米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> ナショナル住宅産業株式会社

発明の名称 屋根下地骨組み構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−207580(P2001−207580A)
公開日 平成13年8月3日(2001.8.3)
出願番号 特願2000−19071(P2000−19071)
出願日 平成12年1月27日(2000.1.27)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
発明者 大西 正道 / 坂本 勝則 / 堀口 博文
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 梁のような横材の上に複数のたる木を並設して構成する屋根下地骨組み構造であって、たる木と平行な側枠材を複数の連結材で連結してけらば下地枠体を構成し、けらば側の端部において、けらば下地枠体をけらば斜材上にけらば斜材を跨いで配設して屋根下地骨組みにおけるけらば側の下地骨組みを構成し、軒先側に位置するけらば下地枠体を金属製の側枠材と金属製の連結材とで構成して成ることを特徴とする屋根下地骨組み構造。
【請求項2】 金属製の側枠材と金属製の連結材とで枠組みした枠主体に木質材よりなる木質枠材を取着し、木質枠材の上面を枠主体の上面と面一又は枠主体の上面よりも高くし、この木質枠材の上面とたる木の上面とを面一として成ることを特徴とする請求項1記載の屋根下地骨組み構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、屋根下地骨組み構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の屋根下地骨組み構造は、軒先と平行な方向に配設した梁のような横材1の上に複数の木製のたる木2を並設して構成し、けらば側においてはけらば斜材からけらば斜材に対して直角に木製の腕木を突設し、木製の腕木の先端にけらば端部に位置するたる木を固定していた。しかしながら、多雪地においては屋根に大きな積雪荷重がかかるため、けらば部分においては木製の腕木の突出先端に木製のたる木2を固着した構成では大きな積雪荷重を支持できないという問題があった。
【0003】そのため、従来にあっては、図7に示すように、木製のたる木2と平行な木製の側枠材3を複数の木製の連結材4で連結して形成した平面視略はしご形状をしたけらば下地枠体5bを形成し、屋根下地骨組み7のけらば側の端部においては、上記けらば下地枠体5bをけらば斜材6上にけらば斜材6を跨いで配設して取付けて屋根下地骨組み7におけるけらば側の下地骨組み8を構成するようにしている。この場合、軒先のけらば側端部においては、けらば斜材6の延長線上に柱15の上端から片持梁20を突設し、この片持梁20上に上記けらば下地枠体5bの軒先側の突出部分を載設支持するようにしている。
【0004】上記の従来例にあって、軒天井を形成するには水平な軒天井は片持梁に邪魔されることなく形成できるが、後側程上となるように傾斜した傾斜軒天井を形成しようとすると、軒先のけらば側端部のみに上記片持梁が突出しているため、この片持梁が邪魔になって、傾斜軒天井が形成できないという問題があった。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記の点に鑑みてなされたものであり、多雪地において簡単な構造で積雪荷重を支持でき、軒天井として水平な軒天井、傾斜軒天井のいずれであっても支障なく形成できる屋根下地骨組み構造を提供することを課題とするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために本発明に係る屋根下地骨組み構造は、梁のような横材1の上に複数のたる木2を並設して構成する屋根下地骨組み構造であって、たる木2と平行な側枠材3を複数の連結材4で連結してけらば下地枠体5を構成し、けらば側の端部において、けらば下地枠体5をけらば斜材6上にけらば斜材6を跨いで配設して屋根下地骨組み7におけるけらば側の下地骨組み8を構成し、軒先側に位置するけらば下地枠体5aを金属製の側枠材3と金属製の連結材4とで構成して成ることを特徴とするものである。このような構成とすることで、多雪地であっても屋根のけらば部分をたる木2と平行な側枠材3を複数の連結材4で連結して構成したけらば下地枠体5により積雪荷重を支持できるものであり、特に、軒先側に位置するけらば下地枠体5aを金属製の側枠材3と金属製の連結材4とで構成してあることで支持強度が強く、従来のように軒先に片持梁を設けなくても、屋根のけらばの軒先部分において積雪荷重を支持できるものである。
