米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> ナショナル住宅産業株式会社

発明の名称 障子付き開口パネル
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−279846(P2001−279846A)
公開日 平成13年10月10日(2001.10.10)
出願番号 特願2000−99225(P2000−99225)
出願日 平成12年3月31日(2000.3.31)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
【テーマコード(参考)】
2E002
2E162
【Fターム(参考)】
2E002 EC00 EC01 FB11 FB22 MA06 
2E162 BA00 BA03 BB00 CA24 CE00 CE07
発明者 中川 寛士 / 堀川 久敏 / 奥野 泰浩 / 松浦 泰人 / 小林 孝至 / 袖岡 隆信
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 矩形状の開口枠に沿ってサッシを装着すると共にサッシに複数枚の障子を開閉自在に装着した障子付き開口パネルにおいて、開口枠の左右の幅方向の中間の位置で開口枠の上枠と下枠との間に上枠と下枠とを緊締するバンドを上下方向に張設して成ることを特徴とする障子付き開口パネル。
【請求項2】 バンドの上下に取り付け金具を装着し、上下の取り付け金具を上枠及び下枠にボルト・ナットのような固着具にて取着して成ることを特徴とする請求項1記載の障子付き開口パネル。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は工場で予め障子を組み込んでおき、現場での施工性を向上させた障子付き開口パネルの構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、パネル工法で住宅を施工する場合、建物躯体に壁パネルを建て込むことで行われるのであるが、窓を設ける部分では開口パネルを建て込むことで施工される。開口パネルは開口枠にサッシを予め工場で取り付けて構成されており、これを現場に搬送して建物躯体に建て込んだ後、現場でサッシに障子を組み込むようになっている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記従来例では開口パネルをパネル工法で建て込むことができるが、障子は現場でサッシに組み込まなければならなく、現場で施工に手間がかかるという問題がある。
【0004】この問題を解決するために開口パネルのサッシに工場の製造段階で障子を組み込んでおき、これを施工現場に搬送して現場で建て込むことも考えられるが、開口パネルが左右方向の幅の広いものの場合、組み込まれる障子の総重量が重くなり、現場でクレーン等で吊り下げて建て込んだりする場合、開口枠の下枠が障子の荷重にて下方に撓み、障子が外れたりするという問題が発生するおそれがある。
【0005】本発明は叙述の点に鑑みてなされたものであって、工場で障子を予め組み込んであるために現場での施工の簡略化が図れ、しかも予め障子を組み込んであっても障子が外れたりするおそれがなくて容易且つ安全に施工できる障子付き開口パネルを提供することを課題とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため本発明の請求項1の障子付き開口パネルAは、矩形状の開口枠1に沿ってサッシ2を装着すると共にサッシ2に複数枚の障子3を開閉自在に装着したものにおいて、開口枠1の左右の幅方向の中間の位置で開口枠1の上枠1aと下枠1bとの間に上枠1aと下枠1bとを緊締するバンド4を上下方向に張設して成ることを特徴とする。上記のようにバンド4を張設したことにより、サッシ2に障子3を予め組み込んだ障子付き開口パネルであっても、クレーン等で吊り下げて施工するとき、障子3の重量で下枠1bが下方に撓んだりするのを防止でき、障子3を予め組み込んであってもパネル工法で建て込むことができ、現場での施工性を向上できる。また障子付き開口パネルAを建て込んだ後にバンド4を取り外すだけで施工を完了でき、現場での施工を簡略化できる。
