため、不使用時において不要なペダルが足元から遠ざかり足元周りの床面スペースを拡張することができる。
【0048】請求項4の本発明によれば、不使用時にペダルを水平軸まわりに回転させると、回転させたペダルの下端が床面と接近または接触し、支持部材が車幅方向に揺動することを阻止しそれにより誤動作が防止されため、従来構成のようにペダル周辺に別体のロック手段を設ける必要がなくなり、足元周りの床面スペースを広くすることができる。また、ロック手段用の部品点数が減少するので、製造工程やコストを削減することができる。更にまた、シンプルで且つ美観に優れた床面を構成することができる。
【0049】請求項5の本発明によれば、ペダル不使用時にペダル下端と床面とがストッパの弾性変形によって密着されるため、ペダル下端と床面とを確実に接触させることができ、誤動作を確実に防止することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013