【0007】また、金属製の側枠材3と金属製の連結材4とで枠組みした枠主体9に木質材よりなる木質枠材10を取着し、木質枠材10の上面を枠主体9の上面と面一又は枠主体9の上面よりも高くし、この木質枠材10の上面とたる木2の上面とを面一とすることが好ましい。このような構成とすることで、屋根下地骨組み7上に屋根パネルや野地板等を敷設するに当たり、たる木2、木質枠材10上に支障なく載置して敷設でき、また、木質枠材10部分において釘打ち等により簡単に屋根パネルや野地板等を連結することができるものである。
【0008】
【発明の実施の形態】以下、本発明を添付図面に示す実施形態に基づいて説明する。
【0009】図5には屋根下地骨組み7を示す平面図が示してあり、図6には図5の屋根下地骨組み7に屋根葺きをした屋根19の平面図を示している。また、図5、図6においてAで示す部分は2階部分を示している。図5に示すように、梁のような横材1の上に横材1に対して直角に複数のたる木2が並設してある。ここでたる木2は木製のものが使用される。上記のようにたる木2を並設して構成する屋根下地骨組み7のけらば側の端部においては、けらば下地枠体5をけらば斜材6上にけらば斜材6を跨いで配設してあって、この部分が屋根下地骨組み7におけるけらば側の下地骨組み8となっている。
【0010】けらば下地枠体5はたる木2と平行な側枠材3を複数の連結材4で連結して構成したものであって、平面視略はしご状をしている。そして、この枠状パネルよりなるけらば下地枠体5をけらば側の端部において小屋組みのトラス構造の上斜材を構成するけらば斜材6の上にけらば斜材6を跨ぐように配設し、連結材4をけらば斜材6に接続することで、けらば下地枠体5に取付ける(また、一側側の側枠材3は隣接するたる木2と接続する)ものであるが、この場合、複数の連結材4がけらば斜材6上に載置されて直交し、この複数の連結材4で側枠材3が連結支持されることで、けらば部分における積雪荷重を支持できるようになっている。
【0011】ここで、軒先側に位置するけらば下地枠体5以外のけらば下地枠体5は従来のけらば下地枠体5bと同様の構造であり、木製の側枠材3を複数の木製の連結材4で連結して枠組み形成してあり、木製の側枠材3や木製の連結材4は木製のたる木2と同じ大きさのものが使用され、これにより木製の側枠材3や木製の連結材4の上面がたる木2の上面と面一となるように構成してある。
【0012】一方、軒先側に位置するけらば下地枠体5aは金属製の側枠材3と金属製の連結材4とで金属製の枠主体9が構成してあり、この金属製の枠主体9には木質材よりなる木質枠材10を取着してある。ここで、枠主体9は図3に示すようなもので、枠主体9の側枠材3は両側及び中央にそれぞれ配置してある。連結材4は断面コ字状をした金属材により形成してあり、また、側枠材3は断面コ字状をした金属材を2枚背中合わせにして固着することで断面H字状に形成してある。
【0013】木質枠材10のうち両側の側枠材3の外側に配設して取付けられる側木質枠材10aはたる木2と同じ断面形状のものが使用され、また、側枠材3間に配設されて側枠材3に取付けられる横木質枠材10bはたる木2よりも上下厚みが薄いものが使用され、側木質枠材10a横木質枠材10bの上面は面一となっており、この木質枠材10の上面を枠主体9の上面と面一又は枠主体9の上面よりも高くしてある(添付図面に示す実施形態では木質枠材10の上面を枠主体9の上面よりも高くしてある)。また、枠主体9の軒先側の端部に位置する連結材4の前面には木製の鼻板下地材12が取付けてある。
【0014】しかして、梁のような横材1の上に横材1に対して直角に複数のたる木2を並設して屋根下地骨組み7を形成するに当たり、けらば側の端部においては、けらば下地枠体5をけらば斜材6上にけらば斜材6を跨いで配設して取付けることで屋根下地骨組み7におけるけらば側の下地骨組み8を構成するものであるが、この場合、図1、図2に示すように、軒先側に位置するけらば下地枠体5aとして上記のように、枠主体9が金属製のものを使用するものである。けらば下地枠体5aは中央の側枠材3の軒先側と反対側が図1に示すようにけらば斜材6の上面に載置されてボルト13、ナット14に固着してあり、また、けらば下地枠体5aは軒梁のような横材1に対しては図4に示すような連結金具17を用いて、ボルト13、ナット14により固着してある。
