米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> コベルコ建機株式会社

発明の名称 小型建設機械
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−107394(P2001−107394A)
公開日 平成13年4月17日(2001.4.17)
出願番号 特願平11−286907
出願日 平成11年10月7日(1999.10.7)
代理人 【識別番号】100067828
【弁理士】
【氏名又は名称】小谷 悦司 (外2名)
【テーマコード(参考)】
2D003
2D015
【Fターム(参考)】
2D003 AA01 BA08 CA02 EA04 EA05 
2D015 EB00
発明者 宮地 功
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 運転席下方の本体カバー内にエンジンを配置し、前記運転席の横側にコントロールボックスを配置した構成の小型建設機械において、前記コントロールボックスに対応させてその下方に点検対象の機器を配置するとともに前記コントロールボックスを移動可能に構成し、前記コントロールボックスを移動させた際に上記機器の点検整備用開口が確保されるように構成したことを特徴とする小型建設機械。
【請求項2】 前記コントロールボックスが、前記本体カバーの前面上縁部に設けられたヒンジを介して前記本体カバーに連結され、そのヒンジを支点として開閉できるように構成されている請求項1記載の小型建設機械。
【請求項3】 前記運転席の左右両側に前記コントロールボックスが設けられ、この両コントロールボックスが移動可能に構成されている請求項1または2に記載の小型建設機械。
【請求項4】 一方の前記コントロールボックスの下方にラジエータが配置され、他方の前記コントロールボックスの下方に作動油タンク及びバッテリが配置されている請求項3記載の小型建設機械。
【請求項5】 両コントロールボックス間の前記本体カバーの天板部が開閉可能に構成されており、その天板部に前記運転席が固定されている請求項3または4に記載の小型建設機械。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は油圧ショベル等の建設機械に関し、より詳しくは運転席の下方にエンジンを配置してショベル本体を小型化した小型建設機械に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、ミニショベル等と称される小型油圧ショベルでは、ショベル本体をできる限りコンパクトにするため、本体カバー内に設けられるエンジンを運転席下方にレイアウトしている。本体カバー内にはエンジン以外にラジエータ等の冷却装置、油圧機器、作動油タンク、燃料タンク、電装品等が配設されている。
【0003】上記ラジエータは通常、エンジンの冷却ファン側に配置されるが、それ以外の油圧機器、タンク、電装品等の配置については特に決まりはなくショベル毎に異なっている。また、本体カバー内の機器をメンテナンスする場合、例えばラジエータについてエンジン冷却水の補給や交換を行なう場合、図7に示すように、ラジエータ50の据付位置に対応して本体カバー51の一部を開閉できるようにしたラジエータカバー51aを上方に開いて作業が行なわれている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところが小型油圧ショベルの中でも、本体カバーの天板が運転席据付け用のスペースとして占有されてしまうような小型油圧ショベルでは、運転席が邪魔をして本体カバーの一部を上方に開閉させる構成を採用することができない。そこで、メンテナンス時には重量物である運転席とともに本体カバーを開閉せざるを得ない。しかも、一部の機器をメンテナンスする場合であっても常に運転席とともに本体カバーを開閉しなければならず、作業性が悪いという問題がある。
【0005】本発明は以上のような従来の小型建設機械における課題を考慮してなされたものであり、本体カバー天板が運転席据付けスペースとして占有される小型建設機械であっても機器のメンテナンスを簡便に行なうことができる小型建設機械を提供するものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】請求項1の本発明は、運転席下方の本体カバー内にエンジンを配置し、運転席の横側にコントロールボックスを配置した構成の小型建設機械において、コントロールボックスに対応させてその下方に点検対象の機器を配置するとともにコントロールボックスを移動可能に構成し、コントロールボックスを移動させた際に上記機器の点検整備用開口が確保されるように構成した小型建設機械である。
