米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> コベルコ建機株式会社

発明の名称 油圧ショベル
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−107389(P2001−107389A)
公開日 平成13年4月17日(2001.4.17)
出願番号 特願平11−287038
出願日 平成11年10月7日(1999.10.7)
代理人 【識別番号】100067828
【弁理士】
【氏名又は名称】小谷 悦司 (外2名)
【テーマコード(参考)】
2D012
2D015
【Fターム(参考)】
2D012 AA01 
2D015 EA02 EB00 GA01 GB04
発明者 松浪 俊治
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 走行体を備えたショベル本体の上面に運転席が設けられるとともに、ショベル本体の前部に、起伏自在かつ縦軸まわりに左右にスイング作動可能なブームを備えた作業アタッチメントが取付けられて成る油圧ショベルにおいて、上記ショベル本体の上面における上記運転席の前方であって上記ブームの後方左右両側に、縦手摺りを兼ねる屋根支柱が立てられるとともに、この両側屋根支柱の上部に運転席を上方から覆う屋根が設けられ、上記ブームが全スイング作動範囲を通じて全起伏作動範囲で上記両側屋根支柱と干渉せず、かつ、最大起立状態で上記両側屋根支柱よりも後方に突出するように配置されたことを特徴とする油圧ショベル。
【請求項2】 請求項1記載の油圧ショベルにおいて、両側屋根支柱間に、横手摺りを兼ねる連結バーが、ブームと干渉しない配置で設けられたことを特徴とする油圧ショベル。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明はショベル本体の上面に運転席、この運転席の前方に作業アタッチメントがそれぞれ配置される小形の油圧ショベルに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、ミニショベルと称される小形の油圧ショベルにおいては、図4,5に示すように、クローラ式走行体1上に上部旋回体2が縦軸まわりに旋回自在に搭載されてショベル本体(ベースマシン)3が構成されている。
【0003】このショベル本体3には、上部旋回体2の上面中央部に運転席4が設けられ、この運転席4のシート下方にエンジンその他の機械類(図示しない)、左右両側にレバー式操作装置5,5が設けられている。
【0004】また、上部旋回体2における運転席4の前方にハンドレール6が取付けられるとともに、このハンドレール6の直前方に、作業アタッチメント7が装着されている。
【0005】この作業アタッチメント7は、起伏自在なブーム8を備え、標準仕様(掘削仕様)ではブーム8の先端にアーム9、このアーム9の先端にバケット10がそれぞれ取付けられて構成される。11はブーム8を起伏させるブーム起伏シリンダ、12はアーム9を作動させるアームシリンダ、13はバケット10を作動させるバケットシリンダである。
【0006】ブーム8は、溝掘り作業がし易いように縦軸まわりに左右方向にスイング作動可能に取付けられ、スイングシリンダ14によって駆動される。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】ハンドレール6は、左右両側の縦レール6a,6aの上端間に横レール6bが水平に取付けられた逆U字形に形成され、運転者が前方に身を乗り出して掘削部分を確認する際や乗降時等に手で体を支える手摺りとして使用される。
【0008】ところが、従来のこの種の油圧ショベルによると、図4の二点鎖線で示すようにこのハンドレール6の横レール6bがブーム8の起立状態でブーム8と干渉するため、このブーム8の最大起立角度がショベルが本来持っている角度(以下、仕様角度という)以下に制限され、これによって作業アタッチメント7を含めた上部構造体の最小旋回半径R1が大きくなるという問題があった。
【0009】なお、ハンドレール6の全高をブーム8と干渉しないように低く設定することが考えられるが、こうすると、とくに多用される縦レール6a,6aが低くなることで本来の手摺りとしての機能が著しく低下してしまう。
【0010】一方、この種の小形ショベルには、通常、屋根が設けられていないが、工事現場での安全確保の観点から屋根を設置することが望ましいことはいうまでもない。
【0011】ところが、この場合、運転席前方にスペースの余裕がないことからハンドレール6の縦レール6a,6aが邪魔になって運転席前方に屋根支柱を立てることが困難となり、これが屋根を設置する上での障害の一つとなっていた。
【0012】そこで本発明は、手摺り機能を落とさずにブームの最大起立角度を大きくして上部構造体の最小旋回半径を小さくすることができ、しかも屋根を最小限のスペースで無理なく設置することができる油圧ショベルを提供するものである。