【0015】上記のようにして、けらば下地枠体5をけらば斜材6上にけらば斜材6を跨いで配設して取付けることで屋根下地骨組み7におけるけらば側の下地骨組み8を構成するものである。この状態で、軒先側に位置するけらば下地パネル5の金属製の枠主体9に取着した木質枠材10の上面がたる木2の上面と面一となっており、また、軒先側以外のけらば下地枠体5の上面もたる木2の上面及び木質枠材10の上面と面一となっている。
【0016】このようにけらば側の下地骨組み8の上面を屋根下地骨組み7の他の部分の上面(つまりたる木2の上面)と面一とすることで、屋根下地骨組み7上に屋根パネルや野地板等を敷設するに当たり、たる木2、木質枠材10、あるいはけらばの軒先以外の部位では木製の下地枠体5b上に支障なく載置して敷設でき、また、けらば下地枠体5aは枠主体9を金属により形成したにもかかわらず、木質枠材10部分において屋根下地骨組み7の他の部分と同様に釘打ち等により簡単に屋根パネルや野地板等を連結することができるものである。屋根パネルや野地板上には屋根材が葺設されて図6に示すように屋根19が形成される。図6において矢印は屋根勾配方向を示し、矢印方向の先端側程下となるように屋根19が傾斜している。また、木製の鼻板下地材12の前面側に鼻板を配置して釘打ち等により鼻板を木製の鼻板下地材12に取付けることができるものである。
【0017】しかして、けらば下地枠体5aをけらば斜材6上にけらば斜材6を跨いで配設して屋根下地骨組み7におけるけらば側の下地骨組み8を構成するので、積雪地であっても、けらば部分で積雪荷重を支持でき、特に、けらば側の下地骨組み8の軒先側に配設するけらば下地枠体5aを金属製の側枠材3と金属製の連結材4とで構成してあるので、従来のように、軒先のけらば側端部においては、けらば斜材6の延長線上に柱の上端から片持梁を突設して、この片持梁上にけらば下地枠体の軒先側の突出部分を載設支持する必要がなく、確実に積雪荷重を支持できることになる。
【0018】このように本発明はけらばの軒先部分において、従来のようにけらば下地枠体5を支持するための片持梁を必要としないので、軒天井を形成するに当たり、水平な軒天井を形成できるのはもちろんのこと、後側程上となるように傾斜した傾斜軒天井を形成することができるものである。
【0019】
【発明の効果】上記のように本発明の請求項1記載の発明にあっては、たる木と平行な側枠材を複数の連結材で連結してけらば下地枠体を構成し、けらば側の端部において、けらば下地枠体をけらば斜材上にけらば斜材を跨いで配設して屋根下地骨組みにおけるけらば側の下地骨組みを構成し、軒先側に位置するけらば下地枠体を金属製の側枠材と金属製の連結材とで構成してあるので、多雪地であっても屋根のけらば部分をたる木と平行な側枠材を複数の連結材で連結して構成したけらば下地枠体により積雪荷重を支持できるものであり、特に、軒先側に位置するけらば下地枠体を金属製の側枠材と金属製の連結材とで構成してあることで、従来のように軒先に片持梁を設けなくても、屋根のけらばの軒先部分において積雪荷重を支持できるものであり、この結果、軒天井として水平な軒天井、傾斜軒天井のいずれであっても支障なく形成できるものである。
【0020】また、請求項2記載の発明にあっては、上記請求項1記載の発明の効果に加えて、金属製の側枠材と金属製の連結材とで枠組みした枠主体に木質材よりなる木質枠材を取着し、木質枠材の上面を枠主体の上面と面一又は枠主体の上面よりも高くし、この木質枠材の上面とたる木の上面とを面一としてあるので、屋根下地骨組み上に屋根パネルや野地板等を敷設するに当たり、たる木、木質枠材上に支障なく載置して敷設でき、また、木質枠材部分において釘打ち等により簡単に屋根パネルや野地板等を連結することができるものであり、この結果、軒先側に配設するけらば下地枠体の枠主体を金属製の側枠材と金属製の連結材とで構成することで、けらば軒先側端部において積雪荷重を支持できるような構成としたにもかかわらず、屋根パネルや野地板等を釘打ち等により簡単に取付けることができるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013