【0007】また本発明の請求項2の障子付き開口パネルは、請求項1において、バンド4の上下に取り付け金具5を装着し、上下の取り付け金具5を上枠1a及び下枠1bにボルト・ナットのような固着具6にて取着して成ることを特徴とする。固着具6の着脱にてバンド4を取り付けたり、バンド4を取り外したりでき、バンド4の着脱が容易にできる。工場での組み立て性や現場での施工性を向上できる。
【0008】
【発明の実施の形態】障子付き開口パネルAは図1や図2に示すように矩形状の開口枠1に予めサッシ2を装着すると共にサッシ2に複数枚の障子3を取り付けて形成されている。開口枠1は上枠1aと下枠1bと両側の側枠とを矩形状に枠組みして形成されている。本例の場合、開口枠1の上枠1aの上にも開口枠1の側枠の側方にもパネル枠が設けられており、これらの部分の内外に外装材7や内装材8を貼って壁パネル部9を形成してある。
【0009】開口枠1には開口枠1に沿ってサッシ2が取り付けられており、サッシ2に複数枚の障子3が開閉自在に装着されている。サッシ2は上サッシ材2aと下サッシ材2bと両側の側サッシ材2cとを矩形状に枠組みして形成されている。このサッシ2は例えば幅が2700mmと幅の広いものである。障子3としては例えば図に示すようにガラス戸3a,3bと網戸3cとがあり、ガラス戸3a,3bを引き違い状に開閉自在に装着してあり、ガラス戸3a,3bの屋外側に網戸3cを左右に摺動自在に装着してある。
【0010】上記のように障子付き開口パネルAは工場で組み立てられるが、本発明の場合、この障子付き開口パネルAが次のように補強される。緊締用のバンド4の長手方向の両端には取り付け金具5が装着されており、この両端の取り付け金具5が開口枠1の上枠1aと下枠1bに取り付けられて上枠1aと下枠1bとの間にバンド4が張設されている。このバンド4を張設するのは上枠1aや下枠1bの左右の幅方向の中央の位置である。上記取り付け金具5は横片5aと縦片5bとで略L字状に形成されており、縦片5bにバンド4の端部が連結されている。取り付け金具5の横片5aは上枠1aや下枠1bに沿わせてあり、横片5aと上枠1aや下枠1bとの間にボルト・ナットよりなる固着具6を締結することで取り付け金具5を上枠1aや下枠1bに取り付けてある。
【0011】上記のように開口枠1の上枠1aと下枠1bとの間にバンド4を張設した状態で障子付き開口パネルAが工場から施工現場に輸送され、施工現場で通常の壁パネルと同様にクレーン等で吊り下げて建物躯体に建て込まれる。このとき障子3がサッシ2に組み込まれていてもバンド4の張設にて下枠1bが下方に撓むように変形したりすることがなく、障子3が外れたりするおそれがなくて施工が容易にできると共に安全にできる。つまり、障子3の総重量は例えば150kg程度と重く、バンド4を張設していないと、下枠1bが障子3の重量にて下方に撓むように変形する。障子付き開口パネルAを取り付けた後、固着具6を外すことにより上枠1aや下枠1bから取り付け金具5を外してバンド4が取り外り外される。このときボルト・ナットよりなる固着具6を緩めながら取り外すためにバンド4のテンションが徐々に解除されながら取り外されるために安全にバンド4を取り外すことができる。また取り外したバンド4は工場に戻して再利用することもできる。
【0012】
【発明の効果】本発明の請求項1の発明は、矩形状の開口枠に沿ってサッシを装着すると共にサッシに複数枚の障子を開閉自在に装着した障子付き開口パネルにおいて、開口枠の左右の幅方向の中間の位置で開口枠の上枠と下枠との間に上枠と下枠とを緊締するバンドを上下方向に張設しているので、サッシに障子を予め組み込んだ障子付き開口パネルであっても、クレーン等で吊り下げて施工するとき、障子の重量で下枠が下方に撓んだりするのを防止できるものあって、障子を予め組み込んであってもパネル工法で建て込むことができ、現場での施工性を向上できるものであり、また障子付き開口パネルを建て込んだ後にバンドを取り外すだけで施工を完了でき、現場での施工を簡略化できるものである。
【0013】また本発明の請求項2の発明は、請求項1において、バンドの上下に取り付け金具を装着し、上下の取り付け金具を上枠及び下枠にボルト・ナットのような固着具にて取着しているので、固着具の着脱にてバンドを取り付けたり、バンドを取り外したりできてバンドの着脱が容易にでき、工場での組み立て性や現場での施工性を向上できるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013