米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> ナショナル住宅産業株式会社

発明の名称 増築構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−98768(P2001−98768A)
公開日 平成13年4月10日(2001.4.10)
出願番号 特願平11−276679
出願日 平成11年9月29日(1999.9.29)
代理人 【識別番号】100082968
【弁理士】
【氏名又は名称】苗村 正 (外1名)
【テーマコード(参考)】
2E176
【Fターム(参考)】
2E176 AA07 BB33 BB34 
発明者 岡田 聖治
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】2階建の家屋本体部に平屋部分を形成したラーメン工法の家屋の前記平屋部分上に、前記家屋本体部に連なる2階増築部分を形成する増築構造であって、前記平屋部分の平屋柱を継ぎ足しする増築柱を、前記平屋柱に固定することなくこの平屋柱の上端部で水平にのびる既築の平屋屋根梁に固定することにより立設するとともに、増築用の床梁を、前記屋根梁に固定することなく前記増築柱に固定したことを特徴とする増築構造。
【請求項2】前記既築の平屋屋根梁は、平屋柱と家屋本体部の通し柱との間、又は平屋柱間を継ぐことを特徴とする請求項1記載の増築構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ラーメン工法の家屋の平屋部分上に、2階増築部分を強度を損ねることなく能率よく形成しうる増築構造に関する。
【0002】
【従来の技術】鋼製の柱や梁をボルトなどで剛接合した骨組み状の架構体を強度メンバーとしたラーメン工法の家屋が、地震などの外力に対して粘り強く、変形し難いという利点に加え、設計の自由度が高く、増築や改築などにも適している等の観点から普及している。
【0003】そして、近年、図4に示すように、2階建の家屋本体部H1に平屋部分H2を連接した前記ラーメン工法の家屋Hにおいて、前記平屋部分H2上に2階増築部分Dを形成することが要求される場合がある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、既築の平屋部分H2上に、2階増築部分Dを強度を損ねることなく能率よく形成形成する増築構造が未だ確立されておらず、その開発が強く要請されていた。
【0005】なお従来、この2階増築部分Dを支持するため、例えば通し柱を新たに立設したり、或いは既築の平屋柱の上端に、増築柱を溶接などによって一体固定することなどが提案されている。しかし、新たな通し柱の使用は、既築の架構体との兼ね合いから立設位置が大巾に制限されるとともに、平屋部分H2に対しても大掛かりな改造が要求される等施工能率にも劣る。また増築柱を平屋柱に一体固定するものは、2階増築部分Dの地震荷重による曲げ力が、平屋柱に直接作用するためこの平屋柱が耐えきれなくなるなど強度不足を招くこととなる。
【0006】そこで本発明は、増築柱を前記平屋柱に固定することなく、この平屋柱の上端部に取付く既築の平屋屋根梁に固定することを基本として、前記地震荷重等による曲げ力を、平屋屋根梁に水平力として分散して逃がすことができ、強度を損ねることなく2階増築部分を能率よく形成しうる増築構造の提供を目的としている。
【0007】
【課題を解決するための手段】前記目的を達成するために、本願請求項1の発明は、2階建の家屋本体部に平屋部分を形成したラーメン工法の家屋の前記平屋部分上に、前記家屋本体部に連なる2階増築部分を形成する増築構造であって、前記平屋部分の平屋柱を継ぎ足しする増築柱を、前記平屋柱に固定することなくこの平屋柱の上端部で水平にのびる既築の平屋屋根梁に固定することにより立設するとともに、増築用の床梁を、前記屋根梁に固定することなく前記増築柱に固定したことを特徴としている。
【0008】また請求項2の発明では、前記既築の平屋屋根梁は、平屋柱と家屋本体の通し柱との間、又は平屋柱間を継ぐことを特徴としている。
【0009】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を、図示例とともに説明する。本発明の増築構造は、図4に示すように、2階建の家屋本体部H1に平屋部分H2を形成したラーメン工法の家屋Hの前記平屋部分H2上に、前記家屋本体部H1に連なる2階増築部分Dを形成する構造である。
【0010】そして、図1、2に示すように、前記平屋部分H2の平屋柱31を継ぎ足しする増築柱1を、前記平屋柱31に固定することなく、この平屋柱31の上端部で水平にのびる既築の平屋屋根梁32に固定することにより立設するとともに、増築用の床梁2を、前記平屋屋根梁32に固定することなく前記増築柱1に固定したことに特徴を有する。
【0011】ここで、家屋Hは、前記図4に示すように、前記家屋本体部H1を支持する鉄骨状の架構体33Aと、この架構体33Aに接続されかつ前記平屋部分H2を支持する架構体33Bとを具える。