【0007】請求項2の本発明は、コントロールボックスが、本体カバーの前面上縁部に設けられたヒンジを介して本体カバーに連結され、そのヒンジを支点として開閉できるように構成されている小型建設機械である。
【0008】請求項3の本発明は、運転席の左右両側に前記コントロールボックスが設けられ、この両コントロールボックスが移動可能に構成されている小型建設機械である。
【0009】請求項4の本発明は、一方のコントロールボックスの下方にラジエータが配置され、他方のコントロールボックスの下方に作動油タンク及びバッテリが配置されている小型建設機械である。
【0010】請求項5の本発明は、両コントロールボックス間の本体カバーの天板部が開閉可能に構成されており、その天板部に運転席が固定されている小型建設機械である。
【0011】請求項1の本発明に従えば、コントロールボックスに対応させてその下方に点検対象機器を配置したため、コントロールボックスを移動させると点検整備用開口が現れ、その点検整備用開口を通して機器を点検または整備することができる。
【0012】請求項2の本発明に従えば、コントロールボックスがヒンジを支点として前方に回転し、点検整備用開口を大きく開放することができる。
【0013】請求項3の本発明に従えば、本体カバーにおける左右方向各外側で機器のメンテナンスを行なうことができる。
【0014】請求項4の本発明に従えば、一方のコントロールボックスを移動させると、ラジエータについてエンジン冷却水の点検、交換が行なえ、他方のコントロールボックスを移動させると、作動油タンクについて作動油の補給及びバッテリについてバッテリ液の補充が行なえる。従ってメンテナンス対象となる機器を、個別に開放できる点検整備用開口から点検することが可能になる。
【0015】請求項5の本発明に従えば、運転席両側に配設されたコントロールボックスを開くとともにそれらの間の本体カバー天板部を開けば、本体カバー上面全体が開放され、エンジン等のメンテナンスが行なえる。
【0016】
【発明の実施の形態】以下、図面に示した実施の形態に基づいて本発明を詳細に説明する。
【0017】図1は本発明が適用される小型建設機械としての小型油圧ショベルの外観を示したものである。
【0018】同図において、小型油圧ショベル1は、クローラ式走行体2上に上部旋回体3が旋回自在に搭載されており、ショベル本体4が構成されている。
【0019】上部旋回体3上には運転席5が設けられ、その運転席5のシート下方である本体カバー6内に、図示しないエンジンユニットや油圧機器、電装品等が収納されている。運転席5の左右両側には操作レバー7を備えたコントロールボックス8が備えられている。また、本体カバー6の側壁には、冷却風を取り入れるためのスリット状の冷却風取入口6aが複数形成されている。
【0020】上部旋回体3の前部には作業アタッチメント9が装着されており、この作業アタッチメント9は、ブームシリンダ10aによって起伏動作するブーム10と、そのブーム10の先端部に連結されアームシリンダ11aによって回動するアーム11と、そのアーム11の先端部に連結されバケットシリンダ12aによって回動するバケット12とから構成されている。なお、同図に示すブーム10は、溝掘り作業がし易いように縦軸まわりで左右方向にスイング動作するように構成されており、そのスイング動作はスイングシリンダ13の伸縮によって行なわれる。
【0021】図2は図1に示した運転席5部分のレイアウトを示したものである。同図において、運転席5の右側には右操作レバー20を含む右コントロールボックス21が備えられ、運転席5の左側には左操作レバー22を含む左コントロールボックス23が備えられている。24及び25は乗降遮断レバーであり、乗降時に引き上げると右または左コントロールボックス21,23が連動して跳ね上がり、同時に全操作がロックされて誤作動を防止するようになっている。
【0022】図3は本体カバー6内部の機器レイアウトを示しており、図2に示す本体カバー6を取り外した状態を示している。右コントロールボックス21の下方にはラジエータ27が前後方向に配置されており、ラジエータ27の略中央にはラジエータキャップ27aが備えられている。なお、27bはホース27cを介して接続されているサブタンクである。
【0023】一方、左コントロールボックス23の下方には作動油タンク28及び電装品としてのバッテリ29が前後方向に配設されている。作動油タンク28の上面には4本のキャップスクリュー28aで固定されるカバー28bが備えられ、そのカバー28bを取り外すと、フィルタを交換することができるようになっている。なお、28cは給油口のプラグであり、また、30は作動油タンク28の後方に配置された燃料タンクであり、30aはその給油口である。