【0013】
【課題を解決するための手段】請求項1の発明は、走行体を備えたショベル本体の上面に運転席が設けられるとともに、ショベル本体の前部に、起伏自在かつ縦軸まわりに左右にスイング作動可能なブームを備えた作業アタッチメントが取付けられて成る油圧ショベルにおいて、上記ショベル本体の上面における上記運転席の前方であって上記ブームの後方左右両側に、縦手摺りを兼ねる屋根支柱が立てられるとともに、この両側屋根支柱の上部に運転席を上方から覆う屋根が設けられ、上記ブームが全スイング作動範囲を通じて全起伏作動範囲で上記両側屋根支柱と干渉せず、かつ、最大起立状態で上記両側屋根支柱よりも後方に突出するように配置されたものである。
【0014】請求項2の発明は、請求項1の構成において、両側屋根支柱間に、横手摺りを兼ねる連結バーが、ブームと干渉しない配置で設けられたものである。
【0015】上記のように、屋根が取付けられた両側屋根支柱を縦手摺りとして兼用し、かつ、ブームの全スイング作動範囲を通じて全起伏範囲でブームと干渉しないように配置しているため、■ ブームの最大起立角度を仕様角度(両側屋根支柱よりも後方に突出する状態)まで拡大して上部構造体の最小旋回半径を縮小し、■ 必要な手摺り機能を確保し、■ 屋根を最小限のスペースで無理なく設置することができる。
【0016】また、請求項2の構成によると、両側屋根支柱間に横手摺りを兼ねる連結バーをブームと干渉しない配置で設けているため、手摺り機能と屋根支柱強度の双方を高めることができる。
【0017】
【発明の実施の形態】本発明の実施形態を図1〜図3によって説明する。
【0018】図4,5に示す従来の油圧ショベルとの相違点のみを説明する。
【0019】ショベル本体3の上部旋回体2における運転席4の前方左右両側に縦手摺りを兼ねる左右の前部屋根支柱15,15、運転席4の後部左右両側に左右の後部屋根支柱16,16がそれぞれ立設され、運転席4を上方から覆って運転者を落下物等から保護する屋根17がこれら各支柱15,15,16,16の上端に跨って取付けられている。
【0020】作業アタッチメント7を構成するブーム8は、上部旋回体2の前部中央において左右にスイング作動する。ここで、両側屋根支柱15,15は、ブーム8のどのスイング位置においても全起伏作動範囲でブーム8と干渉しない配置で取付けられている。
【0021】また、両側前部屋根支柱15,15間には、横手摺りを兼ねる連結バー18が水平に取付けられ、両側前部屋根支柱15,15とこの連結バー18により、前方掘削部分を覗き込む際や乗降時の手摺りとなるハンドレールが構成されている。
【0022】連結バー18は、ブーム8の全スイング範囲及び全起伏作動範囲でブーム8と干渉しない高さ位置(中間下部寄りの位置)に取付けられている。
【0023】このショベル構成によると、ブーム8がハンドレール(前部屋根支柱15,15及び連結バー18)と干渉しないで最大、両側屋根支柱15,15よりも後方(運転席4側)に突出する状態となる仕様角度まで起立するため、作業アタッチメント7を含めた上部構造体の最小旋回半径R2が、図4,5に示す従来のショベルの最小旋回半径R1よりも縮小される。
【0024】しかも、前部屋根支柱15,15を作業時や乗降時等にとくに必要性の高い縦手摺りとして兼用し得るため、従来のハンドレール全体の高さを低くした場合のように手摺り機能が低下するおそれがない。また、屋根支柱と縦手摺りに別々のスペースを確保する必要がないため、この双方を最小限のスペースで無理なく設置することが可能となる。
【0025】さらに、両側屋根支柱15,15間に横手摺りを兼ねる連結バー18をブーム8と干渉しない配置で設けているため、手摺り機能を強化できるとともに、屋根支柱15,15の強度を高めることができる。
【0026】ところで、手摺り機能を高めかつ前部屋根支柱15,15の強度を高める上で上記実施形態のように両支柱15,15間に連結バー18を設けるのが望ましいが、この連結バー18は必要に応じて設ければよい。
【0027】また、両側屋根支柱15,15とは別に、本発明の所期の機能を損なうことがない程度の手摺りを別途取付けた場合も本発明の範囲に入ることはいうまでもない。
【0028】
【発明の効果】上記のように本発明によるときは、屋根が取付けられた両側屋根支柱を縦手摺りとして兼用し、かつ、ブームの全スイング作動範囲を通じて全起伏作動範囲でブームと干渉しないように配置しているため、■ ブームの最大起立角度を仕様角度(両側屋根支柱よりも後方に突出する角度)まで拡大して上部構造体の最小旋回半径を縮小し、■ 必要な手摺り機能を確保し、■ 屋根を最小限のスペースで無理なく設置することができる。
【0029】また、請求項2の構成によると、両側屋根支柱間に横手摺りを兼ねる連結バーをブームと干渉しない配置で設けているため、手摺り機能と屋根支柱強度の双方を高めることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013