【0012】なお家屋本体部H1側の前記架構体33Aは、家屋本体部H1のコーナで立設する通し柱34・・・と、各通し柱34の上端部間を継ぎかつ家屋本体部H1の屋根を支持する屋根梁35と、前記通し柱34の中間部間を継ぎかつ家屋本体部H1の2階床を支持する床梁36とを含み、これら通し柱34と、屋根梁35及び床梁36とは、ボルトによって強固に剛接合される。
【0013】なお本例では、前記通し柱34は、図1に示すように、断面矩形な角形鋼材からなり、布基礎から階上階下を通って立設する。また屋根梁35は、垂直なウエブ上下にフランジF1、F2を設けた断面略I字の基部37を具え、本例では、前記下のフランジF2両端に、壁パネルW(図3に示す)上端を受ける下開口の溝部35Aを形成する突出片38を設けたものを例示している。なお前記基部37両端には、前記通し柱34の側面にボルト止めされる取付け板部39が形成される。
【0014】また前記床梁36は、本例では、ラチス梁であって、溝形鋼材からなりかつ溝部を向き合わせた上弦材40Uと下弦材40Lとの間を、垂直な縦枠材41及びラチス筋(図示しない)等で連結し補強している。なお床梁36は、端の縦枠材41によって前記通し柱34の側面にボルト止めされる。
【0015】次に、平屋部分H2側の前記架構体33Bは、平屋部分H2のコーナで立設する平屋柱31・・・と、この平屋柱31の上端部で水平にのびかつ平屋部分H2の屋根を支持する平屋屋根梁32とを含む。この平屋屋根梁32は、前記平屋柱31と通し柱34との間、及び平屋柱31、31間を継ぐ。
【0016】なお平屋柱31は、本例では、前記通し柱34と同様に、断面矩形な角形鋼材から形成される。また平屋屋根梁32も前記屋根梁35と同構成のものが使用され、両端の取付け板部39によって、平屋柱31及び通し柱34の各側面にボルトによって剛接合される。また前記平屋屋根梁32のフランジF2には、水平に架け渡される補強用のブレース45が取付き、架構体33Bの剛性強度を高めている。
【0017】また本例では、前記平屋屋根梁32は家屋本体部H1の床梁36よりも小高さであり、各下縁が略同高さで整一することによって、平屋屋根梁32上面は、床梁36上面よりも下方に控えて配されている。
【0018】そして、前記架構体33Bには、増築に際し、図2に示すように、増築柱1を、前記平屋柱31に固定することなく、前記平屋屋根梁32に固定している。なお増築柱1は、平屋柱31と同芯に、すなわち一直線上に配される。
【0019】この増築柱1は、前記平屋柱31と同様の角形鋼材からなる柱本体1Aを具えるとともに、該柱本体1Aの下端には、各平屋屋根梁32の上面(上フランジF1)にボルトによって剛接合される取付け板部1Bを溶着等によって固着している。なお本例では、取付け板部1Bが、前記柱本体1Aと重なる重なり部4Aと、この重なり部4Aから突出して各平屋屋根梁32の上面にのびる取付け片部4B、4Bとを有するL字板状をなす場合を例示している。
【0020】また前記増築柱1の側面には、2階増築部分Dの床7(図3に一点鎖線で示す)を支持する床梁2が、前記平屋屋根梁32に固定することなく固定される。この床梁2は、本例では、垂直なウエブの上下にフランジE1、E2を設けた断面略I字の形鋼材からなる基部3Aを具え、該基部3Aの端部にはボルト連結用の取付板部3Bを溶着などによって固着している。なお棟方向にのびる床梁2は、増築柱1と通し柱34との間に、又間口方向にのびる床梁2は、増築柱1、1間に架け渡される。
【0021】ここで前記床梁2は、前記平屋屋根梁32とは上下に小間隙G(図1、3に示す)を隔てて配置され、またこの床梁2の上面は、前記家屋本体部H1の床梁36の上面と略同高さに整一している。また前記床梁2には、図3に示すように、壁パネルWの下端を受けるパネル受け金具6、及び2階増築部分Dの床7を支持する例えば木質の大引9を受ける受大引受け金具10を、本例では同時にボルト固定している。
【0022】また前記増築柱1の上端部と通し柱34の上端部とは、略同高さをなし、各上端部間には、前記屋根梁32、35と略同構成の増築用の屋根梁5が架け渡される。なお増築用の屋根梁5にも、水平なブレース45が架け渡され、剛性強度を高めている。
【0023】このように、本願の増築構造は、増築柱1を前記平屋柱31に固定することなく、平屋屋根梁32に固定している。従って、地震荷重等による曲げ力を、平屋柱31に直接作用させることなく、平屋屋根梁32及びこれに架け渡されるブレース45等に水平力として逃がすことができ、その結果、平屋柱31における強度不足の発生を効果的に阻止しうる。特に増築用の床梁2を、前記増築柱1に固定しているため、前記曲げ力の分散効果を最大限に発揮でき、しかもこの増築柱1の取付け、及び床梁2の取付けなどの2階増築部分の形成を能率よく行うことができる。
【0024】
【発明の効果】本発明は叙上の如く構成しているため、地震荷重等による曲げ力を、平屋屋根梁に水平力として分散して逃がすことができ、強度を損ねることなく2階増築部分を能率よく形成しうる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013