【0024】次に、各コントロールボックス21,23の構成について説明する。
【0025】図4は右コントロールボックス21の開閉構造を示したものである。同図(a)において、コントロールボックス21は長方形状のボックスカバー31に支持されており、そのボックスカバー31の前端は、本体カバー6の前面上縁部に設けられたヒンジ32を介して本体カバー6と連結されている。従ってコントロールボックス21はヒンジ32を支点として矢印A方向に回転させることができるようになっている。
【0026】回転させることによって持ち上げられたボックスカバー31の後端は、支柱33によって保持されるようになっており、この状態でラジエータ27の上方に点検整備用の開口Bが確保される。その開口Bを通してラジエータ27をメンテナンスすることができる。
【0027】なお、支柱33は図5に示すように、ボックスカバー31の裏面31aに保持されるS字状部材からなり、裏面31aに固着された軸受け31bに一方端33aを挿通しEリング31cを装着して抜け止めを防止している。31dはその支柱33を脱着自在に保持する弾性部材からなるクランプである。この支柱33の他方端33bはL字状に折り曲げられ、本体カバー側に設けられた係止孔部34に係止されるようになっている。
【0028】図4(b)はコントロールボックス21を閉じた状態を示している。ボックスカバー31は本体カバー6の天板の一部を構成しており、ラジエータ27の上方を覆うようになっている。また、S1は点検整備用開口Bの横幅を示している。
【0029】また、図6は左コントロールボックス23の開閉構造を示したものであり、基本的には右コントロールボックス21の開閉構造と同じ構成からなる。同図(a)は左コントロールボックス23を閉じた状態を示しており、本体カバー6の天板の一部を構成し、作動油タンク28とバッテリ29上方を覆うようになっている。S2は後述する点検整備用開口Dの横幅を示している。
【0030】図6(b)において、左コントロールボックス23はボックスカバー35に支持されており、そのボックスカバー35のヒンジ部36を介して矢印C方向に回転させることができるようになっている。
【0031】ボックスカバー35の後端は、支柱37によって保持されるようになっており、それにより作動油タンク28及びバッテリ29の上方に点検整備用の開口Dが確保される。この状態で作動油タンク28のカバー28bを取り外し、作動油タンク28のメンテナンス、具体的には、フィルタ28dを交換することができる。また、レベルゲージ28eで油量の不足が確認された場合には、プラグ28cを外して作動油を補給することができる。
【0032】また、運転席5は本体カバーの天板部40に固定されており(図2参照)、その天板部40は左右のコントロールボックス21及び23とは独立してそれらの開閉方向と同じ方向に開閉することができるようになっている。従って、ボックスカバー31,35及び天板部40のすべてを開放すれば、本体カバー6の上部全体が開放され、図示しないエンジン、燃料タンク等が現れる。なお、エンジン等のメンテナンスを行なう場合には、本体カバー6後部のエンジンガードも開かれる。
【0033】本発明において、コントロールボックスの移動は上記実施形態で示したように上方且つ前方に回転させることが、点検整備用開口を広く取れメンテナンスの作業性が良好になる点で好ましいが、これに限らず横方向外側に倒れるように構成することもできる。
【0034】本発明の小型建設機械は上記実施形態に示した小型油圧ショベルに限らず、小型のホイールドーザ、小型クレーンにも適用することができる。
【0035】
【発明の効果】以上説明したことから明らかなように、請求項1の本発明によれば、コントロールボックスに対応させてその下方に点検を必要とする配置したため、コントロールボックスを移動させることにより点検対象機器を点検することができる。
【0036】請求項2の本発明に従えば、コントロールボックスがヒンジを支点として前方に回転するため、点検整備用開口を大きく開放することができる。
【0037】請求項3の本発明に従えば、本体カバーにおける左右方向各外側で機器のメンテナンスを行なうことができ、作業性を高めることができる。
【0038】請求項4の本発明によれば、ラジエータや作動油タンク等について個別に点検を行なうことができる。
【0039】請求項5の本発明によれば、運転席両側に配置されたコントロールボックスを開くとともにそれらの間の本体カバー天板部を開けば、本体カバー上面全体が開放され、エンジン等のメンテナンスが行なえる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013